FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「お、流れ星か。理想の幼馴染くださいっと」3/3


男「お、流れ星か。理想の幼馴染くださいっと」




137 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/02/27(月) 23:13:53.66 ID:Y3jNEU7p0



男「ん・・・・・・あ」

男「8時50分・・・・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・」

男「寝過ごしたーーーーーーーー!!?」

男「だから1人暮らしはイヤだったんだよおおおおおお!!」





元スレ
男「お、流れ星か。理想の幼馴染くださいっと」
[SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServise掲示板]


前スレ
1男「お、流れ星か。理想の妹をくださいっと」1/7
2男「お、流れ星か。理想の彼女くださいっと」1/5



142 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/02/29(水) 23:01:09.13 ID:d20YedXo0

学校

男「結局遅刻だ・・・・・・」

男友「おう、遅かったじゃん」

男「昨日、課題やってたから寝過ごしたんだ」

男友「大変だ・・・・・・変態だな」

男「何で言い直したん?」

女友「お弁当は作ったのですか?」

男「ん?何か声が聞こえる」

女友「ここですよー」

男友「やあ女友!俺の愛しの双子の妹!」

男「相変わらず小っちゃいね」

女友「ありがとうございます」ニコニコ

男「褒めてないよー」



143 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/02/29(水) 23:01:44.19 ID:d20YedXo0
女友「それで、お腹空いてませんか?」

男「少しね」

女友「どうぞ」

男「クッキー?」

男友「昨日2人で作ったんだ」

男「いただきまーす。それにしても2人とも双子だから仲いいよね」

男友「双子だからじゃなくて、愛してるんだよ、人間として」

女友「うふふ」

男「あの、助言するのも気が引けるけど、兄妹では結婚できないからな」

男友「んな法律、政治家になって改定してやんよ」

女友「頑張ってくださいね」

男「ノリノリやな」

男友「こいつがいるから頑張れるんだ!」



144 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/02/29(水) 23:02:15.61 ID:d20YedXo0
男「まあでも羨ましいね」

男友「お前さんも早くパートナー見つけな。寝坊とかしないぞ」

男「出来ればそうしたいよ!」

男友「幼馴染とかいいかもね」

女友「美味しいポジションですねえ」

男友「じゃあ今夜出かけるか?あそこの墓地が星がよく見えるらしいよ」

男「(・・・・・・・・・・・・あ・・・・・・れ?)」

女友「しかし、日本人としては祈る時は太陽ではないですか?」

男「(なんか、既視感が・・・・・・)」

男友「んじゃあ、お天道様に祈っとけ」

男「(確か・・・・・・)」

男友「男?」

男「ん、ああ・・・・・・」

男友「・・・・・・はっくしゅ!」

女友「ほら、あなたは太陽見たらくしゃみする遺伝子なので、太陽を凝視したらダメですよ」

男友「女友~ちり紙くれー」

男「(なん、だっけ・・・・・・大切な事忘れてるような)」



145 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/02/29(水) 23:02:49.89 ID:d20YedXo0

先生「えーじゃあ以上で点呼を終わる。委員長、号令」

委員長「起立、気を付け、れ・・・・・・」

先生「あ、しまった。忘れてた」

男友「どうしたんですか?」

先生「転校生に留学生が来てたんだった」

男「それ忘れること何・・・・・・!」

男「(あれ・・・・・・?また・・・・・・)」

ざわざわ...

先生「はーい静かに。じゃあ留学生、入って来て」

ガラッ

留学生「」ペコッ

先生「どこだったかな、まあとにかくどっかの国からやって来た留学生くんだ。まだ日本に慣れてないかもしれないが、仲良くしてやってくれ」



146 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/02/29(水) 23:04:07.23 ID:d20YedXo0
生徒「かっこいいー」

男友「チッ。性別は男かよ」

女友「うふふ」ゴゴゴゴゴゴ

男「(間違いない。コレ・・・・・・一回体験してる)」

男「(この後・・・・・・なんだっけ。誰かが、俺に向かって何か言った・・・・・・)」


『男さんは、留学生が男性で良かったですよね?なんせ、幼馴染の私がいるのですから』


男「!!!」



147 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/02/29(水) 23:04:47.25 ID:d20YedXo0

先生「じゃあ留学生、軽く自己紹介をしてくれ」

留学生「」コクリ

生徒達「」ドキドキ

留学生「佐賀県から引っ越して来ました、留学生です!みんなよろしく!」

男「幼馴染っ!!」ガタンッ

シーン…

留学生「え、りゅ、留学生ですけど?」

先生「え?お、男。誰だそいつ?」

男「誰だじゃないでしょう!俺の幼馴染は!?今日欠席!?」

先生「いや、全員出席だが?」

男「そんなわけないだろ!?だって・・・・・・俺には・・・・・・」



148 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/02/29(水) 23:05:44.96 ID:d20YedXo0
男友「どうしたー?マンガ読みすぎたのかー?」

委員長「ああ、知ってる。中二病ってやつでしょ?」

男「いや・・・・・・そんなはずは・・・・・・」

先生「朝から盛るな。・・・・・・ま、まあもし若い活力が溢れているのなら、先生が相手してやっても・・・・・・」///

男「サプライズと称して、京都へ修学旅行」

先生「へ?」

男「計画してますよね?修学旅行」

ざわざわ…

先生「なんでお前が知ってるんだ?校長と先生たちだけで秘密裏に進めてきたのに」

男「1日目は自由散策、2日目はお茶の教室、3日目は八ツ橋工場、4日目は八坂神社に参拝して帰宅」

先生「おおーん。どっからその情報仕入れたんだよー」



149 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/02/29(水) 23:06:12.08 ID:d20YedXo0
男「間違いないよ・・・・・・俺、幼馴染と一緒にそこにいたんだよ!なのに・・・・・・なんで!」

男友「お、おい男?目が、なんかヤベーやつみたいになってるぞ?」

先生「なんだ?劇の練習かなんかか?」

男「やっと・・・・・・やっと好きになってきたのに」

先生「え?」///

男友「おめーじゃねーよ」

留学生「・・・・・・男?」

男「あ・・・・・・ああ。何?」

留学生「その話、昼休みに屋上で詳しく聞かせてよ。ね?」

男「お前・・・・・・もしかして」

留学生「今日のお弁当はハンバーグなんだ」



150 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/02/29(水) 23:06:38.24 ID:d20YedXo0

昼休み、屋上

男「留学生」

留学生「右腕と内臓は大丈夫?」

男「やっぱり記憶が」

留学生「お互い状況が飲み込めてないと思うんだけど」

男「その通りだろうな」

留学生「驚いたよ。お見舞いに行った次の日が今日になってるんだから」

男「最初、記憶失ってた」

留学生「そうなの?」

男「なんでこんな事に・・・・・・」



151 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/02/29(水) 23:07:04.41 ID:d20YedXo0
留学生「都市伝説っぽいね。思い当たる節とかある?」

男「願った・・・・・・」

留学生「え?」

男「そうだ。俺は流星に願ったんじゃないか。『理想の幼馴染ください』って」

留学生「ごめん、ちょっと話が見えないんだけど」

男「実は・・・・・・」



152 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/02/29(水) 23:07:42.19 ID:d20YedXo0
間。

留学生「それ、本当かい?」

男「」コクン

留学生「そっかー。願えば叶うってのは本当だったんだ」

男「ああ!幼馴染がいるのが日常になってきてたから、非現実的な事を忘れてた!」

留学生「じゃあもう1回流れ星に願えばいいんじゃない?」

男「都合よくそんな見れるわけないだろ」

留学生「そうしなきゃ、幼馴染ちゃんは帰ってこないよ」

男「もともといない世界が日常なんだ」

留学生「僕は嫌だね。僕にとっては幼馴染ちゃんがいるのが日常だ」

男「わかってるよ・・・・・・俺だってそっちを現実にしたい。・・・・・・でも、わかんねぇんだよ」



153 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/02/29(水) 23:08:18.21 ID:d20YedXo0
留学生「・・・・・・・・・・・・」

男「ちく、しょう・・・・・・」

留学生「八方塞がり、か」

男「・・・・・・いや待て。俺は本当に流れ星に願ったのか?」

留学生「?どういう事?」

男「朝、登校してから男友たちと願いを叶える事について話してて、流れ星の話題までは憶えてるけど・・・・・・そのあともう1つ何かあった気がする」

留学生「願いを叶える媒体が?」

男「うん」

留学生「じゃあ男友に聞きに行こう!」

男「ああ!」
 



154 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/02/29(水) 23:08:48.53 ID:d20YedXo0

教室

男友「朝何を話してたかって?」

男「そう!流れ星のあとにもう1個何か言ったじゃん?」

男友「あー、え~っと・・・・・・」

女友「太陽ですか?」

男「!!それだ!」

留学生「た、太陽!?」

男「ありがとう男友!」ダッ

留学生「あ、待って!」ダッ

男友「いきなり仲良くなってるなあの2人」

女友「男友くん、あーん」

男友「あーん」



155 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/02/29(水) 23:09:18.30 ID:d20YedXo0

屋上

男「太陽なら、太陽ならいつでも願える!」

留学生「よし、じゃあ願おう!」

男「太陽よ、俺の幼馴染を返してください!」

留学生「これで、いいのか?」

男「日をまたげば、多分大丈夫だと思う」

留学生「そうか。じゃあまた明日」

男「あれ?もう帰るの?」

留学生「こんな時に学校に居れるかって話」

男「さすが欧米人」

留学生「半分は日本人だけどね」




156 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/02/29(水) 23:10:28.67 ID:d20YedXo0

夜、男宅

男「大丈夫、明日にきはきっとあいつが起こしにきてくれるはず」

男「そういえば、俺の『理想の』幼馴染って何なんだろうな」

男「そもそも何で単刀直入に彼女じゃなくて幼馴染なんだろう」

男「・・・・・・ああそっか。1人暮らしだから彼女よりも身近にいてくれて、俺を世話してくれる人が欲しかったんだ」

男「俺のエゴだな・・・・・・」

男「頼む、幼馴染。もうエゴなんて言わないから帰ってきてくれ」

男「惚れた身にもなってみろよ、な」



165 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 22:58:22.56 ID:hDpBxyd30

翌日

男「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

男「8時30分、幼馴染は・・・・・・来ない」

男「くそぉぉぉぉぉ・・・・・・・・・・・・」

ジリリリリリリリリリ

男「電話・・・・・・」

男「もしもし?」

留学生「・・・・・・ダメだったみたいだね。声聞いてわかるよ」

男「・・・・・・すまん」

留学生「男が謝る事ないじゃん」

男「・・・・・・すまん」

留学生「はは。日本人は謝罪民族だね」

男「もうそれでいいや」



166 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 22:59:36.85 ID:hDpBxyd30
留学生「学校は、来れそう?」

男「今日くらいは、泣かせて欲しいかも」

留学生「オッケー。先生に伝えとくよ」

男「ありがとう、留学生」

留学生「ゆっくり休んなよ」

男「ん」

留学生「じゃあね」

男「バイバイ」

ガチャ



167 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:00:59.97 ID:hDpBxyd30
男「もう一寝入りしようかな」

ピンポーン

男「ん?誰だろう?・・・・・・あ、今日家賃の日じゃん」

男「時間が戻ってたから忘れてた」

男「はいはーい。今出ますよっと」

カチャン

男「え?鍵開けられた。大家さん、そんなして家賃を取り立てたいですか・・・・・・」

ガチャ

男「・・・・・・・・・・・・え」



168 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:01:54.42 ID:hDpBxyd30


「す、すみません!寝坊してしまいました!今朝食を作りますわね!」



男「あ・・・・・・お、おさ・・・・・・」

「?どうなさったんですか?」

男「おさなな・・・・・・じみ?」



169 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:03:08.97 ID:hDpBxyd30







幼馴染「はい。私は幼馴染ですわ」









170 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:03:54.18 ID:hDpBxyd30
男「幼馴染ーーーーーー!!!」ギュッ

幼馴染「きゃあ!い、痛いですわ!どうしたんですの?」

男「何でもない。でも・・・・・・少しこのままでいさせてくれ・・・・・・」

幼馴染「・・・・・・・・・・・・仕方ありませんわね。朝ごはん抜きで学校へいく事になりますわよ?」

男「構わない!」

幼馴染「では、しばらくこのままでいましょう、男」

男「ああ・・・・・・!」



171 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:04:58.22 ID:hDpBxyd30

8時45分

幼馴染「あの、そろそろ学校へ参らないと遅刻してしまいますわ。今でさえギリギリですのに」

男「今日は、休まないか?」

幼馴染「あら?台風でも来るのではないでしょうか」

男「学校、休んだ事ないからな俺」

幼馴染「何があったかわかりませんが、どうしてもと言うのであれば」

男「どうしても!」

幼馴染「ふふ。そうですか。では男の初めての欠席を共にしましょう」

男「ありがとう、幼馴染」

幼馴染「立っているのも疲れました。ソファに座らせてくださいませんか?」

男「あ、ああ。すまん。抱きついたままだったな」

幼馴染「絞め殺されるところでしたわ」

男「そんな強くなかっただろうよ・・・・・・」



172 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:05:39.68 ID:hDpBxyd30
ソファ

幼馴染「しかし、一体どういう事ですか?病欠でもなく学校を休むとは」

男「嬉しい事があったんだよ」

幼馴染「嬉しい事、ですか?」

男「お前には一生話さないけどな。俺が墓場まで持っていく」

幼馴染「そうですか。では私も秘密にしている事を墓場まで持ってきますわ」

男「そっか」

幼馴染「・・・・・・膝枕、しませんか?」

男「え、いいのか?」

幼馴染「ええ。では失礼しまして」ゴロン

男「って、お前かい!」

幼馴染「いつの世も男性が女性の膝を陣取るという定石は通じませんのよ」

男「まあその通りか」



173 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:06:13.22 ID:hDpBxyd30
幼馴染「今日はやけに積極的ですね、など思ってしまうのですが」

男「色々あったからなー。それにやっと気づいたし」

幼馴染「何にですか?」

男「俺、お前がいい」

幼馴染「えっと?」

男「俺にとっての『理想』の幼馴染は、俺のために朝ごはん作ってくれたりとか、一緒に映画鑑賞したりとか、そういうのだって思ってた」

幼馴染「普段の私たちのことですわね」

男「逆に言えば、俺にとってその条件を見たせてれば幼馴染だってことだよ」

幼馴染「まあ」

男「だけど、今は違う。理想はいくら語ったところで理想だよ。俺は・・・・・・お前が幼馴染じゃなきゃイヤだ。お前だから、幼馴染なんだ。お前だから、本気になれる」

幼馴染「くすくす。臭いですわ」

男「んだよー。せっかく人が真剣に話してるのにー」



174 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:07:22.90 ID:hDpBxyd30
幼馴染「私も・・・・・・あなたがいいです。少し前まではあなた同様、幼馴染でしかありませんでした。ですが、今は、男だから幼馴染ですわ」

男「臭いぞ」

幼馴染「男がそうさせたんですのー」

男「ですわ調の幼馴染がいい。少し変態チックな幼馴染がいい」

幼馴染「マニアックですね」

男「誰のせいだよ、誰の」

幼馴染「しかし、困りましたわ」

男「なぜ?」

幼馴染「もう幼馴染を続けることができませんから」

男「えっ!?」



175 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:07:50.44 ID:hDpBxyd30
幼馴染「こう告白されてしまっては、恋人となってしまいます。幼馴染ではいられなくなってしまいますわ」

男「あ、そういうことか。驚かすなってー」

幼馴染「ではお選びください。恋人か幼馴染かを!」

男「幼馴染!」

幼馴染「ふふ。決定ですね。では、お互い告白は無かったということで」

男「うーん、それはそれでしっくりこないけど、まあいっか」

幼馴染「大丈夫ですわ。告白などしなくても」




幼馴染「通じ合っているのが・・・・・・・・・・・・幼馴染ですから」






176 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:11:09.95 ID:hDpBxyd30

翌日

男「あれ?教室に人がいない!?」

幼馴染「そういえば昨日から修学旅行でした」

男「あ・・・・・・忘れてた」

幼馴染「仕方ありませんわ。家に帰ってゆっくりいたしましょう」

男「どうせなら映画借りて行こうぜ。何がいい?」

幼馴染「ピンク映画?」

男「・・・・・・後悔すんなよ」



177 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:11:48.88 ID:hDpBxyd30
男宅

男「まあ学生が借りれるわけないけどね」

幼馴染「結局は邦画ですか」

男「じゃあ再生っと」

ジリリリリリリリリリリリ

男「誰だよ、こんな時に電話かけて来るやつ」

男「もしもし?」

留学生『男!喜べ!名簿に幼馴染ちゃんの名前があった!帰ってきてるかもしれ・・・・・・』

幼馴染「誰からですか?」

留学生『・・・・・・今、幼馴染ちゃんの声が聞こえた気がする』

男「報告ありがとう。でも、そういうことだから、よろしく」

留学生『う、裏切り者ーーーーー!!アレだよ!マラソン大会で一緒にゴールしようねって言ってたのにゴール直前で猛ダッシュされるような感覚だよ!』

男「別に最初からフェアじゃなかったろうに」



178 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:12:38.01 ID:hDpBxyd30
留学生『もう男なんて知らねえ!』

男友『ゴチャゴチャうるせー!誰に電話してんだよ!』

留学生『男!』

男友『男、てめー!何かってに休んでんだよ!しかも夫婦で!』

男「あ、映画始まった。じゃあね」

留学生『ちょ、待てよ!』

先生『お前らうるさいぞー!』

ガチャ



179 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:13:36.30 ID:hDpBxyd30
幼馴染「男友さんや、留学生さんからですか?」

男「ああ。元気しとーやーって」

幼馴染「元気ですわ」

男「(でも、京都行かなくてラッキーだったかも。もしかしたら、また・・・・・・って考えられるし)」

幼馴染「男。こうやってのんびりするのも良いですね」

男「今日は俺に膝枕してくれよ」

幼馴染「どうぞ」ポンポン

男「お邪魔します」ゴロン

幼馴染「あー、幸せだー、と次に男は言いますわ」

男「あー、幸せだ・・・・・・おい」

幼馴染「幼馴染ですもの。それくらいわかります」

男「(あ、出会って少し分の記憶しかないことに罪悪感を感じる)」

男「これから(記憶の無い分含めて)頑張って行くから、よろしく頼むな」

幼馴染「ええ。一生幼馴染ですわ!」




To Be Continued...?





180 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:14:14.38 ID:hDpBxyd30




















181 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:14:44.88 ID:hDpBxyd30

後日談

10年後

留学生「あー。卒業から10年が経とうとしている」

留学生「なのに俺はフリーター」

留学生「男友は女友は身分を隠して結婚」」

留学生「男は幼馴染ちゃんと結ばれてー」

留学生「僕は・・・・・・彼女いない」

留学生「これが噂の格差婚ってやつか!」(違います)

留学生「お腹空いたからコンビニ行くかー」



182 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:15:31.98 ID:hDpBxyd30

男友「あー・・・・・・ダリィ」

同僚「頑張れー。俺らはただ雑務をこなすだけだからキツイのは仕方ないさ」

男友「もっとこう、きらびやかな仕事場を思ってた」

同僚「そんなのテレビの中だけだって」

男友「そんなもんかー」

部長「おい、男友。君、これミスしてるよ」

男友「え?どれですか?」

部長「すみませんの一言もなしか。ほら、ここだ」

男友「すみません。・・・・・・どこ間違ってるんですか?」

部長「どこって、ここだよ。こんな情報はどこにも無いだろうが」

男友「これ、正しいですよ?一昨日の会議の資料にこの情報は載ってます」

部長「は?」

同僚「コレっす」



183 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:15:59.82 ID:hDpBxyd30
部長「ふむ・・・・・・まあ以後気をつけろ」

男友「はい」

同僚「うっわ男友かわいそー!」

男友「自分のミスを部下に押し付けるって・・・・・・どんな神経してるんだよ。しかも資料に目を通しさえしてないし」

同僚「給料泥棒ってああいう人のこと言うんじゃない?」

男友「・・・・・・よし決めた。俺、会社作るわ」

同僚「なんの?」

男友「それは今から考えるが、絶対にああいう上司を作らない実力主義性の会社を」

同僚「頑張れー」

男友「妻と息子のためにもっ!」

同僚「そういや、お前の嫁さん2回ほど流産してるんじゃ・・・・・・」

男友「だからなおさら頑張る必要がある!!」

同僚「おお!」

男友「じゃあ退職届書いて来る」

同僚「え、はやいっ!?」



184 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:21:40.35 ID:hDpBxyd30

男「うーんいい天気!」

幼馴染「ショッピング日和ですわね」

男「家族3人で買い物って・・・・・・娘は?」

幼馴染「ふふ。かわいい娘は、1つ年上の男の子に夢中のようですわ」

男「そりゃいかん」

幼馴染「嫉妬ですか?」

男「親心だよ」

幼馴染「さて、では買い物を早々に済ませて、一緒に遊びましょう」

男「たまにの映画もいいけどね」

幼馴染「では出発ですよ」



185 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:22:15.51 ID:hDpBxyd30

店員「ありあとっしたー」

留学生「おかしいな。昼飯買うはずなのに、エロ本買っちゃったよ・・・・・・」

留学生「『義妹愛』って。うっわ、漫画のくせに生々しい」

留学生「うっひょー」

男友「何がうっひょーだよ!」

留学生「わわわ、男友!?」

男友「ちょっと俺に着いて来てくれ!!」

留学生「どうしたの?そんな慌てた様子で」

男友「男と、幼馴染が・・・・・・!!」

留学生「え?」



186 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:23:00.45 ID:hDpBxyd30
病院

留学生「それ、本当の話・・・・・・?」

男友「・・・・・・ああ。けっこう派手にぶつけられて、搬送されたって」

留学生「2人は無事なの?」

男友「わかんねえ。でも・・・・・・やな予感がすんだ」

留学生「・・・・・・・・・・・・」

男友「このICUだ!」

看護師「あ、入らないでください!」

男友「この中に男と幼馴染ってやつがいるだろ!?俺たちはそいつらの友達だ!」

看護師「・・・・・・男さんと幼馴染さんのですか?」

男友「そうだよ!」

看護師「こちらへ、来てください」

留学生「・・・・・・・・・・・・重々しいみたいだね」

男友「・・・・・・ちっ」



187 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:23:46.18 ID:hDpBxyd30
小会議室

看護師「とても話憎いのですが・・・・・・男さんは搬送された時には、既に・・・・・・」

男友「う、そだろ・・・・・・・・・・・・」

留学生「男・・・・・・・・・・・・」

看護師「幼馴染さんは一命はとりとめています」

留学生「本当に!?」

看護師「しかし・・・・・・今夜がやまだと」

男友「そんな・・・・・・!!あいつらにはまだ3歳の娘がいるんだぞ!?」ガッ

看護師「きゃあ!?」

留学生「男友っ!!君が人にあたってどうする!」

男友「あ・・・・・・す、すみません」

看護師「お気持ちはわかります。幼馴染さんは10分以内なら、面会を許されます」

男友「しばらくしてから・・・・・・面会に行く」

看護師「わかりました。部屋は404号室です」

男友「死人専用室かよ・・・・・・」

看護師「申し訳ございません」

留学生「男友、風に当たろう。まずは気分を落ち着かせるんだ」

男友「あ、ああ・・・・・・」



188 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:25:30.41 ID:hDpBxyd30

404号室

ピッ・・・・・・ピッ・・・・・・

幼馴染「・・・・・・・・・・・・」

男友「見て、らんねぇ・・・・・・」

留学生「生きてるのが・・・・・・奇跡だ」

男友「回復の見込みは・・・・・・ゼロかよ」

留学生「くっ・・・・・・・・・・・・」

男友「留学生、お前は幼馴染のこと好きだったんだろ」

留学生「今でも好きだよ。すごく・・・・・・苦しい。だからこそ、今はきっと幼馴染に後悔を残させないようにすべきなんだと思う」

留学生「でも、僕に彼らの娘を預かるほどの力はないから、君に頼みたい」

留学生「彼らの娘を預かってくれないか?」

男友「わかってる。お前が預かれなかったら、ハナからそうするつもりだった」

留学生「すまない」

男友「お前が気に病むことじゃないだろう」

留学生「うん・・・・・・」

男友「俺は、嫁に知らせて来る。時間いっぱいまでここにいてやってくれ」

留学生「ありがとう、男友」

男友「ああ」

バタン



189 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:26:06.87 ID:hDpBxyd30
留学生「麗しい幼馴染ちゃん。どうしてこんな事になったのかなあ」

留学生「10年前と変わらず、君は美しいよ」

留学生「君が生きてくれるなら・・・・・・僕はなんだってしようじゃないか」

留学生「・・・・・・・・・・・・」

留学生「無駄話、だったね」

幼馴染「」パチッ

留学生「!!」

留学生「お、幼馴染ちゃん!意識を取り戻して・・・・・・!!」

幼馴染『静かにしてくださいませ』

留学生「えっ?」



190 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:26:41.36 ID:hDpBxyd30
幼馴染『質問ですわ。私の愛しい男は、どこにいますか?』

留学生「あ・・・・・・男は・・・・・・」

幼馴染『そう、ですか・・・・・・』

留学生「きゅ、急に元気になったね」

幼馴染『いいえ。私は今、弱体化しております』

留学生「・・・・・・君は・・・・・・幼馴染ちゃんかい?」

幼馴染『私は・・・・・・』


『太陽神、アポロです』



191 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:27:29.48 ID:hDpBxyd30
留学生「は・・・・・・・・・・・・?」

アポロ『10年前、1人の男性が太陽へ向かって、幼馴染をくださいと願いました』

アポロ『偶然それは私の耳に入り、万能な私は暇つぶしに幼馴染を演じる事にしました』

アポロ『最初は、ほんの遊びだったのですが、いつの間にか夢中になっていたのは私でした』

留学生「お、幼馴染ちゃん?あの、頭ぶつけて・・・・・・?」

アポロ『残念ながら、こちらが本当の私ですわ。あなたも私の名を聞いた事はあるでしょう?』

留学生「う、うん・・・・・・」

アポロ『もともと男神だったのですが、私は自ら性別を変え、今日まで人間として過ごしていました』

アポロ『私は神を捨てた人間です。京都から帰ったあの日、神を捨てるため、一旦姿を消していたのです』

留学生「あ、あの時・・・・・・!」

アポロ『神を捨てた事に後悔はしておりません。ですが、この様になるとは・・・・・・夢にも思いませんでした』

留学生「幼馴染・・・・・・ちゃん」

アポロ『もっと、あの人の側に居たかったですわ。もっと娘と笑いたかったですわ』

アポロ『・・・・・・しかし、わずかに残した神の力を集めて、話している今が精一杯です』



192 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:28:11.55 ID:hDpBxyd30
留学生「神は・・・・・・死ぬの?」

アポロ『太陽がある限り、私は死にません。ですが、人間としての私は死にます。神として復活するには、少しばかり時間がかかります』

留学生「ぼ、僕に出来る事はある?」

アポロ『もし、あなたさえよければ、私の代わりをして欲しく思いますわ』

留学生「どんな?」

アポロ『私は太陽。そしてあなたは太陽に映し出される星となってください。ティンカーと呼ばれる欲望の星をあなたに授けます』

アポロ『それで、私が人間となった際に生まれた、不都合な運命を持った者たちをお助けください』

留学生「不都合な、運命?」

アポロ『医術を捨てる際に生まれた、流産の運命、男神を捨てる際に生まれた、女性運の無い運命ですわ」

アポロ『果てしなく長い時間がかかると思いますが、よろしいのですか?』

留学生「構わないよ!君が生きれるのであれば!」



193 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:28:58.79 ID:hDpBxyd30
アポロ『再び顕現した際は、男も生き返らせて・・・・・・またみんなで集まりましょう』

留学生「うん!そうしよう!絶対だからね!」

アポロ『・・・・・・そろそろ、時間のようです』

留学生「幼馴染ちゃん!」

アポロ『私からお願いがあります』

留学生「なに・・・・・・?」

アポロ『太陽神が眠りに着くには、太陽があってはいけません。・・・・・・ですので、雨を降らせてください。その、手に入れた力で』

留学生「わ、わかったよ」

アポロ『・・・・・・悲しい顔をしないでください。しばらくのお別れです』

留学生「それでも・・・・・・!」



194 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:29:29.36 ID:hDpBxyd30
アポロ『ふふ・・・・・・流星を持つ者として、ふさわしい・・・・・・名が、必要、ですわね』ニコッ

留学生「もう・・・・・・無理しないで」

アポロ『そうです、わね。こういうのは、どう、でしょう・・・・・・太陽に、感謝する・・・・・・という、意味の・・・・・・』

ピィーーーーーーーー

留学生「幼馴染ちゃんっ!!!」



195 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:30:05.44 ID:hDpBxyd30









『Sun Ta(サン・ター)』












 To be continued Part.1



196 名前:私が1です[saga sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:30:57.23 ID:hDpBxyd30


以上で全投下終了です。
お付き合いいただきありがとうございました。





197 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/03/03(土) 23:33:52.02 ID:PL8QB/rD0
アポロ11号の歌流れてきたチクショウ


198 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage]投稿日:2012/03/04(日) 01:03:28.19 ID:G2DLG0o1o
これがサンの出生か。乙


199 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府)[sage]投稿日:2012/03/04(日) 01:24:04.05 ID:OysCsSboo
乙!
そうだったのか!男と幼馴染が1作目の父と母だと思ってたが、男友達の方だったか。
留学生がサンさんで、見届けた願い3つの内の一つ目が「幼馴染が欲しい」のお願いだと思ってた。
大人妹の口調はここからだったのか…

義妹愛とか雨の日とか後付けでも伏線回収は気持ちいいww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
[ 2012/03/04 18:31 ] 幼馴染「」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ