FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

兄「すまん妹。実は俺、おっぱい星人なんだ」1/2


兄「すまん妹。実は俺、おっぱい星人なんだ」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 20:42:49.61 ID:8sEzPKXF0
妹「おっぱいが大好きって意味でしょ? 知ってるよそんなの」

兄「違うんだ。おっぱいは大好きだけど、本当におっぱい星人なんだ」

妹「?」

兄「つまり……おっぱい星からやって来た宇宙人。みたいな」


元スレ
兄「すまん妹。実は俺、おっぱい星人なんだ」
この人の他の作品
幼馴染「喘ぎ声を録音したからあげるねwww」1/2



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 20:46:40.58 ID:8sEzPKXF0
妹「はあ?」

兄「おっぱい星が滅んだ時、宇宙船に乗せられて地球に送られた赤ん坊―――それが俺」

妹「あー……はいはい」

兄「地球のことは調べがついてたらしい。地球人の夫婦の記憶をすり替えて、その長男として過ごすところまでは宇宙船が積んでいたアンドロイドがしてくれた」

妹「へー」

兄「で、17歳を迎えた今! ようやく俺におっぱい星人としての自覚が芽生えるようプログラムが発動し」

妹「うざい黙れ」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 20:51:32.84 ID:8sEzPKXF0
兄「だから俺は、本当はお前の兄じゃないんだ! 騙す気はなかったんだが、隠していてスマン」

妹「心の病も立派な病気だよバカ兄貴」

兄「あれ……? ひょっとして信じてない?」

妹「いや冗談なのは分かるけど、リアクションに困る」

兄「分かった―――じゃあ証拠を示すよ」

妹「やってみなよ」

兄「おっぱい星人には、地球人には無い特殊能力があって……」

妹「ほぅほぅ」

兄「例えばこうやって手をかざして……」

妹「ん?」

兄「近くのおっぱいを引きつけることができたり」

妹「えっ。ちょ、え、ウソ!?」グググ…


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 20:57:53.08 ID:8sEzPKXF0
妹「ヤだ、なにこれ! どうやってんの?」ググッ

兄「だから、おっぱい星人の超能力。いわゆる乳力」

妹「そんないわゆる聞いたこと無いっ」

兄「で。さらに」

ムニッ

妹「っ」ビクッ

ムニッムニッムニッ

妹「ちょ、バカ、ぁ! 揉むなヘンタ、んぁ、ぁっぁっぁん」

ムニッムニッムニッ

妹「ふぁ、あっ、なんで……やぁ、あ、ひぁっ」

兄「―――こうして、触れたおっぱいをとても気持ちよくしてあげることができる!」

妹「ア、アホ……か」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 21:04:55.54 ID:8sEzPKXF0
妹(なっ、なんでこんな……服の上から弄られただけでぇ)

妹(こんな、キモチぃ、やっ、ウソみたいっ、ああ!)

兄「生おっぱいに直接なら、もっと乳力送り込んで気持ちよくもできるんだけど」

妹「!」

兄「それはともかく、とりあえず証明できたよな?」スッ

妹「……ハァ、ハァ」

妹(あ……離れちゃった……じゃなくて!)

妹「ホ、ホントなの?」

兄「俺が妹にウソついたことあったか?」

妹「……兄だってのがそもそもウソだったって話のくせに」

兄「そーいえばそうだった。ゴメン」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 21:13:08.24 ID:8sEzPKXF0
妹「それで……なんで私に話したの?」

兄「やっぱ、家族を騙し続けるのはイヤだったからな。母さんにもいずれ言うよ」

妹「……」

兄「それから、妹に協力して欲しいってのもある」

妹「協力? なにを?」

兄「俺はおっぱい星人の末裔として、地球で子孫を残す使命がある。おっぱい星人の特殊性は多分受け継がれないだろうけど、子作りはできるはずなんだ」

妹「ま、まさか私に!?」

兄「まさか。でも外でなるべく多くの女性を口説かなきゃならんから」

妹「げ……多股する気?」

兄「生き残りとしての使命だってば」

妹「……」ジーッ

兄「コホン。とにかくそーいうわけで、家も使いたいし何か頼むこともあると思う。よろしく」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 21:18:56.28 ID:8sEzPKXF0
兄「じゃ、早速だけど出かけてくる」

妹「どこ行くの? 手当たり次第に襲ったらいくらなんでも捕まるよ兄貴」

兄「そんなバカなことせんわ! 一応アテはあるから」

妹「ふぅん」

兄「いってきまーす」

トタトタ…バタン

妹(……いきなりすぎて、わけわかんない)

妹「!」ヌル

妹(や、やだ……下着、びしょびしょになってる……)

妹「はぁ」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 21:25:12.31 ID:8sEzPKXF0
ピンポーン

幼馴染「はい」ガチャ

兄「よっ」

幼馴染「兄くん?どうしたの珍しい」

兄「そーだな。昔はよく一緒に遊んだのに」

幼馴染「え、うん」

兄「町内会のことで聞きたいことがあるんだけど、今おばさんいる?」

幼馴染「ごめん、パートに出てる」

兄(ごめん知ってた)

兄「そっか」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 21:28:16.00 ID:TS52tJ720
おっぱいを触って気持ちよくさせる力を乳力とするだろ
俺たちが乳力0、リア充イケメンが100とすると兄はどの位なんだろう


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 21:30:18.60 ID:QKM+4ehR0
>>25
俺たちに分かるわけないだろ;;

 
31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 21:32:12.43 ID:8sEzPKXF0
兄「そういえば、高校一緒なのにこうやって話すのも久々だっけ。昔は―――」

幼馴染「? 今日は昔話多いね」

兄「昔に比べて、幼馴染のおっぱいも、すごく立派に育った!」

幼馴染「ッ!? な、なに言ってんの兄くん! ///」

兄(今だ! 乳眼力オーバーフロー!!!)キュピーン

幼馴染「もう……ん?」

ムズムズ

幼馴染「……ぇ。や、んんっ」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 21:32:50.57 ID:mgZEeQ7GO
職業:おっぱい星人
能力:乳力



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 21:40:25.59 ID:8sEzPKXF0
幼馴染「ぁ。ん、ぅ……ん」

幼馴染(ヘン……む、胸が、じんじんする……ぅ)

兄「……」ジーッ

幼馴染(やだ兄くん、ガン見しすぎ!あ、で、でも)

兄「……」ジーッ

幼馴染(なんでぇ? 見られてると、どんどん、胸、熱く……ぁぁ!)

幼馴染「ふぁ、ん、ぁぁ、ぁっ、はぁぁ」

兄(さらに!!)

幼馴染「んん……えっ」ググ

兄「どうした?」

幼馴染「え……? ヤ、なんで私」グググッ

幼馴染(む、胸が。兄くんのほうに引っ張られて……!)


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 21:51:54.75 ID:8sEzPKXF0
幼馴染(これじゃまるで、私、自分から胸突き出してるみたい……いやぁ)

兄「ひょっとして。成長したおっぱいを確かめさせてくれるの?」

幼馴染「!? ち、ちが」

兄「触ってみたいなー。幼馴染のおっぱい」ジーッ

幼馴染「ふぁ、あぁン!」

幼馴染(ダメ、胸……おっぱい、兄くんの視線だけで、おかしく、熱い、破裂しちゃうぅ)

幼馴染(もしいま……今、男の人に触られたら、どんなに……!)

兄「触ってみていい?」

幼馴染「ハァ、ハァ、ハァ」


幼馴染「ぉ……おねがい」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 22:04:44.24 ID:8sEzPKXF0
ムニッ

幼馴染「~っ!」ブルル

ムニッムニッムニッ

幼馴染「ああっ! ンぁ、ひぁぁん!」

兄「おお! マジで、すげーでっかくなったね」

幼馴染「やぁ、い、あぁん、あ、あぁっ」ビクッビクッ

幼馴染(あ、あ、すごぃ、こんなっヘン……きもちぃぃっ!)

兄「育ったの、もっと念入りに確かめていい?」

ムニッムニッ

幼馴染「ひゃぅ! う、うん、確かめてぇ、私のおっぱいっああっ!」

兄「……玄関先じゃ近所に聞こえちゃいそうだし、中入ろう」ボソッ

幼馴染「ハァ、ハァ、ハァ、うん、来て、早くぅぅ」


バタン


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 22:19:02.16 ID:8sEzPKXF0
兄「ただいま」バタン

妹「! 兄貴。結局どこ出かけてたの?」

兄「幼馴染のとこ」

妹「それって……つまり」

兄「勿論! あのロケットおっぱいを揉みしだいてきた」

妹「揉みしだ……ヘンタイ!」

兄「男はみんなおっぱい星人なんだよ!!!!!!!!!」

妹(こんな真剣な兄貴初めて見た)

兄「まぁでも、おばさんが途中で帰ってきちゃったからなぁ」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 22:29:07.50 ID:8sEzPKXF0
妹「……子作りまでは出来なかったってこと?」

兄「いやもっと手前。いきなりは刺激が強すぎるかもと思って。服に手つっこんでブラの上から―――」

妹(でも、兄貴の、あの力でそんなことされたら……)

兄「お前には使わなかった力も一つ使ったから充分効果はあったけどな」

妹「ど……どんな風に?」

兄「なんだ妹、そんなの聞きたいのか」

妹「……」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 22:33:11.20 ID:8sEzPKXF0
兄「えっと。まず視線で発動する乳力でおっぱいを発情させておいて、モミモミと」

妹「……」

兄「おっぱいは素晴らしかった! 幼馴染もすげー感じてくれて、何回もイってたみたいで」

妹「ハァ……ハァ」

兄「おばさんの足音で慌てて帰ろうとしたんだけど、『見つかってもいいからもっと』って縋られて」

妹「ハァ、ハァ、ハァ」

兄「でもとにかく、また次もするからってことで納得させて逃げたんだが。惜しいことした……マジで」

妹「そ、そうなんだ」

妹(…………どんだけスゴかったんだろ……)

兄「さて、部屋行くわ」

トタトタトタ

妹「……ん……ぁっ」クチュクチュ


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 22:39:01.09 ID:8sEzPKXF0
―学校

友「よ! おはよう」

兄「おはよー」

ガヤガヤガヤ

兄(うしっ。学校でも頑張って、おっぱい星人としての使命をおっぱいおっぱい)

友「なぁ昨日さ」

兄「友!」

友「えっ。なに?」

兄「親友のお前には言っておこうと思う。俺―――おっぱい星人なんだ」

友「……………うんまぁ。俺も」

兄「そうか」

兄(とりあえず、伝わってないけど友情の義理は果たしたな。肝心なのは女子だっ)



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 22:48:53.98 ID:8sEzPKXF0
委員長「兄くん、プリント持ってきた?」

兄「あ、はいこれ」

委員長「ん。次からは遅れないようにね」

兄(委員長……あの仏頂面がおっぱいの悦びでどう変わるか。実に興味深い)

兄(他にもこの学校可愛い子多いしな。けど―――)

女子「センセー来たよ」

女教師「はい、席についてください」

兄(―――幸い時間はある。時間が無いのは、今週でいなくなるこの)

女教師「では前回の続きから。教科書の」

兄(教育実習おっぱいっ!!)クワッ


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 22:58:21.12 ID:8sEzPKXF0
兄(―――で。昼休みになっちゃったけど、どうしよっかな。そうそう一人にもならないだろうし)

兄(まあとりあえずは……おっぱいイヤー!)

キュイィィィ

兄(狙いを定めたおっぱいの奏でる心音を、半径13kmまで聞き分けるこの乳力で……)

トクンットクンットクンッ

兄(1階の空き教室! そこか!)

幼馴染「あ……いた、兄くん」

兄「えっ」

幼馴染「あの……ちょ、ちょっといい?」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 23:05:07.68 ID:8sEzPKXF0
兄「スマン、今は急ぎの用があって」

幼馴染「そっかぁ……」シュン

兄「うっ」

幼馴染「じゃあ、しょうがないけど。後で声かけてね? 何時間目の休み時間でもいいから」タユン

兄(かわいい……でっかい、揉みたい……っ。でも、今はガマンしないとっ!)

兄「休み時間より放課後の方がゆっくりできるから。それでいい?」

幼馴染「! ぅん ///」

兄「じゃ!」スタスタスタッ


ガラッ

兄「先生!」


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 23:13:12.94 ID:8sEzPKXF0
女教師「ん? 兄くん? どうしたの」

兄「あー……その」

後輩A「…」

後輩B「…」

後輩C「…」

兄(やばい、幼馴染と会って忘れてた! 位置特定しただけで、一人かどうかは分かんなかったんだった)

女教師「?」

兄「ええと。実は授業のことで相談がありまして」

女教師「えー、私でいいの? いいよ、言ってみて頑張っちゃう」

兄(しかしこの機会は逃せん。危険だが、ここは乳力全開で強行突破―――!!)

兄「ありがとうございます。先生のおっぱいが気になって仕方ありません」



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 23:22:12.93 ID:8sEzPKXF0
女教師「え、え、え!?」

後輩A「プッ。やだーこの人」

後輩B「変態……」

兄(おっぱいは先生を入れて8房。乳力がどれだけ持つか分からない、が! やってやる)

兄「つまりおっぱいです。授業中、先生のおっぱいが白いシャツを突き上げてるのがどうしても目に入って、男子はみんな授業よりおっぱいがおっぱいで、ええと、オッパイオッパイオッパイオッパイ!!」

女教師「あ、兄く……! どうしちゃったの」

兄「オッパイオッパイオッパイオッパイ」

パァァァ!

女教師「そんな冗談はやめ……ふ、ぁ?」

後輩A「んっ」

後輩B「ぁ……っ?」

後輩C「な、なに……ンン」

兄(効いてくれよ。おっぱいボイス!!)


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 23:29:04.96 ID:8sEzPKXF0
兄「『おっぱい』」

女教師「あっ」ピク

兄「『おっぱい』」

女教師「はぁ、ぁぁん」

兄「『おっぱい』。『おっぱい』。『おっぱい』」

女教師「いやっ、ああ! ン、ンぁう」

兄(おっぱいという神秘の言葉に乳力を乗せ、聴覚から発情させるおっぱいボイス……さらに!)

兄「……」ジーッ

女教師「い!? あ、あああ」

兄(乳眼力オーバーフローぉぉ)

女教師「待って、ヘン、ああウソ、熱ひっンンン」



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 23:39:12.75 ID:8sEzPKXF0
兄「というわけで、一度でも『おっぱい』触ったほうが気が済んで勉強できると思うんです」

女教師「ぁ、ぁぁ、ぁ、ぁ」

兄「触れていいですか? 先生の『おっぱい』!!」

女教師「ひぁぅっ!」ビクンッ

兄「……」

女教師「ハァ、ハァ……ハァ、す、すこしだけ、なら……ハァ」

後輩C「せ、せんせ……!」

女教師「だ、だって、べんきょぅ、ハァ、べんきょうのため、だし。仕方な、ンン……」

兄「ありがとうございますっ。それじゃ」

兄(ぐ、ううう。乳力が尽きそうだ)

モミッ

女教師「あ、ふぁぁん!」


112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 23:44:49.18 ID:8sEzPKXF0
兄「はー、はー、はー」

兄(こ…・・・っ、ここで、最後の―――大技っっ!)

ムニッ

女教師「はっあああっ!」ガクガク

後輩ABC「「「ひ!?」」」ビクッ

兄(乳・同・調!!!!!)


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/02(金) 23:52:25.01 ID:8sEzPKXF0
ムニッムニッムニッ

女教師「あぁ、あ! ぃ、ああぅ、ぁぁぁン」

ムニッムニッムニッ

後輩A「ヤっ、ひぁ、あ、あ、なんれっ」

ムニッムニッムニッ

後輩B「私たちぃ、まで、ンっふああ!」

ムニッムニッムニッ

後輩C「あ、あ、すごひぃ……っ、おっぱい、ぁっ、溶けひゃ、ぁっ、すごぃよおっ」

兄「はー、はー。だ、だいぶ気が済んで、来ました。というか限界が」

女教師「ダっ、ダメ! もっと、つづけて、あ、ンぁぁ、いいっあぁぁ……」ガクガク


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 00:01:49.16 ID:jM2M8qIW0
兄「俺だっていつまでも揉んでいたい! けど、もうムリが、くっそぉぉ!」

ムニニ…ムニュゥ!

女教師「いひゃん! あっああ~~~~っっ」ビクビクビク

後輩ABC「「「~~~~!」」」ビクッビクッビクッ

ドサ

兄「ぜはー……ぜはー……か、勝った」



兄(しまった、気絶してて話ができん。休み時間そろそろ終わっちゃうのに)

兄(……メモ残しとこ)

兄「……」カキカキ

『またおっぱいの事で話をしたいので連絡ください。○○○-○○○○-○○○○』



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 00:11:44.59 ID:jM2M8qIW0
放課後

幼馴染「兄くん!」

兄「あ……」

幼馴染「あ。て何よぉ」

兄「いや、その」

兄(今は乳力切れで)

幼馴染「ね……ねぇ。昨日の、アレ…… ///」


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 00:22:18.86 ID:jM2M8qIW0
幼馴染「……呆れられるかも知れないけど、わ、私……」ギュッ

兄(おお、甘い香りが)

幼馴染「また……兄くんに弄って欲しいの。ぉ……おっぱい」

兄「俺も是非そうしたいんだけど」

幼馴染「?」

兄「帰りながら説明するよ」



幼馴染「―――ひょっとしてからかってる?」

兄「マジです」

幼馴染「まぁ……なんだか超能力、みたいなのは信じるけど。宇宙人って」

兄「どっちにしろ、今無念ながら乳力が発動できないのはホントだから」


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 00:25:13.91 ID:jM2M8qIW0
幼馴染「実は昼間から逃げようとしてない?…………私の胸じゃつまんなかった、とか」タユン

兄「ありえないありえない! 失われた故郷おっぱい星に誓う」

幼馴染「じゃあ、どうやったら回復するの? その超能力って」

兄「体力と同じで時間が経てば。あとは、乳力使わずに女の子触りまくれば!」

幼馴染「……ふぅん」

兄「ホント」

幼馴染「兄くん」

兄「はい」

幼馴染「あのね…………このまま私の家、行かない?」


225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 07:18:15.27 ID:FPtJnKPG0
―幼馴染の部屋

サワサワックニクニッ

兄「あー。やっこいー」

幼馴染「ん……ふ、ふとももでいいの? てっきり胸ばっかり触るかと思ってた」

兄「女体の全てを愛し、さらにおっぱいを頭上に据えてこそのおっぱい星人」

幼馴染「……よく分かんないけど」

兄「幼馴染こそ、乳力ない俺に触られても得なくない?」

幼馴染「けど、兄くんが回復するって言うから」

幼馴染(……それにやっぱり、男の子に―――兄くんにされてるって意識すると、少し……ンっ)

幼馴染「ふっ、ぁ」



228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 07:24:13.89 ID:FPtJnKPG0
幼馴染「……腕とか撫でて楽しい?」

兄「すっごく」ナデナデ

幼馴染「ふぅん」

兄「お腹も撫でていい?」

幼馴染「お、お腹!? まぁ……いいけど。男子ってヘンなの」

兄「では失礼して」ゴソゴソ…ナデナデ

幼馴染「ん、ぅっ。ふふ、くすぐったい。回復してきた?」

兄「かなり。ありがとう!」

幼馴染「良かった」

兄「じゃあいよいよ―――おっぱい揉ませてくれっっ!」

幼馴染「う、うん」


231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 07:34:15.94 ID:FPtJnKPG0
幼馴染「ねえ……直接触ったほうが回復するの?」

兄「幼馴染、今日はホント協力的な」

幼馴染「だ、だって」

兄「……」

幼馴染「兄くんがあの、超能力でするの……スゴかった……から」

兄「そんなに良かったんだ。回復したら、すぐして欲しい?」

幼馴染「ん…… ///」コクッ

兄「承知した! それじゃ、自分で脱いでみて」

幼馴染「ぅ、うん」スル…

タプンッ

兄(うっほおおおおおぃ! 生! 幼馴染・おっぱい!!)

幼馴染「ど……どうぞ」


239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 07:43:23.97 ID:FPtJnKPG0
兄(白くてまぁるくて)ムニムニ

兄(たっぷりでツヤツヤで)ムニムニ

兄(乳首がちょんと可愛くて、柔らかいけどもっちりと)ムニムニムニムニ

兄「幼馴染すげえ!」

幼馴染「!?」ビクッ

兄「俺が目を離した隙にこんな良いモノを実らせてたとわ」

幼馴染「目を離した、って。ずっと近所だったけど」

兄「でもずっと生おっぱいを俺の視界で捉えてたわけじゃないから」

幼馴染「まぁ、それは。ねえ?」

兄「はぁぁ。手がきもちー」

ムニムニムニムニ
モニュモニュモニュモニュ

幼馴染「ン……ぁ」

兄「さて―――充分回復してきた」

幼馴染「!」

兄「そろそろ、こっからはお礼しなきゃな」


241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 07:56:05.22 ID:FPtJnKPG0
兄「ぺろっ」

幼馴染「!」ビクン

兄「れろ、ちゅぱ」

幼馴染「ふぁ、ぁ、なにこれ」

兄「こないだのとはまた別の乳力で―――『飴乳』」

幼馴染「アメ……? ひぁんっ」

兄「れろれる、ぺろぺろ、れろれろれろ」

幼馴染「あ、あ、はぁぁ、んっあひぅ」

幼馴染(そっか……これ、ああ、胸がまるで、舐め蕩かされちゃうみたい、だから……!)

兄「ぺろれろ、ちゅぱ、ちゅっぷ」

幼馴染「あ~っ、あ、あ、ひぁ、あぁぁ」

兄「気持ちいい??」

幼馴染「いっ、イイ! すごぃの、兄くんのぉ、やっぱり……もっと、お願いっ」



244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 08:05:29.24 ID:FPtJnKPG0
幼馴染「ひぅ、ぁぁ! ン、くぁぁう」ビクッビクッ

幼馴染(スゴぃぃ! 私のおっぱい、兄くんの舌でぇ、バカになっちゃうぅ)

幼馴染「あぁぁ、あっ、舐めてぇ……溶かして、ンぁ、おっぱいれろれろって、兄く、ふぁぁ!」

幼姉「あなた達! 何してるの!?」バタン

兄「―――え」

幼馴染「お……お姉ちゃん!? いつ帰ってきたの!?」

幼姉「ずっと隣で寝てたわよ。今日はお昼から休講になって、それで」

兄「あ、あのっ。これはえっと。おっぱいの探求が」

幼姉「黙って」

兄「はい」


253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 08:16:47.57 ID:FPtJnKPG0
兄(マズったなぁ。幼姉さんは生真面目だし)

幼姉「あのね。幼馴染も高校生なんだし、男と付き合うなとは言わないわ」

幼馴染「……」

幼姉「兄くんだったら私もよく知ってるから、まだマシだし。だけど」

幼馴染「……」

幼姉「あなた、この前の試験で成績落ちて、勉強頑張るって母さんに約束したばかりでしょ?」

幼馴染「それは……べ、勉強はちゃんとやってるよ」

幼姉「そういうのは、次で結果出してから言わなきゃ」

幼馴染「……ごめんなさい」

幼姉「悪いけど、この事は一応お母さんにも伝えておくから」

兄(!? まだこれからなのにそれは困る!)

幼姉「兄くん。幼馴染のことを邪魔するわけじゃないけど、今日のところは帰―――」

兄「待ってください!」


262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 08:31:33.48 ID:FPtJnKPG0
兄(せっかくだいぶ回復させたばかりだけど。幼姉さんの爆乳は後にとっておこうと思ったけど)

兄(やむをえねえ! 『乳は避けられない』ともゆーしな)

幼姉「なに? 兄くん」

兄「俺たちはただ、幼馴染の素晴らしいおっぱいを愛でたり愛でられたりしていただけです」

幼姉「な……え?」

兄「地球人は分かってない。おっぱいはもっと愛でられるべきなんだ―――こんな風に」モニュッ

幼馴染「ぁん!」

幼姉「ちょっ。ちょっと兄くん!」

兄(今日二度目の……乳!同!調!)

モニュッムニムニムニムニ

幼馴染「ひぁぁあ! あ、あああ、あああ!」

幼姉「なにを、ぁ!? ん、ぁ、ンン、はぁ、ん、ん~~~っ」ブルルッ

ムニッムニッムニッムニッ

幼馴染「ふぁん、あ、兄く! あぁぁ、きもひっぃ、んふぁぁ」

幼姉「ぁ、くぁ、んぁ、あ、これ、なんで、ぇ? ん、ぁ、ぁ、あっ、ああああ!」



273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 08:48:47.96 ID:FPtJnKPG0
幼馴染(スゴイスゴイスゴイスゴいぃ! 兄くんに生でしてもらうのたまんなひぁぁ!)

兄「……おっぱい揉まれてる幼馴染を見てるだけで、幼姉さんだって声が出てるじゃないですか」

幼姉「ちがっんふぁっ見てるせぃじゃ、ンぁぁ、なんでぇ、ああああ、ぁっぁぁ、ヤ、ひぁぁ!」

兄(回復しきってないせいか、同調が緩いか? だったら)

幼姉「んん……ぁ、ふぁぁっ、え、え? あ、あ、またヘンっああ」ググッ…

兄(服越しにでも幼姉さんのおっぱいを!)

ムニッ

幼姉「ンぁ! くっひああ!」

兄(もちろん幼馴染の生おっぱいも!)

ムニッ

幼馴染「あぁっぁ、ああ~~っ!」

兄(さらに乳同調で―――自分のと幼馴染―――二人分の乳の悦びを―――ッ!!)

幼姉「!??」


幼姉「ひへあぁはっ、あぁぁ、ンあ~~~~~~~~」ビクビクビクビクッ!


274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 08:52:40.96 ID:FPtJnKPG0
―自宅

兄「ふぅ、ただいまぁ」バタン

妹「おかえり兄貴」

兄「……」

妹「なんでそんな疲れてんの?」

兄「消費して、戻して、また消費してきた……」

妹「??」

兄「はぁ。寝るわ」

妹「あ、待ってよ。今日も……あの、誰かにちょっかい出したんでしょ?」

兄「うん」

妹「き……聞かせて。話。でないとほら、協力とかできないし……」



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 09:09:27.38 ID:FPtJnKPG0
妹「―――ひとつ気になったんだけど」

兄「どうぞ」

妹「兄貴って最終的には、子孫をたくさん残したいんだよね?」

兄「そうだよ」

妹「でも、今のところその……さ、最後までは誰にもしてないみたいだから」

兄「ああそれはほら、あちこち手を出すとするじゃん?」

妹「うん」

兄「普通だと俺、やばくなる」

妹「そりゃそうだ」


283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 09:15:24.38 ID:FPtJnKPG0
兄「だから、そうやっても許しちゃって逆らえないくらい、事前に完璧に快楽堕ちしといてもらいたい」

妹「鬼畜だ……」

兄「後々、ある程度手を広げ終えてからなら、もうそういう男だって認知の元に行動できそうだけど」

妹「うわー死ね」

兄「まぁ、あと他にも一応、最後までヤれない理由があるんだけど……」

妹「どんなの?」

兄「そこは星の秘密だから迂闊に言えない」

妹「どうせもうその星無いじゃん。あ、ゴメン泣かないで」

兄「と……とにかく、俺今度こそ仮眠してくるから」

スタスタスタ

妹(結局今日は、先生と女子3人と、幼馴染さんと幼姉さんと。か)

妹「はぁぁ」ドキドキ

妹(私は……別に……うらやましいとか思ってない。思ってない。思ってない)


359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 14:02:08.28 ID:GvdYARt/0
―学校

兄「昨日ゆっくり、乳力の消費と回復について考えてみたんだが」

モミモミ

後輩A「ンん、ンちゅ、ぁ、ちゅっ」

兄「例えばこうやって。両側におっぱいを抱きかかえて微弱な乳力をコントロールしつつ―――」

モミモミモミモミ

後輩B「ぁ、ぁ、兄先輩、ぁんっ! 早く私にもぉ、またちゅーもくださ、ぁ、ふぁんっ」

後輩A「ちゅぷ、ン、ン、ぁぁ、んはぁ」

兄「交互にキスしたりして女体を堪能すれば、回復を行いながら女性にも気持ちよくなってもらえる!」

後輩A「その、ぁ、『乳力』? た、溜まってますか? ぁっぁ」

兄「ああ。二人がキスしたり擦りついてくれるおかげで、どんどん……」

後輩B「ん、ぁ、良かった、ぁっ、もっと回復してくださぃ、もっと、ああ、好きに弄って、ぁン、ふぁっ」



361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 14:04:03.20 ID:GvdYARt/0
後輩C「……失礼します」ガラッ

後輩A「ハァ、ハァ、ハァ」

後輩B「ハァ、ハァ……後輩Cちゃん」

兄「こんにちは。と、そっちが」

後輩D「は、初めまして」

後輩C「電話で話した子です。私と小さい頃からの友達で、胸にコンプレックスあって」

後輩D「……」タップン

兄(おおおおおっ。小柄ロリ顔でいっぱいおっぱい!!)

後輩C「先輩だったら、この子の価値観変えて助けてあげられるんじゃないかって……」

兄「お任せてくれ乳!」ガタッ

後輩D「ひっ」



363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 14:05:57.58 ID:GvdYARt/0
モミモミモミモミ
ムニムニムニムニムニ
ペロペロペロペロ
クニュクニュクニュ
ムニムニムニムニムニムニムニムニッ



兄「―――ふぅ。それじゃ俺、そろそろ行くね」

後輩A「……ハ~」ピクピク

後輩B「ぁ……ひはへ」ピクピク

後輩C「ン……ぁ、は……」ピクピク

兄「後輩Dちゃんも、また!」

後輩D「ぁ、ぁ……せんぱひ……すきぃ……♥」ピクピク


364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 14:08:35.58 ID:GvdYARt/0
カツカツカツ

兄(ん?)

女子A「~!」

女子B「~!~!」

委員長「~」

兄(なんだろ。揉めてる……というか絡まれてる? 止めさせたほうがいいのかな)

兄(しかし事情の分からんケンカを横から男子が邪魔するのもなぁ)

委員長「……」

兄(いや! 考えてみれば委員長は後の俺の嫁の一人だっ、ヒイキしよう。となれば―――)

兄(この位置からじゃ乳眼力オーバーフローは使えない―――)

兄(けど。乳力の扱いに慣れてきた今の俺なら!)



366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 14:11:19.10 ID:GvdYARt/0
①対象となる女性の容姿体型、声質、肌のはりつや等を脳内に思い浮かべます
②①を元に、おっぱいの大きさは勿論、弾力、肌触り。乳首の色から乳輪サイズまでイメージしてください
③イメージが実際のおっぱいと限りなく一致した時……

兄(その時起こる奇跡の秘技! この手に掴め―――エア・おっぱいっっ!)


367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 14:13:18.79 ID:GvdYARt/0
兄(エア・おっぱい!)グッ

女子A「ぁっ……!? ん、ぁっ」

兄(エア・おっぱい!)グッ

女子B「どうし……ぁ! ひぁ……く」

兄(エア・おっぱい!!)ググッ

女子C「なに? え……ンぅ、ぁ、やっ」

委員長「? 話終わったなら行くね」

委員長(……変なの)スタスタ

兄「よっ」

委員長「兄くん。そろそろ授業始まるからね」

兄「分かってる」


369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 14:14:55.50 ID:GvdYARt/0
教師「えー、では次に」

兄(決めた。次は委員長だな。だってクールな真面目少女のエロくなった顔見たいし)

兄(行くぜ! 委員長のためならさっきより精密なおっぱいイメージが浮かべられる―――)

兄(エア・おっぱい!!おっぱい!!)

ムニッ

委員長「!」ビクッ

兄「……」

ムニッムニッムニッ

委員長「っ! っ! っ!」

委員長(なにこれ!? む、胸が急に)

モニュッ!

委員長「ぅぅ~っ」ブルブル

委員長(も……揉まれてる、みたい……どうして!?)


370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 14:15:57.25 ID:GvdYARt/0
兄「……」グッグッ

委員長「ぅ、ン、ン、ふ、ぅぅ」

教師「じゃあここ……兄」

兄「分かりません!」

委員長(あっ。お、治まった。なんだったの?)

兄「すみません先生っ。明日には必ず、分かる俺になって来ます!」

教師「そ……そーか。そんじゃ、他に誰か」

兄(よし流せた。早く再びイメージを―――かき集めろ)

兄「……」グニッ

委員長「ぁひっ」

委員長(ダメ、また……ぁ)


371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 14:16:55.90 ID:GvdYARt/0
委員長(どうしよ、どうしよ、これ、ああっまだ続くの?)

委員長「……ぅ、く……ン」

委員長(声、おさえないと! 頑張らないと、もれちゃ……ぅ、んっ)

委員長(あ、あ、ヤだ、なんで、おかしいこんなっ、ぁぁ、ぁっぁぁぁ、きもちっ)

委員長(キモチイイよぉぉぉ)

委員長「ぁ、ん~~~っ」ブルブルブル

兄(エアでも柔らかいなー幸せ)


372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 14:19:48.88 ID:GvdYARt/0
ヌルッ

委員長「!」

委員長(し……下着までもう、きてる。このままいたら、濡れきって、動けなく……!)

委員長「せ、先生」

教師「ん? どうした委員長」

委員長「気分が……くっ、悪く、て……ハァ」

教師「……大丈夫か? 顔真っ赤だぞ」

委員長「保健室、行っても……ハァ、宜しいでしょうか? ぅぅ」

教師「ああ。気にしなくていいから休んで来い」


375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 14:21:42.25 ID:GvdYARt/0
兄(―――ちょっと悪ノリしすぎたな俺……あやうく委員長の痴態を他男子にまで晒すトコだった)

兄(委員長、無事保健室着いたかな。おっぱいイヤー!)

キュイィィィ

兄(あれ? この位置。北棟隅っこ……女子トイレか? トイレ行くにしてもなんでここ)

兄「!」ガタッ

教師「ど、どうした兄」

兄「今深く理解しました。先生のご指導のおかげです」

教師「……良かったな。座れ」

兄「はい」

兄(委員長は十中八九、人の来ないトイレで今……あの委員長がっ!!)


委員長「ん……ぁぁっ」クチュクチュ



384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 14:35:37.74 ID:GvdYARt/0
委員長「はぁ、ぁ……ぅ」クチュ、クチュ

委員長(なんでよ、やっと自由になったのに……そしたら、急にアレ、おさまるなんて)


兄(でもオナニーじゃ、さっきまでの快感には遠くて満足できないはず)


委員長「ん……ぁ」クチュ、クチュ

委員長(なんで、なんでぇ)



390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 14:40:42.35 ID:GvdYARt/0
兄(待っててくれマ員長! 教室でのエアで感触は掴んだ!)

兄(位置さえ分かればここからでも―――おっぱいイメージを膨らませ―――て―――)


委員長「ひぁ!」


兄「……」グニッ


委員長「あ、あ、あ」


兄「……」グニグニ


委員長「あぁっ、んっ、ひぁぅ!」

委員長(きた、やっと、またさっきのぉぉ!)


兄「……」グニッグニニッ


委員長「ふぁ、あっ! ぃ、いい、ぁ、はぁぁっン!」クチュクチュクチュ

委員長(声ぇ、出せる、ここなら、きもひぃっ! なんなのっこれぇおっぱいで頭ヘンにぁぁぁ)



394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 14:51:59.68 ID:GvdYARt/0
キーンコーン

委員長「ハァ……ハァ……ハァ」

委員長(うご、かなくちゃ……アレ、無くなったし、つぎのじゅぎょう……)

コンコン

委員長「!?」

兄「委員長、いる?」

委員長「あ、兄くん……!? ここ、女子トイレなのに」

兄「体調悪いって言って消えちゃったから探した」

委員長(そういえば、結局保健室行ってない……)

委員長「でも。だからって、他の女子に頼めば」

兄「あと、おっぱい気持ち良かったか感想聞きたくて」

委員長「!??」ビクン!

兄「……開けてくれる?」


406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 15:05:29.24 ID:GvdYARt/0
兄「大丈夫。俺以外は気づいてない、っていうか知らない」

ガチャッ…

兄「ありがと、失礼しまーす」

委員長「知らない……気づいたんじゃなくて兄くんは『知ってる』の? どういうこと?」

兄「委員長のおっぱい揉みまくってたの俺だから」

委員長「えっ?」

兄「この手見てて。空中をこうして、えい」モミ

委員長「ぁんっ」

兄「ほら。見える?」モミモミモミ

委員長「ウ、ウソ、ぁっ、ダメ、ぁ!」

兄「ほらほらほらほら」モミモミモミモミ

委員長「あ、あ、あ、あ、あ」



412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 15:22:39.47 ID:GvdYARt/0
兄「―――メガネずれて、涎垂れちゃってるぞ委員長」

委員長「ハァー、ハァー」

委員長(こんなの、ありえない……どうやって)

兄「で、さっきの話だけど。この技は初めてだし難しいから、体験者の口から直接感想を聞かせて欲しい」

委員長(そ、そんなの、見れば分かるじゃないっ)

兄「例えば、服の上から触って揉まれた場合とどっちがイイかとか……」

委員長「……っ!?」グググッ

兄「おお! 実験させてくれるんだなありがとう委員長!」

委員長「え、ヤ、違うのっ、勝手に近づいて」

ムニッ

委員長「ふぁ!」



415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 15:26:49.25 ID:cWudotDRO
NASAが隠蔽しているのはおっぱい星の存在だな。きっとそうに違いないお!


416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 15:29:31.14 ID:y61OnbP50
>>415
すでにNASAはその技術を応用して・・・


417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 15:30:44.80 ID:/MdhV+zQ0
>>416
その実験ということか!!
何で俺が選ばれなかったんだクソックソッ!



418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 15:32:33.59 ID:GvdYARt/0
ムニッムニッムニッ

委員長(あ、あ! すごいよぉ、これもキモチいいッ、服越しなのに!)

兄「どう? どっちが良い?」

委員長「ひぁ、あ、ぁっ、そんな、言えなっあああ!」

兄「答えてくれたら揉むのやめるから」

ムニッムニッムニッ

委員長「ぁ、はぁぅ、ぁはっ! い、ぁっひぁぁ~」ビクッビクッ

委員長(ダメ、ダメ、頭バチバチするっ、ぁぁぁ、またおかしく、おっぱいぁぁおっぱいすごひぃ)

兄「どっち?」

委員長「ど……どっちもぉ、どっちも! ああっぁン、夢みたいにイイぃっ!」

兄「そっか。協力ありがとう答えてくれたから離すね」スッ

委員長「ぁ……ぁ……ぇ?」

兄「……」

委員長「ヤっ……ぁぁぁ」


422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 15:40:07.35 ID:GvdYARt/0
委員長「やだ、苛めないでよぉ、兄くん」ポロポロ

兄(!)

委員長「きもちいいから、信じられないくらいイイからぁ、お願い……お願いぃ」

兄(い、委員長がっ。泣いて! おっぱいへの愛を!ねだるなんてっっ)

兄「俺はいつだっておっぱいが揉みたい!!!」

委員長「私、揉まれたいっ、兄くんに」

兄「よし! 上着まくるぞ」ズルッ

委員長「きゃっ」

兄「ブラ外すぞせぇぃ!」

委員長「!」プルン

兄「うっおおおしイメージ通りの美乳、って今全部声に出てるな俺!!」


427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 15:54:32.96 ID:GvdYARt/0
兄「……」ジーッ

委員長(おっぱい……し、至近距離で観察されてる……でも、ぉ)

委員長(見られてるだけで、ン、また、熱く……たまらなくなって……これも兄くんの不思議な力……?)

兄「……ゴクッ」

ムニィ

委員長「~っ!」

ムニッムニッ

委員長「ひ、あ、ンあっあ!」

委員長(これ、さっきの二つよりずっと感じ……こ、怖ぃっ)

ムニムニッ

委員長「あっあ~~~っっ」ビクビク

兄「生で見て分かったんだけど、委員長のおっぱいは愛され慣れてるな。多分、他人にじゃなくて」

委員長「!?」

兄「自分に! ひょっとして委員長、クールに見せて家ではいっぱいおっぱいでオナニーしてる?」

委員長「そっ……! そんなこと無っ、ひぁっああああン!」



433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 16:08:17.24 ID:GvdYARt/0
兄「いや。おっぱい星人の本能が告げてる。これは沢山愛されて育成されたおっぱいだと!」モミモミ

委員長「んひっあ、ああっ、ぁっンぁぁう」

兄「絵画のようなタイトルを付けるなら『委員長は真面目ぶって毎日おっぱいオナニーしまくってる!』」

委員長「どこが……かい、がぁ、あ! ひぁっああぁ!」

兄「れるれろっちゅぱ」

委員長「ひぅ、あぁぁぁぁ」ビクン!ビクン!

委員長(舌もぉ、すっごぃぃ!! あああっおっぱいで弾けて、私、狂っちゃぁぁ)

兄「隠すなら―――委員長がもっと素直になれるよう、とっておきを―――」

委員長(!! ま、まだこの、上があるの!??)


438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/03(土) 16:16:07.50 ID:GvdYARt/0
兄(右おっぱいの快感を左おっぱいに乳同調させ)

兄(左おっぱいが受けた甘美をさらに右おっぱいに乳同調)

兄(いざ―――『おっぱいの二乗』!!!)

ムニッ

委員長「ああン!」

ムニッ

委員長「ぃっ、ひゃぁう!!」

ムニッムニッムニッムニッムニッ

委員長「ふああ、あ―――ッ」



委員長「~ッ!~ッ!~ッ!~ッ!~ッ!~ッ!」ビクンビクンビクンビクン


548 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/12/03(土) 21:21:51.39 ID:P2QlSh+U0
兄「授業、とっくに始まっちゃってるな」

委員長「ぁ……ぁ……」

兄(いきなりで、刺激強いことやりすぎたかな。メガネ美少女委員長=苛めたくなるのが男のサガか)

兄「大丈夫?」

委員長「ふぁ……らめぇ……♥」トロン

兄「うんダメそうだなー。あ! ところでオナニーの話なんだけど」

委員長「ぅん……わらひぃ、するよ? オナニー、家で、いっつもしひゃう……のぉ」

兄(良かった! オナニーしない委員長なんていなかったんだ!!)

兄「せめて保健室に移動しよう。腕引っ張るぞ」

委員長「ぁん」トサッ

兄(おお、ぐにゃぐにゃだなー。抱えて無いとくずれ落ちるぞこれ)


550 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/12/03(土) 21:24:14.36 ID:P2QlSh+U0
委員長「ハァァ……兄くぅん」スリスリ

兄「歩けそう?」

委員長「……ヤだ。ねぇ、このままえっちして? おねがぁい」

兄「い、いいんちょ」

委員長「ぜんぶ兄くんの、好き勝手でいいから……兄くんのすることならなんでもいいからぁ♥」

兄(おおおおおおっ! 鉄面皮の面影0!)

兄「けど……ぐっ、スマン! 死ぬほど悔しいがまだ最後まではできないんだ。事情があって―――」


552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/12/03(土) 21:25:34.41 ID:P2QlSh+U0
兄「はぁ」バタン

女教師「委員長さんは?」

兄「連れて来ようとしたけど、しばらく動けそうにないから置いてきました」

女教師「……気分が悪くてずっとトイレに篭ってるとか、先生には私からなんとか言っとく」

兄「お願いします」

女教師「もう……生徒同士のこんなの、見張らせるなんて……バレたら私まで実習ヤバくなるんだから」

兄「えぃ」ムニッ

女教師「ぁっ! や、約束だからね……? 放課後はちゃんと、私にもまた……ン、ひゃん」

兄「もちろん。おっぱい揉む約束だったら、俺っ命がけで守りますから!」

女教師「う、うん、ぁ、ぁ、ぁんっ、んぁぁ、ぁっ」



関連記事
[ 2012/02/19 13:57 ] 兄妹「」or姉弟「」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/357-a1746fca

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ