FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「……クチートたん」3/3


男「……クチートたん」


男「……クチートたん」



530 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 17:49:38.85 ID:1Rog+mu60
男「風のうわさで聞いたんだけど、どうやらフキヨセシティのジムがレジャースポットらしい!」

ク「レジャー?」

ハ「あ、それボクもきいたことありマス」
ハ「なんでもそろをとべるとかなんとか…」

ロ「いいな!ロコンとびたい!」

ラ「私はそのままで飛べますよー!」

サ「誰でも飛べるんですか?」

ハ「そうみたいデスよ?くわしくはわからないデスけど」

男「なにはともあれ出発だ!」

ム「おっけーい」ゴロ

男「フリーズ!ゆっくりとそのサイコロを地面において両手を上げるんだ!」


538 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 18:12:05.19 ID:1Rog+mu60
男「間一髪でマージの暴挙を止めた俺らはひたすら歩いてフキヨセシティジムまできたのであった」

エ「フーンはジムはじめてきたゾ」

チ「あ、わたしもはじめてかも」

サ「私たちはライモン以来でしたっけ?」

ム「ジムなんてめんどーだよー」

男「まぁまぁ、今回は挑戦しに来たわけじゃないし」

ラ「あーソレ知ってます!冷やかしっていうんですよね!」

男「なっ!人聞きの悪い!」

ロ「ひやかし?」


元スレ
男「……クチートたん」




542 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 18:28:57.89 ID:1Rog+mu60
ク「ねぇ男、これかな?」

男「…え、人間大砲なの!?」

サ「これはちょっと… 危ないですね」

ロ「ロコンとびたいなー!」

男「まずは俺が安全確認してくるから皆はここで待ってて!」

ム「せいぜいきをつけてねー」

ラ「危なかったら私がキャッチしますよー!」

男「よし!」カシャン ウィィーン
男「うお!」ドォン!
男「うわあああああああ!!!!!! 」

男「」
男「…」
男「おもしれええええええ!!!!!!1」


585 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 20:05:42.16 ID:1Rog+mu60
男「みんなー大丈夫そうだし面白いからやってみなよー!」

ロ「じゃあロコンもやります!」ドォン!
ロ「きゃーすごーい!」

男「オーライオーライ」キャッチ

ロ「えへへ、おにいちゃんナイスキャッチ」

エ「じゃあつぎはフーンがいくゾ」

男「よしこい!」

エ「どきどき」ドォン!

男「それ」キャッチ

エ「おー!おもしろいナ!」

男「でしょでしょ?」


589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 20:11:48.99 ID:1Rog+mu60
サ「わ、私もやりたいです!」

男「おっけー!サーナさんもばっちり受け止めるから安心してね」

サ「は、はい!///」ドォン!

男「おーきたな!……見えた!」ドシャ

サ「ご主人さま!?」

ロ「おにいちゃんサーナイトさんにのっかられてる!」

エ「よそみしてるからだゾ!ちゃんとキャッチしないとダメだゾ!」



591 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 20:21:33.06 ID:1Rog+mu60
男「」

エ「だいじょぶカー?」

ロ「おにいちゃんへいき?」

サ「ご主人さま… 見たかったら言ってください!」

男「いや、それじゃダメなんだよ!」

エ「おっ!ふっかつしたナ」

男「偶然の産物として見えるからこそ価値があるというか」

サ「はぁ…」

男「決してサーナさんに見せてもらっても嬉しくないとかそういうことじゃないよ!!」

ハ「つぎはボクがいきマスよー?」

男「うれしいよ!すごく嬉しいけど、やっぱり高ければ高い壁のほうが登ったとき気持ちいいもんな!」

ハ「…」ドコーン

男「おぶ」

ハ「男さん、へいきデスか?」

ロ「ほんじつ2かいめだね!」

621 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/09/10(土) 21:46:44.73 ID:bjy3uKdDO
>>591
>やっぱり高ければ高い壁のほうが登ったとき気持ちいいもんな!

終わりなき旅クソワロタ



 
592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 20:29:03.94 ID:xVC6/lcf0
ムウマージは飛ぶのか?

594 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/09/10(土) 20:30:57.72 ID:pUGrnAjq0
>>592
地面歩いてんの見たことあんのかよ


595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 20:31:20.63 ID:1Rog+mu60
ハ「さすがにこのタイミングのミスチルはとってもおこられるとおもいマス…」

男「全国のミスチルファンのみなさんスイマセンでしたm(_ _)m」

ム「つぎわたしねー」ドォン!

男「おー!きたきた!……え( ゚д゚ )?」

ム「…」スッ

サ「ご主人さまの目の前で急に止まりましたね」

男「えっとぉ…」

ム「わたしふゆうだしーちゃくちとかないしー」

男「なんだ準備して損したじゃないか」

ム「それにしてもいまのかお…プークスクス」

男「めっちゃビックリしたんだからな!」
男「来るもんだと思ってたし!なんか止まってるエスカレーターに乗るときの第一歩みたいなあの感じになったんだからね!」


603 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 20:46:36.95 ID:1Rog+mu60
ラ「私もやるー!」

男「妹ちゃんも元々飛んでるけどやるの?」

ラ「だって面白そう!」

男「まぁいっか」
男「妹ちゃんも受け止めなくていいよね?」

ラ「わかんないです!>< 危なかったらお願いします!><」

男「危ないことなんてないはずだけど…」

ラ「いきますよー!」ドォン!

男「うおー!たかーくあがったなぁ!」

ラ「か・ら・のぉ~」
ラ「勢いをつけてビュイーン!」

男「え?なにこr」ドゴーン


605 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 20:50:48.03 ID:1Rog+mu60
ム「やったか!?」

男「 や ら れ ね ぇ よ ! 」
男「ってかなにこれ攻撃なの!?俺狙われてるのぉ!?」

ラ「たはは☆失敗失敗」

男「たはは☆ じゃねーし!」

ラ「……」
ラ「てへ☆失敗しっp」

男「そこじゃなくてぇ!」
男「なんか違うな?ってとこはそこじゃなくてぇ!」

ラ「……難しいです!」


608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 21:06:25.96 ID:1Rog+mu60
男「残りはチラーミィとクチートたんか」
男「次はどっち?」

チ「わたしはいいですからクチートししょーいってください」

ク「あたしとばなくてもいい」

男「おーいどうしたのー?」
男「あれ?もしかしてチラーミィ怖いの?」

チ「べつにこわくなんかないわよ」
チ「男のとこにいくのがイヤなだけで」

男「そんなこと言ってホントは怖いんでしょwww」
男「なんにも考えずに鳥になればいいんだよ!」
男「鳥だよトリ!チキンだよ!」

チ「チキン…」

男「チキン!チキン!ビーフオアフィッシュ!」

チ「だれにも!チキンなんてよばせない!」ドォン!

610 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 21:16:17.50 ID:1Rog+mu60
男「きたか!」
男「おっけーい」ポス

チ「…なっ!ど、ドコさわってんだ!///」

男「ドコって… しっぽ?」

チ「へんたい!へんたい!はなせー!」ジタバタジタバタ

男「あーはいはい」サッ

チ「ふー!ふー!」グルルルルル

男「しっぽ… 弱いの?」

チ「なっ!/// このHENTAI!レディのおしりさわっといてあんたはぁ!」ゲシゲシ

男「ひぃぃごめんなしあ!」


611 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 21:21:23.18 ID:1Rog+mu60
男「おっし、最後はクチートたんだね」

ク「…」

男「どうしたの?クチートたん?」

ク「…あたしはいいよ」

男「え、でも…」

ク「いいから、やんない」

男「でも楽しいよ!ほら、怖くないから!ちゃんと受け止めるから安心して!」

ク「べつにこわくないもん!」

男「じゃあ問題ないじゃん!」

ク「う、うるさい!」

男「ほらほらクチートたんщ(゚Д゚щ)カモォォォン」


612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 21:24:39.47 ID:1Rog+mu60
ク「ぜったいおとさない?」

男「もちろん!この命にかえてもっ!」

ク「…うーん、じゃあ」ガシャン ウィーン
ク「よいしょ」
ク「ぜったいうけとめてよ!」

男「だいじょぶだいじょぶ!信じて!」

ク「えい!」ドォン!

男「ほいさ」ポスン

ク「……」

男「大丈夫?クチートたん?」

ク「…うん」

男「楽しかった?」

ク「た、たのしかった!」パァァァ

男「!!!・?!!?」



614 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 21:28:47.16 ID:1Rog+mu60
男「うおおおおおおおおお!!!」ドォン!
男「らあああああああああ!!!」ドォン!
男「うひょおおおおおおお!!!」ドォン!

ハ「男さんがすごいいきおいでかべにむかってはっしゃされてマス」

ロ「おにいちゃんおちついて!しんこきゅうしてしんこきゅー!」

男「すぅー」
男「はぁー」ドォン

サ「これはしばらく収まりそうにないですね」

?「ちょ、ちょっとちょっと!なんの騒ぎ?」


618 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 21:39:59.31 ID:1Rog+mu60
ハ「あ、スイマセン… すぐにおさまるとおもいマスので」アセアセ

?「収まる…?」

男「…ふぅ」
男「えっと、なにか?」

?「…あ、えっと、キミは挑戦者なの?」

男「え?いえ、違いますよ?なんでですか?」

?「いや、だって… ここジムですよ…?」

男「はぁ…」

?「バッジを取りに来たんですよね…?」

男「バッジ?いや、バッジはべつにいらn」

ハ「男さん!ココはいちおうちょうせんしゃとしておいたほうがイイとおもいマスよ」ヒソヒソ

男「え、でも…」

エ「ひやかしってバレちゃうゾ」ヒソヒソ

男「た、たしかに!」ヒソヒソ



 
624 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 21:53:22.70 ID:1Rog+mu60
男「やっぱ挑戦者でした!」

?「あ、やっぱりそうだったんだ!(…でした?)」
?「アタシはココのジムリーダーのフウロです」

男「はぁ、これはどうも」

フウロ「大砲の特訓は不十分かもしれないけど、イイかな?」

男「あ、はい!イイっす!(なにがイイのだろうか?)」

フウロ「じゃあね 今度はアタシともっと楽しいことしましょう!」

ジムリーダーの フウロが 勝負を 挑んできた!

フウロ「いって!スワンナ!」

スワンナ「スワーンナ」

男「え、ちょっとちょっと!バトルするの!?」

フウロ「え?しないの?」

男「はい、できれば…」

フウロ「だってあの…」

男「すいません、バトルはちょっと…」



 
632 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 22:13:42.95 ID:1Rog+mu60
フウロ「じゃ、じゃあなにしに…」

男「すいませんっしたー!」ズサー

ラ「あー!ジャンピング土下座だー!」

フウロ「え?なになに!?」

男「じつは大砲で遊ぶためだけに来ましたー!冷やかしでごめんさい!」ペコペコ

フウロ「なんだそんなこと?いいのよ」
フウロ「心行くまで遊んでいってね」

男「え、いいの?」

フウロ「どうぞ」
フウロ「こっちとしても気に入ってもらえてうれしいしね」

男「よっしゃー!そうと決まればこのジムの大砲全制覇すんぞ!」

みんな「おー!」




 
635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 22:27:20.11 ID:1Rog+mu60
男「ふー堪能したね!」

ク「たのしかった!」

ロ「ロコンさいごのすっごくとぶのがちょっとこわかったけどとってもとってもたのしかったの!」ハァハァ

男「ロコンちゃん呼吸呼吸!」

ロ「えへへ、またわすれちゃった」

男「クチートたんをキャッチするときにちょっと間違えるとフライングアイアンヘッドになるのが怖かったです」


636 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 22:32:57.55 ID:1Rog+mu60
フウロ「あれ?もう帰るの?」

男「ええ、もうだいぶ堪能したんで」

フウロ「今度はバトルしてね」
フウロ「みたところアナタのポケモンなかなか強そうだし戦ってみたくて」

男「じゃあ機会があったら… 来世くらいに」

フウロ「ら、来世…」

男「おじゃましましたー」

フウロ「」




 
642 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 22:49:39.70 ID:1Rog+mu60
男「もしかしてイッシュのジムはみんなこんなかんじで楽しいのかな?」

サ「うーん、どうなんでしょう?」

ム「ひまだしいってみようよー」

男「そうだね、暇だし」

エ「ほかのジムはどんなかんじなんダ?」

男「えっと、でんきとひこうは行ったから残りは…」

ハ「ここからちかいところデスとじめんかこおりデスね」

チ「どっちがいいでしょうか」

男「希望ある人?」

ラ「私こおりがいいです!」

男「こおりか!いいけどなんで?」

ラ「もしかしたらかきごおり食べれるかも知れません!」




645 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 23:01:23.43 ID:1Rog+mu60
男「というわけでセッカジムきますた」
男「それにしても… さ、さむい」ガクガクブルブル

ハ「ボクさむいのにがてデス…」ブルブル

男「うーざむいー!こういう時はなにか温かいものを… はっ!?」
男「人肌で温めれば!」
男「おーいクチートたーん!寒いからくっつこー」

ク「あたしそんなにさむくないし」

男「いいからいいからー」ピト

ク「おいかってにくっつくな」

男「ひええええ」
男「クチートたんのおっきいおクチとかのはがねの部分つめてえええええ」ガクブル

ム「アホだなー」


649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 23:12:50.98 ID:1Rog+mu60
ロ「しょうがないなぁ!おにいちゃんはロコンがあっためてあげるね!」ピトッ

男「ほーあったかい…」
男「ありがとねロコンちゃん」

ロ「おにいちゃんがかぜひいちゃうとたいへんだしね」

ハ「あーなんかボクもうダメデス… ねむく…な…て…ぐー」

男「へび子ちゃん!?へび子ちゃん!起きろ!寝たら死ぬぞぉ!!」

サ「どうしましょう!?」

男「ロコンちゃん、クチートたん!俺にかえんほうしゃをしてくれ!」
男「温まった身体でへび子ちゃんをスリスr… 温めてあげれば復活するはずだ!」
男「へび子ちゃんは変温動物だし!」

ロ「え?でもそれだとおにいちゃんが!」

ク「…だいもんじでもいい?」

男「だいもんじ ダメ ぜったい!」



651 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 23:15:30.19 ID:ra6GO7M20
やだ……この娘たち氷対策出来てる……


652 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 23:18:05.23 ID:1Rog+mu60
ラ「お兄様頑張ってください!私も応援してます!」

ラティアスの てだすけ! クチートの技の威力が1.5倍になった!

男「ちょwwwおまwwwww」

ロ「ロコン、なるべくよわくやるからがんばってねおにいちゃん!」

ク「男、ねらいがつかないからじっとしてて」

男「あ、あのクチートたん…?目が本気なんですけど…?」

ム「こっちもじゅんびできてるぞー!」つ おにび

男「おいちょっとまて」



654 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 23:24:31.72 ID:1Rog+mu60
ク「じゃ、いくよー」

クチートの だいもんじ!

男「ひぃ!」スカッ

ク「ちっはずれたか」ジュウゥゥ

男「っぶねー!!てかなんか床の一部溶けてるし!大の形に溶けてるし!」

ロ「おにいちゃんいくよ?」ボォォォオ

男「あちwwwwあちちwww」

エ「なんでふつうにあっためないんダ?」

チ「あいつバカだからですよ」

男「そりゃー!へび子ちゃん起きろー!」ダキッ



656 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 23:35:18.14 ID:1Rog+mu60
ハ「…ぅ」
ハ「…あったかい?」
ハ「うーあったかいデス…」ニュルニュル

男「ちょ、ちょっとへび子ちゃん締まってる締まってる!」タップタップ

チ「かんぜんにかんせつきまってるわ!やっちゃえハクリューさん!」

男「ぐへぇ… ぐるじぃ… けど、しあわせぇ…」

ク「男のいしきがおちかけてる」

エ「おー!ハクリューもやるナ!」

サ「ハクリューさんいいなぁ…」ボソッ




 
662 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/10(土) 23:54:18.56 ID:1Rog+mu60
ハ「んー、ふっかつデス!」ギシギシ

男「」

ハ「ってえ!?男さん!?男さぁーん!?」



男「死ぬかと思った… 2つの意味で」

ム「ねーねーそろそろあれであそぼーよー」

男「あれ?」

ム「うんあれー」

サ「なんでしょうかあれ?」



667 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 00:12:34.90 ID:097wYVqF0
男「滑って行くとあれにあたって進路が変わるとかかな?」

ラ「じゃあ私やってきます!」ツー
ラ「うわぁお!」クルクルクルクル

みんな「おー!」

ラ「すた!」ピタ

みんな「おぉー!」パチパチパチパチ

男「すげー!面白そう!」ツー クルクルクルクル ピタッ

エ「フーンもやりたいゾ!」

ハ「ボクはここでみてマス…」




 
672 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 00:28:01.15 ID:097wYVqF0
男「なんか最初は楽しかったけど飽きてきちゃったぞ」
男「なによりもさむいのがつらい…」ガクガク

ロ「ロコンももうめがまわっちゃって…」フラフラ

ラ「かき氷食べれなかったです…」

サ「よく見るとこの床、正解のルートにラインが出来てますね」

ハ「みんなおなじところとおるからわだちができちゃってるんデスね」

ム「なんというけっかんトラップ」

エ「フーンがフェイクのシルシつけてこんらんさせてやるゾ」



680 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 00:52:23.89 ID:097wYVqF0
男「というわけでホドモエにいこっか」

ハ「たしかじめんタイプのジムデスね」

ム「わたしとんでるからあたんないよー」

ラ「あ、私もあたんないです!」

ロ「ロコンはじめんにがて…」

男「だいじょぶだいじょぶ、戦いに行くわけじゃないし」

チ「またひやかしか」

男「まぁひやかしといえばひやかしだけど…」




 
683 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 01:01:22.97 ID:097wYVqF0
エ「じめんタイプカ、どんなしかけがあるのかナ?」

ク「うーん、あんまりそうぞうできない」

男「あれじゃね?警察官の格好した人がいっぱいいるんじゃね?」

ム「そのこころはー?」

男「G-メンです」ドヤァ

ク「ざぶとんぼっしゅー」

男「えぇー!」

ラ「お兄様!今のどういう意味ですか?ドコが面白かったんですか?」

男「ボケの解説させられるとかなんという拷問…」



 
688 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 01:19:47.52 ID:097wYVqF0
男「ホドモエシティにきたしとりあえずモーモーミルクを買いたしておくか」

ク「もうないの?」

男「なんか最近消費はやくてさぁ」
男「最近加入の誰かがモーモーミルク好きなのかなぁって」チラッ

チ「なっ!わたしじゃないから!」

男「あれ?違うのか?てっきりチラーミィだとばかり思ってたけど」

ム「あーそれわたしかもー」

男「まさかのマージ」

ム「ふろあがりにのむのにハマってさー」

男「お?やっとあの美味しさがわかったか!」
男「もちろん腰に手を当てて一気飲みだよね?」

ム「いや、ふつうにのむけどー」

男「おもむきがないねぇ」




 
726 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 03:26:33.52 ID:/BMOH4NiO
個人的に一番好きなやつ

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/02(土) 14:47:45.29 ID:oE/ECNUu0
男「クチートたんはどうして火が苦手なの?火怖いの?」

男「焚き火にビクビクするクチートたんかわいい!」

ク「たきびくらいへいきだもん」

男「じゃあもうちょっとこっちきなよ」

男「あったかいよー」

ク「さむくないからいい」

男「クチートたん可愛い!」


777 名前:長時間の保守ありがとうございました[]投稿日:2011/09/11(日) 10:10:48.75 ID:097wYVqF0
男「そんなわけでジムにきたわけだけど…」

ク「…ここ、つまんない」

男「とかいいつつ高いところで落ち着かなくてそわそわしてるクチートたん鬼かわゆすwwwww」

ク「してない」
ク「エレベーターばっかでなれないだけ」

ラ「お兄様!下まで見てきたけど途中に壁があって行けなかった!!」

男「かべ?まぁなんにせよもうここはいっか」

サ「次はドコに行きましょうか?」

男「ヒウンシティあたりかな?」

ラ「アイスの街ですね!お兄様、アイス食べたい!」

男「よーしおいちゃん、みんなにアイスおごっちゃうぞー」



779 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 10:11:11.47 ID:097wYVqF0
―――ホドモエの跳ね橋

男「ここって別名リザードン橋って言うらしいね」

エ「あかいからカ?」

男「なんか美しい形からとかなんとか…」

ム「へー」

男「クチートたん橋も作るべきだよね」

ハ「それってどんなはしデスか?」

男「まず材質は無骨なはがねでしょ?でもそのなかにどこかプリティーでキュートでキュアキュアな要素もあってたまに噛み付かれるって感じのやつ」

サ「橋が噛み付くなんて斬新な発想ですね!さすがはご主人さまです♪」

ロ「でもそれってほぼクチートさんみたいなかんじだね」

男「ふむ、たしかに…」
男「つまり俺にはクチートたんが入れば充分ってことか」
男「ってなわけでクチートたん、スリスリしてもいいかなー?」
男「いいともー♪」

ク「ひとりでなにやってんだ」


780 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 10:11:31.38 ID:097wYVqF0
―――ヒウンシティ

チ「ここはひとがいっぱいいるわね」

男「うん、まさに大都会だね」

ク「…うーん」ソワソワ

男「人混みに戸惑ってソワソワしてるクチートたんマジかわええエエエ」

ク「うるさい」

男「その様はまさに、この大都会コンクリートジャングルに舞い降りた天使すなぁ…」
男「クチートたんがてんしのキッスとか覚えたらいいのに」

ク「おぼえてもつかわないから」




 
783 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 10:15:06.07 ID:097wYVqF0
男「はい、アイス買ってきたよ」

みんな「わーい」

男「おいチラーミィ、そんなに一口でいっぱい食べたら…」

チ「…ぱく、ぅん~~~っ!!!」キーン

男「アイスでそんなになるやつ初めて見たわw」

ラ「ぅん~~~っ!!!」キーン

男「あ、もう一人いた」


784 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 10:18:01.06 ID:097wYVqF0
男「ジムに行くか!」

ク「ここってなんのジムなの?」

男「えーっと… なんだっけ?」

ハ「むしタイプみたいデスね」

男「むし… やっぱやめるか…」

エ「えーせっかくきたんだからみたいゾ」

ム「またしょぼかったらすぐかえるけどねー」

チ「ねぇもしかして男ってむしきらいなの?」

男「…だってきもちわるいんだもん!」

チ「ふーん… いいこときいたわ」ニヤリ


785 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 10:22:59.72 ID:097wYVqF0
男「な、なんか… 独特な空間だね…」

ラ「ぺろっ…これはっ?!はちみつ!」

ロ「かべにもいっぱいついてるよ」

男「ひとまずはむしっぽくないのね」ホッ

サ「これ、どうやって先へ進むんでしょうか?」
サ「見たところ壁しかないようですけど…」

ラ「きっとこの蜂蜜全部食べちゃえばいいんです!」ペロペロ

男「いや、でもそれすごい量だよ?」

ハ「男さんココだけなんかほかとびみょうにちがわないデスか?」

男「お?ホントだ!でもちょっと触りたくない…」


786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 10:29:19.12 ID:097wYVqF0
サ「ご主人さまの手を煩わせるわけにはいきません!私に任せて下さい!」

男「あ、でもサーナさんが汚れちゃう」

サ「えいっ!」

エ「おー!ゼリーじょうのかべがへんけいして… ぬけたゾ!」

サ「はぁ… はぁ… ん、大丈夫みたいですよ?ご主人さま」

男「(な、なんか色っぽい!!)」

サ「フフ、ご主人さまったら…///」

ム「とちゅうでおすのやめるとぽにょんってなっておもしろーい!」ポニョン

男「へげう!」ドゴ

ハ「ロープのはんどうをつかったかれいなドロップキックデスね」


787 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 10:35:33.06 ID:097wYVqF0
エ「なんかゆかにスイッチみたいのがあるゾ!」

男「あのスイスの時計ブランドの?」

ム「それスウォッチー」

男「じゃあケーキの土台になってる…」

ム「それスポンジー」

男「食後のおデザ」

ム「スイーツ(笑)」

ク「スイッチおしてみよーっと」ポチッとな



789 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 10:43:08.66 ID:097wYVqF0
?「…」シュン

ク「わっ!」ビクッ

クラウン「このスイッチを踏んだってことは僕と勝負だね!」

ク「…え?」

クラウン「え?」

男「あ、すいません、うち勝負とかそういうのやってないんで…」

クラウン「え、でっも挑戦者…」

男「やってないんで」

クラウン「はい… なんかすいません…」シュン

エ「あ、もどったゾ」

チ「またこのやりとりか」

ラ「あー!こんなところに怪しいスイッチ見つけましたよー!」

男「あ、妹ちゃんちょっとまっt」

ラ「えいっ!><」ポチッとな


791 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 10:47:16.67 ID:097wYVqF0
クラウン「……」

ラ「……」

男「……」

クラウン「こ… ここのヒウンジムはですねぇむしタイプの…」

男「(気まずくなって説明はじめたー!)」

ハ「はは… あ、ありがとうございマス…」
ハ「ちょうどそれをきこうとおよびしたんデスよ…はは…」

クラウン「え、えぇ… では僕はこのへんで…」

ラ「ねーお兄様!あの人なんですかー?><なんであんな所に隠れてたんですかー?><」
ラ「それにあの格好はなんですかー?><クラウンってなんですかー?><」

男「もうやめたげてよぉ!!!」


797 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 11:00:39.17 ID:097wYVqF0
クラウン「」

男「あ、あのすいません!おじゃましましたー!」ダダッ

ク「あっ にげた」

エ「フーンもうちょっとココであそびたかったゾ!」
エ「まだスイッチにはちみつぬってかためるいたずらおわってないゾ!」

サ「ヒウンシティのみなさんごめんなさいっ!」


男「ふぅ… 妹ちゃんのおかげでエライ目にあった…」

ラ「え?私えらいですか?ヤッター!!!お兄様に褒められたー!」ビュンビュン

男「危ないから街の中で音速飛行はやめようねー」


798 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 11:07:28.28 ID:097wYVqF0
男「このあとどうしようか」
男「もうあのジムは出禁みたいになっちゃったけど…」

ロ「ロコンなんだかいろいろあってつかれちゃいました…」

男「たしかに… あ、あんなところにカフェがあるからちょっと寄ってこうか」


799 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 11:07:43.11 ID:097wYVqF0
―――カフェ 憩いの調べ

男「けっこういい雰囲気のとこだね」

ロ「おとなっぽいね!」

男「みんなミルクでいいのかな?」

サ「あ、私はご主人さまと同じコーヒーでお願いします♪」

男「お、さすがサーナさん!おとなの味がわかってるねぇ」

ク「(おとな…) あ、あたしもそれにする!」

男「え?だいじょうぶ?けっこう苦いよ?」

ク「そんなのしってる!にがいのがいいの!」

チ「クチートししょーがのむならわたしもそれがいい!」

ハ「あ、じゃあボクはこうちゃにしてもらえマスか?」

エ「じゃーフーンはおいしいみずがいいナ!」

ム「わたしミルクでー」

ラ「あ、じゃあ私も!」

男「はいはーい、おっけぇー」



801 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 11:16:29.74 ID:097wYVqF0
男「はーいみんなのきたよ」

ハ「はふぅ… いいかおりデス… ボク。ダージリンすきなんデス」ニコッ

男「へび子ちゃん正統派美少女杉ワロスwwww」

ク「こ、これそのままのむのかな…?」

サ「ミルクとお砂糖を入れたほうが飲みやすいですよ?」

ク「う、うん!」ドバドバドバ

サ「あぁ!そんなに!」

チ「うぇーにがいー!」

男「はっはっは!おこちゃまチラーミィにはまだ早かったかなぁ?」ニヤニヤ

チ「う、うるじゃい!」



803 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 11:25:37.67 ID:097wYVqF0
男「エルフちゃんは水でよかったの?」

エ「フーンはみずがいちばんすきだゾ」
エ「フーンはしょくぶつだからナ」

男「そっかー」
男「そのモコモコって冬になるとしぼんだりしないよね?」」

エ「フーンはしょくぶつだけどポケモンだからダイジョブダ!」

男「ほっ よかったー」
男「エルフちゃんのモコモコがなくなったらと思うと心配でね」

エ「お?男はもうフーンのモコモコのとりこになっちゃったのカ?」

男「あははまあねwww」



805 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 11:33:04.74 ID:097wYVqF0
男「今日のIDに097って数字が入ってた!」
男「もしかしたら可愛いポケモンかな?って思って図鑑ひいたらスリーパーだった… 死にたい…」

ロ「あいでぃー?」

ラ「イーディー?」

男「断じてEDではないッ!!」


807 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 11:39:02.79 ID:097wYVqF0
男「ちなみに303番立った人は死にます」
男「俺の嫉妬で」

ク「へんなことできがいくわえんな」ベシ

男「うへへwww」


―――スカイアローブリッジ

男「そんなこんなでなんかながーーーーーーーい橋に来ました」

ム「つかれたー男、あたまかしてー」ポスン

男「また乗っかるのかおまえは!」
男「ってか常に飛んでるんだから疲れないだろうに」

ム「とぶのもつかれるしー」



812 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 11:53:40.53 ID:097wYVqF0
男「はぁ… ふぅ… やっと渡りきったぁ…」

サ「お疲れ様ですご主人さま」

男「やった、やっとぞ!俺はやったんだ!」
男「エイドリアァァアアン!!!!!!」

ク「うるさい」

チ「ここがシッポウシティね」

男「この街ってジムあったんだっけ?」

ハ「はい、あそこのはくぶつかんにへいせつされているらしいデス」

男「なるほど、気づかないわけだ」


817 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 12:07:42.11 ID:097wYVqF0
男「おーなんかいきなりでっかい化石が!」

ハ「あ、あれって!」

男「ん?何か知ってるのへび子ちゃん?」

ハ「んーなんとなくみおぼえがあるなっておもいマシて…」

男「ふーん」

ク「男!いんせきある!いんせき!」

男「隕石?」

ラ「隕石なら私も落とせますよ!ほら見て!」

男「ちょ、ちょっとストーップ!」

ラ「わわ!」



814 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 12:05:52.36 ID:gee9uQwU0
>>1がおすすめのポケモンシリーズはどれだ?

全くポケモンをやった事が無いが

興味が湧いた


819 名前:>>814 SSならクチートたんとお散歩できるからオヌヌメ[]投稿日:2011/09/11(日) 12:18:21.52 ID:097wYVqF0
男「へー奥は図書館になってるんだな」

エ「フーンほんのにおいすきダゾ!どことなくもりのかおりがするからナ!」

ロ「あ、ポケモンえかきうただって!ロコンものってるかなー?」

男「ポケモンの写真集とかないのかな?」

サ「写真集、ですか…?」

男「クチートたん写真集が欲しいなぁ」

ム「ないならつくればいいじゃーん」

男「 そ れ だ ! 」

ク「またよけいなことを…」



821 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 12:26:01.52 ID:097wYVqF0
男「はい、じゃあこれつけて」つ 黒縁メガネ

ク「なにこれ?」

男「図書館で知的なクチートたんを演出してみようかと」

ク「あたしめわるくないからいらない」

男「大丈夫!ファッショングラスだから!」

ク「ふぁっしょ… なに?」

男「いいからいいからーつけてみてよー!」

ク「うるさいな」チャキ

男「……!!!!!!1」

チ「か、(E)!!!!1」

男「」パシャパシャ!!

ロ「すごーい!おにいちゃん、カメラのシャッターをいちびょうかんに16れんしゃしてる!」



824 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 12:45:44.98 ID:097wYVqF0
―――サンヨウシティ

男「いよいよここでジム巡りも最後か」

ム「まだなかったっけー?」

男「え、あった?」

ハ「ココともうひとつはドラゴンのジムがありマスね」

男「ドラゴン…」

ラ「とにかく、ココのはいっちゃいましょう!お兄様!」

男「うぃー」



828 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 12:58:06.26 ID:097wYVqF0
ハ「なんでもこのジムはちょうせんしゃにふりなタイプのポケモンをだしてくるそうデス」

男「毎回手持ちが変わるってこと?」

ハ「うーんどうデスかね?」

男「なんと卑怯な!ここはいっちょこらしめてやりますか」

デント「挑戦者だね?ぼくはジムリーダーのデント、残りの二人はめんどいから省略するよ」
デント「男なんて誰得だしね」

男「よくわかってらっしゃる」



830 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 13:06:48.41 ID:097wYVqF0
デント「きみはどんなポケモンをつかうんだい?」

男「そうやってバトル前に苦手なポケモンを探るってわけか」

デント「ふふ、僕達は駆け出しのトレーナーにタイプ相性の重要さを教える役目があるからね」

男「なるほど」

デント「さぁ!ポケモンを出したまえ!イッツテイスティングターイム!」

男「ていす…なに?」

デント「あ、えっとこれ決め台詞で…その、キャラ付けを…」

男「は、はぁ…」

デント「できればなんかリアクションしてもらいたいんですけど…?」

男「が、ガンバリマス」


831 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 13:11:28.88 ID:097wYVqF0
デント「さぁ!ポケモンを出したまえ!イッツテイスティングターイム!」

ロ「あ、そこからやりなおすんですね!」

男「ちょwwwロコンちゃんwwwだいなしwwww」

デント「……」

ロ「えへへ、ごめんなさい、ロコンまちがっちゃって」テヘヘ

男「もう かーわーいーいー!」
男「そんな風にたはは☆みたいにされたらみんな許しちゃうじゃん!」

ロ「ロコンかわいいですか?わーい♪」

男「よしよし、ロコンちゃんなでなで」

ロ「きゅー」

デント「……あの、そろそろ… テイスティングの方をその…」

男「あぁはいはい!テイスティングね?どうぞ」

デント「コホン、では気を取り直して」


832 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 13:14:35.98 ID:097wYVqF0
デント「さぁ!ポケモンを出したまえ!イッツテイスティングターイム!」

男「イエス!オーケー!ナイステイスティンッ!」

デント「……」

男「……」

デント「……」

男「……」

ク「なにこれ?」

男「え?俺?今の俺がNGだった感じ?」

デント「あの、できればそっちは割と普通な感じで… こっちのキャラが薄まっちゃうとアニメノほうにも影響が…」

男「あ、はい…」


833 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 13:16:21.93 ID:lI5Ul/r60
ロコンたんかわゆす


834 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 13:20:37.85 ID:097wYVqF0
デント「ちょ、ちょっと一旦打ち合わせしときましょうか」

男「えぇそうしましょう」

デント「まずはですね、私があのセリフを言いますんでそのあとアナタはポケモンを出して下さい」
デント「それだけでいいんでお願いします」

男「立ち会いは強くあたって後は流れでって感じですね、了解です」


デント「さぁ!ポケモンを出したまえ!イッツテイスティングターイム!」

男「頼んだ!へび子ちゃん!」

ハ「え?ボクでいいんデスか?」

男「おうよ!たまにはいこうぜ!」

ハ「は、はい… でも、いいんデスかね…?」


837 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 13:31:19.78 ID:097wYVqF0
デント「あ、えと… そのポケモンは…?」

ハ「よろしくおねがいしマス」

男「へび子ちゃんは名前の通りヘビタイプのポケモンだ!」
男「さぁ!勝負だ!」

デント「へびタイプ… そんなタイプは…」
デント「ちょっと待ってググらせて!……ド、ドラゴン!?」
デント「む、無理だ… うちのジムじゃ弱点とれない…」

男「よっしゃー!へび子ちゃん!龍の舞をしながら逆鱗だ!」

デント「あ!ちょ!あばばばばばば」

男「ふぅ… バトルはいつも虚しい…」




 
842 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 13:46:37.41 ID:097wYVqF0
デント「はは!負けたよ!もういいよ!バッジやるからかえってよぉ!」

男「あ、べつにバッジいらないです」

デント「~~~っ!!!」



男「ここからソウリュウシティはちょっと、いやかなり遠いな…」

ム「ちょっとやすんでいこうよー」

男「そうだね、いろいろあって疲れたし」






 
854 名前:保守ありがとでした[]投稿日:2011/09/11(日) 14:34:37.03 ID:097wYVqF0
男「考えてみたらココからソウリュウシティ行くのはどのみち遠いし、妹ちゃんのもアリかなって」

チ「それはいちりあるけどへんなところつれてかれたら男がせきにんとってしになさいよ」

男「俺の命は妹ちゃんにかかってるのか…」

ラ「頑張ります!」

男「今回は命かかってるから目、閉じないでね?」

ラ「えー!でも飛んでる時に目閉じないとドライアイになっちゃうから…」

ク「ラティアスのなかでは、ドライアイ>>>おとこのいのちってことか」

男「。・゚・(ノД`)・゚・。」

ラ「だって目が真っ赤になっちゃうんです!まっかっかです!」


855 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/09/11(日) 14:42:37.52 ID:GXEKC/l+0
妹ちゃんメガネかければいいんじゃね!
メガネっ娘になって一石二鳥



857 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 14:45:26.59 ID:097wYVqF0
>>849
ムウマージですた


ラ「よーし、いきますよ!皆つかまってくださいねー!」

みんな「はーい」

ラ「うりゃあああああ」キィィィン


ラ「ついた!」

男「えっと、ここは…」

エ「はし?みたいダナ」

チ「よしっ!」グッ

男「ちょ!ま、まって!まだ決まってないYO!ソウリュウのすぐそこかもしれないYO!」



861 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 14:59:11.47 ID:097wYVqF0
チ「ソウリュウシティじゃなかったからダメ」

男「からっ!?チラーミィの判定からっ!?」

ク「ここはビレッジブリッジってとこらしいよ」

男「と、いうことは?」

ク「ソウリュウシティのとなりだからセーフ」

チ「ちっ… ししょーがそういうんならこんかいはみのがしてやるわ」

男「クチートたんは命の恩人だね!お礼にいっぱいスリスリしてあげるね!」

ク「やめろ」



864 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 15:15:20.49 ID:097wYVqF0
エ「フーンはここきにいったゾ」

男「うんうんのどかでいいよね」

サ「このビレッジブリッジは200年の歴史があるそうです」

ロ「200ねん!すごーい!」

ラ「お兄様!ビレッジサンドっていうのが名物らしいです!」

男「妹ちゃんは食いしん坊だなぁw」

ラ「食いしん坊じゃないです!私はドラゴンポケモンの中でも小食だと有名なんです!」

男「マジか」



867 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 15:27:53.02 ID:097wYVqF0
ラ「だからビレッジサンド食べましょう!そうしましょう!」

男「あ、うん(だから…?)」
男「あとなんかサイコソーダが合うらしいからコレもセットで買うか」

ラ「わーい!」

ム「…むにゃ、ここドコ?」

男「あれマージ寝てたのか」

ム「んーはしー?」

男「ソウリュウシティの近くの橋に来たんだよ」

ム「ふーん」クンクン
ム「なんかいいにおいするー」

男「ほれ、名物のビレッジサンド」

ム「さんきゅー」モッキュモッキュ

男「こらっ!だから頭の上でものを食べるなっちゅーに」

ム「えー」ポロポロ

男「わーわー!シャワーが!パンくずのシャワーがー!」




 
871 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 15:40:32.70 ID:097wYVqF0
男「そろそろ行こうか」

ロ「はーい」

サ「今回はほぼ狙い通りにラティアスさんが飛んでくれてよかったですね」

男「ホントホント大助かりだよ」ナデナデ

ラ「えへへ♪もっと任せてもらってもいいんですよー?」

男「ケースバイケースってことで…」

ク「ラティアスがめをとじなければいいんでしょ?」

男「お?クチートたん何か策があるの?」

ク「さっきあたしがしてためがねすればいいじゃん」

男「!?」

ラ「!?」


875 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 15:58:37.51 ID:097wYVqF0
男「もしコレが成功したら… 自由に好きなところへとべる!?」

みんな「…ゴクリ」

男「さ、さぁ!妹ちゃん、これを…っ!」

ラ「は、はい!」スチャッ

男「……き」

ム「き?」

ラ「な、なんですかー?」

男「…き、きゃわええええええええええ!!!!!!!111」
男「今ココに!妹×アホの娘×メガネっこの最強生物が誕生した!」

ラ「アホじゃなもん!」






879 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 16:08:49.33 ID:097wYVqF0
男「どうかな?妹ちゃん?」

ラ「はい!やってみます!」

男「ちょっと待って!」
男「今試すのはリスクが大きすぎるから後でやろうあとで」

チ「あいかわらず男はチキンね」

男「誰もチキンなんてよばせない!」
男「じゃなくて、ここは冷静だと言ってほしいね!うん」

ム「ものはいいようってねー」

ロ「クールなおにいちゃんかっこいい!」

男「でしょでしょー!もっと言って」ニヘラ

ロ「クールじゃなくなっちゃった」




 
882 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 16:22:58.58 ID:097wYVqF0
男「ここがソウリュウシティか」

サ「なんだかSFっぽい町並みですね」

エ「男!これすごいゾ!いえのドアがおもしろいゾ!」ウィーン ガシャン

男「えー!なにそれー!たのしそー!」ウィーン ガシャン

ロ「ロコンもやる!」ウィーン ガシャン

ム「ほう…」ウィーン ガシャン

ク「……おー!」ウィーン ガシャン

ハ「じゃ、じゃあボクも」ウィーン ガシャン

町民「あ、あの… ちょっと…」




 
885 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 16:27:27.76 ID:097wYVqF0
チ「へー」ウィーン ガシャン

ラ「いいないいな!」ウィーン ガシャン

町民「ちょ、ちょっと…」

ラ「ん?なんですかー?」

町民「あら、あなたのラティアス…… ものすごくがんばったのね!」

ラ「まだ頑張れます!」ウィーン ガシャン ウィーン ガシャン
ラ「まだまだぁ!」ウィーン ガシャン ウィーン ガシャン ウィーン ガシャン

町民「いえ、そのがんばるじゃ…」
町民「トレーナーさんちょっととめて…」

男「フンフンフン!」ウィーン ガシャン ウィーン ガシャン ウィーン ガシャン

町民「……」

サ「うちのご主人さまがすいません…」


886 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 16:32:44.29 ID:JFVoAhYg0
ブラックそんななのか そしてタソガレオヤジこなかった


890 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 16:44:14.77 ID:097wYVqF0
ロ「あ、あれがジムかな?」

ム「なんかあのたてものだけしゅういからういてねー?」

ハ「いろあいがちょっとおかしいデスね」

男「はいってみよー」



ク「う、たかい…」

チ「だいじょうぶですかししょー?」

ク「うん…」オソルソソル

エ「みちせまいナ」


892 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 16:50:47.31 ID:097wYVqF0
男「入って11歩でエリートトレーナー♂に喧嘩売られた… なにこここわひ」
男「ここの仕掛けも凝ってる感は出てるけどあんまり面白くないなぁ」

ク「じゃあもうもどる?」

男「そうだね、クチートたんが怖がってるしもどるか」

ク「こ、こわがってないし!」
ク「したになにかおちてるかもしれないからしたみてるだけだし!」

男「そっかー」ニヤニヤ

ハ「ボクふしぎなんデスけど、こういうところのジムリーダーさんはふべんさをかんじないんデスかね?」

男「えっ!?へび子ちゃん感じないの!?ふかんsyほげぇ!」

ク「セクハラきんし」


893 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 16:59:50.81 ID:097wYVqF0
男「さて、じゃあさっき話してた実験を決行しようか」

エ「じっけんってなんダ?」

チ「ラティアスさんがメガネをかけてそらをとぶじっけんですね」

男「うまくいってくれるといいけど…」

ラ「余裕ですよー!」

サ「はい、これどうぞ」スッ

ラ「装着!」スチャッ

ハ「きあいじゅうぶんデスね」

ク「からまわりしないといいけど」



896 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 17:09:06.05 ID:097wYVqF0
ラ「よーし!」グッ

男「あ、あれあれ?なんで妹ちゃん目閉じてるの?」

ラ「へ?あ、そっか」

男「気をつけてよーwww」

ラ「今度こそようし!」グッ

男「……ゴクリ」

ラ「行きますよー!」キィィン




 
898 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 17:20:12.35 ID:097wYVqF0
ラ「ダメでした!」

男「えー!」

ラ「メガネ、途中で落としちゃって… ごめんなさい…」シュン

男「あーそれは全然平気だから!」
男「実はまだ他にもいっぱい」ズラッ

ク「なんでそんなにもってんの?」

男「いや、クチートたんに似合うベストなメガネ長年を探しててさぁ」
男「夜な夜な熟睡してるクチートたんに合わせてたら気がついたらこんなことに」

ク「ききずてならない」

男「はっ!!?ついうっかりとしゃべってしまった…」

ク「男ってメガネすきなの?」

男「いや、特には」

ク「…ふーん」




 
901 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 17:36:08.60 ID:097wYVqF0
Prrr....Prrr...

男「おっ?電話かな?」
男「はいもしもし」

西濃運輸「おるかー?」

男「え?あ、はい?」

西濃運輸「よーしおるな!行くわ!」

男「お、きたか!」

西濃運輸「ここやで」トントン

男「ほい」トン


902 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 17:37:33.02 ID:097wYVqF0
ク「つうはん?」

男「うん、ちょっと道具を買ったんだ」

ク「なにかったの?」

男「球根!」

エ「しょくぶつそだてるのカ?フーンがアドバイスしてやるゾ?」

男「いや、これはロコンちゃん用なんだ」

ロ「へ?ロコンに?」

男「うん」

ロ「あ、ありがとおにいちゃん…?」

男「これでロコンちゃんも進化できるね!待てせてごめんね、ずっと気づかなくってさぁwww」

ロ「…?」




905 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 17:41:38.15 ID:097wYVqF0
チ「ちょっといみわかんないんだけど、せつめいしてよ」

男「へ?わかんないのか?きゅうこんじゃん!」

チ「だからそれがなんだっていうのよ?」

男「いいかい?ロコンちゃんの進化系はキュウコン!つまりロコンちゃんに必要なのは球根だったんだよっ!」

チ男ラ「(; ・`д・´)ナ、ナンダッテー !! (`・д´・ (`・д´・ ;)」

ク「…ほんきでいってるの?」

ハ「あの目はほんきみたいデスね」

ロ「え、えっと…」




 
907 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 17:46:05.59 ID:097wYVqF0
男「さぁロコンちゃん!遠慮せずに!」

ロ「えー!ロコンどうすればいいの?」

男「大丈夫!ロコンちゃんならできるよ!」

ラ「自分を信じて!」

ロ「あの… ロコン…」

男「ロコンちゃんファイッ!ファイッ!」

ラ「ファイッ!ファイッ!」

ク「ロコンがこまってるでしょ!」バコッ

男「ひぎぃwwwww」


908 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/09/11(日) 17:49:11.45 ID:RqpNxrx+0
まとめさん

太 字 で 頼 む



909 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 17:49:51.68 ID:097wYVqF0
ロ「おにいちゃん、ロコンこれじゃたぶんしんかしないとおもうんです…」

男「マジで!?」

ロ「マジです」

男「きゅうこんなのに…」

ハ「男さん、ここにきゅうこんのせつめいがありマスよ?」

男「なになに?みずタイプの技を受けると特攻が1段階上がる。消耗品…だと!?」

ム「ちゃんとしらべてからかいなよー」

男「反省します…」

ロ「でもせっかくおにいちゃんにもらったからこれそだててみるね!ありがとうおにいちゃん!」

男「はぁ… ロコンちゃんはホンマにええ娘やでぇ」ナデナデ

ロ「きゅー」




 
913 名前:忍法帖【Lv=2,xxxP】 【12.9m】[]投稿日:2011/09/11(日) 18:00:59.79 ID:+0ovX6LI0
ろこん「なにこのいしきれい」ピカー

きゅうこん「みたいなことになりそうといつもハラハラする」



914 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 18:06:32.21 ID:097wYVqF0
サ「ご主人さま、そんなところでなにをされているんですか?」

男「ん?あぁこれ?」

サ「それって… きょうせいギプスですよね?」

男「うん」

サ「どうしてそんなものを?」

男「いやね、コレつけて日常生活を送ったら大リーグボール投げれるんじゃないかとふと思ってねw」

サ「は、はぁ…」

男「でも… これって、なかなか… 大変だね…!んぎぎ!」ギシギシ

サ「大丈夫ですかご主人さま?なんか変な音がしますけど…?」

男「平気平気w ちょっと骨がきしんでるだけで…」

サ「だ、大丈夫じゃないです!」


915 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 18:13:05.48 ID:097wYVqF0
男「はぁ… ひどい目にあった… もう巨人の星ごっこはしないよ」

サ「当然です!あんまり無茶なことしないでくださいね!」

男「すいません… でもサーナさんでもたまには怒るんだねw」
男「サーナさんみたいな可愛いお姉さんに怒られるのもコレはコレで…w」

サ「怒ります!ご主人さまの事どれだけ心配したか…」

男「サーナさん…」

サ「私たちにはご主人さまだけなんですから…!」
サ「ご主人さまがいなくなったりしたら私たちは… 私は…」

男「大丈夫、大丈夫だから!ずっと一緒にいるよ…ありがとねサーナさん」

サ「…はい」
サ「ずっと… 一緒ですからね…




 
920 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 18:25:26.00 ID:097wYVqF0
ム「はい男」

男「ん?なんだこれ?」

ム「ちょっとよんでみてー」

男「まぁいいけど、なになに…」

男「俺、田舎に恋人がいるんだけどこの戦争が終わったらプロポーズする予定なんだ」
男「実はもう花束も買ってあったりw」

男「なにこれ?」

ム「いいからつづきつづきー」

男「しょうがないなぁ」

男「殺人鬼なんかと一緒に居られるか!俺は部屋に戻る!」

男「えーっと次は」

男「で、出口だぁっ!!!」




 
922 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 18:28:49.36 ID:097wYVqF0
ム「いいよいいよー」

男「これっていったいなんなんだ?」

ム「しぼうフラグぜんしゅうだよー」

男「し、死亡フラグて…」
男「なんでそんなものを…」

ム「男がしんだらわたしがめんどうみてあげるからさー」
ム「はやくしんでもいーよー」

男「ダメなの!俺はみんなと一緒にいるって約束したの!」




 
925 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 18:39:12.43 ID:097wYVqF0
男「さて、そろそろ夕飯の時間だしスレが微妙だ」

ハ「このへんでいったんしめておきマスか?」

サ「今回は少々中途半端に終ってしまいましたね」

ク「男のかんりがなってないからそうなるんだから」

チ「まったくですね!ししょーのいうとおりです」

ロ「おにいちゃんげんきだして!」

エ「フーンはまだいたずらしたりなかったゾ」

ム「男はこのあとポケモンをつかってせかいせいふくへとのりだすのであったー」
ム「※マジです」

男「マジじゃないです!ちょっとそういう紛らわしいのやめて!」


飯行ってきます
多分もう埋まるか落ちるかしてると思いますので…
今まで有難うございマ明日


939 名前:まだちょっと時間あった[]投稿日:2011/09/11(日) 18:51:17.24 ID:097wYVqF0
ハ「では男さん、まずはどのまちからせめマスか?」

サ「人口の少ないカノコタウンなんていかがでしょうか?」

男「しかし、カノコタウンにはポケモン研究所があるからなぁ」
男「意外と強固な反撃があるかもしれん」

ロ「ポケモンリーグはせいあつしたんだよね?おにいちゃん」

エ「はやいうちにてきのそうほんざんをうばえたのはおおきいゾ」

チ「これもクチートたいさのいっきとうせんのかつやくあったからこそですね!」

ク「あんなのあさまえしまえ」

男「さすがクチートたん!頼もしいな!」

ム「シッポウシティのジムリーダーたおしてきたー」

ラ「お兄様!ビレッジブリッジ制圧しよう!サンドイッチ!サンドイッチ!」

男「よし、次のターゲットは決まった!」
男「全軍、状況を開始せよ!!」

ム「ってかんじのでいこうよー」

男「だからそういう紛らわしいことは…」


 
944 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 18:55:53.55 ID:9R+73CAB0

   ∧∧
  ヽ(・ω・)/ ズコー
 \(\ ノ
、ハ,、  ̄
 ̄"


945 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/09/11(日) 18:56:12.07 ID:GXEKC/l+0



946 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 18:56:52.55 ID:TyTEww8F0
乙です
楽しかった!


963 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 19:30:20.21 ID:097wYVqF0
男「もう殆ど残ってないんでとりあえず」
        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄

ム「かんかいはつ?」

男「もはやズコーは怖くないな!」
男「「一発ネタとして昇華したといえよう!」

ク「ただのひらきなおりでしょ」

男「そ、そうとも言いますね…」


964 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 19:31:22.10 ID:NgovZnPP0
最後にイチャコラさせろや


965 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 19:33:50.85 ID:097wYVqF0
男「以下クチートたんの萌画像を貼るスレッド」
男「これでよしっと…」

ク「よくない」

男「じゃあ1000になるまでクチートたんを愛でるスレッドってことで」

ク「それもダメ」

男「えー」

男「ほらクチートたん!
>>964こんな事言われてるよ!」

ク「よけいなこといった
>>964はしけいね」




 
969 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 19:41:24.21 ID:NgovZnPP0
>>965
フヒヒwwwクチートたんにもぐもぐ死刑されたいですwwwwww


976 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/09/11(日) 19:48:15.11 ID:F1DzfcyU0
>>1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
[ 2012/02/05 17:24 ] ポケモンSS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/206-6b923c28

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ