FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

妹勇者「なによ!」兄勇者「やるか!」2/2



妹勇者「なによ!」兄勇者「やるか!」



139 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 22:14:32.62 ID:JG02KBMso
なんだかんだで竜の城―――

りゅう「わたしは竜の女王です。光の玉を……」

ホビット「こらっ、女王さまは妊娠中だぞ!」

兄勇者「くっ、妊婦さんに悪口はいえないぜ……」

妹勇者「それ以外なら言うつもりだったとか、最低ねあんた!」

兄勇者「なんだと?!」

妹勇者「やる気?!」

竜の女王「……あのー、そろそろ余命が尽きそうなんですけど」




元スレ
妹勇者「なによ!」兄勇者「やるか!」
SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPService掲示板



140 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 22:19:41.51 ID:JG02KBMso
なんだかんだで商人の町―――

兄勇者「商人さんが投獄……?!」

じじい「商人、やりすぎた」

妹勇者「な、何をしたっていうんですか」

じじい「商人、自分より胸の大きい娘の場所代を吊り上げた」

妹勇者「それは仕方ないわ」

兄勇者「くっ、フォローしたいけどできないっ!」

女盗賊「拙者は兄殿もフォローできないでござる」


141 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 22:22:07.22 ID:JG02KBMso
牢屋―――

女商人「あ……兄くん。あはは、かっこ悪いとこ見られちゃった」

兄勇者「女商人さん……」

女商人「自分じゃあ、うまくやったつもりだったのになあ」

兄勇者「……商人さんは、十分大きいですよ」

女商人「う、うう……ありがとうね」


女盗賊「つっこみきれないでござる」


142 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 22:27:44.34 ID:JG02KBMso
男僧侶「なんと嘆かわしい、些細な行き違いで投獄に拷問とは」

妹勇者「ああ、そういえば、胸の大きな女性のポスターで敷き詰められていましたね」

女商人「あれは地獄だったわ~」

兄勇者「商人さん、つらくなかったですか?」

女商人「おっぱい音頭まで歌わされたわ~」

兄勇者「くそっ、町人皆○しじゃ!」ダッ


女盗賊「これが異国か」


143 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 22:36:12.32 ID:JG02KBMso
なんだかんだで最初の町―――

兄勇者「商人さんをパーティーに戻したい」

妹勇者「わがまま言わないでよ。せっかく盗賊さんもなじんできたのに」

兄勇者「お前、リーダーに逆らうのか」

妹勇者「リーダー(笑) 肉壁の間違いでしょ?」

兄勇者「てめぇ……どうやら真の勇者が誰なのか」

妹勇者「分からせるときがきたようね!」


144 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 22:40:42.68 ID:JG02KBMso
兄勇者「おらあっ、先制攻撃!」ガッ

妹勇者「すばやさ足りてないのよ! ベギラマ!」ゴオウッ

兄勇者「マホトーン!」

妹勇者「当たらないっ! ライデイン!」ビシャアン

兄勇者「ぐはあっ、くそっ」ブン

妹勇者「きゃあっ」ボカッ


女商人「えっと、なんでマジでたたかってるのかしら」

女盗賊「必殺を狙うべきでござるな」


145 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 22:42:47.28 ID:JG02KBMso
男僧侶「お二人とも。おやめください!」


兄勇者「聞けないですね!」

妹勇者「もう、魔王の城は近いんです!」

兄妹『どっちが勇者なのか!』

ドオン! ビッシャアアン!

兄妹『決め……ないと!』


女商人「や、やめてよ」


146 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 22:47:04.18 ID:JG02KBMso
女盗賊「ふむ。体力だけはお互いあるのでござるな」

男僧侶「お二人とも、これ以上続ければ、私も黙っておりませんよ」


兄勇者「でやあっ!」

妹勇者「いやあっ!」

ぎいん!

兄妹『やめるわけには、いかないっ!』


女商人「もうやめて!」

兄妹『あ……』


147 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 22:50:27.69 ID:JG02KBMso
勇者の家―――

男僧侶「お二人とも―――」

兄勇者「……」

妹勇者「……」

男僧侶「私が説教するまでもありませんな」

女盗賊「商人殿は回復魔法が効いて、眠ってるでござる」

兄勇者「お、お前のせいだぞ」

妹勇者「ち、違うわよ、あんたの」

男僧侶「やはり足りませんでしたかな。説教が」


148 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 22:55:15.50 ID:JG02KBMso
兄妹『だ、だって!』

男僧侶「私は世界を救う使命に参じたつもりです」

兄妹『……』

男僧侶「ですが、人間が救われるべきか、悩んでしまうのです」

女盗賊「拙者は仕事をしているだけでござるよ」

男僧侶「残念ですが、私はパーティーを抜けさせていただきたい」

兄妹『……!』


149 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 23:00:22.09 ID:JG02KBMso
女商人「……んあ」

兄勇者「あの、商人さん」

女商人「ん。やっぱり、私は足手まといだったかな~」

兄勇者「そ、そんなことないですよ」

女商人「戦闘じゃお荷物だったし、二人は止められないし」

女商人「……せいぜい妹ちゃんより大きいくらいがとりえで」

兄勇者「俺のベストサイズです!」


150 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 23:04:05.28 ID:JG02KBMso
女商人「ありがとうね。でも、ケンカはダメだよ」

兄勇者「……」

女商人「世界、救ってきてよ」

兄勇者「俺は、勇者失格じゃ……」

女商人「ばか、私の中じゃずっと合格だよ」

兄勇者「お、女商人さん……!」

女商人「一回一億」

ぴくっ

あにゆうしゃは たちすくんだ! ▽


151 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 23:07:03.20 ID:JG02KBMso
妹勇者「……」

女盗賊「のぞきでござるか?」ヒョイ

妹勇者「うわあっ、お、驚かさないでください!」

女盗賊「兄殿を取られそうになって、嫉妬したのでござるな」

妹勇者「そ、そんなんじゃありません」

女盗賊「しかも、自分よりちょっとだけ大きい女に」

妹勇者「殴られたいんですか?!」ゴオウ


152 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 23:11:57.84 ID:JG02KBMso
女盗賊「兄好きを責めるつもりは拙者にはござらん」

妹勇者「だ、だから、そんなんじゃ」

女盗賊「近しい男性が魅力的なれば、やむをえないものよ」

妹勇者「……う、うう」

女盗賊「かくいう拙者も、頭領である兄上とパンパンして、里を追い出されたのでござる」

妹勇者「なにいってんだあんた」


153 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 23:15:09.09 ID:JG02KBMso
女盗賊「ニンジャは房中術も身に付けるのでござる」

妹勇者「ぼ、ぼうちゅ?」

女盗賊「いわゆるエロスキルでござる。妹殿がお望みとあらば」

妹勇者「なななななにいってんですか! 本当に」

女盗賊「オニイチャンを取られちゃうでござるよ」

妹勇者「いやーっ、本当にそんなんじゃないんだからー!」ダダダッ


女盗賊「……初々しいでござるなー、お、始まった」


154 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 23:18:37.39 ID:JG02KBMso
なんだかんだで翌朝―――

母「ゆうべはおたのしみでしたね」

兄勇者「なななななにいってんだ、母さん!」

女商人「……えへへ」

母「これで私もおばあちゃんになるのかしらー」

女商人「それより、兄くん」

兄勇者「な、なんですか」

女商人「一回一億として……特別料金で10兆ゴールドな」

兄勇者「」


155 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 23:23:49.44 ID:JG02KBMso
なんだかんだでダーマ―――

妹勇者「こほん。とにかく僧侶さんが抜けてしまいました」

女盗賊「仕方ないことでござる」

妹勇者「しかし、決戦は近いはずです。そこで、転職をお勧めします」

兄勇者「うむ……ここは女戦士さんに!」

女商人「露出はいやだわ~」

妹勇者「このエロザルが! 性欲あばれざるが!」

兄勇者「うるせえ! おっぱいは男の永遠のあこがれじゃ!」


156 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 23:31:38.07 ID:JG02KBMso
おんなとうぞくは おんなまほうつかいに うまれかわった ▽
おんなしょうにんは おんなぶとうかに うまれかわった ▽

兄勇者「ああ、元商人さん、武闘家も素敵ですよ!」

女武闘家「ありがとう。ふふ、これで戦力になるっしょ?」

妹勇者「元盗賊さんは、意外ですね~」

女魔法使い「いやいや。これでござる」

E どくばり

兄妹『ああ……』


158 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 23:35:27.49 ID:JG02KBMso
おまけ

>>150
女商人「いやー、救ってきてよと言いつつ、またパーティーに入っちゃった」

女商人「しかも、ここで寸止めしといて一発ヤる展開とか誰得だよね~」




 
160 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/24(月) 23:50:04.46 ID:JG02KBMso
よーし、やっぱりここで切ります。
一応、アレフガルド編はありません。明日で終わればいいな~


兄勇者:非童貞。
妹勇者:処女。
女武闘家(女商人):非処女。牢屋の中ですでに……ということはなかった。
男僧侶:童貞。当たり前だろ。
女魔法使い(女盗賊):非処女。  あとにんにんなので、口元に覆面してるイメージで。


163 名前: ◆WPwc2pN1N6[]投稿日:2011/10/25(火) 19:52:19.81 ID:+tfsiez7o
なんだかんだで教会―――

神父「男僧侶くん」

男僧侶「こ、これは神父殿」

神父「難しそうな顔して、いったい何のおいのりをしていたんだい?」

男僧侶「いえ……私は、悩んでいるのです」

神父「うむ。人間は悩む者だよ。悩まない者には裁きを与えるべきだ」

男僧侶「確かにそのとおりですな」


164 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 19:57:53.09 ID:+tfsiez7o
神父「だが、いまの君はとても深く悩んでいるように見える」

男僧侶「……」

男僧侶「ええ。私は、魔物を廃滅し、世界に平和を取り戻すことを使命としていました」

男僧侶「しかし、各地では人間同士の争い、余所者を軽んじる兵士たち、外国人をさげすむ国王」

男僧侶「そして、かつての仲間は行き違いにより、投獄され―――」

男僧侶「なお、元来の目的であった、二人の兄妹をいさめることができませんでした」

神父「うむ。困ったことに、あの二人は昔からそうだった」

神父「争うように私の頭部を……」ゴゴゴ


165 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 20:04:01.51 ID:+tfsiez7o
男僧侶「神父殿。落ち着いてくだされ」

神父「おお、すまんすまん」

男僧侶「私には、あの者たちを正しく導くことなどできないのでしょうか……」

神父「ふむ。男僧侶くん」

神父「今の言葉にすべては現れている」

男僧侶「なにが、ですかな?」

神父「君はあの兄妹や人間たちに絶望したのだろうか?」

男僧侶「……!」


166 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 20:07:51.28 ID:+tfsiez7o
神父「揺らぐのはいつだって自分なのだよ」

神父「君も私に比べればまだまだ、ずっと若いのだ」

神父「そう自分に絶望するものではないよ?」ニコ

男僧侶「神父殿……!」

神父「……さあ、悩んだときは、神に舞を捧げようではないか!」

しんぷは そうびをぬぎすてた! ▽

男僧侶「ええ、神父殿!」

おとこそうりょは そうびをぬぎすてた! ▽



168 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 20:16:09.72 ID:+tfsiez7o
なんだかんだで忘れられた島―――

学者「世界は! 丸いのです!」

女武闘家「おっちゃんの頭も丸いね~」

女魔法使い「その辺で拾ったメダルも丸いでござるな」

妹勇者「わ、私のおっぱいも……」

兄勇者「なんかいったか?」ニヤリ

妹勇者「……あ、あんたの出っ張りも丸にしてやろうかぁ?!」


169 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 20:25:25.74 ID:+tfsiez7o
なんだかんだで南の祭壇―――

巫女A[わたしたちは」

巫女B「わたしたちは」

巫女A「卵を守っています」

巫女B「たまど……卵を守っています」

兄勇者「ちっちゃいし、噛んでるし」

妹勇者「かわいい~一匹もって帰りたい!」

巫女A「許しませんぢょ」

巫女B「許しませんよ」プッ

兄妹『……! ……!』(声にならない笑い)


170 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 20:28:54.77 ID:+tfsiez7o
女武闘家「でっかい卵だね~」

女魔法使い「三日は食いつなげるでござるな」

巫女A「食べてはいけません!」

巫女B「不死鳥ラーミアの卵です!」

女武闘家「不死鳥だったら、割っても復活するんじゃない?」

巫女ズ『ダメです!』

兄勇者「ちょっと割ってきます、武闘家さん!」

巫女ズ『ヤメテー!』


171 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 20:35:12.71 ID:+tfsiez7o
なんだかんだで不死鳥復活―――

巫女A「心正しき者だけが」

巫女B「その背中に乗れるのです」

四人『……』

兄勇者「お、おい。お前……乗れよ」

妹勇者「い、いやよ。真の勇者、なんでしょ」

女武闘家「うーん、一度投獄された人でも乗れるのかな~」

女魔法使い「拙(近親相姦)者でも乗れたら、神にびっくりでござる」


172 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 20:37:23.39 ID:+tfsiez7o
そーいえば、竜の女王の城ってラーミア後だったか……


173 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 20:43:57.65 ID:+tfsiez7o
なんだかんだで不死鳥飛翔―――

兄勇者「うおお! 飛んでる飛んでる!」

女武闘家「いやあ、考えると振り落とされそうだけど、ワンフライトでいくら稼げるかしら~」

女魔法使い「ふーむ。気球術を思い出すでござる」

妹勇者「なんですかそれ?」

女魔法使い「こう、空気を温めて、布で覆うと、浮き上がるのでござる」

妹勇者「え、じゃあラーミアはいらな……」

ぐらあっ

兄勇者「うああああ! ラーミアが傾き始めた!」


174 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 20:53:05.71 ID:+tfsiez7o
なんだかんだでふたたび竜の城―――

妹勇者「前回は山を登るのが大変だったから、今回は楽ね~」

ホビット「おお、お前たちか……残念だが、女王様は卵を産んで亡くなられたのだ」

妹勇者「そ、そんな!」

兄勇者「くっ、貴重なボテ腹がっ!」

女武闘家「さすがの私もこれは殴るわ」ゴッ

おんなぶとうかの かいしんのいちげき! ▽


175 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 21:02:42.07 ID:+tfsiez7o
ホビット「この卵は女王様が命がけで産んだ御子。わしらが守るよ」

妹勇者「お母さんは、命がけで産んでくれたんだね」グス

女武闘家「感動的ね~。後で本にして出版しよう」

兄勇者「ぶ、武闘家さん、お、俺たちもいつか……」

女魔法使い「……『私もオニイチャンの子がホシイナー』(声色)でござるー」

妹勇者「おいこらあああああ!」

女魔法使い「にんにん」ヒョイヒョーイ


176 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 21:12:07.86 ID:+tfsiez7o
なんだかんだで魔王の城―――

兄勇者「おらっしゃああ! はぐれメタル殺ったあああ!」

妹勇者「うるさい! 攻撃が一つに集中しすぎなのよ!」


おんなぶとうかの かいしんのいちげき! ▽

女武闘家「いやあ、商人時代の観察眼が、役に立つとはね~」

妹勇者「武闘家さん、石像も攻撃してー!」


女魔法使い「どくばり。どくばりでござる」

妹勇者「魔法使いさんは魔法使ってぇー?!」


177 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 21:15:07.49 ID:+tfsiez7o
妹勇者「はぁはぁ、ちょっとストップ」

兄勇者「なんだ、もう休憩か? だらしがないやつだな」

妹勇者「誰のせいよっ!」

女武闘家「私はなぐるけるしかできないしね~」

妹勇者「武闘家さんはいいです。でもね」

兄魔『?』

妹勇者「きょとんとしてんじゃねー! 完全に私一人が回復とフォローやってんじゃないのよおおおおお!」


178 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 21:21:35.40 ID:+tfsiez7o
女魔法使い「しかし拙者の得手は毒針でござる」

妹勇者「違うでしょ! スクルトとかバイキルトとか……あるでしょ?!」

兄勇者「魔王戦に向けて魔法は温存しないとな」

女魔法使い「うむ」

妹勇者「くわー―――ッ!」

兄勇者「怒るとシワが増えるぞ」

妹勇者「」ぶちん


179 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 21:33:06.42 ID:+tfsiez7o
妹勇者「どうやら……こんな……敵陣の真っ只中でも……」

妹勇者「やりあいたい……ッ! らしいわね……ッ!」

兄勇者「くっくっく、いいぜ、今回は進入経路を確認するだけだったからな」

妹勇者「え?」

兄勇者「いや、一回で魔王のアジトを攻略できるわけがないだろ」

妹勇者「は?」

兄勇者「……昨日説明したはずだが」

女魔法使い「緊張しすぎて上の空だったでござるな」


180 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 21:37:51.15 ID:+tfsiez7o
なんだかんだで敵陣深く―――

女武闘家「へえ、結構開けてるところが多いのね」

女魔法使い「これならルーラも使えるでござるな」

妹勇者「聞いてないもん……私は聞いてないもん……」

兄勇者「ぶちぶち言ってるなよなー……って、あれは」


男武闘家(元戦士)「はぁはぁ、ああ、君たちか……」

女僧侶(元魔法使い)「良い……タイミングね」


181 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 21:44:15.90 ID:+tfsiez7o
兄勇者「女僧侶さん?! 服が破れててエロい!」

妹勇者「この淫獣が! 尻穴に剣つっこむわよ!」

女武闘家「まあ、あの二人はおいといて、こんなところまでよく来たわね」

男武闘家「ああ、武の道を究めるためにね……」ハァハァ

女僧侶「二人で、鍛え抜いたつもりだったわ……けど」ハァハァ

武僧『魔王は、強すぎた……』


女魔法使い「それより、どうやってここまで来れたのでござるか?」

男武闘家「ああ、準備をすれば山越えできるんだよね」

妹勇者「ラーミアちゃん……」グスッ


182 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 21:48:46.21 ID:+tfsiez7o
女武闘家「どっちにしろ、ここは開けているところだから、ほら」

女僧侶「こ、これはキメラの翼」

男武闘家「かたじけない……」

兄勇者「ふっ、まあ、お二人とも」

妹勇者「後はこの真の勇者に任せてください、ってね」

兄勇者「いやいや、俺もだろ。真の勇者は」

妹勇者「なによ!」

兄勇者「やるか?!」


183 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 21:52:31.28 ID:+tfsiez7o
武僧『あっはっは!』

兄勇者「お、おい、二人が壊れたぞ」

妹勇者「あ、あんたのせいでしょ」

男武闘家「……いやあ、変わんないね、君たちは」

女僧侶「……こんなところまで変わらないから、笑っちゃった」

兄勇者「失礼な! 俺も背が伸びましたし、こいつも、む、ねが……ごめん」

妹勇者「謝ってんじゃねーよ! 乙女の双球は永遠に成長期だよ!」


184 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 21:59:58.12 ID:+tfsiez7o
なんだかんだで最終決戦―――

兄勇者「よし、男武闘家さんも女僧侶さんも送り届けたし」

妹勇者「私たちも一晩泊まって回復したし!」

女武闘家「武器も薬草もありったけ買い込んだし」

女魔法使い「進入経路は完璧でござる」

兄勇者「とっとと魔王を片付けて!」

妹勇者「世界を平和にしてやるわ!」



187 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 22:43:08.75 ID:+tfsiez7o
魔王「くくく、ついにここまで来たか、勇者よ」

魔王「ん……? どれが勇者じゃ?」

兄勇者「俺だろ! 俺が勇者だろ!」

妹勇者「なに言ってるのよ! 私に決まってんでしょ?!」

魔王「なんだ、また有象無象どもか」

兄妹『おいこら』

魔王「あー、身の程をわきまえぬ連中はー」カサカサ

魔王「はらわたを食らい尽くしてくれるっ!」くわっ

女武闘家「カンペ読んでるじゃん」


188 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 22:46:55.88 ID:+tfsiez7o
兄勇者「ふっ、魔王め。何の作戦もなく、この俺が」

魔王「イオナズン」

ちゅどおおおん!

兄勇者「うわーっ」

妹勇者「ふふん、目の前に獲物がいるのに舌なめずり」

魔王「くらえ」

ぶん、ばきいっ!

妹勇者「私がさんりゅううう?!」


189 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 22:50:48.82 ID:+tfsiez7o
女武闘家「なにしてるのよ~、ほら、戦闘準備!」

兄勇者「ひ、卑怯だぞあいつ! しゃべってる間に攻撃してきた!」

女魔法使い「当たり前すぎてツッコミが思いつかないでござる」

妹勇者「普通逆だよね、お約束を守るのが魔王でしょ?!」

魔王「あー、雑魚に時間をかけていては、本当の勇者が来たときに困るのでな」

兄妹『ぐふう』

女武闘家「魔王に雑魚扱いされて死んだわー」


190 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 22:57:09.89 ID:+tfsiez7o
魔王「何もしないならとっとといくぞ」

まおうは はげしいほのおを はきだした! ▽

兄妹『うあああああああっ!』

兄勇者「く、くそっ、正直魔王っぽくない姿なのに、本当に強いぜ!」

妹勇者「鶏がらみたいな顔をしているくせに、本当に強い!」

兄勇者「なめていたぜ……こんな弱そうなやつでも、魔王なんだな」

妹勇者「本当に魔王なのね……今までで一番弱そうなボスなのに」

魔王「こいつら、黙らせんか?」

武魔『無理』


191 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 23:03:26.90 ID:+tfsiez7o
兄勇者「だが、黙ってやられる俺たちじゃない!」

あにゆうしゃは ベホイミをとなえた ▽

妹勇者「世界に平和を! 鶏がらに鉄槌を!」

いもうとゆうしゃは マホトーンをとなえた ▽

魔王「ぐぬっ、バカそうな振りをして、魔法封じからくるか……」

女魔法使い「まあ、本当にバカなのでござるが」

おんなまほうつかいは スクルトをとなえた ▽

兄妹『魔法使いさぁん?!』


192 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 23:07:01.70 ID:+tfsiez7o
女武闘家「チャンス……!」

おんなぶとうかの こうげき! ▽

魔王「だが、撃つ手が貧弱ではのう」

まおうは へらへらとわらっている! ▽

女武闘家「誰が貧乳だこら」

かいしんの いちげき! ▽

魔王「ぐほあっ!」

兄勇者「そうだぞ


193 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 23:08:32.63 ID:+tfsiez7o
訂正
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
女武闘家「チャンス……!」

おんなぶとうかの こうげき! ▽

魔王「だが、撃つ手が貧弱ではのう」

まおうは へらへらとわらっている! ▽

女武闘家「誰が貧乳だこら」

かいしんの いちげき! ▽

魔王「ぐほあっ!」

兄勇者「そうだぞ~、武闘家さんは普通乳だぞ~」

女武闘家「言わなくていいの」


194 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 23:24:15.63 ID:+tfsiez7o
魔王「メラゾ……! は使えぬか」

兄勇者「あぶね、こいつの呪文はマジで強力だな」

妹勇者「しかも、あの魔界一美形(笑)と同じ二回攻撃……!」

女魔法使い「バイキルトでござるよ」

魔王「ふははは、誰が魔界一の美形じゃと?」

兄勇者「なに! あれ以上の不細工がいるのかっ!」

魔王「……」

女魔法使い「もういっちょバイキルトでござるよ」


195 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 23:28:58.29 ID:+tfsiez7o
魔王「魔界一の美形とは……このわしじゃあああああ!」

ぴっしゃああああん

妹勇者「イオラ! って、効いてない?!」

魔王「……」


兄勇者「ばか、ライデインだ! あれ使え!」

妹勇者「わ、分かってるわよ!」


魔王「答えているのにスルーとか、魔王差別とか引くわ……」


196 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 23:34:47.85 ID:+tfsiez7o
女魔法使い「ふむ……強すぎるがゆえに、ボケに気づいてもらえない」

女魔法使い「そんな心の闇が、魔王を生み出したのかもしれぬでござるな」

魔王「あんた、いま、いいこと言った!」

女武闘家「あのー、バイキルト切れたー!」

魔王「やかましいわ!」

まおうは ちからまかせになぐりつけてきた! ▽

女武闘家「きゃあああっ!」

兄勇者「武闘家さんっ!」


197 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 23:40:27.97 ID:+tfsiez7o
妹勇者「あ、やばい、私もMP切れちゃった!」

兄勇者「バカ、いのりの指輪を握ってろ!」

魔王「む、しぶといな。実にしぶとい。ただの雑魚だと思っていたが」

兄勇者「ふん、こちとら修羅場はくぐってないんだよ!」

魔王「……くぐってないのか?」

兄勇者「あ、伊達に修羅場はくぐってないんだよ!」カーッ

女魔法使い「かっこ悪いでござる」

兄勇者「うおおお、魔王に突っ込まれたし、俺はおしまいだあああ!」


198 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 23:44:56.14 ID:+tfsiez7o
妹勇者「うう、確実に、ダメージを与えているはずなのに……!」

兄勇者「相手の攻撃にやられて、態勢が崩される……!」

魔王「ふ、ふふ」

女武闘家「はあ、はあ……」

女魔法使い「武闘家殿が息を吹き返したでござる」

魔王「ふはははっ、恐れているな! 人間どもめ!」

魔王「お前らに絶望を与えてやろう……」

魔王(これだよ、これ! この優越感が魔王の醍醐味だろ)


199 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 23:50:16.75 ID:+tfsiez7o
魔王「ワシは他の魔物よりも、はるかに回復力が強い……」

魔王「それゆえ、魔王になることができたのだ」

魔王「お前たちのささやかな攻撃など、見る間に回復しているのだ」

兄勇者「はあ、はあ、回復、しているだと?」

妹勇者「そんな、あんなに、がんばったのに……」

魔王(ふふふ、かっこいいぜ、ワシ!)

兄妹『だから、友達いないんだな!』

魔王「あ?」


200 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/25(火) 23:56:10.06 ID:+tfsiez7o
兄勇者「おかしいと思ったんだぜ! 魔王なのに、部下の一人も連れてない!」

妹勇者「最初からズルしているような魔物だから、みんなに嫌われていたってわけね!」

魔王「そ、それは……城内にたくさんおったろうが」

兄勇者「最後の決戦で誰も加勢してくれない魔王(笑)」

妹勇者「魔物の支配者(笑) 『あいつ、戦闘中も回復してるとかズルすぎじゃね?』」

魔王「うぐぅっ……!」


201 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 00:02:28.04 ID:xUsOffC/o
兄勇者「『魔王様はお強いので、お一人でも大丈夫ですよね(笑)』」

妹勇者「『はーい、二人組み作ってー』『え? 魔王くん、また独りなの? でも強いから大丈夫だよね(笑)』」

魔王「ぐふうっ! ごはぁっ!」

兄勇者「『俺もあんな反則能力があったら魔王になってるよ(笑)』」

妹勇者「『いいっすよね、魔王様は』『強いからってみんなをこき使えて(苦笑)』」

魔王「げほぁっ! ぎふぁっ!」


202 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 00:07:08.98 ID:xUsOffC/o
魔王「ふ、ふふふ……」

魔王「こ、ここまでワシを傷つけるような連中は初めてじゃ……」

魔王「よかろう、最大級の威力でもって、貴様らを葬り去ってくれよう!」

まおうは おおきくいきをすいこんだ ▽

兄勇者「くっ! 回復はすんだか?!」

女魔法使い「だめでござる! 薬草では間に合わぬ!」

妹勇者「ほのおがくるよっ! 武闘家さん、ドラゴンシールドッ?!」

女武闘家「い、今は装備できない―――」


203 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 00:09:09.44 ID:xUsOffC/o
まおうは しゃくねつのほのおをはきだした! ▽

兄勇者「う」

妹勇者「や」

女武闘家「お」

女魔法使い「ござる」


―――――――――――フバーハ


204 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 00:12:14.10 ID:xUsOffC/o
兄勇者「え、ど、どうなった……?」

男賢者「間に合いましたね」

妹勇者「ど、どちら様ですか?」

男賢者「ひげがないと分かりませんか、ほら」

女魔法使い「ほおう、僧侶殿でござるか」

兄妹武『……顔変わってんじゃねーか!』

おとこけんじゃが なかまにくわわった! ▽


205 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 00:19:43.47 ID:xUsOffC/o
魔王「ふん、虫けらが一匹加わったところで」

男賢者「ベホマラー!」

魔王「セリフの途中なんですが」

男賢者「みなさん、遅くなって申し訳ありませんでした」

妹勇者「ううん、最高のタイミングでしたよ!」

魔王「おーい」

男賢者「私はひとつ、誤っておりました」

魔王「(´・ω・`)」


206 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2011/10/26(水) 00:19:59.31 ID:K3RK2yZIO
なんか燃える展開なのが悔しいビクンビクン


207 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 00:23:52.20 ID:xUsOffC/o
男賢者「私は人々を正しく導くより先に、みなさんを守りたかった……」

妹勇者「そ、そうりょさあん」

兄勇者「いやあ、そうりょさんにはずっと助けられてたよ」

男賢者「ふふふ、ありがとうございます」

女武闘家「もう、そうりょじゃないね、賢者さん、でいいのかな」

男賢者「ええ。さあ、行きましょう!」

男賢者「裁きの時間の始まりです!!」


女魔法使い「……中身は変わってないでござるな」


208 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 00:28:54.92 ID:xUsOffC/o
魔王「な、なんだか知らんが、たとえ虫けら一匹増えたとて」

兄勇者「ほう、いいのかい? すでにこっちは5人!」

妹勇者「あんたは仲間も友達もいないぼっち!」

魔王「やかましいわ!」


兄勇者「……そして、何より、勇者が二人いる」

妹勇者「あんたが恐れた勇者が二人もね」

兄妹『一人ぼっちのあんたと違って!』


魔王「う、ぐ、おおおおおおっ!


209 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 00:36:07.90 ID:xUsOffC/o
男賢者「補助はお任せを! 回復力を上回る鉄槌を与えましょう!」

女魔法使い「拙者もサポートするでござる」

賢魔『バイキルト!』

女武闘家「私は……(隙をつくるっ)えい、魔獣の爪☆」

魔王「ぐ、ぐおお、ひ、引き裂いて……」

男賢者「マヌーサ!」

魔王「ば、バカな、こんな初歩の魔法に……」


210 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 00:40:24.34 ID:xUsOffC/o
兄勇者「いくぜ、妹」

妹勇者「いいわよ、お兄ちゃん」

兄妹『これが最後だッ!』

兄妹『勇者、W三段突きッ!!!!』

ズドドドッドン!


魔王「ぬああああああああああああああああああああ!!!!」


211 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 00:44:29.49 ID:xUsOffC/o
まおうを やっつけた! ▽


男賢者「……やりましたな」

兄勇者「いよっしゃああああ!」

妹勇者「やった、やったああああ!」

兄妹『イ~エイッ!』

女武闘家「あ~、やっと終わったかあ」


魔王「ぐ、ぐぐ」

女魔法使い「お、まだ息の根があったので止めるでござる」ブシュウ

魔王「ぎゃあああああ」


212 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 00:50:00.91 ID:xUsOffC/o
女武闘家「いまのは、断末魔とか、最後の悔しいセリフ的なやつでは……」

男賢者「武闘家殿、大体そういうものはありきたりなので聞く価値がないのです」

妹勇者「け、賢者さんは本当に元僧侶さんなんです?」


魔王「ひ、一言だけ……」

兄勇者「……いいぜ、寂しがり屋の魔王」

魔王「ぼっちを、いじめて、貴様ら楽しいか……」


兄勇者「世界を滅ぼそうとしてたくせに被害者ぶるな」

妹勇者「友達は来世でつくりなさいよ」



216 名前: ◆WPwc2pN1N6[]投稿日:2011/10/26(水) 19:44:25.68 ID:xUsOffC/o
なんだかんだで始まりの町―――

母「二人とも……お帰りなさい」

兄勇者「ただいまっ!」

妹勇者「ただいまぁ! 疲れたぁ」

母「うふふ、ルイーダさんが、あとで宴会を開くって言ってたわよ」

兄勇者「マジかっ!?」

母「格安でいいって」

兄妹『金取るのかよ……』


217 名前: ◆WPwc2pN1N6[]投稿日:2011/10/26(水) 19:47:49.27 ID:xUsOffC/o
母「本当に、よく帰ってきたわ」

兄勇者「楽勝だったぜ」

妹勇者「余裕だったわ」

母「お父さんみたいに、一人で送り出さなくて、よかった……」

兄妹『……』グス

母「遺族年金も二人分になるし」

兄妹『おい』


218 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 19:55:56.60 ID:xUsOffC/o
なんだかんだで始まりの城―――

王「よくぞ帰ってきた! 勇者たちよ!」

王「わしはお主らなら、魔王を倒してくれると信じていたぞ!」

王「さあ、皆の者! 祝いの……」

どこからともなく不気味な声が聞こえる……

?「ふははは! 魔王を倒しただけでいい気になっているようだな……」

?「だが、わしこそ闇の世界を支配する大魔王……」

兄妹『うるせー! KY野郎がっ!』

?「えっ」


219 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 19:59:02.43 ID:xUsOffC/o
兄勇者「王様、セリフの途中じゃねーか!」

妹勇者「ないわー、祝いの宴を始める直前に来るとかホントにKYだわー」

?「えっ、でも、このタイミングが一番恐怖を……」

兄勇者「タイミングの意味を辞書で引きなおして来いっ!」

妹勇者「ぼっち魔王の次はKY大魔王さんっすか(笑)」

?「そ。そそそそそなたらの苦しみが、わしの喜びなのじゃ……」

兄妹『おとといきやがれっ!』


220 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 20:02:18.42 ID:xUsOffC/o
王「なんということじゃ……魔王の次は大魔王などと」

兄勇者「まあ、あの手合いは脅かすのが仕事みたいなもんですよ」

妹勇者「とりあえず、ほら、ね? 褒美とかそういう」

王「わしはもう疲れた……下がってよいぞ」

兄妹『』


女武闘家「おー、謁見はどうだった?」

兄勇者「ダメだった……」

妹勇者「褒美が……」


221 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 20:05:38.93 ID:xUsOffC/o
ルイーダ「まあ、よく分からないけど、魔王退治お疲れ様ってことで」

一同『かんぱ~い!』


兄勇者「ちくしょう、こうなったら徹底的に飲んでやるっ!」

女魔法使い「酒は飲んでも飲まれるな、でござる」

女武闘家「ほらほら、こぼれてるわよ~」

男賢者「世界が平和になったんだからよいではないですか」

妹勇者「でも、でも、50ゴールドで旅立ったのに褒美ゼロって……!」


222 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 20:10:53.99 ID:xUsOffC/o
兄勇者「……俺のほうが飲めるっ」

妹勇者「私のほうが強い!」

男賢者「ふう、酒で勝負をするのはやめなさい」

女武闘家「まあまあ、いい飲みっぷりも勇者の秘訣じゃない?」

女魔法使い「ふむ。勇者殿に飲ませた酒を、勇者ご愛飲として売る、とな?」

女武闘家「な、なんで私のネタ帳を……!」

女魔法使い「あ、最後のページに『兄くんとラブ記念日』と」

女武闘家「きゃーっ?!」


223 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 20:14:40.53 ID:xUsOffC/o

宴会は、遅くまで続いた。


.


224 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 20:15:59.26 ID:xUsOffC/o
なんだかんだで、深夜―――

妹勇者「……」バサッ

男賢者「こんな夜更けにお困りごとですかな?」

妹勇者「きゃあっ……て、賢者さん、驚かさないでくださいよっ」

男賢者「荷解きもせず、足元に荷物を置いていれば、何かあるのは分かりますよ」

妹勇者「あの、その、魔王を超える大魔王がー! なんちゃって」

男賢者「それを倒しにいく、ということですね?」


225 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 20:19:18.03 ID:xUsOffC/o
妹勇者「信じるんですか?」

男賢者「城から戻ってきたときの表情で分かりましたよ。何かあると」

妹勇者「……戻ってこれないかもしれないんです」

男賢者「なるほど、では、お供しましょう」

妹勇者「え、ええと……」

男賢者「私は、世界を救うよりも先に、あなた方を救いたいのです」

妹勇者(裁きたいの間違いじゃ)

男賢者「裁きたいではなくて」


226 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 20:22:49.59 ID:xUsOffC/o
男賢者「兄勇者殿には……」

妹勇者「いいんですよ。どうせあいつ、武闘家さんと結婚するから」

妹勇者「新婚になるのに、邪魔したくないし」

男賢者「無理をしていませんか?」

妹勇者「もう! 賢者さんは女心が分からないんですか?」

男賢者「いもうとごころの間違いでは」

妹勇者「わああああ! ち、違うんですからねっ!」


227 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 20:28:30.50 ID:xUsOffC/o
なんだかんだで地獄の大穴―――

妹勇者「ここが闇の世界への入り口ね」

男賢者「お母様にお話もせず、嘆かわしいですよ」

妹勇者「もう、しつこいですよ! どうせ兄が残るんだから、置手紙でいいんです!」

妹勇者「ラーミアちゃんがいないとたどり着けないし」

男賢者「ふむ。このようなところへ一人で行こうとしてたとは、感心しませんな」

妹勇者「う、うるさいですよ! さっきから小言ばかり!」


228 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 20:34:26.22 ID:xUsOffC/o
妹勇者「私は! 私は、ずっと争ってきたけど」

妹勇者「あいつは恋人を見つけて……戦闘も私に指示ばかりして」

妹勇者「本当は、あいつが真の勇者だったんだって思うんです」

男賢者「そうでしょうか?」

妹勇者「そうですよ! ……私は、何も見つけられなかった」

妹勇者「だから、今度こそ、私が真の勇者になってやるんです」

妹勇者「それで、あいつの知らないうちに世界を平和にして、ざまあみろって言ってやるんです」

男賢者「完全にブラコンですな」

妹勇者「むきゃああ!」


229 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 20:38:51.53 ID:xUsOffC/o
なんだかんだで闇の世界―――

妹勇者「うう、ここが闇の世界かぁ」

男賢者「実に裁きがいのある空気ですな」

妹勇者「突っ込みませんからね!」

男賢者「ふむ……あそこに人がいますね」

妹勇者「ほ、ほんとだ。おーい、第一村人発見!」

妹勇者「って、え……と……」


兄勇者「おう。遅かったな」


230 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 20:41:48.44 ID:xUsOffC/o
妹勇者「な、なんであんたが」

兄勇者「大魔王と聞いて、俺が黙っているわけなかろう」

妹勇者「で、でも、奥さんいるじゃない……」

女武闘家「私がついてこないはずがないでしょ」

妹勇者「で、でも、ラーミアちゃん……」

兄勇者「気球を使ったわけだ」
~~~~~~~~~~~
ラーミア「くすん」


231 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 20:46:06.71 ID:xUsOffC/o
兄勇者「一人で手柄を立てようったって、そうはいかねぇ」

妹勇者「そ、そんなんじゃ……」

兄勇者「今度は、大魔王を倒すのはどっちか、やりあおうじゃねぇか」

妹勇者「そんなんじゃないよっ!」

兄勇者「……」


232 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 20:49:43.36 ID:xUsOffC/o
妹勇者「なんでよっ、いつも先頭に立って、リーダーっぽくて、奥さんもできて!」

兄勇者「……」

妹勇者「わ、私は、あんたに……お兄ちゃんに突っかかることしかできなかった」

男賢者「妹勇者殿」

妹勇者「私は、何も見つけられなかった。お父さんの兜も、私のサイズじゃなかった」

女武闘家「妹ちゃん……」

妹勇者「剣でかなわないから、魔法だけでも強くなってやろうして、でも中途半端になった」


233 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 20:56:40.67 ID:xUsOffC/o
妹勇者「それなのにっ……また、私の前に立つの? またぶつからないといけないの?」

妹勇者「そんなの、そんなの嫌だよ!」

兄勇者「じゃあ、やめろや」

女武闘家「兄くん?!」

兄勇者「お前は、自分がどれくらい俺をおどかしたか知らないだろ」

男賢者「おびやかした、の間違いでは?」

兄勇者「お、おぉおぉ脅かしたか! 知らないだろ!」


234 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 21:02:52.22 ID:xUsOffC/o
兄勇者「隙をついて魔法を撃つ。攻撃はきちんと避ける」

兄勇者「仲間に目を配る。冷静に周りを見渡す。全部、俺ができなかったことだ」

女武闘家「妹ちゃんもできなかったような」

兄勇者「……ひとつ、失敗するたびに、俺は勇者失格なんじゃないかって思った」

兄勇者「俺が最後まで突っ走れたのは、お前がいたからじゃねぇか」

兄勇者「お前が、いつだって、ここでやめていいのかって顔をするから……」

妹勇者「う、うう……」グスグス


235 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 21:09:52.20 ID:xUsOffC/o
妹勇者「私も、勇者でいいの……?」

兄勇者「違うだろ、俺たちは二人で勇者なんだよ」


男賢者「さよう、私は『お二人の』ケンカの仲裁のために、仲間になったのです」

女武闘家「もちろん、私も『二人分』の財布を預かるために、仲間になったのよ」

兄勇者「そうそう、財布をって、いい加減に返してくださいよ!」


236 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 21:14:45.05 ID:xUsOffC/o
妹勇者「うん……じゃあ、行こう!」グシグシ

兄勇者「おう! 目指すは大魔王!」

男賢者「闇の世界に」

女武闘家「光を与えるために」

妹勇者「われら、勇者の子にして勇者たち!」

兄妹『……世界を救いに行こう!』


237 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 21:19:06.06 ID:xUsOffC/o
なんだかんだでエピローグ―――

じい「……こうして、伝説の勇者たちは大魔王を倒し、闇の世界に光をもたらしたのです」

兄王子「ふうん」

妹姫「へぇえ」

じい「お二人ともちゃんと聞いておられましたか?」

兄王子「いや、聞いたけどさ、要するに、伝説の勇者ってのは」

じい「異世界からやってきた、勇者のご兄妹だったのです!」

兄妹『厨二乙』


238 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 21:23:15.07 ID:xUsOffC/o
じい「何をおっしゃいますか! 兄と妹で力を合わせて世界を救った……美しい話でしょう」

兄王子「そりゃ伝説ではね」

妹姫「そうよね~、あんたは伝説と違って全然力が無いもんね」

兄王子「な、なんだと、戦闘訓練もしたことないくせに!」

妹姫「『本物の剣は重すぎて持てなかった』(笑)」

兄王子「う、うるさい、僕は魔法タイプなんだよ」

妹姫「隣国の王子様はすごく強いって聞くわよ!」

兄王子「お前が強いわけじゃないだろ!」


239 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 21:26:31.32 ID:xUsOffC/o
妹姫「それに、魔法タイプ? ホイミしか使えないくせに(笑)」

兄王子「うるさいうるさい! だったらお前はどうなんだよ」

じい「最近、ギラやラリホーを覚えられましたな」

兄王子「!」

妹姫「ふっふ~ん。こりゃ、あっちの王子様と冒険するのは私ね」

兄王子「女の足で、世界を救えるわけないだろ!」

妹姫「なんですってぇ?!」


240 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 21:28:31.54 ID:xUsOffC/o
じい「おやめくだされ。すでに海の向こうのお城は、魔物に攻め落とされたと聞きます」

じい「お二人も力を合わせてですなぁ」

妹姫「じゃあ、私も冒険に出ていいのね?!」

じい「しまった」

兄王子「じい! このわがままが出て行かないようにしておいてよ


241 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 21:29:39.98 ID:xUsOffC/o
訂正―――――
~~~~~~~~~~~~~~~
じい「おやめくだされ。すでに海の向こうのお城は、魔物に攻め落とされたと聞きます」

じい「お二人も力を合わせてですなぁ」

妹姫「じゃあ、私も冒険に出ていいのね?!」

じい「しまった」

兄王子「じい! このわがままが出て行かないようにしておいてよ!」

妹姫「誰がわがままよ! 貧弱ボディの方が旅に耐えられないでしょ!」


242 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 21:32:46.07 ID:xUsOffC/o
兄王子「うぬぬぬ」

妹姫「うににに」

じい「はあ……伝説では大変仲が良く、息の合う戦法で魔王を打ち破ったとありますのに」

兵士「王子! 勇者の泉へ向かう準備はできましたか?」

兄王子「あ、バカ」

妹姫「勇者の泉ね?! よし、私が先にそこへ行くわ!」

兄王子「バーカ、お前なんかにたどりつけるもんか」

妹姫「なによ!」

兄王子「やるか!」


243 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 21:36:14.33 ID:xUsOffC/o
兄王子「そ、そこまで言うなら、どっちが先に着くか勝負だ!」

妹姫「望むところよ、方向音痴に誰が負けるもんですか」

兄王子「……で、伝説の勇者の子孫は、僕だっ!」

妹姫「私の方が、名乗りに相応しいわよっ!」


じい「ああ、こんなことで世界が救えるのか……」


伝説は繰り返す。

おしまい


244 名前: ◆WPwc2pN1N6[]投稿日:2011/10/26(水) 21:46:05.22 ID:xUsOffC/o
というわけで、これにて終了でございます。

長い投稿、長いエピローグにお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

ドラクエ3をベースにしておりますが、設定はFC、SFC等や実際のゲームとは異なります。

また、お気づきの方もいらっしゃいましょうが、
本作品は「コマ斬り!」(
http://dn4.fc2web.com/index.htm)というHPの、
ドラクエ3の4コマ漫画を見て懐かしさに駆られつつ書かれたものであり、
多分に4コマ臭のするSSとなっております。
※ 宣伝ではありません。4コマ面白いです。

最後のエピローグは、蛇足的ですが、兄妹っていいよねと。

最近、連日のように投稿しているため、少し疲れましたので、しばらくは書きません。

一応、次回作も考えていますが、どんなのがいいでしょうかね。

その他、適当に設定を書き散らして終わりたいと思います。
最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。




 
246 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/26(水) 22:15:30.19 ID:xUsOffC/o
おまけ
思いついた人のみ。

兄勇者:リア充。貧乳妹と罵り合いながら敵を倒し、かわいい商人の嫁さんをもらう。
    孕ませスキーだが一途。世界を救ったあと、子作りしまくる。

妹勇者:本当はブラコン気味。だが、別に兄とちゅっちゅしたいわけではない。
     兄弟が結婚するとなんかもやもやしちゃう、思春期特有のあれ。

女商人 → 武闘家:なぜ職業の中で唯一イベントもちなのか。商人さんかわいいよ。
    バラモス倒すまで出せないとか関係ないよ。世界を救った後、兄の嫁に転職。
    ポニテ→ツインテ→ポニテ。兄勇者いわく「怒りのツボがわからん」

男僧侶 → 賢者:どう考えても変人と変態を行き来している。僧侶を辞めて、パーティを守ることに専念。
    禁欲生活はやめたので、数年後、妹勇者を……考えたくないからいいや。

男戦士 → 武闘家:やっつけキャラ。イケメン。

女魔法使い → 僧侶:おっぱいでかい。

エルフ長:貧乳。

女盗賊 → 魔法使い:鈴女でござるよ。にんにん。ランスはあまりやってないので分からないれす。
    多分、里に帰ってまた兄貴とヤってる。

兄王子:メガンテ(笑)

妹姫:犬王女より、緑が倒れたあと、彼女を仲間にするリメイクがあっても良かったのではないでしょうか。




 
251 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/28(金) 10:54:58.10 ID:Q6Bgm9tIO
…次回作ネタを思いつくままに……
バイオレンス系
悪魔「苦しいならやめてもいいんだぜ? 男」
→ 悪魔が女の子とかはない。

恋愛系?
叔母(んおぉぉぉおおお! 男カッコいいよ! カワイイよ!)
→ 年の差は三歳 ありがちネタ

気楽な二次創作・東方
霊夢「お茶がおいしいわー」ジョバババ
→ 尿 ありがちネタ

禁書設定のオリ
男「『あなたは心理系能力者です』…か」
→ 学園都市でだらだら物語。厨ニ乙

変系
男「ほう、水の奇跡か」
男「ほう、こっくりさんか」
男「なに、運命の戦士だと」
→ つまり、世界は滅亡するッ ありがちネタ

一発ネタ
男「とまれぇぇぇえええええ!!!」
→ ありがちネタ


252 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/28(金) 11:35:38.19 ID:Q6Bgm9tIO
下ネタ系
男A「リア充になりたい」男B「無理だな」男C「無理だろ」
→ 男子高校生の日常のオマパク ありがちネタ

TS系
元女「よっしゃああああああ! これで友ちゃんレイプしたるわああああ!」
→ エロ?

男女系
男女「まさか融合してしまうとは…」
→ 分裂の反対

動物系
♀犬「貴様にはっ! 愛玩動物の自覚が足りないッ!」♂猫「へえ」
→ みんな大好き動物SS ありがちネタ


253 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道)[sage]投稿日:2011/10/28(金) 13:29:58.72 ID:TmBVu6Xzo
ソレを全部同時に書くのか・・・凄いな


254 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/28(金) 14:47:07.75 ID:iOidguSIO
>>253
同時に書けたら超人ですよ
みんながどんなのが読みたいのかで方向性を考えようかと

どんなのがいいかな?


255 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]投稿日:2011/10/28(金) 14:58:26.38 ID:qgtQLBmIO
動物系+ギャグ


256 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県)[sage]投稿日:2011/10/28(金) 16:06:27.66 ID:FCA14cPgo
動物系+客


257 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage]投稿日:2011/10/28(金) 20:40:15.45 ID:yhL+4Hawo
動鬱系+ギャグ


258 名前: ◆WPwc2pN1N6[sage]投稿日:2011/10/28(金) 22:36:06.02 ID:mcZEJ4WIO
みんな動物系がやっぱり好きなのか( ´ ▽ ` )

じゃあ、

牝犬「貴様にはっ! 愛玩動物の自覚が足りないッ!」 雄猫「へえ」


で行こうかな。雌犬と牝犬はどっちの表記がいいかな?
ほのぼの動物系ギャグSSでお会いしましょう。
次はのんびり書くよ。
あと、日曜日になったらhtml依頼を出します
みんなありがとう!次も元気に会おうぜ!

→あとでまとめます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
[ 2012/02/13 22:19 ] 勇者「」or魔王「」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/294-8613dc61

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ