FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「お、流れ星か。理想の彼女くださいっと」5/5


男「お、流れ星か。理想の彼女くださいっと」



340 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/14(土) 23:06:14.96 ID:7POqBmIE0

宴会後

男「大丈夫ー?」

女「う、うぅ・・・・・・ぎもぢわるい」

男「水持ってこようか?」

女「だ、ダメ。このままひざ枕ぁ」

男「わかった」ナデナデ

女「えへへ・・・・・・」

無垢女「悪い子はいねーがー!」

男「うおお!?誰か入ってきた!!」

無垢女「ひっく。おお!熱々カップル発見!これは悪い」

男「どこが!?」

無垢女「そんなあーたたちには、ひっく、コレ!」

男「この子お酒入ってるよ!?男友ーー!妹さん回収してー!」






元スレ
男「お、流れ星か。理想の彼女くださいっと」
[SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServise掲示板]



前 男「お、流れ星か。理想の妹をくださいっと」1/7
続き男「お、流れ星か。理想の幼馴染くださいっと」1/3



341 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/14(土) 23:07:12.44 ID:7POqBmIE0
無垢女「コレをプレゼント!」

男「何コレ・・・・・・ってゴムじゃん!!」

無垢女「旅館の女将さんからのープレゼンツ!」

男「ちょ、ダメだって!」

無垢女「そーは言いつつもぉ、相手さんはまんざらでもないでござるー」

男「え?」

女「私は寝てるよー」///

男「えぇぇ」

無垢女「据え膳食わぬは男の・・・・・・何だっけ。まあとにかくそう言うじゃん!」

男「恥だよ、恥」

無垢女「え?あなた恥てるの?何に?生きてる事?」

男「もうなんだよこの子おおおおおおお!!」



342 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/14(土) 23:07:48.07 ID:7POqBmIE0
男友「あ、こんなところに居た無垢女!」

無垢女「あ。お兄ちゃ~ん!!」ダキッ

男友「すまない。お楽しみ中にうちの妹が迷惑かけたな」

男「あ、や、別にお楽しみ中じゃないし」

男友「大丈夫。わかってるって」

男「全然分かってないよ!?」

男友「ほら、部屋戻るぞ」

無垢女「はぁ~い!」

バタン



343 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/14(土) 23:08:36.53 ID:7POqBmIE0
男「一体何だったんだ・・・・・・あ、コレ落としていってる」

女「ねえ。これなに?」

男「絶対知ってるでしょ?さっき顔真っ赤にしてたもんね」

女「し、知らない」///

男「ほら知ってる」

女「知らないもん。・・・・・・だから、コレの使い方教えて?」

男「え・・・・・・?そ、それって・・・・・・」

女「わ、私は無知だから、教えてもらうことであれば何でも嬉しいのだー」

男「・・・・・・・・・・・・・・・・・・よし」

女「いつでも、いいよ」

男「オ、オッケー・・・・・・じゃあキスからしよう、か?」

女「うん・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・んー」ドキドキ

女「・・・・・・・・・・・・」ドキドキ



344 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/14(土) 23:09:11.74 ID:7POqBmIE0
男「(女さんの・・・・・・くちびる)」

女「!!ま、待って!!」

男「え?」

女「おえええええええええ!!」

男「あ、あっぶねええええええ!!!」

女「ぅぷ・・・・・・・・・・・・ああ」

男「あは、は。とりあえず、フロントから掃除用具もらって来るよ」

女「・・・・・・・・・・・・ごめんね」



345 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/14(土) 23:09:44.67 ID:7POqBmIE0
ドアの外

男友「SHIT!無垢女に酔った振りさせて、いい雰囲気になる道具落として行く作戦が!」

無垢女「まさかゲロゲロしちゃうとはね」

男友「まあ逆に考えて、ゲロを見せ合う仲になったわけだ」

無垢女「そんなの無いよ」

男友「よし。これであの2人は安泰だな」

ボーイ女「少女待てぇぇぇぇ!!」ダッ

少女「い、いい加減お酒切れてよおおおおお!!」ダッ

男友「・・・・・・うむ。あちらも安泰だな」

無垢女「あとは、お兄ちゃんだけだね」

男友「は?」

無垢女「ほい。ま、頑張りな」

男友「・・・・・・ゴム」

無垢女「じゃあ部屋に戻るねっ!」ダッ

男友「・・・・・・のヤロォ。大人ぶりやがって。・・・・・・もしかしてたかしともう?」

男友「考えたくねええええええ!!」

男友「こんなもん要らねーよっ!!」ダッ

男友「うあああああああああん!!」



355 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/17(火) 23:00:02.84 ID:YsFB2N7y0

3週間後、女宅

男「・・・・・・・・・・・・」ドキドキ

女父「・・・・・・・・・・・・」

女母「」ニコニコ

女「」ドキドキ

男「あ、あの」

女父「すまないが、茶の代わりをくれないか」

女母「はい。今すぐに」

男「・・・・・・・・・・・・」

女母「どうぞ。あなたも」

女父「うむ」

男「あ、すみません」

女父「・・・・・・・・・・・・」ズズズ

男「(た、耐えきれない)」

女「(うわあ。明らかに緊張してる。私もドキドキしてるよ)」



356 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/17(火) 23:01:16.95 ID:YsFB2N7y0
女父「さ、て」

男「!!」

女父「1ヶ月前、随分大変なことがあったな」

男「は、はい・・・・・・そ、それはこちらの責任でありまして」

女父「その様な事を言っているわけではない」

男「で、ではどういう事でしょうか」

女父「実は今まで幹部だったのだが、その縁をもって実務長という座を社長から頂いた」

男「実務長とは・・・・・・?」

女父「簡単に言うと、会議で社長の横に座っておくという仕事だ」

男「(な、なるほど。威圧感たっぷりだもんな。話を有利に進められるわけだ)」

女父「仕事は定時に終わり、娘と触れ合える時間が増えた」

男「そ、それは良かったです」



357 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/17(火) 23:03:47.11 ID:YsFB2N7y0
女父「・・・・・・・・・・・・君には感謝している」

男「・・・・・・・・・・・・え?」

女父「頭が固かったのは私の方だった。娘の幸せと思っていたのは全て私のエゴイズムでしかなかった。それを君が気づかせてくれたよ」

男「そそそそそそんな事無いですよ!むしろ自分は悪い役ですし!」

女父「では、娘を拘束していた過去の私は大犯罪者だ」

女「そんな事無いよ、お父さん」

女父「いや。この場で謝らせて欲しい」

女父「すまなかった・・・・・・!」

女母「ふふ。どうやら一件落着のようですね」

男「と、言う事は・・・・・・」

女父「君を喜んで娘の婿として迎えよう」

男「あ、ありがとうござ・・・・・・婿っ!?」

女父「なんだ、貴様。娘とは一時の関係でしかいられないと言うのか?」



358 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/17(火) 23:05:41.66 ID:YsFB2N7y0
男「め、滅相もございません!ゆくゆくは墓場まで!」

女父「貴様に娘はやらん!」

男「えぇぇ・・・・・・」

女母「それがやりたかっただけでしょう?」クスクス

女父「ふむ。まだ早かったか?」

女「お、お父さん・・・・・・///」

女父「社長の話を聞くと、君は勤勉で真面目な性格らしいな。だったら文句も言えまい」

男「ありがとう・・・・・・ございます!」

女「やったー!!晴れて親公認だー!!これで何でも出来るね男くん!」

男「いや何でもってわけじゃ・・・・・・」

女父「言っておくが」

男「ひぃ!?」

女父「結婚までは、娘には清い体でいてもらう」

男「そ、それは重々承知です!」



359 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/17(火) 23:06:39.80 ID:YsFB2N7y0
女「えー」

女父「お前はもっと慎みなさい」

女母「欲求不満は自分で慰めてくださいね。それが嫌なら早く娘を貰ってくださいね」

男「あ、女母さんもなかなかアレですね・・・・・・」

女母「ふふ。アレとは何ですか?」ニコニコ

男「ひぃ!?」

女「お母さん。今なら笑顔で人を殺せそう・・・・・・」

女父「まあ何はともあれ、めでたき日だ。一杯どうだ?」

男「酌、させてもらいます」

女母「今、準備しますね」

女父「女、お前も呑めるようになったのだろう?」

女「バッチリ!」



360 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/17(火) 23:07:14.70 ID:YsFB2N7y0
男「い、いや女さんはやめとこうよ」

女「何で?」

男「と、とにかく。ていうかあの時の記憶がないのかな?」

女「どうしたの?」

男「じゃ、じゃあちょこっとだけ呑んだら?」

女「うん。そのつもり」

女母「この人はロック派なんです。男さんもそれでいいですよね?」

男「大丈夫です」

女父「では、乾杯」

全員「かんぱ~い!」

カコン



361 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/17(火) 23:08:06.28 ID:YsFB2N7y0

1時間後

女父「それでな、私は言ってやったんだ!『童貞を守れずして、何を守れるか』と!まあ、社長からの受け売りなんだがな!ガハハハハ」

女「男くーーーーーーーん!だーーい好きぃぃぃ!!」

男「2人とも、それは壁です」

女母「あなたはお酒に強いのね」

男「いえ。もう倒れそうです」

女母「やっぱりあの2人は似てるわね」

男「賑やかで楽しそうですね」

女母「そこにあなたが加わるのよ。あ、そうか。あなたは中心になる方か」

男「話が飛びすぎですよ」

女母「いいえ。婿様には今のうちから親しくしておかないとね」



362 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/17(火) 23:08:38.80 ID:YsFB2N7y0
男「・・・・・・俺が女さんを絶対に幸せにします」

女母「あなたも。あなたも幸せになるのよ」

男「・・・・・・ありがとうございます」

女母「じゃあちょっとお礼ついでに、私の事を『お義母さん』と呼んでくれませんか?」

男「え、あ、はい。お義母さん」

女母「ふふ。たまりませんね」

男「やっぱりアレですね」

女「おーとーこーくーーーーーん!!」

女父「ガハハハハハハハ!!」



363 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/17(火) 23:09:47.42 ID:YsFB2N7y0

同時刻、ティーショップ

姉「最近サンさんを見てないんだけど?」

店員「そう言えばそうだね」

姉「うーむ。今日がXデー何だけど、成功すりゃ、ウチは自由になるのに」

店員「うまくいきそうかい?」

姉「うん。信じてるよ」

店員「さて。今日のオススメは決めてないんだ、常連さん」

姉「じゃあコーヒー」

店員「ティーショップに来てコーヒーを頼むのはあなたくらいだ」クスクス

姉「ねえ。やっぱり監査人してた時、辛かった?」

店員「半々、かな。監査人としてどう運命が転ぼうと見届ける気でいたが、やはりうまくいってほしいと願ってしまうからね」

姉「辛きものよな」



364 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/17(火) 23:11:00.73 ID:YsFB2N7y0
カランカラン

男友「あ、先客」

姉「や」

大人女「こんにちはですわ」

店員「いらっしゃい。コーヒーでいいかい?」

男友「なぜにティーショップでコーヒー?」

大人女「まあいいではないですか。たまには趣向を変えることも重要ですわ」

姉「それで、社長さんはデートですか?」

男友「ん。まあね。何でも大人女が今日デートしたいって」

姉「そうかー。ウチも今日がうまくいったら、彼氏とイチャイチャしようっと」

男友「ああ、今日か」

大人女「大丈夫です。ね、お兄様」

男友「そりゃそうだろ。あの人も随分考え方が変わったみたいだし」



365 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/17(火) 23:13:13.10 ID:YsFB2N7y0
店員「コーヒーがはいったよ」

男友「あ、どうも」

店員「思い出すね、3年前」

男友「いやー。店員さんには叱咤激励されましたよ」

姉「ねえ、何で年上のウチには敬語じゃなくて、同年の店員さんには敬語なの?」

男友「敬語、敬語言うなって。敬語をアイデンティティにしてるやつもいるんだから」

大人女「敬語女のことかーーーーーー!!!ですわ」

店員「そして目覚める、超流星人」

姉「って、話を流さないでよ。ウチは年長者なの。敬語を使って敬いなさい」

男友「最近、年取ったせいか、メイクのノリが悪いのよ」

姉「そうそう。ケアも大変・・・・・・ってウチはまだ20代だーーー!!」



366 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/17(火) 23:14:01.81 ID:YsFB2N7y0
シュワワワン

姉「お?」

店員「監査人を解約・・・・・・ということは」

男友「うまくいったみたいだな」

大人女「よかったですね」

姉「やったーーーー!!」

店員「おめでとう!ここはひとつ祝いの桜茶でも準備しよう」

姉「ありがとー!」

大人女「あ、それ、もう2つ準備していただけますか?」

店員「?構わないけど?」



367 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/17(火) 23:14:39.97 ID:YsFB2N7y0
男友「ああ、祝い事を共有しようということか」

大人女「違いますわ」

男友「??じゃあどういうことだ?」

店員「さ、淹れたよ」

大人女「お兄様」

男友「何だ?」

大人女「デキちゃいました」

男友「え?」




376 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:00:51.31 ID:OpSQ/gF10

男「で、なんでそんなゲッソリしてるの?」

男友「うぅ・・・・・・大学どうしよっかな」

男「なに?辞めちゃうの?」

男友「俺は生活だけは質素にしてるからな、今の稼ぎだと食わせていけないんだよ」

男「6人家族だっけ?」

男友「1人追加~」

男「??」

男友「ま、頑張るに越したことは無いか」

男「そもそも、会社経営してるなら経済学くらい実践でどうにかなるじゃん」

男友「いや、大学はきちんと行きたいなって。俺の学力だとここが限界」

男「将来安定羨ましい」



377 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:02:48.91 ID:OpSQ/gF10
男友「言っとくけど、就職なくてもうちじゃ雇わないぞ?」

男「ガーン!」

男友「愛のムチだ」

男「俺に頑張れって言いたいの?」

男友「当たり前だろ。親友」

男「それはお互い様じゃん?」

男友「最近どうよ?」

男「女父さん・・・・・・お義父さんと仲良くなった」

男友「あっはっは!あの人、酒弱いくせに大酒豪だから注意しとけよ!」

男「既に酌を交わしました」

男友「どっちが先に落ちた?」

男「お義父さん」

男友「ああ、一昨日機嫌が悪かったのはそのせいか」

男「え、何?負けちゃダメだったの!?」

男友「接待モードを早いうちに使えるようになりな」

男「・・・・・・精進します」

男友「頑張れ」



378 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:03:53.94 ID:OpSQ/gF10
男「・・・・・・いろいろ、あったな」

男友「世界は変わったか?」

男「170度変わった」

男友「あと10度は?」

男「プロポーズ」

男友「10度埋まるのは、まだまだ先っぽいな」

男「まずは大学をキチンと卒業して、いい会社・・・・・・って訳じゃ無いけど、女を食っていかせれるようにならないと」

男友「そこまでが大変なんだがな」

男「いいよなー。コネって」

男友「バカ野郎。俺は普通面接で入試したし。去年まで社長の息子ってこと隠してたわ」

男「昇格早すぎっ!」

男友「我が社は年功序列を排除した実力主義の会社ですわ」

男「自分に実力ありって言いたいのかこのヤロー」グニグニ

男友「いひゃい、いひゃい!」



379 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:06:34.36 ID:OpSQ/gF10
男「いや。分かるさ。大切な人たちのために頑張ってるんだろ?」

男友「たりめーよ。あいつらほど・・・・・・俺にとって大切な存在はいない。俺の目の前に現れて、俺の人生変えて、俺の前から消えかかって・・・・・・だから、大切にしないといけない。いや、大切にしたい」

男「すごいよ、お前」

男友「男も言ってみろよ。女さんがどれくらい大切か」

男「・・・・・・やっぱり俺も、女によって人生が変わったかな。もちろん少女ちゃんも含めて」

男友「あ、そう言えば呼び捨てになってる」

男「正式なお付き合いを認めてもらったからね」

男友「なるほど」

男「変わるきっかけなんて些細なことじゃん。『好きな人が出来た』それだけ」

男友「はは。言えてる」

男「俺とお前は、紛れもない星繋がりの親友だ。だから、これからもよろしくお願いします」

男友「こちらこそ」



380 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:08:56.74 ID:OpSQ/gF10

ショッピングモール

女「ゴメンね、休日に買い物に付き合って貰って」

少女「ううん。大丈夫だよ」

姉「構わないよん♪」

大人女「大丈夫ですわ」

女「・・・・・・2人ほど呼んだ記憶が無いんだけどね」

姉「細かいことはイイのイイの」

少女「2人とも何してたんですか?」

姉「逆ナン」

大人女「本を買いに」

女「お姉さん、かなり不純ですよ」



381 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:09:45.56 ID:OpSQ/gF10
姉「何言ってるの。男性を求めることが女性の甲斐性じゃない」

大人女「同意ですが、私はお兄様限定です。・・・・・・あ、この中に1人男性以外がいます」

少女「・・・・・・!」

姉「それって百合ってやつ?」

女「お姉さんは女性まで守備範囲があるんですね!」

姉「いや、女友達と一緒にオ○ニーした事はあるけど、百合じゃないな~」

女「じゃあ妹たくさんの大人女さん?」

大人女「私はお兄様以外ありえません。それが男性でも女性でも」

女「え、じゃあ・・・・・・・・・・・・」

少女「・・・・・・・・・・・・」ダラダラ

女「少女ちゃん・・・・・・説明してくれるかな?」

少女「うぅ・・・・・・いつバレたのか」

大人女「バレますわよ。2人の行動を見てると」



382 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:12:52.30 ID:OpSQ/gF10
少女「じ、実は・・・・・・ボーイ女ちゃんと・・・・・・付き合ってる」

姉「ほほぅ?」

女「少女ちゃん!?」

少女「わわわわかってるよ!アブノーマルだって事くらい!で、でも!あ、あんなことされちゃったら・・・・・・///」ボソッ

女「え、なに?聞こえないよ?」

大人女「つまり、2週間前に貫通式をすませたのですよ」

女「貫通式?」

姉「あ、すいませーん。赤飯くださ~い」

少女「ちょっと!変な事言わないで!」

女「で、貫通式とは?」

大人女「オブラートに包んで言いますと、男○器で処女膜を突き破る事ですわ」

姉「オブラートどこ行ったん?」



383 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:13:43.28 ID:OpSQ/gF10
女「そ、そんな・・・・・・少女ちゃんが非処女だなんて」

大人女「大丈夫ですわ。あなたもいずれ」

女「といういうより、女の子と付き合ってたら、貫通式とは言わないんじゃないの?」

姉「あ、これでもオッケー」

ムインムイン

少女「公然でそんなもの出さないでくださーーーーーい!!というか、何で今持ってるの!?」

女「う、うわ・・・・・・男○器っぽい・・・・・・」

大人女「使った感想をどうぞ!さん、に、いち、はい!」

少女「さ、最初は痛かったけど、その・・・・・・ボーイ女ちゃんが優しくしてくれるから///・・・・・・って何言わせるんですか!!」

姉「案外ノリノリね」

大人女「この中に処女が1人いますわ」

姉「ラノベのタイトルみたいね。絶対に買わないけど」



384 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:14:28.27 ID:OpSQ/gF10
女「わ、私だって男くんとラブチュチュしたいよ!」

少女「言い回しが若干古い」

女「でも、そういうのは結婚までダメだってお父さんが」

姉「そんなの破っちゃえ」

大人女「2つの意味でですね、わかります」

女「男くんも我慢してるし、私も我慢しなきゃ」

姉「我慢汁?」

大人女「マ○汁?」

少女「おいコラてめーら」

女「まあでも、変な知識を仕入れたのは最近で、それまではオ○ニーも知らなかったから、まだ自分で慰めた事ないし、必要も無いよ」

大人女「で、では、ムラムラもしないと!?」

女「う、うん」

姉「人間じゃないよ・・・・・・」

少女「いや、そっちが正常でしょ」



385 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:15:33.75 ID:OpSQ/gF10
大人女「倫理的には正常ででも、人間的には異常ですわ。あなただって、週3でボーイ女とヤってるじゃないですか」

少女「わーわーわーー!!?」

大人女「さすがは我が妹ですわ。半端の無い性欲ですの」

女「えっちな事しか頭にないなんていかんですよ」

少女「そ、そーだそーだ!」

大人女「ふふ。ですが、やはり愛想尽かされないためには、たまには・・・・・・と言うのもありですわ。こう、手などで」

女「・・・・・・やっぱりそうかぁ・・・・・・」

大人女「本番は、大切な日までとっておいて、今はオーラルでも良いでしょう」

女「多少は必要だもんね。今度やってみようかな・・・・・・」

姉「ちなみに弟は口や手より太ももよ」

女「わかりました」



386 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:16:29.54 ID:OpSQ/gF10
大人女「先輩からのアドバイスです」

女「ありがとうございました」

大人女「あ、そうですわ。少女ちゃん」

少女「何ですか?」

大人女「将来はオランダか、ベルギー、カナダなどに住むといいでしょう」

少女「?なぜに?」

姉「・・・・・・同性結婚許容国か」



387 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:18:06.58 ID:OpSQ/gF10

数日後

女「オーラルと言うものがあるらしい」

男「お、おう?」

女「男くんも大変だよね?私が解消してあげるからねっ」

男「ちょおおおお!!?何でベルトに手をかけてるんですかー!?」

女「男くんだけがガマンするのはいけないよ!」

男「何の話!?何の話!?」

女「ほら・・・・・・溜まってるでしょ?」

男「出会った当初の女からは想像もできないセリフを、誰が言わせてるんだ・・・・・・」

女「周辺の人々だよ」

男「おかしいな。俺の周りには変態しかいないのかしら?」

女「そーですね」



388 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:18:48.30 ID:OpSQ/gF10
男「あのさ」

女「うん」

男「別に、溜まってないから大丈夫だから」

女「でも男の子は女性とその・・・・・・あれを出来ないと苦しいって」

男「それは満たされてないからじゃない?」

女「満たされてない?」

男「他の人は知らないけど、俺は女が居てくれるだけで満たされるから、ムラムラとかはあんまりしない」

女「・・・・・・私は魅力が無いのか」

男「どーしてそうなる」

女「でも嬉しい!私も満たされるよ!」

男「好きだからムラムラする人もいるけど、俺は逆かな」

女「でも綺麗な太ももを見たら?」

男「興奮覚めやらない・・・・・・って何言わせんの!てか、何で足フェチって知って・・・・・・」

女「お姉さんが」

男「あんにゃろー」



389 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:19:42.44 ID:OpSQ/gF10
女「ふふふ。膝枕、する?」

男「・・・・・・お願いします」

女「どーぞ!」

男「お邪魔します」コテン

女「どう?」

男「幸せだ」

女「私も幸せ」

男「・・・・・・・・・・・・」ホッコリ

女「あのね」

男「ん?」

女「少女ちゃん、パートナー見つけたって」

男「それは良かった。・・・・・・俺のせいでって考えちゃう時があったからね」

女「うん。だから心配しないでいいよ」

男「そうする」



390 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:21:54.28 ID:OpSQ/gF10
女「・・・・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・」

女「1ヶ月前、お父さんの転勤が決まりそうになったのは、こうなるためのきっかけだったのかな」

男「そうだね。誰かが俺たちにきっかけをくれたんだ」

女「感謝しなきゃいけないね」

男「うん。多分、その人への恩返しは・・・・・・俺たちが幸せになる事だと思おう」

女「言えてる」

男「だからさ・・・・・・」

女「うん・・・・・・」

男「俺といつまでも一緒にいてください」

女「喜んで」

男「太ももの上で言うセリフじゃなかったなー」

女「ふふ。いずれは私の尻に敷かれるのよ」

男「いいや、しっかり太ももの上をキープするからな!」

女「頑張ってね!」



391 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:22:36.56 ID:OpSQ/gF10




かけらを繋いで、過去を作る

繋いだ過去で、未来を作る

普段の営みなのに、難しい

まだ、旅の途中

今までの世界、今からの世界

運命は変えられる

2、3度証明されて、新たになって行く世界で

サン「君はまた、何を見せてくれるかな?」


THE END.






392 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:25:13.06 ID:OpSQ/gF10
これで、終わりです。
今までお付き合い、ありがとうございました!

みなさん予想立てていらっしゃいますが、3部あります。
時期は2月半ば以降を予定しています。
もし暇があれば、またお会いしましょう!では。



393 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:28:43.58 ID:SDAjAYAwo
おつ
次も待ってるよ


394 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[saga sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:29:18.59 ID:CVVoUWtvo
乙!!

前作から追ってるけどやっぱり面白い!


395 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府)[sage]投稿日:2012/01/21(土) 23:43:56.74 ID:zRTxM16Wo
超乙!
ショッピングモールで何を話してるんだww
後は敬語とツンにも幸せになってほしいね

3部か。これも楽しみにしてます!
サンさんの話になるのかな?サン部的な意味で


396 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(兵庫県)[]投稿日:2012/01/22(日) 00:20:36.09 ID:C6dboK5J0
乙。
面白かったよ。


397 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/01/22(日) 16:03:41.53 ID:e7fjjEzI0
乙っす!!先輩
3部はどういう話になるか
期待期待!


398 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(鹿児島県)[sage]投稿日:2012/01/22(日) 23:29:07.46 ID:ngAkTsaV0
3部頑張ってね
マジ期待してるから
ていうかこのスレタイってすぐ
「あ、あのひとのやつだ」
って気づけるからいいよね


400 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage]投稿日:2012/01/27(金) 09:26:53.38 ID:oqG/ZYddo
乙!!
相変わらず面白いしニヤニヤしてしまう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
[ 2012/03/04 18:55 ] 男「」or女「」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ