FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エルフ「早く来なさい、奴隷」 男「へっ」2/2


エルフ「早く来なさい、奴隷」 男「へっ」



125 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 19:26:21.15 ID:M0t5A9Vto

数刻後 屋敷 うす暗い食堂


白髪「座れよ」

男「……このままでいい」

白髪「そうか」

男「……」

白髪「今頃はご主人を人質に、同胞たちが村を制圧してるだろうな」

男「なんでだ?」

白髪「ん?」

男「なんでこんなことを……」

白髪「やられたことはやり返したい。そう思うのが自然だ。違うか?」

男「それは……」

白髪「違わないだろ?」





元スレ
エルフ「早く来なさい、奴隷」 男「へっ」
[SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServise掲示板]

男「エルフを買っt エルフ「新しい家ー!」




126 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 19:27:06.98 ID:M0t5A9Vto

白髪「まあ、そういうわけだ」

男「でもお前はあいつのことが……!」

白髪「言うな」キッ

男「っ……そ、それに、こんなことしたって何になる!? どうせ――」

白髪「どうせ、大した反抗になりゃしない。数年前のエルフ達の革命とは違う。
   小さな村の小さな反逆にすぎない。だが俺は言ったろ? ささやかなしっぺ返しだとな」

男「すぐにバレて別の村や王都からエルフ兵たちが来る! 死ぬつもりかよ!?」

白髪「奴隷ってのは生きてるのかな」

男「え?」



127 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 19:28:23.47 ID:M0t5A9Vto

白髪「俺は思うんだよ。数年前のエルフ達の反乱。その時に人間は、人間としての生き方を失ったってな」

男「もう死んでるのと同じ……そういうことか?」

白髪「そう。どうせ人間は既にあのときに死んでいる。なら、一瞬だけでも人間としての誇りを取り戻し、そして死ぬ」

男「……」

白髪「俺たちはそういう道を選んだんだ」

男「そんなの……」

白髪「お前に否定できるか?」

男「……くっ」

白髪「お前はもう休め。後は俺たちがやる」スク

男「……」

白髪「なんなら」

男「……?」

白髪「なんならお前は逃げてもいい」

男「っ! 馬鹿にするな!」

白髪「……そうか」ガチャ

 ……バタン

     ・
     ・
     ・



128 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 19:29:35.32 ID:M0t5A9Vto

翌日 夕方 村の広場


  「人間ばんざーい!」「人間ばんざーい!」

  「おーら飲め飲め!」「こっちにも一杯くれえ!」

男「……」

男「……」クイ ゴクリ

男「……」

男(……制圧はあっという間だった。眠れない夜が明けてみれば、全てが終わっていた)

男(村のエルフ達の抵抗は微々たるもの。人質がよほど慕われていた、ってことか)

男「……」

男(あいつは、無事かな。乱暴はされてねえかな……)

男「チッ……俺があいつの心配なんてよ!」グイ! ゴクゴク!

  「おお。いい飲みっぷりだな! もう一杯どうだ?」

男「どんどん持ってきてくれっ!」



129 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 19:30:38.34 ID:M0t5A9Vto

村の外れ


白髪「……」グイ ゴクリ

白髪「プハ……」

白髪「……」

白髪「今夜も星がきれいだな」

白髪「こんな夜は、思い出すよ」

  『おい若白髪。ちょっとこっちを手伝ってくれ』

  『見かけによらず力持ちだな』

白髪「……」

  『女らしくない? 長の娘に向かってその言い方はなんだ!』

  『……』

  『……これでどうだ? 少しは可愛げが、出ただろうか?』

  『! 本当か……!?』

白髪「はは……」



130 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 19:31:10.49 ID:M0t5A9Vto

  『おい若白髪。……そっちに行ってもいいか?』

  『あの、な。嫌ならいいんだが』

  『手を……つなぎたい』

白髪「……」

  『ずっと、一緒にいような』

  『ずっと……』

白髪「っ……」

白髪「くっ……!」ポイ!

 ――ガシャン!

     ・
     ・
     ・



131 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 19:32:04.54 ID:M0t5A9Vto

  「おい、こいつ大丈夫か……?」

  「さっきまで大騒ぎしてたのにな」

男「――」

  「まあ、俺たちは、先が長くないからな」

  「自由になった嬉しさともうすぐ殺されることへの恐怖でハイになったのか」

男「うう――」

  「……寝かせといてやろう」

  「そうだな」

男「――くそ……っ」



132 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/27(月) 19:32:36.91 ID:M0t5A9Vto


 ――その日、夢は見なかった



139 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:04:11.47 ID:AqnSLWHMo

     ・
     ・
     ・

男「――」

男「……う」

男「ここは……」

白髪「屋敷だよ」

男「白……」

白髪「飲み過ぎだ馬鹿。ここまで俺が運んでやったんだぞ」

男「……。暗いな」

白髪「もう夕方だ。お前は昨日からずっと寝てた」

男「そうか……」

白髪「気になるなら会いに行ったらどうだ?」

男「え?」

白髪「ご主人は穀物庫に閉じ込められてる」

男「……」



140 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:05:02.08 ID:AqnSLWHMo

白髪「今日しか会えないぞ」

男「それはどういう意味だ……?」

白髪「ご主人は明日死ぬ」

男「何……!?」

白髪「処刑だ」

男「ッ!」

白髪「睨むな」

男「……。明日の、いつだ」

白髪「朝。日が昇るのと同時に」

男「すぐじゃねえか!」

白髪「だから言ってるんだよ。会ってこいってな」

男「ぐ……」



141 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:06:09.36 ID:AqnSLWHMo

白髪「俺は知ってる」

男「……」

白髪「お前自身がなんと言おうとお前は彼女が好きだ。俺の彼女への好意以上で間違いない」

男「そんなこと……」

白髪「あるさ。俺のは仮初の愛だからな」

男「……?」

白髪「気にするな。何でもない。立てよ」

男「……」

白髪「よし。そしたら行け。ほら」ドン

男「っ……」

男「……」

     ・
     ・
     ・



142 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:07:05.26 ID:AqnSLWHMo

 ギィ……


エルフ「……?」

男「……」

エルフ「……あらあら、あなたとはね」

男「傷……殴られたのか」

エルフ「顔を少しね。犯されてはないわよ? 幸いにして」

男「……」

エルフ「安心した?」

男「……馬鹿言え」

エルフ「ふふ……」

男「縄、きつくないか?」

エルフ「平気。ねえ、そばまで来てくれない?」

男「……」

エルフ「そしたら隣。座って」

男「……」トス

エルフ「ふー……なんだか、これで安心」

男「そうかよ……」



143 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:08:02.62 ID:AqnSLWHMo

エルフ「……」ソッ

男「もたれかかるな」

エルフ「でもあなたも嫌がってない」

男「チッ……」

エルフ「いいでしょ。最後くらい」

男「……なあ」

エルフ「何?」

男「あの時。なんて言おうとしたんだ?」

エルフ「……」

  『わたしは――』

エルフ「なんでもないわ」

男「言えよ。最後なんだろ」

エルフ「このまま墓地まで持っていく。その方がつらくなくていい」

男「……。ならそんな苦しそうな顔するなよ」

エルフ「……」



144 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:08:49.72 ID:AqnSLWHMo

エルフ「いい。わたしが我慢すればいいことだもの」

男「……明日の日の出だそうだ」

エルフ「処刑ね」

男「怖いか?」

エルフ「いいえ」

男「……」

エルフ「……」

男(嘘つけ……こんなに震えてるくせして)

エルフ「ねえ」

男「なんだ?」

エルフ「どうせならあなたに殺されたいんだけれど。今」

男「……できねえ」

エルフ「お願い」

男「できねえよ」

エルフ「……」




146 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:09:44.42 ID:AqnSLWHMo

男「確かに俺は、いつもお前を殺してやろうと思ってた。その機会も待ってた。余裕ブッこきやがって、とか思いながらな」

エルフ「余裕、ね」

男「お前は俺たちにはできねえと踏んでたろうけどな」

エルフ「違うわよ」

男「違わねえだろ」

エルフ「違うわ。わたしはただ……あなたを信頼してたから」

男「え?」

エルフ「あなたになら何をされてもいいと思ってたから」

男「……」

男「……っ」スク



147 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:11:07.45 ID:AqnSLWHMo

エルフ「……」

男「……行く。じゃあな」

エルフ「ええ。でも最後に」

男「なんだ?」

エルフ「これからあなたたちは死ぬつもりでしょうけど。あなただけは生きなさい」

男「……」

エルフ「これは命令よ。ご主人様の命令は絶対。いいわね」

男「……ああ」

エルフ「それからもう一つ」

男「……?」

エルフ「……」

エルフ「好き、です。今度こそ間違いなく」

男「……」ギィ

エルフ「……さようなら」

 ――バタン



148 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:11:37.07 ID:AqnSLWHMo


『好きです。多分ね』




149 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:12:09.34 ID:AqnSLWHMo

 バタン

男「……」

男「……星か」

 ――涙が流れるのはなぜだろう

男「……」

男「あいつは、泣いてなかったな……」

 ――頬が冷たかった



150 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:12:57.11 ID:AqnSLWHMo

酒場


  「最後だ! おめーら飲み残すんじゃねーぞ!」

男「……」ギィ

  「お? お前も飲みに来たのか。それじゃあ……」

男「……」ガシ

  「な……ちょ、ちょっと待て、その酒はまずい――!」

男「……」グイ!

男「……ごふッ!」

  「あ、ああ……!?」

男「――」ドサ

  「い、言わんこっちゃない!」



151 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:13:38.47 ID:AqnSLWHMo

     ・
     ・
     ・

 ――ザザー……ン

(……なあ)

  『ん? なに?』

(お前は、幸せだったかな)

  『……』

(……)

  『へへ。聞くまでもないでしょ』

(そうか……?)

  『あたしは幸せ! あなたと会ってからずっと! 幸せだったよ!』

(……)

  『あ。泣いてる?』

(そうか……そうだな。俺も幸せだった。お前と会えてよかった)

  『うん』

(……ああ、これで十分だ……じゃあな)

  『……うん』



152 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:16:18.52 ID:AqnSLWHMo

 ――遠のく意識。その中でしかし

  『……やっぱり待って』

 ――声がした

  『あたし、もっと幸せになりたいな』

(え……?)

  『ほら、あたしって欲張りだし』

(でも)

  『いーからいーから。迎えに来て。早くね』

(でも俺は!)

  『待ってるから!』

(――!)

 ――今度こそ暗闇が全てを覆った



153 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:17:05.34 ID:AqnSLWHMo

◆◇◆◇◆

一緒に丘で星を見た夜 その帰り


エルフ「さくさく歩いて」

男「おぶってる方の身にもなれ」

エルフ「ねえ」

男「何だよ」

エルフ「わたしとあなた。ずっと一緒よ? いいわね?」

男「……どうせ選択肢なんてないくせに」

エルフ「ふふ。そうね、安心したわ」

男「……」


◆◇◆◇◆



154 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 00:17:59.53 ID:AqnSLWHMo

男「っ……ゴホッ! ゲホッ!」

  「起きたぞ!」

  「馬鹿野郎、あんな強い酒を一気飲みしやがって!」

男「……っ……っ」ゼィ ハァ

  「大丈夫か? 気分はどうだ?」

男「……」ハァ……

男「なんか……すっきりした」

  「ん?」

男「行かなきゃ。いくらなんでも待たせすぎだ」ムクリ

  「おい、もう立って大丈夫なのかよ」

男「ずいぶん遅れたよ。遠回りだった」

  「聞いてるのか?」

男「行ってくる。……言ってくる」ニッ!

  「なんか、良くわかんねえが……」

  「応援はさせてもらうぜ。最後だしな。頑張れよ!」

男「……」ダッ

  「気をつけてな!」

男「おう!」バタン!

男(……待ってろよ!)


 ――やっぱり星の綺麗な夜だった



166 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:34:31.05 ID:AqnSLWHMo

村の外れ 穀物庫から少し


白髪「……」

白髪「夜も更けたな。行くか」

白髪「……!」

白髪「……よお」

男「ああ」

白髪「なにか用か。俺はこれから処刑の準備をしなけりゃならない」

男「それに関して用がある。俺はそれを止めなけりゃならない」

白髪「……正気か?」

男「本気だ」スッ

白髪「銀のナイフ……」

男「しまいっぱなしだった」

白髪「……参ったね。俺は今丸腰だ。これから準備するところだったからな」

男「だろうな」



167 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:35:35.62 ID:AqnSLWHMo

白髪「……」ジリ

男「……」ジリ……

白髪「……」

男「……」

白髪「……やめた」

男「ん?」

白髪「俺が武器持ちのお前に敵うはずないだろ。なにやらすっきりした顔もしてるしな。覚悟ができてるようだ」

男「そうかもな」

白髪「もう一度聞くが、正気か?」

男「もう十分だろ。俺はそう思う。人間がゴシュジンサマだった時間の方がはるかに長えんだ」

白髪「帳尻は合ってる……そういうことか」



168 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:36:21.46 ID:AqnSLWHMo

白髪「だがよく考えろ、お前のそれは人間種族全てを裏切るに等しいんだぞ」

男「俺のな……昔の知り合いが言ってた。奴隷は二つ一緒には拾えない者なんだと」

白髪「……?」

男「俺が今拾えるのはあいつか、それともあいつ以外の全部。どちらか一方だ」

白髪「……」

男「なら話は簡単、俺はあいつを取る」

白髪「……くくっ」

男「?」

白髪「ふ、はは。なんだかお前らしい」

男「……」

白髪「俺にもお前ぐらいの思い切りの良さがあったら。そう思うよ」

男「そうか」

白髪「ああ、十分だ。俺を殺して行け。ご主人を抱きしめてやれ」

男「……」

白髪「あばよ。相棒」ニッ



169 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:37:08.06 ID:AqnSLWHMo

男「俺は東側から逃げる」

白髪「ん?」

男「追わないでくれると、助かる」

白髪「……俺を殺さないのか? ならそれは無理だ」

男「そうか。そうだよな」

白髪「殺せよ。"あいつ"のいないこの世に未練なんてない」

男「お前の事情なんか知るか。汚れた手で"あいつ"は抱けない、それだけだよ」

白髪「くくっ、自分勝手だな」

男「中間を取ろう。お前にはしばらく気絶してもらう」

白髪「自分勝手だ。まったくもって」

男「あばよ」

白髪「俺は追うぞ」

男「信じてるよ。相棒」

白髪「……くくっ」


 ――ガッ! ドサ……



170 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:38:27.14 ID:AqnSLWHMo

エルフ「……」


 ギィ……


エルフ「……?」

男「よお」

エルフ「……ようやくわたしを殺してくれる気になった?」

男「ナイフも用意した」ツカツカ

エルフ「そう……」

男「動くなよ。傷がつくかもしれねえ」スッ

エルフ「え?」

男「ん……やっぱりナイフ一本で縄はきついな」

エルフ「何をしてるの?」

男「お前を助ける」

エルフ「無理よ」

男「好きだ」

エルフ「え……」

男「……それだけだ」



171 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:39:33.39 ID:AqnSLWHMo

エルフ「……まさか」

男「……」

エルフ「ねえ、お願い……変な期待はさせないで。わたしはもう十分すり減ったのよ」

男「……」

エルフ「……思い出したの?」

男「とっくの昔に気付いていたさ。そのはずだった。でも俺は気付きたくなかったから気付けなかった」

エルフ「……」

男「泣くなよ?」

エルフ「っ……」

男「っと。切れた」

エルフ「っ!」ガバ

男「うお!?」ドサ



172 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:40:26.24 ID:AqnSLWHMo

エルフ「わたしは……!」

エルフ「いいえ、"あたし"は! ずっと待ってた……っ」ギュッ

男「……泣くな」ナデ

エルフ「っ……あったかい……っ」

男「……」ナデナデ

エルフ「あったかいよぉ……っ」

男「ああ。俺もだ」

エルフ「……っ……っ」

男「……俺もだ」



173 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:41:09.46 ID:AqnSLWHMo

     ・
     ・
     ・

  「大丈夫か、白」

白髪「ぐ……」

  「頭を強打されている。意識はしっかりしてるか?」

白髪「ああ……」

  「誰にやられた?」

白髪「……」

  「おい?」

白髪「……あの女エルフだ」

  「まさか、あの女か!?」

白髪「隙を突かれた。ちくしょう、取り逃がした!」

  「チッ! 探さねえと!」

白髪「お前たちは」

白髪「……」

白髪「"西側"を頼む! 俺は東側を探す!」

  「分かった!」ダダッ!



174 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:41:42.77 ID:AqnSLWHMo

白髪「……」

白髪「くくっ。何やってんのかね、俺は」

白髪「ハァ……もう五年。それぐらいになるのか」

白髪「星……こんな日なのに格別きれいだな」

  『早く来い、若白髪』

白髪「……」

白髪「お前に、会いたいよ……くそ……くそっ」

     ・
     ・
     ・



175 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:43:26.14 ID:AqnSLWHMo

男「ハァ ハァ……」

 ――あの日と同じように森の中を歩いていた

エルフ「……」

 ――あの日と同じように憔悴した想い人を背負って

男「っ……ハァ……!」

 ――いや、違う。あの日とは

 ――背の高さが逆転した。彼女の笑い方は美しくなった。もう壊れていない。そして俺はずいぶんひねくれた

 ――それらすべての変化を認めるのが怖かった

 ――もうあの日は取り戻せない。それを強く意識してしまうから

 ――『変わったから気付かなかった』わけではない。『変わったことを認めたくなかったから気付けなかった』

男「でも……もう違う」

エルフ「ええ……」

男「行こう。海だ」

エルフ「どこにでも行くわ。あなたと一緒なら」

男「ああ……!」



176 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:43:53.00 ID:AqnSLWHMo

 ――ズル!

男「!」

 ドサ!

男「つぅ……」

エルフ「っ……」

男「大丈夫か……?」

エルフ「ええ……」

男(まだ行ける……まだ)


 ガサガサ!


男(!?)


178 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:45:08.38 ID:AqnSLWHMo

  「そっちはどうだ!?」「いない!」

男(……追手か。そりゃそうだよな)

  「俺はこっちを探す!」

男(来る。仕方ねえ……)ザッ


 ――キュッ


男「……?」

エルフ「行かないで……」

男「……俺が囮になる。その間に逃げてくれ」

エルフ「もうわたしを一人にしないで。お願い」

男「けど……!」

エルフ「守らなくてもいい。最後まで一緒にいてほしいの……」

男「……。分かった」ギュッ

エルフ「……」ギュッ


 ガサガサ……ガサガサ……


男(見つかる……)


 ――ガサッ!



179 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:45:45.58 ID:AqnSLWHMo

  「うわ!?」

兎「……」ピョン!

  「な、なんだ兎か」「どうした!?」

  「いや、何でもない。茂みから兎が出てきただけだ」「そうか。だがこれだけ探してもいないとなると……」

  「場所を変える! 行くぞ!」「おう!」


 ガサガサ ガサガサ……


男・エルフ「……」



180 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:46:49.82 ID:AqnSLWHMo

 ――エルフが力を持つのはおとぎ話の中だけ。奇跡が起こるのもおとぎ話の中だけ

 ――だからこれはただの偶然。偶然見つからなかっただけ


男「……行くか」

エルフ「……ええ」


 ――その偶然を足がかりにして、立ち上がる


男「ほら」

エルフ「いえ、もう自分で歩けるわ」

男「そうか?」

エルフ「今度は一緒に歩きたいの」

男「そうか」

エルフ「行きましょう」


エルフ「……早く来なさい、奴隷」


男「……」

男「へっ」


 ――潮騒が聞こえる。そんな気がした

     ・
     ・
     ・


183 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:54:52.56 ID:AqnSLWHMo


エピローグ:一緒に星を見に行く、ということ




184 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:55:33.21 ID:AqnSLWHMo

     ・
     ・
     ・

 ――ザザー……ン サラサラ……


「――ねえ。見て」

  「ん?」

「どうかしら」

  「花の首飾り、ねえ。ちょっと趣味が子供っぽくないか?」

「そんなことないわよ」

  「あるって」


 ――ザザー……ン サラサラ……


「そんなこと言われても。あなたの分もあるのだけれど」

  「……」

「待ちなさい」

  「誰がつけるかそんなもん!」

「待ちなさい!」



185 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:56:29.00 ID:AqnSLWHMo

 ――海が見える花の丘の近くに小さな家を建てた

 ――主人と奴隷、二人だけの家

「観念しなさいご主人様!」

  「勘弁してくれゴシュジンサマ!」

 ――互いが互いの主人で、同じように奴隷でもある

 ――あたたかなこの場所で、ずっと彼女のものであろうと思う

 ――変わってしまったものは取り戻せなくとも。並んで星を見に行くことはできるから



186 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:57:20.50 ID:AqnSLWHMo

「やっぱり好きな人に抱かれるって素敵よね」

  「ん……?」

「ううん。何でもない」

  「そうか」

「いい夜ね。行きましょう」

  「星か?」

「ええそうよ」

  「よし」

「……」タタタ

  「ん? どうした?」



187 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]投稿日:2012/02/28(火) 18:57:48.03 ID:AqnSLWHMo


「……早く来て、あなた」

  「……」



  「へへっ」



(おわり)



188 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/28(火) 18:58:28.71 ID:AqnSLWHMo
俺のわがままこれにて終了。少しはハッピーエンドぽくなったでしょうか
お付き合いサンクスでした。楽しかったです。それではまたそのうち


189 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/28(火) 18:58:30.78 ID:C3itrlzXo
乙カレー



190 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage]投稿日:2012/02/28(火) 19:01:57.95 ID:aKBUVQY+o

次回作期待してる


191 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage]投稿日:2012/02/28(火) 19:02:01.04 ID:C+8NUwZBo
乙!
いい話だった


192 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(徳島県)[sage]投稿日:2012/02/28(火) 19:05:36.74 ID:irk35VT3o


感動した


193 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(空)[sage]投稿日:2012/02/28(火) 19:10:02.50 ID:W3m5r3uJo



194 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]投稿日:2012/02/28(火) 19:12:45.38 ID:Lu7TFiQV0

次回作も期待しているよ。


195 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[]投稿日:2012/02/28(火) 19:14:52.55 ID:4gbAn4h4o
おつおつ


196 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage]投稿日:2012/02/28(火) 19:21:03.66 ID:KUFn5V3eo
なんか無性にすっきり
乙でした


197 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東)[sage]投稿日:2012/02/28(火) 19:24:17.02 ID:v3w2YlYAO



198 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/28(火) 19:30:16.86 ID:c7cSVNYb0
うん、普通に言い話だった
1乙



199 名前:たわし[sage]投稿日:2012/02/28(火) 19:33:35.39 ID:dAUv5+UIO
良い終わり方だった。お疲れ様でした





200 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/28(火) 19:41:23.50 ID:AqnSLWHMo
迷ったけれど、せっかくだし話の中で書き洩らしたことを落としとく
・エルフは別にエッチ大好きというわけではない。それを強要されるのが食事とかと同じレベルで普通だと思っていた
・白髪のその後→村の奴隷たちで盗賊団結成。数年後に幼女エルフを拾う。海にもいくかもしれない


201 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県)[]投稿日:2012/02/28(火) 19:44:25.43 ID:cEoRpAO0o
乙!


202 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/28(火) 19:47:03.47 ID:+/tPF4GIO
おつ


203 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/28(火) 20:01:03.61 ID:+rxepo1SO


終わったから聞こうと思ってたことを
お前魔王娘とか書いたやつだろ


204 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県)[]投稿日:2012/02/28(火) 20:18:12.60 ID:FeHlOP9t0



205 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/28(火) 20:22:48.06 ID:AqnSLWHMo
>>203
……特有のキモさでも滲みでてますかね?


206 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/28(火) 20:24:53.84 ID:Swagz/LDO
乙。


207 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/28(火) 21:49:57.12 ID:SjPJJPCSO




208 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[sage]投稿日:2012/02/28(火) 21:51:51.32 ID:szx/pXV5o



209 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank)[sage]投稿日:2012/02/28(火) 21:52:39.62 ID:Sn5FUEbxo

終わった今だから言うけども、終始スレタイで某ピンクベストの芸人が頭をチラついていたぜ


210 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/28(火) 22:10:19.11 ID:+rxepo1SO
>>205

◆◇◆◇◆
これに見覚えがあった


211 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県)[sage]投稿日:2012/02/28(火) 22:16:02.06 ID:71EqeffZo



212 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/28(火) 22:25:41.66 ID:RTfaYxLwo



213 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長野県)[sage]投稿日:2012/02/28(火) 22:46:21.77 ID:4of/ZfCRo
乙!良かった


214 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/28(火) 22:51:31.00 ID:AqnSLWHMo
>>210
なるほど。なんだか安心しました
ただ、それの使用は抑えた方がよさそうですね。なんとなくですが



215 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東)[sage]投稿日:2012/02/29(水) 00:06:22.28 ID:nbDjTLvAO



216 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/29(水) 00:08:23.07 ID:Q/n99Ajko



217 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/29(水) 00:54:11.07 ID:SK3E3v/SO
>>214
その辺はどうこう言うつもりはないからテキトーに

次もまたどこかで会えることを楽しみにする


218 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(兵庫県)[sage]投稿日:2012/02/29(水) 01:01:15.47 ID:VmLRKMYho
乙ー


219 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/29(水) 01:02:11.68 ID:1bo8g5Fi0

これの前日譚読みに行ってくるよ


220 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方)[sage]投稿日:2012/02/29(水) 01:15:50.23 ID:3Cv4AvMb0



221 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県)[sage]投稿日:2012/02/29(水) 01:58:02.08 ID:5s0wKS0Do
魔王の娘って何だか気になる
SS自体は終わったことだし差し支えなかったら教えてくれ
魔王娘って聞いてピンと来るのが未だに飯がうまいの魔王だわ


222 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/29(水) 03:41:04.18 ID:DWQ9EnbIO
>>200
お前最後の最後になんてことを……
白髪のスピンオフ読みたくなってしまったじゃねえか


223 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県)[sage]投稿日:2012/02/29(水) 07:48:56.78 ID:ubXDCy1go
魔王「我輩と一緒に世界を救ってくれ」
勇者「観光地から出られなくなった」 女魔術士「困ったわね」
女魔術士「魔王探し?」
魔王娘「さあ行こう、学者様!」 歴史学者「その呼び方はやめてよ姉さん」

こんなもんか


224 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県)[sage]投稿日:2012/02/29(水) 07:56:01.47 ID:ubXDCy1go
魔王娘「繋いだ手と手」 歴史学者「優しい真実」
これもだな


225 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/29(水) 08:52:15.54 ID:ILQlpBCU0
おつでしたー
いいラストでした次回作期待!


226 名前:1[sage]投稿日:2012/02/29(水) 09:04:24.44 ID:DPsmPsLNo
>>217 俺も楽しみにしてます

>>221
>>223>>224の通りです>>223の方どうもでした)
ですがちょっと黒歴史入ってるのであまり期待しないでください……
俺の魔王勇者ものだったら「捕まえた」シリーズがまだ読める方です(ただし「勇者と魔王、捕まえた」は黒歴史)


227 名前:1[sage]投稿日:2012/02/29(水) 09:23:41.73 ID:DPsmPsLNo
あと、白髪のスピンオフは実は書く気満々です
ですが正直今はしんどいのでこのスレではやりません。気が向いた時に新しくスレを立てます
スレタイに「白髪」と「エルフ」というワードは入れるので、思い出した時にでもググってみてください


228 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県)[sage]投稿日:2012/02/29(水) 09:29:35.91 ID:5s0wKS0Do
>>223-224,226
魔王娘ってまだ製速時代のアレか
二スレ目だけdat残ってたわ
1つめと2つめは既読だし意外と知ってるもんだなあ
詳しく補足ありがとう


229 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/29(水) 13:24:28.19 ID:FVn9JrBIO



230 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[]投稿日:2012/02/29(水) 13:43:27.50 ID:Ios/ELsP0
おもしろかった。乙


231 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/29(水) 14:15:30.06 ID:SK3E3v/SO
あともう一つ聞きたいことが
異形使い云々は結局どうなった


232 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2012/02/29(水) 14:45:44.60 ID:DPsmPsLNo
異形使い……「捕まえた」が派手にコケたので、ほとぼりが冷めたらと思っているうちにずるずると来てしまいました
そろそろやろうとは思っています


233 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage]投稿日:2012/02/29(水) 17:00:38.88 ID:T1CneQAVo
捕まえたも>>1だったか
まあ気負わずにな、どっちも舞ってる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
[ 2012/03/02 23:44 ] ファンタジー系SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/426-de82aaf7

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ