FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

探偵「人探しているんですが」巫女「あ、その人私が殺した人だ」

探偵「人探しているんですが」巫女「あ、その人私が殺した人だ」


探偵「人探しているんですが」巫女「あ、その人私が殺した人だ」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 13:31:29.76 ID:A0sB5xp50
神社

探偵「え?」

巫女「それでは」

探偵「……」

巫女「境内の掃除しなきゃ。忙しい忙しい」

探偵「待て」

巫女「はい?」

探偵「君はこの写真の人を殺したのか?」

巫女「ええ、間違いなく」




 
5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 13:34:19.59 ID:A0sB5xp50
探偵「じゃあ、警察に行こうか」

巫女「嫌ですよ」

探偵「人を殺したんだろ?」

巫女「でも、捕まりたくはないですし」

探偵「……」

巫女「それに刑事さんじゃないですよね?」

探偵「ああ」

巫女「なら、私を逮捕はできないですよね?」

探偵「そうだが、俺が通報すれば捕まるぞ?」

巫女「証拠は?」

探偵「は?」

巫女「私が殺した証拠ってどこにあります?」



元スレ
探偵「人探しているんですが」巫女「あ、その人私が殺した人だ」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 13:36:48.15 ID:A0sB5xp50
探偵「今、君が自白しただろ」

巫女「録音してたんですか?」

探偵「してないが」

巫女「じゃあ、無理ですね。先ほどの会話なんて誰も証言できません」

探偵「いや……」

巫女「ただの妄言で処理されます。物的証拠もないんですから」

探偵「……日本の警察は甘くないぞ?」

巫女「それでも私は、ふ、き、そ♪」

探偵「なんか腹立つな」

巫女「事実ですし」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 13:40:26.94 ID:A0sB5xp50
巫女「貴方には認めちゃいましたけど、まあ、警察では私を捕まえられませんよ」

探偵「どうしてこの人を殺したんだ?」

巫女「うーん……どうして言わなきゃいけないんです?」

探偵「言ってくれ」

巫女「あー、証拠がないからって動機を探ってるんですねー?」

探偵「……」

巫女「ぶっぶー、その手には乗りませんよ?確かに動機があれば警察は動くかもしれませんけど」

探偵「お前……」

巫女「でも、動機はありません」

探偵「なに?」

巫女「だって、私はその写真の人のこと全く知りませんし」



 
9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 13:43:58.38 ID:A0sB5xp50
探偵「どういうことだ?」

巫女「言った通りです。私にその人を殺すだけの理由はどこにもありません」

探偵「は……?」

巫女「出逢ったときに殺しましたからね。警察もその人の交友関係から私に辿り着くのは不可能に近いと思います」

探偵「……」

巫女「ふふ……じゃあ、私は掃除をしないといけませんので」

探偵「少し、この辺を散歩してもいいか?」

巫女「ええ、どうぞ」

探偵「ありがとう」

巫女「あ、一応ここ、禁煙なんで」

探偵「ああ、悪い」

巫女「マナーは守ってくださいね?ポイ捨てもダメですよ?」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 13:48:49.02 ID:A0sB5xp50
探偵「……」

探偵(周囲に変わったところはない……まあ、ここに死体があるとは思えないが)

巫女「ふきそーじ♪はきそーじ♪」

探偵(そもそもあの子が殺したというのが信じられん)

探偵(快楽殺人者にしては妙に清廉潔白としすぎている)

探偵(まあ、殺人が趣味ならなんの後ろめたさもないのだろうが)

探偵「……」

巫女「なんですか?」

探偵「いや」

巫女「散歩は終わりですか?」

探偵「ああ」

巫女「お疲れさまです」

探偵(本当に殺したのか?この子が)



 
12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 13:52:49.05 ID:A0sB5xp50
探偵「少しいいか?」

巫女「はい」

探偵「君はここで何を?」

巫女「見て分かりません?」

探偵「掃除」

巫女「正解!」

探偵「……他には?」

巫女「ここでやる仕事はお掃除ぐらいなものですね」

探偵「神主の娘か?」

巫女「まあ、そうなりますかね?」

探偵「普段は?」

巫女「普段からここで掃除してますよ?」

探偵「他にやってることはないのか?」

巫女「強いて言うなら……人をこの世から消している、ぐらいですかね?」

探偵「……」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 13:55:32.85 ID:A0sB5xp50
巫女「うふふ」

探偵「そうか」

巫女「ええ」

探偵「……それは趣味で?」

巫女「趣味というか義務というか」

探偵「義務?」

巫女「はい。私がやるべきこと、ですから」

探偵「やるべきことねえ」

巫女「貴方も死にます?」

探偵「いや、まだ生きたい」

巫女「ざーんねん」

探偵(義務……精神異常者か?)




 
15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 14:01:24.52 ID:A0sB5xp50
巫女「なんです?」

探偵「いや……神主は君がしていることを知っているのか?」

巫女「勿論」

探偵「な……」

巫女「でも、それは私の義務ですからね」

探偵「狂ってるのか、お前らは?」

巫女「さあ、自分のことなんで貴方から見たら狂ってるかもしれませんね」

探偵「……」

巫女「違います?」

探偵「彼がここによくお参りにきていたのは知ってるか?」

巫女「私は知りませんがいつも受験に合格できますようにって、1年前から通ってたらしいですね」

探偵「知らない?いつも掃除をしていたんだろう?」

巫女「その人が来るのは早朝なんで私は見たことないですよ」

探偵「じゃあ、誰から聞いた?」

巫女「勿論、神主様に」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 13:50:28.67 ID:3OkFS3pG0
この探偵はなんで神社で聞き込みなんかしてるんだ?
巫女と被害者の面識はないんだろ?


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 14:54:29.23 ID:1wIHjgHB0
>>11
近辺で死んでたから聞き込みしてんじゃね


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 14:55:13.51 ID:jOmFW22/0
>>47
死体は食ったらしいぞ?



 
51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 14:56:33.93 ID:21c7ELr40
>>48
被害者はよくこの神社にお参りに来ていた らしい
>>15参照




 
17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 14:06:12.69 ID:A0sB5xp50
探偵「……神主に会えるか?」

巫女「いえ、今はいません」

探偵「いつ会える?」

巫女「会ってどうするんですか?」

探偵「話を聞く」

巫女「あー、わかった。私が神主様を庇ってると考えたんですね?」

探偵「ああ」

巫女「ぶっぶー!私が殺したんですから神主様は関係ありませんよ?」

探偵「だが、話は聞きたい」

巫女「じゃあ、私はあなたのような人がいるから逃げるようにと神主様に伝えましょう」

探偵「逃げてくれた方が助かる。警察も容易に動いてくれるだろう」

巫女「うわ、卑怯」

探偵「本当に人を殺しているなら捕まるべきだ。お前も神主も」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 14:10:11.91 ID:A0sB5xp50
巫女「だから、私も神主様も捕まえられませんって」

探偵「どうしてだ?」

巫女「証拠」

探偵「……」

巫女「裁判になったときそれがないと不起訴でしょう?状況証拠すらないですよ?」

探偵「本当に殺したのか?」

巫女「ええ」

探偵「死体は?」

巫女「ありません」

探偵「どこにある?」

巫女「だから、ありません」

探偵「言えないってことか……まあ、死体以上の証拠はないだろうしな」

巫女「ふふ、そうですね」

探偵(遊ばれている可能性もあるだろうが……もう少し聞いてみないと。本当だったらまずいし)


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 14:15:24.70 ID:A0sB5xp50
探偵「義務といったな?」

巫女「はい」

探偵「どういう意味だ?」

巫女「難しい質問ですね。人は何故生きているのか、ってぐらい哲学的な問いですよ?」

探偵「つまり、君にとって殺人は人が生き続けるようなことだと?」

巫女「はい。人を殺さないといけないから、というほうがいいかもしれませんね」

探偵「なるほど」

巫女「ええ。それぐらい答えにくい質問です」

探偵「……どうやって殺した?」

巫女「え?」

探偵「殺害方法は?」

巫女「そんなの知ってどうするんですか?」

探偵「君が殺人犯ならいえるだろ?」




 
22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 14:19:55.08 ID:A0sB5xp50
巫女「死体が見つかった時に殺害方法が正しいかどうか判断するんですか?」

探偵「ああ」

巫女「でも、死体はないですからね」

探偵「何故、言おうとしない?」

巫女「……」

探偵「やはりか」

巫女「え?」

探偵「どうやら時間を無駄にしただけみたいだな」

巫女「なにがです?」

探偵「殺害方法を言えないなら、君は少なくても殺人犯じゃないだろ」

巫女「なるほど。そういう解釈もできますか。でも、私が殺したんですよ?」

探偵「もういいよ。それじゃあ」

巫女「―――食べたんですよ」

探偵「……なに?」



 
29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 14:24:45.62 ID:A0sB5xp50
巫女「足から徐々に。食べ終えるのに結構時間がかかりましたね」

探偵「食べた?」

巫女「はい」

探偵「もっとマシな嘘を言え」

巫女「でも、それを確認する術がない」

探偵「……」

巫女「私の言っていることは嘘だという確信を得る材料がありませんよね?」

探偵「おい……」

巫女「というわけで、貴方は私が殺人犯かもしれないと心の隅で思い続けるわけです」

探偵「なにを言ってるんだ。冗談もいい加減にしろ」

巫女「ふふ。冗談ならもっとマシな嘘をつきます」

探偵「……!」




 
32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 14:30:01.59 ID:A0sB5xp50
巫女「さてと、どうされます?」

探偵「なにがだ?」

巫女「私を捕まえます?」

探偵「おい……何で食べた?」

巫女「あれ?私の言うこと信じてくれるんですか?うれしなー」

探偵「答えろ」

巫女「貴方、お腹が空いたら霞でも食べてますか?」

探偵「い、や……」

巫女「私もですよ。空腹を覚えればお野菜もお肉も食べたくなりますからね」

探偵「腹が減ったから、人間を食べたのか?」

巫女「ええ。そうですよ?」

探偵「……馬鹿馬鹿しい」

巫女「馬鹿馬鹿しい話でも、気にせざるを得ませんよねぇ?」

探偵「……」



 
34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 14:35:15.65 ID:A0sB5xp50
探偵「今の話を誰に喋るかもしれんぞ?」

巫女「どーぞ。私が殺人犯でカニバリズムだと吹聴して回ってください。それこそ狼少年のようになるでしょうけど」

探偵「……」

巫女「私は貴方に事実を喋っている。だけど、貴方がそれが事実だと知る手段が今のところ存在してません」

探偵「そうだな」

巫女「てことは、警察もご友人も信じてくれませんよ?」

探偵「ああ、君の言う通りだ」

巫女「ふふ」

探偵「食べたのはいつだ?」

巫女「三日前ですね。その日の夜に捕食しました」

探偵「夜?」

巫女「はい」

探偵「どこで?」

巫女「ここで」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 14:39:54.47 ID:A0sB5xp50
探偵「ここで?――夜にこの人が来たのか?何時頃だ?」

巫女「確か日付は変わっていたかと」

探偵「お参りか?」

巫女「違いますね。奥の林に行こうとしてました」

探偵「林に?」

巫女「はい」

探偵「その時に捕まえたのか?」

巫女「そうです」

探偵「……どうしてだ?」

巫女「え?だからお腹が空いていたからで……」

探偵「違う。どうして君がそんな時間にいる?」

巫女「ちょうど帰るところだったんですよ」

探偵「意味が分からない」

巫女「神主様と交代する直前だったので」


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 14:43:47.74 ID:A0sB5xp50
探偵「交代?」

巫女「この神社を荒らされるわけにはいきませんから、年中無休で見張ってます」

探偵「24時間も?」

巫女「はい」

探偵「それだけの場所にはみえないが?」

巫女「ひどいなぁ。ここは由緒ある神社なんですよ?」

探偵「そうなのか」

巫女「弥生時代にまでその歴史は遡りますね」

探偵「すまんが、そう言う話は苦手なんだ」

巫女「そうですか」

探偵「……捕食したときの様子は?」

巫女「様子?」

探偵「騒いでいたとか、腰をぬかしていたとか」

巫女「頭を撫でてくれましたね」

探偵「は?」



 
41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 14:47:07.94 ID:A0sB5xp50
巫女「かわいいねーって」

探偵「可愛い」

巫女「はい」

探偵「その後は?」

巫女「その後はその人が林の中に行こうとしたので、足に噛みつきました」

探偵「足?」

巫女「それで足からパクパクっと」

探偵「どうして?」

巫女「何がです?」

探偵「いや、俺が君の立場なら腕とかに噛みつくと思う。わざわざ狙いにくい足なんて……」

巫女「そのときは狙いやすかったんです」

探偵「この人はどんな体勢だったんだ?」

巫女「しゃがんでました」

探偵「しゃがんで君の頭を撫でたのか?」

巫女「はい」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 14:52:28.09 ID:A0sB5xp50
探偵「君は座っていたのか?」

巫女「そのときは」

探偵「どうやって?」

巫女「どうって……座るって体勢にそんなに種類はないと思いますけど」

探偵「地面に座っていたのか?」

巫女「ええ」

探偵「そのとき、この人は何か言ってたか?可愛いのほかに」

巫女「珍しいね、とか言ってました」

探偵(珍しい?普通なら、こんなところでなにをしているか訊ねるだろうに……なんだまるで捨て猫でも見たような反応だな)

巫女「どうしました?」

探偵「頭を撫でた後、林の中に行こうとしたんだよな?」

巫女「はい」

探偵「そのとき何か言ってたか?」

巫女「うーん……溜息を繰り返し吐いてましたね」

探偵「……」






53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 14:58:59.17 ID:A0sB5xp50
探偵「林の中に入っていく人間は他にもいるのか?」

巫女「いますねー。毎年1~2人ぐらいですけど」

探偵「結構だな」

巫女「まあ、林の中に入られると面倒なんでいつも瀬戸際で止めますけど」

探偵「何が面倒なんだ?」

巫女「うーん……縄張りってあまり荒らされたくないんで」

探偵「縄張り……」

巫女「はい」

探偵「縄張りを荒らす輩がいるのか?」

巫女「昔はよく野良猫とか野良犬がいましたけど、今はそんなにいませんね」

探偵「お前、好きな食べ物はなんだ?」

巫女「は?」

探偵「油揚げとか魚とか言わないだろうな?」

巫女「魚は好きですけど、鶏も好きですね」



 
56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 15:04:08.35 ID:A0sB5xp50
探偵「……お前、何者なんだ?」

巫女「見て分かりません?」

探偵「ああ」

巫女「ふふ」

探偵「今まで林の中に入ろうとした奴は何匹も食ってきたのか?」

巫女「ええ。やっぱり縄張りは大事にしないと」

探偵「それはいつからだ?」

巫女「私が生まれたのは5年前ですけど、人を食べ始めたのは去年からです」

探偵「どうして?」

巫女「いきなり人間を食べるのはだめだって神主様が言うんで」

探偵「神主とお前は血縁関係じゃないのか?」

巫女「血縁というより、その名の通り神様ですし」

探偵「神様?」

巫女「はい。ここを守る神様です」



 
59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 15:09:47.91 ID:A0sB5xp50
探偵「タバコ、吸ってもいいか?」

巫女「えー、禁煙ですよ?」

探偵「ちょっと考えをまとめたいんだ」

巫女「敷地の外でお願いします」

探偵「逃げないだろうな?」

巫女「逃げませんよ」

探偵「……じゃあ、少し待っててくれ」

巫女「はい」

探偵(これ以上、話を聞いても意味がないな)

探偵(それでも依頼は遂行しないといけない)

探偵(この写真の人物が最後に訪れた場所がここだという決定的なモノさえあれば……)

探偵(何かないか……なにか……)

探偵「ふぅー……」

探偵「三日前、この人が林でしようとしたことを考えれば……何か持ってきていたはずだ」

探偵「それはもう捨てられたのか?」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 15:14:21.24 ID:A0sB5xp50
探偵「お待たせ」

巫女「どうも」

探偵「三日前、この人はどんな恰好だった?」

巫女「普通の私服でしたよ?」

探偵「荷物は?」

巫女「あー、なんかおっきなリュックサックは背負ってましたね」

探偵「それはどこに?それまで食べたわけじゃないだろ?」

巫女「林の中のゴミ捨て場に捨てましたね」

探偵「案内してくれるか?それを見たい」

巫女「どうしてですか?」

探偵「ここに彼が来たっていう決定的な証拠だろうが」

巫女「おぉ」

探偵「なんだ……あるじゃないか」

巫女「でも……死ぬ覚悟はあるんですか?」

探偵「え……?」




 
63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 15:21:40.37 ID:A0sB5xp50
巫女「縄張りを荒らすおつもりなら、容赦はしませんよ?」

探偵(なんだ……眼の色が……)

巫女「……」

探偵「あ、荒らすわけじゃない。ただ、そのリュックサックが見たいだけだ」

巫女「でも、縄張りを荒らされるかもしれない。そんな危険性があるのに案内できるわけないでしょう」

探偵「それもそうだな。じゃあ、そのリュックサックをここにもってきてくれないか?」

巫女「その隙に林の中に入られたら困ります」

探偵「厳しいな」

巫女「ここの守り手なので、ここを離れるわけにはいかないんですよ」

探偵「じゃあ、結局確かめようがないじゃないか」

巫女「ですね」

探偵「―――君は人間じゃないのか?五年前に生まれたにしては発育もよすぎるし、さっきから不可解なことばかりを言っているが」

巫女「だから最初に言ったじゃないですか。警察では私を捕まえることはできないって」

探偵「……」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 15:28:38.42 ID:A0sB5xp50
巫女「接点もなし、動機もなし、凶器もなし、死体もなし、その上私は人間でなし。ほら、やっぱり私はふ、き、そ♪」

探偵「言っておくがな」

巫女「なんですか?」

探偵「お前は殺したと証言しているんだぞ?」

巫女「それが?」

探偵「そして今は人間そのものだ」

巫女「昼間はこの姿の方がいいんで」

探偵「だが、君が人間でないという確証はない」

巫女「お?」

探偵「殺したというならどこかに何かがあるはずだ。食ったにしろ切り刻んだにしろ血痕はどこかにあるだろう。ここになければ君の家を調べれば……」

巫女「でも、何もない」

探偵「……」

巫女「私の家は林の中にある洞穴ですからね」

探偵「君は……」

巫女「ふふふ」


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/14(月) 15:35:14.93 ID:A0sB5xp50
探偵(ここ以外の場所を回るか……?)

巫女「……」

探偵(だが、もしこの子の言っていることが本当で林の中にこの人の私物があるとするなら……)

巫女「どうされました?林の中、気になるんですか?」

探偵「……いや。もういい」

巫女「え?」

探偵「君の話はあまりにも荒唐無稽だ。信じられる要素がなさすぎる」

巫女「そうですか」

探偵「他を探すことにする」

巫女「わかりました。それでは御機嫌よう」

探偵「ああ」

探偵「……」

探偵(夜に来てみるか)


関連記事
[ 2012/01/24 23:40 ] ファンタジー系SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/68-578331d9

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ