FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メガネ「ボクはこの進学校で、東大を目指す!」2/3


メガネ「ボクはこの進学校で、東大を目指す!」



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 19:38:51.25 ID:NIDuAb4G0
1月中旬──

受験生にとっての一大イベント『センター試験』が始まる。

<センター試験>
東大その他各大学の格闘学部については、センター試験もその内容は通常と異なる。

襲いかかる100人の武術家を時間内に何人倒せるかに挑戦し、
その結果を各大学に出願するのである。

むろん、難易度の高い大学は大人数を倒さないと『足切り』される。
もし東大を目指すなら、90人は倒せないと話にならない。



元スレ
メガネ「ボクはこの進学校で、東大を目指す!」




131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 19:44:17.61 ID:NIDuAb4G0
教室──

学生「聞いたか!? 生徒会長は100人全員ブッ倒して、
   余裕で二次試験進出だってさ!」

メガネ「100人全員!?」

女子「すごい! 100人全員倒せる人なんてそうそういないって聞くよ」

学生「ああ、あの人はまちがいなく東大生になれるよ」

女子「あんなにトレーニングしてたもんね……」

メガネ(生徒会長……一足先に東大に入って待っていて下さい。
    必ずあなたの後輩になってみせます!)


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 19:45:54.93 ID:kNuJwxTe0
ここの教師共はどこ出身なんだよ・・・

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 19:48:31.34 ID:hyRV8yJl0
>>132
特集部隊とかからだろうな


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 19:49:53.45 ID:GtNkoVRHO
となると武術家たちは10mのクレーターがあく威力の攻撃を喰らったのか
死ぬだろ


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 19:50:44.79 ID:3dajEVY10
武道家100人とか地面殴ってるだけで全滅


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 19:51:06.31 ID:NIDuAb4G0
そして2月末──

学生「大変だ、大変だっ!」

メガネ「どうしたんだい?」
女子「どうしたの?」

学生「今日、東大で二次試験が行われて、生徒会長が──」

メガネ「まさか、トップ合格?」
女子「もしかして、やりすぎて大学を壊しちゃったとか?」

学生「いや……」

学生「試験で全身を粉砕骨折して、病院に運ばれたらしい……。
   もちろん……不合格だって話だ……」

メガネ&女子「えぇっ!?」

学生「とりあえず、命に別状はないみたいだが……」

メガネ(そ、そんな……あの生徒会長が……!?)


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 19:51:43.38 ID:ntXp+pHC0
粉砕骨折wwwwwww


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 19:53:06.83 ID:iVcM1mX40
何が起こったwwwwwwww


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 19:53:58.11 ID:GtNkoVRHO
もうこれ日本安泰どころか侵略してるだろwwwww


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 19:55:28.13 ID:rUBQapCa0
全身を粉砕骨折して命に別状はないってやべぇ


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 19:56:02.88 ID:ZcDqQBn10
プロテインの力か


145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 19:57:22.54 ID:NIDuAb4G0
数日後、三人は生徒会長が入院している病院に向かった。

病室──

メガネ「こんにちは……」

生徒会長「やぁ、君たちか。わざわざ来てくれてありがとう」

学生「怪我の具合は……??」

生徒会長「ご覧の通り、全身を包帯で固めねばならないほどにやられたよ。
     全治二ヶ月だそうだ」

女子「体が治ったら、来年……また受けるんですよね?」

生徒会長「いや……もう受験はしない」

メガネ「えぇっ!? どうしてですか!?
    生徒会長なら、一浪すれば絶対に受かりますよ!」

生徒会長「現役で受からなければ、家業を継げと親にいわれてたからね。
     残念ながら、私の東大受験はこれで終わりだ」


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 19:58:25.73 ID:kNuJwxTe0
粉が喋った!



149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:00:43.80 ID:GtNkoVRHO
まあ、東大格闘卒業者が核爆弾100個分の戦闘力持ってるからクレーター程度じゃ無理なのかもなwwwwww


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:05:08.31 ID:NIDuAb4G0
メガネ「だったら、ご両親を説得して──」

生徒会長「いや、これは自分でも決めていたことだ。曲げるつもりはない。
     逆に一回きりのチャンスだったからこそ、あれだけ頑張れたんだしね」

生徒会長「結果は残念だったが、私は自分のやってきたことを
     無駄だったなんて思っちゃいない」

生徒会長「この鍛えた体はきっと社会の役に立つハズだからね」

生徒会長「そして──私の夢は君たちに託す」

メガネ&学生&女子「!」

生徒会長「南極で……いやトレーニングルームで初めて出会った時から、
     君たちも東大を受けると分かっていた。そういう目をしていた」

生徒会長「東大に受かるには、当然私を超えなければならないが、
     君たちならできる!」

生徒会長「あと二年間、休まず鍛錬を続ければ……きっと……!」

メガネ&学生&女子「……はいっ!」


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:09:10.72 ID:NIDuAb4G0
三人が帰った後──

生徒会長(あの三人は私よりも素質がある……)

生徒会長(特にあの眼鏡をかけた彼は、現時点では他の二人に劣るが、
     二年後にはどうなっているか分からない)

生徒会長(頑張ってくれ……)

生徒会長「…………」

胸に去来する自分の不甲斐なさと、未来ある三人への期待と嫉妬──

生徒会長「ち、ちくしょう……ちくしょう……!」グスッ

生徒会長は泣いた。



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:14:08.07 ID:NIDuAb4G0
病院の外──

メガネ「ボク、やるよ」

女子「え?」

メガネ「今までのボクは東大に合格するためというよりはむしろ、
    自分の限界をたしかめるために修業をしていた」

メガネ「でも、これからはちがう」

メガネ「ボクはこの進学校で、東大を目指す!」

学生「よくいった!」

女子「うん、そうだよね……。
   生徒会長の分まで、後輩である私たちが頑張らないとね!」

学生「そうと決まれば、全速力フルマラソンやるか!」

メガネ&女子「うんっ!」


160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:18:32.04 ID:NIDuAb4G0
4月になり、メガネたち三人も二年へと進級した。

結局、今年は生徒会長を始め、東大に一人も受からなかったので、
信用を落とす形になった教師たちもピリピリしていた。

担任「皆も知っているだろうが、例年ならば合格ラインにいたであろう
   生徒会長が東大を不合格になった!」

担任「大学側も試験の難易度を上げているということだ!」

担任「ゆえに今年度からはさらにカリキュラムを厳しくする!」

担任「死ぬ気で……いや自分はもう死んでいると思って授業に臨め!」

メガネ(負けない……どんな授業が来ようと耐えてみせる!)


161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:18:39.64 ID:Spn+TbMmO
これ読んでたら胸がドキドキしてきた……何でだろ



167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:26:59.32 ID:3dajEVY10
>>161
心臓が粉砕骨折してる


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:28:08.78 ID:NIDuAb4G0
授業の内容は過酷を極めた。

三年になれば受験(本番)を控え、あまりムチャな鍛錬はできなくなるので、
二年の時にどこまで伸びるかが勝負だからだ。

国語教師「走れっ! 風よりも、音よりも、光よりも、メロスよりも──速くッ!」

数学教師「肩と腕と手首でルートの形状を成す!
     これがルートの構えだッ! よく覚えておけッ!」

<ルートの構え>
√の構え


生物教師「これから君たちにはカエルとウサギを組み合わせて作ったキメラ生物
     『超獣ギガ』と戦ってもらいまぁ~す。死なないようにねぇ~」

化学教師「本日は水泳です。塩酸のプールを一万メートル泳いでもらいます」

物理教師「支点、力点、作用点を見極めれば、スカイツリーでもヘシ折れる。
     これこそが関節技(サブミッション)だ」

地学教師「東大卒業生は拳の風圧で雲を動かし、天候を操ることもできる」



176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:32:24.19 ID:NIDuAb4G0
世界史教師「えぇー……第一次世界大戦時代、ドイツで非常に優れた武術が誕生した。
      それがワイマール拳法だ」

日本史教師「千利休は熱々のお茶を相手の目に浴びせる戦法を得意としておった。
      これぞ“わびさび”なのじゃ」

地理教師「リアス式海岸で戦う上で、もっとも有効な戦術を伝授してやる!」

英語教師「リスニングを行いマース!
     目隠しをして、耳を頼りに飛んでくる矢をやり過ごしてくだサーイ!」

体育教師「今日はボウリングの球でドッジボールを行う」

音楽教師「腕を折られ、足を断たれ、首をネジられ、頭を砕かれた
     敵の断末魔の叫びこそが──最高の音楽なのでございます!」

この一年で脱落者は続出した。
しかしメガネたちはくじけることなく、授業に耐え続けた。

もちろん、保健室には数えきれないほどお世話になったが──


177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:33:24.76 ID:83/MS/3U0
>>音楽教師「腕を折られ、足を断たれ、首をネジられ、頭を砕かれた
>>     敵の断末魔の叫びこそが──最高の音楽なのでございます!」

これ子供が聞いたら泣くぞ


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:33:53.39 ID:Ygael2bN0
音楽教師マッド過ぎるわ


179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:34:07.94 ID:ClkHsTh70
ワイマール拳法わろた


180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:35:48.87 ID:pJ5vQr6Q0
キチガイ教師ばっかだなwww


181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:36:03.06 ID:kNuJwxTe0
英語だけ全く関係ないぞwwwwww


186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:39:01.71 ID:NIDuAb4G0
やがてメガネたちは三年生となった。
この頃になると、彼らは入学時とは比べ物にならないほどに力を伸ばしていた。

<三学年 成績上位者>

一位 学生

二位 メガネ

三位 女子

……

……

……



女子「やったね、私たちでトップ独占だよ!」

メガネ「うん! このままみんなで東大に合格しよう!」

学生「…………」

 
188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:40:34.89 ID:GtNkoVRHO
メガネ強すぎワロタwww


189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:41:15.74 ID:Spn+TbMmO
冬が近づくなか熱い話が読めるとテンション揚がってきた


190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:42:05.64 ID:GtNkoVRHO
>>189
カラッカラだな


191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:42:49.30 ID:K5dFDsL7O
メガネが二位だと…?



193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:43:57.75 ID:NIDuAb4G0
学生「なぁ、メガネ。ちょっと二人きりで話をしたいんだが、いいか?」

メガネ「うん、いいよ」

体育館裏──

学生「メガネ……」

学生「俺はお前がこの学校に残るって決めたあの日から、
   いつかはこういう日が来るって分かってた」

学生「お前が俺に追いつく日を……」

メガネ「そんな……追いついてなんかいないよ。だってボクはまだ二位じゃないか」

学生「いや、すでにお前は俺を超えてるのかもしれないな。
   お前は自分が一位にならないよう……俺に遠慮をしている」

学生「そんな気がする」

メガネ「そんなことないって……」

学生「メガネ」

学生「──俺と勝負しろ。もちろん本気でな」



199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:47:56.69 ID:NIDuAb4G0
メガネ「勝負なんて……やめようよ、ボクたち受験を控えてるんだし」

学生「いや、ここでお前と白黒ハッキリつけておかねぇと、
   とても東大に受かる気がしない」

学生「あの生徒会長でさえ落ちたんだ……。
   こんなモヤモヤした気分じゃ、絶対に受かりっこない!」

学生「もしお前が俺を本当にダチだと思ってくれてるんなら……勝負だッ!」

ズバァッ!

学生の鋭い蹴りが、メガネの頬を切り裂いた。

メガネ「本気……みたいだね」

学生「俺はいつだって本気だぜ。入学式でお前と戦った時からな」

メガネ「分かった……やろう!」ザッ



201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:52:05.57 ID:NIDuAb4G0
学生「つりゃあああっ!」

ビュッ! バッ! ボヒュッ!

学生の拳がメガネの体をかすめるたび、皮膚が削げ落ちる。

メガネ(学生君の戦術は単純明快……。
    すばやいパンチで敵を翻弄し、必殺の蹴りでトドメを刺す!)

メガネ(単純だからこそ、難攻不落!)

学生「どりゃあっ!」

バギィッ!

学生のハイキック。メガネをガードごと吹き飛ばす。

メガネ「ぐあぁっ……!」ドサッ

学生「どうしたメガネ、こんなもんか!?」


202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:54:56.73 ID:3dajEVY10
メガネが飛んだのかメガネが飛んだのかどっちなんだ


203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:55:09.19 ID:NIDuAb4G0
学生は跳び上がると──

ベキィッ!

頭部へ一撃。

ドゴォッ!

胸部へ一撃。

ズドッ!

腹部へ一撃。

空中三連蹴りを決めてみせた。

メガネ「ガハッ!」ドサッ

学生(──チャンス! ここで決める!)



207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:59:17.16 ID:NIDuAb4G0
学生「トドメだッ!」ブオッ

倒れたメガネに、学生がサッカーボールキックを放とうとする。

メガネ「はぁっ!(狙いは弁慶の泣き所!)」

メキィッ……!

メガネは学生の蹴り足のスネに、右拳をブチ当てた。

学生「ぐあぁ……っ!」ヨロッ…

すぐさまメガネは立ち上がると、フレミングの法則の親指を、
学生のノドに打ち込む。

ドスゥッ!

学生「が……っ!」

学生(メガネ……お前がこの学校のナンバーワンだ……!)ニィッ

ドサァッ……!


208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 20:59:18.04 ID:j6ALxvB90
決め技は最初に覚えた技ってありがちだけど凄い熱いよね


212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:06:17.57 ID:NIDuAb4G0
学生「お前の勝ちだ……」

メガネ「学生君……」

学生「いいんだよ、むしろスッキリしたぐらいだ!
   これでなんの邪念もなく、東大に挑戦できるってもんだ!」

メガネ「…………」

すると──

女子「お疲れ~!」

メガネ&学生「女子ちゃん!」

女子「ほら、運動の後はプロテインドリ~ンク」ポイッ ポイッ

メガネ「あ、ありがとう」パシッ
学生「サンキュー」パシッ

女子「私だけノケモノにするなんて、ヒドイじゃない」

学生「悪いな、どうしてもサシでケリをつけたかったからさ……」

女子「ま、いいけどさ。ナイスファイトだったよ、二人とも!」

この対決で、メガネと学生の友情はさらに深まった。


213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:08:18.74 ID:YnubTg12O
フレミング「俺はなんてものを産み出してしまったんだ・・・」


214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:11:08.44 ID:NIDuAb4G0
一学期が終わり、夏休みになった。

受験業界において、夏休みは『受験の天王山』ともいわれる。
このため、三人は世界一高い山であるエベレストを登ることにした。

三人はおよそ一時間ほどで、頂上にたどり着いた。

女子「いやぁ~高いねえ」

学生「やっぱり標高8000メートルともなると、空気がちょっと薄いな」

メガネ「ここが……世界一の山かぁ……」

学生「そうさ、俺たちは世界一の山だって登れるんだ!
   日本一の大学くらい、ワケないぜ!」

女子「うん、そうだよ! 東大なんてラクショーだよ!」

メガネ「みんな……絶対受かろうね!」


216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:14:39.27 ID:TwWBgL8D0
登山家が泣くぞwwwww
登山家は登頂するのが目的なのにこいつらトレーニングだからな


217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:16:06.66 ID:z8Z45N6r0
1時間で山頂とかwww


218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:16:13.18 ID:NIDuAb4G0
月日は流れ……

メガネの家──

母「メガネちゃん、いよいよ明日はセンター試験ね。体調は大丈夫?」

メガネ「うん」

母「この三年間で、メガネちゃんはみちがえるほど成長したものね」

母「あ、筆記用具と受験票を忘れちゃダメよ」

メガネ「筆記用具なんかいらないよ。必要なのはこのボクの拳だけ」

母「あら、そうなの?」
 (センター試験もずいぶん変わったのねえ……。
  もう紙じゃなく、タッチパネルかなにかでやるのかしら)

メガネ「じゃあ、明日に備えてもう寝るね! おやすみなさい!」

母「えぇ、おやすみなさい」
父「おやすみ」


227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:22:12.38 ID:NIDuAb4G0
翌日──

メガネはセンター試験会場にやってきた。

メガネ(いよいよか……)

メガネ(下手をすると命を落とす可能性もある試験だというのに……
    なぜだか心はとても落ち着いている……)

学生「よう」
女子「おっはよ~!」

メガネ「おはよう!」

メガネ「さぁ行こう、センター試験との戦いに!」ザッ


234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:27:15.68 ID:NIDuAb4G0
センター試験はひとりひとり部屋がちがう。

ガチャッ……

メガネ(ここがボクの部屋か……)バタン

アナウンス『ようこそ、センター試験へ!』

メガネ(うわっ、ビックリした!)

アナウンス『これからあなたには、100人の武術家と戦ってもらいます』

アナウンス『試験時間は90分ですが、武術家を全滅、あるいはあなたが倒されても
      試験終了となります』

アナウンス『一人でも多く倒せるよう、頑張って下さい』

メガネ「ようし……来い!」ザッ

アナウンス『では試験を開始いたします……始めッ!』


235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:29:13.18 ID:ClkHsTh70
総受験者×100人もの武闘家、どこから調達してるんだ


240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:35:50.39 ID:xu9YTqgB0
>>235
格闘界では結構割のいいバイトなんだろうな


 
236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:30:57.80 ID:cTBtEpFo0
底辺大の格闘学部の奴等じゃね


237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:32:05.65 ID:NIDuAb4G0
四方に設置された扉が開き、部屋に次々と武術家がなだれ込む。

武術家A「参るっ!」ダッ
武術家B「うおおおおおっ!」バッ
武術家C「つおりゃあっ!」ブオンッ
武術家D「だりゃあっ!」ババッ

メガネ「よろしくお願いしますっ!」

メガネは飛び上がると──

ドガッ! バキッ!

右と左の蹴りで武術家AとCを倒した。

さらに着地と同時に武術家Bにフレミングの法則を喰らわせ──

ズブッ!

残る武術家Dをヒジ打ちで浴びせる。

ガキィッ!



241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:36:17.20 ID:NIDuAb4G0
10分後──

メガネ「でぇやぁぁぁっ!」

ドゴッ! ドガッ! メキィッ!

「ぐべぇっ!」ドサッ 「ぎゃあっ!」ドサッ 「ごふぅっ!」ドサッ

メガネ「──よしっ!」ザッ

アナウンス『すばらしい。これで99人抜きです。
      それでは、ラスト一人に登場していただきましょう』

センター試験、100人目が部屋に現れる。

ザッ!

メガネ「あ、あなたは──!?」


248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:42:20.11 ID:NIDuAb4G0
生徒会長「やぁ、久しぶりだね」

生徒会長「それにしても……本当に強くなった。
     私もセンター試験を100人抜きするのは、30分かかったというのに」

メガネ「生徒会長が……どうして!?」

生徒会長「特別に試験官として参加させてもらったんだ。
     ……どうしても君と戦いたくてね」

生徒会長「100人抜きを達成するには、私を倒すしかない。
     さぁ……私の生徒会拳、破ってみせろ!」ザッ

メガネ(生徒会長……!)

メガネ「はいっ!」ザッ


256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:47:33.44 ID:NIDuAb4G0
<生徒会拳>
会長、書記、会計、処務を模した四つの技からなる拳法。

生徒会長「“暑気”ッ!」コォォ…

暑気:特殊な呼吸法で体温を操り肉体に熱を持たせ、身体能力を限界以上まで高める。

生徒会長「“貝型”ッ!」ガキンッ

貝型:柔軟さを維持したまま、貝のように体の硬度を上昇させる構え。

生徒会長「これで準備は整った──行くぞッ!」

生徒会長「“怪鳥”ッ!」バッ

怪鳥:両手を広げ、威嚇しつつ宙に羽ばたく跳躍法。

生徒会長「“諸無”ッ!」

ドゴォッ!

メガネ「ぐああっ!」ドサッ

諸無:“諸行無常”の打撃はあらゆるモノを粉砕する。

メガネ(あの時南極にクレーターを作ったのは……このパンチか!)


261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:52:06.03 ID:NIDuAb4G0
ドガッ! バキッ! ドゴッ! ドズッ! ベキッ!

空中からの連続攻撃に、防戦一方となるメガネ。

メガネ(つ、強い……!)

メガネ(生徒会長はもう家業を継いで働いているというのに、
    今でもトレーニングを欠かしていないんだ!)

生徒会長「どうした、私に勝てなければ東大など受かりっこないぞ!」

メガネ(そうだ……生徒会長は二次試験に向けた最後の試練になってくれているんだ!
    ──ボクのために!)

メガネ(だからこそ、この生徒会拳……必ず破ってみせる!)



265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:54:17.71 ID:b1SGIeHa0
雑用的イメージの庶務が攻撃技ってのはなかなか面白い 


267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:55:08.69 ID:DRcqpJbf0
雑用だからこそ一番多用されるんだろ


268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 21:56:11.58 ID:NIDuAb4G0
メガネ(“諸行無常”とは、どんなものもいずれは変わっていくということ。
    この真理が、あの拳に森羅万象を破壊する力を与えているんだ)

メガネ(ならば──)

メガネ(絶対に変わらない強い意志で対抗すれば、打ち勝てるハズ!)

生徒会長「悪いが手心を加えるつもりはない! ──終わらせるッ!」ブオッ

メガネ(ボクはあなたを倒して……)

メガネ(東大に受かる!!!)ブオッ

メキャアッ!

両者の拳がぶつかり合った。


269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:00:48.68 ID:NIDuAb4G0
生徒会長「!」ベキボキバキ…

生徒会長(私の拳が……!)

生徒会長(“諸無”が真正面から、しかも同じ拳で破られるなど、初めてだ!
     なんという漢!)

砕かれた拳に気を取られた生徒会長に──

ガゴンッ!

ダメ押しの左フックがクリーンヒット。

生徒会長「ぶぉっ……!」

生徒会長(みごとだ、メガネ君……! 君たちならばきっと東大に──!)グラァッ…

ドサァッ!

メガネ、センター試験100人抜き達成。



279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:06:12.31 ID:NIDuAb4G0
メガネ「生徒会長ッ!」ダダッ

生徒会長「いい試合ができた……ありがとう……」

メガネ「こちらこそ、ありがとうございました!
    ボク、あなたには何度お礼をいっても足りま──」

アナウンス『100人抜き達成です。おめでとうございます』

アナウンス『試験終了後の試験官と受験生の会話は禁じられています。
      すみやかに退出して下さい』

メガネ(せっかく久しぶりに会えたのに……!)

生徒会長「メガネ君、時間がない。最後にこの技だけでも授けておこう」ボソッ

生徒会長「今から私がやる呼吸を、覚えておいてくれ……」ボソッ

メガネ「!」



281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:10:51.61 ID:NIDuAb4G0
試験が終わり──

メガネ「やぁ……二人とも。どうだった?」

学生「バッチリだ! 試験開始15分で100人抜きしてやったぜ!」
女子「私も100人抜きできたよ!」

学生「メガネこそどうだったんだよ?」

メガネ「うん……」

メガネ「100人目が生徒会長だったんだ。
    家業を継いで働いてるっていうのに、前よりもずっと強くなってたよ」

学生「な……マジか!? で、勝ったのか!?」

メガネ「うん……苦戦したけど、なんとかね」

学生「そっか……」
女子「生徒会長もきっと喜んでるよ!」

メガネ「うん……! 残るは二次試験だけだ!」


282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:14:33.19 ID:NIDuAb4G0
二次試験までの一ヶ月、メガネは徹底的に己を鍛え直した。

メガネ(東大の二次試験は至ってシンプル)

メガネ(すなわち主要五科目との勝負!)

メガネ(これまでの鍛錬の全てが試される、
    生徒会長ですら突破できなかった最後にして最大の難関!)

メガネ(ゆえにボクも全てを出し切るッ!)

ゴオォォォォォ……

メガネの10メートル前で激しく燃えるキャンプファイヤー。

メガネ「はぁっ!」

ビュバァッ!

メガネの突きの風圧で、キャンプファイヤーの炎は跡形もなく消し飛んだ。

メガネ「──よしっ!」

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:20:27.96 ID:NIDuAb4G0
そしてついに最大の試練、二次試験当日となった。

父「結果はともかく、悔いのないようにな」

母「頑張ってね、メガネちゃん!」

メガネ「行ってきます!」

待ち合わせ場所で、二人と合流する。

学生「いよいよだな……」

女子「絶対合格しようね!」

メガネ「うん!」

いざ、東京大学へ──!


289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:23:17.29 ID:NIDuAb4G0
東京大学──

試験監督「ようこそみなさん!」

試験監督「さて試験の方法ですが、基本的にはセンター試験と同じです」

試験監督「一人一人違う部屋に入ってもらい、そこで五教科と戦っていただきます」

試験監督「五教科全てに打ち勝てば、晴れて合格となります」

試験監督「では皆さん、受験番号に従って各自の部屋にお入り下さい」

メガネ(ついに……始まる……!)



292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:28:36.78 ID:NIDuAb4G0
試験場に入るメガネ。

メガネ(人だ……!)

国語「待っていたぞ、若き受験生よ」

国語「この部屋は核シェルターより頑丈だから、存分に暴れてもらってかまわない」

メガネ(いや、なんだこの気配は……?)

メガネ(人の形をしているが──人間じゃない!
    ……というか生物でもなければ、機械でもない!)

メガネ(教科や科目というものに宿るパワーが人型に具現化されたような……
    なんとも説明しにくいけど、とにかくそういう存在なんだ!)

国語「なかなか聡明な学生だな、正解だよ」

メガネ「!」

国語「私は国語の化身ともいうべき戦士……さあ試験を始めよう!」スッ

メガネ「お願いしますっ!」ザッ


294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:33:30.26 ID:NIDuAb4G0
【VS国語】

開始早々、国語の猛ラッシュ。

ズガァッ! ドゴォッ! ベキィッ!

洗練された文学的な打撃が、メガネを打ちのめす。

ズドォッ!

メガネ(お、重いッ……!)

メキィッ!

メガネ(単純な打撃だというのに、肉や内臓にまでズンズン響いてくる……!
    まるですばらしい小説を読破した時のように……。
    気を抜くと一瞬で意識を持っていかれるだろう!)

メガネ(でも、ボクだって三年間必死に鍛えてきたんだ!)ブオンッ

メガネが国語の死角となる位置からアッパーを繰り出す──

スカッ

──かわされた。

メガネ(……あれ!?)
国語「ふっ」


297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:39:15.25 ID:NIDuAb4G0
メガネ(今のはまちがいなく当たるタイミングだったハズだ……なぜ!?)

国語「今の君の心情を50字以内で解答してみせようか」
メガネ「!?」

国語「“相手の連打のスキを突いて、完璧なタイミングで放ったアッパーカットが
   どうしてかわされてしまったのだろう”」

国語「──ってところか」
メガネ「な、なんで分かったんです!?」

国語「オイオイ、試験問題に正解を聞く奴があるか?」

メガネ「くっ!」バッ

一度間合いを空けようとするメガネだったが、即座に間合いを詰められてしまう。

ドズゥッ!

メガネ「ぐぼっ!」

ボディブローがメガネの腹にめり込んだ。



301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:42:54.55 ID:jCcy/huf0
キャンプファイアーが正拳突きで消えるとか相当だなwwww


302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:43:41.18 ID:K5dFDsL7O
こ、これが生徒会長の乗り越えられなかった二次試験か…
恐るべし国語


304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:44:16.01 ID:b1SGIeHa0
キャンプファイアーとか常人がみれる火の中でも上位の大きさだろ…


306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:44:46.77 ID:9ACM6wwZ0
文学的な打撃クソワロタ


307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:45:20.71 ID:NIDuAb4G0
メガネ(ま、まただ……! 動きを読まれた……!)

国語「今のろくに活字も読まないような軟弱な学生では、
   この国語の力を破ることはかなわないよ」

メガネ(国語の力……!?)ハッ

メガネ「そ、そうか……分かったぞ!」

メガネ「あなたにはボクが思っていることが分かるんだ!」

メガネ「例えるなら──文章から登場人物の心情や、
    筆者の伝えたいことを読み取るように……。これが国語の能力なんだ!」

国語「正解」ニィッ

国語「だが、あいにくこれは君の武力を測定する試験だ。
   私を倒せなければ、合格にはならないぞ」

再び国語のラッシュ。

メキィッ! ズドンッ! ドゴォッ!

メガネの動きは完全に読まれており、打撃をなすすべなく喰らってしまう。

メガネ「く、くそ……!」


308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:48:16.94 ID:NIDuAb4G0
メガネ(国語を倒すには……彼の予測を超えた動きをしなければならない!)

メガネ(動きを読まれていること以外、ボクと彼にさほど差はない。
    あとほんの少しでもいいから速く動ければ……!)

メガネ(しかし、そんなことできるハズが──)

メガネ(いや、あるじゃないか!)

メガネ(あの人が伝授してくれたあの技を使えば──!)


311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:51:55.30 ID:Fha2CDL00
国語力を極めれば目の前の人間が考えていることを読めるようになるのか


312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:53:55.63 ID:jCcy/huf0
ちょっと大学の文学部舐めてたわ


313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:54:23.65 ID:NIDuAb4G0
メガネは呼吸を整え──

メガネ「“暑気”ッ!」コォォ…

生徒会拳の一つである『暑気』を発動させる。
これにより、メガネの身体能力は今の倍以上に高まった。

国語「もちろん、そう来ることも読めていた」

国語「だが、呼吸による身体能力上昇など、大したものでは──」

ドグォッ!

メガネの右ストレートが国語の顎を打ち抜いた。

国語「!?」ガクッ
  (み、見えなかっ──!)

メガネ「ボクはこの技しか使えないけど……。
    生徒会拳、そして生徒会長を甘く見ないで下さい」

メガネ「あの人は東大に受かる実力だってあったんです」

国語「な、なるほど……」ヨロッ

国語「どうやら……君には読み解く力だけでは対抗できないらしい。
   ならば次は古文の力を披露してやろう」



315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 22:58:31.03 ID:NIDuAb4G0
国語「昔」

国語「男」

国語「あり」

国語「──蹴りッ!」

ドゴォッ!

国語の回し蹴り。
メガネのガードに使った右腕をシビれさせるほどの威力だった。

メガネ「ぐっ……!」ビリビリ…
   (昔、男ありけり──伊勢物語か!)

国語「伊勢物語は作者不詳とされているが──
   作者が蹴り技の達人だったというのは、文学者の間では常識だ」

国語「さらにこれに、漢文の力を加えると──こうなるッ!」


322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:06:37.42 ID:NIDuAb4G0
国語「レ点蹴りッ!」

国語はメガネに背を向け、片仮名の「レ」を描くように足を蹴り上げた。

ズドォォンッ!

強烈な衝撃が、メガネの腹を突き上げる。

メガネ「がっ……」

メガネ「ゲボォ……ッ!」ビチャビチャ

<レ点蹴り>
レ点蹴り


国語「この蹴りで、受験生の大半が内臓破裂を起こすが──嘔吐だけか。
   褒めておいてやろう」

メガネ「ぐっ……!」ハァハァ
   (レ点のように内臓をひっくり返すような蹴りだった……!
    あと四教科もあるのに、これ以上のダメージはマズイ!)

メガネ(でも一度まともに喰らったおかげで分かった……あの技の弱点が!)



324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:07:45.36 ID:vPnyhW/s0
レ点蹴り意外としょぼそうwwww


327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:12:10.77 ID:NIDuAb4G0
国語「レ点蹴りッ!」ブオンッ
メガネ(今だっ!)

ガッ!

メガネは蹴りに蹴り足をぶつけ、レ点蹴りの形が「レ」になる前に食い止めた。

国語(しまった……この技が最高威力となるのは「レ」の時!
   その前に止められてしまうと、凡庸なキックに過ぎない!)

メガネ「──つああっ!」

ドガガガガッ!

国語「ぐはっ……!」ヨロッ

国語(まさか古文と漢文の複合奥義を破られるとは……ッ!)

国語(なら再びコイツの心情を読み取ってやる! 10文字以内で!)

メガネ(絶対にあなたに勝つ!)
国語「“絶対にあなたに勝つ!”」

ドゴォッ!

勝利への執念がこもった、アッパーカットが決まった。

国語「ぐごぁ……っ!」

国語(ふっ……心情を読み取るまでも……なかったか……)ドサァッ


328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:12:49.96 ID:ClkHsTh70
国語って奥が深いな


329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:14:22.23 ID:9X6+Hr2b0
このSSキャラがいちいちかっこいいなおい


331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:16:56.33 ID:NIDuAb4G0
一教科に勝利すると、10分間の休憩が与えられる。

メガネ(強敵だった……!)

メガネ(とてもペース配分とか、技の温存とかいってられないぞ。
    一教科一教科全力で挑まなければ、一瞬でやられてしまう!)

メガネ(この10分間で呼吸を整え、少しでもダメージを回復しなければ!)

すると──

数学「やぁ、こんにちは」ニコッ

メガネ「こ、こんにちは……」

数学「ぼくは数学の化身さ。さっそくお手合わせ願おうか」

メガネ(国語とちがって、ずいぶん物腰が柔らかいな)
   「よろしくお願いしますっ!」

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:22:28.79 ID:NIDuAb4G0
【VS数学】

数学「数とは力……」ギロッ

メガネ(気配が変わった!)

数学「数が多いほど長く、数が多いほど重く、数が多いほど速い。
   数字の大小は、そのまま優劣に直結する」

数学「兵力、財力、権力……世の支配者はいつだって数を制してきた」

数学「格闘技も同じこと」

数学「数が多い方が──勝つッ!」ダンッ

数学が繰り出してきたのは、機関銃のような拳の連打。

ズドドドドドドドドドドッ!

メガネ(な、なんて連打だ! ガードを固めるだけで精一杯だ!)

ズドドドドドドドドドドッ!

メガネ(でもどんな連打だって、必ずどこかで止まるハズ!)

ズドドドドドドドドドドッ!

メガネ(と、止まらないっ!?)


334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:26:44.33 ID:NIDuAb4G0
メガネ(この連打、止まる気配が全くない!)

ズドドドドドドドドドドッ!

メガネ(このままじゃガードに使ってる両腕を壊される……!)

ズドドドドドドドドドドッ!

メガネ(かといってガードを解けば、一気に連打を浴びて終わりだ)

ズドドドドドドドドドドッ!

数学「あいにくぼくのスタミナは∞(インフィニティ)……」

数学「圧倒的な連打の前では、どんな技も工夫も無意味だッ!」

メガネ(なにかないか……考えるんだっ! この膨大な数に対抗する手段を!)

すると──

数学「むっ!?」

339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:30:38.05 ID:NIDuAb4G0
メガネ(なにも──しないッ!)

ブンブンブンブンブンッ!

数学の高速連打が、メガネにかすりもしなくなった。

数学(コイツ、ガードを解いて力を抜き、最小限の動きで
   ぼくの連打をかわしている!)

数学(いかな巨大な数をも無と化す“ゼロの理”を見出したか!)

数学(だが……“ゼロ”では負けることはないが勝つこともできないんだよ)

数学(ぼくが連打を止めない以上、君に打つ手は──)

ドゴォンッ!

強烈な一撃だった。
連打をものともしないメガネの右ストレートが、数学を壁まで吹き飛ばした。

数学「ぐお……っ!」ガフッ

メガネ「ボクには、あなたのような連打をするスタミナも技術もありません」

メガネ「ならば連打を無に帰す“ゼロ”と“一撃”で対抗するまでです。
    これこそ──“0”と“1”の二進拳法!」

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:34:45.39 ID:NIDuAb4G0
数学「二進拳法、か」

数学「単純な手数で押し切れる相手ではないらしい……。
   ぼくもさらなる数学力で相手をする必要があるようだ」スッ

パシッ

メガネ(しまっ、腕を取られ──)

数学の崩しで、メガネの体は一気に引き込まれ──

ガシィッ!

数学の両脚によって、メガネの右腕と首が締め上げられる。

ギュウウ……

メガネ(こ、これは三角絞め! ここに来て寝技とは……!)

数学「ただの三角絞めじゃないよ。ぼくの脚をようく見てごらん」ギュウウ…

メガネ「う、ぐ……!」

メガネ「直角三角形!?」

数学「つまりこれは……“三平方の定理”を利用した三角絞めだ!」ギュウウ…


342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:35:06.19 ID:E98+nCoO0
東大めざしてただけあって洞察力とひらめきがはんぱない


354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:44:22.25 ID:NIDuAb4G0
数学「直角三角絞めは、三平方の定理によって
   普通の三角絞めよりも遥かに強力な技となる」ギュウウ……

数学「このまま失神(オチ)てもらうよ、受験生君」ギュウウ…

メガネ「ぐぅぅぅっ……!」
   (なんて絞めつけだ……とてもハネのけられる気がしない!)

メガネ(ま、まずい……意識が……)グラッ…

メガネ「うっ、うおあああああっ!」グオッ

メガネは絞められたまま、数学の体を持ち上げた。

数学「なにっ! こ、これは──」

メガネ「だりゃあっ!」

ドゴンッ!

数学の後頭部を床に叩きつけた。

数学「ぐああっ……!」ゴロゴロ
  (まさか、円弧パワーボムで返してくるとは……!)

<円弧パワーボム>
完璧な円弧の軌道を描くパワーボム
通常のパワーボムの3.14倍の威力を誇る。
円弧パワーボム



363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:49:47.18 ID:NIDuAb4G0
数学「手数も、絞め技も通用しない、か」

数学「なら出し惜しみはせず、最高の技を披露するしかないね」

数学「“証明”してあげよう」

数学「君はぼくに絶対に勝てない、と」

メガネ(証明……!?)

数学「俺は君よりパワーがあり、スピードもあり、リーチもある」メキメキ…

数学「技術も経験も上だし、技の数も圧倒的に勝っている」メキメキ…

数学「精神力もタフネスもスタミナも上だ!」メキメキ…

メガネ(言葉を発するたびに、数学の体がどんどん変化していく……!)

メキメキメキメキ……

数学『ゆえに、君はぼくに絶対に勝てない』

数学『Q・E・D(証明終了)』シュウウ…



372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:55:29.03 ID:TwWBgL8D0
英語「あれはトムですか?いいえ、あれは核弾頭でスッッッッ」


373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:55:48.09 ID:NIDuAb4G0
ズドンッ!

数学のジャブが、メガネの顔面を打ち抜いた。

メガネ(ジャ、ジャブでこの威力……!)ヨロッ

メガネ「くっ、負けるかっ!」

ガガガッ! ドガッ! バシィッ!

メガネも必死に抵抗するが、数学にはまるで通じない。

数学「無駄だ、無駄だ、無駄だ、無駄だ、無駄だ!
   今、ぼくは君の持つ全ての数字を上回っている!」

数学「この証明は絶対に覆せないッ!」

ドボォッ!

メガネ「げああ……っ!」ゲボッ

数学「──さてと、トドメはこれだ」スッ

メガネ(ルートの構え……ッ!)

数学「この構えから放たれる最速の突き“瞳殺(ヒトミゴロ)”で、
   君の眼球をえぐり取るッ!」

シュバァッ!



375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:56:05.51 ID:oNagneVg0
ここにきてルートの構えか


377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:57:16.86 ID:w01qtsOZ0
普通に瞳殺はカッコイイ


378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/14(水) 23:59:34.06 ID:NIDuAb4G0
ガキンッ!

数学「……ん? 突きが眼球に届く前に、止まった!?」

数学(こ、これは眼鏡……!?)

メガネ「……証明し忘れたようですね、ボクは眼鏡をかけていることを!
    そして……わずかでも手順を誤った証明は──崩壊する!」

数学「!」

数学(ま、まずい……! “証明”はどんな敵の上をもゆく奥義だが、
   ひとたび証明を破られると全てを失う!)

シュオオオオオ……

数学の進化した肉体が、急速に衰えていく。

数学「ぼ、ぼくの体が……! うおおおおぉぉぉぉ……!」シュオオオ…

メガネ「これでトドメですッ!」グイッ

メガネは数学を持ち上げると、再び“円弧パワーボム”にて叩きつけた。

ズガァンッ!

数学「が……は……っ!」ガクッ



380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/15(木) 00:01:02.42 ID:XxDl4zLO0
メガネが無ければうんぬんかんぬん


381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/15(木) 00:01:48.12 ID:V9mzkXon0
これ頭も良くないと入学出来ないんじゃないかwwwww


390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/15(木) 00:06:27.55 ID:jNbb2pni0
眼鏡が実力ワロタ


396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/15(木) 00:11:08.49 ID:CIYBQpRCO
運もメガネも実力のうちだ

関連記事
[ 2012/11/21 21:44 ] 男「」or女「」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ