FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

少女「や、やめてください!!」 男「犯すぞゴラァ!」1/2

少女「や、やめてください!!」 男「犯すぞゴラァ!」

1 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 16:37:15.51 ID:IcJk3Mxd0
 


 



6 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 16:39:24.98 ID:IcJk3Mxd0
 ある街、昼下がり。

 一人の汚い身なりをした少女が、道に蹲っている。

 若くして、両親を亡くし親戚中たらい回し。

 ちょっとキレたら、捨てられてしまってホームレス。

少女「……今日のご飯、どうしよう」

 お金を集める術はない。

 せいぜい自販機の下を覗くぐらい。
 だから、食事は残飯だけど、どうも最近感づかれたらしく、その残飯すら見つからない。

チャラ男「あれ~? あそこの子かわいくなーい?」

チャラ男2「ホントだ、てかあれじゃね? この辺にいるっていうホームレス少女!」

チャラ男「マジで!! じゃあちょっと飯でもあげればほいほい付いてきそうじゃね?」

チャラ男2「いやいや、あれは金で釣れるタイプっしょ。ちょっと引っかけようぜ」

チャラ男「いいねー」




 

元スレ
少女「や、やめてください!!」 男「犯すぞゴラァ!」




11 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 16:42:48.58 ID:IcJk3Mxd0
少女「……眠い……」

チャラ男「ねねー、お嬢ちゃん暇? てか暇っしょ!?」

少女「え、あ、え?」

チャラ男2「ほーら、びびってるじゃん! 大丈夫だよ。キミ、この辺じゃちょっと有名だしね」

少女「……私が……?」

チャラ男「そうそう、超美少女でホームレスってね!」

チャラ男2「ストレート過ぎだっての。それでちょっとさ、お金あげようと思って」

少女「……ホントに……?」

チャラ男「ホントだってー。俺ら嘘つきそうに見える?」

 正直に言えば、見える。

 だけど、もう疑っていけばきりがないし、何しろもう選り好み出来る身分ではないことはわかってる。

少女「……どうすれば、良いの?」

チャラ男2「見返りなんて求めないって。ただ、ちょっと眠そうだね。何処かで寝ていく?」

少女「……うん」



 
13 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 16:50:04.22 ID:IcJk3Mxd0
書き溜? ねーよんなもん。



チャラ男「よーしいこっか!!」

チャラ男2「うるさい。黙れ」

男「……? あれは……」


―路地裏―


チャラ男2「へ、まんまと付いて来やがって!」

チャラ男「世間知らずも良い所だなぁ、お嬢ちゃん。ま、金はちゃんとやるから安心しろや」

少女「え……あ……」

 こうなることは、わかってた。

 わかってた。人は信用出来ないなんてことは。

 わかってた。見返りを求めない行為なんて不自然だって。

 わかってた。わかってた。わかってたわかってたわかってた。



19 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 16:57:22.55 ID:IcJk3Mxd0
チャラ男「じゃー俺最初行っちゃおうかなー」

チャラ男2「良いだろう、最初に見つけたのはお前だしな」

 ……私、こんなでも貞操だけは守ってきたのにな……。

 私が守ってきた物なんて、こんなにも脆く崩れる物なんだ……。

 ――――理不尽だ。

チャラ男「いきまーす!」

少女「や、やめ」

チャラ男「ん? なんだって?」

少女「や、やめてください!」

 ……そういえば、こうやって怒ったのって久しぶりだな……。

 怒ったら、また場所を移される。また疎まれる。また虐められる。

 だから、怒らないようにしてたのに……。

男「おい、こんな所にいたのか! いい加減にしろ! 何度抜け出せば気が済むんだ! いい加減犯すぞゴルァ!!」

 いきなり現れて、いきなり大きな声を出すって、なんて人なんだろうと言うのが、最初の印象だった。

 直感でわかる。この人は、悪い人じゃない。


20 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 17:02:32.47 ID:IcJk3Mxd0
チャラ男2「あれー? お兄さんだれ?」

男「コイツの雇い主だ。ちょっと前に館を抜け出したと思ったらこんな所で男どもに色目使いやがって、そんなに俺の家が嫌か? あぁ?」

 男の人は、饒舌に語る。よくもまあ、そこまでぽんぽんと嘘が吐ける物だ。

少女「え……あ……ご、ごめんなさい……」

男「帰るぞ」

少女「……はい」

 そういうと、男の人は私の手を握る。

 その手は、大きくて、堅くて、とても温かい。

 あぁ、温かい物に触れるなんて、いつぶりだろう。

 とても……気持ちいい……。

男「ぁ゛ー! 怖かったぁああ! マジ怖かったぁあああ! 何で俺あんな事したんだろう、バカバカバカ!」

少女「あ、あの……えっと、ありがとう……ございます……」




 
28 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 17:09:50.21 ID:IcJk3Mxd0
男「いやいや。あのまま見ておく訳にも行かなかったしね。すっごい怖かったけど」

少女「どうして、私なんか……」

男「何となく。見かけたから助けただけ。運が良かったね」

少女「運なんて……最悪だよ」

男「そっか……」

少女「それじゃあ……私はここで。ありがとう……」

男「ちょっと待って。君、ホームレスなんでしょ? うちに来なよ」

少女「…………」

 悪い人ではない、とは思う。

 思うんだけど……付いて行って、大丈夫……かな。

男「――そっか、さっきあんな事があったんだもんね。信じられないか……」

 付いて行く……?

>>33


 

33 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 17:13:24.97 ID:VvQUG0+10
突いて逝くに決まってんだろ!





 
43 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 17:22:30.98 ID:IcJk3Mxd0
少女「……うん。行く……」

男「そっか、良かった。ちょっと待ってて」

 そういうと、男の人は携帯電話を取りだして何処かへ連絡を始めた。

 一言、二言。それだけで連絡は終わり。

男「ごめんね。もうちょっとで迎えに来ると思うから」

少女「……タクシー?」

男「いや、家から迎えが来る。こう見えても、本当に家政婦を雇ってるんだ」

少女「……へぇ……」

 まあ、正直見えない。

 年の頃は、20代前半から半ば。

 見た目は、ちょっと肥えてる。



46 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 17:30:17.98 ID:IcJk3Mxd0
男「君、名前は?」

少女「少女……」

男「良い名前だ。僕の名前は男。会社を経営してる、ちっちゃいけどね」

 会社……か。お父さんも、経営してたっけ……。

執事A「お迎えに上がりましたよ。どうぞ、お乗りください」

少女「うわあ……」

 大きな、黒い車。勿論3ナンバー。

 良く分からない長いアンテナとか付いてて、なんか、ゴキブリみたい。

男「ささ、乗って」

少女「……おじゃま……します」



 
48 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 17:41:51.67 ID:IcJk3Mxd0
革張りのシートは、ちょっと堅い気もするけど、コンクリートにダンボールをしいて寝るのと比べれば、まるで天国だ。

少女「ふぁぁ……」

男「眠い?」

少女「……ちょっと……」

男「寝てても良いよ。着いたら起こしてあげるから」

少女「うん……」

 あぁ……こんなに楽に寝られるのは、久しぶりだなぁ……。

――男視点――

男(……もう、僕の事なんて覚えてないか……)

男(ま、仕方ないよな。大分昔のことだし)

男(少女のお父さんが死んで、もう7年か……)

男(こんな所で、再会するとは、思ってなかったよ)


49 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 17:50:57.43 ID:IcJk3Mxd0

執事A「男様。先ほどν速社から連絡がありまして」

男「……またか……」

執事A「まあ、内容はどうという事はなかったのですが、嫌がらせもここまで来ると流石に」

男「……仕方ないさ。成功すれば、妬まれる。出る杭は打たれる社会だからね。あの人も、そうだったじゃないか」

執事A「そうですね……」

男「少女ちゃんは、僕が守るよ。杭を打つ人間から、僕が守る」

執事A「……あまり、お気を張らずに」




 
51 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 18:01:57.33 ID:IcJk3Mxd0
 肩を、優しく揺すられる。

 もう、着いたんだ……。

少女「ん……ありがとう……」

 目を開けて、ビックリした。

 とても、大きな家。

 壁は、とても白く、私の薄汚くなった服とは対照的だった。

男「ここが、僕の家だよ」

少女「すごい、ね」

男「そんな事無いよ。実はここね、お爺さんが建てた家なんだ。もう居ないけどね」

少女「へぇ……」

 それにしても、こんなに綺麗な場所に来るのはいつぶりだろう。

 あの最後の家で捨てられる前だから、3ヶ月ぐらい前……?

男「玄関はこっち……何見てるの?」

少女「花を……ちょっと……」

男「花、好き?」


52 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 18:11:42.71 ID:IcJk3Mxd0
少女「……うん。好き。花は、裏切らないから。水をあげれば、ちゃんと花を咲かせてくれる」

 だから、逆を言えば、人間は嫌い。

 良いことをしても、疎まれるから。

 悪いことをしても、それで良いと言われるから。

男「……そっか。とりあえず入ろう。寒いでしょ?」

少女「……うん」

 玄関のドアを、男さんが開けた瞬間、大きな声が一斉に放たれた。

家政婦A・B・C「お帰りなさいませ!」

男「やめて、って何回言えばいいかなぁ……」

家政婦A「しきたりですので」

男「はあ……何度言っても聞かなくてね。驚いたかな?」

少女「別に……すごいって思ったけど」

男「だってさ。良かったね」

家政婦A・B・C「有り難き幸せ!」

少女「ふふっ」





 

 
59 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 18:25:21.24 ID:IcJk3Mxd0
家政婦B「男様、お電話で言っていた採寸は」

男「うん。この子のサイズ計ってあげて。それと、お風呂と食事も」

家政婦A・B・C「承知しました!」

男「それじゃあ、後はこの人達がやってくれるから。悪い人たちじゃないからね。僕はちょっと用事をしてくるよ」

少女「わかった……」

家政婦B「それじゃあ、ついてきてくださいねー」

 言われるがままに、家政婦さんの後を付いて行く。

 ……広い家……。足下の絨毯はふかふかで足音も出ないし。

家政婦B「ここでーす」

少女「……はい」

ここは、脱衣場……?

家政婦B「服脱いでね-。採寸するから」


60 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 18:30:45.52 ID:IcJk3Mxd0
少女「なんのために……?」

家政婦B「なんのためって、そりゃあ服のサイズを合わせるためだよ」

少女「……そこまでして貰っちゃ……」

家政婦B「いいのいいの。ご主人様は物好きだから」

少女「へぇ……」

家政婦B「身長計乗ってねー」

少女「はい……」

家政婦B「えっと、153センチだね」

 ちょっと、伸びてる。

 嬉しいな。

家政婦B「次、バストはー……74センチ。ウエスト……53センチ。ヒップ……76センチ!」

少女「こっちは全然変ってない……」

家政婦B(Eカップ)「大丈夫、大丈夫! まだ大きくなるって!」

少女「あなたに言われても、説得力無い。ていうか、屈辱感しかない」



 
66 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 18:41:55.15 ID:IcJk3Mxd0
―風呂―

少女「うわあ……」

 ここは、とにかく何もが大きい。

 車もそう、家もそう、お風呂もそう。

 でも大きすぎなくて、いい。

 大きすぎると、ダメ。人間も。

 大きすぎると、疎まれる。

家政婦B(Eカップ)「広いでしょ、ここ」

 大きすぎると、嫌味になる。

少女「……うん。広い」

家政婦B「広くてゆっくり出来るのは良いんだけど、掃除が大変なのよねー……」

少女「一人で……?」

家政婦B「みんなで。ご主人様もね。自分も手伝うなんて、なんのために家政婦雇ってるんだか」

少女「……きっと共有したいんだと、思う」


67 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 18:50:03.07 ID:IcJk3Mxd0
家政婦B「共有……?」

少女「そう、苦労とか、努力とか。きっとあの人はそういう人。そうじゃないと、私なんて拾ってくれないはず」

家政婦B「ふーん。確かに、人の努力を知らずに給料は決められないとか言ってたなぁ」

少女「うん、そういう事。いい人、多分」

家政婦B「うん、ご主人様はいい人だよ。さて、そろそろ入らないと。寒いでしょ?」

少女「……うん」



ちょっと晩御飯食べてくるよぉおおおお





 
80 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 19:41:10.50 ID:IcJk3Mxd0
 体に軽くお湯を掛けてから、湯船につかる。

 ……温かい……。

 熱の力は、偉大……。

家政婦B「いやー、やっぱり生き返るわぁー……お風呂は良い……」

少女「うん、気持ちいい……いつも、水だったから」

家政婦B「……大変だったんだね……」

少女「同情、しないでいい。したら、気分悪くなる。きっと」

家政婦B「そっか。強いね、少女ちゃんは」

少女「強くない……。他の人に、迷惑掛けたくないだけ……。それと、何で私の名前……?」

家政婦B「……あれ? 私聞いてなかったっけ?」

少女「……何で、目逸らす?」




 
82 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 19:49:01.17 ID:IcJk3Mxd0
家政婦B「何でもない、何でもない。さ、体洗おー」

少女「……うん」

 石鹸なんて、久しぶりに触る……。

少女「良い香り……」

家政婦B「でしょー。私が拘ってるんだから!」

少女「…………幸せ」

 あれ……涙が……。

家政婦B「ど、どうしたの!?」

少女「だい、じょぶ。気にしないで……」

 うん、今は閉じ込めておく。

家政婦B「……綺麗な体してるじゃない」

少女「そうでも、ない。あなたのほうが、綺麗」

家政婦B「そうでもないって……私は贅肉も多いから、さ」

少女「ふふっ」

家政婦B「あー! 笑ったぁー!!」


83 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 19:56:38.70 ID:IcJk3Mxd0
少女「ん……垢が……」

家政婦B「仕方ない、仕方ない。お風呂はそういう場所だしね」

少女「……前は、怒られた」

家政婦B「それはそれ、これはこれ。縛られる必要はないよ」

少女「そっか……」

家政婦B「はい、背中流してあげるよ」

少女「ありがと……」

家政婦B「後で私もして貰うからねー」

少女「うん……そういう人の方が、信用出来る」

家政婦B「なんの話?」

少女「生きていく上での、知恵」




 
85 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 20:06:56.07 ID:IcJk3Mxd0
――男視点――

男(……分かってたけど、ここまで酷いとは……)

男(身寄りのない女の子を、放り出すなんてそれでも血縁者か……!)

男(あの子は悪くない……。それ以前に、あの家族が何か悪いことをしたか……?)

男(一代で大きな会社を立ち上げ、成功させた。ただそれを妬んでいるだけじゃないか……!)

男(あそこの家系はダメだ……腐ってる。僕の会社に何をしようと、問題は無い。それだって、妬んでるだけだ……)

男(……だけど、少女ちゃんは、少女ちゃんは絶対に僕が守る……)


――少女視点――


家政婦B「おっけー。流すよー」

少女「うん。よろしく……」

家政婦B「ざばーん!」

少女「ひゃぅっ! 冷たっ……」

家政婦B「あれ……? ご、ごめん。レバーが冷たい方向いてた……」




 
89 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 20:18:32.73 ID:IcJk3Mxd0
少女「いいよ、もう。次、私が流す」

家政婦B「うん、よろしく」

少女「んしょ……」

家政婦B「上手いなぁ……」

少女「変に気を遣わなくても、いい」

家政婦B「いや、ホントに……!?」

少女「……柔らかい……」

家政婦B(Eカップ)「どこ触ってるのよー!」

少女「さっきの、お返し」

家政婦B「許してくれたんじゃなかったのー!?」

少女「いい、とは言ったけど、許すとは言ってない」

家政婦B「あんっ! ちょ、だめだって……」

少女「声が、艶かしくなってきたから、やめる」

家政婦B「あれ……S? Sなの?」



 
91 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 20:25:27.89 ID:IcJk3Mxd0
書き貯め無いから、遅くてごめんね。


少女「意識したことは、無かった。けど、こういうの好き」

家政婦B「末恐ろしい……」

少女「うん、出来た。肌、綺麗」

家政婦B「ありがと。でも、少女ちゃんの肌の方が綺麗だよ。……少女ちゃん、何歳?」

少女「え、16歳……」

家政婦B「若い――――! 若い、若い、若いー!」

少女「ゲシュタルト崩壊したから、やめて」

家政婦B「16ぅ!? 若いねー! もうそれだけで武器になるじゃない!」




 
97 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 20:34:32.37 ID:IcJk3Mxd0
少女「16歳で、処女。需要、ある?」

家政婦B「あるでしょ、あるでしょ。少女ちゃん可愛いし! 私なんて来年三十路よー! 三十路で処女よ-! 侵入する価値のない砦よー!」

少女「まあ、そう言わないで。巨乳は、垂れなければ需要ある。多分」

家政婦B「うっ、少女ちゃん優しい……」

少女「だけど、垂れたら、終わり。あとは、熟女専の人ばかり」

家政婦B「持ち上げてから落さないでー!」

少女「……楽しい」

家政婦B「……ふふっ。さて、次は髪だねー」

少女「うん……手入れしてないから……パサパサ……」

家政婦B「そうでもないよー、枝毛もないし綺麗なロングヘアーじゃない」

少女「切りようが、無いだけ。伸ばすと言うより、伸びてる」

家政婦B「そっかー。して見たい髪型とか、ある?」

少女「……疎いから、分からない」




 
102 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 20:47:11.29 ID:IcJk3Mxd0
家政婦B「そっか。気が向いたら、家政婦Cさんにやって貰いな。あの人は刃物の申し子だからさ」

少女「前髪は、うっとうしい」

家政婦B「あとで、切って貰えるように言っておくよ」

少女「……ありがとう……」

家政婦B「いいのいいの。はい、ざぱーん!」

少女「……熱い」

家政婦B「うわぁっ! ごめん!」

少女「……いいけど、許さない」

家政婦B「ごめんなさい、ごめんなさい……」

少女「次は、下……」

家政婦B「やめて! 女の子同士のお風呂でロストバージンなんて嫌!」

少女「……まあ、冗談」




 
105 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/17(火) 20:57:55.54 ID:IcJk3Mxd0
 家政婦Bさん、ちょっと天然なのかな……?

 悪い人では、ないとおもうけど。

少女「……湯船、つかる」

家政婦B「うん、ゆっくり暖まってね。私、採寸の結果報告して、服取ってくるよ。すぐに戻るから」

少女「……分かった」

 一人で、湯船に肩まで浸かる。

 はぁ……温かい……。

 …………。

 ……っ!!

 リラックスしたら、おしっこしたくなった……。

 出なきゃ……。


関連記事
[ 2012/01/19 23:09 ] 養子SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ