FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幼女「魔法使いなのです」5/5


幼女「魔法使いなのです」




317 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:02:13.30 ID:xAyQCRRmo
 
 第十一話




                      「童心」




                                          
                                                 
                                                    


318 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:02:55.80 ID:xAyQCRRmo
女「……」

姉「zzz」

女「……」ムクリ

女「……」ガチャ バタン

姉(……今夜もか)



元スレ
幼女「魔法使いなのです」
[SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServise掲示板]




319 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:03:27.17 ID:xAyQCRRmo
~とある昼休み~

女「…ふぁ~」

姉「……」

女「ご飯を食べた後は眠くてしょうがないです」

姉「…そうだな」

女「久しぶりにサボっちゃいましょうか」

姉「ああ」

女「…あれ?」


320 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:04:19.98 ID:xAyQCRRmo
女「最近ボーっとしてることが多いですね」

姉「……」

女「なに考えてんですかぁ?」ウニウニ

姉「……」

女「むぅ…いじりがいがありません…」

姉「毎晩何処に出かけているんだ」

女「ああ、そのことですか。実は新しい恋人ができたんです」

女「前のと比べてとってもワイルドでたくましい人なんですよ~」

姉「彼のこと、心配じゃないのか…」

女「どーでしょーかねー…」

姉「……」


321 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:05:48.37 ID:xAyQCRRmo
女「つまんない話はここらへんにしましょう」

女「それよりお部屋で――ね?」ギュッ

姉「……」

女「二人であまあまな時間を過ごしましょう」

姉「そろそろ午後の講義が始まるな」スクッ

女「…あ」

姉「サボるつもりなら一人でサボるんだな。私は行く」スタスタ

女「…ちぇ」


322 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:06:10.28 ID:xAyQCRRmo
~その夜~

女「……」ガチャ バタン

姉「……」ムクリ

姉(…行くか)


323 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:06:40.59 ID:xAyQCRRmo
姉「……」タタッ

姉(いつか必ず打ち明けてくれると思ったよ)

姉(私は…親友だと思っていたからな…)

姉(だけどおまえは……)

女「……」タタッ

姉(あそこは…実験棟か…)


324 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:07:18.64 ID:xAyQCRRmo
姉(…エレベーターで地下1階に下りたか)

姉(使われなくなった実験室と物置部屋しかなかったはずだ)

姉(逢瀬をする場所にはそぐわない……)


325 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:07:47.08 ID:xAyQCRRmo
姉「――物置には何もなし、か」ガチャ バタン

姉(…となると、残るは――)

 「アァアアアアアアアア!!」

姉(実験室か!)


326 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:08:14.16 ID:xAyQCRRmo
女「……」カチャカチャ

鬼「ア…アッ…」

姉「ッ!」

女「あれ?」グチャ

鬼「ッッ!!」ビクン

姉(あの化物は…あいつはここで、何をしているんだ…)

女「あらら、だめですか…ならこっちは…」ニチャ

鬼「ギィヤァアアアアアアアアア!!」ジタバタ

女「あ、死んじゃう死んじゃう!」グチャグチャ

鬼「ガ…アガガ…」ピクピク

女「すみません、ちょっと手を貸してくれませんか?」

姉「!!」


327 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:08:57.30 ID:xAyQCRRmo
姉「…気付いていたのか」ガラガラ

女「あなたは尾行が下手っぴですからね」ニコッ

姉「聞きたいことがある」

女「3サイズですか?」

姉「その化物は何なんだ」

女「……」

姉「おまえはここで何をしている」

女「知りたい、ですか?」ニタァ

姉「ッ!」ゾクッ


328 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:10:16.38 ID:xAyQCRRmo
女「本来は極秘事項なのですが、他ならぬあなたの頼みだ。特別に教えましょう」

姉「……」

女「この化物は、人鬼と言います」

女「その名の通り元は人だったものなんですよ」

姉「これが…人…?」

女「はい」

姉「まさか…!」

女「私の元彼氏です♪」ニコッ

鬼「……」ピクピク


329 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:11:07.33 ID:xAyQCRRmo
姉「う、嘘だ!人がこのような化物になるはずがない!」

女「でもなっちゃったんですもん」

姉「デタラメだ!」

女「これに見覚えありますよね」スッ

女「私が以前読んでいた本です。人鬼の作り方もぜーんぶこれに載ってたんですよー」

姉「……ッ」

女「分かっているんでしょう?これが魔道書だって」


330 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:11:45.11 ID:xAyQCRRmo
姉「な、んで…魔道書は…」

女「盗んだわけじゃないです。お借りしたんですよ」

女「上の方々にちょーっとコネがありましてね。これで不老不死の法を探せと頼まれたんですよ」

姉「そんな、馬鹿な…」

女「知ってました?保守派の上層部は元は革新派なんです」

姉「!」

女「逃げ出した革新派なんて最初からいないんですよ」


331 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:12:16.47 ID:xAyQCRRmo
女「まぁ下っ端の雑魚さんたちは知らないでしょうが」

姉「くっ!」キッ

女「怖い怖い、そう睨まないでください」グチャッ

鬼「ッッ!!」ビクン

姉「や、やめろ!」

女「やめろ?おかなしなことを言いますねぇ」

姉「自分が何をしているのか分かっているのか!?」

女「あなたこそ自分が何を言っているのか分かっているのですか?」

女「これは偉大な研究なんですよ。なぜそれが分からないのです」

姉「人の命をもて遊んで何が偉大な研究だ!」

女「……」

姉「私は…このことを公表するぞ…」


332 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:12:52.88 ID:xAyQCRRmo
女「ふふ…あははは!!」

姉「…何がおかしい」

女「いやいや、失礼。…でも…ふふ!」

姉「貴様!」キッ

女「やる気ですか?この私と……」

姉「それで貴様が正気に戻るんならな」

女「私は正気ですよ?それ以前に、私に勝てると思ってるんですか?」

姉「…勝てない、だろうな」

女「でしたらなぜ?」

姉「おまえが私の友達だからだ」

女「……」

姉「友として頼む。馬鹿なことはもうやめろ」

女「……あなたは…本当に優しいのですね」


333 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:13:53.06 ID:xAyQCRRmo
女「ハァ~…なんだか調子狂っちゃいます……」

姉「…分かってくれたのか」

女「665事件」

姉「ッ!?」

女「665事件でご両親を亡くされ、今は妹さんが只一人の肉親でしたね」

姉「い、妹は関係ない!」

女「現在は学園の初等部で、えーと、寮生活でしたっけ?」

姉「妹に手を出すな!!」

女「やだなぁ、まだ何もしてませんよぉ。まだ、ね?」

姉「外道が!!」


334 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:14:32.46 ID:xAyQCRRmo
女「ご自分の立場が分かったでしょう?」

姉「…ッ」ギリッ

女「約束してください。ここで見たこと、聞いたことを一切口外しない」

女「それともう一つ。研究に協力してください」

姉「…研究?」

女「人鬼の体をいじくり回すのも飽きたので、そろそろ実戦データが欲しいんですよ」

姉「こいつと戦えというのか」

女「戦うのはあなたではありません」

姉「…?」

女「実戦データをとるためのモルモット部隊。その隊長をあなたにお願いしたい」

姉「……」

女「コネで隊長にしてあげようと言ってるんです。いい話だと思いませんか?」


335 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:15:01.82 ID:xAyQCRRmo
姉「私の部下になるものたちをこの化物と…」

鬼「……」

女「ええ」

姉「……ッ」

女「やめときます?」

姉「……約束しろ…妹には絶対に手を出さないと」

女「勿論」

姉「…条件を飲もう」

女「交渉成立ですね。これからも末永くお願いしますよ、猫舌の隊長さん♪」

――

――――


336 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:15:42.59 ID:xAyQCRRmo
幼女「――……」

男「ハァ!ハァ!」

幼女「…投薬のおかげでだいぶさまになってきたのです」

男「ほんとか!?」

幼女「…まだまだですけどね」

男「…くっ」

幼女「……」


337 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:16:09.72 ID:xAyQCRRmo
幼女「後悔したくない、そう言いましたね」

男「あ、ああ」

幼女「とっておきの裏技があるのですが――」

男「やる」

幼女「…即答、ですか」

男「出来ることは全部する。そう決めたんだ」

幼女「…決意は固いようですね」


338 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:16:48.03 ID:xAyQCRRmo
幼女「…集中してください」

男「……」

幼女「その状態を維持するのです」

男「分かった」

幼女「私の後に続いて詠唱してください。いいですか?」

男「……」

幼女「お兄ちゃん?」

男「…これで…俺は強くなれるんだよな」

幼女「…今とは比べ物にならないくらい強くなれますです」

男「……」

幼女「それこそ鬼のように…」


339 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:17:14.86 ID:xAyQCRRmo
 
 第十一話




                      「童心」




                                          
                                                 
                                                    了


340 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/20(月) 00:18:10.54 ID:xAyQCRRmo
~次回予告~







最終話「約束」


344 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:26:31.43 ID:m82wKlJQo
子供「お、覚えてろー!」

男「弱い者いじめはクダクンジャーレッドが許さないぞ!」

幼馴染「…ぅ」

男「だいじょうぶ?」

幼馴染「……」

男「何処か痛い?」

幼馴染「…なんで助けてくれたの?」

男「うーん、なんでだろ…」

男「君がいじめられてるの見たら体が勝手に動いたんだ」

幼馴染「正義の味方みたい」

男「ほんと!?」

幼馴染「…うん」

男「僕が正義の味方か~」


345 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:26:56.77 ID:m82wKlJQo
幼馴染「…あのね」

男「?」

幼馴染「またいじめっ子がきたら…私が――――…?」

男「勿論だよ!」

幼馴染「絶対?」

男「絶対!」

幼馴染「…ず、ずっとでも?」

男「ずっと!」

幼馴染「――だよ」

男「うん!」


346 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:27:25.81 ID:m82wKlJQo
 
 最終話




                      「約束」




                                          
                                                 
                                                    



347 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:28:19.83 ID:m82wKlJQo
男「……」

男(…頭がボーっとする)

妹「――ッ!」

男(妹…?どうして怒ってるんだ?)

妹「――!!」

男(だめだ、よく聞こえないや)

男「――!」

妹「ッ!」

男(…声もうまく出せない)


348 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:29:20.15 ID:m82wKlJQo
妹「はぁ!」

男(なんで攻撃してくるんだ…俺が、分からないのか…)

男(シールドで…防がなくちゃ…)

妹「――を!」

男(体が…熱い…)

男(薬の副作用…?そうだ、俺は幼女と一緒に特訓してて…)

男(…もっと力が欲しくて)

妹「――――だ!」

男(幼女の口車に乗せられて…)

妹「――!!」

男(……鬼にされたんだっけ)


349 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:29:50.34 ID:m82wKlJQo
妹「はぁ!」

鬼「……」ガキン

妹「やっぱりシールドを!」

鬼「…オォ」

妹(一点に魔力を集中して、シールドごとぶっ飛ばす!)

妹「これなら、どーだ!」

鬼「……」ギン!

妹(こんなんじゃだめだ!もっと魔力を…もっと、もっと…!)


350 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:30:34.52 ID:m82wKlJQo
鬼「……」

妹「はぁ…はぁ…!」

鬼「……」

妹「…ボクはもう負けられないんだ」

妹「お兄ちゃんのためにも…幼ちゃんのためにも…!」

鬼「……おさ、な…?」

妹「…ッ!」


351 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:31:32.20 ID:m82wKlJQo
妹「おまえがその名を口にするなぁああああああああ!!」ドゴォ

鬼「ッ!!」

妹(シールドが消えた…?魔力が尽きたの!?)

鬼「……」ヨロッ

妹(理由は分からない。けどチャンス!!)

妹「終わりだ!!」

鬼「ガッ!?」


352 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:32:06.24 ID:m82wKlJQo
妹(今度こそ!)

鬼「……」

妹「なっ!?」

鬼「……」ズゥウン

妹「…や、やったの?」

幼女「いやぁ、お見事。新米さんにしてはよく頑張りましたね」パチパチ


353 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:33:05.86 ID:m82wKlJQo
妹「!」バッ

幼女「私ですよー。そう身構えないでください」

妹「幼女ちゃん…?」

幼女「にしても、なーんで途中でシールドといちゃったんですかねぇ」

妹「……」

幼女「反撃する気配も一切なかったですし」

幼女「いい線いくと思ったのにガッカリなです」

妹「よ、幼女ちゃん、さっきから何を言ってるの?」

幼女「いえいえ、気にしないでくだ――ぁ」

妹「?」

幼女「えーとですね、後ろ見ないほうがいいです」

妹「後ろ?」


354 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:33:43.81 ID:m82wKlJQo
妹「どういうこと…」

幼女「新米さんのためを思って言ってるんですよ」

妹「まさか、まだ鬼が!?」クルッ

幼女「あーあ…」

男「…………」

妹「…え?」

幼女「だから言ったのに~」


355 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:34:31.56 ID:m82wKlJQo
男「…………」

妹「お、おにぃ?」

男「…………」

妹「え?え?なんで!?」

妹「おにぃ!おにぃ!」

幼女「ひとまず、落ち着いてくださいです」

妹「どうして!?幼女ちゃん!おにぃが!!」

幼女「あなたがやったんですよ」

妹「…ボク?」

幼女「さっきグチャッと心臓ぶち抜いたじゃないですかぁ」

妹「……あ」

幼女「そう!鬼の正体は、ナントお兄ちゃんだったのです!」


356 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:35:43.63 ID:m82wKlJQo
妹「おにぃを…ぼ、ボクが…」

幼女「あー、泣かない泣かない。かわいい顔が台無しですよー?」

妹「あ…あ…うぁあああ!」

幼女「ピーピーうるさいなぁ。少し静かにしててください、ねっと!」ヒュッ

妹「ッ!?」

幼女「猫舌のお姉ちゃんがくるまで、しばらくオネンネしててください」


357 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:37:13.31 ID:m82wKlJQo
男「…………」

幼女「…ふむ」

姉「……」シュン

幼女「思いのほか早かったですね」

姉「妹は…」

幼女「寝てるだけです。ちゃっちゃと持って帰ってください」

姉「……」

幼女「あ、ついでにこの死体の回収も」

姉「彼を人鬼にしたのか。あのときのように…」

幼女「あのとき?もう何十回とやってるのでどのときのことだか、さっぱり分からないのです」


358 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:37:46.50 ID:m82wKlJQo
幼女「それより、これの回収お願いします」

男「…………」

幼女「人鬼から人間の姿に戻るなんて初めてのケースですから」

幼女「体いじくり回して入念に調べたいのです」

姉「…彼をやったのはおまえか?」

幼女「新米さんです」

妹「……」

幼女「それじゃあよろしく頼みましたよ~」シュン

姉「……」


359 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:40:02.74 ID:m82wKlJQo
部下「――死体の収容完了しました」

隊長「ご苦労」

部下「……」

隊長「どうした?」

部下「いえ、あの少年のことなんですが…」

隊長「…俺もただの人間にしか見えないよ」

部下「で、ですよね!あんな子供が鬼だったなんて、自分も信じられません」

隊長「…そうだな」

部下「子供を鬼に変えるだなんて、革新派のやつら狂ってますよ」


360 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:40:39.73 ID:m82wKlJQo
部下「それにあの拘束も変です。既に死んでいるんですよ?」

隊長「……」

部下「まさか生き返るわけじゃあるまいし…」

部下「むしろ、丁重に埋葬するべきでしょう」

隊長「そうしろとの命令だ」

部下「…命令、ですか」チラッ

男「…………」


361 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:41:20.98 ID:m82wKlJQo
幼馴染「…あのね」

男「?」

幼馴染「またいじめっ子がきたら…私がピンチになったら助けてくれる…?」

男「勿論だよ!」

幼馴染「絶対?」

男「絶対!」

幼馴染「…ず、ずっとでも?」

男「ずっと!」

幼馴染「約束、だよ」

男「うん!」


362 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:41:48.08 ID:m82wKlJQo
男「――ああ、そうだった」

幼馴染「やっと思い出した。時間かかりすぎじゃない?」

男「ごめん」

幼馴染「いいよ、ちゃんと思い出してくれたから」

男「でも…ごめん…」

幼馴染「謝らないで」

男「俺、助けられなかった」

幼馴染「……」

男「約束したのに。絶対守るって誓ったのに」


363 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:42:32.98 ID:m82wKlJQo
幼馴染「でも、助けようとしてくれたでしょ」

男「…けど」

幼馴染「いいの。もういいの」

幼馴染「あのとき、命がけで助けようとしてくれたじゃない」

男「……」

幼馴染「また私を助けようとして、今度はあなたが死んじゃったんだよ」

幼馴染「もう私のために頑張らなくていいの」

幼馴染「私のことなんて忘れて、このまま眠りについてもいいの」


364 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:46:19.99 ID:m82wKlJQo
男「嫌だ」

幼馴染「……」

男「絶対に忘れてなんてやるもんか」

男「今度こそ助けるって決めたんだ。絶対に諦めてなんてやるもんか」

幼馴染「死ぬことよりつらいかもしれない」

男「それでも」

幼馴染「…どうしてそこまでしてくれるの?」

男「おまえのことが好きだから」

幼馴染「…ふふ、そっか」

男「ここから絶対に助け出すからな。待ってろよ」

幼馴染「…ん、期待しないで待ってるわ。私のヒーローさん」


365 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:46:46.56 ID:m82wKlJQo
 ドオォン!!

隊長「な、何の音だ!?」

部下「収容室にて爆発を確認!」

隊長「まさか革新派のやつらが少年を!?」

部下「…いえ…報告によると……爆発の原因は――!!」

 ドゴォン!!

男「……」ギロッ

隊長「なんだとぉ!?」


366 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:47:24.02 ID:m82wKlJQo
男「オォオオオオ!!」ゴゴゴ

隊長(なんて魔力だ…底が見えない…!)

部下「隊長~!」

隊長「か、数ではこちらが上だ!全員構え!撃てぇええええ!!」

部下「うわぁああああ!!」ドドド!


367 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:48:55.58 ID:m82wKlJQo
男「……」シュゥ

隊長(全くきいてない!?いや、それよりこれは…)

隊長「シールドが攻撃を吸収してやがる!撃ち方やめ!」

隊長(攻撃を吸収するシールドなんて聞いたことがないぞ!!)

部下「ど、ど、どうするんですか隊長!隊長!?」

隊長「撤退だ!この区域をただちに放棄!撤退が完了次第、防壁でやつを隔離する!!」


368 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:50:03.49 ID:m82wKlJQo
部下「撤退完了しました!」

隊長「防壁閉めろ!」

部下「はっ!」

隊長(しかし妙だ。その気になればあの場で全員殺せたはず…なのに、やつはそれをしなかった…)

隊長(目的は別にあるのか…?)

 ドゴォン!!

隊長「こ、今度はなんだぁ!?」

部下「第一防壁が突破されました!!」


369 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:50:44.52 ID:m82wKlJQo
 ドゴォン!!

部下「第二防壁大破!!」

隊長「な、な…!」

 ドン!ドン!

部下「さ、最後の防壁が…」

 ドゴォン!!!

部下「最終防壁…大破……」

男「……」ズズズ

隊長「何なんだ、おまえはぁ!!」


370 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:51:21.10 ID:m82wKlJQo
~魔道学園 屋上~

姉「やはりここにいたか」

幼女「…よくここだと分かりましたね」

姉「学生の頃から、ここでよく考え事をしていたろう」

幼女「…もう、覚えていません」

姉「そうかい」


371 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:51:53.27 ID:m82wKlJQo
幼女「お兄ちゃんが逃げ出したと聞きましたが」

姉「第5基地を半壊させて逃走した。怪我人は多いが、幸い死亡者はゼロだ」

幼女「…お兄ちゃんらしいですね」

姉「知っていたのか?彼が生き返ると…」

幼女「まさか。さすがの私もこうなるとは思いもしませんでしたよ」


372 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:53:17.89 ID:m82wKlJQo
幼女「次は魔道書を取りに、本部に攻め込む気でしょうねぇ」

姉「彼は本部の場所を知っているのか?」

幼女「あー、教えるの忘れてました」

姉「ならおまえのところに現れるかもしれないな」

幼女「ふふ、おっかないです」


373 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:54:11.69 ID:m82wKlJQo
幼女「混乱に乗じて、軟禁していた新米さんも逃げたそうじゃないですか」

姉「…ああ」

幼女「これで妹を盾に脅され続けられた日々ともおさらばというわけです」

姉「……」

幼女「辞めちゃってもいいんじゃないですか?隊長職」

幼女「それとも、疎ましい妹がいなくなってせいせいしましたか?」

姉「そうかもしれない」


374 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:55:24.84 ID:m82wKlJQo
幼女「ご両親が死んでからというもの、えらく気にかけてましたものね」

姉「……」

幼女「それこそ異常なくらいに…」

姉「あいつが小さい頃は、私も両親も全くかまってやれなかったからな」

幼女「罪滅ぼし、ですか」

姉「…分からない」

幼女「ま、私にはどうでもいいことです」


375 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:55:56.58 ID:m82wKlJQo
幼女「よっこらしょと…」

姉「行くのか?」

幼女「次の実験体は既に見つけてあるんですよ」

姉「……」

幼女「彼もなかなかいい人鬼になると思います」ニコッ

姉「まだ作り続けるんだな…」

幼女「…ええ」


376 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:56:25.71 ID:m82wKlJQo
幼女「あなたはどうするんですか?」

姉「…隊長を続けようと思う」

幼女「妹はいないのに?」

姉「…おまえのことも心配だからな」

幼女「あなたは本当に……」

姉「なんだ?」

幼女「…馬鹿ですね」


377 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:57:45.46 ID:m82wKlJQo
幼女「あなたは私を混乱させるのがうまいです」

姉「……」

幼女「うー、なんか胸がムカムカしてきました」

姉「…やめにしないか」

幼女「はい?」

姉「人鬼を作るのも、魔道書に関わるのも…」

幼女「ふむぅ」

姉「いっそのこと全部捨てて――」

幼女「私もしたくてしてるんじゃないんです。上が無理矢理私のことを…」

幼女「なんて言うと思いましたぁ?」


378 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 23:58:36.96 ID:m82wKlJQo
幼女「面白いからに決まってるじゃないですかー」

幼女「なーに勝手に勘違いしてくれちゃってんですかねぇ」

姉「嘘なんだろ…」

幼女「私嘘つかないです」エッヘン

姉「……」

幼女「…悲しそうな顔しないでください。調子が狂ってしまいます」

姉「…おまえ」

幼女「また近いうちにお会いしましょう」シュン

姉「……馬鹿野郎」


379 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:00:19.70 ID:oCZpEw+Do
幼女「こんばんは~」ヒョコ

 「わっ!…びくっりした~」

幼女「ふふ、ごめんなさいです~」

 「お嬢ちゃんこんな時間にどうしたの?迷子?」

幼女「実は、お兄さんに頼み事がありまして」

 「もしかしてお母さん探してほしいとか?」

幼女「ブー。ハズレです」

 「え?」

幼女「もっとイイコトですよ」ピトッ

 「ッ!?」


380 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:01:03.53 ID:oCZpEw+Do
幼女「えへへ♪」スリスリ

 「さ、寒いのかな!?なら俺のホッカイロ貸してあげるよ!」

幼女「こっちのほうが温かいです~」ギュウ

 「ひゃっ!?」

幼女「なかなかかわいい声出すのですね」

 「お、お嬢ちゃんは…一体…」

幼女「気になります?気になっちゃいますよね~」

幼女「実はですね、私――」


381 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:02:18.51 ID:oCZpEw+Do
 
 




                    幼女「魔法使いなのです」




                                          
                                                 
                                                    完




382 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/28(火) 00:10:03.27 ID:oCZpEw+Do
ここまで読んでくれた皆様、真にありがとうございました!
まだ続きそうだけど、ひとまずこれにておしまい

余談だけど、おふざけの次回予告は所々盛大なネタバレになってたりします
男が死ぬとかね!幼女が実は悪い人だっとか!
後僕はまどマギも好きですが、エルフェンちょんぱも大好きです!


383 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/28(火) 00:12:15.05 ID:YdRu1qtIO
おつ
続きがあるなら読みたいな


384 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank)[sage]投稿日:2012/02/28(火) 00:18:36.00 ID:4RArnPm3o

今パッと見直したらすげぇなこれ
ただの幼女スレかと思ってたのによく考えると前半の姉のセリフとか伏線あったのかよ


385 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府)[sage]投稿日:2012/02/28(火) 00:54:15.21 ID:EnYCafAko
超乙!
バッドエンドの様なトゥルーエンドって感じか…
タイトルに騙されて面白い作品に出合うのは気分がいいな

ひとまず?期待していいのかな


386 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方)[sage]投稿日:2012/02/28(火) 01:57:53.07 ID:FZX1HnX20

続き期待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

関連記事
[ 2012/03/06 20:08 ] 幼女「」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/482-7f8e7015

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ