FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「クリスマスまでに彼女をつくる」1/5


男「クリスマスまでに彼女をつくる」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 18:16:45.49 ID:yasr6uQIO
友「……今からか?」

男「今からだ」

友「あと2週間くらいだぜ?」

男「それがどうした」

友「……まぁ頑張れよ」

男「できたら友達でも紹介してやるよ、楽しみにしてろ」

友「はいはい」



元スレ
男「クリスマスまでに彼女をつくる」






2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 18:20:09.60 ID:yasr6uQIO
男「狙いはあの子だ」

友「?」

ツン「あはは!でねー」

友「ツン?でもあいつ性格きついぞ?」

男「だが可愛い」

友「あっそ」

男「しかもあのキャラだ。仲良くなればだんだんデレてくるさ」

友「何言ってんのかわからねぇ」

男「話しかけてくる」

友「いってらっしゃい」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 18:24:45.87 ID:yasr6uQIO
男「あー…ツン…さん?」

ツン「……何?」

男「付き合って下さい」

ツン「はぁ?嫌よ」

男「そこをなんとか」

ツン「しつこいわね!あっちいって!」

男「………はい」


友「お早いお帰りで」

男「第一印象はバッチリだ」

友「そうか?」

男「まずはきっかけをつくるんだ」

友「いきなり告白はどうかと思うぞ」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 18:27:29.09 ID:yasr6uQIO
男「ツンさん。一緒に帰りましょう」

ツン「あんたいったい何なの!」

男「あなたに恋する者です」

ツン「バッカじゃないの!私は1人で帰りたいの!さよなら!」


友「またバッチリか?」

男「あぁ」

友「どこが?」

男「ツンは1人で帰ると言った。つまり彼氏はいない」

友「最初に調べとけ」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 18:30:28.30 ID:yasr6uQIO
ツン「」スタスタ

男「」スタスタ

ツン「」スタスタスタ

男「」スタスタスタ

ツン「…!!あんた何なのよ!!ストーカー!?」

男「まさか。俺も家がこっちなだけですよ」

ツン「ならもっと離れて歩きなさい!」

男「わかりました」

ツン「…わ、わかればいいのよ!」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 18:35:46.03 ID:yasr6uQIO
男「おはよう」

友「おはよう。昨日はどこに行ってたんだ?」

男「ツンさんの家の場所を調べに」

友「それストーカーだ」

男「イベントを起こすにはツンさんの行動パターンを読まなくては」

友「イベントって何だ?クリスマスか?」

男「知らないならいいさ」

友「なんだよ気になるな」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 18:40:32.99 ID:yasr6uQIO
男「さて…」ガタッ

友「どこいくんだ?」

男「校内を歩いてくる」

友「……何の意味が?」

男「フラグは立てられるだけ立てておく」

友「は?何言って…」

男「ついてくればわかるさ」

友「いかねぇ」

男「後悔するがいい、じゃあな」

友「はいよ」


ツン(あいつ…いないわね。安心できるわ)


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 18:45:27.78 ID:yasr6uQIO
男「」スタスタ

男(この曲がり角あたりがよいだろう…)

タタタタタ

男(今だ!)

男「」スタスタ

?「わっ!」

ドンッ

男「おっと…大丈夫?」

男子「いってぇ…」

男「失せろ虫けら」

男子「何だと!」

男「俺はそっちはごめんだ。じゃあな」スタスタ

男子「はぁ?何だよあいつ!」

男「危なかった…」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 18:49:49.71 ID:yasr6uQIO
男「………」

タタタタタ

男(今だ!)スッ

ドンッ

男「おっと…大丈夫?」

友「いってぇ…急に飛び出してくんなよ」

男「死ね」

友「え?」

男「妨害する気か!このっ!このっ!」ゲシッ ゲシッ

友「わ!なんだよお前!」

男「うるさい!」ゲシッ ゲシッ

風紀委員「そこの2人!廊下で騒がないの!」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 18:53:17.14 ID:yasr6uQIO
男「え?」

風紀「廊下はあなたたちの遊び場所ではありません!騒がないで下さい!」

男「……はい」

風紀「以後気をつけるように。では」

友「お、おい…男?」

男「あの子も可愛い…」

友「え?」

男「もっと知り合わなくては」

友「は?えっと…ツンは?」

男「そっちも進めるさ。同時進行でいこう」

友「最低だなお前」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 18:59:03.41 ID:yasr6uQIO
男「何が最低なんだ?」スタスタ

友「お前付き合う前から二股か?」スタスタ

男「別に誰にも怒られないだろ」スタスタ

友「女の敵だな」スタスタ

男「なんとでも言うがいいさ」スタスタ

「…!」

ドンッ

男「おっと…」

後輩「……」

男「…………………!大丈夫?怪我はない?」

後輩「……あ…はい…」

男「プリントが散らばっちゃったね。拾うの手伝うよ」

後輩「ありがとう……ございます……」

友「男の目が輝いてる…」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 19:02:26.28 ID:yasr6uQIO
男「はい。これで全部だね」

後輩「…すみません」

男「ははは。こっちが悪いんだ。ごめんね」

後輩「いえ…」

男「僕の名前は男。君は?」

友(僕!?)

後輩「えっと……後輩……です」

男「ごめんね後輩ちゃん。それじゃまたね」タタタタ

友「あっ、おい!またね」タタタタ

後輩「はぁ…」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 19:07:06.12 ID:yasr6uQIO
男「…………しまった」

友「何がだ?」

男「後輩ちゃんのクラスを聞くの忘れた…」

友「………は!?」

男「くそ…これで後輩ちゃんENDは消えた…」

友「ENDて何だ。最後までやるのか?」

男「不潔…」

友「お前がそれをいうか」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 19:10:43.21 ID:yasr6uQIO
男「……ツンさん……一緒に帰りましょう…」

ツン「なんでそんな落ち込みながら誘うのよ」

男「ちょっとあってね…」

ツン「帰るのは嫌よ。あっちいって」

男「話しながら帰るだけですよ…?」

ツン「それが嫌なの!じゃあね」

男「………」

友「脈なしだって。もう諦めろ」

男「後輩ちゃん…」

友「最低だなお前」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 19:15:42.85 ID:yasr6uQIO
男「」スタスタ

友「俺も彼女欲しいけどもう間に合わないだろうし」

男「諦めたらそこで試合終了ですよ?」

友「二兎追うもの一兎も得ず」

男「それは負け犬の言葉だ」

友「お前今負けてるぞ」

男「何を馬鹿な…ん?」

ツン「あっちいって!」

DQN「可愛いじゃん!遊び行こうぜ」

DQN「カラオケいかね?おごるからさぁ」

ツン「嫌だっていってるでしょ!」

男「………!いけっ 友!」

友「お?おう…」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 19:22:46.08 ID:yasr6uQIO
男「待て!」

DQN「あ?なんだお前ら」

ツン「あんた…!」

男「俺の彼女に触るな!がんばれっ 友!」

友「うぉぉ!!」

DQN「ぐふっ!何だてめぇ!」

友「がふっ!いってぇなぁ!」

男「いけいけそこだー!」

ツン「あんたも手伝ってあげなさいよ!」

男「ツンさんの頼みであれば」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 19:29:18.03 ID:yasr6uQIO
男「しっ!」

DQN「ぐえっ!」

友「おらぁ!」

DQN「がぁ!」

風紀「君達!!何をやっているんだ!!」

男「ん?」

友「あっ!」

DQN「やべっ!お前ら覚えてろよ!」タタタタ

風紀「おい!まったく…ん?君達は…」

男「男です。どうぞよろしく」

友「あっ!おい!」

風紀「ふむ。男君か。ちょっと生徒指導室に来てもらいたい」

男「放課後の密室に2人で?喜んで行きます」

ツン「…私にも責任はあるわ、仕方ないからついてってあげる」

男「なにっ!?これは…修羅場!」

友「ねーよ」

風紀「早く来なさい」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 19:32:24.58 ID:yasr6uQIO
風紀「まさか校内で暴力沙汰とは」

ツン「いえ、それは私があの人に絡まれていたのをあの2人が助けてくれて…」

男「」ハラハラ

友「何やってんだお前?」

男「一触即発」

友「ねーよ」

風紀「2人とも話を聞きなさい!」

男「はい!」

友「いい返事するなお前」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 19:36:58.54 ID:yasr6uQIO
風紀「なるほどな。だが暴力は感心しないな」

友「ああいう奴は口で言っても聞かないんだ」

風紀「だからと言って殴っても何の解決にもならない」

友「口で解決できる程甘くないぞ?」

風紀「落ち着いて説得すれば大丈夫だ」

友「ほぉ?やってみろよ。放課後ならそこらじゅうでカツアゲ起きてっからよ」

風紀「そんな情報は入ってきていないぞ」

友「自分の目で確かめてみろよ」

男「俺空気」

ツン「なんか雰囲気悪いわね」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 19:39:58.07 ID:yasr6uQIO
風紀「もう問題を起こすなよ」

男「誓います」

友「けっ」

ツン「帰るわね。ばいばい」

男「ツンさん送ります」

ツン「………そう?またあんなやつらに絡まれたら嫌だしね。お願いしようかしら」

男「………!お任せ下さい」

友「じゃあな」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 19:46:45.87 ID:yasr6uQIO
男「」スタスタ

ツン「」スタスタ

男「あの…」

ツン「…………何よ」

男「付き合って下さい」

ツン「嫌よ!何なのあんた!何が目的なの!?」

男「彼女がほしい。それだけでございます」

ツン「なら他の子にしなさい!」

男「あなたが好きなのです」

ツン「ば、馬鹿な事言ってないでちゃんと送りなさい!」

男「はい」

ツン(何なのよこいつ)ドキドキ


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 19:51:52.39 ID:yasr6uQIO
飯食ってきます

ツン「ここでいいわ」

男「ではさようなら」

ツン「はいはい、じゃあね」

男「では」


男「今日のイベントはよかった…この調子でいけば間に合うな」

男「」スタスタ



男「ただいま」

妹「おかえりー」

男「おう」

妹「何だか制服汚れてるね?何かあったの?」

男「何もない」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 20:02:34.94 ID:yasr6uQIO
妹「ふーん…あ、夕飯できてるよ」

男「はいよ」

妹「私の手作りだよ♪」

男「はいはい」

妹「嬉しくないのー?」

男「妹に好かれてもなぁ」

妹「す、好きじゃないよ!」

男「なんてわかりやすい性格」

妹「お兄ちゃんのいじわるー」

男「早く飯食うぞ」

妹「はーい」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 20:16:44.49 ID:yasr6uQIO
男(なんとしてもクリスマスまでに…)

男(今のところ1番いけそうなのはツンさんだな)

男(絞っていくか?いや…まだ同時進行でいいか…焦る必要はない)

妹「…ちゃん!お兄ちゃん!」

男「ん?なんだ?」

妹「ちゃんと話聞いてよ!お兄ちゃんはクリスマス予定あるの?」

男「予定はない」

妹「…!じゃあさ!一緒に過ごそうよ!」

男「却下」

妹「なんでー?予定ないんでしょ?」

男「予定はないがこれからできるはずだ」

妹「何それ?」

男「明日も頑張るぞ」

妹「何張り切ってるの?」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 20:25:18.84 ID:yasr6uQIO
男「おはよう」

友「おはよ」

男「ツンさんおはよう」

ツン「お、おはよ」

男「今日も一緒に帰りましょうね」

ツン「……仕方ないから一緒に帰ってあげる」

男「ありがとうございます」


友「おい男!お前何やった!」

男「何が?」

友「ツンと一緒に帰る約束なんて…!」

男「当然の結果だ」

友「なんかむかつく」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 20:31:56.57 ID:yasr6uQIO
男「昼飯買ってくる」

友「いってらっしゃい」

男「」スタスタ

後輩「あ…」

男「………あ!後輩ちゃん!」

後輩「あ…あ…」ビクビク

男「ん?どうしたの?」スタスタ

後輩(昨日喧嘩してた…怖い人だ…)ビクビク

男「そういえば後輩ちゃんクラスは…」

後輩(に、逃げなきゃ…)タタタタ


男「…………何故?」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 20:43:52.45 ID:yasr6uQIO
男「………はぁ」

友「おかえり……どうした?」

男「後輩ちゃんに逃げられた」

友「まだ狙ってるのか。死ね」

男「何故だ後輩ちゃん…」

友「早く飯食おうぜ」

男「あ…」

友「どうした?」

男「昼飯買ってくるの忘れた」

友「…俺のパンを1つやろう」

男「ありがたくいただこう」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 20:49:10.05 ID:yasr6uQIO
男「」モグモグ

友「」ムシャムシャ

ツン「何?あんたたちパン1個なの?」

友「…悪いか?」

男「作るのが面倒です」

ツン「あんた作れるの?」

男「…変ですか?」

ツン「凄いわねあんた…初めて尊敬するわ」

男「ツンさんは料理が苦手で?」

ツン「ど、どうでもいいでしょそんなの!」

男「はい、どうでもいいですね」

ツン「じゃあね」スタスタ

友「ずいぶん仲良くなったなお前ら」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 20:57:45.55 ID:yasr6uQIO

男「散歩してくる」

友「もう十分だろ?」

男「何が?」

友「なんでもない…いってこい」

男「おう」

男「」スタスタ

「わっ!危ない!!」

男「ん?」

ドンッ

男「いてぇ」

「あたたた…ごめんね…?」

男「ん?なんだ幼なじみか」

幼「げっ、男…」

男「何だその反応」

幼「男と話してると疲れるからもういくわ」

男「疲れるとはなんだ。昔からの付き合いじゃないか、なぁ幼なじみ?」

幼「だから!幼なじみじゃないって言ってるでしょ!」

男「何でだ?」

幼「中学でずっと一緒のクラスなだけで幼なじみとは言わないの!」

男「いいじゃないか別に」

幼「私が嫌なの!」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 21:03:31.90 ID:yasr6uQIO
男「相変わらずの頑固者だな」

幼「それは男でしょ!もう行くから!じゃあね!」

男「あぁ」

男「さて今日はどこにいこうか…ん?あれは…」


後輩「あ…あの…」

男子「ちょっと金貸してよ?すぐ返すからさぁ」

後輩「私…持ってません…」

男子「は?嘘はよくないって!ほら、財布出しなよ」

後輩「嫌…です」

男子「早く出せよおら!」

「何をしているんだい?」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 21:08:21.65 ID:yasr6uQIO
男「そんなところで何を?」

男子「あぁ?なんでもねぇよ、あっちいけ」

後輩「あ…男さん…」

男「やぁ、後輩ちゃん」

男子「なんだ?知り合いか?はっはー…おいお前、ちょっとこっちこいよ」

男「なんだい?」スタスタ

男子「おらぁ!」ドゴッ

男「………!」

後輩「…!男さん!」

男子「おら!金出せよこら!」

男「君に渡すくらいなら…後輩ちゃんに渡す」

男子「意味わかんねぇんだよこらっ!」ドゴッ

後輩(なんで男さん…あんなに喧嘩強かったのに…)

「そこの生徒達!何しているんだ!」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 21:12:51.08 ID:yasr6uQIO
風紀「ん?喧嘩か。生徒から情報があったので来てみれば」

男子「ちっ…」

風紀「お前には生徒指導室に来てもらおうか」

男子「はいはい…」

風紀「さて…」

後輩「男…さん……大丈夫ですか?」

男「食った後に腹蹴られるのはきついね…ははは」

後輩「………男さん…」

風紀「やれやれ、また君か」

男「また僕です。運命でしょうか?」

風紀「なわけあるか。医務室にいきなさい」

後輩「私が…連れていきます…」

男「ありがとう。後輩ちゃん」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 21:17:37.88 ID:yasr6uQIO
男「いてて…」

風紀「男なら我慢しろ」

男「痛いんだから仕方ないです」

後輩「すみません…」

男「あぁ大丈夫だよ後輩ちゃん、僕が勝手にやったんだから」

後輩「……はぁ」

風紀「ほら、終わりだ」

男「おー……包帯下手ですね」

風紀「う、うるさい!次の授業は休んでろ!先生には私から伝えておくから!」

男「ありがとうございます」

後輩「また次の休み時間……来ます」

男「いいよ。それよりクラスどこ?」

後輩「………1‐Aです…」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 21:22:02.45 ID:yasr6uQIO
男「ふぅ…疲れた…」

男「しかし思わぬ収穫があった。まさかあの風紀委員と後輩ちゃんどちらともフラグが立つとは…いや、風紀委員はまだか?」

男「しかし後輩ちゃんのクラスはわかった。放課後は帰宅ルートと家の確認だな」


ガラガラ

「先生ー…あれ?誰もいないのかな?」

男「……この声は…」

シャー

幼「げっ…」

男「何しにきた」

幼「あはは…体育で怪我しちゃってさー、先生はいないの?」

男「いない……見せてみろ」

幼「え?」

男「怪我…見せてみろ」


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/12/09(水) 21:23:22.96 ID:9gpx8E/Q0
まさに二兎を追う者は一兎をも得ずだな



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 21:27:25.99 ID:yasr6uQIO
男「少ししみるぞ」

幼「いたた…」

男「よし、あとは包帯巻いて…」

幼「あ、ありがとー…よく薬とかわかったわね」

男「実はテキトー」

幼「ちょっと!?」

男「嘘だ。1年の頃に散々来たから覚えた」

幼「仮病でサボる為にホントに怪我してたもんね、あんた」

男「さすが、よく覚えてるな」

幼「た、たまたまだよ!それよりなんであんたがここに?」

男「かくかくしかじか」

幼「ふーん。いいことしたね!」

男「日本語便利」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 21:31:45.71 ID:yasr6uQIO
幼「その助けた後輩ちゃんって子…好きなの?」

男「俺が好きなのは…君だけだ」

幼「え…えぇ!?あわわわ…わ、私…」

男「おぉ、いけるかもしれない」

幼「もう授業戻るから!じゃあね!」

男「あぁ」


男「なるほど、幼なじみか…しかし家も知らないし、接点も少ないな…どうしたものか…」

男「………少し寝よう」


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 21:35:54.61 ID:yasr6uQIO
風紀「起きろ」

男「うーん…もう少し…」

後輩「あの…起きて下さい…授業…始まります…」

男「あと5分…」

風紀「暴力は嫌いなのだが…せいっ」ドゴッ

男「いてっ!……ん?風紀委員さんと後輩ちゃん」

風紀「風紀と呼べ」

男「ん?」

風紀「名前だ」

男「あぁ、風紀さん…何の用ですか?」

後輩「授業…始まります…」

風紀「もう授業に出ろ。ある程度痛みもひいたろ」

男「わかりました……もう少し優しく起こしてほしかったです」

風紀「ふん」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 21:40:17.91 ID:yasr6uQIO
友「おぉ帰ってきた」

男「必ず戻ると言っただろ?」

友「言ってねぇよ。しかしお前もいろいろ起こすな」

男「イベントは残らず回収しないと」

友「イベントって何だよ」

男「さて、放課後は忙しくなるな」

友「けっ、自慢かよ」

男「ん?」

友「ん?」

男「何が自慢なんだ?」

友「何でもねぇよ」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 21:45:55.87 ID:yasr6uQIO
友「さて、授業終ったし帰るか」

男「俺はやることがあるんでな」

友「はいはい、じゃあな」

男「おう」

男(まずは後輩ちゃんを調べるか)

ツン「ほら男、帰るわよ」

男「ん?………あ」

ツン「…?」

男(ツンさんと一緒に帰る約束してたのか…どうする?特に重要なイベントではないが後々きいてきそうだな)

男(まだツンさんとはそれほど進展していないから大丈夫…なはず)

男「えっと…すみません。少し用事があるので…」

ツン「はぁ?あんたから誘ってきといて…」

男「すみません…」

ツン「まぁいいわ。別に一緒に帰りたくもなかったし…じゃあね」

男「さようなら」

ツン「……ふん、何よあんなやつ」


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 21:53:44.20 ID:yasr6uQIO
男「さて…急いで後輩ちゃんの教室へ……ん?あれは…」

風紀「」スタスタ

男(向こうは不良グループがたまっている場所…よくカツアゲされている場所だな)

男(どうする…?風紀さんが心配だからついていくか…後輩ちゃんのルートを調べるか…)

男(後輩ちゃんは明日でも調べられるか…風紀さんの方にいってみよう)スタスタ


風紀「お前達、何をしているんだ?」

DQN「あぁ?」

DQN2「何だお前?あっちいってろ」

男子「ひぃ…お金もうありませんよ…」

風紀「カツアゲか…あいつらが言っていた通りだな」

DQN「痛い目にあいたくなかったらあっちいけ!」

風紀「カツアゲだけじゃなく暴力も行うのか。停学にはなるぞ?」

DQN2「うるせーんだよ!」

風紀「お前達がやめるまで動かないぞ。今すぐその生徒を離せ」


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 22:01:23.34 ID:yasr6uQIO
DQN「うるせぇんだよ!!おらぁ!!」

風紀「……!」

ドゴッ

風紀「……?」

男「女の子に手をあげるなよ…」

風紀「お、男!」

DQN「あぁ!?なんだてめぇは!!」

DQN2「ぶっ殺してやるよ!」

男「あ…やばい……おいお前」

男子「ひぃ…」

男「そう、お前。早く逃げろ」

男子「は、はい…ありがとうございますぅぅ」タタタタ

男「風紀さん、あなたも逃げて下さい」

風紀「…こいつらがやめるまで私は動かないぞ」

男「そんなこと言わないで…」

DQN「どこみてんだよおらぁ!」ドゴッ

男「げふっ」

DQN2「ひゃはははは!」ゲシッ

男「がはっ」

風紀「お前達!やめろ!」

DQN「聞こえませーん」

DQN2「ひひひひひひひ!」

男「ぐふっ…」

風紀「やめろ!!!」


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 22:05:21.09 ID:yasr6uQIO
先生「こらぁぁ!!お前ら何やってんだぁぁぁ!!」

DQN「げっ!」

DQN2「やばい!逃げるぞ!!」

先生「ったく…逃げ足の速いやつらだ」

風紀「男!大丈夫か!!」

男「…付き合ってくれれば…大丈夫…です」

風紀「冗談が言える元気があれば大丈夫だな、先生、この生徒を医務室に連れていきます」

先生「あぁ、うむ…手伝うよ」

風紀「いえ、大丈夫です。ほら、男…いくぞ」

男「もう少し…ゆっくり歩いて下さい…」

風紀「あぁ…すまん…」


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 22:12:09.61 ID:yasr6uQIO
男「………いてて」

風紀「まったく…君は怪我してばかりだな」

男「ははは…」

風紀「………悪かった」

男「…何がですか?」

風紀「あそこで君が助けてくれなければ…私が殴られていたよ」

男「いえいえ、僕がしたかったからしたんです、謝らないで下さい」

風紀「………昨日君達が言っていたように…言葉だけでは解決出来ないこともあるかもしれないな」

男「いえ、それは違いますよ」

風紀「ん?」

男「僕は手を出していませんし、結果的にはカツアゲされずに解決できました」

風紀「しかし君が…」

男「僕は大丈夫です…心配しないで下さい」

風紀「ありがとう…優しいな君は」

男「いえいえ」


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 22:16:26.13 ID:yasr6uQIO
風紀「ほら、治療終わったぞ」

男「ありがとうございます…いてて…」

風紀「一人で帰れるか?」

男「大丈夫です…」フラフラ

風紀「心配だ、送っていこう」

男「大丈夫ったら大丈夫です」フラフラ

風紀「やはり心配だ。ここで待っていろ、荷物を取ってくる」

男「……はい」


男(一緒に帰るイベントは起きたがまさか俺が送られるパターンとは…)

男(これは好意じゃなくてただの罪悪感からだな…進展なしか…)


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 22:20:38.89 ID:yasr6uQIO
風紀「ほら、私につかまれ」

男「そんな…」フラフラ

風紀「何を恥ずかしがっているんだ、ほら」グイッ

男「あ…ありがとうございます」

風紀「さて、君の家はどこかな?」

男「えーと…」



妹「おかえりお兄ちゃん!……!?」

男「ただいま…」

風紀「初めまして、風紀と言います。少し男さんが怪我をしてしまって…」

妹「あ…はい…」

男「ありがとうございます風紀さん」

風紀「では安静にしていろよ、失礼します」

妹「…ありがとうございました」


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 22:27:09.59 ID:yasr6uQIO
妹「何があったの?」

男「別に何も」

妹「そんなわけないでしょ」

男「…カツアゲ現場を目撃したから止めに入ったら殴られた」

妹「ふーん…お兄ちゃん偉いね」

男「今頃気付いたか」

妹「お兄ちゃんを送ってきた人……彼女?」

男「違う」

妹「そっか…綺麗な人だったね」

男「そうだろう?」

妹「惚れてるの?」

男「……さぁ?」

妹「何それ」

男「まだわからない」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 22:31:05.96 ID:yasr6uQIO
男「彼女だったらいいなぁとは思うけど」

妹「惚れてるじゃん」

男「憧れだと思うんだけどな」

妹「ふーん…私もお兄ちゃんに憧れてるよ?」

男「そうかそうか。もっと兄を敬え」

妹「気付けバカ兄」

男「昨日好きじゃないって言ってたろ」

妹「嫌いでもないもん」

男「なんだそれ」


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 22:35:15.12 ID:yasr6uQIO
男「いてて…もう寝るか」

妹「大丈夫?」

男「風呂入った時は地獄を見た」

妹「傷凄いもんね」

男「いてて…もう寝る。おやすみ」

妹「添い寝してあげようか?」

男「別にいいよ」

妹「もー!!」

男「いてて…」フラフラ

妹「………」ギュウウ

男「なんだ?」

妹「部屋まで連れてってあげる」

男「ありがとな」

妹「えへへ」


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 22:37:42.54 ID:yasr6uQIO
男「おやすみ」

妹「うん…」

男「ふぁぁ…」



ガチャ

男「…スー…スー…」

妹「失礼しまーす…」

妹「お兄ちゃん…寝てるよね?」

妹「へへっ…あったかーい」ゴソゴソ

妹「おやすみお兄ちゃん」ギュウウ

男「ううーん…」


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 22:41:11.16 ID:yasr6uQIO
男「…!?体が動かない!?まさか下半身不随とか!………ん?」

妹「」ギュウウ

男「………」

妹「…スー…スー…」ギュウウ

男「起きろバカ」

妹「うーん…はれ?お兄ちゃんおはよー」

男「おはよう。離れろ」

妹「え…?あっ!そうだよねごめん…」

男「ふぅ…んー体やっぱ痛いなぁ」

妹「大丈夫?」

男「まぁ日常生活には支障ないし…早く飯食おう」

妹「はーい」


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 22:46:30.82 ID:yasr6uQIO
男「おはよう」

友「おはよ……おぉ…」

男「なんだ?」

ツン「おはよ…ってあんた何かだんだん怪我増えてない?」

男「ツンさんおはようございます。少しありましてね」

ツン「ふーん…また喧嘩なんかしたら風紀委員に怒られるわよ?」

男「気をつけます。優しいんですねツンさんは」

ツン「べ、べつにあんたを心配して言ってるんじゃないんだからね!」

男「だんだんデレてきましたね」

ツン「はぁ?」

男「何でもありません。さぁもうすぐHRが始まりますよ」

友「なぁ男…何があったんだよ…」

男「何でもない」

友「…まぁお前がそういうなら聞かないよ」

男(友が聞いたら責任感じそうだしな…変なところだけ真面目だし…)


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 22:50:39.66 ID:yasr6uQIO
男「移動教室がつらいな…」フラフラ

友「大丈夫か?」

幼「あ!男と友君!…て男、どうしたの?」

男「何でもない」

幼「昨日より怪我増えてるし…」

男「辛い修業がやっと終わってな…」

幼「よくぞ耐え忍んだ」

男「はっ…ではさらば」タタタタ

友「待てよ男!じゃあね幼なじみちゃん!」

幼「またね!…って、はぐらかされた!」


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 22:58:14.51 ID:yasr6uQIO
男「授業終わった…やっと昼休みだ…」フラフラ

友「俺がお前の分もパン買ってくるから先に教室いってろ!」タタタタ

男「ありがとな…」フラフラ

ドンッ

男「ーーー!!」

後輩「あっ…すみません…って男さん!大丈夫ですか!?」

男「いたたたた…」

後輩「た、大変…どうしよう…」

ツン「んー男?何やってるの?」

後輩「あ…男さんと同じクラスの方…ですか…?」

ツン「そうだけど?」

後輩「男さんを…教室に運ぶの…手伝ってくれませんか…?」

ツン「……いいわよ。それじゃあなたはこいつの右肩をお願いね」

後輩「は…はい…」

ツン「それじゃいくわよ」

後輩「はい…」

男「恥ずかしい…けど体痛い…」


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 23:05:05.85 ID:yasr6uQIO
ツン「ありがとね」

後輩「は、はい…では…」タタタタ

男「いてて…」

ツン「あんた」

男「はい?」

ツン「昨日用事があるって言ってたわね?」

男「…はい」

ツン「何の用事?何でそんな怪我してるの?」

男「用事は言えません。怪我は不良に絡まれて…」

ツン「…はぁ…今日は一緒に帰るわよ」

男「え!?」

ツン「何よ。私から誘ってあげてるのに…嫌なの?」

男「いえいえ!滅相もございません!」

ツン「今日は私があんたを送ってあげるから…約束よ?」

男「はい!必ず!」

友「男ー!やきそばパンゲットできたぜ!!」

男「おぉ友、でかした」

友「早く飯にしようぜ!」

ツン「………」ギュッ



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 23:10:48.21 ID:yasr6uQIO
ツン「あ、あのさ…」

男「…?」

友「ん?」

ツン「あんたたちパンだけじゃ可哀相だから…おかず詰めてもってきてあげたわ」

男「本当ですか!?」

友「マジか!?」

ツン「おいしくないかもしれないけど…」

友「ひゃっほー!!いただきまーす!!」バクバク

ツン「あ…」

男「いただきますね」

ツン「…どうぞ」

男「」モグモグ

ツン「ど、どう?」

男「美味しいです。とても」

ツン「そ、そう。よかったわね…初めて作ったから心配だったのよ」

男(今気付いたが指に絆創膏が…)

男「初めてですか!凄く料理上手ですね」

ツン「あ、ありがと」


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 23:16:15.53 ID:yasr6uQIO
ツン「さぁ帰るわよ」

男「は、はい…」フラフラ

友「男大丈夫か?送っていこうか?」

ツン「……!」

男「大…丈夫だ」

友「そうか、それじゃまた明日な」

男「じゃあな」

ツン「ばいばい」

男「……さて、帰りましょうか」

ツン「仕方なく送ってあげるわ」

男「ありがとうございます」


ツン「大丈夫?」

男「いててて…痛みがなかなかひかなくて…」

ツン「わざわざ不良のたまり場なんかに行くからよ」

男「ははは…すみません」

ツン「私に謝っても仕方ないでしょ…ほら、家どこなの?」

男「あっちです」

ツン「それじゃ、いきましょう」


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 23:19:54.07 ID:yasr6uQIO
ツン「ねぇ…」

男「何ですか?」

ツン「あんた最初私の後ろつけて来ていたときに言ったわよね」

男「はて?」

ツン「私の家の方と同じ帰り道だって」

男「あぁ、そんなことがあったかもしれません」

ツン「なのにあんたの家ってぜんぜん方角違うじゃない!やっぱりあの時のあんたはストーカーだったの?」

男「遠回りして帰ってみたくなることありません?」

ツン「あるかも…」

男「そんな気分だったんですよ」

ツン「ふーん」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 23:23:37.54 ID:yasr6uQIO


男「あ、ここです」

ツン「そう」

ガチャ

妹「お兄ちゃんお帰りー!」

ツン「あら、こんばんは」

妹「え…あ…こんばんは」

男「ありがとうございます。助かりました」

ツン「もうたまり場にいっちゃダメよ?じゃあね」

男「さようなら」

妹「ありがとうございました…」

男「さて…着替えるか…いてて」フラフラ

妹「………」


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 23:55:16.19 ID:yasr6uQIO
妹「お兄ちゃん…あの人は誰?」

男「ん…あぁ同じクラスの人」

妹「ふーん…また綺麗な人だったね…彼女?」

男「彼女ではないな…」

妹「でも惚れてる?」

男「なんだろう…あの人は性格を知ってみたいという好奇心から…」

妹「なにそれ」

男「流して流して」

妹「それなら率直に聞くけどさ…お兄ちゃんて彼女いるの?」

男「いない。てかそんな悲しいこと言うなよ」

妹「ごめんなさい」


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/09(水) 23:59:45.49 ID:yasr6uQIO
妹「お兄ちゃんには彼女いないんだよね?ねぇ」

男「虐めるの楽しいか?」

妹「べっつにー♪そっか、彼女いないのかー」

男「もう飯食って風呂入って寝る」

妹「はいはい夕飯できてるよー♪」

男「なんだよ…お前少し気持ち悪いぞ」

妹「えへへへへ…」

男「…?」モグモグ


男「ごちそうさま」

妹「後片付けしておくねー」カチャカチャ

男「頼む、風呂入ってくるわ…いてて…」フラフラ

妹「はーい」


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/10(木) 00:04:39.90 ID:ApM/gnMlO
男「ふぅ…何なんだ妹のやつ…」

男「まぁいい…えーと…ツンさんはある程度うまくいってるから…あとは後輩ちゃんと、風紀さんと…幼なじみか?」

男「後輩ちゃんはルート調べないといけないし、風紀さんと関わったらまた面倒なことになりそうだ…幼なじみは接点がなかなかないな…」

男「今のこの体じゃ後輩ちゃんを調べるのは無理だな…同じく風紀さんも…てことは幼なじみか…」

男「明日散歩…できるかなぁ…」


 
115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/12/10(木) 00:07:49.79 ID:ApM/gnMlO
男「ふぅ…もう寝るか…」

妹「お兄ちゃーん!一緒に寝よう!」ギュウウ

男「いたいいたい!!」

妹「へへー…一緒に寝よう?」ギュウウ

男「わかった!わかったから!」

妹「よっし!それじゃ早く!」モゾモゾ

男「まったく…妹に好かれても何のイベントも期待できないのに…」

妹「お兄ちゃんおやすみー♪」

男「はいはいおやすみ」





似たようなスレ
男「エロゲみたいな恋がしたい!!!!!」友「えー」
関連記事
[ 2012/03/03 15:56 ] 男「」or女「」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ