FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「はぁ……バレンタイデーかぁ」

男「はぁ……バレンタイデーかぁ」


男「はぁ……バレンタイデーかぁ」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 19:29:24.89 ID:L0F8QJoC0
―――学校
ザワザワ

女子A「明日バレンタインデーじゃーん!友チョコ準備したー?」

女子B「とっくに準備は終わってるよ。それよりどの男の子にあげるか決めたー?」

女子C「勿論よっ。張り切って明日渡すわっ」

女子D「Cは好きな奴いんのかよ。俺は弱っちい奴嫌いだからパス」

女子A「私も準備なんて忘れてたしwww」

女子B「そっかー」



男「ブツブツ……」

転校生「おい、またあいつブツブツいってるぜ?あいつ絶対チョコもらったことないよなwww」

同級生A「おいおい転校生、お前知らないのかよ?あいつ……」

転校生「なんだよwww童貞だってか?そんなの見れば分かるよwww」

同級生A「いや……なんでもない」

転校生「そうかそうかwwww」




元スレ
男「はぁ……バレンタイデーかぁ」




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 19:34:07.66 ID:L0F8QJoC0
―――バレンタインデー当日

女「男くん!はいこれチョコレート!がんばって作ったから食べてねっ!」ニコニコ

幼馴染「あー!抜け駆け禁止だって!……っと男、はいチョコ。今年はトリュフにしてみたよ」

ガヤガヤ

転校生「おいおい……嘘だろ?なんであいつが……」

同級生A「だからな、あいつは凄くもてるんだ。クラスでブツブツ言ってるのはこれ以上女の子に好かれたくないかららしい」

転校生「クソッ!」ダッタッタッタ


男「ほらほらおさないでー!」

キャーキャー

―――昼休み

後輩「あのっ、先輩!これ」

男「あぁ、後輩ちゃん。ありがとね」ナデナデ

後輩「はわぁ……」





4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/02/08(水) 19:36:12.61 ID:BwqzzeH70
俺「クソッ!」ダッタッタッタ


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 19:37:30.20 ID:L0F8QJoC0
先輩「男!ちょっといいか?」

男「先輩じゃないですか?どうしたんですか」

先輩「いいから……ちょっとこっちきて…くれ」

男「わかりました」

テクテク

先輩「……ふぅ、ここならいいだろう」

先輩「男、これを」

男「チョコですか、ありがとうございます、先輩」ニコ

先輩「あぅ……でも、男のことだからそんなに嬉しくないんだろ……?」

男「そんなことないですよ?去年もチョコもらえて今年ももらえるなんてとても嬉しいです」ニコ

先輩「そうか……嬉しいな!」ニコ




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 19:41:33.62 ID:L0F8QJoC0
―――保健室

保険医「あらー男ちゃん、どうしたの?もしかしてチョコの食べすぎとかぁ?」

男「はは、そのとおりですよ……」

保険医「もうっ、気をつけなさいよ?ただでさえ人の何倍ももらってるんだから」

男「いえいえ、みんながんばって作ってくれてるので気にならないですよ」

保険医「あぁー本当に良い子ねー。もう先生からもチョコあげちゃう!」スッ

男「ありがとうございます」ニコ

保険医「ちなみに義理だからねー?先生夫がいるから」

男「そんな心配しなくてもいいですよ」

ハハハハハ


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 19:43:55.89 ID:L0F8QJoC0
―――放課後

委員長「あれ……男さん?」

男「委員長じゃないですか。仕事ですか?」

委員長「うん。もうすぐ卒業式もあるし仕事が多くなってね……」

男「でしたら手伝いますよ」

委員長「いやっ……別に…」

男「気にしないでくださいって。好きでやるだけですから」

委員長「……ありがと」






8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 19:46:59.20 ID:L0F8QJoC0
委員長「ふぅ……これくらいかな」

男「お疲れ様です」

委員長「……あのさ」

男「ん?なんですか」

委員長「疲れたときには甘いものがいいっていうじゃない?」

男「はい」

委員長「だからさ……」ガサゴソ

委員長「これ、チョコレート」

男「えっと……いいんですか?僕になんて」

委員長「そんな謙遜しないでよ。」

委員長「……本当は朝あげたかったけど」ボソッ

男「ん?何か言いましたか?」

委員長「いや!なんでもないよ、早くたべてっ!」

男「ありがとうございます」ニコ




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 19:50:05.36 ID:L0F8QJoC0
男「モグモグ……ゴキュ」

男「美味しいなぁ……」

委員長「本当ですかっ?」

男「はい、それに暖かいです」

委員長「よかったぁ……」グゥー

委員長「あっ、やっ、ごめんなさい。……うぅ」

男「あの、委員長?もしよかったらこれ一緒に食べませんか?」

委員長「いやっ、いいの!それは男さんにあげたのだから全部食べてよ」

男「つまり今は僕の物だから好きにしてもいいってことだよね?」ニコニコ

委員長「あぅ……」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 19:56:08.78 ID:Prl00cIq0
理想だな…





ブワッ



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 19:57:10.72 ID:L0F8QJoC0
―――帰り道

委員長「あの……男さん。本当にありがとうございました」ペコリ

男「礼を言うのはこっちのほうだから。ありがとね?チョコ」

男「できたらまた何か作ってほしかったり……っいやなんでもないよ」

委員長「ううん。そういう風にいってもらえるの初めてだから……今度作ってみるよ」

男「ありがと、委員長。それじゃ俺ここだから」

委員長「はい。お休みなさい、男さん」




委員長「ふわぁ……男さんに喜んでもらえたっ!やる気でてきたぞー!」ダッタッタッタ




13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 19:58:58.97 ID:L0F8QJoC0
ガチャ

男「ただいまー」

妹「あっ!兄さん、お帰りぃ~!」

ギュッ

男「ほらほら、突進してくるなって。危ないだろ?」ナデナデ

妹「きゅうぅ……気持ちいいよぉ……」

男「もういいか?着替えてくるから待っててな」ナデナデ

妹「分かったー!」






14 名前:家と学校では口調違うということで[]投稿日:2012/02/08(水) 20:01:51.85 ID:L0F8QJoC0
姉「ん……?男きてたのか」

男「あぁ、ただいま。姉さん」

姉「ん、おかえり……っ」

ダッタッタッタ

男「急いでどうしたんだ……もしかして嫌われてる?」

男「……とりあえず着替えよう」





15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 20:03:35.17 ID:7QRAlH6hO
ホワイトデーが大変そうだなwwwwww








ブワッ




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 20:07:56.42 ID:L0F8QJoC0
男「んー……チョコまだ5.6個のこってるな。明日帰ってきてから食べよう」

男「……」ヌギヌギ

男「……」

男「よし、下いくか」

スタスタ

男「姉さん、今日の夕飯何?」

姉「……ん、豚カツかな」スッ スタスタ

男「え、なんで逃げるの……」

妹「兄さんー!ギューってして」

男「……はいはい」ギュ

妹「ふわぁ……」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/02/08(水) 20:18:46.75 ID:2gWuYWRP0
ははっ、男の気持ちわかるよ!





はぁ…



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 20:23:50.82 ID:L0F8QJoC0
姉「出来たぞ、早く座れ」

男「はい」

妹「んー」

ストン

男・姉・妹「「「いただきます」」」

男「モグモグ……あまっ!」

姉「えっ?なんで……砂糖と塩胡椒間違ったかかな……」モグモグ

姉「普通……」チラッ

妹「んーおいしいよー?兄さんどうしたの?」

男「いや、ちょっとさっきチョコ食べたから……」

姉「……ッ」ビクッ

妹「あー、そういえば今日バレンタインデーだもんねー」

妹「兄さんどれくらいもらったの?」

男「あぁ、多分二十数個かな」

妹「多分って何なのー?もらった相手に失礼だよー!」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 20:28:58.18 ID:L0F8QJoC0
男「ごめんごめん!」

妹「私に謝ってどうするのー!……あっそういえば姉さん昨日の夜チョコ作ってたよね!?誰かに上げたの?」

姉「えっ!……いやっ」アセアセ

男「あぁそうか……姉さんもついに好きな人が出来たんだね……」シンミリ

姉「違っ……」

妹「相手どんなひとー?大学の人だよねー?」

姉「ッ……ちょっとまってて」タッタッタ

ガサガサ

タッタッタ

姉「ちょっと男、これ……」スッ

男「これって……」

姉「チョコ、だけど」

妹「あー、姉さんは兄さんにあげるために作ってたんだー。私も作ればよかったなぁ」ニヤニヤ

姉「うるさいっ!」

男「……ありがと、姉さん」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 20:32:42.37 ID:L0F8QJoC0
姉「食べたら、どうだったか教えてくれ」

男「うん」

妹「それにしても兄さん、今年もホワイトデー大変だねー!」

男「ははっ、そんなことないよ。女の子たちだって大変だろ」

妹「兄さんやっさしー!」

男「……っとそれよりご飯の続き」

姉「うん」スッ




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 20:36:46.64 ID:L0F8QJoC0
―――就寝前

男「そういえば……生まれてこの方家族からチョコもらったことなかったなぁ……」

男「そう思えば……思わなくても姉さんからもらったチョコは凄く嬉しいなぁ……」

男「ひとつ食べてみよ」パクッ

男「美味しい……」モグモグ

男「やっぱもう一個食べよ」

…………………

…………

……

男「やべっ、大事に食べようと思ったら全部食べちまってた……」

男「でも美味かったなぁ……また作ってもらおう」




27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 20:39:22.60 ID:OwUf53V70
おいおい俺の私生活盗撮してんじゃねーよ


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 20:40:40.76 ID:6Vd/XR3L0
>>27
バレンタイン当日でもないのに現実逃避とかやめろよ……


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 20:42:05.09 ID:L0F8QJoC0
―――朝

幼馴染「おっはよー!男ー!」

男「おはよう、幼馴染」

幼馴染「それで私の作ったチョコ食べてくれた?」

男「うん、ラム酒って結構重要なんだね」

幼馴染「おっ、わかったー?やっぱ男は舌が肥えてるねー!」

男「ははっ、そんなことはないって」

スタスタスタ

お嬢様「あら、男様。おはようございます」ニコ

男「ああ、おはよう。昨日居なかったみたいだけど風邪だった?」

お嬢様「はい……張り切りすぎたのが駄目だったのでしょうか……」

男「張り切るって?」

お嬢様「それは男様のためにチョコを作ったのですが……あっ!今日渡そうと思って忘れてしまいました!」

男「なんか申し訳ないです……気にしませんよ?」

お嬢様「ありがとうございます」ペコリ




 
31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 20:45:36.76 ID:L0F8QJoC0
お嬢様「それでは先にいっておりますね。幼馴染さんもお気をつけて」

幼馴染「じゃあねー!」

男「……それじゃいこうか」

幼馴染「うん」

―――教室

幼馴染「おっはよー!」

クラスメート一同「おはよう」

ガヤガヤ


男「……」スタスタ ガタッ


転校生「チッ……ちょっとあいつと話してくる」ズカズカ

同級生「おいっ……」

転校生「おい男!お前どういうつもりだ!」

<エッ?ナニナニー!?

男「えっ……?」




 
35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 20:49:53.37 ID:L0F8QJoC0
転校生「お前!何でいつも暗いんだよ!」

男「えっと……そういうつもりじゃ……」

転校生「何だ?自分がモテてるからって……」

男「そんなつもりじゃ……」

転校生「っせーんだよ!!なんでお前みたいな根暗がモテるんだよ!!」

男「……」

同級生「おいっ、やめろよ転校生。こいつだってそういうつもりじゃないんだから……」

転校生「お前はだまってろ」バキィ

同級生「っ…てぇ……」

転校生「おい男、お前ちょっと俺について来い」

男「はい」


>>3
>男「ほらほらおさないでー!」

これ無しでお願いします

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 20:54:29.46 ID:L0F8QJoC0
転校生「……ここでいいな、男ちょっと聞いてくれ」

男「はい……?」

転校生「お願いだっ!モテる秘訣を教えてくれ!!」ドゲザァ

男「えっ……?」

転校生「すまない!昨日お前が女子からたくさんチョコもらってるところみて……それで嫉んじまった……」

転校生「俺もっ……お前みたいになりたいんだ!今まで悪口いったことも謝る!」

男「土下座なんていいから……まず立ってほしい」

転校生「……すまない」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 21:01:07.61 ID:L0F8QJoC0
転校生「それで……都合がいいことはわかってる。でもどうしてお前はそんなにモテるんだ?」

男「自分に慢心している訳じゃないけど……特に何もしてないよ」

転校生「モテてるってことは否定しないんだ……」

男「いやっ、そういうつもりじゃ……」

転校生「ん、別にいい。でも何もしてなかったらあんな風にはならないだろ?俺がこの学校に来る前に何かしたのか?」

男「特にしてないけど……あっ、しいて言うなら去年交通事故にあいそうな人を3人くらい助けたくらい……」

転校生「すげーじゃねぇか!っていうかお前イケメンだしな……」

男「そんなことないって!転校生君も格好いいよ!」

転校生「お前に言われると悲しくなる……」

男「ごめん……それより転校生君、もしよかったら僕と友達になってくれない?」

転校生「別にいいけど……俺なんかでいいのか?」

男「うん、だって僕が素で話せる人なんてあまりいないから」

転校生「いわれてみればいつも敬語かブツブツいってることしかなかったしな……」






40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/02/08(水) 21:01:16.27 ID:Debx+9B00
教室で人殴ったらもうモテナイだろ


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 21:04:16.08 ID:L0F8QJoC0
男「ひどいな……でもよろしく男友」

男友「おお、よろしくな男!」

スタスタスタ

ガラララ

男友「すまねー!さっきは迷惑かけたわ」ペコリ

男友「同級生も殴ったりしてごめんな」

同級生「いいっていいって。……それにしても男と仲良くなったみたいだけど……」

男友「ああ!こいつと友達になった」

同級生「はっ!?本当か?男」

男「うん、俺からいった」

同級生「すげーな男友。男が自分から友達になりたいなんていうなんて……」

男友「俺ってすげーんだなwww」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 21:11:13.84 ID:L0F8QJoC0
女子B「男友君ってさっきも殴ったりしてすごく怖い人だと思ったけど案外いい人そうだね」

女子A「うん、見直したよー!」

ガヤガヤ

男「男友、皆さっきのことは気にしてないみたいだしよかったね」

男友「あぁ……同級生、ごめんな」

同級生「どうってことないさ」

スタスタスタ

委員長「男さん、おはようございます」

男「ああ、おはよう。昨日はありがとございます」

委員長「それはっ……」テレテレ

男友「まさか委員長、男にチョコでもあげたのか?……って委員長が男子を好きになるなんてないかーwww」

委員長「それは……」

男「いや、もらいましたよ」

委員長「あぅ……いわないでよ」

男友「」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 21:16:18.21 ID:L0F8QJoC0
―――昼休み

男「それじゃお昼ご飯食べましょうか……幼なじm」

男友「おーい!男、一緒に食べようぜ!」

男「えっと……」

男友「まさかお前いつも便所飯だったりしたのか?いつも教室いなかったけどよ」

幼馴染「男ー!ご飯食べよー……って」

男友「あぁ、幼馴染さん。こんちは」

幼馴染「うん。……男が他の人といるなんて珍しいね。それに男友君なんて」

男「ああ、それは……」

男友「あれ、まさか男っていつも幼馴染さんと昼飯食べてんの?」

幼馴染「うん、そうだよー!」

男友「」






48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 21:21:03.30 ID:L0F8QJoC0
幼馴染「それよりなんで男が男友君といるの?」

男「それは友達になったからだけど」

幼馴染「えー?本当なの!?」

男友「はい、朝なりました。それにしても幼馴染さん気づきませんでした?朝あったこと……」

幼馴染「ああー、朝は生徒会あったから教室着てからいなかったんだよねー」

男友「そうだったんですか……っと、男は幼馴染さんと食べるでしょうから俺はいきます……」

幼馴染「いいよいいよー!一緒に食べよう?いいよね男!」

男「うん」

男友「ありがとう……ありがとう……」ウルウル


後輩「男さーん、いますか?」

男「あぁ、後輩ちゃん。お昼?」

後輩「はい、できたら一緒にと……」

男「別にいいよー、ね?二人共」

幼馴染「うん」

男友「あ……あぁ」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 21:26:56.06 ID:L0F8QJoC0
男「いただきます」パカ

男友「おぉ……お前の弁当うまそーだな!食ってもいい?」

男「うん、好きにとっていいよ」

男友「サンキュー!んじゃこれとこれ」ヒョイヒョイ

男友「モグモグ……ゴクッ……うんめー!」

男友「誰がつくってんの?母さん?」

男「いや、弁当作ってくれてるのは姉さんだよ。父さんと母さんは……」

男友「あっ、わりぃ……」

幼馴染「ちょっと男!からかっちゃ駄目でしょ!」ビシッ

男「いたっ!……ごめんごめん、父さんと母さんは海外に出張してるよ」

男友「そうなのかぁ……」

後輩「私も先輩の家にいったことありますけど凄く綺麗なお姉さんと可愛い妹さんがいましたよ」

男友「なん……だと……」




53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 21:34:17.95 ID:L0F8QJoC0
男友「それにしても幼馴染さんも後輩ちゃんもどうして男といるんですか?」

幼馴染「んー、私は昔から一緒に居たからねー。もう一心同体って感じだし!」

後輩「私は、よそ見していたとき車に轢かれそうになったんですけど……助けてもらいましたので……」

男友「幼馴染だったの!?……助けたのって後輩ちゃんだったのか……なるほど」

男「別に大したものじゃないって」

男友「大したものだろ……」




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 21:36:35.97 ID:L0F8QJoC0
後輩「それでは先輩達、失礼します」

男「それじゃ」

男友「じゃあねー」

幼馴染「また後でねー!」フリフリ

タッタッタッタ

幼馴染「それじゃ私いくから。じゃあね!」

タッタッタッタ

男友「……やっぱりお前もてるんだなぁ」

男「そうかなぁ……」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 21:41:34.17 ID:L0F8QJoC0
男友「なぁ男……」

男「ん、何?」

男友「お前って好きな人いんのか?」

男「俺っ?……えっと」

男友「どうせお前のことだからより取り見取りなんだろーな」

男「俺は……っ」

男友「どうした?なんか悪いこといっちまったか?」

男「いや、ごめん……少し聞いてくれるか?」

男友「あぁ……」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 21:49:15.02 ID:L0F8QJoC0
男「俺には幼馴染が二人いたんだ」

男友「ってーと、幼馴染ともう一人か?」

男「あぁ、名前は許婚っていうんだけどな」

男友「でもそんな名前の子この学校には……」

男「あぁ……死んだよ」

男友「なっ。……すまない」

男「気にするな……」

男「僕の親と彼女の親、どちらも仲がよかったよ。もちろん幼馴染もだけどね」

男「親達は金の目的とかは無しに僕らを結婚させようとしていたんだ」

男「なぜなら俺と許婚は恋仲だったから……」

男「小さいとき、結婚の約束をしたんだ。許婚が本妻で幼馴染が側室とか最低なこと言ってたな」

男「まぁ……それが関係してるかはわからないけど、ずっとずっと一緒に居て……」

男「そして中学生になったとき付き合いだしたんだ」




60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 21:55:07.74 ID:L0F8QJoC0
男「中学生になったことで行動範囲が広がっていろんなところにいった」

男「キスだってした」

男「親達もよく思っていたんだろう。家族公認だったしね」

男「……話は変わるけど許婚と幼馴染からは毎年チョコレートをもらっていたんだ」

男友「あぁ」

男「どちらも毎年ハートのチョコレートだったよ」ハハハ

男「二人でどっちのチョコレートが美味しいか聞いてきてさ。許婚のほうが美味しいっていうと幼馴染が悔しがったり……」

男「とても楽しかったよ」

男「でも……僕らが中3のときにある事件が起こったんだ」

男『女子中学生強姦・殺人事件』

男友「は……?」

男「ああ、たぶん察したとおりだ。許婚が被害者だ」

男「……」





61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:00:32.18 ID:L0F8QJoC0
>>60
最後は男友です

男「もちろん犯人は捕まったよ。僕達のことを馬鹿にしながら……ね」グッ

男「……その日は2月13日だったんだ、バレンタインデーの前日」

男友「……」

男「許婚は張り切っていたみたいだよ、幼馴染から聞いた話だとね」

男「僕が私立受験に失敗したから……がんばってもらいたいから……元気をつけてもらうために」

男「前日ということもあって材料は近所のスーパーじゃ売ってなかったんだ」

男「だから許婚は隣町のショッピングモールまで足を運んだんだ」

男「……その帰り道だったみたいだ。彼女は襲われた」






62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:04:21.05 ID:L0F8QJoC0
男「そこであったことは口には出さないけど……」

男「彼はこういってたらしいよ」

『この出血をチョコにいれてみたら?』

男「ははっ、馬鹿らしいだろ?彼女はとても腹が立ったんだろうね」

男「そこで無理に抵抗したから……彼女は殺された」

男「僕が受験に失敗しなかったら……なんて思ったりもしたよ」

男「幼馴染も相当ショックで受験前まで学校にはこなかったよ」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:05:36.65 ID:L0F8QJoC0
>>62
>男「そこで無理に抵抗したから……彼女は殺された」

この下に
男友「っ……」






64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:11:44.62 ID:L0F8QJoC0
男「それで塞ぎ込んでしまってね」

男「姉や妹にも心配されたよ。勿論両親にもね」

男「受験には一応言ったよ。それでも変わらなかった。だけど……」

男友「……?」

男「ちょうど四十九日がたった日かな、彼女の声が聞こえたんだ」

許婚『大丈夫。大丈夫だから。あなたはそんなことで挫けちゃ駄目』

男友「!」

男「勿論周りには幻聴だって言われたけど……そのときの僕……いや今でもかな」

男「あれは幻聴なんかじゃないって思ってるんだ」

男友「あぁ……」

男「……そのおかげで高校にもいけるようになったし今の生活だってある」

男「幼馴染もあんなに明るくなったんだ」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:19:27.81 ID:L0F8QJoC0
男「おっと……別に話は変わってなかったかな」

男「許婚の両親はとてもやさしかったよ。自分達の大事な愛娘が亡くなったって言うのに笑顔なんだ」

男「『君は心配しなくていいから。気にしないで』って」

男友「すげぇ……人たちだな」

男「あぁ……そう思うよ」

男「……それで、去年は人の死にとても敏感になってね」

男「誰も死なせたくない、って……」

男友「それで車から助けたんだな……」

男「うん。多分、薄情だけど前の僕だったらそんなことできるわけなかったよ」

男友「多分……俺もできねぇ」

男「でも、許婚を守ることが出来なかったから……少しでも人の役に立てると思って…さ」

男友「あぁ」

男「男友がこの学校に来たのがとてもイレギュラーでね」

男「悟られないようにああやって暗くなってたんだ……悪かった」ペコリ

男友「いや、謝らなくていいよ。1月にくるなんてそりゃあまりいないもんな」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:21:36.63 ID:L0F8QJoC0
男友「それにしても……ありがとな。俺になんて話してくれて」

男「あぁ、俺からもありがとう。話を聞いてくれて」ニコ

男友「……でさ、今聞くのわりーと思うけどやっぱりブツブツいってたのって……」

男「いっ、いや気にしないでよ。ただの役ってことで!」

男友「ああ、わかったよ」

男「それじゃ、5時間目始まるしいこうか」

男友「ああ」

スタスタスタ


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:24:38.69 ID:L0F8QJoC0
―――放課後

男友「あの、幼馴染さん」

幼馴染「んー?なに、男友君」

男友「あの……男のことなんですけど……」

幼馴染「うん?ちょっとまっててね」

……………

………



男友「あの……聞きました、許婚さんのこと」

幼馴染「っ……そう」

男友「一つ気になることがあるんです」

幼馴染「何……?」

男友「男のやつ、バレンタインデーの前日、いや一週間くらい前からかな。ブツブツいってたんですけど……」

幼馴染「あぁ」

男友「やっぱりあれって……」


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:28:30.82 ID:L0F8QJoC0
幼馴染「そう。……私もだけど、男今でも許婚のこと忘れられないの」

男友「やっぱり……」

幼馴染「自分が許婚を助けることが出来なかった。だからチョコなんてもらいたくもないって」

男友「……」

幼馴染「でも……男さ、許婚に言われたんだよね」

男友「?」

幼馴染「『女の子を悲しませるな』ってね」

男友「はい……」

幼馴染「多分男本人も嬉しいと思うけどやっぱり許婚との約束があるから笑顔でチョコもらってるんだろうね」

幼馴染「男友君確かいってたよね?どうして男がモテるかって」

男友「はい……」

幼馴染「やっぱりそれは悲しませるなっていう約束があるからそのとおりに動いた結果だと思うよ」




70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:30:19.75 ID:L0F8QJoC0
幼馴染「男友君も本当に好きな人ができたら守ってあげてね?」

男友「……はい」

幼馴染「それじゃ、私帰るから……」

男友「はい」

スタッタッタッタ

ダンッ

男友「……クソッ!俺はなんて奴なんだ……」




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:34:57.69 ID:L0F8QJoC0
―――Epilogue

―――結婚式場

男友「皆っ……今日は着てくれて本当にありがとう……っ」ウルウル

<ワーワー

男友「俺が今日同級生とこの場に立ててること、とても嬉しく思う……」

同級生「……」

男友「こうなれたこと……それは学生時代、男と出会ったからだと思う……」

男友「もう会えないけど……本当に……本当にありがとう……」




72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/02/08(水) 22:35:52.80 ID:2gWuYWRP0
後追いでもしたんですか


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:37:56.87 ID:L0F8QJoC0
―――とある家庭で

幼馴染「ちょっとー!男子!落書きしないの!」

男子「いいじゃん!いいじゃん!」

幼馴染「……もう!」

夫「はは、いいじゃないか。無邪気で」

幼馴染「無邪気すぎるのも駄目なの!」

夫「厳しいな」ハハハ


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:41:20.37 ID:L0F8QJoC0
―――花屋

委員長「こんにちは!どんなお花をご希望ですか?」

イケメン「えっと……彼女にプロポーズしたいんですけど……」

委員長「ああ、それでしたら……」タッタッタ

委員長「これなどどうですか?アイリスっていうお花なんですけど……あなたを大事にしますっていう花言葉があるんです!」

イケメン「そうなんですかー!ありがとうございます!これにします!」

<ナンエンニナリマス

委員長「がんばってくださいね!」グッ

イケメン「はい!」タッタッタッタ

委員長「……ふぅ」



 
76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:44:01.13 ID:L0F8QJoC0
―――とある国

後輩「ふぅー!とても素敵な景色ですねー!」

先輩「ふっ、そうだろ?私も来るのは初めてだが……」

後輩「本当ありがとうございますね?先輩!」

先輩「気にするなって」

後輩「傷心旅行なんてよく考えましたねー!」

先輩「そうだろう!」

後輩「ほめてませんよー」

ハハハ


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:44:59.49 ID:L0F8QJoC0
―――とある学校

保険医「ふぅ……バレンタインデーねぇ……」

保険医「夫にチョコ作ろうかしら……」

保険医「男君……」


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:48:06.80 ID:L0F8QJoC0
―――フランス料理店

姉「……いかがでしょうか?」

客「うん!これ最高に美味しいよ!君名前は?」

姉「姉……と申します」

客「姉……ね!覚えておくよ!」

姉「ありがとうございます!」


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:50:02.78 ID:L0F8QJoC0
―――大学

妹「ふわぁー!就職活動めんどー!」

妹友「がんばりなって!私はもう内定もらっちゃったけどねー!」

妹「あー!いいなぁ……」

妹友「まっ、がんばりなー」

妹「あー!……うぅ……」


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:51:34.84 ID:L0F8QJoC0
―――???

ザッザッザ

男「……」

男「……やっぱり、駄目か……」

『あれ……?嘘……』

男「!?」クルッ

許婚?「……男?男なの……?」

男「あ……あ……」




81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:56:49.46 ID:L0F8QJoC0
男「よかった……よかった……」ウルウル

許婚?「どうして……?なんで私……」

男「許婚っ!」ギュッ

許婚?「ふわっ。……あったかい」ギュッ

男「会えた……会えたんだ……っ」ギュー

許婚「痛いよぉ……」

男「あっ、ごめん!」

許婚「……どうしてなの?なんで私……っもしかして!男もう……」

男「そんなわけないじゃないか、僕は君の言葉を忘れないから……」

許婚「じゃあなんで……?」

男「イザナギの話やオルフェウスの話を知ってる?」

許婚「えと……妻を助けに冥界にいく話だっけ……?」

男「そう。少し違うけどそんな非現実的なことがおきたんだよ……」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:58:04.59 ID:L0F8QJoC0
―――またまたその後

許婚「明日はバレンタインデーだね」

男「えっ?明日だっけ?」

許婚「そうよ、何忘れてるのよ」ニコ

男はぁ……バレンタインデーかぁ」

The End


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/02/08(水) 22:59:12.41 ID:2gWuYWRP0
最後終わらせにきたか


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 22:59:14.38 ID:L0F8QJoC0
以上で終わりです!
またまた稚拙な文で申し訳ないです!
最初にあったことを伏線にしようと思ったんですけど変になってしまいました
終わりを最後までどうしようか考えてたんであるあるネタで終わってしまって申し訳ありません

それでは



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 23:00:22.12 ID:L0F8QJoC0
本当に最後ですけど
>>82で男がため息をついているのは
今まで許婚が男にチョコを上げれなかった分毎年超特大チョコを作って食べさせるからです

それと今気づきましたけど最後の最後「がたりませんでした
申し訳ない



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/02/08(水) 23:00:29.74 ID:OaMCqWev0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
[ 2012/02/08 23:11 ] 男「」or女「」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/231-23d9f64c

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ