FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幼女「魔法使いなのです」3/5


幼女「魔法使いなのです」



164 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:10:36.71 ID:ypYzaXENo
 
 第六話




                      「兆候」




                                          
                                                 
                                                    


165 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:11:03.39 ID:ypYzaXENo
姉「まだ痛むか?」

男「い、いえ…」

姉「そうか」

男「……」

姉「……」

男(なんでお姉さんに膝枕されてるんだろ…)







元スレ
幼女「魔法使いなのです」
[SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServise掲示板]




166 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:11:59.47 ID:ypYzaXENo
~一時間前~

男「出かける?」

幼女「ちょいと野暮用なのです」

妹「ボクも今日はお出かけするから」

男「そうなの?」

妹「定期報告の書類を提出しないといけないんだ」

男「定期報告たってここ数週間は何もなかったろ」

妹「それでもさ。仕事だからね」

幼女「今日一日お留守番をお願いしますです」

男「ん、了解」

幼女「行ってきますです」

妹「行ってきま~す」

男「行ってらっしゃい」


167 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:12:55.26 ID:ypYzaXENo
男「……」

男(暇になっちゃったな)

男(予定もないし、たまには暇を持て余すってのも悪くないか)

男「……」

男(でも、どうせならあの二人がいないときにしか出来ないことをすべきじゃないか?)

男「……」

男「よし、まずはAV鑑賞だっ!!」


168 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:13:26.58 ID:ypYzaXENo
~AV鑑賞中~

男「…うむ」

男「ほう?ここでこうきますか……」

男「おぉう!?」

男「……」

男「おぅ…おぅ…」

男「男優の尻は映すなっつってんだろ!!」

姉「邪魔するぞ」

男「おぁああああああああああああああああああ!!」


169 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:13:56.28 ID:ypYzaXENo
姉「ど、どうした?」

男「ようこそおいで下さいました」

姉「なぜ下着姿なのだ」

男「暑かったので」

姉「今は冬だぞ」

男「心が暑かったんです」

姉(意味が分からない)

男「あ、お茶淹れますね」

姉「…ああ」


170 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:14:32.53 ID:ypYzaXENo
男「どうぞ」

姉「ありがとう」ズズ

男「どうですか?」

姉「熱過ぎず、温過ぎず、まさに適温だ」

男「お煎餅もありますよ」

姉「お茶にお煎餅とは、これまた憎い組み合わせだな」バリバリ

男(意外と年寄り臭い人だな)


171 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:15:56.27 ID:ypYzaXENo
姉「ついつい食べ過ぎてしまった」

男「喜んでもらえてよかったです」

姉「お茶、おいしかったぞ。邪魔したな」

男「あの…」

姉「なんだ?」

男「用事があって家にきたんじゃないんですか?」

姉「……」

男「…?」

姉「今言おうとしたところだ」

男(帰るところでした)


172 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:17:37.27 ID:ypYzaXENo
姉「妹の様子を見に来たんだ。いないようだが、出かけているのか?」

男「定期報告とかで」

姉「定期報告?」

男「はい」

姉「……」

男「どうかしたんですか?」

姉「なんでもない。気にしないでくれ」

男「ついでに言うと、幼女もいないんです」

男「野暮用だそうですけど、お姉さんは何か知りませんか?」

姉「さてな。だが、どうせロクなことじゃないだろう」

男「あはは、俺もそんな気がします」


173 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:18:21.68 ID:ypYzaXENo
男「…ッ」フラッ

姉「どうした?」

男「な、なんでもないです」

姉「なんでもないワケがないだろう。すごい汗だ」

男「実は…頭痛が…」

姉「風邪か?」

男「分かりません…ッ…」

男(体が熱い…喉が渇く…立っていられな――)

姉「お、おい!」


174 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:19:06.35 ID:ypYzaXENo



男(そっか、あのまま倒れたんだ)

姉「急に倒れるから驚いたぞ」

男「心配かけてすみません」

姉「立てるか」

男「えと…」

姉「なんだ?私の膝枕がそんなに気に入ったのか?」

男「ち、違いますよ!」

姉「そうハッキリ言われると傷つくな」

男「へ!?」

姉「クク、冗談だ」


175 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:19:37.07 ID:ypYzaXENo
姉「なかなか笑える間抜け顔だったぞ」

男「ひどいですよ」

姉「クク、いや、すまん」

男「……」

姉「…ククク」

男(前から思ってたけど…お姉さんおっぱい大きいなー…)


176 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:20:29.63 ID:ypYzaXENo
男(笑うたびにプルルンして堪らん)

姉「ハァ、笑いすぎてお腹が痛い」

男「……」

姉「さっきからダンマリじゃないか」

男「そ、そうですか?」

姉「……ふむ」

男「…あの」

姉「私の胸が気になるか」

男「そ、そんなことは!」

姉「クク、体は正直だな」

男(ジョニーが立った!ジョニーが立ったー!!)


177 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:21:15.35 ID:ypYzaXENo
男「すみません!」バッ

姉「なぜ逃げる」

男「それは…」

姉「処理してやってもいいぞ」

男「は?」

姉「手がいいか?それとも舌か?」ベー

男「ッ!!」

姉「胸に挟む、というのもある。しかし、アレは本当に気持ちのよいものなのか?」

男「か、からかわないでくださいよ!」


178 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:21:52.80 ID:ypYzaXENo
姉「私は本気だ」

男「なん…で…」

姉「つらいのだろう?無理をすることはない…」

男「……ッ」

姉「……」

幼馴染「お邪魔するわよー」ガチャ

男「!?」

姉「……」

幼馴染「…本当にお邪魔だったみたいね」

男「ち、違う!この人は!」

幼馴染「ごめんなさい…」タタッ

男「待って!」


179 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:22:36.91 ID:ypYzaXENo
姉「どうやら勘違いをさせてしまったようだな」

男「……」

姉「まぁいいさ。彼女のことは放っておけばいい」

姉「それより、私と――」ギュゥ

男「お姉さん…」

姉「その気になったのか?」

男「ごめんなさい!」ダッ

姉「……」


180 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:24:36.29 ID:ypYzaXENo
姉「私だ。今出て行った。手はずどおりに頼む」

姉「そうだ、66番を使う。転移先に人払いの結界を」

姉「また連絡する。通信終了」

姉「……」

姉「……すまない」


181 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:25:32.99 ID:ypYzaXENo
 
 第六話




                      「兆候」




                                          
                                                 
                                                    了


182 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/01(水) 21:28:12.79 ID:ypYzaXENo
~次回予告~

………………………………………

…………………………………

……………………………………………

次回「胎動」

………………


189 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:28:07.03 ID:Zg/KzjHyo
 
 第七話




                      「胎動」




                                          
                                                 
                                                    


190 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:28:38.95 ID:Zg/KzjHyo
男「ただいま」

幼馴染「お風呂にしますか?お食事にしますか?」

男「じゃあご飯!」

幼馴染「今日はサンマが安かったので、焼き魚にしてみたんですよ」

男「え?これ泥団子だよ?」

幼馴染「サンマ!」

男「泥団子…」

幼馴染「おままごとなんだから、これでいーの!!」ポカッ

男「いたっ!」


191 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:29:07.44 ID:Zg/KzjHyo
男「たまには違う遊びしよーよー。おままごと飽きたよー」

幼馴染「違う遊びってなによ」

男「うーんとね、僕はクダクンジャーごっこがいいなぁ」

幼馴染「あたし知らないもん」

男「きっと楽しいよ!僕がリーダーのレッドやるから、幼馴染ちゃんはテレビバエね!」

幼馴染「な、なによそれぇ!」

男「テレビとハエのゆーごーモンスターだよ」

幼馴染「絶対に嫌!おままごとやる!」

男「え~」

幼馴染「つべこべ言わずやるの!」ポカッ

男「ひどいっ!」


192 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:29:40.95 ID:Zg/KzjHyo
男「ねー、なんでいっつもおままごとなの?」

幼馴染「……」

男「…?」

幼馴染「…練習」

男「??」

幼馴染「…約束したでしょ」

男「?…一緒にお風呂入る約束?」

幼馴染「ちちち違うわよ!ばかぁ~!!」

男「やめてよ幼馴染ちゃん!それで殴られたら死んじゃうよ!?」

幼馴染「うわぁ~ん!」ブン

男「わぁああ!!」

――

――――


193 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:30:54.09 ID:Zg/KzjHyo
~公園~

幼馴染「…覚えてないだろうなぁ、あいつ」

幼馴染「……ハァ」

男「何の話?」

幼馴染「ッ!?」

男「ちょ、逃げるなよ!さっきのは誤解なんだってば」

幼馴染「何が誤解よ。誰がどうみてもいい雰囲気だったじゃない」

男「あの人は妹のお姉さんだから」

幼馴染「妹ちゃんのお姉さんに手を出すなんて最低ね」

男「だから誤解なんだよ」


194 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:31:29.08 ID:Zg/KzjHyo
男「からかわれてただけなんだ」

幼馴染「…ふーん」

男「信じてくれよ」

幼馴染「……信じる」

男「だから―…え?」

幼馴染「信じてあげるって言ってるの」

男「……」

幼馴染「不服そうね。まだ疑ってほしかったの?」

男「あ、いや…」

幼馴染「…ふん」


195 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:31:56.92 ID:Zg/KzjHyo
幼馴染「……」

男「あのさ、怒らないで聞いてほしいんだけど」

幼馴染「質問の内容によるわ」

男「やっぱりやめときます」

幼馴染「気になるじゃない。…言いなさい、よっ!」コチョコチョ

男「あははは!く、くすぐるの…ひひひ!きき禁止~!!」

幼馴染「は~け~!」コチョコチョ

男「はははは!い、言う!言います!」


196 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:32:26.44 ID:Zg/KzjHyo
幼馴染「で、なんなの?」

男「やけにあっさり信じてくれたから、なんでかなーと…」

幼馴染「……」

男「…?」

幼馴染「追いかけてきてくれたでしょ」

男「あ、うん」

幼馴染「だから、かな」

男「…そっか」

幼馴染「あたしからも質問」

男「?」

幼馴染「どうして…追いかけてきてくれたの……」


197 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:32:59.88 ID:Zg/KzjHyo
男「……」

幼馴染「早く答えなさいよ」

男「なんでだろ?」

幼馴染「はぁ?」

男「出て行く幼馴染を見たら、追いかけなくちゃって思ったんだよ」

幼馴染「そ、そう…」

男「うん」

幼馴染「……」

男「……」

幼馴染「……ふふ」

男「な、なに?」

幼馴染「ううん、なんでもない。そっかそっかー」

男「なんだよそれ…」


198 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:33:37.81 ID:Zg/KzjHyo
男「ッ!!」

幼馴染「?…どうしたの?」

男(周りの音が消えた…この感じ、前にもどこかで…)

幼馴染「男?」

男(まさか!)


199 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:34:25.79 ID:Zg/KzjHyo
鬼「……」ギロッ

幼馴染「な、何よあれ…いつの間にあんな……」

男(転移魔法!?とにかく、こいつを逃がさないと)

幼馴染「え、映画の撮影か何かよね?そうでしょ!?ねぇ!」

男「…俺が注意を引き付ける」

幼馴染「え?」

男「その隙に逃げろ」

幼馴染「アンタはどうするのよ!」

男「後から追いかける」

幼馴染「でも!」

男「頼むよ」

幼馴染「…男」


200 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:35:18.85 ID:Zg/KzjHyo
男「おい、何処見てんだ間抜け!」

鬼「……」

男「今のうちに!」

幼馴染「ちゃんと追いかけてきなさいよね、馬鹿!」タタッ

男「こっちだこっち!」

鬼「ウォオオオオオオオオオオオ!!」

男(!…なんて馬鹿でかい声だ)

鬼「……」ギロッ

男(やば!俺も逃げないと!)ダッ


201 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:35:48.42 ID:Zg/KzjHyo
鬼「……」ダダッ

男(!?…俺に見向きもしない…狙いは最初から――)

幼馴染「きゃあああ!!」

男「くそっ!!」


202 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:36:18.45 ID:Zg/KzjHyo
鬼「……」

幼馴染「う、ぐ!は、離しなさいよ、化物!」

鬼「……」ジー

男「そいつに手を出すんじゃねぇええ!」

鬼「……」ブン

男「ぐっ!?」ズザザー

幼馴染「男ォ!!」

男「うぅ……はぁ…はぁ…!」

幼馴染「平気なの!?」

男「い、今…助けるから…」フラッ

男(足が…動かない…)


203 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:37:02.98 ID:Zg/KzjHyo
鬼「……」クンクン

幼馴染「やぁ!」ジタバタ

男「お、おい!俺はまだ生きてるぞ!」

鬼「……」

幼馴染「お、男、たすけ――」ボギャッ

男「……は?」

鬼「……」ニタァ

幼馴染「…………」

男「え?あ?」

鬼「ゲハッ!ゲハハハハ!!」

男「…ぁ…あ、あ」


204 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:38:05.28 ID:Zg/KzjHyo
妹「転移完了、目標視認!これより掃討します!」シュン

妹「おにぃ、怪我はない!?」

男「幼馴染…幼馴染…」

妹「ッ!!」

幼馴染「…………」

妹「頭が…」

鬼「……」ギロッ

妹「絶対に…許さない…!」


205 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:39:19.47 ID:Zg/KzjHyo
鬼「……」ダッ

妹(速いッ!!)

鬼「オォオオ!」ヴォン

妹「くっ!」ガギン!

鬼「……」

妹(ボクのシールドが一撃で…なんて出鱈目な力…)

鬼「……」ニタァ

妹(近接戦闘は不利。なら遠距離攻撃で潰す!)

妹「いっけぇええ!」ドドド


206 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:39:59.95 ID:Zg/KzjHyo
鬼「…ム…ダ」カキン

妹「シールド!?鬼が魔法を使うなんてありえないよ!」

鬼「……」ダッ

妹「ッ!?」

鬼「ツカマエ…タ…」ギチッ

妹「ふぁああ!!」

鬼「ゲゲゲ!」


207 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:40:25.43 ID:Zg/KzjHyo
幼馴染「…………」

男「なんで…なんでぇ…」

男「ぁあ…う……」

妹「ふぁああ!」

男「ッ!」


208 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:42:07.27 ID:Zg/KzjHyo
男「妹ォ!」

妹「お、にぃ…逃げ…て…」

男「い、い、いやだ。た、助けるんだ、今度は絶対…助けるんだ…」

妹「…おにぃ」

鬼「……」ビリビリ

妹「ッ!?」

鬼「……」ニタァ

妹(……こいつ…ボクを犯す気なんだ)

男「やめろよ…な、何してんだよ…!」

妹「ボクは大丈夫…大丈夫、だよ…」ニコッ

妹「きっとお姉ちゃんが助けに来てくれるから…だから、逃げて…」

男「い、いやだ!」


209 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:42:40.09 ID:Zg/KzjHyo
妹「…はぁ…はぁ」

鬼「……」ギロッ

妹「ひっ!」

鬼「…ゲハ…ゲハハ!」

妹「うぅ…やだぁ…怖いよぉ……」

男(なんで足が動かないんだよ!クソクソクソ!)

鬼「……」

妹「助けてぇ…おにぃ…お姉ちゃ――」

男「……ぁ」


210 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:43:07.79 ID:Zg/KzjHyo
鬼「が…あががが…!」

幼女「ごめんなさいです、遅れました」

男「幼女…」

鬼「ギッ!?」

幼女「両腕を切り落としてもまだ死にませんか。頑丈するぎるのも困りものですね」ヒュッ

鬼「!……」バターン

幼女「お掃除おしまいなのです」ニコッ


211 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:43:49.35 ID:Zg/KzjHyo
幼女「立てますか?」

男「い、妹!」

妹「……」

幼女「気を失っているだけです。しばらくすれば目を覚ますでしょう」

男「よかった」

幼女「処女膜が無事でよかったのです」

男「……」

幼女「冗談ですよ。しかし、お姉ちゃんは残念でした。来るのがもう少し早ければ――」

男「――だよ」

幼女「はい?」

男「なんで、もっと早く来てくれなかったんだよ」

幼女「……」


212 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:46:58.16 ID:Zg/KzjHyo
男「お、おまえが早く来てくれれば!こんなことにならなかったんだ!」

幼女「……」

男「鬼を一撃で倒せるほど強いなら、妹だって!」

男「おまえが!」

幼女「あなたが弱いからこうなったんです」

男「ッ!?」

幼女「お礼を言われて当然なのに、よくそんなことが言えますね」

幼女「私が来なかったらあなたもそこで寝てる新米も死んでいました。違いますか?」

男「だ、だけど」

幼女「まだ私に責任転嫁するつもりですか。幼馴染が死んだのはあなたのせいでしょう」

男「…え」

幼女「全てあなたのせいです。あなたが雑魚だからです」

男「…俺のせい」

幼女「そうですよ、雑魚のお兄ちゃん♪」

男「ち、違う…俺じゃ…俺じゃない…」

幼女「次は現実逃避ですか。やれやれなのです」


213 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:47:25.62 ID:Zg/KzjHyo
姉「これは、これはどういうことだ!!」

幼女「おや、猫舌の隊長さんじゃないですか。こんにちは」

姉「どういうことかと聞いている!!」

幼女「にゃーにゃー喚かないでください。耳障りです」

姉「……」

幼女「まぁ、いいでしょう。特別に教えてあげます。あなたとは付き合いも長いですから」


214 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:56:35.97 ID:Zg/KzjHyo
幼女「――と、こういうわけです。彼女が死んだのは不幸な事故でした」

姉「不幸な事故だと?」

幼女「はい」

姉「ふざけるのもいい加減にしろ!私の妹も死にかけたのだぞ!?」

幼女「私が助けたじゃないですか」

姉「私が言いたいのはそういうことじゃない!」

幼女「では何だと言うのです?」

姉「あれは!おまえが始末したのは70番だ!」

幼女「……」

姉「なぜ70番を使った!?あれは妹の手には負えないジンキだと――」

幼女「……」ギロッ

姉「ッ!?」

幼女「そうです、そのままお口チャックしててくださいね」ニコォ

姉「くっ…」


215 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:57:20.22 ID:Zg/KzjHyo
幼女「私は雑魚のお兄ちゃんを家まで運びますので、新米の方をお願いしますです」

姉「……」

幼女「お返事がないのです」

姉「……分かった」

幼女「それでは」シュン


216 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:57:49.72 ID:Zg/KzjHyo
幼女「…」シュン

姉「まだ何か用か」

幼女「言い忘れてたことがありました」

幼女「首ちょんぱとお化けのお片づけもお願いしますね」ニコッ

姉「貴様ァ!」

幼女「ふぇぇ…猫舌怖いよぉ…」シュン

姉「……」


218 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 13:59:48.59 ID:Zg/KzjHyo
姉(妹を守るために、どんなことでもするつもりでいた…)

姉(…人を殺すことになっても、必ず守ると誓ったはずなのに)

姉(胸が痛い…自分がこんなに弱いなんて、知らなかった…)

姉「父さん、母さん、私は…どうすればいいんだ…」


219 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 14:00:31.46 ID:Zg/KzjHyo
 
 第七話




                      「胎動」




                                          
                                                 
                                                    了



221 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]投稿日:2012/02/04(土) 14:06:05.50 ID:Zg/KzjHyo
~次回予告~
………………………………………

…………………………………

……………………………………………

次回「贖罪」

………………


226 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県)[sage]投稿日:2012/02/04(土) 18:37:38.88 ID:Pa8Wj2IQo
回想は負けフラグというのは本当だったんだな
おままごとェ...


227 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/04(土) 20:32:51.63 ID:CgndCHfho
絶対に許さない!!!


228 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/04(土) 20:55:18.00 ID:U7NN4XYIO
ハーレムだと思って油断してたぜぇ…


230 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府)[sage]投稿日:2012/02/04(土) 23:57:33.13 ID:Lv0TsQLjo

どういう事だ…幼馴染が…え…?
幼女の態度といい…続き読みてぇ

昨日投下なら豆まきで退治出来たのになww


232 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/08(水) 23:58:07.43 ID:bpUXL5pQo
 
 第八話




                      「贖罪」




                                          
                                                 
                                                    



233 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/08(水) 23:58:50.60 ID:bpUXL5pQo
幼馴染「ひっく…うぅ…!」

男「どーしたの?」

幼馴染「うぇぇん!」

男「なんで泣いてるの?」

幼馴染「…ないの」

男「?」

幼馴染「見つからないの」

男「お菓子がないの?」

幼馴染「…ちがう」


234 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/08(水) 23:59:32.10 ID:bpUXL5pQo
男「よく分かんないけど、僕も探すの手伝うよ!」

幼馴染「ない…ないよぉ…」

男「あ、分かった!おもちゃが見つからないんでしょ?」

幼馴染「…ちがう」

男「…うー」

幼馴染「見つからない…」

男「ねーねー、何落としたのー?」

幼馴染「……」


235 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/09(木) 00:00:16.65 ID:ocePF3pHo
幼馴染「はな」

男「お花?それならあっちにたくさん咲いてるよ!」

幼馴染「め」

男「……え?」

幼馴染「みみ」

男「…ぁ…あ」

幼馴染「私の頭」

男「ああああああああああああああああああ!!!!」

――

――――


236 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/09(木) 00:01:08.54 ID:ocePF3pHo
男「ッ!?」ガバッ

幼女「おはようです、お兄ちゃん。爽やかなお目覚めですね」ニコッ

男「……」

幼女「ご飯出来てます。一緒に食べましょう」

男「…いい」

幼女「最近ロクに食べてないです。そのうち倒れてしまいますよ?」

男「……」

幼女「もぉ、また不貞寝ですかー?」


237 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/09(木) 00:01:55.23 ID:ocePF3pHo
幼女「いつまでそうしているつもりです」

男「……」

幼女「今のお兄ちゃんを見たら、お姉ちゃん悲しみますよ?」

男「ッ!」

幼女「成仏しようにも、お兄ちゃんが心配で成仏できません」

幼女「でもあんな死に方じゃあ、成仏なんて無理ですかね~」

男「おまえ!」

幼女「ふぇぇ…お兄ちゃん怖いよぉ…」

男「…ッ」

幼女「はい、起きたとこでご飯にしましょー」

男「……」


238 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/09(木) 00:02:28.76 ID:ocePF3pHo
幼女「今日のは自信作なのです」

男「……」モグモグ

幼女「いかがです?」

男「…ああ」

幼女「おいしーですか?」

男「…ああ」

幼女「幼馴染のがうまかったなぁ、なんて思ってません?」

男「……」

幼女「?」

男「くっ…う…」

幼女「はわわ!?お、お兄ちゃん泣かないでください!」


239 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/09(木) 00:03:21.87 ID:ocePF3pHo
幼女「よしよし」ナデナデ

男「……」

幼女「落ち着きましたか?」

男「…ごめん」

幼女「いいのです。私は妹ですから、お兄ちゃんを元気付けるのは当たり前なのです」

男「……」

幼女「…お姉ちゃんのこと、忘れられませんか?」

男「忘れることなんて、出来ないよ」

幼女「もし、お姉ちゃんを生き返らせることが出来たら――」

男「出来るのか!?」

幼女「――お兄ちゃんはどうしますか?」

男「……」


240 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/09(木) 00:04:30.83 ID:ocePF3pHo
男「あいつと、もっと一緒にいたい」

幼女「……」

男「くだらないことで盛り上がって、笑い合って…それで…」

男「もし、生き返らせることが出来るなら、何でもする」

幼女「何でも?」

男「ああ」

幼女「それなりの覚悟はあるようですね」

男「もしかして、魔法で…」

幼女「そうです。魔法でお姉ちゃんを生き返らせることが出来ます」

男「!」

幼女「でも、まだ解読されていないのです」

男「…解読?」

幼女「魔道書にきっとあるはずです。死者を蘇らせる魔法が」


241 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/09(木) 00:05:36.71 ID:ocePF3pHo
幼女「魔道書は保守派の本部施設に保管されていますです」

男「どうすればいい…」

幼女「簡単なことです」

男「……奪う」

幼女「正解!お兄ちゃんに10ポイント進呈しましょー」

男「…けど」

幼女「何でもする、というのは嘘なのですか?」

男「…ッ」

幼女「まぁ、お兄ちゃんのような一般人が行けば間違いなく返り討ちでしょーねー」

男「じゃあ、どうすればいいんだよ!?」

幼女「なぜ自分で考えないのです」

男「…そ、それは」

幼女「すぐ人に頼る、人のせいにする。なぜです?」

男「…俺が……弱いから」

幼女「なら、することは一つなのですよ」

男「…?」

幼女「特訓して、強い魔法使いになればいいのです」ニコッ


242 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/09(木) 00:06:36.01 ID:ocePF3pHo
幼女「お兄ちゃんにはその素質があります」

男「……」

男「その力で奪うのか…」

幼女「はい♪」

男「…人を殺すことになるかもしれない」

幼女「強行突破するなら、止むを得ません」

男「こっそり盗み出すことは出来ないのか?前にお姉さんが姿を消す魔法をやってたろ」

幼女「なにせ本部ですから。あの程度の魔法はすぐに見破られてしまいます」

男「…そう、か」


243 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/09(木) 00:07:43.74 ID:ocePF3pHo
幼女「でも、私なら出来ないこともないです」

男「ほんとか!?」

幼女「戦闘は苦手ですが、諜報活動は得意なのですよ」

幼女「…ですが、私一人、というのはさすがにきびしーのです」

男「俺は、何をすればいい?」

幼女「騒ぎを起こしてください」

男「……」

幼女「要は魔法を使って派手に暴れまわってくれればいいのです」

幼女「その隙に私が盗み出します。お兄ちゃんは頃合を見計らってドロン」

男「素人の俺じゃ、あっさり捕まっちゃうじゃないか?」

幼女「そこそこいい線いくと思いますよ?」

男「……」

幼女「お兄ちゃんの頑張り次第ですね」


244 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/09(木) 00:08:23.62 ID:ocePF3pHo
男「一つ、教えてほしい」

幼女「何でしょう?」

男「幼女は、保守派の魔法使いだろ。俺が魔道書を盗んでいいのかよ?」

幼女「かまいません」

男「どうして?」

幼女「あんなものがあるから争いが起きるのです。いっそないほうがいいのですよ」

幼女「魔道書はこの世から抹消すべきなのです」

男「……」

幼女「でもその前に、大好きなお兄ちゃんのお願いを叶えてもバチは当たらないと思います」

男「…幼女…ありがとう」

幼女「お姉ちゃんのためにも頑張りましょう、お兄ちゃん♪」ニタァ


245 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/09(木) 00:09:36.64 ID:ocePF3pHo
姉「……」

 コンコン

妹「妹です」

姉「入れ」

妹「失礼します」ガチャッ

姉「……」

妹「用件というのは?」

姉「ああ、大したことじゃない…」

妹「……」

姉「その、元気がない、と思ってな」

妹「え?」

姉「他の者も言っていたぞ。最近笑わなくなったと…」

妹「そう、ですか…」


246 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/09(木) 00:10:29.25 ID:ocePF3pHo
妹「おねえちゃ――…た、隊長は、えと…」

姉「いい」

妹「…?」

姉「今はお姉ちゃんでいい。そう呼んで欲しい」

妹「……」

姉「た、ただし、今だけだ」

妹「お姉ちゃん!!」ギュッ

姉「……妹」ギュウ


247 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/09(木) 00:11:26.95 ID:ocePF3pHo
妹「…お姉ちゃん」

姉「なんだ?」

妹「ボク…守れなかった…。幼ちゃんのこと、守れなかったよ」

姉「……」

妹「到着するのがもう少し早ければ、幼ちゃんは死なずにすんだ」

姉「あの鬼はおまえの手に負えない強さだった」

妹「でも!」

姉「おまえも死ぬところだったんだぞ?」

妹「お、幼ちゃんを助けられるなら、ボクは死んでもいいよ!」


248 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/09(木) 00:11:53.96 ID:ocePF3pHo
姉「……」ギュッ

妹「…お姉ちゃん?」

姉「おまえにまで置いていかれたら、私はどうすればいいんだ」

妹「ッ!」

姉「私を…置いていかないでくれ…」

妹「ごめん、ごめんね、お姉ちゃん!」

姉「……」


249 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/09(木) 00:12:36.99 ID:ocePF3pHo
 
 第八話




                      「贖罪」




                                          
                                                 
                                                    了




250 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/09(木) 00:14:42.64 ID:ocePF3pHo
~次回予告~

還らぬ者…残された者…

次第に離れてゆく心…

…欺瞞という名の霧が、真実を覆い隠す

次回「胸裡」


254 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[sage]投稿日:2012/02/09(木) 01:49:47.74 ID:y/7M8eJso
幼女が人の皮を被ったナニカにしか見えねえぜ……
乙!


255 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage]投稿日:2012/02/09(木) 03:17:44.86 ID:7SdaVZf1o
乙~
きな臭くなってきたな…


関連記事
[ 2012/03/06 20:08 ] 幼女「」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/480-59c07f88

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ