FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

♀魔王「毎晩寝る前に勇者の日記を覗くの」wktk


♀魔王「毎晩寝る前に勇者の日記を覗くの」wktk



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/17(金) 23:08:37.31 ID:GmVzDa4D0

○月×日 晴れ

今日は畑で働いていたらお父さんがボクを呼びました。
王宮からの使者がボクを連れに来たから付いていきなさいとのことでした。
王宮に行ったことなんてないし、何で王宮でボクのことを呼ぶのかもわからなかったけど、取り敢えず付いて行きました。

初めて行く王宮は凄く大きくて、うちとは比べ物にならないほどの凄い建物でした。
中に入ったら、凄く高そうなツボや絵とかがいっぱい飾ってありました。
あのツボなんて、うちの畑の年収より高そうです。

♀魔王「暢気な勇者だねー」センベーオイシー





元スレ
♀魔王「毎晩寝る前に勇者の日記を覗くの」wktk




4 名前:忍法帖【Lv=4,xxxP】[]投稿日:2012/02/17(金) 23:10:45.70 ID:3MbdIUeg0
王様の前に行くと、王様が

「おお、勇者よ、君は魔王を倒すための勇者として選ばれた」

と伝えました。
十秒間ぼーっとしながらその言葉の意味を考えて、やっとその意味が理解出来て

「あの、ボク、勇者って名前じゃありません。きっと人違いだと思います」

と答えました。

♀魔王「…プッ」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/17(金) 23:12:13.04 ID:3MbdIUeg0
あ、>>1代行感謝


話を聞くと、ボクは王宮の占い師の占いによって、魔王を倒す勇者に選ばれたようです。
大変なことに、ボクは剣なんてお母さんのお手伝いする時にしか握ってみたこがありません。

「一人だけで魔王に挑むわけではない。お前には十分な援助と武具を与えよう。それらを使って仲間を探すといい」

と王様は仰りました。

そんなお金があるならボクよりもっと強い人を勇者に選んだ方がいいんじゃないかな、と思いました。

♀魔王「正論すぎる」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/17(金) 23:14:39.34 ID:3MbdIUeg0
○月△日 ちょっと曇り

王様から武具と、あと、国の人たちにボクが勇者ということを証明するための王さまからの証明書をいただきました。
証明書にはなんか文字がいっぱい書いてましたけど、ボクにはそれらを全部読むことができません。

それにしても、これから、本当に勇者として魔王を倒すために行かなきゃならないようです。
ボクはただ畑を耕して過ごして来たいただけなのに…

「酒店に行くと、仲間を探せるだろう」

とお父さんが教えてくれたので、私は酒店に行きました。

「子供は入ってきちゃダメだ」

って門前で追い出されました。
どうすればいいのかわからなくなっちゃいました。

♀魔王「!!!」パンパンパンパン<<ベッドを叩く音。



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/17(金) 23:17:59.10 ID:3MbdIUeg0
○月▽日 雲多め


今日は教会に行きました。

神父さんに勇者になりましたと言ったら、神父さんは驚きながらも

「神さまのご加護がありますよう…」

と祝福をしてくれました。

祈祷をしてから帰ろうと思ったら、神父さんがちょっと待ちなさいと言ったので待っていたら、
僧侶のお姉ちゃんと一緒に出てきました。
僧侶お姉ちゃんはいつも告解する時の部屋に居たり、祈祷する部屋に居たりして、ちゃんと顔を見たことがありません。

そんな僧侶お姉ちゃんですが、ボクの仲間になってくれるそうです。
ありがとうって言ったら、僧侶お姉ちゃんは顔を赤くしながら

「こちらこそよろしくお願いします」

と言ってボクの手をぎゅって握ってくれました。

♀魔王「こいつ絶対ショタコンだ」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/17(金) 23:21:55.48 ID:3MbdIUeg0
○月↓日 お日様が見えないほどの雲

次の日、僧侶お姉ちゃんと改めて酒店に来ました。
今回は王さまからもらった勇者の証明書を見せると、通してもらえました。

中に入ると、まだ昼頃なのに中はちょっと暗いです。

「あの、ボク勇者で一緒に行く仲間を探しに来ました」って大勢の人たちに言ったら、

その時周りの視線がボクに集まりました。
驚いて僧侶お姉ちゃんの後ろに隠れちゃいました。
周りからがやがやする音が聞こえて、女の人が一人ボクの前に来ました。

「お前がほんとに勇者なのか?」

と聞かれたので、うんって答えました。

「じゃあ、私が付いていってあげるよ。私は女戦士だ」

こうして戦士のお姉ちゃんが仲間になってくれたよ。

♀魔王「子供相手に偉そうにしてるなー」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/17(金) 23:27:42.73 ID:3MbdIUeg0
○月☆月 晴れ

僧侶お姉ちゃんと戦士お姉ちゃんと一緒に村から出発しました。
お母さんは泣いて、お父さんは誇らしげな顔でボクを送りました。
お母さんとお父さんから離れるのは嫌だけど、頑張ってみようと思います。
これからほんとに魔王を倒すための旅が始まります。

♀魔王「…あ、そういえば最終的に私この子と戦わなきゃいけないんだ」スッカリワスレテター



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/17(金) 23:28:41.65 ID:3MbdIUeg0
戦士お姉ちゃんが来ている服を見てると、なんか寒そうだなぁと思いまして聞いてみたら

「全然大丈夫さ。戦い始めたらこうじゃないと暑苦しいんだ」

って言いました。

後ろで僧侶さんが
「……ッチが」
って言いましたけど、良く聞こえませんでした。

♀魔王「あんたは知らない方が良さそうね(汗)」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/17(金) 23:30:12.13 ID:3MbdIUeg0
○月↑日

今日は旅を始めて初めて魔物に会いました。
といってもただのスライムなのに、ボクは慌てて重い剣を振ろうとして倒れてしまいました。
膝から血が出て痛かったんですけど、僧侶お姉ちゃんがホイミをかけてくれたので、直ぐに治りました。
ありがとうって言ったら前みたいに顔を赤くしてボクから目を逸らしました。

スライムは全部戦士お姉ちゃんが倒してくれました。
戦士お姉ちゃんってすごいなって思いました。

♀魔王「よわいな、おい。そんなんで私を倒せるか」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/17(金) 23:35:20.29 ID:3MbdIUeg0
○月□日 晴れ

旅してから初めてちゃんとした村に到着しました。
魔物たちを倒したお金で旅館費を払おうとしたら戦士お姉ちゃんが、

「お前、勇者じゃん、じゃあ国から証明書もらったのあるだろ」

最初はどういうことかわからなかったけど、
戦士お姉ちゃんの話によると、勇者一行は旅館にタダで泊められるそうです。

でも、そんなことしたら宿屋さんに悪いと思ったので、僧侶お姉ちゃんと相談して、結局お金を出しました。


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/17(金) 23:38:28.88 ID:3MbdIUeg0
○月←日 雨

雨が振ったので、旅は中止にして今日はこのまま泊まることにしました。
お金にそんなに余裕があるってわけじゃないのでちょっと心配です。
雨が長く続かなきゃいいんだけど……

戦士お姉ちゃんは「だから言ったじゃない。無理して…」
そしたら僧侶お姉ちゃんが「人に受けた恩の分だけ返すというのは人が生きることで最も基本なことだと思います」って言いました。
ボクも僧侶お姉ちゃんの言う通りだと思います。

♀魔王「この勇者すっごい損する性格してるなー」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/17(金) 23:41:15.38 ID:3MbdIUeg0
○月◎日 晴れ

今日は晴れでした。
旅を再開出来て良かったですけど、雨が振ったせいで道がじめじめしてちょっと大変でした。

魔物に会いましたけど、やっぱり戦士お姉ちゃんがやっつけちゃいました。
ボクは何も出来ない気します。勇者なのに。

♀魔王「うーん…あれよ……頑張れ」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/17(金) 23:44:30.40 ID:3MbdIUeg0
△月○日 雲り

今日着いた村の村長さんから頼みごとがあるって言われました。
どうやら畑をめちゃくちゃにする魔物があるようでした。

畑を壊される怒りを知っているボクは、戦士お姉ちゃんと僧侶お姉ちゃんと相談もせずに村長さんの頼みをのんでしまいました。
戦士お姉ちゃんにちょっと叱られましたけど、お姉ちゃんたちも手伝ってくれると言いました。
今夜は徹夜して、畑に来る魔物を監視します。

♀魔王「…よめた」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/17(金) 23:44:06.61 ID:YIha/MEa0
雨で中止ってやる気あんのか


 

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/17(金) 23:51:14.71 ID:3MbdIUeg0
♀魔王「>>33子供に雨の中歩かせるつもりかよ」ガオー

△月□日 晴れ

……徹夜するつもりが、いつの間にが寝ていました。
朝起きたら、戦士お姉ちゃんと僧侶お姉ちゃんが畑を乱した魔物たちを倒してくれてました。

ボクが受け取っておいて、独りで寝過ごしてしまったのがとても恥ずかしくて泣きそうになったのですけど、
お姉ちゃんたち二人とも大丈夫って励ましてくれました。

村長さんからお礼にお酒をもらいました。
お姉ちゃんたちにまだ子供だからダメって言われました。

♀魔王「期待通りすぎるよ、この勇者」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/17(金) 23:54:00.82 ID:3MbdIUeg0
△月×日 晴れ

最近考えたのですけど、
ボクたちのパーティーって、戦士お姉ちゃんばかり戦って、ボクはあまりに前衛として戦えていません。
というより、ボクって未だちゃんと剣も振れません。

いつまでも戦士お姉ちゃんにばかり荷を背負わせるわけにはいけないと思いました。

前衛で戦える仲間さんをもう一人探した方が良さそうです。

♀魔王「いや、あんたが鍛えなさいよ!」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/17(金) 23:56:23.54 ID:3MbdIUeg0
△月↑日 ちょっと雲で後晴れ

一晩寝てから考えると、ボクが鍛えれば全て済む話でした。
と思って、戦士お姉ちゃんに剣を教えて欲しいと言ったら、

「よし、じゃあまず村50周だな」
「え!?」

ボクは剣が習いたかっただけなのに。

♀魔王「村50周ってこの女戦士…」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/17(金) 23:58:58.71 ID:3MbdIUeg0
△月←日 わかりません

朝起きたら体中が痛くて布団から出られません。
筋肉痛だそうです。今日は何もできずに布団の中で休んでました。

僧侶お姉ちゃんが戦士お姉ちゃんに凄く怒ってましたけど、元を言うとボクが弱いのがいけないと思います。
僧侶お姉ちゃんにそう言ったら僧侶お姉ちゃんが涙を汲みながら部屋を出て行きました。

やっぱボクが弱すぎて僧侶お姉ちゃんも呆れちゃったのだと思います。

♀魔王「女戦士表でろ」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 00:01:55.67 ID:3MbdIUeg0
△月↓日 朝ちょっと雨の後晴れ

なんとか動けそうになりました。
戦士お姉ちゃんが謝ったのですけど、元を言うとボクがいけないので、
今度からはちゃんと剣術教えて欲しいって言ったら、戦士お姉ちゃんはまかせなさいと頼もしくいってくれました。


でも、もう走るのは嫌です。

♀魔王「正直ものだなー。良いことよ」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 00:09:21.41 ID:YkdqPr6K0
△月☆日 晴れ

戦士お姉ちゃんにその剣はお前に似合わないって言われたので武器屋に来ました。
確かにこの長くて重い剣なんて、ボクには持つことさえもちゃんと出来ません。

ボクに使えそうな短剣をみつけたのですが、値段が高くて今ある金じゃ買えません。
今ある剣は王さまからもらった剣なんだから売るのもどうかと思ったのですけど、戦士お姉ちゃんが

「じゃあ、私の剣売って買おう」

って言いました。
じゃあお姉ちゃんはどうするのって聞いたら、ボクの長剣を使ったら良いって言いました。
それでも、自分の愛剣を売ってくれるなんて、ボクは戦士お姉ちゃんに何度も礼を言いました。
この短剣は絶対大事に使います。

♀魔王「……っちが」




58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 00:12:21.61 ID:YkdqPr6K0
△月▽日 ちょっと雲

今日初めて魔物を自分の力で倒しました。
僧侶お姉ちゃんに何度もホイミかけてもらいましたけど、初めて自分だけで倒せました。
凄く嬉しくて、つい戦士お姉ちゃんに抱きついたら、戦士お姉ちゃんに怒られました。
戦士お姉ちゃんに嫌われるのは嫌なのでこれからはしないようにしようと思います。

♀魔王「ざまぁm9」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 00:21:40.79 ID:YkdqPr6K0
▽月●日 晴れ

村に着いたので戦士お姉ちゃんに剣を教えてもらうことにしました。
僧侶お姉ちゃんがちょっと休んでやってっておやつを持ってきてくれました。

「あまり食わせると続けて鍛錬できないぞ」
「対練は今日はそれ程で良いんじゃないでしょうか。勇者ちゃんもお菓子食べた方がきっと嬉しいと思いますよ?」
「……」
「……」

なんかお姉ちゃんたちが睨み合ってたから食べづらくなってたら、二人ともそんなボクを見て睨み合うのをやめて一緒に食べてくれました。
その日はそれで鍛錬は終わりました。

♀魔王「このパーティーなんか危ういんだが、色々」


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 00:27:07.68 ID:YkdqPr6K0
▽月□日 雲からちょっと雨

歩いてる途中で大雨が振ってきたので三人ともびしょ濡れになっちゃいました。
そこにあった洞窟に入って、びしょ濡れになった体を火を起こして服は脱いで乾しました。

二人とも風邪引くから服脱いだ方が良いって言っても、大丈夫だって聞いてくれませんでした。
明日風邪にならないか心配です。

♀魔王「…突っ込まない」


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 00:30:29.60 ID:m2gDtBFyi
勇者はどこまで脱いだのだろうか


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 00:31:18.96 ID:ktKkadFgI
>>71そら全部だろ



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 00:32:49.05 ID:YkdqPr6K0
▽月■日 晴れ

僧侶お姉ちゃんが風邪を引いちゃいました。
僧侶お姉ちゃんは服が完全に体にくっつくからもっと大変だって心配してたのに予想通りでした。
早く村に着いて宿屋で休んだ方が良いって相談して、僧侶お姉ちゃんには申し訳ないと思いつつ、先へ進みました。

僧侶お姉ちゃんがくしゃみをするから大丈夫か心配になって近づこうとしたら
戦士お姉ちゃんが伝染ったらダメだって止められました。

それから村に付くまで、ずっと僧侶お姉ちゃんは独りで歩いて、戦士お姉ちゃんはボクとおしゃべりしました。

♀魔王「これ地味に争奪戦になってるじゃない」


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 00:38:07.64 ID:YkdqPr6K0
▽月◆日 曇り

宿屋を見つけたので僧侶お姉ちゃんが治るまでしばらく待機です。
宿屋のおばさんに頼んで僧侶お姉ちゃんのためのお粥をもらって僧侶お姉ちゃんの所に行きました。

僧侶お姉ちゃんが食べさせて欲しいって言いましたので、ボクが口でふーふーって冷ましてから
僧侶お姉ちゃんにあーんて言ってって言ったら、僧侶お姉ちゃんはなんかさっきよりも熱が上がったように顔を赤くしました。

でも、なんとか口を開けて食べてくれようとした時、部屋に戦士お姉ちゃんが入ってきて

「勇者!鍛錬するぞ!」
「え、あ、ちょっと待って、今僧侶お姉ちゃんにお粥食べさせて」
「そんなの自分で食えば良い!お前は早く来い!」

って無理やりボクを持ち上げて僧侶お姉ちゃんを一人にして出てきちゃいました。

明日は僧侶お姉ちゃんの風邪が治ったらいいなと思います。

♀魔王「盛り上がってまいりましたよ?」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 00:42:23.35 ID:YkdqPr6K0
▲月○日 晴れ

ようやく僧侶お姉ちゃんの風邪が治りました。

聞いた話ですが、勇者のパーティーは普通4人パーティーだそうです。
それだとボクたちはもう一人要るかなぁと思ってお姉ちゃんたちに相談してみたら

「勇者は私だけじゃ頼りないって言いたいのか!」
「そうです!後衛は私一人だけでも十分です!コレ以上増やされちゃ困ります!」

ってなんか二人とも怒ったのでちょっと怖かったです。
この話は当分しないことにしようと思います。

♀魔王「『何が』増やされると困るんだろうか」ニヤニヤ


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 00:48:26.80 ID:YkdqPr6K0
▲月◎日 大体曇り

夜おしっこがしたくて起きてトイレに行こうとしたら、外から誰かが話してる声がしました。

耳を傾げたら、戦士お姉ちゃんと僧侶お姉ちゃんが話していました。

「……負けないわよ」
「こちらの台詞です。女戦士さんなんかに…」

…なんか、二人とも雰囲気が良くないです。
明日話してみることにします。

♀魔王「気付かれた」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 00:52:38.04 ID:YkdqPr6K0
▲月◆日 雨

「お姉ちゃんたち、もしかして喧嘩してる?」

って言ったら、二人とも同時に

「いや」「いいえ」

って返しました。
二人が言うことだから本当だと信じて、

「ボクはお姉ちゃんたち皆好きだよ」

って言ったら、二人とも顔を赤くして中央のボクから目を逸らしました。

……ボクってもしかして実は嫌われてるのかな。

♀魔王「このパーティーはこのままで大丈夫か?」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 00:56:50.28 ID:YkdqPr6K0
▲月◇日 晴れ

ある村に言ったら、お祭りが始まっていて、周りから沢山の人たちが集まってって、泊まる部屋がありませんでした。
やっと空いてるところを探したんですけど、一人室が一つしか残ってないって言われました。
仕方ないのでその部屋を借りました。

ボクは床でも大丈夫だからお姉ちゃんたちは二人で布団で寝てって無理やり説得してそう寝ました。


追記:朝起きたらボクがお姉ちゃんたちの真ん中に挟まれて寝てました。

♀魔王「和平した?!」


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/02/18(土) 00:58:32.93 ID:QMziiUey0
ベットに移されてたってことでいいんだよな



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 01:02:05.14 ID:YkdqPr6K0
◇月◎日 曇

ちょっと村のお祭りに参加することにしました。

村の中央に準備されてる舞台で踊り子のお姉ちゃんが踊ってって、それを見る村の人たちが皆盛り上がってました。
ボクは人群のせいで良く見えなくて、戦士お姉ちゃんに肩車して欲しいって言ったら僧侶お姉ちゃんは

「勇者さまが見て良いものではありません」
「そうだな。私もそう思う」

戦士お姉ちゃんもそう言いながら肩車してくれなくて結局ボクは踊りが見れませんでした。
ちょっと残念です。

♀魔王「なんか二人が気が合い始めたよ、なにがあったの」

 
112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 01:07:00.72 ID:YkdqPr6K0
♀魔王「>>103布団で川文字でしょjk」

◇月▲日 晴れ

祭りも終わって出発しようとしたら、なんか戦士お姉ちゃんほど服の布が小さい褐色肌の人が来て、

「あなたたち、勇者一行でしょ?三人だけだったら私も一緒に行きたいのだけど」

ボクはもちろん引き受けようとしたんだけど、お姉ちゃんたちは

「帰れ」
「汚らわしいのは女戦士さんだけで十分です」

と猛反対しました。
踊り子お姉ちゃんには申し訳ないけど、ボクたちは暫く三人でやっていきそうです。

♀魔王「ガード固杉ワロタ」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 01:15:13.04 ID:YkdqPr6K0
◇月□日 晴れ

恐る恐るも、お姉ちゃんたちにどうして四人目の人が入るのをそんなに嫌がるのか聞きました。

「コレ以上増えたら困る」
「なんで?仲間が増えたら戦いやすいと思うよ?」
「いや、そういう問題じゃない」

じゃあどういう問題なのかって聞き返そうとしたのだけど、あまり問い詰めても答えてくれそうにありませんでした。
僧侶お姉ちゃんに聞いてみたら、

「…勇者さまは私だけじゃあ不満ですか?」

って泣かれちゃって、その日は僧侶お姉ちゃんと一緒の布団で抱き枕にされなければなりませんでした。


♀魔王「おい、さりげなく一歩置いとかれたぞ、女戦士」

追記:次の日起きたら、戦士お姉ちゃんが「僧侶おまえー!今夜は私の番だからなー!」
となんか凄く怒って直ぐに倒れちゃいました。戦士お姉ちゃんって朝低血圧なのに熱くなっちゃって……どうしたんだろ。

 
118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 01:22:08.09 ID:YkdqPr6K0
◎月○日 曇り

最近は普通に道で現れる魔物には普通に対応できるようになりました。
レベルもそれなりに上がっていると思います。
やっと勇者として少しは自身を持っていいかなぁと思ったんだけど、
取り敢えず、戦士お姉ちゃんに勝てるように頑張ろうと思います。

最近は戦士お姉ちゃんと対練することもあるんですけど、時々姿勢が崩れて倒れそうになると、戦士お姉ちゃんがいつも受け止めてくれます。
その後凄く怒られるけど、その度にどんどん受け止める時の力が強くなっていく気がするのは何ででしょうか。


対練した後には、汗臭くなるので寝る前にちゃんとお風呂に入ります。
一人じゃ髪が洗えなくて、いつも僧侶お姉ちゃんに手伝ってもらいます。
そういえば、戦士お姉ちゃんと対練する日っていつも僧侶お姉ちゃんと一緒にお風呂に入る気がします。なんでだろう

♀魔王「二人の間に役割分担がしっかり行われてる」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 01:21:47.83 ID:3+46+tnF0
水晶玉的なのでのぞいてるのか?


 

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 01:30:28.60 ID:YkdqPr6K0
♀魔王「>>117そんな感じ。でも日記しか覗かないそれが私のジャスティス」

◎月□日 ちょっと雲あって晴れ

新しく着いた村の宿屋に行ったら、なんか受付の所で騒がしい声がしました。

「もういい加減出て行ってください」
「なんだと?俺達は勇者だぞ!俺たちがいつまでここに居ようが俺たちの勝手なんだよ。それともなんだ、勇者の俺を蔑ろにして、ただで済むとでも思ってるのか?」

なんか男一人と他の三人が、宿屋の主さんと喧嘩していました。

その中の男一人は、自分を勇者って言ってました。

…あれ?勇者はボクだよ?
勇者って一人だけじゃなかったのかな。
その人たちに話をかけようとしたら、

「あ、なんだ餓鬼。俺は忙しい。泊まるのなら他所に行け」

と相手にしてくれませんでした。

戦士お姉ちゃんが怒ってその人に文句を言おうとしたのですけど、ボクと僧侶お姉ちゃんが泊めました。
結局その日ボクたちは他の宿屋に泊まりました。



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 01:43:45.14 ID:YkdqPr6K0
◎月×日 晴れ

今まで忘れてたんだけど、王さまからもらった勇者の証明書というものにはいろんな勇者の特権に付いて書いてありました。
内容は大体関門などで見せたら通してもらえたり、宿屋が無料だったり、酒店で自由にパーティーの人を集められたり、
そういう旅する時に便利なことたちでした。

でも戦士お姉ちゃんに聞いてみると、そういうことを悪用して、魔王を倒すつもりもなく、ただ昨日のように宿屋に居座って営業の邪魔をしたり、
人の家の箪笥を勝手に調べて金を持って行ったり、
村で誰かが置いておいたツボや箱を壊すなどなど、色んな不良なことをする輩も居るようです。
昨日会った人たちは今はこの村に居ないようですけど、その人たちが長く居たせいか、ボクたちが居る宿屋の主さんのボクたちへの視線もあまり優しくはありません。
この村には長く居られそうにありません。

♀魔王「……下衆が」


134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 01:45:22.15 ID:epAQhC8Z0
窃盗に器物破損か
悪い勇者もいたもんだな



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/02/18(土) 01:45:26.14 ID:QMziiUey0
魔王様、やっちゃってください

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 01:51:24.62 ID:YkdqPr6K0
眠くてネタが浮かばんと

◎月▽日 晴れ

さっさと旅立とうと準備していたボクたちの前にある女の子が立ち塞がりました。

「ちょっと、あなた、勇者だよね」

そうです、って答えたら

「私に魔法使いなんだけど…あんたさえ良かったら、仲間になってあげてもいいんだけど」

なんか変な調子の魔法使いさんでしたけど、仲間になってくれたら助かると思いました。
でも、お姉ちゃんたちが反対するんじゃないだろうかって恐る恐る後ろを向いてみると、

「いいんじゃね?」
「私も……あれぐらいなら宜しいかと」

と案外引き受けてくれて、ボクも良いって言いました。

「感謝なさいね。私ほどの強者があなたのために戦ってあげるって言うのだから」

なんだか良くわからないけど、仲間が増えて嬉しいでうす。


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 01:52:48.00 ID:epAQhC8Z0
あれぐらい・・・?
ヒンヌーなのかっ!


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 01:54:18.83 ID:YkdqPr6K0
◎月☆日 曇り

魔法使いちゃんは本当に強かったです。
普段ならボクと戦士お姉ちゃんが何度も回復してもらって勝つ魔物でも、一気に焼き払ってくれて
旅中で戦う時間を凄く短縮出来ました。

魔法使いちゃんってすごいねーって言ったら、

「こ、これぐらい出来て当然よ。寧ろこれぐらいで手こずるとかそれでも勇者なの?」

って言われて、ちょっと恥ずかしかったです。
もっとちゃんとした勇者にならなきゃと思いました。


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 01:55:11.02 ID:UtEsx9SE0
勇者素直すぎる


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 01:56:15.21 ID:p2ebQMdY0
歳が近いという優越権を無視してしまっていいのか

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 01:59:25.03 ID:YkdqPr6K0
☆月◎日 雨

新しく着いた村で、村長さんにトロールたちを倒して欲しいって依頼を受けました。
トロールって大勢で群れを作って住むことが多いらしくて、今回はそのトロールたちの洞窟に行って、洞窟たちを倒さなければなりません。


「トロールは馬鹿そうでも、地味にズル賢いから、ちゃんと作戦立てないで入ると返り討ちされるわよ」

って魔法使いちゃんが言ったので、四人で一緒に宿屋で作戦を建てました。

まず守るべきことは、絶対にバラバラにならないこと。
後、体力的に弱い僧侶お姉ちゃんと魔法使いちゃんを前後で守るようにボクと戦士お姉ちゃんが一人ずつ立つ。
そして何よりも囲まれそうな所に足を踏み入れない。

この三つは基本的に守りながら、トロールの洞窟を攻略することにしました。




162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 02:09:45.25 ID:YkdqPr6K0
トロールの洞窟に入ったボクたちは最初に歩哨のトロールを見かけて奇襲して倒しました。
その後、作戦通りにどんどん奥へ進んでいきました。

でも、おかしなことに結構進んだのに歩哨以外のトロールの姿が見当たりません。

「嫌な予感がするね」

魔法使いちゃんがそう呟くと同時に、
突然周りから一気に大勢のトロールたちが現れました。

「なっ!囲まれたぞ!」
「勇者さま、私の後ろに隠れてください」

僧侶お姉ちゃんがそう言ったけど、ボクは僧侶お姉ちゃんを守るって約束したから立った場から逃げなかったよ。
何があっても、僧侶お姉ちゃんと魔法使いちゃんを守る。

そう思ってたけど、なんかおかしかったよ。

「おい、あいつら襲って来ないぞ?」

ほんとにトロールたちは周りを囲んだだけで襲って来ようとしなかったよ。

「ふん、馬鹿な奴らめ、それでも私を見ぬくぐらいの脳みそがあって助かったな」

魔法使いちゃんがそう言った時、ボクはびっくりしたよ。



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 02:13:40.50 ID:YkdqPr6K0
「だけど、私を見たにも関わらずこの勇者の群れを包囲するなんて、私への挑戦と見て構わないな?」

魔法使いちゃんがそう言うと、その瞬間トロールたちは包囲を解いて各々洞窟のあっちこっちに逃げていったよ。

「おい、魔法使い、お前……一体何者だ?」
「何者って?さあ雑魚どもは逃げたし、さっさとボストロールの頸とって村長の所に行きましょう」
「魔法使いさん……」

魔法使いちゃん……
話だけでトロールたちを逃げるほどに強いんだ。



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 02:27:15.71 ID:YkdqPr6K0
その後、ボクたちはなんとか辛くもボストロールに勝ちました。

「ちょっと待て、魔法使い」

でも、村に帰ろうとした時、戦士お姉ちゃんが魔法使いを呼びました。

「お前、さっきのアレ、一体何なんだ?」
「そうです。どうでもトロールたちの優勢な状況でしたのに、魔法使いさんの一言で逃げてしまうなんて何かがおかしいです」

ボクはお姉ちゃんたちが魔法使いちゃんをどんな風に疑ってるのか気づいて、魔法使いちゃんのことを庇おうと思いました。

「お姉ちゃんたちやめてよ。魔法使いちゃんのおかげで皆無事なままボストロール倒せたんだよ。ボクたちを助けてくれたから攻め立てるなんておかしいよ」
「いや、それはそうだけど、勇者…」
「勇者さまも見たじゃないですか。トロールたちが怖がる姿。あの魔法使いさんは、あのトロールたちが本能的に恐れるほどの人物なのですよ?」
「いいことじゃない!そんなに強い人がボクたちの仲間だったら、きっと魔王が相手でも簡単に倒せちゃうよ」




172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 02:32:59.38 ID:YkdqPr6K0
魔法「あはっ」

勇者「え?」

魔法「あはははっ、やっぱあんたって面白いよ、勇者ちゃん」

勇者「魔法使いちゃん?」

魔法「まだわからないの?私が誰なのかって」

勇者「え?魔法使いちゃんは魔法使いちゃんだよ?」

僧侶「…!まさか…!」

戦士「なんだ、僧侶」

僧侶「勇者さま!今直ぐそいつから離れてください!」

勇者「どうしたの、僧侶お姉ちゃん?何で皆ボクが分からないこと言うの?」

魔法「あなたがどうしようもなく馬鹿正直だから分からないのよ。ばか。ま、そういうあんたも嫌いじゃないけど」

勇者「どういうことなの?」

僧侶「知能の低いトロールさえも分かるほどの力の差。魔物の中でそんな力を持った者は、一人しかいません」

戦士「まさか、こいつが……魔王?」

勇者「…え?」


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 02:35:23.53 ID:YkdqPr6K0
勇者「魔法使いちゃんが…魔王?」

♀魔王「そうだよ、勇者ちゃん、私が魔王。あなたが倒そうと思っている魔族の王だよ」

勇者「……」

戦士「勇者、早くそいつから離れろ!」

勇者「…魔王……魔法使いちゃんが…」

♀魔王「驚いた?驚いたでしょうね。せっかく仲間が加わったと思ったら直ぐに裏切られたもの」

勇者「…ごめんなさい!」

♀魔王「え!?」


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/02/18(土) 02:36:09.02 ID:QMziiUey0
え!?


175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 02:36:26.73 ID:uoCq7fE50
ワロリンチョ


176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 02:36:55.39 ID:IcB9m8t00
え!?


177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 02:37:15.14 ID:i0OP7Ru70
え!?


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 02:38:17.23 ID:YkdqPr6K0
勇者「あのね、ボク魔王だって言うからきっと怖そうなムサい人と思ってたよ」

勇者「なんか髭とか沢山生えた怖そうな鬼みたいな顔想像してたの」

♀魔王「……ぷっ!」

♀魔王「あははっ!やっぱあんたって面白い!」

♀魔王「この絶体絶命な状況で人のことをムサイ男扱いしたことを謝ってるわけ?」

♀魔王「どれだけ馬鹿で、どれだけ正直者だったらそうなれるのかしら」

♀魔王「そういうあんただからこそ活かしてあげたんだけどね」


179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 02:41:02.36 ID:YkdqPr6K0
戦士「活かす?」

僧侶「どういうことですか?私たちをここで仕留めるってわけじゃあ……」

♀魔王「そんなことするわけないでしょ?大体、殺すつもりだったら別にトロールたちに囲まれてるのを助ける必要もないでしょう」

勇者「じゃあ、どうして魔王ちゃんはボクたちのこと助けてくれたの?」

♀魔王「まおうちゃ……まあ、良いわ。ここボストロールの洞窟と、あんたたちがここの討伐を頼まれたあの村はね、魔族たちが仕掛けたトラップなのよ」

僧侶「トラップ?」


180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 02:44:01.71 ID:YkdqPr6K0
♀魔王「ほら、人間どもって、最近名ばかりの勇者を大量生産したりするじゃない?」

♀魔王「そんなの勇者の名前だけで私が一々気にしてたらキリがないのよ」

♀魔王「だから適当な所に勇者群れを仕留めるトラップを仕掛けて、落ちこぼれ勇者たちはそこで仕留めてるのよ」

勇者「落ちこぼれ勇者……」ガクリ

♀魔王「そう、こんな試練も乗り越えない、半人前とも言えない名ばかりの勇者」

♀魔王「ここはそういう出来損ないな奴らを仕留めるために作られた勇者たちの墓場よ」


182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 02:49:27.43 ID:YkdqPr6K0
♀魔王「あなたたちはぶっちゃけ弱かった」

♀魔王「勇者は親が勇者ではおろかその血も継いでない普通の人間」

♀魔王「薬吸って占う似而非占い師の占いで勇者に選ばれた、謂わば犠牲者」

♀魔王「戦士と僧侶と来たら途中まで勇者を自分のものにしようと競うばかりでパーティーのチームワークなんてあったもんじゃない」

♀魔王「それだけでも足りずに敵増やさないようと四人目の人を入れることも拒んだ」

♀魔王「そんな勇者一行がこの先生き残って私の前に辿りつける確率がどれほどあると思う?」

♀魔王「零よ」


183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 02:52:17.32 ID:YkdqPr6K0
勇者「……確かに魔王ちゃんの言う通りかもしれないよ」

戦士「勇者」

僧侶「勇者さま」

勇者「ボクはちゃんとした勇者じゃないから、きっと強くもないし、今日魔王ちゃんが助けてくれなかったら、きっと危なかったよ」

勇者「でも、魔王ちゃん」

勇者「どうしてボクを助けてくれたの?」

勇者「魔王ちゃんの言う通りだと、ボクたちはここで間引かれるはずなんじゃないの?」

♀魔王「…それはね、勇者ちゃん」

♀魔王「あなたにはこの先もずっと旅し続けて欲しいからよ」



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 02:55:26.29 ID:YkdqPr6K0
♀魔王「あなたの日記を読んだわ」

♀魔王「勇者とは思えない平和ボケな旅だった」

♀魔王「でも、嫌いじゃなかったわ、そういうの」

♀魔王「寧ろ楽しかった。そして、いつの間にか自分もそこに混ざりたいとまで思った」

♀魔王「だから、ちょっと気分だけでも出してみただけよ」

勇者「…だからボクの仲間になるって言ったの?」

♀魔王「そう、ただの遊び心。気まぐれよ」

勇者「……」

♀魔王「私が居る所まで来なさい、勇者」

♀魔王「あなたと戦う日を待っているわ」

♀魔王「あなたの旅を楽しみながらね」

勇者「……うん」


189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 02:57:24.03 ID:bXF5yn9aO
地方の小物が暴れてるだけで
平和そうな世界



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 02:57:45.84 ID:YkdqPr6K0
勇者「魔王ちゃん。約束するよ」

勇者「ボク、強くなるよ」

勇者「今日魔王ちゃんに助けてもらった分、ううん、それ以上に強くなる」

勇者「それぐらいじゃないと、魔王ちゃんの所に辿りつけないし」

勇者「魔王ちゃんに勝てないから」

勇者「だから…待ってて、ボクが行くまで」

勇者「魔王ちゃんと一緒に居た時間、短かったけど、楽しかった」

♀魔王「……期待しながら待ってるわ」



193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 03:03:16.64 ID:YkdqPr6K0
☆月↑日 天晴れ

色んなことがあって、またボクたちは三人旅をすることになりました。

ほんとにここまで来るまで色んなことがありました。

そして、魔王ちゃんのおかげで、今までのボクたちを振り向いてみることが出来ました」

魔王ちゃんがボクたちを助けてくれてなければ、きっとボクたちはここじゃなくても、魔王ちゃんにまで辿りづく道のりのどこかで倒れていたかもしれません。

でも、ボクは絶対に魔王ちゃんの所まで辿り着こうと思います。

魔王ちゃんに教わったことがありますから、そのぶんボクは他の勇者たちより強くなったのだと思います。

だから、

この日記をまだ読んでいるのだったら、魔王ちゃんに言ってあげたいことがあります。



どうか、

ボクたちが行くまで他の勇者に負けないでください。



 
195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 03:04:16.95 ID:YkdqPr6K0
♀魔王「……ぷっ」

♀魔王「誰が負けますか、ばーか」

♀魔王「せいぜい早く来ることね」

♀魔王「私の気まぐれが終わる前に…」



追記:


人の日記を読むなんて、最低だと思います。

♀魔王「ぎゃふん!」


終わり



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 03:05:24.51 ID:KH1vjtBhO




197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/02/18(土) 03:05:24.59 ID:QMziiUey0
乙!!
おもしろかった


198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 03:05:44.56 ID:IcB9m8t00
おつ!


201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 03:06:30.88 ID:7VHV2FEZ0
おつ!
魔王ちゃんぺろぺろ


202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 03:07:03.87 ID:G1plBgLH0
とりあえず乙
でもなーもっといちゃいちゃこめこめしたものをだな
もっと長い間読みたいわけでな


203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 03:07:26.51 ID:YkdqPr6K0
乙、取り敢えず眠いから寝るわ。

二部は今は約束できないよ。
皆も今日は寝ると良いよ。



205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/18(土) 03:08:56.00 ID:YkdqPr6K0
自分はいちゃいちゃとかはあまりうまく出来なくて、そういうやろうとすると直ぐに話が雑になりそうで怖いんだ。
今でも十分雑なのにね。

コレ以上に雑になったら酷いざまになっちゃうよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
[ 2012/02/26 11:39 ] 勇者「」or魔王「」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/406-99fa33b4

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ