FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「魔王を助けてやってくれ」勇者「え?」7/10


「魔王を助けてやってくれ」勇者「え?」



499 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/03(土) 21:49:51.07 ID:8tWHkztno

魔王「とにかく、叱りますね。いいですか、魔物さん。私は今からあなたを叱るんですよ?」

魔物「ンwwwwwwオwwwwwwヨクミタラwwwwwオッパイデカイwwwwwジュクジョモエノwwwwwオレニトッテハwwwwテンスウタカイデスヨコレwwwww」

魔王「だ、だめですよ。女の人をそういう目でだけで見ては」オロオロ

魔物「オッパイマミマミシタイwwwwwwwwww」

側近「……」

勇者「大丈夫だって、側近さん。いつか大きくなるよ」

勇者父「むしろ大きくならないでくれ」

側近(くっ、こ、この親子。できることなら八つ裂きにしたいっ……!)






元スレ
「魔王を助けてやってくれ」勇者「え?」
[SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServise掲示板]




500 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/03(土) 21:50:18.33 ID:8tWHkztno

魔物「チwwwwチwwwwチwwwwチwwwwヲッパーイwwwwwボイーンwwwボイーンwwwww」

魔王「だ、だから、そ、そういう目では……うぅ……」

勇者「なにをやっているんですか魔王。この前のカンダタみたいにバイーンとやっちゃってくださいよ」

魔王「ご、ごめんなさい」

魔物「ヘイヘイwwwwwマオウサマwwwwwビビッテルwwwwwww」

魔王「も、もうっ、そういうこといっちゃメッ!」ツンッ

魔物「ギャアァァアアアアアアアアアア!!!!!!!ウデガァアアアアアアアアアア!!!!!!!!!」

戦士「魔物君の腕、ふっとばされたー!!!!」



501 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/03(土) 21:50:56.87 ID:8tWHkztno

魔王「ど、どうしましょ~……。こ、ここまでつよくやるつもりは、なかったんですけど」

魔物「イタイヨオオオオ!!!タスケテヨオオオ!!」

側近「助けてほしければマオウサマとやらの名前を言うがいい!!」

魔物「オ、オルゴ・デミーラサマダヨオオオオオオオ!!!ダカラナオシテエエエエエエ!!!イダイヨオオ!!!」

側近「オルゴ・デミーラ……?」

勇者「なんか聞いたことある」

勇者父「お前がゴルゴゴルゴいっていたやつじゃねーの」

勇者「あ、そうかも」

勇者父「もー、有名なスナイパーさんと間違えるなんて勇者はドジっ子だなあ!」

勇者「えへ☆」

魔物「イイカラタスケロヨオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!」



502 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/03(土) 21:51:30.90 ID:8tWHkztno

側近「あの魔物は回復させた後、牢屋の中にいれてきました」

勇者父「さすが側近、行動ははやい」

勇者「胸がない分、はやいんだよ」

側近「みんな違って、みんないいんだ!!!!」

僧侶(その通りだよ、側近さん。がんばれ側近さん)



504 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/03(土) 21:52:13.21 ID:8tWHkztno

勇者「これで、賢者さん達が崇める神様が魔王だということがわかりました」

勇者父「魔王といえば、同じ魔王の魔王。魔王について魔王は知っていますか?」

戦士「魔王がゲシュタルト崩壊しそう」

魔王「えぇ……と、オルゴさんは、父が以前話していたと思うんですけれど、確か以前はここに住んでいた魔王だとおもいます」

魔王「ただ、何かが原因で別次元にいってしまったみたいですね」

魔王「お子さんが反抗期にでもなり、落ち込んじゃったのですかね。ふふっ」

勇者父「そんなメンタル弱いのかよ魔王って」


505 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/03(土) 21:52:45.47 ID:8tWHkztno

勇者「なんでわざわざ帰ってきたんですかね」

勇者父「もしかしてエスタークが怖くて逃げて、封印させていることを知って安心したから戻ってきたりとかしてwwwwwwwwwww」

戦士「超豆腐メンタルじゃんwwwwwやばいwwwwwwwwww魔王やばいwwww」

魔王「魔王が二人いると、どっちのことを言われているかわからなくて、戸惑いますね~」



506 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/03(土) 21:53:17.38 ID:8tWHkztno

勇者父「正体が魔王ということならば、さっそくぶっ潰しにいかなきゃな」

戦士「ああ、そうだな」

僧侶「うん、じゃあ、私もがんばるね」

僧侶(この年になっても戦うなんていやだなあ)

側近「……勇者殿、ちょっと待ってください」

側近「確かに相手が魔王であることはわかりましたが、まだ情報が少なすぎます」

側近「一ヶ月……いや、三ヶ月ぐらい待っていただけないでしょうか?」

勇者父「長すぎwwwwwwwwwwwwww」



507 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/03(土) 21:54:05.21 ID:8tWHkztno

側近「しかし、今戦ってしまえば……確かに勇者殿の力であれば勝てるでしょう」

側近「だけれど…………その……」

魔王「……?」

側近「そ、そうです。今、教皇が魔王だと知られてしまえば、ただでさえ悪い魔物のイメージがもっと悪くなります」

勇者父「だが、あの魔物が人を襲うようなことが多数あればそれよりももっと悪いイメージがつくだろう」



508 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/03(土) 21:54:42.49 ID:8tWHkztno

側近「あ……。で、ですが、その、今は」

勇者父「側近とやら、ひとつ勘違いしているようだが、俺は魔王軍の為に動くわけじゃない」

勇者父「人の為に動くのだ。お前らの都合など知ったことじゃない。そういうのは勇者に頼め」

勇者「誰のために動いてやっているとおもってんだ、この親父」

戦士「おっさんは適当にかっこいいこといいたいだけだよ」

勇者父「外野うるさい!!」


509 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/03(土) 21:55:26.67 ID:8tWHkztno

勇者父「ということでだな、あきらめてくれ側近」

側近「……わかりました」

魔王(……なにか側近ちゃん、隠し事でもしているのかしら。いつもと雰囲気が違うような気がするわ~……)

魔王「えぇ~と、それでも一日ぐらいは休んでいってください」

魔王「こちらで勇者様方用の武器なども差し上げたいですから」



510 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/03(土) 21:55:56.45 ID:8tWHkztno

勇者父「えぇ~わるいなあ、くれるのお?」

魔王「はい。それが世界平和につながるのでしたら是非お使いください」

勇者父「じゃ、ありがたくもらっておきます」

戦士「世界平和のために魔王ちゃんの穴が必要ですので、子作りさせてください」

勇者「もぎ取りますよ」




521 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 16:55:03.72 ID:CRnM+G+2o

勇者「お風呂気持ちよかったです」

勇者父「俺たちも一緒に入りたかった」

側近「堂々と覗き見した人が何を言うんですか」

勇者父「覗かない選択を選ぶ奴がいたらそれは男じゃない」キリッ

戦士「そうだそうだ!!」

僧侶(ど、どうしよう~、ゆ、勇者様に裸みられちゃったよぉ……)

魔王「zzz……」


522 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 16:55:31.98 ID:CRnM+G+2o

勇者父「俺たちはどこで寝ればいいの?」

戦士「できれば魔王ちゃんの胸の中でおねんねしたいお」

勇者父「じゃ俺は側近で」

側近「廊下があいていますのでそこで寝てください。冷たくて気持ちいいですよ」

勇者父「まじですか」

勇者「そうだね側近さん。それがいいとおもうよ」

側近「ほう、お前と話が合うなど珍しい」

勇者「変態は女の敵ですから」

側近「僧侶殿には部屋をご用意していますから安心してください」

僧侶(よかった……、私も床で寝るかとおもったよぉ……)



523 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 16:56:03.63 ID:CRnM+G+2o

勇者父「まさか魔物に裸土下座する羽目になるとはおもわなんだ」

戦士「世も末だのぉ……」

勇者「この歳にもなって父親の哀れな姿を見せられる娘の気持ちにもなれ」

側近「ふふ……。それでは勇者殿達の部屋にご案内しますね」

勇者父「ここまでやってブタ小屋に放り込まれるってことはないよな?」

戦士「まっさか~☆」

側近「……」

勇者父「え、ちょ、側近ちゃーん。どうしてそこで黙るのかな~?」

側近「……ちっ、では案内します」

戦士「え~、ここ、舌打ちするとこ? 今、舌打ちするとこかな?」

勇者「ざまぁああああ!!」



524 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 16:56:30.80 ID:CRnM+G+2o

勇者「そして二人きりになった」

魔王「zzz……」

勇者「でも魔王は寝ているから、実質一人です! 魔王起きてくださいよ。よだれたれてますよ」

魔王「う~ん……えっ、あ、わ、よだれ!? え、あっ……」

勇者「嘘ですよ。ほら、立ちながら寝ないでください」

魔王「あ、あら~、また私ったら……」

勇者「いいから部屋にいきましょう」

魔王「はーい」


525 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 16:56:56.78 ID:CRnM+G+2o

勇者「魔王様のベッドなう」

魔王「勇者さん、少しお話したいことがあるんですが、大丈夫ですか?」

勇者「はい、なんでしょう」

魔王「明日、貴方のお父様はオルゴさんを倒しに行くんですよね」

勇者「そうみたいですね」

魔王「少し側近ちゃんの様子がおかしくありませんでしたか?」

勇者「……う~ん……、どうだろう」

勇者「そういわれてみれば、そんなよーな、って感じですけど」



526 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 16:57:22.96 ID:CRnM+G+2o

魔王「そこで勇者さん、もし良かったら側近ちゃんを明日監視していただけないでしょうか」

勇者「え、まじすか」

魔王「えぇ……、私がやりたいんですが、そういうのは私向いていなくて……」

勇者「……確かに。そうっすね。う~ん……、まぁ、魔王がそういうなら協力しますよ」

魔王「よかった~。それじゃ午前三時から監視よろしくおねがいします~」

勇者「え? ちょっといみがわからないです。三時? 午前? 今、十二時ですよ」

魔王「側近ちゃん、朝起きるのはやくて~……」

勇者「」

527 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 16:57:48.84 ID:CRnM+G+2o

勇者「ま、まぁ、がんばってみます。任せてください」

魔王「ごめんなさい~、お願いしますね」

勇者「はい……」

勇者(私早起き苦手な上、そういうの向いていないような気がするんだけどなあ~……)



528 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 16:58:46.99 ID:CRnM+G+2o

勇者「おはようございます。只今二時半です」

勇者「実質一時間しか寝てないんですよ。今日実質一時間しか寝てないんすよ~」

勇者「身体だるいですが、魔王のためがんばってきます」

魔王「zzz……」

勇者「うらやましいから、魔王のほっぺたつんつんしておこう」ツンツン

勇者「うわ、柔らかい」

勇者「ついでに胸もやっておこう」フニフニ

勇者「うわ、柔らかい」



529 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 16:59:20.17 ID:CRnM+G+2o

勇者「側近の部屋の前です。只今の時刻は三時。出てくる気配はありません」

勇者「側近の部屋の前です。只今の時刻は三時十二分。中から物音がします」

勇者「こちら勇者。大佐、聞こえるか。只今の時刻は三時二十一分。目標は廊下に移動した」

勇者「こちら勇者。大佐、ダンボールを手に入れた。これでかつる」

勇者「なんだと、コントローラを2Pにするだと!? そんなメタ発言をしてもいいとおもってるのか!! クタラギさーん!!」

側近(さっきからダンボールが動いているんだが、これはいったいなんだろうか……)


530 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 16:59:49.14 ID:CRnM+G+2o

側近「ごちそうさまでした」

勇者「今日の側近の朝ごはんは、バナナと牛乳だったけどダイエットでもしてるのかな」

勇者「減る胸もないというのに!!」

側近(なんだろう……。何故か怒りがそこはかとなくわきあがってくる)

勇者「カロリーメイトがたべたいなあ」



531 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:00:18.61 ID:CRnM+G+2o

勇者「こちら勇者。側近は何故か魔王城から出て行き、ルーラを使った」

勇者「卑怯な、ルーラを使われたらどこにいったかわからないというのに」

勇者「賢者さんのところにいったらダウトなんだから、そこにいってみようと思う」

勇者「ルーラ!」ビュン!



532 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:00:44.59 ID:CRnM+G+2o

勇者「こちら勇者。教会に潜り込んだなう」

信者1(ダンボールが動いている……)

信者2(きっと私、疲れてるのね……)

勇者「賢者がいるだろう最上階に向かって進むなう」




533 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:01:10.28 ID:CRnM+G+2o

側近「―――」

勇者「向かっている途中で目標を発見! 限りなく黒に近いグレーやで~」

勇者「ジョニー側近に今度下剤でも混ぜてみようかな……」

側近(なんだろう、なんだか寒気がする……)



534 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:01:38.02 ID:CRnM+G+2o

側近「賢者、いるか。入るぞ」トントン

勇者「最上階についたら大きなドアがあったなう」

勇者「ボスのカギがないと開かないレベルやでこれ!!」

勇者「側近にぴったりついていって中にはいるというチートを使うなう」サササッ

側近(なんだろう、今、後ろをみたらトラウマになりそう)



535 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:02:03.75 ID:CRnM+G+2o

勇者「適当に隅に隠れて話を聞きます」

勇者「まさか厨二病真っ盛りのころに買ったペン型録音機がこんなところで役立つとは……」

側近「賢者よ、面倒なことが起きた」

教皇「……何が起きたというのです?」

側近「昨日、お前は僧侶のところに魔物を放っただろう」

教皇「ええ。当たり前ですよ。勇者様を惑わす女などいりませんから」

側近「その所為で魔王様にお前の存在がばれた」

教皇「……ほう。エスタークの娘にですか」


536 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:02:34.52 ID:CRnM+G+2o

側近「あぁ……。少し早いが今日にでも魔物を放たなければまずいだろう」

教皇「ふふふ……、そんな慌てなくても娘ぐらいなら私でも倒せます」

側近「それとお前が大好きな勇者にも存在がばれた」

教皇「なんですって……!」

側近「ああ。明日にでもここに乗り込んでくるだろう」

教皇「……」プルプル……

勇者(よし、録音はこのくらいでいっか。リレミトを使って……)

勇者(あぁあああああああ!!! 私まだ11レベだったあぁあああああああ!!)

勇者(やっべ、これやっべ。すっげやっべ。どうやって帰ろう)



537 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:03:10.45 ID:CRnM+G+2o

教皇「ところで、先ほどから隅のほうでダンボールが震えてるんですが、なんですかあれ」

勇者(しかもこのタイミングでばれたー!!)

勇者「ふははっ!! ばれてしまっては仕方ない! 私は勇者! じっちゃんの名にかけて月にかわって成敗してくれる!!」ガバッ!!

側近「ゆ、勇者!? どうしてお前、こんなところに!?」

勇者「うるさい裏切り者めが!! 私が闇に葬ってやろう!! ふははっ!!!」




538 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:03:46.03 ID:CRnM+G+2o

側近「口ほどにもなかった」

勇者「」ピクピク……

教皇「作戦がばれてしまったら仕方ない。勇者様の娘ですが殺しましょう」

勇者「いやまってくださいよ。私主人公ですよ」

勇者「目の前がまっしろになるだけで教会に自動送還されるシステムになるんですから、殺したって無意味ですよ」

側近「そうだな。それよりも捕らえておくほうがいいだろう。勇者殿が来たときに役に立つかもしれん」

教皇「そうですね。ふふ……」

勇者(とりあえずペン型の録音機は無事なんで安心しています)

側近「それでは私はいったん魔王城に帰るな。リレミト!」



 
541 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:05:15.93 ID:CRnM+G+2o

戦士「ふぇぇ……豚箱くさかったよぉ……」

魔王「おはようございます、なんだか獣くさいですがどうしたんですか?」

戦士「豚に妊娠させられそうになったのぉ……」

魔王「あら~、戦士様は女の人だったんですね~」

戦士「ふぇぇ……」

勇者父「いい歳したおっさんがこんなことやってる現実にドン引き」

僧侶(ちょっと勇者様もくさいよぉ……)




542 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:05:49.88 ID:CRnM+G+2o

魔王「ごちそうさまでした」

側近「魔王様、今日こそは政務の勉強をしてくださいね」

魔王「あら~……?」

側近「? どうしましたか?」

魔王(側近ちゃんはここにいるのに、勇者さんはいない。どうしたのかしら~……)

魔王「いいえ、なんでもありません~。それでは勇者様、私は勉強してきます」スタスタ

勇者父「うぃーす」

戦士「俺たちは賢者でも倒しにいこうぜwwwww」

僧侶「そ、そうだね……」



543 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:06:21.09 ID:CRnM+G+2o

側近「その件なのですが、勇者殿。武器の手配が終わっていないのでもう一日待っていただけないでしょうか」

勇者父「まじで」

側近「明日になればメタル系の装備を用意することができます」

側近「相手は腐っても魔王です。こちらとしても万全な装備で向かっていただきたいのですが」

戦士「確かにそのほうが安全だなwwww」

勇者父「おっし、わかった。なら明日いくことにすっか」

側近「ありがとうございます」ペコリ

魔王「……」


544 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:06:55.29 ID:CRnM+G+2o

魔王城 中庭


勇者父「なら今日は訓練でもすっかwwwww」

戦士「そういえば最近まったく働いていないですものねwwwwww」

魔王「勇者様、ちょっとまっていただきますか~?」

勇者父「お、魔王。どうしたんですか? 勉強しなくていいんですか?」

魔王「それは今からします~。それよりも、これを持って行ってオルゴさんのところへ」

勇者父「あれ、メタル装備じゃん。明日にならないと手に入らないんじゃないの?」

魔王「いいえ。父がマニアだったものですから、こういうものは腐るほどたくさんあるんです」

僧侶「で、でも、さっき側近さんが明日にならないとって……」



545 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:07:22.52 ID:CRnM+G+2o

魔王「不思議ですよね~。側近ちゃんも知っているはずなのに~……」

勇者父「なんだかめっちゃ怪しいヨカーン」

魔王「……あと昨日勇者さんに側近ちゃんを尾行するように頼んだんです」

魔王「しかし魔王城に勇者さんがいる気配が感じられません」

魔王「もしかすると……賢者さん達に捕まってしまったのかもしれません」

勇者父「な、なんだってー!!」

魔王「ごめんなさい、勇者様。貴方の了解もなしに危ない橋を渡らせてしまって……」



546 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:07:50.88 ID:CRnM+G+2o

勇者父「それはかまわないけど、捕まったとなると危険だな」

僧侶「はやく助けにいってあげないと、ひどいことになっちゃうかもしれませんね」

戦士「信者に処女破られたりとか?」

勇者父「そういうのは薄い本で充分だぁああああ!!! 魔王、この装備もらって行ってもいいですか!?」

魔王「はい、構いません」

勇者父「よっしゃ、装備して賢者のところに向かうぞ!!」





547 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:08:41.87 ID:CRnM+G+2o

勇者父「最上階まで余裕でした」

僧侶「魔物もまったくいませんでしたね……」

戦士「適当に信者に入会したいんですがー、アリシャス!! とかいってればこれたもんなー」

勇者父「しかしこのボスのカギがないとあかなそうな扉はなんだ」

戦士「エバラのごまだれ~」

僧侶「確か……勇者様さいごの鍵持っていませんでしたか?」

勇者父「あぁ、ある。だからなんかさっき中ボスみたいな奴いたけど無視してここまで来たってわけさ!」

戦士「きゃー、勇者様ずるいー!」


548 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:09:09.01 ID:CRnM+G+2o

勇者父「ちょっと通りますよっと」バンッ!

教皇「!?」

魔物A「ウハwwwwwwクルノwwwwwハヤスギwwwwwww」

魔物B「マダwwwwアサノwwwwwwハチジwwwwwナノニwwwwwwww」

戦士「うお、あの魔物がたくさんいっぞ!!」

僧侶「うぅ……怖いよぉ……」


549 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:09:42.47 ID:CRnM+G+2o

勇者父「ここで会ったが八年目! 勇者を返してもらおうか!!」

教皇「勇者? 勇者様、何をおっしゃっているんですか?」

勇者父「ごまかすな!! いるということはわかっているんだ!! たぶん!!」

教皇「何を根拠に……」

勇者父「根拠はない!! 仮にいなかったとしても、お前の崇めている神を倒すことは変わらぬよ!」

戦士「オルゴという魔王に会わせてくれ賢者!」

教皇「あぁ……。オルゴ・デミーラ様ですか。オルゴ様なら、私の……中に」

戦士「……」

勇者父「あれなんでお前膣内にか! とかいわないの?」

戦士「いや、魔王が膣内にいるって想像すると気持ちわるいなって」

僧侶「うぅ……馬鹿なこといってないで倒そうよぉ……」


550 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:10:11.70 ID:CRnM+G+2o

戦士「というか中にいるってどういう状況なんだ?」

勇者父「あれなんじゃないの。多重人格みたいな」

勇者父「いきなり現れて「クク、この小娘は意思が強い……」とか言い出す、邪気眼の子とかいるじゃん。そういうのじゃないの?」

戦士「やばいwwwwwww賢者こんなおばさんになってまで邪気眼とか救いようがないwwwwww」

勇者父「いってやるなよwwwwwかわいそうじゃんwwwwwwwwぷぷぷwwwww」

教皇「私は魂をオルゴ様の下に返しただけです!!」

戦士「おっさん涙でてきたよ。まさかこんなこと言う人になるなんて……」

教皇「うるさいですね!!神にわが命捧げるのは喜ばしいことなのです!!」カァ///



551 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:10:48.61 ID:CRnM+G+2o

勇者父「……あれ、ということはお前賢者じゃないってこと?」

教皇「えぇ、私はオルゴ・デミーラ。全能の神です」

勇者父「どうして賢者はお前なんかに魂を売ったんだ?」

教皇「そんなこと、私がしるはずがないでしょう」

教皇「ただ、そうですね。とても悲しんでいたんでしょうね。とても、乗っ取りやすかったですし」

教皇「今となっては誰も知る事は出来ない……。ふふ、魔王に毒された勇者よ。この私が闇に葬ってくれよう!」

勇者父「うわ、勝手に戦闘態勢にはいりやがった」


オルゴ・デミーラがあらわれた!



552 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:11:15.15 ID:CRnM+G+2o

勇者父「こいつ脳みそ丸出しんごwwwwwwwwww」

戦士「ンゴゴゴwwwwこれは社会現象にならないwwwwww」

僧侶「ひぃ、気持ちわるいです……」

勇者父「どうやらあいつ律儀に待ってくれているってことは、俺たちから先行のようだ」

戦士「そのようだな」

勇者父「さすがに脳みそ出している奴に負けるはずないから、一時間くらいこの体制でいよーぜwwww」

戦士「焦らしプレイktkrwwwwwwwwwwwwww」

僧侶「脳みそ一時間もみているのいやだよぉ……」


553 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:11:41.32 ID:CRnM+G+2o

一時間後


勇者父「でさー、あいつくさいのー」バリバリ

戦士「だよねー、あいつまじくさいよねー」バリバリ

僧侶「このお煎餅おいしいですね……」バリバリ

デミーラ「……」

勇者父「ちょwwwwここにファミコンあったwwwwww」

戦士「刺さっているのが桃鉄とか結構いい趣味をしている」

勇者父「今から桃鉄99年やろーぜwwww」

戦士「負ける気がしない」

僧侶「私それやったことない……」

デミーラ「…………」


554 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:12:08.73 ID:CRnM+G+2o

二時間後


戦士「なんで貧乏神こっちにばっかよこすんだよ!! ぶっ殺すぞ!!」

勇者父「リアルファイトをする日がやってきたようだな」

僧侶「喧嘩はだめだよぉ……。あ、私目的地着いちゃった」

勇者父「ちょwwww一番遠いの俺じゃんwwwwwww」

戦士「ざまぁあwwwwwwwwwww」

デミーラ「あの……ちょっと、貴方たちのターンなんですけど」

勇者父「今いいところなの!! ちょっと待ってなさい!!」

デミーラ「ひぃ……」


555 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:12:54.27 ID:CRnM+G+2o

三時間後


戦士「やっぱハリケーンがいないと途中からだれるな」

勇者父「ほぼ僧侶の勝ち決定だもんな」

戦士「仕方ないからNPCいじめる遊びしようぜwwwwwwww」

勇者父「よっしゃのったわwwwwwwwwwww」

デミーラ「……」グスン



556 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:13:24.86 ID:CRnM+G+2o

四時間後


戦士「飽きたわ」

勇者父「飽きたわ」

僧侶「えぇ、でも後21年ですよ?」

戦士「それでも飽きたわ。めっちゃ負けて悔しい」

勇者父「俺も悔しい。桃鉄とマリオパーティだけは子供のころから一位だったのに」

戦士「むかついてきたからそろそろデミーラ倒すか」

勇者父「おっしゃ、倒す倒す」

デミーラ「!? ふ、ふはは、勇者たちよ! 倒される心の準備はできたか!!」



557 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:13:50.62 ID:CRnM+G+2o

勇者父「うらああぁぁあしねええええええ!!」

勇者父の攻勇者父の勇者父の攻勇者父の攻撃!勇者父の攻勇者父の攻撃!!

デミーラ「ぶぼぼぼっぼぼぼぼぼぼぼっぼおっぼっぼぼぼbb」


オルゴ・デミーラに9999のダメージ!

 
558 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:14:22.24 ID:CRnM+G+2o

デミーラ「ほほ、ぼうやたち。あなたの攻撃はその程度なn」

戦士「よっしゃ次は俺の番だあああああ貧乏神滅びろおおおおおお!!!」


戦士の攻撃!


オルゴ・デミーラに9999のダメージ


デミーラ「せ、せめてセリフはいわせなs」

勇者父「うらああぁぁあ戦士はまけんぞおおおあああああああ!!」


勇者父の攻撃!


オルゴ・デミーラに9999のダメージ


デミーラ「うがああぁぁああああせめてターンはまもってよおおおおおおお!!!!」



559 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:14:53.68 ID:CRnM+G+2o

戦士「最後は俺だあああああ!!」

デミーラ「だから次はオレ様のターンだと!」


戦士の攻撃!

オルゴ・デミーラに9999のダメージ


デミーラ「ぎやああぁぁああああああああああああああ!!!!!!」

勇者父「おいしいところ取られたあああああああああ!!!!!!!!!!」



560 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:15:32.29 ID:CRnM+G+2o

デミーラ「ど……どうしてオレさまは……こっちの世界でも……まけるのだ……」ドロドロ

デミーラ「しかも……四時間も……放置されたあげく……一度も攻撃……させてもらえないで……」ドロドロ

勇者父「うわ、めっちゃ溶けてる!!wwwwwwww」

僧侶「というか泣いています」

戦士「ざまぁあwwwwwwwwwwwwwwww」

デミーラ「おのれ……おのれ……たかがデクの人形ごときが……」

デミーラ「貴様らも道連れだ!! 骨すら残さん!!」チッチッチッ

勇者父「ちょ、おま、それ、ばくはt――――!!」




561 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:16:01.30 ID:CRnM+G+2o

――


戦士「うおおおおおおおおおおおいてえええええええええええええええ!!」

僧侶「だ、大丈夫ですか戦士くん!! ベホマズン!!」

戦士「はー、はー、助かった。僧侶がいてくれて本当よかったよ」

僧侶「う、ううん。わ、私こそ、守ってくれてありがとう……」

戦士「どんな状況でも女は守るのが紳士のたしなみですよ」キリッ

魔物A「エ、ナニコレwwwwwマサカwwwwマオウサマwwwwシンジャッタノwwwww」

魔物B「ソウッポイwwwwwwwwドウスッカwwwwwwwwwwww」

魔物C「セメテwwwwユウシャノwwwwナカマモwwwwコロソウトオモッタケドwwwwメッチャゲンキダシwwwww」





562 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:16:32.25 ID:CRnM+G+2o

魔物A「ニゲルガwwwwwカチデスwwwwwwwwwww」

戦士「させるかぁあああ!!」

魔物A「ウギャアアアアアアアアア!!!」

戦士「どーーーん!!!」

魔物B「ソンナアアアアアアアアアアア!!!!!」

戦士「がらがらどっしゃーん!!!」

魔物C「バイバイキーンwwwwwwwwwwww!!!」

戦士「よし、これでオルゴが呼んだ魔物の殲滅も終わったみたいだな」

僧侶「そうだね……、で、でも勇者様と勇者ちゃんはどこにいるんだろう」

僧侶「もしこの瓦礫のしたとかに埋まってたら、はやく治療しないと……本当に死んじゃうよ……」





563 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/04(日) 17:17:02.12 ID:CRnM+G+2o

戦士「うぐぐ……。僧侶、キメラの翼はもっているか?」

僧侶「う、うん」

戦士「魔王のところにいって、応援を呼んできてくれ!! 俺は呼びかけしながら探してみる!!」

僧侶「う、うん。わかった! まだ魔物いるかもしれないから気をつけてね!!」

戦士「あたぼーよ!! まかせとけ!!」




572 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/05(月) 18:18:05.08 ID:vzLaP/aHo

勇者「寝落ちしてたら建物崩れてきたでござる」

勇者「運よく柱みたいなのが私を守ってくれて、下敷きにならないですんだけどこのまま放置されたら死ぬよなぁ……」

勇者「どないしよー。ルーラ使ったら絶対頭ぶつけるもんなぁ……」

勇者「メラで縄を焼ききって……、いや、服まで燃えるか」




573 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/05(月) 18:20:24.67 ID:vzLaP/aHo

戦士『勇者あああああああああああああああああ勇者ちゃああああああああああああああ!!!!! どこだああああ!!!!!!!』

勇者「お、戦士さんがいるみたい。勇者はここですy 戦士『勇者ああああああああああああああぁあああああああああああ!!!』

勇者「ここでs 戦士『勇者ちゃああぁぁあああああああああああああ!!!』

勇者「だめだったわ、あの人の声でかすぎて私の声届かないわ。これ積んだわ」






574 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/05(月) 18:23:05.25 ID:vzLaP/aHo

魔王『せ、戦士様、勇者さん達見つかりましたか!?』

勇者「お、魔王ログインしたお」

戦士『魔王ちゃん! いんや、まだ見つかってない!』

魔王『そうですか……。力持ちな魔物たちを連れてきたので、それで見つかればいいのですけれど……』

戦士『ありがとう! そしてありがとう!! よっしゃ手分けしてやるぞおおおおおおお!!』

勇者「私はここにいるよ」




575 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/05(月) 18:24:51.68 ID:vzLaP/aHo

勇者「初埋まり…ドモ…。俺みたいな勇者で瓦礫とおねんねしてる11レベの野郎、他にいますかっていねーか、はは」

魔王『いっそのことメラゾーマで瓦礫をふっ飛ばしたくなりますね~……』

ゴーレム『そりゃいいですねえ!! ばばーんとやっちゃいますかあ!?』

魔王『ふふ、なんちゃって。さすがにそんなことは、最終手段ですよ~』

ゴーレム『ですよねー!! わっははは!!』

勇者「なんだか地上の会話が怖いです」



576 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/05(月) 18:28:02.21 ID:vzLaP/aHo

スライム1「あー、勇者さまみつけたー!」

勇者「女神が光臨なさった!! スライムだからこんな狭いところまでこれるんだね!!」

スライム1「勇者さま大丈夫? 今、魔王さま呼んでくるね!!」プルンプルン

勇者「ありがてぇ……ありがてぇ……」

スライム1『魔王さまー!! 勇者さまみつかったよー!!』

魔王『まぁ、こんな小さい穴の先にいるのー? 勇者さんー? きこえますかー? ただいまマイクのテスト中ですー! ふふっ』




577 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/05(月) 18:30:01.77 ID:vzLaP/aHo

勇者「聞こえてますよー! マイスのテストってなんですかー?」

魔王『よかった、無事みたいですねー。けれどどうしましょう。こんな小さい穴ですと助けるのも大変そうね~……』

ゴーレム『メラでふっ飛ばしましょう』

魔王『あら~』

勇者「おいやめろ」




578 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/05(月) 18:33:24.29 ID:vzLaP/aHo

勇者「救出されました」

魔王「勇者さん無事でよかったです~!」ダキッ

勇者「うわおっ!! 抱きつかないでください。ぱふぱっ……胸が、胸で、い、いきg……」

魔王「勇者さんよかった~……。助かってよかったわ~……」パフパフ

勇者「……」ガクッ

スライム1「魔王さま、どちらかというとトドメさしちゃった感じなんですけど……」




579 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/05(月) 18:37:51.46 ID:vzLaP/aHo

魔王「ごめんなさい、ごめんなさい!」

勇者「いや、まあ、ある意味ご褒美だとおもってますから、気にしないでください」

戦士「うおおおお!!!! 勇者ちゃん無事だったか!!」ダダダッ!

僧侶「よかった~。心配したんだよ~」タタタッ

勇者「あ、戦士さんと僧侶さん。……あれ、父はどうしたんですか?」

戦士「それが勇者ちゃんと同じように埋まっちまったみたいで……」

勇者「まじですか、大事ですね」



580 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga]投稿日:2011/09/05(月) 18:41:47.41 ID:vzLaP/aHo

戦士「あぁぁあああでもさっきから呼びかけても、掘ってもぜんぜんでてこねーんだよ!!」

僧侶「勇者様に限ってし……あ、そ、そうじゃなくて。生きているには決まってるんだけど!」

勇者「あ、別に変な気を使わないでいいですよ。とりあえず探しましょう」

僧侶「う、うん。がんばろうね」



関連記事
[ 2012/02/27 23:14 ] 勇者「」or魔王「」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/419-239ed238

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ