FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幽霊「今からあんたにとりつきます」2/2


幽霊「今からあんたにとりつきます」



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/01/08(土) 01:02:59.83 ID:dY4kHAeX0
なんで残ってんの。何も書き溜めしてないのに。


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 01:07:13.72 ID:dY4kHAeX0
じゃあせっかくなんで、短くなると思うけどぬるぬると投下します。暇な人だけ見てね。


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 01:09:40.25 ID:dY4kHAeX0
―11:00

男「というわけで明日俺は本当に死にます」

幽霊「どういうわけでしょう」

男「うるせぇなあ。結局ダラダラオナニーばっかしてたら今日という日を迎えっちゃったんだよ」

幽霊「ホント、死期が迫ってきてる人間の生活とは思えなかったわね」

男「仕方ねえだろ。オナニーしかすることなかったんだから」

幽霊「こいつマジどうなってんの……」




元スレ
幽霊「今からあんたにとりつきます」




110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 01:16:02.95 ID:dY4kHAeX0
幽霊「っていうかさあ……」

男「あん?」

幽霊「なんで……こう……私がそばにいながら……オナニーばっかりするかなあ……」

男「これが俺の病気なんだよ。精子出さないとストレスで死んじゃうんだ。変態ウサギとは俺のことだ」

幽霊「そうじゃなくてぇ……だからぁ……」

男「なんだようっせぇな! 犯されたいのかよ!」

幽霊「そうそれ!」

男「えっ」

幽霊「あっ」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 01:22:55.56 ID:dY4kHAeX0
男「はー、なるほど。お前も溜まってたんだな。いいよ。オナニーすればいいじゃん。俺、見てるし」

幽霊「……そうじゃなくて、どうしてあんたは私に発情しないのかって言いたいのよ」

幽霊「私これでもスタイルいいし……胸もくびれも、おしりだって自信あるのに」

男「興味ない」

幽霊「えっ」

男「え? だってお前幽霊じゃん」

幽霊「……」

男「たしかに、何故か俺はお前に触れることは出来るらしいし、お前はスタイルもいいから抱くには最高な女だとは思うよ」

男「でもな、俺に幽霊を抱く趣味はない」キリッ

幽霊「……うわああああああああああああ!」

男「おー、腕をクロスさせて二回の窓から飛び降りるとは。しかもスタントなし。ハリウッドも真っ青だな。」


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/01/08(土) 01:28:45.97 ID:dY4kHAeX0
―12:00 公園

幽霊「はあ……なによ……男のバカ。オナニー大名。万年精子不順」

幽霊「私ってそんなに魅力ないのかしら……」

幽霊「生きてる時は鋼鉄の処女って言われるぐらい貞操観念ガチガチで……」

幽霊「でも男になら……あげてもいいって思えたのにな」

幽霊「こんな昼間っからブランコで愚痴だなんて、リストラされた中年みたいね」

リストラ中年「ブランコが不自然に揺れとる……とうとう死神が私の人生までリストラしようと……」


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 01:30:32.92 ID:dlffa8Vp0
>>115
中年wwww


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 01:35:09.93 ID:VAvoQIwW0
>>115
死神wwwww



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 01:36:36.27 ID:dY4kHAeX0
―12:00 自宅

男「うーむ、参った。オナニーしようにも俺の愛する息子が全然反応しない。何故だ!」

男「坊や(童貞)だからさ」

男「なんてな。きっと幽霊がいないからだ」

男「あいつに見られる快感に息子が味を占めたんだな。幽霊がいなきゃ、俺はもうオナニー出来ない体になっちまったらしい」

男「クク……俺のデュランダルが……奴の視線をモトメテル……ククク……」

男「とか言ってる場合じゃないんだよ。さっきからストレスでおかしくなってきてる。これ、俺の命に関わる重要なことなんだよな」

男「オナニー出来なくて死ぬとか、流石の俺でもそれはごめんだ! 幽霊探さなきゃ! 眼力の変わらないただひとつの幽霊を!」


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 01:42:09.32 ID:dY4kHAeX0
―14:00

男「くそっ……どこ行ったんだあいつは! やばい……俺の体が……やめろ……ぐわっ……今はまだ……」

男「……なんだよこれ。この病気の症状に『厨二病』があるなんて聞いてないぞ」

男「もおおおおおおお! こんな生き恥じ晒しながら死ぬのは嫌だ! 幽霊! 幽霊いいいいいいい!」

―同時刻

幽霊「……ただいまー。あれ?」

幽霊「あいついないじゃん。どこ行ったのかしら」


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 01:49:40.81 ID:dY4kHAeX0
―15:00

男「はああああああああああああああ! くっそおおおおおおおおおおおおお!」

男「幽霊のくせに生意気なあああああああああああ! 早く我を聖なる鎖から開放せよおおおおおおおおおお!」

男「やばいな……症状が抑えきれなくなってきてる……明日死ぬ予定だったぐらいだし、進行も早いのか……」

男「頭もクラクラしてきたし……なんだ……やめろ! お前は出てくるな! ここは市街地だぞ! 闇の力が!」

幼女「ママーあそこにへんなひといるよー」

母「シッ! 見ちゃイケマセン!」

息子「」ニョキッ

男(……もっと言ってくれ……頼む……頼むから……)


127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 01:55:20.67 ID:dY4kHAeX0
―17:00 自宅

幽霊「あいつ遅いわねー。いい加減、西村京太郎サスペンスの再放送も見飽きたわ」

幽霊「この遅さはストリップ劇場ね。間違いないわ。まったく、時間無制限で見放題だからっていつも長居し過ぎなのよ」

幽霊「暇だし、あいつ呼びにちょっと行ってみようかしら」スクッ

幽霊「まったく……近くにストリップ劇場があるアパートなんて誰も住みたがらないでしょ普通……さて、着いt」

黒服「おら! とっとと出てけこの変態猿!」

男「頼む! 俺に! 俺にストリップをさせてくれ!」

黒服「うるせぇ! 二度と来るんじゃねえぞ!」バキッ!

男「あぁん!」

幽霊「……」


128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 02:00:55.09 ID:dY4kHAeX0
幽霊「ちょっと、あんた大丈夫?」

男「うぅ……ダメだ……こんなのじゃ……こんな刺激じゃダメなんだ……」

幽霊(どうしてこんな奴に惚れちゃったのかしら……)

男「……ん? お! お前! 幽霊! 探した! 探したぞ!」

幽霊「え? わ、私を探してくれてたの?」

男「当たり前だろ! なにボケっとしてんだ! 家戻るぞ!」グィッ

幽霊「え? ちょちょちょちょっと!」

男「よし到着!」ガチャ

幽霊「あの……その……私……ふつつか者ですけど……」

男「幽霊!」

幽霊「はい!」

男「見ていてくれ!」ズルッ

幽霊「……」


130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 02:03:03.84 ID:VAvoQIwW0
ちょwwwwwwwwwwww


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 02:07:36.31 ID:dY4kHAeX0
男「はああああああああああ!!!」シコシコシコ

幽霊「……」

男「あああああああああああ……あれ?」

幽霊「なによ。この私が見てあげてるのに、いつまでもニャッキのままってどういうことよ」

男「だよな……おかしい……」

男「……そうか」

幽霊「え?」

男「分かった……分かったぞ」

幽霊「何が? 自分の息子の愚かさに?」

男「違う。そんなチャチなもんじゃねえ」

男「この俺が、どうして、この若さで死んでしまうかっていうことだ……」


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 02:14:27.62 ID:dY4kHAeX0
幽霊「はい? だから、生殖能力が異常な代わりに寿命が極端に短いんじゃないの?」

男「ああ……医者からはそう言われてたけど……厳密には、どうにもそうじゃないらしいな」

幽霊「それはどういう」

男「俺は……別に、極端に寿命が短いわけじゃない」

幽霊「え?」

男「いいか、まず、俺のジュニアは、ある一定の性的な刺激を与えられると、もうそれ以下の刺激では満足出来なくなる性質らしい」

男「ここで問題なのはな、この世に存在する、その性的な刺激の『種類』にある」

男「世界にはな、ありとあらゆる性的な刺激が存在する。乳、SM、臭い、その他なんでもだ。性癖として認められているものは、全てがそうだ」

男「はい。ここで質問」

幽霊「正直嫌です」

男「もし俺が、自力で集められる性癖を全て集めてしまっていたとしたら、どうなると思う」

幽霊「……正直意味が分からん」


133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 02:19:31.48 ID:dY4kHAeX0
男「だああああ! つまりだな! 俺のち●こに与えることの出来る性的な刺激は、俺の周りにはもうないってことなの!」

幽霊「そ、そうなの?」

男「正確に言えばあることはあるよ! だけど、それは全てパトレイバーの御用になる方法でしか得られないものばかりだ……」

男「俺は……自分の性欲のために他の誰かを傷つけるなんてことは出来ない……」

幽霊(私に散々オナニー見せておいてそれはないわ)

幽霊「……っていうか、とどのつまり、ズリネタがなくなってことでしょ」

男「簡潔に言うとそうなる。それも遥かに高い次元でな」


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 02:27:18.56 ID:dY4kHAeX0
幽霊「それで、ヌけなくなってストレスで死んじゃうと」

男「違うな……ストレスはただのトリガーだ。そのものが原因で死ぬことはない」

幽霊「と言うと?」

男「今は何故か落ち着いてるが……どうやらこの病気、ストレスが溜まるに連れて『厨二病』を発症させるらしい」

幽霊「……それって別に大したことないような……」

男「分かっちゃいねえ……お前は『厨二病』を全然分かっていねえよ……」

幽霊「えー? だってそれって『俺の右腕がぁ!』とか『エレガントアブソリュートエクスタシー!」とか言っちゃうだけなんじゃないの?」

男「それもある。あるが、それは初期症状だ。もうすぐで俺のストレスがマッハになる……そうなったら、俺は『厨二病』の際たるものを発動するだろう」

幽霊「なに? 頭に意味もなく包帯でも巻く?」

男「……『自傷行為』」

幽霊「え?」

男「……『自殺』だ」


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 02:32:49.11 ID:dY4kHAeX0
男「俺の最後は『自殺』になる」

幽霊「マジで言ってんの?」

男「俺の体のことだからな。俺が一番分かる。医者の野郎も、このことは知っていたんだろうな」

男「だけど、『君はズリネタに困って自殺する病気になったよ』なんて、患者には口が裂けても言えんだろうからな」

男「適当にそれらしい病症言ってたんだろうよ」

幽霊「じゃあ、その余命宣告はなによ。あんた、それだとズリネタがある限り生きられることになるじゃない」

男「医者も、こんぐらいの歳になったらそろそろズリネタも尽きるだろうって予測してたんじゃねえの」

男「それか、もし余命過ぎても生きてたら、木更津キャッツアイよろしく適当ぶっこくつもりだったんだろうよ」


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 02:36:40.68 ID:dY4kHAeX0
男「とか言ってる間に自殺したくなって参りました」

幽霊「なんということでしょう」

男「くそ……まさか……まさかこんなことで死ぬハメになるとはな……」ガシッ

幽霊「ち、ちょっと! あんた包丁なんて持ってどうする気よ!」

男「うるせー! 近寄るんじゃねえよ! 俺は神に選ばれたんだ! こんなきたねえ世の中捨ててやる! ファッキンビッチだ!」

幽霊(あちゃーこいつマジもんの患者だわ)

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/01/08(土) 02:41:32.14 ID:dY4kHAeX0
幽霊「はぁ……もういいわ。あんた、本当にマジもんの鬼畜変態野郎さんね」

男「なんだ! この俺に楯突くということは後ろに控えるワルキューレ達を怒らせることに……」

幽霊「よいしょ」ファサァ

男「な!」

幽霊「ほら、あんた、童貞なんでしょ。こんな身近で、女の子の裸見たことないでしょ」

男「そ、そんなもんストリップ劇場でいくらでm」

幽霊「処女」

男「は?」

幽霊「処女の裸。見たことないでしょ」



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 02:46:30.48 ID:dY4kHAeX0
男「あ……ああ……」

幽霊「ったく……しょうがない奴ね……ほら、私の体でオナニーでもなんでもしなさいな」

男「な……なんだよ……これ……純白で……無垢で……何も……何も汚れてない……」

息子「レッツゴージャスティーン!」

男「や……や……やべえええええええええええええええええええ!!!」

男「スコッティ! スコッティあるだけ! おらああああああああああああ!」

幽霊(ホント、しょうがない奴だわ……)

幽霊(こんな状況でも……手は……出さないんだ……)

幽霊(鈍感なのか……本当のオナニー狂なのか……)

幽霊(それとも……)



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 02:48:15.62 ID:F1U2GgCC0
普通に考えて16にしては残酷でキツすぎる死を遂げたのに聖女すぎるでしょう


145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 02:53:07.79 ID:MzNv7VJ90
いやぁ爽やかさもエグさもあるいいSSだなぁ

他の作品もあったら知りたいわ

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 03:07:07.66 ID:dY4kHAeX0
>>145
過去に一度書いたのがまとめブログ載りましたが、恥ずかしいのでごめんなさい。


 
146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 03:02:56.53 ID:dY4kHAeX0
―12時間後

男「ふぃー……いやー、シコったシコった。こんなシコったの生まれて初めてだ。あーすっきり」

幽霊「スナッフ動画を見た時とは、また違った嫌悪感と吐き気がするわ……」

男「悪かったよ。しかし、これでなんとか収まった。助かったよ」

幽霊「なら良かったけど……それでも、一時しのぎにしかならないんだよね?」

男「……そうだな。しばらくはお前の裸でいけそうだが、それも時間の問題だ」

幽霊「……そう」




 
148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 03:09:41.85 ID:dY4kHAeX0
男「しかし、お前、どうして俺を助けたんだ」

幽霊「え?」

男「だってさあ、元々俺は明日……ってか今日、死ぬ予定だったんだぜ。俺もお前も、そのつもりでこの二週間足らずを暮らしてきた」

男「これじゃあ、お前が成仏するまでの期間を長めただけじゃないか」

男「あのまま俺が自殺s」

幽霊「やめて」

男「はい?」

幽霊「私、もう、誰かが血を流して死ぬところなんて見たくないのよ」

男「……そうか……すまん……」


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 03:13:36.26 ID:dY4kHAeX0
男「でもなあ、それでも流石に限界ってもんがあるぞ」

幽霊「そうね……そういえば、あんた、この世にはあんたの知らないたくさんの性的な刺激があるって言ってたわよね」

男「ん? ああ、まあな。俺が持ってる知識なんて、変態道の中腹ぐらいのもんだから」

幽霊「じゃあ行くわよ」

男「へ? どこに?」

幽霊「世界に決まってんでしょうが!」

男「……マジで言ってんのかよ……」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 03:20:31.99 ID:dY4kHAeX0
幽霊「マジよ。大体あんたもなんでこんなところで死のうとしてんのよ。余命宣告なんてなかったのなら、生きれるところまで生きるべきよ」

幽霊「限界まで変態極めて、生きて、生きてさ、それでも限界がきたら、私が責任をもってあんたをとり殺してあげる」

幽霊「私は生きたくても生きれなかった……だから……せめてあんただけは……自殺なんて方法で命を絶ってほしくないの」

幽霊「私の言ってること、分かるかしら」

男「……く……くく……」

幽霊(こ、このパターンは……)

男「くくく……あーっはっはっはっは! ひー! 死ぬー! 死ぬうううううううう! いーっひっひっひ!」

幽霊「あーもう駄目だ。殺す。殺すわあんた」

男「待て! 分かった! まったく……お前はいちいち面白いことを言う奴だよ……」


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 03:26:53.34 ID:dY4kHAeX0
男「よし! 善は急げだな! 早速準備に取り掛かろう!」

幽霊「そうこなくっちゃね。最初はどこ行くの?」

男「そうだなー。とりあえず、スカトロの本場、ドイツにでも足運んでみるか」

幽霊「……やっぱりやめにしましょうか」

男「冗談だよ。流石に、いくらスカトロが性癖として認められていようが、俺の息子は反応しない」

男「俺は万人受けされる変態を目指してるからな!」

幽霊(絶対嘘だ……)

男「当面の目標は、世界各国のストリップ劇場に赴くことにする! というわけでまずはアメリカだな!」


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 03:32:26.31 ID:dY4kHAeX0
幽霊「あんたホントに好きね……まあいいわ。私が言いだしたことだし、着いていくわ」

男「おう! じゃあ景気づけに一発シコらせてくれ!」

幽霊「……」

男「はいD・V・D! D・V・D!」

幽霊「わかったわかったわよ。脱ぐから、一つだけ聞かせてほしいの」

男「ああん? なんだ?」

幽霊「……どうして……あんたはそんなに『オナニー』にこだわんのよ」

幽霊「その……私……別に……あ、あんたになら、か、体……預けてもいいって……思ってる……」

幽霊「だから……そんな……オナニーじゃなくても……」


156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 03:36:52.71 ID:dY4kHAeX0
幽霊「やっぱり……私が幽霊だから……」

男「あー、あのことまだ引きずってたのか」

幽霊「……」

男「あれ、嘘」

幽霊「……え?」

男「……好きだからだよ」

幽霊「はあ……はあ?」

幽霊「そ、それだったらなおさら」

男「オナニーが、好きなんだよ」

幽霊(……フラグバッキバキだわ……)


159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 03:43:46.83 ID:dY4kHAeX0
男「言ったろ? 俺の右手を超える名器は存在しないって。お前を抱いたところで意味はない」

幽霊「でも、男だって私のこと好きなんでしょ。だったら愛情表現の一つとしt」

男「そんなことでしか伝わらない愛情を、俺はお前に持った覚えはない」

幽霊「……男……」

男「ごめんな、幽霊。でもさ、俺、どうしようもない変態オナニー狂なんだよ」

男「俺はこれからお前に手を出すことは一切ないだろう。でもさ、これはお前に対する、俺からの最上級の愛情表現なんだ」

男「分かってくれるか、幽霊」

幽霊「……分かった。ありがとう……」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 03:51:51.68 ID:dY4kHAeX0
男「はーい! じゃあ気を取り直して! D・V・D! D・V・D!」

幽霊「……ホント、しょうがない変態さんね」

――その後、『世界を相手に196股をかけた』として、男の名前はその筋で一躍有名になる。

――男は生涯、世界の変態地域を潜り抜け続け、右手一筋童貞一人旅を貫いたという。

――そして男と出会った者は、皆一様にこう言ったという。

――男の後ろには、何故かいつも、燦然と輝く白い光が灯っていたと……


――完――


163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 03:53:42.47 ID:tTZzQVzd0
おつ
おもろかった


164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 03:54:38.52 ID:VAvoQIwW0
1乙楽しかったよ


165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 04:00:08.52 ID:dY4kHAeX0
あー、終わった。案外長くなった。
二部は睡魔に任せて書いたので、一部よりも更にひどくなっていますがそこはご愛敬。
こんな駄文に付き合ってくれた人たち、ありがとう。それではまた。
お疲れさまでした。


166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 04:01:29.66 ID:Wg90R9vw0
おつ!


167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/01/08(土) 04:05:22.53 ID:lgQtcOFk0
ついに男が賢者にww


168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 04:07:10.67 ID:DQLiiS/c0



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 04:08:19.03 ID:el1FCRZw0
>>1


170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/01/08(土) 04:11:17.40 ID:19FHd1ij0



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 04:15:35.32 ID:PKDwPX5d0



172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/01/08(土) 04:15:36.36 ID:0ZaZ3ECo0
乙!
うわああああ!のAAあいそうだね>男


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 04:21:34.90 ID:rhyKA/MB0
伝説になったか・・・



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 04:21:35.91 ID:UbYuwyLV0
乙!
男は神となったのだ!



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 04:36:26.14 ID:AMMuoGK50
乙!
面白かったぞ


176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/01/08(土) 04:38:18.00 ID:sYJ5KYXa0
面白かったおつ



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 04:46:01.40 ID:hnjOWKRl0
おもしろかったー!おつう!


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 06:24:32.25 ID:F1U2GgCC0
大層乙であった


179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 06:27:06.12 ID:nHEZFDm50
起きてから続きよませてもらったわ!
おつ!


180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 07:13:19.52 ID:c3LnDOyl0
まだ残ってた!
面白かったよ、乙!


181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 07:56:18.27 ID:1TGmGiD50




182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 08:13:25.60 ID:e5G8lv+k0
面白かった、乙


183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 08:35:53.43 ID:WtaJCnJW0



184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 08:36:46.22 ID:1SIOlGlI0
もちろん幽霊を惨殺して動画自体を作った奴は殺したんだよな
まぁ、そんな奴ら普通にとりころされるくらいじゃ消える罪じゃないけど


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 08:53:30.29 ID:DBSxXKUp0
いい話だった。・゜・(ノД`)・゜・。


186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 08:57:08.54 ID:ea12dMUS0
面白かった


187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 09:15:29.98 ID:R2ZuFpRB0
この時間に起きられて良かった・・・

面白かったぜ!乙!




188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 09:33:40.93 ID:f3mw7MOg0

面白かった


189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 09:38:59.18 ID:SLgp20c90
乙でした!


190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 10:27:05.72 ID:zCNbfuEJ0
乙!


191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 12:20:13.69 ID:6m6ggqQb0
乙!
良い変体紳士だった


192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/08(土) 13:05:00.57 ID:PyIPOxOc0
触れられる幽霊ならいくら出しても妊娠しないってことだよな
つまりそれって


193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/01/08(土) 13:36:19.93 ID:NkGT6mRE0

なんだ、ただの神話か
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
[ 2012/03/21 00:21 ] 男「」or女「」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/514-abaa55d7

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ