FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雪女「今夜は積もりそうね…」


雪女「今夜は積もりそうね…」


雪女「今夜は積もりそうね…」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 01:31:40.30 ID:1m19X7Qx0
雪女「こんな日は人里に下りて、男の生を吸い取ってやろうかしら。フフ、命もだけど…」

サクサク…





雪女「…ふう、やっと着いた」

雪女「街中もかなり降っているわね…さて…」

サクサク

雪女「手近なところで探しましょうかね。ちょうどこの辺は若者が多く住んでいたはず…」







元スレ
雪女「今夜は積もりそうね…」




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 01:38:16.59 ID:1m19X7Qx0
雪女「…このアパートにしようかしら。部屋は…」

雪女「…あの部屋がいいわね」

雪女「ベランダに見える洗濯物は男物。取り込んでないのはだらしがないけど…」

雪女「この深夜でも明かりがついてる、ということは一人暮らし。フフ、条件は完璧ね…」

コツ…コツ…

ピンポーン

雪女「あのう、夜分にすみません」

??「………は、はい……?」

雪女「わたし、遠くの街から来たものですが…。わけあって、今晩休むところがなくて…」

??「…は、はあ…」

雪女「あのう、不躾なのは承知です。どうか一晩、泊めていただけないでしょうか…?」

??「………あ、あの……」

雪女(フフ、早く開けなさい…私の美貌を見たら、泊めずにはいられないわ)


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 01:43:17.70 ID:1m19X7Qx0
??「………」

ガチャ

雪女「あの、どうか一晩…ひっ!?」

??「な、なんですか?」

雪女「あ、あなた、顔色が悪いですよ?」

男「ずずっ…はは、風邪をひいてしまっていて……。あの、外は、寒いでしょう?どうぞ中へ」

雪女「……えっ あ! は、はい、お邪魔します……」

男「じゃ、コレ、スペアキーです」

雪女「え?」

男「風邪うつしちゃうとまずいんで、ボク、ファミレスにでも行ってます。では、明日の朝」

雪女「ちょ、ちょっと待ちなさい!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 01:48:42.05 ID:1m19X7Qx0
男「なんですか?」

雪女「なんですかって…あなた何を考えてるんですか?」

男「え?」

雪女「見ず知らずの女を家にあげて、一人にして、外で夜を明かす?しかも風邪気味で?」

男「はあ」ゴホッ

雪女「不用心にもほどがあります!早く奥へ!」グイ

男「えっ」ズルズルズル


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 01:52:38.86 ID:1m19X7Qx0
雪女「綺麗な部屋ですね…」

男「……は、はは、どうも……」

雪女「…」じー…

男「…………う……あ、あの、宿を借りたいんでしたら、そこのベッド、使ってください」

雪女「え? あ、ああ、どうも…って、あなたはどこで寝るんですか?」

男「ボクは床でいいです。女の人が体冷やしちゃだめですよ、早く温まってください……」ごろり

雪女「だ、だめでしょう!あなた体調が悪いんだから、あなたこそベッドを…」

男「ボクは、大丈夫ですから…」

雪女「だめです!どうしてもというなら、一緒に寝ましょう!」

男「え!? だ、ダメですよ……!」

雪女「ダメです!ほっぺたも赤いし、クマもできてる!きちんと温かくして寝なきゃだめです!」

男「あの…」

雪女「ベッドに入りなさい!」

男「は、はい!」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:05:17.07 ID:1m19X7Qx0
雪女「電気消しますよ」パチ

モゾモゾ

男「あ、あの、本気で一緒に寝るんですか……?」

雪女「嫌なら、私が床に寝ます。どうして背を向けたままなんですか?」

男「………当たり前です……」

雪女「……泊めてくれてありがとうございます」

男「え? いえ……。おやすみなさい……」

雪女「あ……おやすみなさい」

雪女(……今夜は襲うのは無理ね……)

雪女(でも、この男体調が悪そうだし、仕方ないわね)

雪女(……それにしても変わった男……)

男「ゴホ………………グス」

雪女(……わたし、何しに来たんだろう)


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:07:54.75 ID:1m19X7Qx0




男「…すぅ…すぅ…」

雪女(……)

男「……グスッ……」

雪女(……?)

男「ひっく……ゲホッ」

雪女(この人……泣いてる……?)






19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:08:38.38 ID:1m19X7Qx0
男(………眩しい)むくり

ポト

男(……濡れタオル)

男(……よく……眠れた気がする)ゲホッ

男「…あ!?」

男「……いない」

男「……行ったんだろうか……」

ジュゥゥゥゥ……

男「……ん?台所の方から……」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:09:14.20 ID:1m19X7Qx0
ガチャ

雪女「あ、目が覚めたんですね。おはようございます」

男「……あの?」

雪女「あの、風邪の時の食べ物ってよくわからないんですけど……」トン

男「いや、その」

雪女「フレンチトーストと雪見だいふく、どっち食べます?」

男「」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:13:14.23 ID:1m19X7Qx0
雪女「冷蔵庫には何も入ってなかったので、近くのスーパーで買ったんです」

男「す、すみません……」

雪女「いえ、泊めてもらったお礼というか」

男「……いえ、ボクの方こそ何もしていないのに……」

雪女「ところで、どっちにします?」

男「あ…じゃあ、雪見だいふくで……」

雪女「///」クネクネ

男「な、なんですか!?」

雪女「はっ! な、なんでもないです…どうぞ」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:15:12.37 ID:1m19X7Qx0
モグモグ…

男「……ごちそうさまです」

雪女「え?1つでいいんですか?」

男「食欲あまりなくて…ごめんなさい」

雪女「……何かあったんですか?」

男「え?」

雪女「寝ているとき、少し……泣いていました」

男「ボクが…ですか?」

雪女「はい」

男「……なんでもないんです」

雪女「……」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:18:11.86 ID:1m19X7Qx0
男「これからどこかに向かわれるんですか?」

雪女「え? は、はい。無事に夜が明かせたので……」

男「……お気をつけてくださいね。気を遣わせてすみませんでした」

雪女「う……はい」

男「……ゴホ」

雪女「……」

男「玄関まで見送ります」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:19:28.40 ID:1m19X7Qx0
玄関

男「では、その……さよなら」にこ

雪女「あ……」

男「……」

雪女「……さよなら。お大事にして……ください」

バタン

雪女「……」トボトボ

男「」……ぺたん

男「グス……ごほっ」

男「……うぅ……ぐす」ぎゅう




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:24:43.29 ID:1m19X7Qx0
雪女「……わたし、何しに里に来たんだろう……」

雪女「……精力吸うどころじゃなかったな…なんで看病なんか……」

雪女「……」

雪女(……不思議な人だったなぁ)

……しゅん…

雪女「……山に帰ろう……」

サクサク……



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:26:52.40 ID:1m19X7Qx0




男「ゴホっ」

男「……昼寝から覚めたらもう夜ですか、そうですか……」

男「……いや、時間なんてどうでもいか」ゲホゲホ

男(そうだ、もう何も。どうでもいいや……)

男(……)

男(しかし不、思議な女の人だったなぁ……いきなり来て、看病って……)

男「ゲホ」

男「…………うぅ」

男「……クソぉ……」グス

男「…………ぉ」ぎゅう

男「…………」

ピンポーン

男「!」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:30:08.06 ID:1m19X7Qx0
ガチャ……

雪女「あ……」

男「……」ぐし

雪女「…ごめんなさい……」

男「……」

雪女「……」しゅん

男「……あの……雪も降ってますし、どうぞ」

雪女「……ごめんなさい……」

男「……ゲホ……」スタスタ

雪女「……」ス…

バタン




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:33:14.11 ID:1m19X7Qx0
男「…」

雪女「……」

雪女「ご、ごはん……」

男「え?」

雪女「ごはん食べましたか?」

男「いや、食べて……ないです……」

雪女「食べなくちゃ、治らないです……」

男「……」

雪女「食べなくちゃ治らないです!」

男「」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:34:34.89 ID:1m19X7Qx0
雪女「なんで泣いてるんですか?」

男「……」

雪女「何か言ってください!」

男「………なんで……俺にかまうんですか?」

雪女「あなたを見てると不安になるんです。今にも消えてしまいそうな、そんな雰囲気なんです、あなた」

男「……ゲホ」

雪女「放っておけるわけがないです……お願いです、なんで泣いていたんですか?」

男「……一身上の都合で……」

雪女「……」

男「……」

雪女「………ふふ」クス

男「……」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:37:23.30 ID:1m19X7Qx0
雪女「やっとひとつだけ、答えてくれましたね」

男「……」

雪女「あ……気分を害しましたか?」

男「……ぅ」

雪女「え?」

男「い、いや……」

雪女「それで、その。ごはん……」

男「……食欲がないのは本当なんです」

雪女「でも、それでも食べないと……」

男「……」

雪女「……」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:38:08.17 ID:1m19X7Qx0
雪女「お願い、食べて……?おかゆでもなんでも、好きなものをつくりますから」

男「なんで……そこまで」

雪女「放っておけないからです」

男「……」

雪女「……」

男「………あの」

雪女「はい」

男「あの、おかゆが……食べたいです……」

雪女「……はい」ニコ



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:42:37.54 ID:1m19X7Qx0
男「……ごちそうさまでした」

雪女「もういいんですか?」

男「はい…本当にこれ以上は」

雪女「……もしかして、しばらく食事をとってませんでした?」

男「……」

雪女「冷蔵庫には何もないし、その体調ですし…。何日くらい食べてないんですか?」

男「……6、7日くらいです。たいしたことは……」

雪女「そんなに食べていないんですか!?今は冬です、熱源になるものを摂らないと本当に危ないんですよ!」

男「……はい」

雪女「……決めました」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:44:21.39 ID:1m19X7Qx0
男「何をですか……?」

雪女「あなたの体調が良くなって、モリモリ食べるようになるまで、ここに泊めてもらいます!」

男「……」

雪女「いいですね」

男「……ん!?」

雪女「……」

男「あ、いや……その。意味が、ちょっと」

雪女「不束者ですがよろしくお願いします」

男「ッ」

雪女「」にこ




 
42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:49:15.00 ID:1m19X7Qx0




雪女「できました」スッ

男「……ありがとう」

雪女「熱くはないと思いますが、気を付けて…」

男「…」ぱく……ゴク

雪女「……」

男「…おいしいです。そんなに見つめなくても大丈夫ですよ」ゲホ

雪女「……」にこっ


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 02:52:50.73 ID:1m19X7Qx0
男「……ごちそうさまでした」

雪女「もういいんですか?」

男「はい…本当にこれ以上は」

雪女「……もしかして、しばらく食事をとってませんでした?」

男「……」

雪女「冷蔵庫には何もないし、その体調ですし…。何日くらい食べてないんですか?」

男「……6、7日くらいです。たいしたことは……」

雪女「そんなに食べていないんですか!?今は冬です、熱源になるものを摂らないと本当に危ないんですよ!」

男「……はい」

雪女「……決めました」




 
50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 03:04:11.83 ID:1m19X7Qx0
男「何をですか……?」

雪女「あなたの体調が良くなって、モリモリ食べるようになるまで、ここに泊めてもらいます!」

男「……」

雪女「いいですね」

男「……ん!?」

雪女「……」

男「あ、いや……その。意味が、ちょっと」

雪女「不束者ですがよろしくお願いします」

男「ッ」

雪女「」にこ


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 03:04:32.38 ID:1m19X7Qx0
ジャー…ガシャガシャ

男「あの、本…ゲホッ。本気ですか……?」

雪女「寝ていなさい。直す気あるんですか」

男「ボクが食べたものだし、洗い物くらい…」

雪女「…」じぃっ

男「うっ…」

雪女「フゥッ」

ヒュオオオオオォォォォ……

男「ウっ!?きゅ、急に冷気が…」ゾゾゾゾゾゾ

雪女「ほら、そんなに震えているじゃないですか。布団に入っていてください」

男「……く、す、すみません……」ガタガタ

雪女「大丈夫ですよ。あ、洗い物が終わったらタオル持っていきますから…収納はどこですか?」

男「……あっちの部屋のクローゼットです…」

雪女「わかりました」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 03:04:57.65 ID:1m19X7Qx0
モゾモゾ

男「うう…寒い……」

男「……」

男(本当に何者なんだろう…あの人)

男(……)

男「……グスッ」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 03:06:40.96 ID:1m19X7Qx0
雪女「洗い物終わりましたよ」

男「ありがとうございます」ゴロ

雪女「では、服を脱いでください」

男「……何を……ずび」

雪女「何をって…体を拭くんです。その体調ではお風呂も入れないでしょうし」

ギュウ…ポタポタ

雪女「お湯を絞っただけのタオルですが、我慢してくださいね」

男「あの、さすがにそれはまずいんじゃ……ッ」

雪女「はーい、脱いでくださいね」

男「ま……まっ……!」

雪女「ふっ!!!」ぐい

男「ちょっ……アッーーーーー!!!」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 03:12:10.41 ID:1m19X7Qx0
ゴシゴシ

男(……パンツの中だけは守れた…)

雪女「さっぱりできました?」

男(でも……それ以外全部見られた……女の人に……)メソメソ

雪女「あ! つ、冷たかったですか!?」

雪女(無意識に冷やしちゃった!?)

男「い、いえ。すごくさっぱりしました。ありがとうございます。気持ちよかった」

雪女「……///」

男「……あの……?」ゴホ


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 03:15:12.25 ID:1m19X7Qx0
雪女「あ、な、なんでも!そ、そういえばシャワー借りても…」

男「いいですよ。タオルは自由に使ってください」

雪女「ありがとうございます。ちゃんと寝てるんですよ」スクッ

スタスタ…パタン

男「…はー」ゴロ…

男「………」

男「………」

男「………シャワー!!?」がばっ



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 03:18:31.91 ID:1m19X7Qx0
シャアアアア……

男「うっ……急に動くと頭痛がする……」ぱた

男「……はーっ……」

男(しかしなんなんだろうあの人……)

男(深夜にいきなり現れて、泊めろって…しかも看病って)

男(いきなり宿泊の許可するあたり、俺も相当まいってるのかな……)

男(でも、おもしろい人だな……。優しいというか、少しズレてるというか)

男(今のぼくには、ありがたいんだろうか…)

男「………ふふ」

男(……あ……?)

男(……今、笑った…?…ボクが?)

男(……久しぶりに、笑った気がする……)


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 03:23:03.54 ID:1m19X7Qx0
シャアアアア……

雪女「ふう……温かい……湯というのはやはりいいわ」

ゴシゴシ…

雪女「…座って体を洗えるものが欲しいわね……椅子みたいな……」

雪女「あっ! そうだ」

雪女「ふっ」カキーン

雪女「……これに座れば………」ぺた…ヒンヤリッ

雪女「つ、つべたい!無理よこんなの!」

雪女「氷は平気だけど、温かい風呂でこれに座るのは嫌だわ。……お湯で融かそう」

雪女「……結局立ち洗いね…」ゴシゴシ…

雪女「……」

雪女(……お湯で胸が融けたり……しないわよね?私の体、氷じゃないし…)ドキドキ



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 03:27:41.29 ID:1m19X7Qx0
雪女「ふぅ…いい湯でした…」トテトテ

ガチャ

雪女「……あら?」

男「すぅ……」

雪女「よかった、泣いてない……」

雪女「……」ぺた

雪女(額のタオル…もう温いわね)

雪女「ふー…」

ヒンヤリ

雪女(これで良し。ドライヤー借りますね。起こすと悪いから、向こうで乾かそう)トテトテ


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 03:32:26.02 ID:1m19X7Qx0
雪女(よし、寝る準備完了)

雪女(電気を消して…)パチ

モゾモゾ

男「すぅ…」

雪女(まだ私には背中を向けたままか…元気になったら、こっちを向いてくれるといいのだけど)(

雪女(とりあえず今日は…おやす…ん?)

ピカピカ

雪女(メール…誰かしら)パカ

雪女(……えーと……3件も)

雪女(ゆきめちゃん!それにつららちゃん、レイラちゃん。……元気にしてるかしら…)

雪女(メールは明日の楽しみにして……もう寝よう)パタ

雪女(おやすみなさい……えっと…)

雪女(………あれ?な、名前聞いてない!?)



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 03:35:36.84 ID:1m19X7Qx0
男「……」むくり

雪女「すぅすぅ…」

男「……泣かなかった……気がする……慣れたのかな……。………いや……」

雪女「すぅすぅ…」

男「……」じー…

雪女「ん……すぅ…」

男「……」

さら……

雪女「! ふぁ!?」キョロキョロ

男「うわ!?」

雪女「え? …え?」

男「……あ、あの…おはようございます」

雪女「……? ………おはようございます……」ペコ


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 03:37:40.43 ID:1m19X7Qx0
男「……」

雪女「……」

男「……」コツ

雪女「……?どうしたんですか?おでこなんか当ててきて……」

男「え?あっ いえ!すみません……」

雪女「……?」

男(ついクセで…やってしまった……)アセアセ


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 03:40:56.54 ID:1m19X7Qx0
雪女「…そういえば、名前…」ぽけー

男「え?」

雪女「名前、あなたの……聞いて、ないです……」

男「あ。そういえば…。ボクは、男といいます」

雪女「男さん……」ゆらゆら

男「キミ…いや、あなたは?」

雪女「わたしは…。私は…」はっ

男「わたしは?」

雪女「その…えっと、ユキ、っていいます」

男「ユキさん」

雪女「はい」

男「……」フイ

雪女「どうしました?」

男「…照れます」

雪女「……えへへ///」




 
73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 03:48:42.42 ID:1m19X7Qx0
雪女「顔色、よくなりましたね」

男「はい。寝ている間もタオルを取り換えてもらったおかげです」

雪女「起きてたんですか?」

男「なんとなく、そんな気がしたんです」

雪女「そうですか…」

男「それと…その言葉づかい、やめていいですよ」

雪女「えっ?」

男「少し話難いでしょう。普段はそういう言葉づかいではないんじゃ?」

雪女「なぜ…」

男「人に接するアルバイトをしていたので。耳障りでそう思ったんです」

雪女「でも」

男「……大丈夫ですよ。もちろん、そのままでもいいです」

雪女「…はい。じゃあ、そのうち…。あなたも、男さんも。敬語じゃなくていいので」

男「……うん。ありがとう」にこ




 
75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 03:52:12.37 ID:1m19X7Qx0
男「風邪は良くなったみたいだから…今日は何かしますか?」

雪女「無理はしちゃだめ…」

男「本当に、大丈夫」

雪女「……じゃあ、買い物に行きたい…。その、服が全然無いから…」

男「わかりました」


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 03:53:29.29 ID:1m19X7Qx0
テクテク

雪女「大丈夫?」

男「ええ、なんとも。で、どんな服を買うんですか?」

雪女「上着を数枚と、あの…」

男「?」

雪女「下着を買おうかなって、思ってて…」

男「………」

雪女「……」

男「……///」

雪女「あっ! ち、違うの! 変な意味じゃなくて…無いから買おうとしてるの!」

男「ない…!?」もわもわ

雪女「い、今はつけてるもん!い、いや…ああもう!」

男「………」ぱたり




 
79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 04:00:48.54 ID:1m19X7Qx0
雪女「だ、大丈夫?」

男「んー…ティッシュありがとう…」ずぽっ

雪女「あ、上を向いちゃだめよ…血が溜まるから」

男「へー…そうなんですか」

雪女(興奮で鼻血出す人、本当にいるのね…)

男「じゃあ、このまま行きましょうか」ス

雪女「へ」

男「下着屋さん。ティッシュありならついていけます。血液量が心配だけど」

雪女「鼻抑えながら行くの!?」

雪女(本当に大丈夫かしら…?)




 
81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 04:03:15.24 ID:1m19X7Qx0
雪女「……というわけで、上下セットで下着が何枚か欲しいんですが…」

店員「ではサイズを…」

男「…ッ外で待ってます!」

雪女「あ…色とか聞こうと思ったのに…」ぷくー

店員「うふふ」





店員「お客様のサイズは……ですね」

雪女(前より少しだけ成長したかな…?)

店員「こちらのコーナーがお薦めで、色は…で、こちらが…」

雪女(2着も買えばいいかしら…。あ、この薄い青のかわいい…)



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 04:13:15.12 ID:1m19X7Qx0
店員「ありがとうございましたー」ニッコリ

雪女(3着も買ってしまった…)

雪女「男くん大丈夫かな。どこだろ…?」キョロキョロ

男「…」ぽけー

雪女「あっ いたいた!ごめんね男くん、お待たせ…」タタタッ

男「…」ぽけー

雪女「男くん、どうし…」

男「…」ぽけー

雪女「……何か…見てる?」キョロ

雪女(…あれ?)


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 04:15:00.70 ID:1m19X7Qx0
男児「あはははー!」

女児「まってーおにーちゃん!」トテトテ

男児「はやくいこう!おいてくよ!妹!」

女児「まってー!」トテトテ

男児「…しょうがないなー」ぎゅ

女児「わあ」

男児「いこっ」

女児「うん!」テテテ…


雪女(…………)


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 04:20:32.85 ID:1m19X7Qx0
男「……ごめんな……妹…」グス

雪女「……」

男「………」ぺたん

雪女「……男くん」とんとん

男「え?あ…」

雪女「待たせてごめんね」

男「いや…今終わったところですか?」

雪女「……うん」

男「次の買い物、行きましょうか」スクッ

雪女「ううん。……帰ろう?」

男「え?いや、でも。服も買いたいんじゃ…」

雪女「帰ろう?」ぎゅ…

男「……わかりました」にこ


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 04:31:47.39 ID:1m19X7Qx0
男「まだ降りますね…雪」

雪女「そうね…」

サクサク

男「…今日は何食べます?」

雪女「あら、作ってくれるの?」

男「一緒につくります…」

雪女「うふふ」




 
93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 04:33:42.30 ID:1m19X7Qx0
雪女「ただいま」

男「おかえりなさい。とはいっても、一緒の帰宅ですけど」

雪女「ふふ」

男「なんですか?」

雪女「なんでもないわ」

男「…?」

雪女「さて、ご飯にしましょうか。男くんは寝てて…まだ治りかけよ」

男「いえ、あまり食べられない分…せめて調理は一緒に」

雪女「…お願いだから。無理は、してほしくないの」

男「……わかりました」

ガチャ…バタン


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 04:38:43.17 ID:1m19X7Qx0




男「ごちそうさまでした。美味しかった」

雪女「…相変わらず食が細いのね…」

男「うん…ごめんなさい…」

雪女「いえ、いいの。ところで、今日はお風呂は入れる?」

男「頭痛もないので、大丈夫です」

雪女「そう、良かった。先に入ってくれる?」

男「いえ、ユキさんが先に入ってください。食器はボクが洗います」

雪女「でも…」

男「ボクは、大丈夫だから」

雪女「…ありがとう」


ジャー…ゴシゴシ

男(ありがとうは…ボクが言う言葉だ)




 
96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 04:42:42.47 ID:1m19X7Qx0




雪女「あがったわよ」

男「わかりました。じゃあボクもシャワー浴びます」





シャアアア…キュ…

男「ふぅ、すっきりした…」





ガラッ

男「あがりましたよ、ユキさん」

雪女「くー…くー…」

男「あれ…寝ちゃった…か」


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 04:46:29.52 ID:1m19X7Qx0
男「…髪乾かしてこよう」スタスタ…

バタン

雪女「…」むくり

雪女(意味なく寝たふりしちゃった…)

雪女(………しかし…)パカ

雪女(ゆきめちゃん達からのこのメール…本当かしら)

雪女(人間と一緒に楽しく生活してるって…本当にできるの…?)

雪女(……できるなら、私も……)




 
99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 04:50:18.92 ID:1m19X7Qx0
ガチャ…

男「あれ?」

雪女「あ…」

男「起こしちゃいました?」

雪女「ううん…自分で起きたの」

男「そうですか。でも、今日はもう晩いです。眠りましょう」

雪女「うん…」

男「布団にもぐってください。電気消しますよ」

雪女「…」モゾモゾ

パチ

男「さて、寝ますか……」モゾモゾ

雪女「……」


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 04:53:42.56 ID:1m19X7Qx0
雪女「……相変わらず背中を向けるのね」

男「ボクも男ですから」

雪女「……」

ぎゅう

男「……なんですか?」

雪女「後ろから抱きついてるの」

男「それはわかりますけど…」

雪女「……」

男「……」




 
102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 04:59:43.84 ID:1m19X7Qx0
雪女「……こっち、向いて…?」

男「……」

雪女「お願いだから…こっち、向いて」

男「……。……………」ゴロ

雪女「男くん…今どんな顔してるの?暗くて見えない……」

男「……自分でもわかりません」

雪女「……」

男「……」

雪女「あなたが……」

男「…はい?」

雪女「あなたが泣いていた理由……消えてしまいそうに見えた理由…それは…妹さんの…」

男「……………はい。そうです」




 
106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 05:21:12.63 ID:1m19X7Qx0
雪女「……」

男「……わからないもんですよね。人の、………生き死には……」

雪女「……手…つないでほしい……」

男「……」きゅ

雪女「……続けて?」




 
108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 05:27:43.45 ID:1m19X7Qx0
男「…家族はそんなに仲が良くありませんでした」

男「引っ込みがちで、友達もあんまり友達もいない」

男「はっきり言って、情けないような生き方してきたボクです」

男「でも、妹は。あいつはボクを、いつもお兄ちゃんって、呼んでくれてました」

雪女「うん」

男「本当に小さいころから、いつも一緒にいました」

男「一緒に遊んで、テレビを観て、本を読んで、ご飯を食べて、昼寝して…」

男「一緒に笑って、泣いて、喧嘩して、仲直りして、そして笑って…」

男「いつも一緒だよって、言ってくれてました。落ち込んだら、こんなボクを、励ましてくれました」

雪女「うん…」


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 05:36:12.55 ID:1m19X7Qx0
男「本当に、いい子でした……自慢の妹でした」

雪女「……うんっ……」

男「……グス……」

雪女「……」なでなで

男「ボクなんかの、人生に……色をっ、つけて…くれてたんです」

男「ひぐ…あいつが……いたから……。ボクは………」

雪女「…………うん」

男「………ご…め…………んぅぅ…」ぎゅうっ

雪女「………大丈夫」

男「ごめ…ん…よ…うぅ…!ごめん……!」ひっく

雪女「…大丈夫だからね……」



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 05:40:44.63 ID:1m19X7Qx0
男「……ふっ…う……」

雪女「……大丈夫だからね……」

男「……」きゅ…







雪女「………落ち着いた?」

男「はい…すみません」

雪女「ううん、いいの。男くんは、妹さんが大好きだったんだね」

男「……はい」

雪女「そしてきっとね、妹さんも、お兄さんが大好きだったんだね」

男「……」にこ




 
115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 05:48:53.91 ID:1m19X7Qx0
雪女「初めて会ったとき、男くんがああいう状態だった理由がわかったわ…」

男「…お恥ずかしいです……」

雪女「恥ずかしくなんかないわ。でもね、男くんがきちんと生活できないのは、妹さんは望まないと思う…」

男「…そうですね」

雪女「だから、その…自分のこと大事にして、ご飯も食べてね」

男「はい…」


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 05:52:29.39 ID:1m19X7Qx0
男「ボクからも、質問したいんですが…」

雪女「……」

男「ユキさんは……何者なんですか?」

雪女「…!……わ、わたしは…」

男「……」

雪女「……ふー…。 …答える前に、お願いがあるの……」

男「はい?」

雪女「…あのね………」









 
118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 05:56:45.90 ID:1m19X7Qx0
男「…苦しくないですか?」

雪女「うん、大丈夫。あったかい……」きゅう

男「ボクの胸のあたりに顔が…。あの、足、ベッドから出てません?」

雪女「私、小柄だから…大丈夫」

男「それならいいんですけど…」

雪女「私が話す間、背中に手……回しててね…」きゅ

男「はい。大丈夫ですよですよ」ぎゅ




 
120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 06:03:23.09 ID:1m19X7Qx0
雪女「私ね…雪女なの」

男「…!?」

雪女「世間一般で言う妖怪よ」

男「妖怪…?」

雪女「うん…人に似ているけど、人ではないの…」

男「……」

雪女「信じられないかもしれないけど…」

男「…」

雪女「本当は、若い男の精を吸い取るために…山から里に下りて来たの…」

男「……」きゅう


121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 06:14:50.58 ID:1m19X7Qx0
雪女「でも、男くん、あんな対応するんだもん」クス

男「…ボクだけ出ていこうとしましたね」

雪女「うん。ふふ、びっくりしちゃったわ」

男「それはどうも……」

雪女「精を吸い取るつもりだったけど、対応におどろいたのと、体調が悪そうなので、あきらめたの」

男「そうだったんですか…」

雪女「…私ね、男くんの部屋を訪ねられてよかったなって思うの」

男「…」

雪女「不思議な人だけど、優しいなあって。」

男「…」

雪女「最初から惹かれてたのかしら…今思うと、一目惚れかもね…」

男「え、あの…」

雪女「最後まで……聞いて。お願い、ぎゅって、してて…」

男「……うん」



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 06:18:32.54 ID:1m19X7Qx0
雪女「一度山に戻ったんだけどね、どうしてもあなたの様子が気になって」

雪女「それで、戻ってきたの」

男「……ユキさんが来てくれて、この3日間、ボクはうれしかった」

雪女「ありがとう…」

男「…お礼を言うのは、ボクの方です」

雪女「それでね………私、山に帰ろうと思うの」

男「……どうしてです?」

雪女「私はやっぱり、妖怪だから…。帰らなきゃって、思ったの…」

男「……」




 
126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 06:29:31.24 ID:1m19X7Qx0
男「…なんとなく、わかってました」

雪女「え?」

男「なんていうのか…ユキさんが、ボクとはちょっと違う存在だってこと」

雪女「なんで…」

男「額に当てるタオルを取り換えたときに、少し意識があって、それで」

雪女「…そう…だったんだ…」

男「はい……」

雪女「……そっかぁ…じゃあ、あのこと…言いにくくなっちゃったわね…」

男「あのこと?」




 
128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 06:37:09.79 ID:1m19X7Qx0
雪女「あ、あのね…」

男「…はい」

雪女「ひ、ひとつだけ…いわせてほしいの…言わせてください」

男「…どうぞ」

雪女「妹さんのことは…つらいと思う…」

雪女「しばらくは食欲も出ないし、時間はかかると思うけど…」

男「…うん」

雪女「でも、それまで…わ、わたしも…支えるから…」ゴニョ…

男「……」

雪女「うう…だ、だから…それまで私を、こ、ここに…置いてくれますか……?」

男「……ッ」

雪女「わたし、男くんのことが…好きです……!」

雪女「山に帰るって言ったけど…男くんのそばにいたいです!もっとたくさん男くんを知りたいです!」

雪女「お願い、します…!」




 
130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 06:37:38.62 ID:1m19X7Qx0
男「…上、向いてください」

雪女「……」フル…

男「……」サワ……

雪女「……え……?」

ちゅ…


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 06:38:13.61 ID:1m19X7Qx0
ぎゅう…

男「ボクも、ユキさんのこと、好きです」

雪女「……あ」

男「きちんと話してくれて、ありがとう」

男「話してる途中、震えてた。でも、勇気を出して言ってくれたんですよね」

男「だからボクも勇気を出します。ボクのそばにいてくれませんか?ユキさんのこと、教えてください…」

雪女「…い、いいのぉ…?グス…わたし、世間知らずよぉ……」ひっく

男「いいんです」

雪女「妖怪…だよぅ…ひっく…化け物って…」

男「ユキさんはただの女の子です。不思議な力を持ってる、優しい女の子です」

雪女「……山…寂しかったよぉ……」ぐす

男「これからは一緒です」ぎゅう

雪女「ひっく…うっ…あ、ありがとぉ…」ぎゅう


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 06:42:05.78 ID:1m19X7Qx0
きょーおーからー♪いーちーばーん♪かーあーこーいいーのだー♪

男「ん?携帯か…」

雪女「グス…ごめ、ん…私、の…」

男「出ていいよ」

雪女「出たく、ないぃ…」

男「いや、なんとなく…出たほうがいい気がするんだ…」

雪女「…? わ、わか、ったぁ…」グス



雪女「もしもし…」

ゆきめ『おめでとう!』




 
135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 06:54:14.69 ID:1m19X7Qx0
男(電気つけるか…)パチ

雪女「ゆきめ、ちゃん? なんで…」グス…

ゆきめ『雪女特有の【結びの波動】を感知したから…ピンと来たのよ!』

雪女「あ、ありがとぉ…」

男「…だれ?」ボソボソ

雪女「雪女仲間の、友達…」

ゆきめ「ところでユキちゃん!」

雪女「え?」

ゆきめ『……………、……………』ゴニョゴニョ

雪女「/////////」ぼっ

男「ゆ、ユキさん!?どうした?」

雪女「あわわわ…///」ふらふら

ゆきめ『あっ鵺野先生?え?代われ?ユキちゃん、ちょっとそっちも男の子に代わってくれるかしら』

雪女「代われって…///」スッ

男「ボクに…?」


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 06:58:55.08 ID:1m19X7Qx0
男「もしもし…」

ゆきめ『あ、ちょっと待ってね!はい先生…』

鵺野『ん? …おお、キミが…。なるほど、これは…』

男「あの、何か…」

鵺野『いや、私は人間だが、実は奥さんは雪女なのだ』

男「え!?」

鵺野『そこでキミにアドバイスがしたくてね…』

男「は、はい。何でしょうか……」

鵺野「……、………!……………wwwww」

男「はい……え……………えええええ!?////////」

鵺野『まあ、そういうことだ。とにかくおめでとう。がんばれよ』ブツッ

ツー…ツー…ツー…


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 07:04:58.20 ID:1m19X7Qx0
雪女「あ、あら?いつの間にか電気が…」

男「さっきボクが点けたんだけど…」

雪女「…明るいところで見ると…は、恥ずかしい…」

男「う…電気、消す…?ボクはもう少し、ユキさんを見たいんだけど…」

雪女「うん…私も男くんの顔、もう少し見たい…」

男「…」じー…

雪女「……」スッ

ちゅっ

男「!?」

雪女「ふふ。今度は私から…///」


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 07:11:07.06 ID:1m19X7Qx0
パチッ

男「今度こそ眠ろうか」

雪女「ええ。体調も完全に治さなくちゃ」

男「じゃあ、今日はもう寝よう」モゾ

雪女「…ぎゅーってしててね」

男「うん、わかった」ぎゅう…

雪女「明日も一緒ね」

男「よろしくね、ユキさん」

雪女「うん。あのね」

男「ボクも」

「「だいすきだよ」」






「「おやすみ」」」


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 07:13:35.17 ID:1m19X7Qx0
雪女「ところで、電話でなんて言われたの…?」

男「いや、あの…ユキさんは?」

雪女「…」

男「…」

ゆきめ『ユキちゃん、あのね。実は雪女は、本当に愛し合った男相手なら、精は抜いても命は抜かないのよ!』

雪女(実際一度も経験ないから、そんなこと知らなかったわよ…でも、良かった/////)

鵺野『雪女は興奮すると、相手を凍てつかせることがあるから。肌を重ねる前に風呂沸かせよwwwww』

男(そんなのまだまだ先だけど…雪女のユキさんとの付き合い方、勉強になりました……。…///////)


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 07:17:23.58 ID:1m19X7Qx0
男(妹、今までありがとうな。絶対、忘れないよ。ボク、この人のことを守っていくから…)

男(成長して見せるから、見守っててな…)

男(…おやすみ)



??(うん、わたしはもう大丈夫だよ。だからお兄ちゃん、がんばって)

??(その人と一緒に、幸せになるんだよ!)

??(……ありがとう、お兄ちゃん)


   *  *  *

  *   *
*   *  *    *
      *
 *   *   *
   *      *  
       *
お し ま い




 
146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 07:26:35.88 ID:1m19X7Qx0
お付き合いありがとうございました

今日の天気予報は吹雪です
夜には雪女を探しに出かけようと思います
それでは



 
148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 07:33:27.78 ID:/W8oik6v0
おつ


149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 07:34:30.91 ID:W/QGuqkB0
乙です


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 07:45:59.39 ID:icBupVkoO
久々のクソスレつまんね


151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 07:50:44.75 ID:JiQnxkpiO



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 08:05:32.44 ID:IMsWtoxv0
後日談はないのか




 
154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/01/24(火) 08:11:42.28 ID:KP7pl6H4O
おつ


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 08:21:14.12 ID:TnOqR4O+0
ほのぼのしてて良かった



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 08:24:07.24 ID:Yt20wkRN0
パンツ凍った


158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 08:30:55.70 ID:Sg3k5QNe0
おつ


159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 09:10:38.91 ID:HrfNHMNA0



160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/24(火) 09:34:33.73 ID:9drIbPlLO



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
[ 2012/02/10 22:15 ] 人外系,生き物系SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/273-98d0e51c

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ