FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「スライムが現れた」

「スライムが現れた」


 

「スライムが現れた」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:06:44.00 ID:0owqt//gO
戦士「なんだ?このスライム?」

勇者「ちょっと変な気がするが、スライムには変わり無いだろ。さっさと行くぞ」

戦士「俺の勘が告げている。こいつはただもんじゃねぇ!」

賢者「あんたの勘なんて当てにならないじゃない」

戦士「なにを!」

僧侶「まぁ、二人とも落ち着いてください」

勇者「そうだ。僧侶のいう通りだぞ」

戦士「俺の勘が告げてるんだ。あの俺のだぜ」

勇者「どのだよ」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:10:12.83 ID:0owqt//gO
賢者「じゃあ、戦士だけ置いていきましょ」テクテク

勇者「そうだな。早く追い付けよ」テクテク

僧侶「二人とも…」

戦士「心配してくれるのか?」

僧侶「もちろんですよ。その装備高いんですから絶対傷つけ無いでくださいね」タッタッタ

戦士「ああ、装備かよ。チキショー!そこのスライム!覚悟しろよ」

スライム「てけり・り」





元スレ
「スライムが現れた」






4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:11:36.14 ID:0owqt//gO
僧侶「戦士さん大丈夫ですかね?」

賢者「何何?心配しちゃってるの?」

僧侶「心配しますよ!逆ギレして、スライムじゃなくて自分の防具を斬ってしまったら、ものすごくお金がかかるじゃないですか!」

賢者「ああ、そっちね」

勇者「あれでも長年剣の修業をしてきた奴だ。馬鹿だが剣の扱いだけは心配しなくていいだろ」

賢者「あ、馬鹿は認めるんだ」

勇者「馬鹿は馬鹿だろ」

戦士『うわぁぁぁあああ!』

僧侶「戦士さんの悲鳴?」

勇者「なんかやらかしたのか?仕方がない。行くぞ」タッタッタ

賢者「はいはい」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:13:04.37 ID:F6jxHodC0
クリスマスイブにSSって・・・しかもクトゥルフって・・・


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:13:17.07 ID:0owqt//gO
勇者「どうした!」

戦士「見てくれよ!あのスライム、金をこんなに貯めてたんだぜ!ぼろ儲けだぜ!」

賢者「紛らわしい声出さないでよ」ガツ

戦士「殴るなよ。そんなこと言うとこの金は使わせないぞ」

僧侶「私達は一心同体、一蓮托生。私達の全ては各々の物ではなく互いの物です」

賢者「つまり?」

僧侶「そんなことを言うと、身ぐるみ剥いで荒野に磔にしますよ♪」

戦士「怖いよ!ちゃんと共有するから許して」

勇者「よし、町についたら豪勢な宴をするぞ!」

三人「おー!」

勇者「次の町に向けて出発」



?「てけり・り」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:13:39.44 ID:DlBIc3L5P
D&Dみたいな元祖RPGだとスライムは物理攻撃が効かない強敵


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:14:40.50 ID:0owqt//gO
―町―

戦士「よっしゃあ!町についたぞ!」

僧侶「でも、なんだか寂れています」

戦士「知るか!飯だ飯」タッタッタ

勇者「何があるかはわからないが、腹が減っては戦は出来ぬ。戦士の後を追おう」

賢者「なんか、視線を感じるような」

勇者「何?」

賢者「いや、気のせいかもしれない」

僧侶「二人とも、戦士さん見失っちゃいますよ」

勇者「まずはそっちを優先しようか」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:17:11.29 ID:0owqt//gO
―酒場―

戦士「マスター!酒と肉!」バタン

マスター「旅の人かい?残念ながら、期待している物はあまり出せないよ」

戦士「何でだ!」

マスター「この町の近くに魔王の手下の砦があってね。そのせいでこの町は商売なんて満足に出来なくなっているのさ」

僧侶「そうなのですか?なら、私達が倒して来ます」

戦士「うわ!いつの間にきた?」

マスター「あいつらは魔王直属の部下。遊び半分で近付いたら火傷じゃ済まさないぜ」

僧侶「安心してください。私達には勇者様がついています」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:19:52.92 ID:0owqt//gO
マスター「勇者って、あの勇者なのか?」

僧侶「その通りです。ですから倒した暁には宴をしたいと思うのですが」

マスター「宴だって?倒してくれるのなら、この町を挙げて盛大にやろうじゃないか。なぁに、金なんて不粋な物は置いといて、ね」

僧侶「では、戦士さん早速勇者様を連れて行きますよ」

戦士「え?肉は?酒は?」

僧侶「そんなのは明日になったらタダですよ」

戦士「いや、え?」バタン

マスター「頼む。この町を救ってくれ」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:23:09.54 ID:0owqt//gO
―宿―

僧侶「とのことです」

賢者「要するに、タダで宴をやりたいから魔王の部下を倒しに行くってことね」

僧侶「敬虔な信者の願いのためです!そんな気持ち以外は、ほんの少ししかありません」

戦士「それじゃあ、ほとんど金のためじゃん」

僧侶「いちいち揚げ足とらないでください。回復魔法の代わりに毒魔法かけますよ」

戦士「止めて!弱っているか弱い子羊に止めを刺さないで」

僧侶「・・・・」

賢者「気持ち悪い」

戦士「そんなマジトーンはやめてください」ドゲザ


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:26:18.17 ID:0owqt//gO
賢者「焼いていい、勇者?・・・勇者?」

勇者「ん?ああ、悪い。なんだ?」

僧侶「何か考え事ですか?」

勇者「ちょっとな。なんか違和感を感じるんだ。それと、賢者が視線を感じたと言うのが気になって」

僧侶「敵でしょうか?」

戦士「疲れているんじゃないか?」

賢者「あんたは黙っとれ」ゲシ

勇者「もしかしたら、戦士のいう通りかもな。それなら早く魔王の部下を倒して、豪勢な宴をしよう」

戦士「早く行こうぜ!肉と酒が俺を待ってる!」

賢者「いつの間に」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:29:50.07 ID:0owqt//gO
―ボスの間―

部下「グフッ」ドサ

勇者「ふう。終わりか」

賢者「周りに魔物の気配は無いわ」

戦士「肉!酒!」

勇者「お前は本当にそればかりだな」

戦士「昨日からお預けなんだよ」

僧侶「あれは何ですか?」

勇者「ん?輝く短剣?」

賢者「何か神々しい気がする」

戦士「持って帰って調べることにしようぜ」

勇者「そうするか」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:32:15.10 ID:0owqt//gO
―町―

戦士「マスター!飯!」バタン

マスター「お前は!…なるほど。1時間待て」バタン

戦士「え?どこへ行った?」

僧侶「あれマスターは?」

戦士「1時間ほど待て、って言ってどっかに行ってしまった」

勇者「だったら待つか」

賢者「そうね」

戦士「あれ?お前らいつの間に?」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:35:45.55 ID:0owqt//gO
―広場―

マスター「肉と酒だ。さっさと食いな」

戦士「うめぇ!」

町長「勇者様、ありがとうございました。これで村は救われます」

勇者「勇者として当然のことをしたまでです」

子供「お姉さんありがとう」

賢者「いいのよ。大きくなったら、あなたがこの町を守るのよ」

衛兵「僧侶さん。自分は、自分は!」

僧侶「なぁに言ってるんですかぁ?あなたはぁ、自分の価値もわからない愚か者ですかぁ?」クスクス

衛兵「ありがとうございます!」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:39:05.14 ID:0owqt//gO
―深夜―

?「」スク

?「」スク

勇者賢者「」クゥクゥ

?「」ニヤ

?「」ニヤ











??「「てけり・り」」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:44:54.55 ID:0owqt//gO
―外―

村長「勇者様一行、本当にありがとうございました」

勇者「こちらこそ、昨日はありがとうございました」

マスター「また来な。お前らなら安くしとくさ」

戦士「特上の肉と酒を頼むよ」

勇者「それでは、先を急ぎますので」

村長「どうかご武運を」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:45:21.13 ID:KUBIxGVN0
テケリさん!


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:48:56.85 ID:0owqt//gO
―道中―

戦士「さっきから二人黙っているけどどうしたんだ?」

僧侶「二日酔いです。しゃべらせないでください」

戦士「魔法でなんとかならないのか?」

賢者「アルコールだけ飛ばす魔法なんて無いのよ」

戦士「こんな状態で旅を続けて良いのか?」

勇者「ここはそんなに強い魔物もいない。俺達だけで十分だ」

戦士「否定はしないがよ。もしも魔王が俺達を見張っていたら、絶対に今仕掛けてくるぞ」

?「全くだ」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:53:12.72 ID:0owqt//gO
勇者「誰だ!」

魔騎士「お初にお目にかかる。俺は魔王軍で遊撃を任されている魔騎士だ。貴様らはここで死んでもらう」

賢者「ふ、かかったわね」

魔騎士「何?」

僧侶「アルコールなんて毒と同じ。これくらい回復出来ない訳がありませんか」

魔騎士「貴様ら謀ったな!」

戦士「卑怯と言われようが、勝つためには策も張るぜ」

勇者「さあ、覚悟するんだな」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/24(火) 23:58:30.85 ID:0owqt//gO
―戦闘後―

勇者「遊撃を任されているだけあってかなり強かったな」

戦士「ん?あれは」

賢者「また短剣だな」

勇者「これと似ているな」

僧侶「何かあるのでしょうか?」

戦士「まさか呪われた品とか」

僧侶「なにも感じないのでそれは無いです」

勇者「これも一応持っておくか。それにしても時間取られたな。今日はここで野宿だ」

三人「了解」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/25(水) 00:04:10.89 ID:0owqt//gO
―深夜―

?「」スク

?「」スク

勇者賢者「」クゥクゥ

?「」ニヤ

?「」ニヤ











??「「てけり・り」」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/25(水) 00:08:38.68 ID:dwNP87HsO
―魔王城―

勇者「とうとうやって来たか」

戦士「腕がなるぜ」

賢者「これでようやくお仕舞いね」

僧侶「終わらせましょう」

勇者「開けるぞ」ギィ

側近「ようこそ。私は側近。魔王様のため、あなたたちにはここで死んで頂きます」

勇者「来るぞ」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/25(水) 00:12:19.84 ID:dwNP87HsO
―戦闘後―

側近「魔王様、どうか…かたき……を……」ガタ

勇者「また短剣だ」

僧侶「これで3つ目です。一体何なんでしょうか?」

賢者「何かの鍵でしょ」

戦士「そんなことより早く魔王を倒しに行こうぜ」

勇者「そうだな。ゴールは目の前だ」

僧侶「体力前回完了です」

勇者「準備万端だな。いざ魔王の間へ」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/25(水) 00:16:06.94 ID:dwNP87HsO
―魔王の間―

勇者「魔王!」

魔王「ククク、来たな勇者よ」

勇者「俺達はお前を倒す!」

魔王「俺達?今俺達と言ったか?」

勇者「それがどうかしたか!」

魔王「フハハハハ!無知とは怖い物だな。おい、お前ら!」

三人「」ザッザッザッ

勇者「三人とも何をしているんだ!?」

魔王「だから無知は恐ろしいと言うんだ。ここにいる三人はお前のいる三人ではない。邪神様から頂いた魔物なのだよ!」

勇者「何!?」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/25(水) 00:19:38.12 ID:dwNP87HsO
魔王「それに、こいつらが一本ずつ持っている短剣。これについても全く知らないだろ!」

勇者「それがどうした!」

魔王「ククク、冥土の土産に教えてやろう。その短剣とこの我の長剣、この4本を我に刺せば我を殺すことが出来るのだ。もっとも一本ずつではただの切れ味の良い剣だけどな」

勇者「なん……だと………」

魔王「種明かしはこれで終わりだ。貴様ら勇者をやれ!」

三人「」グサグサグサ


魔王「貴様ら…、何を……」

戦士「無知とは怖い物だな」

賢者「私たちが知らないとでも思っていたの?」

僧侶「それに私たちは」

勇者「一心同体、以心伝心だ!」

魔王「まさか…、貴様ら……」

勇者「食らえ!これが4本目だ!」

魔王「ば……か……な………」バタン


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/25(水) 00:23:03.07 ID:dwNP87HsO
―城―

王様「勇者一行よ。よくぞ魔王を倒してくれた」

勇者「いえ、当然のことをしたまでです」

王様「何と謙虚なんだ。お前達は凄まじい功績を残してくれた。褒美をとらせよう。私に出来ることならなんでも言うが良い」

勇者「私たちはこれからもう一度旅をします。その旅費を少しばかり」

王様「それだけで良いのか?他のもの達は?」

戦士「勇者と同じです」

僧侶「私も」

賢者「以下同文」

王様「そうか。しかし、その旅まで一週間ほど待ってくれないだろうか。その期間、この国で魔王討伐の祭りをする予定なのだ!主賓がいないのでは話にならん」

勇者「ではその期間中は」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/25(水) 00:27:33.09 ID:dwNP87HsO
王様「祭りが終わるまでこの城にいるが良い。最高級のもてなしをしよう」

勇者「はい」

王様「では私は祭の準備がある。祭まで部屋で待っていてくれ」

勇者「はい」



















勇者「てけり・り」

数年後人類は滅んだ


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/25(水) 00:32:45.22 ID:dwNP87HsO
「おお、ショゴス。帰って来たか」

「長年の恨みだ!死ね!」

「ふん」ベキガチグニャミリメリゴトグチャメメタビシガシヌチャ

「」

「ふう。お、一つ世界を乗っ取ったんだな。帰って来るときに手土産を持ってきてくれるとは、全く可愛い奴だな」


―fin―


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/25(水) 00:33:04.65 ID:LgUgjg310
おつ


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/25(水) 00:34:50.43 ID:dwNP87HsO
DQSSだと思った?残念クトゥルフSSでした

まぁDQぽいのスレタイだけで
>>2からはほとんどの人がわかったと思うけど

魔法少女プリティ☆ベルを読んだら異様にクトゥルフSSを書きたくなったんで書いてみました

クリスマスに建てたのは単に書き溜めが終わったからで聖夜になにも関係はありません

以上。みなさん良い夢を
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
[ 2013/12/25 01:26 ] ファンタジー系SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/636-6cd7624f

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ