FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

霊「呪っちゃうぞ-」 男「・・・・」2/2


霊「呪っちゃうぞ-」 男「・・・・」



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:14:33.45 ID:HCpacgTm0



プルルルルルル、プルルルルルル

男「ん? もう朝か、ゲッ 11時じゃん」

プルルルルル、プルルルルル

ガチャ

男「もしもし? 男ですが」

??「もしもし~、 私よ、私」 

男「・・・・・・」

??「忘れっちゃったの~? 男母よ  自分の親の声ぐらい覚えときなさいよ」

男「・・・・・・ッ! 

   お前! 今更どの面下げて電話して来てるんだよ!」



元スレ
霊「呪っちゃうぞ-」 男「・・・・」





108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:17:22.49 ID:HCpacgTm0
男母「そんな怒鳴らないでよ。 離婚してあなたを施設に預けたことは悪いと思ってるのよ」

男「お前を親だと思ったことは一度もねぇ!」

男母「それより~、聞いて~  私、今度また再婚するのよ~、再婚」

男「だからどうした! 俺には関係無いだろ もう、関わらないでくれよ...」

男母「だから、怒鳴らないでって。  これは大事な話なの  あなたを施設に預けた間にね、私はパパともう一 
    回、同棲してたのよ。 その間にもう一人子供が出来ちゃってね~  あなたももう大学生でしょ?
    良い機会だから教えてあげようと思ったのよ」


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:18:37.22 ID:HCpacgTm0
男「・・・・・・・・・・は?  子供? 」

男母「そう、子供。  あなたから見れば妹ね。妹も施設に預けちゃって私も妹の方とは連絡取れないからどうなっ
    てるかは知らないけどね~
    まぁ、もう会うこともないでしょうけど、一応の報告よ」

男「・・・・・・お前はどんだけクズなんだよ。 お願いだから俺に関わらないでくれ。 もう電話してくるなよ
   お前の声は耳障りなんだ...」

男母「わかってr」ガチャ!!  

男「はぁ、はぁ……」


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:20:59.45 ID:HCpacgTm0
男「はぁ、はぁ……」

男(俺に妹? 今更? もう俺は21だぞ? ふざけやがって!)

男(まぁ、会うこともない… 
   俺とは無関係な人間として生きるのだろう…)

霊「・・・男、大丈夫ですか?」

男「あぁ、起こしちまったか… すまんな」

霊「いえいえ、それよりさっきの方はお母さんですか?」

男「あんな奴、親じゃねーよ。 お前もあんな人間にはなるなよ…って、言っても無駄か」


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:22:32.87 ID:HCpacgTm0
霊「男…妹さんがいらっしゃるんですか」

男「俺も今、知った」

霊「男の妹さんでしたら是非一度あって見たいですね」

男「・・・俺は会いたくないよ…」

霊「それはまたどうして?」

男「今更会ったって… お互い会わずに平穏に暮らすのが一番良い…」

霊「私は兄弟がいた記憶がありませんから、多分一人っ子だったんでしょうけど
                  血が繋がる兄弟がいるって羨ましいですよ?」

男「・・・・・・・」

霊「男は小さいときご両親に育てられなかったのですか?」

男「あぁ、俺はな孤児なんだよ。幼稚園に入る前に親に捨てられた。 そこの施設で幼馴染みと出会って、
   お互いの引取先が近かったから、仲良くなった」
 
霊「・・・・」

男「で、まぁすくすく育って大学生になり独り立ちですよ。 …大学は行ってすぐだったな。俺を捨てたって言う親から
   電話が来た」

霊「・・・・」


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:26:03.60 ID:HCpacgTm0
男「俺は一回親に会ってみたかった。 自分をなぜ捨てたのか? 深い理由があったからなのか?
   会って後悔したよ。 想像以上のクズ人間だった。 子供が邪魔だったから捨てた、気が向いたから電話した。
   そんなことを言われた」

霊「それは…壮絶ですね」

男「もう…あいつとは関わりたくないんだ」

霊「・・・・」

男「暗い話になったな… ん?今日は日曜だから一日空いてるぞ。
  なんかするか」

霊「いいんですかっ? じゃ、じゃぁ どこか外に連れて行って欲しいです」


114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:26:54.50 ID:HCpacgTm0

男「ん?そんなんで良いのか」

霊「はい なんか外に出る気分です」

男「んーー じゃぁ、早速行くか」

霊「はい、いきましょー」

男(こいつといると気が楽で良いな)

霊「最初は何処に連れて行ってくれるんですか?」

男「ん~、じゃぁ、おまえの記憶を辿る旅。なんてのはどうだ?」


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:28:20.34 ID:HCpacgTm0

男「ん?そんなんで良いのか」

霊「はい なんか外に出る気分です」

男「んーー じゃぁ、早速行くか」

霊「はい、いきましょー」

男(こいつといると気が楽で良いな)

霊「最初は何処に連れて行ってくれるんですか?」

男「ん~、じゃぁ、おまえの記憶を辿る旅。なんてのはどうだ?」


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:28:53.98 ID:KiOJ9ssFO
寝れねーぜ!!
おもしろいぜ!!




117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:31:25.65 ID:HCpacgTm0
>>116サンクス!


霊「記憶をたどるですか」

男「あぁ」

霊「…そうですね。行きましょう…」

男「なんか、ぼんやりで良いから覚えてる場所無いのか?」

霊「う~ん、そうですねぇ、なにかの広場、ですかね。 小さいとき居たきがします…
   幼稚園のような…  保育園のような…」

男「広場…」


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:33:10.52 ID:HCpacgTm0
男回想
?「男ちゃんは今日からここで生活するのよ~」

幼男「…ここで?」

?「そう、ここで…」

幼男「お父さんとお母さんは?」

?「お父さんとお母さんはね。 ・・・一緒に暮らせないのよ」

幼男「?」



霊「男? 男、男! 」

男「はっ!」

霊「大丈夫ですか? 顔色が悪いです」

男「あぁ…大丈夫だ」


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:34:31.30 ID:HCpacgTm0
霊「そうですか…  あんまり辛かったらもう帰りましょうか?」

男「いや…いい… 行こうか」

霊「う~ん、あまりピンときませんね」

男「そうか…」

霊「次行きましょう次!」

男「何処に?」



霊「公園…かな… 大きな遊具で遊んだ記憶があります…」

男「公園… この近くに大きな公園なんてあったかな?」

霊「行きましょー」

男「少し遠くなるけど。まぁいいか」


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:34:33.53 ID:7CnAPI1J0
>>10ぐらいまで読んだけど
どうせ霊の辛い過去とか死んだ時の誰かがどうだとかそういう展開だろ?


121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:36:58.86 ID:HCpacgTm0
>>120
まぁ、あわてるなw
バッドエンドにはしないから

公園

霊「んー! 公園は気持ちいいですね」

男「そうか」

霊「あ!ブランコ! あれ乗ろーと」

霊「ひゃーー 気持ちいいです」

男「あんまりこぐとケガするぞ」

霊「霊にケガとかありませーん」



幼女「ふぇぇ、あのブランコだれもいないのにすごいいきおいだよぅ...」

ママ「は…はは… 風よ…風決まってるわ」

幼女「ふぇぇ… あの男の人ひとりでしゃべってるよぅ…」

ママ「見ちゃダメよ。幼女ちゃん、家に帰っておやつでも食べましょう」

幼女「おやつ-」


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:39:20.81 ID:HCpacgTm0
男「なんか思い出しそうか?」

霊「う~ん、微妙です。 ブランコが好きだったのは確かだと思います」

男「それだけ分かってもしょうがないだろ..」

霊「そんなことより、男あれやりましょう」

男「ん?シーソーか って、お前重さあるの?」

霊「レディーに体重を聞かないで下さいっ」

男「まぁ、やるか」

ギッタン、バッタン、ギッタン、バッタン



ガキ「あの人1人でシーソーやってるぜ…」

ガキ2「スゲー、弟子入りしようぜ!」


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:41:15.01 ID:HCpacgTm0
霊「今日はもう帰りましょうか
   どうやらこれ以上は無理みたいですね」

男「そうか…」



霊「帰りましょー」


126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:42:18.39 ID:HCpacgTm0

霊「今日は歩き回りましたねー」

男「あ~ 疲れた」

霊「私が料理作ってあげましょうか?」

男「おまえ…作れるのか?」

霊「はい…簡単な物でしたら…
   でも、あまり味は期待しないで下さいね」

男「じゃ、じゃぁ頼むわ」

霊「はい、任せて下さい 
   男はTVでも見てて下さい」

男(便利な霊だな…)

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:44:08.72 ID:HCpacgTm0
霊「ど、どうでしょう…?」

男「お、おぉ…
   これは…凄い… 何て料理だ?」

霊「ミートドリアと、海鮮サラダです」

男「なんか知識偏ってるなおまえ…」

霊「なんででしょうね…フフフ」

男「おまえ、ほんとに記憶ないんだろうな?」

霊「フフフフ…….」

男「   」



男「いただきます」

霊「召し上がれ」


129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:46:07.07 ID:HCpacgTm0
霊「・・・・・・」ゴクリ

男「ん? うん  うんうん」

霊「いかがですか?」

男「うん! おいしいよ、久しぶりに旨い物を食べた気がする」

霊「ほ、本当ですかっ!?」パァァァ

男「うん、これなら良いよめさn・・・良い霊になれるよ」

霊「はいっ! 男の良い霊になれるよう頑張ります」


130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:49:31.62 ID:HCpacgTm0
男「・・・・」

霊「ん?どうしました? お変わりならもっとありますよ?」

男「・・・・」

霊「・・・・?」

男「急に話し変わって悪いけど…..
おまえ… 成仏する気あるか…?」

霊「…え?」

男「俺は、どっちでも良いよ…」

霊「それは…どういう…?」


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:52:11.17 ID:HCpacgTm0
男「霊がこの世に後腐れ無く成仏してくれたら、それは嬉しいし。 だからといって、今、この生活を『楽しい』と
   思ってくれてるんなら、別に成仏しなくても良いと思う…」

霊「それは..」

男「俺の勝手な思いだが…お前はどう思う?」

霊「私は…いまの生活凄く楽しいですよ  体があったとき…どんな事があったのか凄く気になります
   でも、知ることは怖い…
   でもっ! 私は…私は、成仏しなければいけないんです…  私の存在はこの世にとっておかしいんです…」

男「……そうか
   お前の意見がそれなら、俺はお前を成仏させれるように頑張るよ」

霊「はい… 宜しくお願いします」


133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:54:15.36 ID:HCpacgTm0


男「寝るか」

霊「もうですか?」

男「あぁ、お前もさっさと寝ろよ」

霊「は~い」






男(あいつが成仏する糸口か…
   広場、公園…)

男「寝よう…」


134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:55:21.87 ID:HCpacgTm0
霊(男が連れて行ってくれた児童施設…
   間違いない。私はあそこの行ったことがある…)

霊(でも、どうして? 男… 施設…  私は、昔あそこで男と会った・・・・・・?)

霊「・・・・」





   

男「俺は、どっちでも良いよ…」

霊「・・・もう…  バカ…////
あんなこと言うから成仏したくなくなっちゃうんじゃん… 」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 02:03:54.00 ID:HCpacgTm0
男夢
?「ねぇ… あそぼ?」

幼男「う…うん、なにするの?」

?「う~ん、ブランコであそぼ」

幼男「うん…」

?「あなたも…おかあさんいないの?」

幼男「うん… きみもいないの?」

?「うん…」







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 02:05:50.45 ID:HCpacgTm0
男「ッ!はぁ!はぁ!」ガバッ

男「どうして…あの時の夢なんか…」

男「やっぱ、あんな所、行くんじゃなかった…」

男「クッソ! あの施設のことは忘れたいのに…」

男「・・・・・・」

男「あの一緒に遊んだコ、誰なんだろう?
   名前も顔も思い出せない…」

男「霊でも起こすか…」

男「・・・・?」

男「霊・・・?」

男「・・・・・」


男「霊…? 今回は夢に霊が出てきて…ない?
   何でだ? 今回は俺とあの子しか出てきてない……」


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 02:10:10.93 ID:HCpacgTm0

男「・・・・」

男「あの子が………霊?」


なにかの…   ……幼…園の…な…  ……保育…よう…  ……ブランコが好….ったのは……


男「・・・・」






そうだ。そうだったのだ。俺の記憶の中にある施設で一緒に遊んだあの子。
あの子こそ、幼い日の霊なのだ。


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 02:11:35.72 ID:HCpacgTm0

霊「男……」

男「ハッ!   はぁ、霊か…」

霊「男も…見ましたか?」

男「あぁ… 見た…」

霊「あれってやっぱり…」


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 02:15:03.54 ID:HCpacgTm0
男「あぁ、俺と霊は小さいときあの施設で一緒に…居たってことなのか….?」

霊「じゃぁ、あの施設にもう一度行きますか?」

男「あの施設…か…」

霊「行きますか?」

男「あ! でも今日はダメだ 大学行かなきゃ」

霊「また大学ですか
     あんなにつまらないところによく行きますね」


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 02:17:43.72 ID:HCpacgTm0
霊「大学はつまらないです…」

男「面白さを求めに行く場所じゃないからな」

霊「でもぉ~」

男「新しくコンビニ出来たから、そこで立ち読みでもしてれば?」

霊「それだとポルーターガイストになってしまいますよ…」

男「となりの奴が呼んでるのをのぞき込めばいいだろ…」

霊「はっ!その手がありましたか」

男「さぁ、行くぞ」

霊「はい、いきますか」


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 02:20:11.47 ID:HCpacgTm0
ザーーーザーーーー

霊「今日は雨ですね」

男「あぁ…雨だな」



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 02:22:21.07 ID:HCpacgTm0
講師「~~は前行った通り~~~~だから、その続きから~~~~~」

男(霊が小さいとき、俺と遊んでたのは良いとしよう。
    でも…なんで今更… もっとつながりの深い人の所に行けば良いんじゃないのか?)

男(しかも、霊に何があった?  なにが起こったんだ?)



コンビニ

霊「・・・・・・」

霊「みんなエッチな本しか…よんでない……」////

霊「私はそのとなりのファッション誌が読みたいのに~」

霊「もぅ、大人の男の人って全員こんなのなの…」


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 02:24:54.07 ID:HCpacgTm0
霊「・・・あっ!  男~!」

男「終わったぞ」

霊「じゃぁ…行くの?」

男「・・・行くか」

霊「うん」


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 03:01:52.02 ID:HCpacgTm0
ザーーーザーーー
施設
男「チッ、昔と全然変わってないところがまた嫌だな」

霊「懐かしいじゃないですか」

男「園長も変わって……ないな」


156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 03:10:54.07 ID:HCpacgTm0
男「あ、あの、すみません。 ちょっとお話しよろしいですか?」

園長「・・・? はい、どうぞ」

男「あ、あの、自分はここで育てられた物なんですが…」

園長「……男君…だね…」

男「…えっ?」

園長「君のことは覚えているよ… 」

男「・・・・・・はい… 男です」


158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 03:15:32.81 ID:HCpacgTm0
園長「よかった…  ちゃんと成長してくれていたんだね」

男「はい、あのときはお世話になりました」

園長「で、話しというのは?」

男「昔の事についてなのですが…」

園長「ほぅ…」


159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 03:19:28.97 ID:HCpacgTm0
男「自分がいつも一緒に遊んでた子は、いま、どうなってるか分かりますか?」

園長「男君がいつも一緒に遊んでた子…」

男「その子について知りたいんです」

園長「幼馴染ちゃんとは別の子かい?   …まってなさい。 今、名簿を取ってくる」

男「はい…宜しくお願いします」

男(これで…いいんだよな…)


161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 03:25:49.26 ID:HCpacgTm0
園長「これが君が居た年度の子供の名簿だよ」

男(あ!幼馴染  小さーい  可愛いな)

パラパラパラ

霊「あっ! これ私だ…」

男「この子…」

長い髪をツインテールでまとめた何処にでも居るような子供だった。
よく見ると、確かに霊だ。 霊の実態があった頃の写真だ。



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 04:18:01.56 ID:HCpacgTm0
数日後
ピンポーン

男「はーい…」
ガチャ

妹「あ、あの、始めましてっ 」

男「あぁ…はじめ…… いや、久しぶり…  霊ちゃん」


      Fin


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 04:20:32.92 ID:L3a5CNDdi
生霊だったってか、


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/04/14(土) 04:21:30.89 ID:n0IZG6Nc0
生き返った・・・?


175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 04:21:52.79 ID:7jd0izuk0

つまり霊ちゃんは死んでたんじゃなくどっかで昏睡状態って解釈でおk?


176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/04/14(土) 04:22:09.64 ID:kn9FGjhZ0
乙!


177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 04:26:15.93 ID:HCpacgTm0
http://deaimail.xii.jp/up/src/up3935.png
http://deaimail.xii.jp/up/src/up3936.png

補足説明をすると、最初に出てきた霊は生き霊で生身の霊と男を合わせるために
男に取り付いていた。と、いう設定です。

こんな風になってしまってごめんなさい。ninja鍛え直します。



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/04/14(土) 04:27:46.54 ID:kn9FGjhZ0
改めて乙!
ここまでしてうpした奴初めて見たよ


182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 04:56:02.09 ID:3oJz7Psh0
乙←おつじゃないだからね!
ポニーテール何だからね!


184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 04:58:20.00 ID:P4rMUt+y0
乙おっぱい!


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 05:03:16.02 ID:BJVxuV0ni
霊にも穴はあるんだよな…


186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 05:13:50.20 ID:uHsswLW7i
おつー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
[ 2012/04/15 00:05 ] 男「」or女「」 | TB(0) | CM(2)
マジでドラマ化いけるだろこれ
[ 2012/04/26 23:48 ] [ 編集 ]
ここはたまに他のまとめサイトで扱ってないようなSSまとめとたりするんで来てます。
頑張ってください!
[ 2012/04/20 22:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/538-381abfe6

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ