FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エルフ「ふう、やりすごせたかしら」少年「ん、何か動いたような」3/5



エルフ「ふう、やりすごせたかしら」少年「ん、何か動いたような」



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 02:08:52.46 ID:826uvt510
 ――明朝


男1「その話は本当なのか?」

男2「ああ、間違いない。子どもが一人村から姿を消しているそうだ。保護者が探していたらしい」

男1「……俺たちが報奨金を出したタイミングで、となると」

男2「怪しまないバカはいないだろ」

男1「だな、今日一日はここにくる旅人から情報を収集しよう」

男2「わかった。銀髪を目撃した時点で追撃開始だ」

男1「もう二度と、逃げようなんて気が起こらないようにしてやらなきゃな」ギリギリ

男2「連れ出したガキも同罪だ。……死んだ方がマシだってくらい痛めつけてやる」


 ――今日中に補足できる可能性はどんなもんかな 
>>277

コンマ70以上 見つかる
コンマ69以下 見つからない


277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/04/03(火) 02:09:43.48 ID:RNb7XV0n0
どんだけ安価好きなんだよ


元スレ
エルフ「ふう、やりすごせたかしら」少年「ん、何か動いたような」




280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 02:20:30.32 ID:826uvt510
エルフ「麦ワラ帽子なんて持ってきていたのね」

少年「うん、銀髪は目立つから少しでも隠せるようにって思ってさ」

エルフ「全部は隠れそうにないけど、ないよりはマシか」

少年「あと六日。なるべく人目を避けて港町に向かおう」

エルフ「あ、ねえ。こんな時に、あれなんだけど」

少年「うん? なに?」

エルフ「その、手、繋いでもいいかな」モジモジ

少年「あ、うん。はい」サッ

エルフ「えへへ、ありがと」ニギ

少年(……この笑顔をずっと見ていられたらいいな)


 
――限界が来ましたので落ちます、保守支援感謝ですた


326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 13:26:21.24 ID:826uvt510
まさか維持されてるとは思わなんだ、保守感謝


 ――人通りの少ない街道を一路西へ歩いていく。

エルフ「曇り空だけど、雨の心配はなさそうね」

少年「うん。お姉さんは、エルフの国に着いたら一番になにがしたい?」

エルフ「んー? そうね、……のんびりひなたぼっことか、いいかも」

少年「あは、それ最高だね」

エルフ「少年君も、もちろん付き合ってくれるわよね?」

少年「当たり前だよ。――ん、あれ」

エルフ「……ど、どうしたの?」オド

少年(今、お姉さんの後ろの岩の陰に人影が見えたような)


 ――確認しておくべきだろうか? 
>>330

①誰かにつけられていたとしたら厄介だ、違う方から慎重に近づいてみよう
②藪をつついて蛇を出すかもしれない、先を急ごう
③一旦街道から離れた方がいいかも、脇にある獣道を進もう


330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 13:28:58.99 ID:u0yxLrhi0



332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 13:35:33.22 ID:826uvt510
少年(まさかとは思うけれど、慎重を期すに越したことはない)

少年「お姉さん、こっち来て」グイ

エルフ「わっととっ! ど、どうしたのいきなり?」

少年「後で説明するから、早く」

エルフ「え、ええ、わかったわ」


 ――街道から外れ、獣道に進んだ

エルフ「そう、誰かの人影が……」

少年「気にしすぎだったかもしれないけど、万が一ってこともあるから」

エルフ「追われてる身だし、仕方ないわね」

少年(先日まで雨が降っていたせいか、ぬかるんで歩きにくい。少しペースが落ちそうだ)



334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 13:44:11.67 ID:826uvt510
少年(手頃な大きさの木の棒があった。武器にも杖代わりにもなりそうだ)

少年「どう、お姉さん?」

エルフ「大丈夫、追手はいないみたいよ」

少年「そう、なら先を急ごう」

エルフ「……ん、なにか」ピク

少年「どうしたの?」

エルフ「近くに動物の気配を感じるわ」

少年「……なんだって?」

???「」ガサッ


 ――出てきたのはなんと 
>>337

コンマ80以上毒蛇
コンマ79以下60以上野犬
コンマ59以下野兎
コンマ00野良オーク


337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 13:45:55.66 ID:obtPjVdE0
来い


340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 13:53:46.16 ID:826uvt510
野犬「グルルルルゥゥッ」

少年「や、野犬だ!」

エルフ「……厄介ね、犬相手じゃ絶対逃げきれないわ」

少年「ど、どうしようか」

エルフ「決まってるでしょ、やっつけるしかないわ!」

少年「う、うん」ビクビク

エルフ「首だけは噛まれないようにして。飛びかかってきたところを仕留めるわよ!」

少年(お、お姉さんがなんだか急に頼もしく見えるぞ)ジーン


 ――二人がかりならなんとかなるだろう 
>>342 >>343

①合計値129以下、撃破
②合計値130以上、負傷 偶数エルフ 奇数少年



342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 13:55:01.96 ID:obtPjVdE0
ksk


343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 13:55:20.80 ID:obtPjVdE0
ksk


349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 14:06:01.08 ID:826uvt510
エルフ「危ない、少年君――!」ドン

少年「うわっ!」ズザッ

野犬「ガアァゥゥウウウッ!」ガブッ

エルフ「きゃあああっ!?」ダン

少年「お、お姉さん!? ――くっそぉっ!」ゴキィ

野犬「キャインッ!!」ドサ

少年「……や、やったか」ハァハァ

エルフ「……あぅっ……つぅ。……だ、大丈夫? 怪我は、ない?」ググ

少年「お姉さん! なんで僕を庇ったりしたの!?」

エルフ「バカね。……少しくらい恩返し、させなさいよ」クス

少年(太ももをかなり深く噛まれてしまったみたいだ)

少年「……どうしよう。放っておいたら破傷風になっちゃう」オロオロ

エルフ「……平気よ、薬草の知識はあるから。今からいう草を、取ってきてもらえるかしら」


350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 14:16:58.43 ID:826uvt510
少年(薬草をチェックしてもらったりしているうちに日が暮れてしまった)

エルフ「……う……くぅ」ブルブル

少年「大丈夫? 相当痛いんじゃ」クルクル

エルフ「へ、平気よ。血はそれほど出てない、から」

少年「わかった、もう少しで巻き終わるからね」

エルフ「少し強めに締めておいてね。歩くのに差し支えるから」

少年「そんな、この足で歩くなんて」キュッキュ

エルフ「大丈夫よ。今日はさすがに無理だけど、明日になれば痛みも引くわ」

少年「ごめん、僕の動きがトロかったせいで」ガックリ

エルフ「動物を殺すことに躊躇いがあるのは仕方ないことよ。そう自分を責めないで、今日はもう休みましょう」


(次回と次次回、追手成立のコンマが20加算されます)

 明日には村でも気づかれているかもしれない 
>>353

コンマ50以上 エルフ発見者あり
コンマ49以下 エルフ発見者なし


353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 14:19:17.37 ID:vhRLNbwi0
さて



358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 14:25:03.08 ID:826uvt510
 ――翌日


男1「くそ、今日も発見者は現れずか」イライラ

男2「なんだっておまえと顔突き合わせながら酒飲まなきゃいけねえんだよ」グビグビ

男1「んだてめえ、喧嘩売ってるのか?」ガタ

男2「俺から売ったつもりはないが、吹っかける気なら覚悟してこい」ジロ

男1「……ち、やめだ。上で横になってくる」

男2「おまえわかってんのか? 下手したら俺たちが貴族の私兵に始末されちまうんだぜ?」

男1「……うっせーな、わかってんよ。そんくらい」

男2「村の者の話では近くに洞窟があるらしい。一応行ってみるぞ、準備しろ」

男1「へいへい」ギィ



360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 14:32:20.02 ID:826uvt510
少年(お姉さん、一言も話さないけど一歩踏み出すたびに顔をしかめてるな)

少年(でも、この獣道でおんぶや抱っこは、短時間しかもたないだろう)

エルフ「……どう、したの?」ハァハァ

少年「ねえ、そろそろ休憩しようか」

エルフ「また? そう心配しなくても、昨日よりは大分楽になってるわよ?」

少年「でも、見ていて辛そうだよ?」

エルフ「耐えられる辛さよ。捕まっている頃と比べたら天国だわ」

少年「……わかったよ。お願いだから絶対に無理はしないでね」

エルフ「ええ。――あら?」

少年(ん――あれ、木立の先が明るい)

エルフ「また街道に合流するみたいね。良かった、少しは楽になりそうだわ」ニコ



363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 14:39:24.53 ID:826uvt510
少年(山道だ、この峠を越える辺りで折り返しだな)

エルフ「……ふぅ……ふぅ」

少年「お姉さん、道幅広くなったし、肩貸そうか?」

エルフ「杖があるから平気よ。それに、上り坂は怪我に関係なく誰だってきついでしょ」

少年「まあ、わかるけどさ」

少年「あ、腰かけられそうな岩があるよ」

エルフ「あら、ほんとね。少しだけ、休憩していきましょうか」

少年「うん、そうしよう」



366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 14:46:18.52 ID:826uvt510
 ――ザアアアアアアア


少年「あれ、どこかで水音が?」

エルフ「近くに滝があるみたいね。……ねぇ」

少年「ん?」

エルフ「相当汗かいちゃったから、水浴びに寄ってもいいかしら」

少年「ああ、って――」

少年(まったく気づかなかった。ワンピースが汗に濡れて胸の谷間がくっきり)

エルフ「ん、なに見て――きゃあっ!?///」バッ

少年「あ、ご、ごめんなさい!」

エルフ「……べ、別にいいわよ。気にするほどのことじゃ」モジモジ

少年「み、水浴びしていこっか。新鮮な水も補給できるし」アタフタ


369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 14:51:43.62 ID:d4++xLcl0
怪我をしてる訳だし水浴び中も目を離すのは危険だよな


371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/04/03(火) 14:52:27.97 ID:S5O7l1s30
>>369


372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 14:53:42.82 ID:GsOxSVaD0
>>369
まったくそのとおりだ


374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 15:02:37.48 ID:826uvt510
少年(思ったより水量が多い、ついでに洗濯もできそうだ)

エルフ「な、なるべく覗いちゃ駄目だからね」

少年「う、うん……わかった」

少年(――うん? なんでなるべくなんだろ?)

エルフ「じゃあ、行ってくるから」

少年「はーい」

少年「渓流に魚もいるようだし、待っている間釣りでもしようかな」

少年(ここでしっかり腹ごしらえできれば、後がすごく楽になりそうだ)


 ――どれくらいで釣れるかな 
>>375

コンマ80以上 釣れなかった
コンマ79以下30以上 釣れた
コンマ29以下 すぐ釣れた


375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/04/03(火) 15:03:43.11 ID:ERGb/Rrw0
余裕

381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 15:14:31.16 ID:826uvt510
 ――バシャッ

イワナ「」ビチビチ

少年「なんだここ! 針を投入するだけで魚がかかるぞ!」

少年(人の手が全然入っていないし、魚が警戒しないのかもね)


 ――十分後

少年「大漁大漁! これなら二人ともお腹一杯食べられるぞ!」テクテク

少年「あれ、お姉さん。まだ戻ってきてない」キョロキョロ

少年(早すぎたのかな、でも、一応心配だから行ってみよう)


 ――チャポン

少年(ん、左手の方で水音が聞こえたぞ)

エルフ「はぁ、気持ちいい……」チャポン

エルフ「こんなふうに泳げる日がくるなんて……思わなかったな」スイスイ

エルフ「まだ少年君も戻っていないだろうし、今のうちに体綺麗にしなきゃ」

少年(……って、やばっ! まだ水浴び中だった///!)



387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 15:23:44.53 ID:826uvt510
エルフ「……ん、水が冷たいせいで炎症も少しは収まったみたい」スルスル

エルフ「さて、体を洗いましょう――ん」コスコス

少年(……こ、困ったな。目が離せないよ)ジィ

少年(お、お姉さんの肌、すごい白くて、綺麗だ)

少年(……背中にあるたくさんの青い筋は、叩かれた痕かな)

少年(――の、覗きなんて、男のやることじゃ……いや、でも。もう少しだけ)

エルフ「……」ゴシゴシ

少年(黙々と洗ってる。って、当たり前か。――うわ! こっち向いた反動でおっぱいが揺れ――)ガサッ

エルフ「誰っ!?」バッ

少年「――」


 気づかれた!? ど、どうしよう! 
>>390

①猫の鳴き真似には、自信がある
②ひたすらに黙ってこの場に留まる
③緊急事態だ、撤退、撤退せよ


390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 15:25:07.91 ID:HsVPNsz60
ksk


391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 15:25:20.41 ID:Nde8lcUi0
1




 
400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 15:30:56.29 ID:826uvt510
少年(よし、ここは僕の18番、猫の鳴き真似で!) 次番>>391選択

少年「にゃぉん、にゃぁあお」ドキドキ

エルフ「……なんだ、猫かぁ」ホッ

少年「にゃおぉぉん、なぁおぅ」

エルフ「……って、なんで人に慣れてない野生の猫がそう都合良いタイミングで鳴き出すのかしら?」ピキ

少年「」ビクン

エルフ「バレてるの、わかってるわよね?」

少年「……なぅ」ショボン

エルフ「……だったら、とっととさっきの場所に戻りなさぁいっ!」バシャン

少年「ひぃぃ、ご、ごめんなさぁい!」ズダダダ


401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/04/03(火) 15:32:00.72 ID:ERGb/Rrw0
水浴びした川で給水...

ゴクリッ


402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 15:32:34.41 ID:ddGwUO4f0
追われてる身の分際で調子のんなよ
少しはご奉仕しろカス


403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 15:35:17.75 ID:cm+y+1Sc0
>>402
割と思った


404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/04/03(火) 15:37:40.73 ID:ERGb/Rrw0
>>403
反応からしてまだ奇跡的にヤラれてないんじゃね?


405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 15:40:58.65 ID:826uvt510
エルフ「……」モソモソ

少年「あ、あの」オズオズ

エルフ「……なにかしら」ギン

少年「……な、なんでもないです」ビクビク

エルフ「……そ」パク

少年(お、怒ってる。今までにないくらい怒ってる)

エルフ「……なんで覗きなんて。こっちはまったく無警戒なのに」ツン

少年「ご、ごめんなさい。すぐに立ち去るつもりだったけど……」

エルフ「けど、なに?」ジィ

少年「お姉さんの裸が、あまりに綺麗で目が離せなくて」

エルフ「……だっ///」ボッ


407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 15:49:42.25 ID:826uvt510
エルフ「……うぅ、いひゃい」ジンジン

少年「だ、大丈夫ですか」

エルフ「い、いきなり変なこと言わないでよ、もぉ。唇噛んじゃったじゃない」

少年「ええ、と、すみません」

エルフ「……ねぇ」

少年「……?」

エルフ「……そんなに、綺麗だった? 私の裸」

少年「はい、とても。――あの、もうしませんから」

エルフ「……あのね少年君、そういうことは手続きを踏んでやるものよ?」

少年「手続き、ですか? 覗きの?」

エルフ「そうじゃなくって、きちんとお願いをするとか」

少年「見せてくださいって?」

エルフ「そ、そこまで直接的だとこっちも困るけど///」モジモジ


412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 16:01:40.76 ID:826uvt510
少年「ご馳走様でした」ペコ

エルフ「ご馳走様。とても美味しかったわ。こんなにたくさん釣ってくるなんて、少年君は釣りが上手なのね」

少年「う、運が良かっただけですよ」テレテレ

エルフ「ふふ、謙遜しなくてもいいのに」

少年「じゃ、じゃあ、僕も水浴びしてきますね」

エルフ「……あの、さっきはごめんね? カッとなって、少しきつく言いすぎたわ」

少年「と、とんでもない、怒られて当然です」ブンブン

エルフ「それで、もしよかったらだけど」モジモジ

少年「……え? どうかしました?」

エルフ「あ、あなたの体。……私が洗ってあげましょうか?///」カァ

少年(――!? えええっ!?)


 ――これは(男として)重要な選択肢だ、心臓の鼓動はどうだろうか 
>>415

コンマ奇数 ダメだ、とても羞恥に耐えられそうにない
コンマ偶数 な、何事も経験だ、お願いしてみよう



415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/03(火) 16:03:39.76 ID:GsOxSVaD0
おういえ



関連記事
[ 2012/04/14 23:45 ] ファンタジー系SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/533-376519d5

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ