FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「魔王を助けてやってくれ」勇者「え?」5/10


「魔王を助けてやってくれ」勇者「え?」



330 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:13:49.14 ID:+dzWyMwwo

勇者「魔王様のベッドなう」

魔王「あら~、なうってかわいい口癖ですね。な~う~」

勇者「側近にばかにされて悔しいので、魔王、私と夜の組体操をしましょう」

魔王「あら~、昼間いっていたのですね。いいですよ」

勇者「そう意味もわからないのに、いいなんていっちゃだめですよ」

魔王「そんなにへんなことなの?」

勇者「う~ん、たぶん」

魔王「たぶんなの?」

勇者「女同士なのでオッケーかなって」

魔王「女同士だとオッケーな組体操なんですね~……」

勇者「誰でもいいってわけじゃないですけどね。魔王とだったらいっかなみたいな」






元スレ
「魔王を助けてやってくれ」勇者「え?」
[SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServise掲示板]




331 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:14:16.37 ID:+dzWyMwwo

魔王「あら~、なんだか光栄だわ」

勇者「基本、私、魔王大好きですからね」

魔王「私も勇者さんのこと、大好きよ」

魔王「心の底から、そう思っているわ」

勇者「……」

勇者(どうしよう、本気で好きになりかけた)

魔王「……?」




332 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:14:44.44 ID:+dzWyMwwo

勇者「ま、魔王ってどんな男が好きなんですか」

魔王「あ、あら~……。は、はずかしい質問ですね」

勇者「いいじゃないですか、教えてください」

魔王「え、えぇっと……。そう、ね……」

魔王「私のことを、ぎゅ、っと抱きしめてくれる人です……」

勇者「こんな風にですか?」ギュ

魔王「あ、は、は、はい。そ、そうですね」



333 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:15:11.74 ID:+dzWyMwwo

勇者「これで耳元で好きだ、とかいわれたら私でもときめいちゃいそうですね」

魔王「そ、そうですね~」

勇者「魔王、好きだ」

魔王「っ……。ちょ、あ……ゆ、ゆうしゃ……さん?」

勇者「こんな感じですかね。女だからあんまりときめかなかったと思いますがww」

魔王「……」

勇者「すいません、離れますね」

魔王「あ、や、やだ。勇者さん、まって」グィ


334 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:15:46.15 ID:+dzWyMwwo

勇者「オウフゥ! ど、どうしたんですか。いきなり抱きしめたりして」

魔王「……あ、あの……」

魔王「わ、わたしも……、ゆうしゃさんのこと……」

魔王「す、……すき、です……よ……」

勇者「……っ!」

勇者(……友達としてですか、女としてですか、と聞く勇気には私はねーわ……)


335 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:16:12.97 ID:+dzWyMwwo

勇者「魔王」

魔王「は、はい……」

勇者「寝ますか。明日も朝はやいですし」

魔王「え? え、ええ、そうね。ふふっ……」

勇者「なので、はなしてもらえますか?」

魔王「え、あ。ご、ごめんなさい」サッ

魔王「そ、それじゃ、おやすみなさい、勇者さん」

勇者「うん。魔王、おやすみ」



336 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:16:38.84 ID:+dzWyMwwo

勇者「……」

勇者(はぁ……なにやってんだろ、私)

勇者(私だって、女として……本気で魔王のことが好きなわけじゃないのに)

勇者(父さんもあんなんだし血筋か? いや、血の所為にするのはよくない)

勇者(もうこんなことはやめよう。私にも、魔王にもよくない)

勇者(できるだけこれは魔王を意識しないように、普通の、友達として……)

勇者(そうだよ、魔王はただの友達)

勇者(だから、きっとこの、胸の高鳴りは気のせいなんだ)

勇者(気のせい、気のせい……)

勇者(…………)



337 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:17:05.69 ID:+dzWyMwwo

魔界


勇者「そして無常にも時は二ヶ月も過ぎる」

勇者「スライムのおかげか、何故か人間の間で今モテ☆かわ魔物がはやっている」

勇者「とても仕事がやりやすい」

スライム「勇者さま、誰にむかってはなしているの?」

勇者「スライムにむけてー」

スライム「ぴぎー」


338 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:17:32.37 ID:+dzWyMwwo

勇者「じゃ、今日もがんばって仕事すっぞー!」

スライム「えいえいおー」

スライム2「なかよくなれることはいいことだねえー」

スライム3「ぷるぷる ぼくたちもう殴られることもなくなるのかなあ」

魔王「あ、いた! 勇者さん。ま、まって」タッタッタ

勇者「……魔王。どうしたんですか? そんな風に走るとまた側近に叱られますよ」





339 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:18:09.67 ID:+dzWyMwwo

魔王「えっと、勇者さん、あの、その……」

勇者「どうしたんですか? 私たちもう出発したいんですけど」

魔王「え、あ、そ、そうね。ごめんなさい、呼び止めたりして」

勇者「……謝罪はいいですから、要件をいってください」

魔王「あ、ごめなs……んんっ、あの、ぶ、無事に帰ってきてくださいね」

勇者「……」

勇者「大丈夫ですよ、魔王を痛めつけたおかげでレベル99なんですよ」

勇者「魔王が心配しなくても、普通に帰ってこれます」

魔王「え、ええ……。そう、ですね……」

勇者「用件は以上ですか? 私たちもういきますね」

魔王「はい……。がんばってきてください」

スライム「……ぷるぷる」




340 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:18:36.04 ID:+dzWyMwwo

勇者(……この二ヶ月間、なんとなく魔王を避けてしまっていた)

勇者(自分でもわからない内に)

勇者(別に魔王を嫌いになったわけでも、なんでもないのに)

勇者(魔王の傍にいるのがつらくなってきた)

勇者(どうして、なんだろう)

勇者(自分でも自分の気持ちがよくわからない)

勇者(私も、魔王もこのままでいいんだろうか……)




341 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:19:01.96 ID:+dzWyMwwo

スライム「人間界につきましたね! 今日は何をやるんですか?」

勇者「なんか道を大きな岩がふさいじゃっているらしいからそれの撤去」

スライム「じゃ僕たちは何もできないね~……」

スライム2「うん~……」

勇者「スライムはいてくれるだけでいいんだよ!!」

勇者「あぁ!! もう君たちは本当かわいいなああ!!!」



342 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:19:27.91 ID:+dzWyMwwo

勇者「その岩がある村にたどり着きました」

スライム「ルーラってすごいねえ!」

勇者「村長に会いにいきましょう」

村人1「……」

スライム3「ぷるぷる なんでだろう、村人さんの目がこわいよぉ……」

勇者「? 気のせいじゃない?」

村人2「…………」




343 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:19:55.41 ID:+dzWyMwwo

勇者「村長さん、岩があるときいてやってきました」

村長「おぉ、勇s……!? ど、どうして勇者と魔物がいっしょに」

勇者「ああ、この子達私のなかまd いてえっ!! なんですか! いきなりペン投げるなんて!」

村長「帰れ!! 魔物の顔などみたくないわ!!!!」

勇者「は、はぁ? え、なに、どうしたんですか?」

村長「うるさい! 帰れ!! 二度とくるな!!」

スライム「ぷるぷる……こわいよぉ……」

勇者「……?」




344 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:20:23.36 ID:+dzWyMwwo

勇者「たぶん、まだ魔物が嫌いな村だったんだよ」

スライム「そ、そうかなあ……?」

スライム2「嫌い、というより、殺気を感じたよ」

スライム3「ぷるぷる……こわいね……」

勇者「うーん、次の村は結構ここから近いから歩いていこうか」

スライム「……うん」

スライム3「ぷるぷる……なんだかいやなよかんがします……」




345 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:20:57.51 ID:+dzWyMwwo

勇者「歩けど歩けど森の中である」

スライム「なんだか不気味だねー」

スライム3「ぷるぷる……ぷるぷる……」

スライム2「! あ、勇者さまあんなところに魔物がいるよ!」

魔物「wwwwwww」

勇者「ほんとだ、なんか食べてるね」

勇者「うげ、異臭」

スライム「くんくん……。なんだこの匂い。昔かいだことがあるような……」



346 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:21:37.22 ID:+dzWyMwwo

勇者「ちょっとそこの魔物くん、なにたべてるの?」

魔物「オウフwwwwwwイワユルストレートナwwwwモンダイキタコレデスネwwww」

魔物「ッテwwwwユウシャカヨwwwwwヨシコロソウwwwwww」ガブリ

勇者「ちょ、おま!」

スライム「!? ちょっとそこの魔物! 勇者さまには従うように言われているの忘れてるのかい?」

魔物「ンwwwwww オウフwwwwwマモノガイマシタwwwwwコッチヲサキニコロシマスwwwwww」カブリ

スライム「ヒギィ! 頭いたい!!」



347 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:22:03.64 ID:+dzWyMwwo

勇者「お前スライム攻撃すんな! そぉい!!」

魔物「マサカノwwwwwウシロカラナゲラレターターターター…………――」

勇者「よっし、飛んでいったな」

スライム「あたまがいたいよー!」

勇者「よしよし、ベホイミ ベホイミ」

スライム「……ぐすん」

勇者(しかしスライムのさっきの発言はなんだ? なんだかひっかかるなあ……)



348 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:22:31.07 ID:+dzWyMwwo

勇者「ところでさっきの魔物、なにたべたんだ」

勇者「ん、なんじゃこの肉の塊」

スライム3「ぷるぷる……この匂いは人肉だよ……」

勇者「え? 人肉?」

勇者「よくみれば周りに衣服らしき布が落ちている」

勇者「…………おえ……」

スライム2「だいじょうぶ?」

勇者「ちょっと吐いてくる。まってて」



349 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:22:56.72 ID:+dzWyMwwo

勇者「はぁ……はぁ……」

スライム「だいじょうぶ?」

勇者「うん……」

勇者「どうしてさっきの魔物、人間なんか食べてたの……」

勇者「魔物は人間襲わないようにいってあるんじゃなかっけ?」

スライム「うん、そのはずだよ」

スライム2「というかあの魔物みたことないよ」

スライム3「ぷるぷる……新種なのかなあ」

350 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:23:32.02 ID:+dzWyMwwo

勇者「……新種、ねぇ。魔物って魔物を襲うものなの?」

スライム「きいたことないよ……」

スライム「しかも会ってすぐに……」

勇者「……今日は魔王城に戻ろう。これはすぐに報告しないとまずそうだ」

スライム「うん……」

スライム2「あの魔物、もしたくさんいたらもっと人襲われてるかもなあ……」

勇者「……」

351 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:23:58.32 ID:+dzWyMwwo

魔王城

勇者「戻ってきたのに、誰もいない」

スライム「おかしい……。どうしたんだろ……」

ゴーレム「そこにいるのは誰だ!!」

勇者「うお!? ゴーレムじゃん!」

ゴーレム「あぁっ、勇者だったのか! すまんすまん驚かせたな!!」

勇者「いやそれはいいんだけど、みんなどうしたの?」

ゴーレム「あぁ!? きいてくれよ、勇者! どうやらお前のまがい者がたくさん魔界にきているんだよ!」

勇者「まがい者……? あぁ、自称勇者たちが……どうして?」

ゴーレム「なんだか人を襲う魔物がでたらしいから! なんとかするためにきてるらしい!」

勇者「あの魔物か……」

ゴーレム「その魔物にあったのか!? 大丈夫だったか!?」

勇者「大丈夫だったけど、人は食われてた」

ゴーレム「そうかぁ! そいつは災難だったなあ!!」

352 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:24:26.87 ID:+dzWyMwwo

勇者「側近さんたちもそっちに?」

ゴーレム「いんや、魔王様に勇者きたことと、人食い魔物がでたって報告したら、血相をかえて出ていっちまったんだよ」

ゴーレム「側近もあわてて魔王様を追ったんだけど、捕まえられなかったらしくて今も探しているんじゃないかなあ!!」

勇者「魔王がいなくなった? 魔王軍大丈夫なのかそれで」

ゴーレム「今は後見人様が指示だしてくれるから大丈夫だ!!」

勇者「……」

353 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:24:54.67 ID:+dzWyMwwo

勇者(魔王がいなくなった……なんて。あの人いったいどこにいったんだろう)

勇者(錯乱したのか? いやあの人に限ってそれはないか)

勇者「スライムたち安全な場所に避難させてもらってもいい?」

ゴーレム「それは構わないが勇者はどうするんだあ!」

勇者「魔王を探す。自称勇者はそっちにまかせたわ」

ゴーレム「わかった! がんばってこいよ!!」

勇者「まかせとけ」

勇者「……しかしあの側近さんのことだ。もう魔界はすべて探しつくしているだろう」

勇者「なら、探すのは人間界か」

勇者「でもなぜ人間界に? 魔王はなぜ一人で人間界にいったんだ?」

勇者「魔王は勇者がきたことと、魔物がでたという報告を受けていなくなった」



354 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:25:21.36 ID:+dzWyMwwo

勇者「もしかして魔王は王に会いにいったんじゃないか」

勇者「魔王軍は人を殺せない。勇者が攻めてきたらラリホーで眠らせて人間界に返すことぐらいしかできないだろう」

勇者「だけど勇者が集団でこられたら……そんなの簡単なことじゃない」

勇者「勇者に攻撃をやめてもらうため、王のところにいきやめてもらうように説得をする」

勇者「……ありえそうだ」

355 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:25:49.70 ID:+dzWyMwwo



勇者「勇者だけど、王様はいるかい?」

兵士「ゆ、勇者殿大変なんです!! ま、まおう、魔王が王の間に!」

勇者(OK! ビンゴ!!)

勇者「それはたいへんだいますぐむかう」

勇者(しかしこの兵士の様子だと、魔王が魔王だと名乗るまで気づかなかったんだろうなあ)タッタッタ


356 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:26:19.06 ID:+dzWyMwwo

王「ほぅ、お主本当に魔王なのか?」

魔王「えぇ、王様。お初にお目にかかります」

王「よくぞここまでやってこれた。魔王よ、お主の望みはなんだ? わしを殺すことか?」

魔王「めっそうもありません。私は争いを憎みます」

王「ほう。魔界の王が争うを憎むと……。なんとも不思議なことを言う」

魔王「えぇ、よく言われますわ」



357 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:26:59.15 ID:+dzWyMwwo

王「では、魔王。お主はなぜここにきた」

魔王「今、魔界には多数の勇者殿がいらっしゃっています」

魔王「勇者殿は私の仲間たちを殺して回っています」

魔王「やめるように王様……。命令をだしていただけないでしょうか」

王「……断る」

魔王「……」



358 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:27:24.98 ID:+dzWyMwwo

勇者「王様!!」

魔王「……!」

王「ほほう、低学歴勇者ではないか。王のピンチとしって現れたのか。感心させてくれる」

勇者(本当に魔王いた! ナチュラルにいた!)

魔王「……」

王「紹介しよう。こいつは勇者の血を引く勇者だ」

魔王「……はじめまして、勇者殿。あなたが、数々の魔王を倒してきた伝説の勇者の子孫ですか」

勇者(……あ、そか。王に魔王と知り合いとかばれたらやばいもんね)

勇者「貴様が魔王か……」

勇者「とても……うー……、ん……む、胸がでかいな!!」

魔王「……ぅ」

王「無理に特徴をいわんでいい」



359 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:27:57.89 ID:+dzWyMwwo

王「時に勇者よ。お主がみたとおり王は絶体絶命のピンチだ」

王「こういうとき、勇者として何をするか、わかるだろう?」

勇者「……」

勇者(え、ちょ、え、何、魔王と戦う雰囲気なんこれ?)

勇者(いやいやいやいやいやむりむり!!)

勇者(フツーに戦っても絶対負ける!!)

勇者「……」ガタガタガタ

魔王「…………(勇者さん……)」

王「いまだ、兵士ども! 魔王を囲め!」

兵士「「「はっ!!」」」

魔王「え? あ……」

勇者(あ、魔王囲まれた)


360 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:28:25.17 ID:+dzWyMwwo

魔王「王様、私は戦う気などありません!」

王「それでもお主は悪なのだよ、麗しき魔王よ」

魔王「……王様。お願いします。魔物を、助けてください」

王「ぬかせ!! あのような羽虫のような連中になんの価値がある!」

王「そしてそれを束ねるお前も、なんの価値があるというのだ!」

王「価値がないものは嫌いじゃ!! 兵士共、やるがいい!」

361 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:28:56.83 ID:+dzWyMwwo

兵士A、兵士B、兵士Cの攻撃!

魔王に60のダメージ!



魔王は必死に耐えている!



兵士A、兵士B、兵士Cの攻撃!


魔王に32のダメージ!



魔王は必死に耐えている!



362 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:29:22.80 ID:+dzWyMwwo

勇者(え、ちょ、なんで魔王あんな攻撃にダメージくらってんの!?)

王「さすが魔界の王! なかなか死なないのぉ!!」

兵士A「オラッ死ね!!」

魔王「っ!……ぐ……」ガクッ

魔王「お、お願いです、王様……。魔物を、私の仲間を、救ってください……」

兵士C「はははっ、こいつ土下座なんてしてるぞ!」

兵士B「魔王というのはこんなにももろいものなのか! 勇者なしでも勝てそうだ!!」ズバッ!

魔王「っうあ……!」



363 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:29:49.85 ID:+dzWyMwwo

魔王「お、おうさま……に、……んげんも、まものも……はなしを……す……れば……」

王「話!? 何を阿呆なことをいっている。魔物などと話したいなど思いもせんわ!!」

勇者(やばい、魔王が死に掛けている。このままじゃ本当に……)

勇者(だけどここで魔王を助けたら、何もかも……)

兵士A「ははっ、しねっ!!」

側近「させるか! ラリホーマ!!」

王「!? 誰だ!!」


364 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:30:23.86 ID:+dzWyMwwo

魔王「そ……き……ちゃ……」

側近「魔王様!? おのれ人間どもめ、よくも魔王様にこんなことを!!」

側近「……だが、今日のところは引き上げてやる!! ありがたくおもうがよい!」

王「はっは……。ありがたく、のぉ……」

王「おぬしらの実力は魔王でみせてもらった。一ヵ月後の今日、おぬしらとの戦いに終止符を打とう」

勇者「……!?」

側近「ふん、貴様らごときに負ける魔王軍でもないわっ!! リレミト!!」



365 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:30:55.23 ID:+dzWyMwwo

王「はっはっは。この王を目の前にし、何もせずに消えていくのか魔王軍は」

王「奴らを倒すことなど簡単なことではないか! なぜ、今までわれらは恐れていたのか!」

王「はっはっは!! 完全なる人の世の始まりも近いのお!!」

勇者(逆効果ktkr……)

勇者(魔王、どうするんだよ、これ。絶対戦争は避けられないじゃん……)



366 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:31:23.12 ID:+dzWyMwwo
魔王城

魔王「…………」

側近「お怪我のほうは?」

魔王「…………」

側近「魔王様……」

魔王「側近。勇者たちはどうなりましたか?」

側近「……はい。すべて人間界に返すことができました」

魔王「それのせいで、どれだけの数の魔物が犠牲になりましたか?」

側近「……」

367 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:31:52.15 ID:+dzWyMwwo

魔王「答えなさい」

側近「……3ケタは……」

魔王「そう……。例の魔物の被害は?」

側近「それも同じくらいです」

魔王「…………」

魔王「……全魔物達に、伝えてください。一ヵ月の間に身を隠すことを」



368 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:32:21.12 ID:+dzWyMwwo

側近「魔王様……」

魔王「側近、あなたもですよ」

側近「だ、だめです。魔王様を残して逃げるなど!!」

魔王「いいんです。もう……」

魔王「準備は整いましたから……」

魔王「あとは流れに身を任せるだけ……」

側近「……まおう……さま……」



369 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:32:49.87 ID:+dzWyMwwo

勇者「魔王、はいってもいいですかー」トントン

側近「……」

魔王「……ええ、どうぞ」

勇者「魔王、まずは体調大丈夫ですか? というかなんであんなに弱かったんですか?」

魔王「体調のほうはどうにか……。私も一応生き物ですから、不調なときもあるんですよ」

勇者「ははー……」

側近「……」



370 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saeg saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:33:16.01 ID:+dzWyMwwo

側近「……それでは私は失礼します」

魔王「ええ、わかったわ。側近ちゃん、あとは頼むわね」

側近「はい。失礼します」ペコリ

勇者「……」

勇者「…………」

魔王「勇者さん、お見舞いありがとうございます」

勇者「い、いえいえ。元気そうでよかったです」

魔王「ええ……」



371 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:33:45.80 ID:+dzWyMwwo

勇者「あの……」

魔王「あら、なに、かしら?」

勇者「すいませんでした」ペコリ

魔王「! ゆ、勇者さん、ど、どうしたんですか!?」

勇者「謝罪1 私は魔王を守れませんでした」

魔王「あ、あぁ……。そのこと、ですか。いいんですよ、あの状況で守れ、というほうが無理があります」

魔王「あなたは人類の希望なのですから」

勇者「それでも、なんとかできたかもしれません」

勇者「たとえ王様に何かいったり、私が魔王と戦うことで手加減できたりとか」

勇者「でも私は、何もできませんでした」

勇者「すいませんでした」

魔王「勇者さん、気にしないで。一人で飛び込んだ私が悪かったのよ」


372 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saeg saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:34:12.84 ID:+dzWyMwwo

勇者「……謝罪2 最近冷たくしてすいませんでした」

魔王「……」

勇者「言い訳、みたいなんですけど、自分の気持ちの整理がつかなくて魔王に当たっちゃったんです」

魔王「……いいんですよ。勇者さんは年齢的にも不安定な時期なんですし」

魔王「私も、軽率に……言ってしまったと思ってるわ」

勇者「……軽率」

勇者(そうだよな、まさかあれが本気なわけじゃないよね)


373 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:34:41.39 ID:+dzWyMwwo

勇者「…………あれは本気じゃないんですね?」

勇者(どうしてだろう。できるなら違うといってほしい)

勇者(でも、なんでだろう。そんなこと……普通……おかしいよね)

魔王「……っ」

魔王(もし、ここで……、本当だといってしまったら……)

魔王(あなたは私を、受け入れてくれるかしら……)

魔王(……ううん、受け入れてくれるはずがない)

魔王(こんな私なんかを……)

魔王「……えぇ、本気じゃないわ」

勇者「そう、ですか」


374 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:35:08.35 ID:+dzWyMwwo

魔王「勇者さんの言葉も、そうですよね?」

勇者「え?」

魔王「本当に……、友達としてではなく……もっと深い意味で」

魔王「好きだと、いったわけではありませんよね?」

魔王(……否定してほしい)

魔王(そんなこと、おもう資格なんてあるわけないのに……)

勇者「……そ、そうにきまってるじゃないですか!」

魔王「……ええ、そうよね」

 
375 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:35:36.97 ID:+dzWyMwwo

勇者(もし、私が男だったら……)

魔王(もし、こんな立場同士ではなかったら……)

勇者(こんな気持ちは抱かなかったのに)

魔王(あなたに好きといえるのに……)


376 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:36:08.82 ID:+dzWyMwwo

魔王「この城に一ヵ月後まで、いてくれるかしら」

勇者「……ええ、いいですよ」

魔王「ごめんなさい。こんなことになってしまって」

勇者「いいんですよ。できるなら最後までサポートしていきたいとおもってるんで」

魔王「そう……、なら、今日からまた一緒に寝てくれるかしら?」

勇者「……っ」

魔王「だめ、かしら?」

勇者「……わかりました。精一杯がんばります」

魔王「ありがとうございます」

勇者「いえいえ。気にしないでください」

勇者「一ヵ月後、いえ、その先も、今度こそ私は魔王を守りますから」

魔王「……はい」



377 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:36:34.95 ID:+dzWyMwwo

勇者「しかし時というのは、はやくすぎるものである。今日が決戦か……」

勇者「というか寝てたら正午近くになっていたなう」

勇者「魔王いないし、どこいったんだろ。もうはじまったんかな」

勇者「いーや、そしたらこうはしてられない! 着替えて魔王のところにいかなくちゃ!」



378 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:37:02.10 ID:+dzWyMwwo

側近「こちらから出向こうとおもったら、あっちから来てくれましたね」

魔王「えぇ……よかったわ。これで勇者様たちはあちら側に集中するでしょう」

側近「そう考えると賢者殿もよい仕事をしてくれましたね」

魔王「……」

魔王「…………側近、あなたはもしかすると賢者様がこうなることに気づいて、いえ、仕組んでいたのではないですか?」


379 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:37:28.05 ID:+dzWyMwwo

側近「いえ、そんなことはありません」

魔王「そう。それならいいのだけど」

側近「私は何も知りません」

魔王「……なんにせよ、これで私たちの舞台に邪魔者はいなくなりました」

側近「そうですね。私たちにできるのは舞台が終わった後に生きて帰ってくることを祈ることぐらいです」

魔王「ええ……」


380 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:37:54.83 ID:+dzWyMwwo

魔王「避難状況は?」

側近「一部の魔物を除いてほぼ完了しています」

魔王「側近、あなたは、逃げなくてもよいのですか?」

側近「えぇ……。魔王様をおいて逃げるなど、私にはできません」

魔王「そう……」


381 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:38:27.22 ID:+dzWyMwwo

ゴーレム「魔王様! まがい勇者たちが魔界の入り口に現れたようです」

魔王「わかりました。いいですか。絶対攻撃してはいけません。できるだけ魔王城にひきつけつつ、入らせないようにしてください」

ゴーレム「了解しましたあ!! がんばりまあす!!」

魔王「ええ、ありがとう……」

側近「魔王様、ここは危ないです。城内にお戻りください」

魔王「はい」


382 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:38:54.37 ID:+dzWyMwwo

勇者「魔王、ごめんちょっと遅刻しました」

魔王「いいえ、いいんですよ。ちょうど今勇者たちが来たみたいですよ」

勇者「え!? どうするんですか」

魔王「あら~、そうですね。どーん、と構えてましょう」

勇者「そんな悠長でいいんですか?」

魔王「ええ、大丈夫よ~」

383 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:39:22.14 ID:+dzWyMwwo

ゴーレム「報告しまあす!! もどき勇者と兵士はどんどん数を増やし、魔王城に攻めてきていまあす!」

ゴーレム「キメラの翼をつかって帰すもののすぐに戻ってきちゃいますねえ!!」

ゴーレム「ちなみにこの件についてキメラに尋ねてみたところ「キメラを大切する世の中になればいいのに」といってましたあ!」

後見人「キメラについては考えておこう」

側近「同意見だ。ありがとう。状況が変わり次第、また伝えてくれ」

ゴーレム「了解しました」ドッドッドッド



384 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:39:49.91 ID:+dzWyMwwo

側近(一応は作戦通りだ。このまま魔王城に一定数でもひきつけられれば……)

側近(この勝負、魔物が勝利する……。一番犠牲が少ない形での)

側近(だが……、それで本当いいのか?)

カンダタ「てーへんです! てーへんです!」

側近「!? お、お前はカンダタ! どうしてこんなところに!?」

カンダタ「てーへんなんです、側近様! お、俺たちが避難していた場所がもどき勇者にばれてしまったんです!!」

側近「な、なんだと!」

カンダタ「スライムたちが次々と犠牲になって……。お願いです側近様! 仲間を助けてください」


385 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:40:20.79 ID:+dzWyMwwo

側近(だが城にいる戦力はこれ以上けずれない……)

側近(だとすれば……)

側近「わかった、私がいこう」

カンダタ「ありがとうございます!!」

側近「いい。お前はお前で安全な場所に逃げろ!」

カンダタ「へい! ありがとうございます!!」ダッダッダ!



386 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:40:46.63 ID:+dzWyMwwo

後見人「本当にいくのか?」

側近「ああ。後見人あとは任せるか」

後見人「それは構わん。だが……」

側近「なんだ」

後見人「……死ぬなよ」

側近「……わかっているっ!」



387 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:41:14.37 ID:+dzWyMwwo

スライムA「ぎえぴー」

スライムB「おねがいこうげきしないでー! ぼくたちわるいスライムじゃないよー! うあぁあ!!」

もどき勇者「スライムのバーゲンセールだなこりゃ」

魔法使い「ほんとほんと。イオイオ!」

スライムs「「うわぁああああ!!」」


388 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:41:40.55 ID:+dzWyMwwo

もどき勇者「ま、こういうイベは適当に参加して、楽しむのがいいんっしょ」

魔法使い「だよねー、イオイオ!」

側近「そこまでだ、人間共!!」

もどき勇者「!?」

魔法使い「!? う、うわ、こいつ賞金かけられてる奴じゃん」

もどき勇者「え、まじでwwww うめえ!!」


389 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:42:07.18 ID:+dzWyMwwo

側近「頼む! 人間界に帰ってくれ!! 私たちはお前らを攻撃するつもりなどない!」

もどき勇者「おもしろいこというんじゃん。いいからかかってこいよ」

側近「話は通じないか……。ラリホーマ!!」

もどき勇者「……?」

魔法使い「ミスみたいだね。効いてないわ」

側近「くっ……、こんな時にミスだと……」

390 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:42:34.17 ID:+dzWyMwwo

魔法使い「今度はこっちからいくよ、イオ!イオ!」

スライム「うわぁあっ、洞穴が崩れて岩がふってくるよお!!」ガラガラッ

側近「!? スライムッ!!」

側近「っ!? ……うぅあぁ……!!」

スライム「側近さま!?」

魔法使い「こいつ自分から岩の下敷きになってやんの」

もどき勇者「スライム助けるためとか、ないわー」

 


391 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:43:02.57 ID:+dzWyMwwo

側近「ス、ライム、大丈夫か」

スライム「ぼ、ぼくは大丈夫だけど、側近さまが!」オロオロ

もどき勇者「勝負あったな。側近とやらよぉ!!」ズバッ!

側近「あぁぁああっ!!」

スライム「だめ! 側近さま、こうげきしちゃだめ! えいえいっ!!」

魔法使い「うるさいなあ、このスライム。 メラ!」

スライム「うわぁあぁっ!!?」

側近「! ……くっ、マヌーサ!!」

もどき勇者「うへぇ!? 前がみえねえ!!」

魔法使い「ざこみたいな攻撃ね!! 私にはきかないわよ イオナズン!!」

側近「アァッアアァァァアアッアアァァ!!!!」

スライム「そっ……きん……さま……」


392 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:43:28.95 ID:+dzWyMwwo

側近(負けん。こんな奴だけには絶対に)

側近(私が負けてしまったら、ここいる、何百もの魔物が犠牲に……)

側近(絶対に、こいつらだけは……こ、殺さずに……)

側近「あぁぁあっっ!!」ゴゴゴゴッ

魔王使い「こいつあんなでかい岩を持ち上げた!?」


393 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage saga]投稿日:2011/09/01(木) 16:43:55.65 ID:+dzWyMwwo

側近「貴様らなど素手で十分だ!! 十分に痛みつけてから人間界に送ってやろう!!」

もどき勇者「上等じゃんかかってこいよ!!!!」

魔法使い「倒して賞金ゲットじゃん!!」

側近「人間風情がぁぁぁっっ!!!」



関連記事
[ 2012/02/27 23:08 ] 勇者「」or魔王「」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/416-90ef52ca

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ