FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

霊「呪っちゃうぞ-」 男「・・・・」1/2


霊「呪っちゃうぞ-」 男「・・・・」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 21:38:25.85 ID:Xh/bJAHR0
その日俺は酷い金縛りに遭っていた
かろうじて目は開くとこが出来、薄めを明けると 青白い女がこっちを見下ろしていた

霊「呪っちゃうぞ-」えへへ

男「・・・・」

男(なんか、こいつなら勝てる気がするな…)

霊「あれ? 呪っちゃうぞ-」

男「・・・・」

霊「え?聞こえてるよね? の、呪っちゃいますよ?」

男「・・・・」

霊「え?嘘! 聞こえてない? の、呪わせて戴いてもよろしいでしょうか?」

男「・・・・」



元スレ
霊「呪っちゃうぞ-」 男「・・・・」




2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 21:40:14.38 ID:Xh/bJAHR0
霊「なんでよぉ~ もぅ」

男「だれ?」

霊「っ!? はぁ~よかったぁ 聞こえてるんじゃない
   私、霊って言います」

男「何しに来たの?」

霊「男を呪いに来ました」



こんなんでどうでしょうか?


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 21:44:55.21 ID:Xh/bJAHR0
男「は? 何で?」

霊「いや、霊だから呪うのが普通かな~って」

男「そんな理不尽な理由で呪われてたまるか!」

霊「で、でも、 私も誰かを呪わなくちゃ成仏しちゃうし…」

男「成仏しろよ… 」

霊「いや、こうして霊で居られるッてことは何かやり残したんですよ!」

男「何をやり残したんだ?」

霊「それが分かれば苦労してません…」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 21:49:27.88 ID:Xh/bJAHR0
男「あ~、てか、何もやらないから金縛り解いてくれない? 
   いい加減、きついんだわ」

霊「ほんとに何もやらない…?」

男「やらん、やらん」

霊「解いた瞬間、般若心経唱えたりしない?」

男「できるかっ!」

霊「隠し持ってた、悪霊退散の御札貼ったり?」

男「しねーよ」

霊「じゃ、じゃぁ解いてあげます」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 21:52:40.77 ID:Xh/bJAHR0
男「・・・・」

霊「・・・・」

男「・・・ん、 ふぅ、もう9時か じゃぁ、気晴らしに寺でも行こうかな…」

霊「ッ!?」ブンブン

男「あれ? こんな所に御札が…」

霊「ひゃぁっぁ、 ダメです、やめてっ」

男「・・・・」

霊「・・・・」チラッ

男「・・・冗談だよ」

霊「っ!   冗談になっていませんっ! 
   本気で怖かったんですからっ!」ウルウル

男(からかうとおもろいな)



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 21:57:59.53 ID:Xh/bJAHR0




男「けど、ほんとに幽霊なんだね」

霊「こんなところで嘘言ってどうするんですか
   私の体、触ってみてもいいですよ」

男「うわっ、冷たっ!  てか、体触れるんだ」

霊「はい。あ、でもみんなじゃないですよ」

男「?」

霊「私が呪った人だけ、触ることが出来ます
    男は特別です」

男「は?」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 22:01:33.00 ID:Xh/bJAHR0
霊「幽ってのは、1人につき、1人呪ってる人がいてその人にだけ、見えたり
   触れたりできます」

男「おまっ! いつの間に呪った!?」

霊「実は寝てる間に、もう呪っちゃってました」てへ

男「おいっ!」

霊「呪っちゃったら、こっち物だもんね-」

男「qあwせdrftgyふじこlp」

霊「呪ったッてことを宣言すれば呪いがかかりはじめるんですけど...
               ほんとにかかったかな」

男「・・・あ、あの~ のろいというのは具体的に....」

霊「心配しないでも大丈夫ですよ  
         そんな悪いことはしませんからっ!」



男(・・・なんて、面倒な事に…)



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 22:06:56.95 ID:Xh/bJAHR0
男「・・・・・」

霊「   」ニヤニヤ

男「で? 呪うって、具体的に何するんだよ?」

霊「う~ん、そうですねぇ  一日中、一緒にいてあなたの夢にでたり…」

男「全然、害がなさそうなんだが…」

霊「いいじゃないですか。 こんな女の子の霊と一日中ですよ~?」

男「いや、こんな青白い顔の女の子、全く嬉しくないし」

霊「あ、これは怖がらせるときのオプションです。
   普通の顔色に面出来ますよ。 ほら」

男「おぉ! 素直にビックリしたわ!」

霊「どうです! 霊を見くびってたんじゃないですかぁ?」

男「顔色戻すと、普通に可愛いな。おまえ」

霊「えっ、あ、いや/////  光栄…です////」

男「そんなあからさまに照れるな」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 22:09:37.63 ID:Xh/bJAHR0
男「てか、なんで俺を呪うことにしたんだ?」

霊「なんでしょうね? この人ならイケる! と、思ったんですが…」

男「はぁ?」

霊「まぁ、霊の直感ですね」

男「はぁ...」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 22:12:57.35 ID:Xh/bJAHR0
男「てか、俺昼から出かけるけどお前もついてくるのか?」

霊「まぁ、そうなります」

男「他の奴は本当に見えてないんだろうな?」

霊「その点は大丈夫….なハズなんですけど...」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 22:15:43.24 ID:Xh/bJAHR0


ピンポーン
幼馴染「男~! 居る?」

男「ちょいまち、今行く」

霊「デートですか…」

男「そんなんじゃないって、あれ俺の幼馴染だから」

幼馴染「なに独り言言ってるの?」

男「あ!い、いや何でもない」

幼馴染「?」

男「さぁ、行こ」

幼馴染「じゃ、行こっか」

男「ああ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 22:18:03.91 ID:yZsiKBcP0
幼馴染「男と遊園地行くなんて久しぶりだね」

男「高校の時、一回行っただろ?」

霊「遊園地ですか  いいですね」

幼馴染「もう、4年前だよ」

男「そういわれればそうか」

幼馴染「何から乗ろっかなぁ~」

男「列ばないのがいいな」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 22:20:39.52 ID:yZsiKBcP0
幼馴染「じゃ、あれにしよ! 絶叫コースター
     怖すぎてあんま人乗らないらしいよ」

男「ジェットコースターか」

霊「私、落ちるのは苦手です…」

男「じゃぁ、あれにするか」

幼馴染「うんっ」

霊「えっ、ちょ、落ちる系はマジでダメ…」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 22:23:34.03 ID:yZsiKBcP0
ガタガタ、ガタガタ、ガタガタ
幼馴染「高いねぇ」

男「結構あるな」

霊「うぅ~、怖くない…怖くない…」

ストーーーーン
幼馴染「キャーーーーー」

男「おぉ、結構すごいな」

霊「ギャーーーー」 ガクッ

・・・・・・・・・・・・・・

幼馴染「ふぅ~、凄かったね。 流石、最怖を名乗るだけはあるよ」

男「よかったね」

霊「ふぇ……あんなの….反則です…」ぐすっ



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 22:28:02.30 ID:yZsiKBcP0
男「次、何やる?」

幼馴染「あれ行こっ!」

男「あぁ、お化け屋敷か」

霊「私、怖いのは苦手です…」

男「じゃ、行こうか」

幼馴染「うんっ」

霊「脅かす系は本気で無理…」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 22:33:38.77 ID:yZsiKBcP0
役者「一枚~~、二枚~~、三枚~~、
    一枚足りないっっっ!!」

幼馴染「キャーーーーー」

男「おぉ、 迫力スげぇwww」

霊「ギャーーーー」 ガクッ

・・・・・・・・・・


幼馴染「怖かったねぇ」

男「まぁまぁ、だったな」

霊「あんなの…何が面白いのよ…」ぐすっ


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 22:39:03.31 ID:yZsiKBcP0
幼馴染「次、何乗る?」

男「おっ!懐かしいコーヒーカップあるじゃん」

幼馴染「いっつも男が回しすぎて気持ち悪くなってたよね」

霊「回転系は真面目にダメです」

男「俺がいつまでもあのときの俺だと思うなよ?」

幼馴染「よ~し、じゃぁ、行こうか」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 22:41:49.98 ID:yZsiKBcP0
男「お~ら、おらおらおら」

グルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグル

幼馴染「ひゃーーー、気持ちいい」

霊「・・・うっぷ」



幼馴染「楽しかったね」

男・霊「おえぇえぇぇぇぇえ」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 22:44:24.19 ID:yZsiKBcP0
男「あぁ、帰るか…」ゲッソリ

霊「帰りましょう…」ゲッソリ

幼馴染「まだ気持ち悪いの? 顔色真っ青だよ?」

男「ハハ…」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 22:47:24.68 ID:yZsiKBcP0
男「あぁ~、疲れた」

霊「全くです。 私、初日からハードすぎます」

男「無料で遊園地行けるんだから文句ないだろ」

霊「私の大丈夫な物がひとつもありませんでしたっ!」

男「いや、おまえ 何でお化け屋敷ダメなんだよ…」

霊「あんなの怖すぎますよっ! 私はもっとお化けのQ太郎ぐらしかダメなんですよっ!」

男「あんなのお化けとは言わねーよ」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 22:52:55.78 ID:yZsiKBcP0
男「はぁぁ、飯でも食うか…って、霊お前も食うのか?」

霊「あ、いや、私は食べられません」

男「そうなんだ。 辛くない?」

霊「いえ、他の霊はなかなか苦しんでるらしいですけど..
  私は大丈夫です」

男「ふぅん…そういうもんかね」

霊「そういうもんです」



 
45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 22:58:32.54 ID:yZsiKBcP0


男「寝るか…」

霊「そうですね。寝ましょうか」

男「え?何、お前も寝るの?」

霊「はぁ… おかしいですか?」

男「いや、夜こそ霊の本領発揮!って感じじゃない?」

霊「ハァ…男も考えが古いですね。 いいですか、霊も日々進化を遂げています
   今までの幽霊の考えは捨てた方が良いですよ」

男「ふぅん…」

霊「じゃぁ、寝ましょうか」




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 23:00:22.97 ID:zHORnLDaO
漫画化orドラマ化希望


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 23:04:10.03 ID:yZsiKBcP0
>>46-44
ありがとう やる気が出る




男「おまえ、何処で寝るんだよ?」

霊「え?ベッド… 」

男「いや、それ俺のだし」

霊「じゃなくて、  一緒に寝ても…いいですか?」

男「   は?」

霊「私、そんな場所取りません…よ?」

男「いや、そういう問題ではなく」

霊「ダメ…ですか?」

男「・・・・・・・・・今日だけな?」

霊「・・・っ!」パァァァ


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 23:04:46.82 ID:3jQlk0Cz0
タイトル
お憑彼様



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 23:05:38.61 ID:WgWDd9yR0
はいれたはいれたはいれた


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 23:07:43.81 ID:yZsiKBcP0
男「全く…」

霊「あ!でも、霊だからって寝込みを襲うのはNG…ですよ?」 

男「襲わねーよ! 普通お前が襲う役所だからな?」

霊「じゃぁ、まぁ、寝ましょうか」

男「あぁ、 よっこいsy・・・冷たっっ!!」

霊「あ、えっ?」

男「いや、おまえこんなに体冷たかったら寝られないし」

霊「え? 嘘っ! 寝られない?」

男「忘れてたけど、お前の体本気で冷たいぞ?
   氷水レベルで冷たい」

霊「そんなぁ…」

男「まぁ、お前はベッド使えよ。 俺ソファーで寝るから」

霊「…はぁ~い…」ションボリ


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 23:16:06.99 ID:yZsiKBcP0
男「スーー、スーー、スーーー」

男夢
男「お、幼馴染、いいのか…?」

幼馴染「うん…  男なら…いいよ////」

男「幼馴染…  」

幼馴染「男…  来て…」


霊「うわっ、 男、やらしい」

男「ッ!?」ブッ

霊「男、こんな夢見てるんだ…」

男「ちょ、えっ?」

幼馴染「ちょっと、男! この女誰なの?」

霊「始めまして。霊と言います
    ちなみに男と同棲してます」

男「えエッ!?」

幼馴染「男、最低っ!」バチーン

男「おぶっ!  え?ちょっと、違うんだ!」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 23:22:51.21 ID:yZsiKBcP0
男「ハッ! 夢か…」

男「・・・・・・」

ドタドタドタ

男「おい! 霊っ!」

霊「Zzz…  はっ?  はにゃ?」

男「おまえ! 勝手に人の夢に入り込んでくるんじゃねぇ!」

霊「・・・・・・?  え?あ、あぁ  男、いやらしい…」/////

男「おま、おまえのせいで…
   結構良いところだったのに…」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 23:27:40.53 ID:yZsiKBcP0
霊「仕方ないじゃないですか…  人の夢に入り込むのは霊の特権です」

男「とにかく! 次やったら許さないからなっ!」

霊「抵抗不可力ですよ」

男「え?」

霊「大体、私があなたの夢に入り込んでる。と、言う言い方は正しくありません。 
    私とあなたで夢を共用している。と言った方が正しいですね。
   あなたが見た夢を私も夢として見ているので、何も出来ないし干渉できません」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 23:32:41.65 ID:yZsiKBcP0
男「え?じゃぁ、何で今回は…」


霊「今回はたまたまです。  あなたが幼馴染みと……せ、…せっく………/////
 を、しようとしたときに私がナイスタイミングで現れて、あなたは焦ります。
  あなたは、私だったらこうするだろう。 幼馴染みだったらこう言うだろう。と想像して
    夢をそこから作り上げるのです」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 23:35:18.45 ID:yZsiKBcP0
男「え?じゃぁ今回の被害は全部俺のせい?」

霊「まぁ、そうなります」

男「・・・・・・」

霊「・・・・・・」

男「まぁ… 何というか…ゴメン」

霊「いえいえ、こちらもきちんと説明していませんでした」

男「おやすみ」

霊「おやすみなさい」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 23:36:45.58 ID:yZsiKBcP0
男(じゃぁ、俺がこれから見る夢は全部あいつが居るのか…)

男(ちっ、プライバシーの欠片もないな)

男(寝よう)


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 23:40:17.03 ID:yZsiKBcP0
男「う、う~ん、 うん?  朝か…」

男「あいつ…まだ寝てるのか」


男「お、おい…」

霊「スーー、スーー」

男「・・・・・・」


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 23:43:39.95 ID:yZsiKBcP0
男「・・・・・・・・・」

男(こいつはなんで成仏しないんだろう?
          なにか辛い経験をしたのか?)

霊「スーー、スーー んっ、うん~ スーー」

男(生きてるとき、こいつは幸せだったのだろうか?)

霊「スーー、スーー、ふに」

男「お、おい。 朝だぞ 起きろ」

霊「スーー、す、?は うぅん あぁ、おはようございます」

男「おはよう」


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 23:46:45.84 ID:yZsiKBcP0
霊「男、今日はなにか予定あるの?」

男「ん~、午前中、大学行って午後からは暇」

霊「ふ~ん」

男「大学もついてくるのか?」

霊「まぁ... あぅ~、もっと面白そうなとこ、ついていきたいです~」

男「文句言うな。今日は一コマだけだからすぐ終わるし」

霊「うう~、午後からに期待します」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 23:48:54.38 ID:yZsiKBcP0
大学

講師「~~で、うんたらかんたら~~  ~~だから
    ~~はこうであると言えたり、言えなかったり~~」

男「   」カリカリ

霊「あの人絶対カツラですね」

男「   」カリカリ  

霊「も~、なんか反応してくれないとつまらないですぅ」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 23:53:14.91 ID:yZsiKBcP0
男「   」カリカリ

霊「・・・・・・コちょコちょ。しちゃおっかな?」

男「・・・・・・ビクッ」

霊  ニヤッ「コちょコちょコちょ」

男「わ、わひゃはやひゃ。ちょ、腋はマジでやめろ。おい、バカっ!」

講師「  」ギロッ

男「    」

霊「    」


・・・・・・・・・・・・・・・・・

男「ふぅ~、やっと終わった」

霊「おわったぁ~!」

男「おまえ、次やったらマジ怒る」

霊「ごめんなさい」シュン


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/13(金) 23:58:15.21 ID:yZsiKBcP0
午後


男「さて、時間が作れました」

霊「うん、何して遊ぼうか」

男「いや、それよりも俺はもっとお前のことについて知りたいんだが…」

霊「昨日行った通りですよ。 私は霊になって、あなたを呪わせて貰ってます」

男「いや、そこまではいいんだ。いや、よくない気もするけど…
   おまえ、どうしたら成仏するんだ?」

霊「う~ん、そうですねぇ、男が凄く楽しい思い出を作ってくれれば成仏するかもっ」

男「それ、お前が遊びたいだけだろ」

霊「そ、そそそそんなこと、ななないよ?」


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:02:32.45 ID:emfGKxoE0
男「おまえ、自分がどうして成仏してないか一回よく考えろ
   いつまでも俺にへばりついててもしょうがないだろ」

霊「…うん」

男(楽しい思い出…か
   あいつがこの世に満足したら成仏するかもしれないのか)

男「まぁ、考えるのはあとでもいい。 どうだ?映画でも見に行くか?」

霊「映画?」

男「あぁ、今丁度面白そうなのやってるぞ」

霊「うんっ! 行く!」

男(料金が一人分で良いのは助かる)


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:05:26.78 ID:emfGKxoE0
映画館
ドラえもん「のび太くん、危ないっ!」

ジャイアン「のび太!ここは俺に任せろ!」

のび太「ジャイアン!」

ジャイアン「良いからさっさと行け!」

ドカーーーン

のび太「ジャイアンーーーー!!!」

霊「ジャイアンーーーー!!!」

男「ジャイアン…  アニメではいつも死ね!と思うけど、映画では応援したくなるな」


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:09:01.53 ID:HCpacgTm0
男「楽しかったか?」

霊「うんっ! 楽しかったよ~」

男「それはなにより。 もう、帰るか?」

霊「   」

男「ん?どうした」

霊「男、わたし、あれやってみたいです…」

男「ん?ゲーセン?」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:11:08.61 ID:HCpacgTm0
霊「あの、クレーンみたいなの!」

男「あぁ、ユーフォーキャッチャーか… やったことないのか?」

霊「ゲームセンターには行った記憶がありませんね」

男「まぁ、やってくか」

霊「はい、まかせてください」

男「ふぅん、人に見られないように端っこの方でやれよ」

霊「頑張りますっ」

チャリ~ん  ウィーン、ガッ  ウィーン

霊「お、おぉ、、    お!     Oh…」


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:14:21.01 ID:HCpacgTm0
男「あぁあ、正面から持ち上げてもダメなんだよ」

霊「あぁ…… もう少しで取れたのに…」

男「見てな」

ウイーーん、 ガチャ、 ガタッ コロコロ、ポトッ

霊「おぉ.. おぉ!  なるほど、フックの片方で持ち上げて、転がして落とすんですか」

男「まぁ、ざっとこんな物か… ほれ、これやるよ」

霊「っ!」パァァァ

男「家帰ってから触れよ」

霊「うん! ありがとう男」えへへ


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:17:07.79 ID:HCpacgTm0
男「あ、記念にプリクラ撮ってこうぜ」

霊「プリクラ?」

男「あれだよ、まぁ、要するに写真だな」

霊「いいですね。 取りましょう」

男(端から見たら、男が1人でプリクラ撮って…何やってるんだよ…)


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:18:43.16 ID:HCpacgTm0
男「はい、撮るぞ」

3,2,1,パシャ

霊「あ!」

男「ん?どうした!」

霊「写真撮るときは反射で顔を青白くしてしまいましたっ!」

男「えっ?」


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:20:15.76 ID:HCpacgTm0
男「うわっ、怖っ! 普通に心霊写真じゃん!」

霊「すいません…」

男「まぁ、良い記念になったさ」

霊「そうですか?」

男「ふ、ふふ、あ、あはははは」

霊「?」

男「お、お前 よく見たら顔青白くしてもそんな怖くないな」

霊「そんなぁ」


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:25:50.44 ID:HCpacgTm0
男「目、瞑ってるし」

霊「え?嘘っ!」

男「あっははははは」

霊「折角の初プリクラがぁ…」

男「あっはははっは」

従業員「お客様、大丈夫でしょうか?」

男「へ? あ、あぁ! すいません…」

霊「やーい、やーい」

男(クッソ!)



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:29:45.23 ID:HCpacgTm0

男「さて、俺は風呂にでも入るか…」

霊「私も入ろうかな…」

男「は?」

霊「ダメ…?」

男「いや、お前は行っても意味ないんじゃ」

霊「気分的な問題ですっ! 乙女心ですよ、乙女心」

男「ふ~ん、乙女心ね  じゃ、最初に入るか?」

霊「ううん、私が入るとお湯さめちゃうから、先入って」

男「そうか、じゃぁ、お先に」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:30:16.53 ID:v8b8H2cD0
まぁ、人生色々ってトコかな?
心残り?『無い』って言ったら、そんなの嘘になるって決まってる。
 
私もまだまだ若いし、買い物だってしてみたいし。
美味しいものだってもっとたくさん、色んなもの食べたいじゃない?
そりゃあね…そりゃあ…素敵な恋だってね…
そういうのできれば、ホント最高なんだけど…そう…ホント最高…
 
だけどなんだかね…ホント『あーあ』って感じ。
 
ホント…あーあ…
  
気になる人?
…いた。…ん、過去形。
今更、伝えておけばよかったなんて考えてる自分に、ちょっと自己嫌悪。
もうどうしようもないのにね。
もし、また今度生まれてくることが出来たなら、今度はもっと、器用な人間に生まれてきたいな。
もう…どうしようもないのにね。なんだか自己嫌悪。
 
もし、この戦いが終わっても、『生きていい』って言われたら、小さな鏡をひとつ買って、微笑む練習をしてみよう…
 
何度も何度も練習しよう…もう一度逢うために。
 
もし、『誰も傷つけずに生きていい』って言われたら、風にそよぐ髪を束ね、大きな一歩を踏みしめて、胸をはって会いに行こう…
 
生きていたい…『ありがとう』を言うために。
生きていたい…たくさんの気持ちをおくるために。
生きていたい…気づかなきゃよかった…こんな気持ち…


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:32:27.23 ID:HCpacgTm0
男「お~い、あがったぞ~」

霊「じゃぁ、入ってくるね
   の・ぞ・い・ちゃ・ダ・メ・だ・ゾ?」

男「さっさと入ってこい!」

霊「へーい」



霊「あがりましたよ~」

男「そうか、俺はもう寝るけどお前どうする?」

霊「私も今日はなんか疲れました。 もう寝ますか」

男「あぁ、おやすみ」


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:35:33.52 ID:HCpacgTm0
男「おまえ、自分がどうして成仏してないか一回よく考えろ
霊「だよね。 いつまでも居たら迷惑だもんね」

霊(私は何で成仏しないのかな…  何がしたかったんだろう?
   今の私は、結構悩みとかないのにな…
   まぁ、なるべく男と一緒にいられるしいいか…)

霊(でも、不思議なこともいっぱいある…
    私は気づいたら霊になってた。 いきなり私の体に何か起きたってこと?
   いつの間にか、男のそばにいた。  まるで引き寄せられるみたいに… 男が私を解く鍵ってこと?)

霊「なんだか今日は楽しかったなぁ  十分幸せじゃん、私…
おやすみ。男」






夢は。見なかった


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:50:22.27 ID:HCpacgTm0
心配になってきたので書きます



霊「男! 男っ! 起きて下さい」

男「うっ、う~ん、う? どうしたんだよ」

霊「今日は街のお祭りだ。って、宣伝してましたよ」

男「お祭り? あぁ…」

霊「私、是日行きたいですっ!」

男「お祭りか… 何年ぶりだろう…」

霊「行きましょう- 良いですねお祭り」

男「行くか


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:51:38.82 ID:HCpacgTm0
お祭り

霊「うわぁー  男、屋台いっぱいだね!」

男「あぁ、懐かしいな…」

霊「あ、あのぬいぐるみ可愛い!」

男「ん? あぁ、射的の景品か…」ニヤッ

霊「?どうしました?」

男「あのぬいぐるみ、取ってやろうか?」

霊「良いんですか?」


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:53:25.03 ID:HCpacgTm0
男「あぁ、俺が弾あてた瞬間にあのぬいぐるみを後ろに倒すんだ」

霊「それで取れるんですか?」

男「あぁ..」ニヤッ

男「オヤジ、一回頼む」

オヤジ「あいよ!」

男「俺は大物狙ってくぜ?」

オヤジ「取れるものならとってみな」ニヤッ

オヤジ(大物は取られないように下に両面テープ貼ってあるんだよ
     残念だったな兄ちゃん)

男(そんなことは分かってるんだよ。子供だましめ)


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:54:39.69 ID:HCpacgTm0
オヤジ「   」ニヤッ

男「   」ニヤッ

男「おらっ」
パンッ

霊「えいっ!」

ビリッ  
ボトッ

オヤジ「なん…だと…」


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:56:30.99 ID:HCpacgTm0
男「これは貰ってくぜ」

オヤジ「おまえ…どうやった…」

男「物にはバランスを崩しやすい一点がある。そこを正確に撃てば良いんだよ」キリッ

オヤジ「おまえさん…プロだな…」

男「じゃあな、オヤジ」

オヤジ「今回は俺の負け…か」ガクッ

男(お互いいかさまやってるんだから文句はなしな)


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 00:59:44.81 ID:HCpacgTm0
男「霊、行くぞ~」

霊「やったっ! これ、可愛いでしょ?」

男「あぁ…可愛いよ」

霊「えへへ~ 宝物にしよっと」

男「そうか…」


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:01:08.59 ID:HCpacgTm0
霊「ところで男、このお祭りは何をまつっているのですか?」

男「あれ?お前知らないのか?神棒だよ」

霊「神棒?」

男「まぁ…あれだ…  その…男性器をな…」

霊「…..っ!?」////

男「神聖な祭りなんだぞ…」

霊「で、でも  お、おtんちん…」カァァ////



男「世の中にはな…知らない方が良いこともあるんだよ……」

霊「・・・・・・」


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:02:35.92 ID:HCpacgTm0
男「そろそろ帰るか…」

霊「……はい…」

男「……あ、そうそう 家探したら人生ゲームがあったぞ」

霊「人生ゲーム?」

男「帰ったらやるか?」

霊「やるっ!」


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:04:54.22 ID:HCpacgTm0
霊「たっだいま~」

男「ただいま」

霊「さ、やろう人生ゲームっ!」

男「ちょっとは落ち着けよな」

霊「楽しみだなぁ。どんなゲームなの?」

男「そうか…やったとこないのか」

霊「ルールは?」

男「まぁ、双六だよ」

霊「双六ですか」


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:08:31.44 ID:HCpacgTm0
・・・・・・・・・・・・・

霊「ぬわっ、ダヴィンチの絵を買う 200000$払うッ!?」

男「フリーターなのにダヴィンチを買うとは… なかなかの猛者だな…」

霊「約束手形で真っ赤です…」

男「でも人生ってそんなモノだろ..?」

霊「霊に人生語らないで下さいっ
     えいっ!」

男「     」

霊「     」

男「・・・・タヒチの島を買う250000$….」

霊「・・・・・」


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:10:25.71 ID:HCpacgTm0



男「寝るか」

霊「寝ましょー」

男「俺もベッドで…寝たいな」ボソッ

霊「だから、一緒に寝ても構わないと言っています」

男「俺が構うんだよ  夏なら涼しくてよかったのになぁ」

霊「夏まで待って下さい」

男「それだとあと半年は居るんだな…おまえ」


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/14(土) 01:11:45.39 ID:HCpacgTm0
男(今日は夢見るかな…
   あいつも見て楽しいような夢だと良いんだが…)





霊(今の生活楽しいなっ  男も思ったより優しいし…
   このまま居着いちゃおうかな?)



そして今日も夢は見なかった


関連記事
[ 2012/04/15 00:10 ] 男「」or女「」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/537-be14715a

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ