FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

土の四天王「生き返ったら魔王死んでたwwwwwww」2/2

土の四天王「生き返ったら魔王死んでたwwwwwww」


土の四天王「生き返ったら魔王死んでたwwwwwww」



247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 21:40:14.29 ID:I02tC5Yz0
戦場

土「うはwwwwwwwwww超転がってるwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ゴーレム「どうするんすか隊長」

土「決まってんだろwwwwwwww俺は別にどっちでもいいけどよwwwwwwwwwwwww」

土「あいつが勝たないとマトモに帰れないからなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ワァァァァァァァァァ……

土「あっwwwwwwwほら見ろ丁度良く敵進軍してんぞwwwwwwwwwwwwwwww」

土「んじゃいっちょwwwwwwwwwいけっwwwwwwゾンビ共wwwwwwwwwwwwwwww」

兵隊ゾンビ「「「「アアアアアアアアアアア」」」」



元スレ
土の四天王「生き返ったら魔王死んでたwwwwwww」



251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 21:45:35.71 ID:I02tC5Yz0
ドロドロドロ……

指揮官「ははは、さてまあ、ササッと砦を落として戻るとするかのwwww」

敵兵「し、指揮官!!」

指揮官「なんぞ?」

敵兵「た、大変です!な、なんだかよく分かりませんが…敵が……死体が……」

指揮官「ん?何をわけのわからん……なにぃぃっ!!?」

ゾンビ兵「アアアアアアアアアアアアアア」 ザッ ザッ

ゾンビ兵「アアアアアアアアアアアアアア」 ザッ ザッ

ゾンビ兵「アアアアアアアアアアアアアアアア」 ザッ ザッ

敵兵「な、なんだこいつら!斬っても斬っても…うわあああ!!」 バリバリ

敵兵「ぎゃあああああ!!助け……」 バリボリ

指揮官「な…なんぞこれ……」


262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 21:53:09.21 ID:I02tC5Yz0
ゴーレム「ゾンビ兵TUEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!」

土「うははwwwwwwww敵が倒れるたびに自軍が増えるわwwwwwwwwwwww」

土「そのうえこっちは死なねぇ減らねぇっとwwwwwwwwww楽な勝負だわなwwwwwwwwwwwwww」

指揮官「て、撤退だ!撤退ー!!」 ジャーン ジャーン

敵軍「ウワアアアアアアアー!!!」

土「ちょwwwwwwwワロッシュwwwwwwww逃げ切れるわけねえだろwwwwwwwwwwwwww」

騎士「魔物!これはどういうことだ!」

土「おwwwwwwwwほれ見ろwwwwww敵軍撤退させたぜwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「このっ……貴様という奴はっ!!」 ザンッ

土「オゴフwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 22:01:01.74 ID:I02tC5Yz0
土「なにすんだよwwwwwwwwwwまあ生き返れるけどwwwwwwwwwwwww」 ボコボコ

騎士「死者をなお愚弄するなどと…貴様は…貴様は命を何だと思っている!!」

土「じゃあさwwwwwww生き残りの兵全員で特攻して死ぬのが良かったかよwwwwwwwwwwwww」

土「そりゃお前はいいだろうよwwwwwwww騎士の誇り(笑)を守れるんだからよwwwwwwwwwwwwww」

土「でも付き合わされる兵士は無駄死にだずwwwwwwwww命を愚弄してるのはどっちだかwwwwwwwww」

騎士「くっ……」

土「どうしたよwwwwwwww何か言い返せしwwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「うるさい……貴様のやり方は正しかった、おかげで犠牲は出さずに済んだ、それは私だって分かっている!!」

騎士「だが……だがしかし……」

土「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「笑うなぁっ!!」


280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 22:08:30.50 ID:I02tC5Yz0
土「平和を守りたいつってこれだもんよwwwwwwwwwそりゃ笑うわwwwwwwwwwwww」

騎士「貴様……!」

土「じゃあ聞くわwwwwwwwなんで平和守るのに戦争すんのよwwwwwww戦わない方が平和だろうよwwwwwwwww」

騎士「……世界を平和にするには全ての国をまとめなければいけないだろう」

騎士「その為に……世界をまとめるために……戦って……勝って…………」

土「ちょwwwwwwwwお前の言ってるそれ何ていうか知ってるかwwwwwwwwwwwwwwwwww」

土「それなwwwwwwwwww『世界制服』って言うんだぜwwwwwwwwwwwwwww」

土「お前も魔王と同じだなwwwwwwwwwwww結局やってんのはそういうことだわwwwwwwwwwww」

騎士「違うっ!私は……わたっ…私は……うぐっ……ぅっ……」 ボロボロ


287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 22:12:43.61 ID:RFiwy6ak0
土のが魔王向きじゃね?


292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/11/08(火) 22:13:48.68 ID:cPW+4ijk0
>>287
僕を自力で増やせるしな


294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 22:16:50.42 ID:t8UWa6Ol0
>>292
お前を増やしてもねぇ……

 
296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 22:19:11.75 ID:VUszpIbSO
>>294しもべとぼくは漢字一緒だからなぁ・・・まじないとのろいみたいなもんだな

 



291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 22:13:36.97 ID:I02tC5Yz0
ゴーレム「あーっ!隊長ってば騎士さん泣かしたー!」

兵士A「いーけないんだ!いけないんだ!」

土「サーセンwwwwwwwwwwめんごめんごwwwwwwwwwwwwwww」

土「まwwwwwww敵兵の半分ぐらいは減らしたからよwwwwwwwwwww」

土「後は自分でやってみろよなwwwwwwwwwwまあ俺はもう帰るけどwwwwwwwwwwwww」

土「……じゃあな」 ヒュンッ

騎士「あっ……」

騎士「…………」

兵士A「……えーっと、一応俺は隊長に従いますけど」

ゴーレム「えー…じゃあまあ俺も…まあ、うん一応」

兵士A「まあ何ていうか…ドンマイ!」 ビッ

騎士「…………」

ゴーレム「ツッコミが無い…だと……」


297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 22:20:27.57 ID:I02tC5Yz0
土「うはwwwwwwwwあいつ甘っちょろすぎだろwwwwwwwwwwwwww」

土「全くアレだwwwwwww今まで戦場行ってないからかもしれんけどwwwwwwwwwwww」

土「命を大切にしない奴なんて大ッ嫌いだ!(キリッ)」

土「だっておwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」 バンバン

土「つーかwwwwwwwいのちだいじにっつってもなwwwwwwwwwwwwww」

土「今まで俺が何回死んでると思ってんだっつーのwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

土「食ったパンの枚数より余裕で多いわwwwwwwwwww俺メシ食わねーしwwwwwwwwwwwww」

土「はあー」

土「いい加減、死にてぇなあ」


298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 22:21:23.35 ID:RFiwy6ak0
半分でも200人、44人で防ぎきるのは・・・まぁ砦にこもって弓があるなら、可能・・・いややっぱむり。



315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 22:26:51.52 ID:I02tC5Yz0
騎士「……敵の戦力は急激に減った、残りはせいぜい200人程度だ」

兵士長「私が寝ている間にそのような…しかしなぜ急に?」

騎士「……さあな」

兵士A「隊長元気ねーなー」

ゴーレム「あそこまで完全論破されちゃったらなあ」

騎士「……兵士長、すまんが頼みがある」

兵士長「なんなりと」

騎士「砦中の弾薬を集めてくれ、それと残りの兵は全員撤退だ」

兵士長「なっ!?」

騎士「どうせ最早役には立たぬ砦ならば、吹き飛ばしてしまえば良いのだ」

兵士A「きが くるっとる」


343 名前:つまり…どういうことだってばよ?[]投稿日:2011/11/08(火) 22:38:37.04 ID:I02tC5Yz0
戦場

兵「 」

へんじがない ただの しかばねの ようだ

指揮官「……ど、どうやら今日は大丈夫なようだな」

敵兵「ですね、昨日の事態は一体何だったのか……魔物の仕業でしょうか?」

指揮官「おいおい、けったいなことを言うな、これほどの技が使える魔物が今だ残っていてたまるか」

敵兵「は、申し訳ありません」

指揮官「まあよい、ともなれば障害は最早何も無いのだ!突撃!」

ウオオオオオオオオオオ……



356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 22:43:53.87 ID:I02tC5Yz0
指揮官「うはは!何だ、何の抵抗も無く中へ侵入できてしまったではないか!」

敵兵「指揮官殿!砦の中には敵兵が1人も見当たらないそうです!」

指揮官「やはりな、奴らめ我が軍に恐れをなして逃げたのだ!フハハハハ……」

騎士「……いけぇっ!」


                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙    ←砦
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´



372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 22:51:53.63 ID:I02tC5Yz0
指揮官「なん…だと…」

敵兵「ほ、報告致します!砦が崩壊し約50名の兵が……」

指揮官「そのようなこと見れば分かるわ!どういうことだ!敵は砦を捨てたというのか!?」

敵兵「し、信じられませんがそのようで……」

騎士「だあああああっ!!」 ザシュウッ

敵兵「ぎゃあああああああああ!!」

指揮官「なっ、き、貴様は、なっ」

騎士「私はこの砦の守護を任された騎士!ここから先の大地には一歩たりとて入れさせん!!」

兵士A「同じく兵士A!」

ゴーレム「同じくゴーレ…ゴ、ゴーレム娘!」

兵士A「お前ゴーレムはまずいと思ったんだろうけど…お前……」

ゴーレム「うるさいだまれ」



387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 22:56:48.42 ID:I02tC5Yz0
騎士「だあああっ!!」 ズバッ

兵士A「せいやっ!」 ゴルバッ

ゴーレム「どっせい!」 クロバッ

敵兵「指揮官!ここは危険です!早く撤退を!」

指揮官「あ、慌てるな、これは孔明の罠だ、そんなことは無理だ」

敵兵「指揮官!」

ゴーレム「おりゃっ!!」 ドゴーム

敵兵「うげぁ」

騎士「逃がすか!その首貰い受けるぞ!!」

指揮官「ひいいっ!」


388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/11/08(火) 22:57:49.71 ID:6ElDgS4T0
進化すんなwwwwww


391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 22:59:01.79 ID:QzKOTsrt0
指揮官無能すぎワロスwwwww
でもこの無能すぎる指揮官に負けちゃう長男達…



409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 23:03:52.64 ID:I02tC5Yz0
兵士A「隊長!」

騎士「えっ…うわっ!」 ドンッ

弓兵「ちぃっ!外したか!」

兵士A「ごほっ…は、外してねーよバカ……」

騎士「兵っ……!」

弓兵「へっ!今度こそくらえ!これで俺も大金星だ!!」

ゴーレム「させるかぁっ!光子力ビーム!!」 ビーッ

弓兵「うべあっ」 ボンッ

騎士「兵士!大丈夫か!?なあ!」

兵士A「はは……なぁーに、腹に矢が刺さった程度で死ぬ俺じゃねーですしおすし」

兵士A「それよか指揮官だ!隊長!さっさと仕留めちまえ!」

騎士「あっ…ああ!分かった!」ダッ


411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 23:04:52.60 ID:RFiwy6ak0
oh・・・・・・兵士A・・・・・・



413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/11/08(火) 23:05:23.69 ID:c7W1WhfU0
おいこのゴーレム光子力エンジン持ってるぞ

415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 23:05:51.53 ID:lyqmkKBHO
ビーム撃ちおった


416 名前:忍法帖【Lv=40,xxxPT】[]投稿日:2011/11/08(火) 23:06:05.58 ID:2q76x47C0
最近のゴーレムはすごいな


417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/11/08(火) 23:06:19.30 ID:Erp96dMFO
光子力wwww



435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 23:11:14.08 ID:I02tC5Yz0
騎士「待て指揮官!」 ダッ

指揮官「ひいいっ!」

副官「させるか!ここから先は……」

兵士A「悪いけど通してくれねーかな!!」 ギンッ

副官「うぬっ…貴様っ!」

指揮官「ひい!お、お前ら!わしを守れぇい!!」

ゴーレム「させるかっ!ゲッタァァー!トマホーク!!」 ザンッ

雑魚ら「ぎゃああっ!」

兵士A「今だ!いけぇっ、隊長!!」

騎士「っだああああああ!!」

ザンッ



453 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 23:17:11.36 ID:I02tC5Yz0
騎士「はっ…敵将討ち取ったりっ!!」

副官「なっ!指揮か…うごああっ!!」 ズンッ

兵士A「へへ、副官討ち取ったりーっつってな!」

敵兵「うわあああ!引けーっ!引けーっ!」

兵士A「うっし!こっちも引くぞ隊長!」

騎士「ああ……なあ兵士」

兵士A「ん?」

騎士「……これで良かったんだよな」

兵士A「良いんじゃねえの、『拠点を守れ』って指令は果たしたんだ」

ゴーレム「拠点がこれじゃあしばらく攻めてこないだろうしなwwwwwwwwwww」

兵士A「拠点っていうよか更地だからなwwwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「ははは、こやつめ」


 
482 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 23:27:55.34 ID:I02tC5Yz0
兵士A「おっ…と……」 ガクンッ

騎士「兵士!」

兵士A「あてて…ちょっと無理しすぎたな……ワロスwwwwwww」

ゴーレム「背中貸してやんよwwwwwwwwwwww」

兵士A「うはwwwww女の子におんぶとかwwwww俺リア充wwwwwwwwwwww」

騎士「馬鹿なことを言わずに休んでろ、近くの町に着いたらすぐに治療してやる」

兵士A「うはwwwwwwww隊長デレまくりんぐwwwwwwwwwwww」

騎士「ふん……やかましい」

兵士A「へへ…なあ……村に帰ったらさあ……また喫茶店でよ…ダベってよぉ……」

兵士A「んで……Bのノロケ話聞いたり…隊長にしかられたりよ……へへ……いい…よ…なあ……」

ゴーレム「ああ、そんで俺とお前でリア充爆発しろーっつってなあ…なあ……あれ…?」

兵士A「…………」


騎士「……兵士?」



501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 23:34:43.33 ID:I02tC5Yz0
近くの町

医者「毒……ですな……恐らく矢に毒が塗ってあったんでしょう」

騎士「……」

ゴーレム「マジか……昨日まで風俗行きてーなーとか、そんな話してたのにな……」

騎士「はは、お笑い草だ、誰も死なない戦にしたいとか言っておいてな」

騎士「私は結局……どうしようもない……どうしようもない……バカ…だ……」 ボロボロ

騎士「くっ…ぅ…ぅぇっ……」 ボロボロ

医者「……ご遺体は、どうなさるおつもりで?」

ゴーレム「ん…村に埋めてやろうと思うんだけど……いいよな?」

医者「ええ、勿論……」

ゴーレム「お前もさ…それでいいよな、兵士……」

兵士A「 」



へんじがない ただの しかばねのようだ ……



516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 23:41:40.42 ID:I02tC5Yz0
それからのことはよく覚えてない

とりあえずドン底に沈んでる騎士を連れて
あのド田舎の村に戻る事にした、勿論兵士Aも一緒だ

村に着いたら兵士Aを弔ってやって、そんで、もう奴はいないけど
みんなで喫茶店に集まってダベってグダグダするつもりだった

村人Aさんと世間話して、兵士Bに嫉妬して、グールさんに蔑まれて
んでオークとか狩人ゾンビに仲裁されて、村人Bちゃんが笑って
最後は隊長がウザッたいのを騎士さんが一蹴してっていうのをさ、やるはずだったんだよ

そうなんだよ、そうするつもりだったんだけどさあ、ははは

だって予想なんかできるわけないじゃんな

戻ったら村が壊滅してるなんて



528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 23:47:49.31 ID:I02tC5Yz0
田舎の村

狩人ゾンビ「戦場になったんですよ、この村が」

ゴーレム「あー……」

騎士「……」

狩人ゾンビ「本当はここより東の平原で戦ってたんですけどね」

狩人ゾンビ「将軍の息子…指揮を取っていた長男・次男の敗戦後です」

狩人ゾンビ「彼等はあろうことか、敵軍に背を向けて、一目散にこちらへと逃げてきました」

狩人ゾンビ「そして……」

ゴーレム「……もういい、見れば分かる」

狩人「……でしょうね」

騎士「……」



537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 23:52:34.78 ID:I02tC5Yz0
ゴーレム「別の戦場っつってたの、こっちのことの方だったんすね」

ゴーレム「……ちなみに生き残りは?」

狩人ゾンビ「私と村人2名、以上です」

ゴーレム「……グールちゃんは隊長がアレすりゃ生き返るだろうけど、なあ」

ゴーレム「なあ、帰ってきたら相棒まで死んでたってどう思う?」

兵士A「 」

へんじがない ただの しかばねのようだ

騎士「……ははは」

ゴーレム「……もう泣かないんすか」

騎士「もう……笑うしかないだろう……」


538 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 23:53:45.75 ID:xGG7ACwc0
オーク逝ったか…


539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/11/08(火) 23:54:25.75 ID:lcpzsbHd0
村人二名よく無事だったな


540 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/11/08(火) 23:54:34.68 ID:pO14PPmt0
共通の敵がいないと人間同士仲良くすら出来ないんだな


543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/08(火) 23:59:49.14 ID:I02tC5Yz0
土「うーっすwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「……魔物、貴様は」

土「言っとくけど俺のせいじゃねえしwwwwwwwww帰ってきたらこうなってたしwwwwwwwwwww」

騎士「貴様は…どうして……こんなっ……こんなことがあって……笑ってられるんだ!!」

土「さっき言ってただろうがwwwwwwwwwwwww笑うしかねえんだよwwwwwwwwwwwwww」

土「まあちょっと昔話してやんよwwwwwwwwwwwww俺ってばこれでも魔王軍で一番の古株だったんだけどよwwwwwwwwwwwww」

土「ここで問題wwwwwwwww果たして俺はいつからいたんでしょうかwwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「……知らん」

土「だろうなwwwwwwwwwwwwww正解はwwwwwwwwwwwwwwww」

土「1万年とwwwwwwwwww2千年前からwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「……は?」

土「あwwwwwwwいwwwwwwしwwwwwwwwwwてwwwwるwwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「黙れ」



561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 00:05:43.55 ID:3eTKl5yQ0
土「1万年と2千年前になwwwwwwwww不死の術を完成させた魔王がいたんだよwwwwwwwwwwwwwww」

土「んでwwwwwww世界制服したんだよなwwwwwwwwwwwww」

土「理由はwwwwwwwwww世界平和wwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

土「スゲー真面目なのにwwwwwwwwww馬鹿馬鹿しくてwwwwwww甘ったりーんだわwwwwwwwwwww」

騎士「……まさか、貴様」

土「あwwwwwww俺はちげーよwwwwwwwwwwwwww俺は初代魔王様の不死の術の実験台wwwwwwwwwww」

土「元はただの童貞ヒキオタキモニートだからwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ゴーレム「童貞のまま1万と2千歳wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

土「マジでwwwwwwwwwwww賢者とか超越してるわwwwwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「……続きを話せ」


572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 00:10:15.44 ID:3eTKl5yQ0
土「んでまあwwwwwwwwwwww初代魔王が死んでwwwwwwwww」

土「それを倒した勇者も死んでwwwwwwww戦争起こってwwwwwwwwwwwwww」

土「また魔王が生まれてwwwwww死んでwwwwwww勇者が死んでwwwwwwww魔王が生まれてwwwwwwwwwww」

土「でも俺死なねーのwwwwwwwwwwwwww不死だからwwwwwwwwwwwwwwwww」

土「これでも惚れた女とかできたのになwwwwwwwww死なねーの俺wwwwwwwwwwwwwwww」

土「気の合う奴とかwwwwwwwwwww部下とかwwwwwwwwみんな死ぬのにwwwwwwwwwwwwww」

土「俺だけずっと死なねーのよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

土「だからもうwwwwwwこんなんなっても俺全然平気wwwwwwwwwいや平気じゃないけどwwwwwwwwwwwww」

土「そりゃこの村好きだったけどwwwwwwwwでももう何度も起こったことだからよwwwwwwwwwwwwww」

土「つまりアレだwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

土「無限ループって怖くね?」

騎士「ここまで引っ張ってソレは無いわ」


 
586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 00:19:46.62 ID:3eTKl5yQ0
土「んで本題入るわwwwwwwwwまあ俺は別にどうでもいいんだけどさwwwwwwwww」

土「俺こいつら生き返らせられるわけよwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「……!」

土「まあゾンビとしてだけどwwwwwwでも問題無いのは狩人ちゃん見りゃ分かるっしょwwwwwwwwww」

狩人ゾンビ「……」

土「どうするよwwwwwww死者を弄ぶかwwwwwwwwwwww騎士の意地を貫くかwwwwwwwwwwwwww」

騎士「私は……」

土「みんなをゾンビにするっつーならwwwwwwwそりゃもうwwwwwwみんな魔物だwwwwwwwwww」

土「ついでにwwwwwwwそんな選択をしたお前も十分魔物だわなwwwwwwww見た目とかが違ってもよwwwwwwww」

土「さあてwwwwwwwwwwwwどうすんのwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「……」


597 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 00:24:24.88 ID:3eTKl5yQ0
騎士「私は、みんなを生き返らせたい」

ゴーレム「えっ」

土「えっ」

騎士「えっ」

土「えー……っと……あー……ファイナルアンサー?」

騎士「はい」

ゴーレム「はいじゃないっすが」

土「えー、ちょ、いやいいけど……えー……えぇー……?」

騎士「待て、何だ貴様らその反応は」

土「いやだって、絶対もっと何やかんやでグダグダすると思ってた」

騎士「私はそのように見られていたのか」

ゴーレム「いやだってそうじゃないすか」


604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 00:32:59.99 ID:3eTKl5yQ0
騎士「だがその前に頼みがある」

土「ktkrwwwwwwwwwwどんなことっすかwwwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「私を国王陛下の前に連れて行け」

土「ちょwwwwwwwwwwwwおまwwwwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「私は祖父に会って話したいことがある、さあ連れて行け魔物め」

土「らめぇwwwwwww俺また浄化されちゃうwwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「いい加減に死にたいのだろう、良いではないか」

土「そうっすけどwwwwwwwwwwそりゃそうっすけどwwwwwwwwwwwwww」

騎士「ならば行くぞ、早く連れて行け」

土「ちょwwwwwなんかお前さwwwwwwwww急に吹っ切れたなwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「……貴様のおかげで私のやるべきことが決まったのでな」

土「わけがわからないよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「なに、すぐに話すさ…さあ!全速力で王城へ連れて行け!!」


 
611 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 00:38:07.37 ID:3eTKl5yQ0
王城

騎士「私だ!道を開けろ!」

衛兵「えっ、ちょ、ちょっ!」

土「くらえwwwwwwwwwねむりごなwwwwwwwwwwwww」 ボフンッ

衛兵「あばばば」

ゴーレム「しびれごなじゃないんすかアレwwwwwwwwwwwwwwwww」

土「正確には毒の粉だわwwwwwwwww麻痺系のwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「おじいさま!」 バンッ

長男「むおっ!」

次男「うおっ!騎士!?」

国王「……」



618 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 00:42:34.73 ID:3eTKl5yQ0
国王「久しいな……姫……それに……」

土「うーっすwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

国王「……本当に久しいな、生きていたのか」

土「不死なんでwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

国王「ふはは、かつての敵とはいえ懐かしいものだ、歓迎しよう」

騎士「おじいさま、単刀直入に言います、戦争を止めて下さい」

国王「できぬ」

騎士「でしょうね」

土「おまwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ゴーレム「何の為の質問すかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


630 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 00:52:32.19 ID:3eTKl5yQ0
国王「仮にこちらから侵略をせずとも、敵は侵略してくるだろう」

国王「お前は我らに座して死を待てと言うつもりか?」

騎士「そんなことを言うつもりはありません、自らの国の為に戦うのは至極当然です」

国王「ならば何故そのようなことを申すのだ」

騎士「世界平和の為です」

国王「……ほう?」

騎士「50年前までは今のような人間同士の戦争は無かった筈です」

国王「無かったわけではないがな、だが魔王がいたおかげで大規模にはならなかった」

騎士「人間ではない、異種族の介入があったから、だから同族同士で殺しあう暇は無かった」

国王「ふふふ……姫よ、お前は、どうするつもりだ」

騎士「それで人の世が平和になるのなら、私は、魔王になるつもりです」

土「ちょwwwwwwwwwwwwwwおまwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


637 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 00:59:28.21 ID:Z2vsJp230
村の惨状を見て土が騎士を魔王に祭り上げるパターンかと思ってたら逆だった



639 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 01:03:13.29 ID:3eTKl5yQ0
土「勝手に決めてるwwwwwwwwwww別にいいけどwwwwwwwwwwwwwww」

ゴーレム「つーかwwwwwwwそれってwwwwwwwwwおまwwwwwwwwww」

国王「はは、分かっているのか、それは人の世の争いを無くす為に、魔物を犠牲にするということだぞ」

騎士「構いません、誰かさんのおかげで私は元々魔物が嫌いです」

土「痛烈なカミングアウトwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

国王「実に我侭だ、女らしい、だからお前は真に騎士にはなれんのだ」

国王「魔物とて人とさして変わらんぞ、そんな連中を貴様は騙して死地に送る事ができるのか」

騎士「……できるだけ戦は避けたいですが、やらねばならぬのなら、私はやります」

国王「ふむ、しかし人と人との戦争が無くなったとて犠牲者が出ぬわけではあるまい、戦が無くとも魔物に襲われ人は死ぬぞ」

騎士「……人が死ぬのはやむをえません」

国王「偽善者にすらなれんのか貴様は、最低だな」


653 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 01:14:18.93 ID:3eTKl5yQ0
土「また論破されてるwwwwwwwwwwwダセェwwwwwwwwwww」

騎士「う、うるさい……私は!」

国王「ああ、分かっとる、お前は馬鹿で優しい最低な子だ、まるで昔のわしのようにな」

騎士「え……」

国王「王というのは貴様の想像以上に重いぞ、魔王といえどもそれは変わらん」

国王「正直わしは王になってから魔王の気持ちが分かるようになってきた」

国王「貴様は人間を救いたいというがな、魔王になり、魔物に祭られてからも果たしてその心を持ち続けていられるかな?」

騎士「……分かりません」

国王「で、あろうな……と、さて…あとは分かっておるな、魔王よ」

騎士「……はい」

国王「わしは勇者だ、勇者というものは魔王を打ち倒さねばならん、そういうものだ」

国王「そして、目の前に生まれた新たな魔王を無視できるものではない!」 チャキッ

騎士「うん…分かってる……さあ……かかってこい!勇者よ!!」 チャキッ



658 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 01:19:44.93 ID:3eTKl5yQ0
田舎の村

騎士「……はあ、疲れた」

土「マジで勇者より強いとかwwwwwwwww騎士さんマジパネェっすwwwwwwwwwwww」

ゴーレム「俺行った意味なかったwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「……おじいさまも現役では無かったからな、仕方ないだろう」

土「まあなwwwwwwwんじゃwwwwwwww改めて色々生き返らせてやっかwwwwwwwwwwww」

騎士「待て、その前にやってほしいことがある」

土「まだあんのかよwwwwwwwwwwwwいい加減にしろよwwwwwwwwwwww」

騎士「私を殺せ」

ゴーレム「なんとwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

土「斜め上wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


662 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 01:25:13.67 ID:3eTKl5yQ0
騎士「貴様はゾンビであろうと生前と変わらんと言ったが、私は貴様の言うことをまるきり信じられん」

騎士「第一、自然の摂理に逆らうようなことをして復活させた皆に怒られてはたまらん」

土「おまwwwwwwwwwwww真面目ってレベルじゃねーぞwwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「いいからやれ」

土「おkwwwwwwwwwwwwwwwwちょっと痛いけど我慢しろよwwwwwwwwwwwwwwww」

騎士「ああ」

土「安心しろってwwwwwwww魔王に相応しい最高のリビングデッドにしてやんよwwwwwwwwwwww」

騎士「ふふ、そうしてくれ、ではさよなら魔物」

土「さよなら、人間」



ザンッ


681 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 01:40:49.63 ID:3eTKl5yQ0
昔々、小さな村がありました。

小さな村では村人達がのんびり平和に暮らしていました。

ある日突然、どこかの騎士と兵士の人がやってきました。
騎士の人は真面目な人で、いつも鍛錬に励んでいます。
兵士さんは軽い調子で、いつもおどけて笑っています。
もう1人の兵士さんは、女の子が大好きで、かっこいい素敵な人です。

ある日突然、村に魔物がやってきました。
腐った体の不死の魔物は、いつも笑っておどけています、そして少しうるさいです。
大きい石でできた魔物は、やっぱりいつも笑っています、だけど愉快ないい人です。
腐った体の女性の魔物は、いつも不満で怖い顔、だけど本当は優しい人です。
豚みたいな怖い魔物は、果物好きな真面目な人です、本気を出すと少し怖い。

それから村にはもっと人が増えて、みんなで平和に過ごしてましたが。
ある時、その村はパッと消えてしまいました。

それからいくつか時が経って。
村は大きな黒いお城に変わりました。


682 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 01:42:37.49 ID:4dkVRuzs0
魔王がゾンビってなんかしょぼいな
聖水かけたら死んじゃうなんて


683 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/11/09(水) 01:43:05.37 ID:7cwp7qiV0
>>682
でもすぐ復活してくるんだぜ?


690 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 01:49:52.48 ID:3eTKl5yQ0
黒いお城の魔王様、人間達に言いました。
「私は魔王だ、私は人間達を滅ぼすぞ」
人間達は大慌て、どうしようかと困っていました。

そんな状態がいくらか長く続いたところで、正義の勇者が立ちました。
勇者は土を司る不死の魔物を倒しました。
勇者は風を操る狩人の魔物を倒しました。
勇者は水を蓄えた豚の魔物を倒しました。
勇者は火を操る石の巨人を倒しました。

勇者はとうとう魔王の城へ辿り着き、聖なる力で不死の魔王を打ち倒しました。
それから勇者はお城へ戻り、姫と結ばれ、見事な王様になりました。

これは、そんな勇者の物語の、ちょっと前の魔王になった人の話。



706 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 01:57:09.59 ID:3eTKl5yQ0
魔王城・場内喫茶

ゾンビB「お茶が入りましたよー」

魔王「ありがとう、さて……と、そろそろ勇者が毒の池に着く頃かな」

側近A「勇者つええwwwwwwwはぇぇwwwwwww」

魔王「うむ、対抗策を考え……おい側近B、会議中にどこに行く気だ」

側近B「サーセンwwwwwwwww俺ちょっと家内と買い物いかなくっちゃwwwwwwwwww」

火の四天王「これだからリア充はwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

側近A「リア充爆発しろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

水の四天王「お前らもうくっつけばいいのに」

風の四天王「ですよね」

側近A「嫌だわこんなダイナミックプロ娘wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

火の四天王「最近ファンネル出せるようになったんすよwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

グール「うわあ……」

火の四天王「やめてwwwwwwwwその何とも言えない濁った目で見るのやめてwwwwwwwwwww」



720 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 02:03:50.81 ID:3eTKl5yQ0
魔物「で、毒の池には誰がいたんだったか」

ゾンビA「彼じゃないんですか?」

ゾンビB「あの人だった気がしますけど」

側近A「確かあいつだったよなあ」

側近B「これでまた50年ぐらい死ねるっつって張り切ってたよな」

グール「アレは前回もそう言って出撃してましたよ」

火の四天王「じゃあ俺ちょっと戦闘後に『奴は我々の中でも最弱』って言ってくる役やるわwwwwww」

水の四天王「くだらないことばかり思い付くな貴様は」

風の四天王「むしろ今頃自分でそう名乗ってるんじゃないですか?」

魔王「……やってそうだな、ふふ」



725 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 02:09:33.45 ID:3eTKl5yQ0
毒の池

土の四天王「ふははwwwwwwwwwwよくぞ現れたな勇者wwwwwwwwwwwwww」

土の四天王「俺は魔王軍四天王が1人wwwwwwwwwwww不死の魔物wwwwwwwwwwwwww」

勇者「こいつが…魔王軍四天王!」

土の四天王「さあ回復してやろうwwwwwwwww全力でかかってくるがいいwwwwwwwwwwwwwww」

戦士「ふん…敵を回復させるとは……って、うん?」

僧侶「回復……してます?」

魔法使い「いや?」

土の四天王「カッコつけたかったから言っただけに決まってんだろバーカwwwwwwwwwwwwww」

勇者「よし、みんな!こいつ殺そう!!」 チャキ


731 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 02:17:06.13 ID:3eTKl5yQ0
土の四天王「ぐふうwwwwwwwwwwwwww」

勇者「よし!倒したぞ!みんな!」

土の四天王「残念wwwwwwバックアタックだwwwwwwwwww」ボコボコ

勇者「しまっ…くあっ!」 バキィッ

魔法使い「気をつけて!こいつ強いわよ!」

土の四天王「ふははwwwwww一ついいことを教えてやろう勇者よwwwwwwwwwwww」

土の四天王「俺は四天王でも最弱wwwwwwwこの俺すら倒せなければこの先の四天王は倒せまいwwwwwwww」

僧侶「なっ…こ、この魔物で最弱だなんて……」

勇者「ふん……上等だ!いくぞおおおおおおおおお!!」 ジャキィッ

土の四天王「さあ来いwwwwwwwwwwwww勇者wwwwwwwwwwww」

勇者「まそっぷ!」

勇者の勇気が世界を救うを信じて!



土の四天王「生き返ったら魔王死んでたwwwwwwww」・完

ご愛読ありがとうございました!




 
752 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 02:21:23.23 ID:3eTKl5yQ0
終wwwwwwwwwwwwわwwwwっwwwwwwwwwwたwwwwwwwwww
土の四天王メインのSS書きたいなあとか思って書き始めただけのSSだったわwwwwwwwwwwww
正直ここまで壮大な話になるとは思わんかったwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ていうかwwwwwww騎士の主張がもうブレすぎてwwwwwwwwwwwwwww
真面目な話ってめんどいわwwwwwwwwwwwマジでwwwwwwwwwwwwww
あとwwwwwwwwお前ら草が多いからってwwwwライオンの人だとか言ってるじゃんwwwwwwwww
草生やす=ライオンかと思ったか?wwwwwwwwwwwww
大正解だよwwwwwww馬鹿野郎wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
おやすみwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



753 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 02:21:34.77 ID:YZiDwa6D0
明るい感じで終わってるけど、この後全滅するんだよな……

765 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 02:25:17.65 ID:8AmGr3Yi0
>>753
ツッチーはそれを何度も体験してきたんだろうな

 
769 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 02:27:56.66 ID:YZiDwa6D0
>>765
ツッチーも自称ニートらしいが、最初はこんな草生やすキャラじゃ無かったのかもな……


 

766 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 02:26:17.61 ID:KSMaTdkT0
主張が変わるのは弱い人間というところをうまく表せてたじゃないか



767 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 02:26:18.85 ID:OZ4igjyUO
マジで同一人物か
ライオンもリアルタイムで見たけどかなり良作だった
次回作もめちゃくちゃ期待して待ってます
おやすみ


768 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 02:26:54.44 ID:+Mt/z+kR0
乙!面白かったぜ!


 
770 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/11/09(水) 02:28:16.50 ID:7cwp7qiV0
SS読む習慣なかったけどこんなのがあるんなら色々読んでみたいわ
とりあえずそのライオンっての探して読んでくる


771 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 02:28:29.13 ID:lbbupU/u0
「人間主張が変わらんというのは勉強してへんゆーことやねん
 社会に出て見識を広めたら意見変わって当たり前なんや」

とは黒いお付き合いで芸能界を引退させられた某司会者の言葉





779 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/11/09(水) 02:38:39.71 ID:7cwp7qiV0
ライオン読みきりたいけどハンター出てきた辺りから胸が痛くてよめねえwwww
あんた切ないのばっかかいてんのなwwww



782 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 02:41:22.04 ID:3eTKl5yQ0
>>779
切なくないのだと魔王が淡々と女戦士陵辱するのとか
魔法使いに力の種食わせまくるのとか書いたよ



795 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/11/09(水) 03:00:46.91 ID:7cwp7qiV0
ライオンも面白かった
これは次回作も期待せざるを得ない


796 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 03:02:37.09 ID:YZiDwa6D0
火の鳥未来編のマサト、望郷編の牧村……
永遠に宇宙空間を孤独にさまようカーズ、死に続けるディアボロ……

こいつらは人類復活のため、あるいは悪事の報いっていう明確な理由があったが、
ツッチーの場合は単なる人体実験で永遠の地獄を味わうんだよな……

この世界に、同じ秘術で不死になった存在が居る事を祈るしか無いな
同じ時間をすごせる友人の一人でもいりゃ、ツッチーも救われるだろう



797 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/11/09(水) 03:13:29.80 ID:7cwp7qiV0
しかしSSってこう10何時間も書き続けるものなのか
頭もすごいが体力もすごいな


807 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 06:35:51.00 ID:b/2yObnD0
乙だった、他のも読んでくるわ
力の種とライオンのでいいかな


809 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 06:44:21.89 ID:NJngZ38W0
朝起きて完結読んだらこういうオチか。面白かったです。

(^o^)


810 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 06:45:45.95 ID:FjShOl9f0
これで安心して眠れる

おやすみ


811 名前:忍法帖【Lv=7,xxxP】[sage]投稿日:2011/11/09(水) 06:47:59.26 ID:fGxUb1FC0
ライオンって、脱走したやつ?


812 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 06:52:06.61 ID:Ntx8Q39o0
朝起きてスレ残ってたから久々にSS最後までみた
面白かった乙


813 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 07:08:30.91 ID:P4JHka3TO
すげえ乙


814 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 07:16:33.65 ID:f1Au7kd20
久々に良作SSだったな。次回作にも期待するわ
乙!!!


815 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 07:17:27.43 ID:c/6oJWBj0



816 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 07:42:45.97 ID:TlWeL/Uo0



817 名前:忍法帖【Lv=9,xxxP】[]投稿日:2011/11/09(水) 08:06:10.15 ID:KWzbEbE/0
よかった


818 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 08:21:14.16 ID:iRu5bDo30



819 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/11/09(水) 08:21:33.51 ID:mpvOnjDq0



820 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/11/09(水) 08:39:21.29 ID:06iFFpfd0
あら、こんな時間までご苦労様。お疲れ


821 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/11/09(水) 08:40:14.16 ID:JZlalC4J0
乙!


822 名前:忍法帖【Lv=31,xxxPT】[]投稿日:2011/11/09(水) 08:45:49.36 ID:rsoZwshu0
久し振りにホロリときた
乙乙乙!


823 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/11/09(水) 08:54:50.76 ID:cSjQF2rv0





824 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/11/09(水) 09:25:18.49 ID:tRWl0mG50
またそのうち蘇ってくれるんだろうな 楽しんだ 乙
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
[ 2012/02/11 17:19 ] 魔物・妖怪系SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/284-273ff454

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ