FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キモオタ「罰ゲームなんでしょ?」女「違うよ!」2/2

キモオタ「罰ゲームなんでしょ?」女「違うよ!」


 




キモオタ「罰ゲームなんでしょ?」女「違うよ!」






 
544 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:02:07.24 ID:OqbrgTOE0
遅れてごめん。風呂出たら弟がこのPCでずっとニコ動見てたんだよ

女「私、キモオタ君が本当はとっても優しい人だってこと知ってるよ?」

キモオタ「こんな俺じゃなくても・・・君みたいな素敵な子なら、黙っていても他の男達が優しくしてくれるだろ?」

女「そんな事ないよ・・・私に優しくしてくれたのはキモオタ君だけだよ・・・?」

キモオタ「でも・・・でも・・・」

女「キモオタ君は私じゃ嫌なの?」

キモオタ「そんな事ない・・・」

女「じゃあなんで私とは付き合ってくれないの?」

キモオタ「そ、それは・・・」

女「私に魅力が無いから?」

キモオタ「そんな事ない!」

女「それなら・・・」

キモオタ「ただ、人から好かれるってのがどういうのかわからなくて・・・」

キモオタ「女さんが俺の事を好きって事は凄く嬉しいんだけど、嫌われるのに慣れすぎててどうにも実感が沸かなくって・・・」

キモオタ「君みたいないい子が、俺なんかを本当に好きになったってのが、どうやっても信じられなくて・・・」




 



元スレ
キモオタ「罰ゲームなんでしょ?」女「違うよ!」





553 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:05:10.00 ID:OqbrgTOE0
女「じゃあどんなことしたら信じてくれる?」

キモオタ「きゅ、急にそんな事言われても・・・」

女「私ね、キモオタ君が相手ならどんなことでもしてあげるよ?」

キモオタ「で、でも・・・」

キモオタ「俺・・・そういうの全然わかんないし・・・」

キモオタ「こんな俺が人を好きになるなんて相手にもめいわ・・・」ちゅっ

キモオタ「え?///」

女「私、キモオタ君の事が好き」

キモオタ「あ、え・・・」

女「これで信じてくれた?」

キモオタ「う、うん・・・///」

女「そう・・・よかった・・・///」

女「じゃあ私帰るね、今日は楽しかったよ///」ダッ

キモオタ「あ、ああ・・・」




 
561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:08:19.05 ID:OqbrgTOE0
>>555
かまわんよ

女(恥ずかしくって慌てて帰っちゃったけど・・・ちょっと大胆すぎたかなぁ・・・)


キモ宅

キモオタ(一瞬過ぎて、ファーストキスの味もよくわからなかった・・・)

キモオタ「ただいまー」

母「キモちゃんが帰ってきたわ!」

キモオタ「なに?この大掛かりな飾り付けは?何かの記念日?」

母「そうよ記念日よ!お母さん態々最高級のお赤飯を買ってきたんだから!」

父「父さんも仕事を切り上げて特上のケーキを買ってきてやったぞ!予約なしだから作ってもらうのに苦労したがな!さあキモオタ!皆で祝おう!」

キモオタ「お、おう・・・!?」



数日後

女「どう?今日のお弁当は美味しい?」




 
567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:11:26.53 ID:OqbrgTOE0
キモオタ「すっごく美味しい!やっぱり女さんの弁当って最高だよ」

女「そういってもらえると嬉しいんだよ」

キモオタ「ご馳走様。毎日悪いね」

女「好きでやってるからいいんだよ。それに段々キモオタ君の好みもわかってきたんだよ?」

キモオタ「俺、基本的に食べ物の好き嫌いは無いんだけどなあ・・・」

女「でもほら、ほうれん草の入った卵焼きの方が好きなんでしょ?」

キモオタ「確かに普通の奴より好きかも」

女「えへへ♪明日はもっと美味しいお弁当作ってあげるね」

キモオタ「そいつは楽しみだ」

女「取って置きのサラダ、作っておくからね!」

キモオタ「やめいwヤクト・ドーガの指で俺を死なせる気かw」

女「あはは、じゃあ明日もがんばって作るから楽しみにしててね?」

キモオタ「俺ももらってばかりで悪いから、何か恩返しをしたいなあ・・・」

女「じゃあ今度私と一緒に萌えアニメ見ようよ?キモオタ君は食わず嫌いしてるみたいだけど、結構内容が面白いのもいっぱいあるんだよ?」



 
570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:14:51.12 ID:OqbrgTOE0
キモオタ「そうなの?」

女「うん、まどマギやミルホはにわか人気も凄いけど結構内容も面白いんだよ?キモオタ君が私にガンダムを教えてくれたから、今度は私が教えてあげるね」

キモオタ「でも美少女物だろ?俺みたいなエセ硬派厨でも楽しめるかな?」

女「カブトボーグが好きならミルホは絶対楽しめると思うよ?萌えアニメに偽装した不条理ギャグアニメだから」

キモオタ「不条理?どんな感じに?」

女「探偵の女の子達が、ペットのニワトリを焼き殺されて、フライドチキンにして泣きながら食べたりするの」

キモオタ「何それ面白そう・・・」

女「そうでしょ、そうでしょー?」

キモオタ「ってか俺が女さんにアニメを見せてもらうだけじゃ、全然恩返しにならないだろ?」

女「えー、キモオタ君が私と一緒にいてくれるだけで十分だよ?」

キモオタ「でもそれじゃあ俺の気が治まらないよ。何か欲しい物とか無いの?」

女「そうだなぁ・・・あ、そうだ!」

キモオタ「何かあるの?」


571 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:16:33.56 ID:5Kt8Fh9B0
女「靴下貰えないかな?」



 
573 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:17:32.29 ID:OqbrgTOE0
女「ガンプラ!ガンプラを作ってみたい」

キモオタ「ガンプラねえ・・・」

女「ガンダムのアニメはキモオタ君に沢山教えてもらったけど、ガンプラはまだ一度も作った事ないし」

キモオタ「最近のは接着剤不要で出来るから初心者でも簡単だよ」

女「でも、大きさとか種類とかいっぱいありすぎてよくわかんないし」

キモオタ「大人しく自分の好きな機体を作ればいいんじゃないの?」

女「好きな機体はいっぱいあるしなぁ・・・そうだなぁ・・・」

女「ジンクスⅣ!」

キモオタ「そりゃまだプラモにすらなってないよ」

女「ターンX!」

キモオタ「∀の1/144シリーズは初心者にはどうかと・・・MGまだかな・・・」

女「じゃあバイアランカスタム!」

キモオタ「それはまだ出てないよ、てかバイアランは旧キットであるけど絶対初心者には向かんでしょ」

女「Ex-S!」




 
576 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:20:11.03 ID:OqbrgTOE0
キモオタ「パーツ数的にMG、HG含めてどっちも初心者にはハードだなあ・・・」

女「それならガイア・ギア!」

キモオタ「黒歴史とか言ってやらないで!」

女「もう、どれもこれも私には駄目なのばかりだよ・・・」

キモオタ「女さんはなんで一度もプラモ化されてないのやら」

キモオタ「明らかに初心者向けではないレーベルでしか出てない機体を欲しがるんだよ!?」

女「だって、ガンプラの事とかよく知らないし・・・やっぱり私には難しそうだよ・・・」

キモオタ「最近のは割りと簡単だけど、一応道具だって要るもんな」

女「そんな事言われても私一人じゃよくわかんないよ・・・キモオタ君、今度一緒に買いに行こうよー」

キモオタ「え?」

キモオタ(これはもしやデートのお誘い・・・)

女「だめ?」

キモオタ(この上目遣いを出されたら断れんだろ・・・!)

キモオタ「いやいやいや!いいよ!むしろ一緒に行きたい!」



 
581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:23:14.02 ID:OqbrgTOE0
女「ホント?嬉しい!じゃあ今度の日曜日空いてる?」

キモオタ「空いてる空いてる!用事があっても無理やり空ける!」

女「やったー!じゃあ今度の日曜日、楽しみにしてるからね!」

女「あ、私次体育だからもう教室に戻るね」

キモオタ「そっか、じゃあね」

女「うん!」

キモオタ(女さんって本当にいい子だよなあ・・・)

キモオタ(今度の日曜は女さんとデートかあ・・・)

キモオタ(はぁ・・・幸せだなぁ・・・)




オタク2「おおうキモオタ殿!次の時間は女子は体育で男子は保険でござるよ!」

キモオタ「そうだったな、移動教室だし面倒だなあ・・・」

オタク1「何言ってるんだキモオタ?お前みたいな奴にこそ保険の授業は必要だろ?」



 
583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:26:29.71 ID:OqbrgTOE0
オタク3「散々薄い本みたいな事してるんだろ?」

キモオタ「ごほっ!ごほっ!誰がそんな事・・・!?」

オタク2「キモオタ殿・・・さては図星でござるな?」

キモオタ「違うわ!ちょっと炎のにおいが染み付いただけだ!」

オタク3「そう照れるなお!この幸せ者!」

オタク2「そうでござる!女殿と毎日お弁当を二人で食べるだなんて、キモオタ殿は本当にリア充ですな!」

キモオタ「やめろって!恥ずかしいからw」

オタク3「リア充は死ねお!俺だって女さんの手作り弁当食べたいんだお!」

キモオタ「お前にはやらねーよ」

オタク1「くそう・・・!ノロけやがって・・・キモオタなんて腹上死して死んじゃえ!」

キモオタ「神聖な教室でそういう不適切な発言をすんな!」

オタク3「またまたー、キモオタ氏だって散々屋上で不純異性交遊してきたんだお?」

キモオタ「するか!」

オタク1「照れない照れないw」




 
588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:28:59.82 ID:OqbrgTOE0
オタク2「くやしいのうwくやしいのうw」

オタク3「ところでキモオタ氏?俺妹の新刊は読んだかお?」

キモオタ「あんな糞萌豚向けラノベ読めるか、閃ハサ読め閃ハサ」

オタク1「出た!硬派厨乙!」

キモオタ「うるせーにわか萌豚共め!修正してやるー!」プニー

オタク1「これがガノタか・・・」

オタク2「キモオタ殿!暴力はいけないでござる!」

キモオタ「このヘナヘナパンチのどこが暴力だ!?」

オタク3「ははは!ギアナ高地で修行してこいお!」

キモオタ「お前・・・ギアナ高地シュタゲで知ったろ?」

オタク3「何故わかったし・・・クリスティーナたんぶひいいいい!!!」

キモオタ「シャイニングフィンガーああああ!!!!!」

オタク3「あふう~」

キモオタ「こんなにわかや萌豚共がアニメを食いつぶすんだ!」





 

 
599 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:32:43.12 ID:OqbrgTOE0
キモオタ「だからオタクはアニメに対して製作会社に対して贖罪しなければならない!それをわかるんだよ!」

オタク1「元ネタわかんねえよw」

キモオタ「やっぱりにわかは氏ねよやああああ!!!!」

キモオタ&オタク達「あははははははははqqqq」

キモオタ(俺もちょっとは明るくなれたかな?)

キモオタ(女さんがこんな俺なんかを好きって言ってくれたお陰で、俺も随分と変われたような気がする)

キモオタ(今までは俺はキモオタだの、コミュ力が無いだの、ブサメンだのって人と関わる事を拒否してたけど)

キモオタ(こうやって友達だって出来たし、こいつらはにわかだけど一緒にいると結構面白い)

キモオタ(前見たいに二人一組作ってーに怯える事もなくなったし、便所で飯を食う事も無くなった)

キモオタ(学校ってこんなに楽しかったんだ。こんな日々を教えてくれた女さんには本当に感謝しないとな)




もうちょっとだけ続くんじゃ




 
608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:37:31.91 ID:OqbrgTOE0
放課後

キモオタ(あ、女さんだ)

キモオタ「おーい女さーん、一緒にかえr・・・」ビッチ1「よお女ー!」

女「どうしたの?ビッチ1ちゃん」

ビッチ1「あんた最近キモオタと仲いいみたいじゃん?」

ビッチ2「オタク達も噂してたぜ?」

女「そうだよー」

ビッチ3「私だったらあんな奴と付き合ってるなんて噂流されたら耐えられないわw」

ビッチ1「まったくよくやるよなー、あんな奴の為に毎日弁当作るなんてw」

女「だってキモオタ君・・・私の作った弁当を本当に喜んで食べてくれるし・・・」

ビッチ2「そりゃそうだろwあんなキモオタが女子から弁当貰うとか普通ありえねーしw」

ビッチ3「あんたが告白したのだって罰ゲームなのにねーw」

女「た、確かにそうだけど・・・」

キモオタ(え?)



 
628 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:45:06.25 ID:OqbrgTOE0
ビッチ1「それも知らないで、あんたと付き合ってるつもりなんだからチョーウケるーw」

女「でも・・・そのお陰でキモオタ君と仲良くなれたし・・・」

ビッチ2「どうせ仲良くなってもヤり捨てるん気なんだろ?」

ビッチ3「こんな事するなんてw清楚そうに見える癖に女も悪だねえwww」

ビッチ1「とてもじゃないが男を騙すような女には見えないわwww」

ビッチ2「でもあいつだっていい夢見れるからいいじゃねーかw」

ビッチ1「そもそも女みたいな子が、キモオタなんかと付き合うとかまずありえないでしょwww」

ビッチ3「女に振られたらアイツ一生立ち直れないんだろうなwww」

ビッチ達「ぎゃはははははwwwww」



キモオタ(は?なんだよこれ?)

キモオタ(俺だけか?俺だけが勝手に女さんと付き合ってるような気になって・・・勝手に舞い上がっちゃって・・・)

キモオタ(女さんが俺みたいな駄目人間を好きって事に・・・何の疑いも持たないで大喜びして・・・)

キモオタ(これじゃ俺ピエロじゃん・・・)

>>599のwが何故かqになってた・・・




 
635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:46:53.24 ID:cOz4RWZw0
罰ゲームからわずか2日で靴下しゃぶるくらいになるとか
このキモオタはSINでも投薬してんのか



643 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/01/14(土) 21:49:47.04 ID:cUvRiB4V0
>>635
靴下しゃぶってたのは確か女のほうだぜ?






642 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:48:00.03 ID:OqbrgTOE0
キモオタ(あれ?なんだろう?泣いてるの俺?)

キモオタ(こういう事って・・・慣れてる筈なのに・・・どうして・・・)

キモオタ(何でこうも悲しいんだよ・・・!)


翌日

ヒロイン『あー///好きー!』

主人公『で、出る・・・』

ヒロイン『い、イくううううー!!!!』

キモオタ「シコシコ」

どびゅどびゅ

キモオタ(はぁ・・・学校を休んで一人家でオナニーとか・・・)

キモオタ(大体俺は今まで、何が楽しくって空想上のカップルを見ながらオナニーしてきたと考えると・・・)

キモオタ(気晴らしにやろうと思ったがかえって自分が惨めに思えてきたわ・・・)

キモオタ(今まではこんな事を考えた事はなかったのになあ・・・)


 
646 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:50:59.99 ID:OqbrgTOE0
キモオタ(結局あれから家に走って帰ってずっと一人で泣いていた)

キモオタ(あんな初歩的なハニートラップにまんまと引っかかるなんて・・・我ながら情けない・・・)

キモオタ(でももう女さんには会いたくないし学校にも行きたくもない・・・)

キモオタ(はぁ・・・これからどうしよう・・・)

キモオタ(名残惜しい気もするけど・・・もうあの学校には行けないからやっぱり転校かな・・・)

キモオタ(とりあえず寝よう・・・そして嫌な現実を全て忘れるんだ・・・)

ピーンポーン

キモオタ「母さんいないのー?」

ピーンポーン

キモオタ(今は誰にも会いたくない・・・居留守しよう・・・)

ピーンポーンピーンポーン

キモオタ(しつこいなあ・・・宗教の勧誘か?)

ピーンポーンピーンポーンピーンポーン

ガラッ!

キモオタ「うるせーよ!何度も押すんじゃねえ!」




 
653 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:53:52.52 ID:OqbrgTOE0
女「あ、ごめん・・・」

キモオタ(女さん・・・)

女「あのね、キモオタ君急に学校休んじゃったから・・・」

女「心配で早退して来ちゃった・・・迷惑だった・・・?」

女「お腹も空いてるかなって思ってお弁当も持ってきたんだよ?」

女「食欲あったら食べてね?今日のお弁当も頑張って作ったんだからからね!」

キモオタ「帰ってくれないか・・・?」

女「え?」

キモオタ「帰ってよ」

女「もしかして具合悪かった・・・?ごめんね・・・」

キモオタ「帰れよ!」




 
659 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:56:32.16 ID:OqbrgTOE0
女「私ってばなにかキモオタ君の嫌がるような事したの?」ソワソワ

女「もしかしてキモオタ君が嫌われるような事したの?」

キモオタ「・・・どの面下げてそんな事を・・・」

女「もしそうなら謝るから許してよぉ・・・!」ウルウル

キモオタ「もう君の顔も見たくないんだよ!」

女「そんなぁ・・・許してよぉ・・・」シクシク

キモオタ「・・・俺の事今まで馬鹿にしてたんだろ・・・?」

女「そんな事しないよ!私はキモオタ君の事が好きなんだもん!」

キモオタ「もう嫌なんだよ・・・そういうのも・・・」

女「だから私の事嫌いにならないでよぉ・・・私、なんでもするから許してよぉ・・・」ポロポロ

キモオタ「そんな事ばかり言うから俺だって変に勘違いをしt・・・」ちゅっ

キモオタ「!?」

女「ちゅーちゅっちゅぅ 」

女「ちゅぱちゅぱ・・・れろれろ・・・」





 
668 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 21:59:13.74 ID:OqbrgTOE0
キモオタ「いい加減帰れよ・・・!クソビッチ・・・!」

女「・・・・・・キモオタ君・・・?」

キモオタ「そうやっていつも俺を本気にさせて・・・好きでもない癖に・・・」

女「私は・・・君の事が本当に好きd・・・」キモオタ「罰ゲームなんだろ・・・?」

女「え?」

キモオタ「罰ゲームなんだろ?俺に告白したの」

女「そ、そんなことは・・・」

キモオタ「昨日クラスのビッチさん達と話してたのを聞いたよ」

女「そ、そう・・・」

キモオタ「だからさ、もう・・・無理しないでいいから・・・」

女「そっか・・・バレちゃったんだ・・・」キモオタ「もう俺が好きって振りしなくてもいいから・・・」

女「そ、それは違うの!」

キモオタ「だから出てってくれよ・・・!」

女「ち、違う・・・!私は本当に君の事が・・・」 ガラッ!




 
679 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:02:52.51 ID:OqbrgTOE0
ピーンポーンピーンポーン

女「私の事嫌いにならないでよぉ!キモオタ君がいないと私・・・私ぃ・・・」ポロポロ
ピーンポーンピーンポーンピーンポーン

キモオタ(罰ゲームでここまでするとか嫌がらせかよ・・・!)

ピーンポーンピーンポーンピーンポーンピーンポーンピーンポーンピーンポーン

キモオタ(全てを忘れて眠りたいのに、これじゃ煩くて眠れやしない・・・)

ピーンポーンピーンポーンピーンポーンピーンポーンピーンポーンピーンポーンピーンポーンピーンポーンピーンポーンピーンポーンピーンポーンピーンポーン

キモオタ(いっそインターホンの線切っちまおう)ブチ

女「え?どうしてもう鳴らないの?」
ドンドンドンドン!

女「ねえ!開けてよキモオタ君!私の話を聞いてよぉ!」
ドンドンドンドンドンドンドンドン!

キモオタ(ああ五月蝿い!やっぱり嫌がらせだろ・・・!)

ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン!

キモオタ(もういいや・・・放っておこう)

ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン!




 
693 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:06:38.28 ID:OqbrgTOE0
女「お願い!キモオタ君!中に入れてよー!」ウルウル
ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン!

数10分後

キモオタ(あれ?音が止んだ?流石にもう諦めたか)

女「・・・・・・・・・・・・」


数時間後

キモオタ(何時間か寝ちまった・・・)




 
708 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:10:19.31 ID:OqbrgTOE0
キモオタ(女さんももういい加減帰っただろうが一応確認しよう・・・)

ガラッ!

女「・・・・・・・・・・・・」ガクガク

キモオタ(まだいたのか!?・・・しかも体育座り・・・)

女「キモオタくぅーん・・・」

女「ごめんね・・・!ごめんねぇ・・・!」ウルウル

キモオタ「ここまで酷い事をしてるのに・・・何で帰らないんだよ?」

女「だって・・・だってぇ・・・私キモオタ君の事が大好きなんだもん・・・」

女「わ、わたしぃ・・・キモオタ君がいないとだめなのぉ・・・」ポロポロ




 
726 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:14:44.46 ID:OqbrgTOE0
キモオタ(俺なんかの為に・・・こんなにしてくれるいい子なのに・・・)

キモオタ(こんないい子他にいる筈もないのに・・・)

キモオタ(俺ってば、ビッチ達なんかの言動を真に受けて、大好き女さんを信じてあげないなんて・・・俺はなんて最低な奴なんだ・・・)

キモオタ(あんな酷い事言って・・・こんな酷い事して・・・)

キモオタ「最低だよ・・・俺・・・」

女「そ、そんなこと・・・」

キモオタ「・・・・・・入りなよ・・・」

女「え?」




 
742 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:17:45.89 ID:OqbrgTOE0
女「う、うん・・・ちょっと・・・」

女(キモオタ君のいい匂いがする・・・)

キモオタ「手もこんなに冷たくして・・・ごめんな・・・」

女「き、キモオタ君は謝らなくっていいの・・・!悪いのは全部私なんだから・・・!」

キモオタ「こんな酷い事して・・・本当にごめん・・・」

女「だって悪いのはわた・・・」

キモオタ「ごめん・・・」

女「わ、私だって・・・」

キモオタ「このくらいじゃ全然埋め合わせにはならないだろうけど・・・」

ちゅっ

女「あ・・・///」

キモオタ「寂しい思いさせて・・・ごめん・・・」

女「・・・・・・うん・・・」

キモオタ「これからは女さんのこと大事にするから・・・」

女(キモオタ君からキスされたのは初めてだよぉ・・・///)



 
746 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:18:58.35 ID:OqbrgTOE0
あ。ごめん
>>742の前にこれ入れ忘れた

ぎゅっ

女「キモオタ君・・・?私の事・・・許してくれたの・・・?」ガクガク

キモオタ「こんなに震えて・・・寒かっただろ?」ナデナデ





 
759 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:21:17.86 ID:OqbrgTOE0
キモオタ「そういや、何で女さんは俺の事を好きになったの?」

女「キモオタ君、もしかしてまだ私がキモオタ君の事好きだってこと信じてないの?」

キモオタ「ち、違うよ・・・!ただずっと気になってて・・・」

キモオタ「女さんみたいな可愛い子が、何で他の奴じゃなくて俺なのかなって・・・」

女「・・・・・・私ね、虐められてたんだ・・・」

キモオタ「女さんが?こんなに可愛くて明るいのに・・・?」

女「ありがとう・・・キモオタ君」

女「高校に入って初めてのクラス替えでね、中学からの友達とは皆別々になっちゃって」

女「私って元々引っ込み思案だったから、友達も全然作れなくって、気がつくと虐められてて・・・」

女「突然自分の物が無くなってたり・・・クラスの皆から無視されたり・・・あと私に聞こえるようにワザと悪口を近くで言われたりしてたの」

キモオタ「辛かったんだね・・・」

女「ある日ね、掃除の時間に私以外の全員が私に黙って皆で掃除をサボった事があったの」

女「ほら、一人で教室の机を全部運ぶのって大変でしょ?私って力ないから尚更ね」

女「そんな事を考えていたら、どうしたらいいのかわからなくって立ち往生してて」




 
767 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:24:17.31 ID:OqbrgTOE0
女「そしたらキモオタ君がやってきて、黙って掃除を手伝ってくれたの。後で思い出したけど同じ班だったんだよね」

女「班が変わるまでの間、キモオタ君だけは掃除の時間になるといつも一緒に掃除してくれたの」

女「クラスの皆は私を無視してたのに、キモオタ君だけは私に普通に接してくれたよね」

キモオタ「接するも何も、単に俺も皆からハブられてただけだろ?」

女「でも、重い荷物とかいつも何も言わないで自分から運んでくれたよね?あれは嬉しかったなぁ・・・」

キモオタ「女さんみたいな子にそんな事させられないよ」

女「えへへ///ありがと、私にそうやって優しくしてくれたのはキモオタ君だけだよ」

キモオタ「そんな事ないよ」

女「それでも・・・私にとってはすごく嬉しい事だよ///」

キモオタ「そっか・・・」

女「でね、段々新しいクラスにも馴染めてきて、虐めもなくなってきてね」

女「キモオタ君とは何一つ話せなかったけど、私はとっても嬉しかったよ・・・」

キモオタ「で、俺の事を好きになった理由って?」

女「キモオタ君だけがずっと一緒に掃除を手伝ってくれた事だけど?」

キモオタ「え?それだけ?」




 
771 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:27:34.92 ID:OqbrgTOE0
女「それだけ?って酷いなぁ・・・私はずっとキモオタ君の事が好きだったのに・・・」

キモオタ「でも、それが理由で俺なんかにあそこまで色々してくれるなんて・・・」

キモオタ「ほら、俺って結構君に酷い事言ってたしさ、顔だって全然良くなんかないだろ?」

女「そんな事ないよ。他の皆はどう思うか知らないけど、キモオタ君は私から見たら世界で一番イケメンだよ?」

キモオタ「視力大丈夫?割と切実に」

女「もー!ひっどいなー」

キモオタ「ははは、ごめんごめん」

女「いいよー♪キモオタ君優しくて大好きだから許してあげるー」

キモオタ「俺も女さんのこと大好きだよ」

女「///」

キモオタ「ん?どうしたの?」

女「こうやってキモオタ君に好きだってちゃんと言われるの初めてだったから・・・ちょっと・・・恥ずかしくって・・・///」

キモオタ「そ、そう言えばそうだったっけ?」

女「ねぇ?もう一回言って?」



 
778 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:30:38.21 ID:OqbrgTOE0
キモオタ「いやだよ!恥ずかしい!」

女「えー、もう一回言ってよー!」

キモオタ「わかったよ!」

キモオタ「女さん・・・・・・好き」

女「もー、恥ずかしいよー///」

キモオタ「言わせておいて何だよ!///」

女「あはは♪ごめん」

キモオタ「はぁ・・・俺なんかがこんないい子と付き合えて幸せだなあ・・・」

女「私程キモオタ君に尽くしてくれる女の子は他にいないよー」

キモオタ「そうだよなあ・・・本当に有難いよお・・・」

キモオタ「あれ?」

女「どうしたの?」

キモオタ「そういやビッチさん達と話してた罰ゲームって何のこと?」



 
782 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:33:30.09 ID:OqbrgTOE0
女「あ・・・うん・・・あれはね・・・」

女「その・・・キモオタ君に告白しても・・・断られて嫌われたらどうしようって思ってたら・・・」

女「告白する勇気が沸かなくて・・・」

女「そんな時に、罰ゲームでビッチちゃん達からキモオタ君に告白しろって言われて」

キモオタ「まさかそれで本当に告白する気になったの?」

女「うん・・・いきなり罰ゲームだって見破られて断られたけど・・・」

女「でも・・・私の本当の気持ちを知ってもらいたくて、お弁当を作ったり、キモオタ君が好きそうな物を勉強したりして・・・」

キモオタ「それであんなに色々してくれたのか・・・」

女「今まで黙っててごめんね・・・もしバレたら・・・嫌われちゃうと思ったから・・・」

キモオタ「俺はそんな事くらいじゃ女さんの事嫌いにならないよ」

女「でも・・・やっぱり罰ゲームで本気の告白をする気になる子なんて酷いよね?」

キモオタ「それを言ったら俺の方が、勝手な勘違いで先走って女さんにいっぱい酷い事言ってきたよ!本当にごめんな・・・」

女「キモオタ君が謝る事ないんだよ!悪いのは全部大事な事を黙ってた私なんだから・・・!」




 
785 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:35:13.90 ID:IAv4RHpfO
>キモオタ「俺はそんな事くらいじゃ女さんの事嫌いにならないよ」

え?



 
792 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/01/14(土) 22:37:24.16 ID:ZrfgEYH80
最近はガチヲタでも普通に女子に話しかけられる
現学生でゆとりの俺が言うんだから間違いない

 
 

807 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:41:40.09 ID:ODl3Cj9g0
>>792
なら早く俺の弟を救えよ

815 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/01/14(土) 22:44:08.95 ID:ZrfgEYH80
>>807
まだヲタって嫌われるんだな
俺の通ってる学校が未来行きすぎてるんだろうか


 

818 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:45:37.38 ID:X8zWhaWB0
だっての後にすげえ期待してしまうなw

>>815
マジレスするともう今はオタかどうかじゃなくてコミュ力の問題


 
827 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:46:26.74 ID:ODl3Cj9g0
>>815
本来は嫌われるものなんだ
ファッション感覚なんだろう・・・



一番は顔だよ


 



829 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:46:36.64 ID:5ye4iGIxO
>>815
ウチの学校も、オタにもみんな話しかけるし、不潔な男子にも話しかけるよ


828 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:46:30.95 ID:iYZg3x470
いずれメディアがオタクを持ち上げ始める
韓国とかAKBのように
すでに今、一部の雑誌でオタクがステータスみたいに書かれていることもある
いつか一般に言われるオタクという存在は受け入れられる
しかし本当に受け入れられているのかどうかといえば答えはノウ
あくまでそれは「にわか」でしかない



793 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:37:33.16 ID:OqbrgTOE0
キモオタ「そ、そんな事ないよ!俺の方が悪いよ・・・女さんに沢山寂しい思いをさせてきたんだもん・・・」

女「私の方が悪いよ・・・!・・・えへへ・・・」

キモオタ「どうしたの?」

女「もー、このやり取り何回目?」

キモオタ「本当何度目だろうね?」

女「でもキモオタ君のそんな所も好きだよ」

キモオタ「なあ女さん、罪滅ぼしに何かさせてくれよ」

女「え?」








 

800 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:40:16.09 ID:OqbrgTOE0
キモオタ「だって俺のせいで、あんな寒い所に何時間もいさせちゃったしさ」

女「あれは私が勝手にしたことだよ?」

キモオタ「でも俺なんかのせいで、いっぱい女さんに寂しい思いもさせてきたし」

女「た、確かにちょっと寂しかった事もあったけど・・・」

キモオタ「だからさ、女さんに何かしてあげたいんだよ。何でもやってあげるからさ」

女「なんでもいいの?」

キモオタ「俺に出来ることなら何でもするよ」

女「じゃあね・・・したい事があるんだけど・・・いい・・・かな・・・?」



 
811 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:42:10.34 ID:OqbrgTOE0
キモオタ「何でも言ってくれ!」

女「じゃあ・・・言うね・・・?」

キモオタ「おう!」

女「あのね・・・キモオタ君とね・・・変な事がしたいの・・・」

キモオタ「変な事・・・?」

女「えっちな事・・・」

キモオタ「///!?」

キモオタ(薄い本展開ですか!?)

女「だめ・・・かなぁ・・・?」

キモオタ「だ、だ、駄目じゃないけど・・・!そそその俺、ぜぜぜ全然そういう事!わ、わ、わからないよ!」

キモオタ「だ、大体!女の子の方からそういう事を言うものじゃないだろ!?」

女「だってぇ・・・」

キモオタ「だって?」




 
817 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:45:03.81 ID:OqbrgTOE0
女「だってキモオタ君草食系なんだもん!なら私から言うしかないじゃない!」

キモオタ「た、確かにそうだけど・・・」

女「私だって・・・キモオタ君とらぶらぶえっちしたいよぉ・・・」

キモオタ「で、でも・・・俺達まだ○校生だし・・・俺なんかが女さんとなんて・・・」

女「えっちな女の子は嫌い?」

キモオタ「そ、そんな事は・・・!」

女「それとも・・・私とじゃ・・・嫌・・・?」

キモオタ「だからその上目遣いは反則だって・・・!」

女「ねぇ・・・しよ・・・?」

キモオタ「・・・・・・はい」

はーい、この辺りからR-18指定ねー
お子様にはご退場願おう

何か勢いヤバいんだけど大丈夫かな?まだ結構あるんだけど




 


 


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

839 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:49:21.92 ID:OqbrgTOE0
キモオタ「えっと・・・よろしくお願いします・・・」

女「こ、こちらこそ・・・」

キモオタ「お、俺こういうのは全然わからなくって・・・」

女「べ、別にキモオタ君が相手なんだから、私はそれでも平気だよ?」

キモオタ「女さんってこういう事の経験あるの?」

女「きょ、今日が初めてなんだよ!」

キモオタ「女さんって可愛くて優しいから、見るからにモテそうなのに・・・」

女「やっぱりキモオタ君はそういうの経験してない子は嫌?面倒くさい?」

キモオタ「そ、そんな事ないよ!女さんが面倒くさいだなんてそんな酷い事思う奴はいないよ!」

女「そう・・・よかった・・・」

キモオタ「・・・・・・で、まずなにからすればいいの?」

女「やっぱりキモオタ君も初めてなんだよね・・・?」

キモオタ「ご、ごめん・・・童貞が初めての相手とか嫌だったよな?」

次スレ立てても半端なところで終わりそう
かといってここで完結させるのも絶対無理っぽい



 
846 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:51:05.68 ID:OqbrgTOE0
女「べ、別にいいんだよ!その・・・キモオタ君が私以外の女の子とするのは・・・いや・・・だし・・・」

キモオタ「そっか・・・よかった・・・」

女「とりあえず・・・服脱ごうか?」

キモオタ「お、俺が脱がせるよ!」

女「え、でも恥ずかしいし・・・///」

キモオタ「そ、そうだよな!じゃあ俺後ろ向いてるから・・・」

女「う、うん・・・」

女「ぬ、脱いだよ・・・!」

キモオタ「じゃ、じゃあもう振り向いてもいい?」

女「う、うん・・・」

キモオタ(服や下着は確かに床に落ちてるのに・・・)

キモオタ「・・・・・・なんで布団で隠してるの・・・?」

女「だ、だって・・・恥ずかしいし・・・///」



 
850 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 22:54:16.75 ID:OqbrgTOE0
キモオタ「そんなぁ・・・女さんの裸見たいよぉ・・・」

女「そんなに本気で悲しまないでよ・・・」

キモオタ「だってぇ・・・」

女「キモオタ君が脱いでくれたら私も見せてあげるから・・・ね?」

キモオタ「ほ、ほんと!?」ヌギヌギ

女「ちょ、ちょっと・・・私が見てるのに堂々と脱がないでよ!」

キモオタ「あ、ごめん」

女「もー!」

キモオタ「脱いだよ!さあ裸見せて!」

女「がっつき過ぎだよ!」

キモオタ「ご、ごめん・・・!嬉し過ぎてつい・・・」

女(キモオタ君のおち○ちんギンギンに勃起してる・・・興奮してるんだ・・・)

女「じゃ、じゃあ見せるね?あんまり身体に自信がないけど・・・笑わないでね?」

まだ三割くらい尺が残ってると思うけどどうしましょ?




 
877 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 23:03:36.05 ID:DpSTu9640
>>874
書いて1000過ぎたら立ててくれや




 
882 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 23:05:11.12 ID:OqbrgTOE0
>>877
わかったなんだよ!

キモオタ「うわぁ・・・」

女「うわぁってなに!?やっぱり私の裸は魅力が無いって言うの?」

キモオタ「綺麗・・・?」

女「え?綺麗?」

キモオタ「女さんの裸・・・すごっくエロいよ・・・」

女「キモオタ君、こんなのでもいいの?胸だって小さいし・・・」

キモオタ「確かに小さいけど・・・」

女「ビッチちゃん達がね・・・男の子って胸の大きな女の子の方が好きなんだって・・・」

キモオタ「そうなの?俺は女さんの胸好きだよ?」

女「でも・・・子供っぽいし・・・」

キモオタ「確かに小さいけど形もいいし・・・なんていうか、肉つきだって凄くエロいよ・・・」

女「ほ、ホント・・・?」




 
884 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 23:05:33.83 ID:N9RXue9N0
2とか続とか入れずに立ててくれ
パートスレと思わせないように



 
895 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 23:09:11.88 ID:OqbrgTOE0
>>884
はいーそうします

キモオタ「さ、触ってもいい・・・?」

女「う、うん・・・いいよ・・・///」

サワサワ

女「あ・・・」

サワサワ

女「あん・・・///」

キモオタ「ご、ごめん・・・!痛かった?」

女「ち、違うの・・・!ただ・・・気持ちよくて・・・つい・・・声が・・・」

キモオタ「そ、そっか・・・!」

ナデナデナデナデ

女「あ・・・///」

キモオタ「どう?女さん、気持ちいい?」

女「キモオタ君のお手手気持ちいいよぉ・・・」トローン



897 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 23:11:58.40 ID:OqbrgTOE0
キモオタ(本当に気持ち良さそうな顔してる・・・)

モミモミモミモミ

女「あっ・・・あ・・・///」

キモオタ「女さん・・・可愛いよ・・・」

女「そんな恥ずかしい事言わないでよぉ・・・」

キモオタ「だって本当の事じゃないか・・・」

モミモミモミモミモミモミ

女「キモオタ君の手つきがやらしいよぉ・・・」

キモオタ「女さんがそうさせてるんだろ?」

女「ん///あ///そうだけどぉ・・・」

女「ねぇキモオタくん・・・?」

キモオタ「何だい?」

女「下の方も・・・したい・・・」




 
899 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 23:14:18.96 ID:OqbrgTOE0
皆が自重してくれたら何とか1000以内で終われそうかも

キモオタ「女さんの脚って白くてスベスベしててとっても綺麗だね・・・」ナデナデ

キモオタ「ふともものお肉なんてプニプニしてておいしそう・・・」

女「そんなに変態みたいな事いわないでぇ・・・」

キモオタ「だって本当に綺麗なんだもん。食べちゃいたいくらい」プニプニ

女「そんな風に触られたら恥ずかしいよぉ///」

キモオタ「ぺろぺろぺろ」

女「あ・・・///そんな所舐めないでぇ・・・///」ジタバタ

キモオタ「ああ・・・女さんの綺麗なふとももに挟まれて幸せだよぉ・・・」

女「キモオタ君・・・!は、恥ずかしいよぉ・・・///早く・・・して・・・?」

キモオタ「あ、ごめん・・・!じゃあ今からおま○こしてあげるから・・・」

女「もう!そんな風にハッキリ言わないでよ!」

キモオタ「ご、ごめん!それにしても・・・」

キモオタ「産毛しか生えてないおま○こ・・・なんてエロいんだ・・・」

女「気にしてるんだからあんまり言わないでよぉ・・・///」



 
902 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 23:16:49.35 ID:OqbrgTOE0
クンクン

キモオタ「何だか酸っぱい匂いもする・・・」

女「うわーん・・・嗅がないでよぉ・・・///」

キモオタ「すっごくえっちな匂いだなあ・・・」クンカクンカ

女「あ・・・///そんな風に鼻を付けながら嗅がれたら・・・」

キモオタ「あれ?なんか垂れて来た」

女「もー!恥ずかしいから一々言わないでよぉ・・・!」

キモオタ「ごめんごめん、じゃあ触るよ」ナデナデ

女「あぅう///キモオタ君におま○こ撫でられるの気持ちいいよぉ・・・」

女「キモオタ君にこんな事されるなんて・・・夢みたいでとっても幸せぇ・・・」

キモオタ「俺も女さんとこんな事が出来て幸せだよ」ズボ

女「ああん///指挿れちゃだめぇ・・・!」

キモオタ「だってもうこんなに濡れてるし・・・指の先くらいなら大丈夫かなって」クチュクチュ

女「んぁ///気持ちいいよぉ・・・」




 
906 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 23:18:38.12 ID:OqbrgTOE0
あ、この調子なら無事ここで完結できるかも

キモオタ「ヤバイ・・・もう我慢できない・・・」

女「え?キモオタ君?何を・・・」 ぺろ

女「!?///」

キモオタ「ぺろぺろぺろぺろ」

女「き、キモオタ君!///そんな所汚いよぉ!」

キモオタ「女さんに汚い所なんてないよ」ペロペロ

女「あ///ん///」

女「ああああああああ!!!!」

キモオタ「こんな喘ぎ声まで出しちゃって・・・本当に気持ちがいいんだね」ペロペロ

女「あぁー!大声出ちゃうよぉー!」

キモオタ「いいよ、女さんの可愛い声もっと聞かせて」ペロペロ

女「あー!///そこ駄目ぇー!」

キモオタ「ん?ここの小さくて丸い所がいいの?」




 
910 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 23:19:40.83 ID:Z/oe5Gvv0
罰ゲームで告白してくるのはいい
ただ仕事中はやめてくれ
こっちも暇じゃないんだよ


 

927 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2012/01/14(土) 23:30:06.73 ID:8rUYi9Rd0
>>910
社会人になって罰ゲームで告白はさすがに無いわwwwwww


 
911 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 23:20:04.31 ID:OqbrgTOE0
女「クリトリス気持ちよすぎるよぉー!」

キモオタ「そうか、これが噂のクリトリスなんだあ・・・」レロレロ

女「ん///あ///咥えるの駄目ぇー!」

女「そ、それ!たまんないよぉ///」

キモオタ「気持ちいい?」レロレロ

女「気持ちいいよぉ・・・キモオタ君の舌気持ちいいよぉ・・・!」

女「あ・・・///だめ///そんなにされたら・・・!」

女「い、イく!イっちゃうよー!」

キモオタ「いいよ、思いっきりイっちゃいなよ」ペロペロ

女「イくううううううううう!!!!!」ビクンビクン

キモオタ「うわぁ・・・凄い・・・」

女「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

キモオタ「女の子がイく時ってこんな風なんだ・・・」




 
914 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 23:22:07.50 ID:OqbrgTOE0
女「キモオタ君・・・ごめんね・・・私の愛液でお顔びちゃびちゃにしちゃって・・・」

キモオタ「何言ってるんだよ?女さんみたいな子に愛液をかけられるなんて最高のご褒美だよ」

女「私の愛液なんかで喜ぶなんて・・・キモオタ君ってもしかして・・・変態?」

キモオタ「ち、違うよ!普通の健全な男子は好きな女の子の愛液をかけられたら喜ぶ筈だよ!」

女「そ、そう・・・じゃあやっぱりキモオタ君は私の事が好きなんだね・・・?」

キモオタ「恥ずかしいからそういう風に聞くなよ・・・」

女「嫌・・・ちゃんと言って・・・私の事好き?」

キモオタ「好きだよ・・・」

女「私も好き・・・」

ちゅっ

キモオタ「お、女さん・・・!?お、俺、女さんのおま○こ舐めたばかりだよ・・・?」

女「さっき私に汚い所がないって言ったのはキモオタ君だよ?」

キモオタ「そ、そうだけど・・・」

女「それに、私がキモオタ君とキスしたくなったからいいの」




 
917 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 23:24:12.05 ID:OqbrgTOE0
あと20もあれば完結しそうです

女(キモオタ君のおち○ちん・・・近くで見るとこんなに大きい・・・)

女「ねえ・・・キモオタ君・・・キモオタ君のおち○ちん・・・こんなにガチガチ・・・」ナデナデ

キモオタ「そりゃあ・・・女さんの可愛い喘ぎ声をあれだけ聞いてたらこうもなるよ」

女「キモオタ君・・・?したい・・・?」

キモオタ「し、したいです!」

女「じゃあ・・・私のおま○こにおち○ちん挿れても・・・いいよ・・・?」

キモオタ「初めてだから・・・上手く出来ないかも知れないけど・・・」

女「大丈夫だよ」

キモオタ「痛かったらすぐにやめるからね?」

女「痛くっても相手がキモオタ君だから、私平気だよ・・・?」

キモオタ「じゃ、じゃあ挿れるね・・・?」

女「う、うん・・・」

ツルッ ツルッ

キモオタ「あれ?上手く挿らない・・・?」




 
920 名前:皆さんどうか減速にご協力を[]投稿日:2012/01/14(土) 23:26:14.76 ID:OqbrgTOE0
女「ゆ、ゆっくりでも大丈夫だよ・・・落ち着いて・・・」

キモオタ「ご、ごめん!」

キモオタ(俺ってばマジダサい・・・)

ツルッ ツルッ

女「ん・・・///あ・・・///」

ずぼ

女「あ・・・///んー!」

キモオタ「先っちょ・・・挿った・・・」

女「私は大丈夫、だから・・・もっと奥に挿れていいよ・・・?」

キモオタ(これだけでも気持ち良さ過ぎる!さっき抜いてなければ確実にイっていた・・・)

ぐりぐり

女「痛っ!」

キモオタ「ご、ごめん!今すぐ抜くから・・・」女「駄目!」

キモオタ「女さん?」



923 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 23:28:02.55 ID:OqbrgTOE0
女「やっとキモオタ君と一つになれた・・・うれしいよ・・・」

キモオタ「お、俺も・・・すっごくうれしい・・・」

女「えへへ・・・も、もう・・・動いて大丈夫だよ?」

キモオタ「女さん、大好きだよ」

女「私もキモオタ君が大好き」

ちゅっ

キモオタ「じゃ、じゃあ動くね・・・?」

女「う、うん・・・」

じゅぷっ じゅぷっ

女「ぁ……んんっ……!」

キモオタ「女さん・・・!女さん・・・!」

女「んぁぁっ……///いいよぉっ……///」

キモオタ「喘いでる所も可愛いよぉー!」

ギシギシ

女「あ///あん///」




 






 
929 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 23:30:10.91 ID:OqbrgTOE0
女「んぁっ///気持ちいいよぉ///」

キモオタ「お、俺も・・・気持ち・・・いい・・・!」

女「キモオタ君のおち○ちん気持ちいいんだよぉ・・・///」

女「んぁー///子宮に当たってるー!///」

女「ちょっと痛いけど・・・!すごく気持ちいいよぉー!」

キモオタ「女さん・・・っ!可愛いよお・・・!可愛すぎるよぉ・・・!」

女「ふぁ///そ、そんな事言われたら、恥ずかしいよぉ・・・///」

キモオタ「ヤバイ・・・!気持ち良すぎておかしくなりそう・・・!」

女「わ、私だって・・・きもち良すぎてぇ・・・///脳みそとろけけちゃいそー///」

女「キモオタ君のおち○ちんが・・・!私の中でいっぱいになってるよぉー!」

女「ああああああ!!!!!気持ち良いよぉー!キモオタ君のおち○ちん気持ちいいよぉ///」

女「ああ!な、なんか来る!なんか来ちゃいそうだよおー!」

女「イく!イっちゃうよぉー!キモオタくぅん!

キモオタ「お、俺も・・・イく!」」

女「キモオタ君///大好きだよ///私キモオタ君の事がだいすき!」


930 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 23:30:57.92 ID:nGNDKK/m0
処女でイクってやべぇな


931 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 23:31:36.08 ID:XO4Q/HD+0
>>930
妄想ですしおすし


932 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/14(土) 23:32:00.98 ID:OqbrgTOE0
934 名前 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします []投稿日: 2012/01/14(土) 23:32:22.41 ID:ykH9uJza0
>>930
靴下なめて自慰するくらいですし



キモオタ「そ、外で出すから・・・」

女「え?だめ!だめぇー!」ぎゅっ

キモオタ「お、女さん!そ、そんな風に足を絡められたら中に・・・!」

女「いいのぉ!中にぃ!なかにだしてぇ!」

女「キモオタ君の精子!私の中で!全部出してぇ!」

キモオタ「駄目だ・・・出る・・・!」

女「んああああ!!!好き!キモオタくんだいすきー!だいしゅきー!」

キモオタ「お、俺も好きだよ!」

女「あ、ああー!もうだめぇー!イっちゃうよおおお!」

女「キモオタくんのおち○ちんでおま○こ突かれていっちゃうよぉー!」

キモオタ「女さん!好きだよ!好き!大好き!」

女「わ、私も好きー!大好きー!」

キモオタ「あー!精子出るー!」

女「いいよぉ///私の中で・・・!精子いっぱい出してぇー!」

キモオタ「い、イく・・・!」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




936 : あと10くらいかな? : 2012/01/14(土) 23:34:02.28 ID:OqbrgTOE0
女「あ・・・!いいの///気持ちいいの!あ///ん///もうだめぇ!い、イくうううううううううう!!!!!」

どびゅっ どびゅっ どびゅっ

女「はぁ・・・はぁ・・・」

キモオタ「ハァ・・・ハァ・・・」

女「キモオタ君の精子が・・・私の中で・・・いっぱいに・・・」

キモオタ「女さん・・・」

女「だぁいすき・・・///」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

女「あんなにいっぱい射精されて・・・赤ちゃんでもできたらどうしよう・・・?」

キモオタ「う・・・」

女「あ、やっぱり嫌なんだぁ?」

キモオタ「べ、別にそんな事は」

女「その時は一緒に育ててくれる?」

キモオタ「も、勿論!学校辞めて仕事を探すよ!」

女「へー、でもこの就職難の時代で高校中退なんて雇ってくれるかなぁ?」


941 : あと10くらいかな?: 2012/01/14(土) 23:36:13.50 ID:OqbrgTOE0
キモオタ「そ、それは・・・」

女「しかも在学中に彼女と中出しセックスしちゃって、挙句妊娠させちゃった人なんてねぇ・・・」

キモオタ「そ、それでも何とか仕事を見つけるよ!」

女「え?」

キモオタ「せっかくこんな俺を好きになってくれた女さんなんだから・・・一生、大切にしたいし・・・」

女「ホント?」

キモオタ「俺を好きになってくれる人なんて他にいないだろ?責任取るよ」

女「嬉しい!」ぎゅっ

キモオタ「裸で抱きつくなよ!恥ずかしいから」

女「だってさっきまでずっとこうやってたでしょ?」

キモオタ「そ、そうだけど・・・」

キモオタ(乳首が当たってる・・・)

女「でもね、安心していいよ?今日は赤ちゃん出来ない日だから」

キモオタ「へ?」

女「心配した?ごめんね」



945 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:38:08.91 ID:OqbrgTOE0
女「ビッチちゃん達がね、彼氏が自分を大事にしてくれるか確かめるにはこれが一番なんだって」

キモオタ「なんだ・・・そうだったのか・・・」

女「キモオタ君を試すような真似してごめんね」

キモオタ「いいよ、俺が君にした酷い事に比べれば些細な事だよ・・・」

女「ホっとした?」

キモオタ「そうだな・・・でも・・・」

女「でも?」

キモオタ「赤ちゃんはもっと俺達が大人になってからつくろうな・・・」

女「それってもしかして、結婚の約束?」

キモオタ「そうだよ・・・恥ずかしいからそうはっきり言うなよ・・・」

女「やったー!じゃあ結婚式場決めようよ!結婚するんでしょ?」

キモオタ「そ、そりゃいつかはそうするつもりだけど・・・女さんはいくらなんでも気が早すぎるよ!」

女「でもいいの?私なんかで・・・?」

キモオタ「俺の事好きになってくれるのは、女さんだけだよ」

キモオタ「こんな俺なんかで良ければ・・・一生女さんと一緒にいたい・・・」

946 : あと5くらい? : 2012/01/14(土) 23:40:15.24 ID:OqbrgTOE0
女「私もキモオタ君とずっと一緒がいいよ!」

キモオタ「お、女さん・・・」

女「じゃあキモオタくん私をお嫁さんにしてくれるんだね!」

女「わーい♪キモオタくんだーいすき♪」ちゅっ

男「///」

ムクムク

女「あれ?また勃ってきたよ?」

キモオタ「そりゃあ・・・裸の女の子に抱きつかれながらキスされたらこうもなるだろ・・・」

女「さっきあんなにいっぱい出したのにねー」

女「ねぇ?またしたい?」

キモオタ「したい!」

女「じゃあさっきはキモオタ君が私にしてくれたから、今度は私がキモオタくんを責めてあげるねー♪」

キモオタ「わーい!」

女「ちゅぱちゅぱれろれろ・・・」

キモオタ「女さんの舌遣い・・・本当にエロい・・・」


947 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:40:55.27 ID:B1rKIs/A0
誰か増えたぞ…



950 : >>947ごめん、素で間違えた : 2012/01/14(土) 23:41:56.75 ID:OqbrgTOE0
女「えへへ///喜んでもらえて嬉しいよー」

キモオタ(ああ・・・幸せぇ・・・///)

女「キモオタくん・・・可愛いよぉ・・・」レロレロ

母「ただいまー、キモちゃーん。学校お休みしてたみたいだけど具合はもう大丈夫?」

ガチャッ!

女「じゅぷじゅぷちゅぷちゅるっ」

キモオタ「ちゅーちゅーじゅぶれろーん」

母「・・・・・・・・・・・・」

女「あ・・・お、お邪魔してます!///」

母「・・・・・・・・・・・・」

キモオタ「か、母さん・・・?こ、これは・・・そのなあ・・・///」

母「き、キモちゃんが・・・裸の女の子と・・・抱き合いながらキスを・・・」

母「お、お父さん!お父さん!で、電話ー!お赤飯ー!」

ガチャッ!

キモオタ「はぁ・・・またかよ・・・」

951 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:41:58.75 ID:xNr2crqf0
NTRきたか



953 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/14(土) 23:42:13.24 ID:tgAzwDGO0
NTRかよ

954 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/14(土) 23:42:20.48 ID:XO4Q/HD+0
キモオタのちんこの名前が男だろバカなの?
ちなみに俺のは武蔵な




957 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:43:42.41 ID:B1rKIs/A0
>>954
俺のマグナム君には劣るな


959 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:44:31.93 ID:qUpVpK9R0
>>957
俺のキャノン君には劣るな

960 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:45:06.42 ID:9cA8Z7Ay0
>>959
俺のアームストロング砲には劣るな


958 : あと3? : 2012/01/14(土) 23:44:02.87 ID:OqbrgTOE0
女「せっかくだし私、ご両親にご挨拶していこうか?」

キモオタ「マジ?」

数日後

女「ガンプラ買うの手伝ってくれてありがとー」

キモオタ「手伝うなんて大層なものじゃないよ」

女「そんな事ないよー、だって私キモオタくんがいないときっとフルアーマーユニコーン買ってたもん!」

キモオタ「いくらなんでも、そりゃ無謀すぎるよな」

女「キモオタ君のお陰でいい買い物ができたよー」

キモオタ「てか俺が女さんにガンプラの買い方を教えてた時間より」

キモオタ「女さんが俺に服を買ってくれた時間の方が多かったんじゃないの?」

女「いいの、デートなんだから。それにキモオタ君は元がいいんだからちゃんとお洒落しないと駄目だよ?」

キモオタ「そういう嬉しい事言ってくれるのは女さんだけだよ」

女「えへへ///ありがと」

女「でもGNフラッグやアルバトーレが無かったのは残念だったなぁ・・・」

キモオタ「プラモ出てないしねえ・・・フラッグとジンクスを使って改造するのもありだけど、初心者にはおすすめし難いなあ」



962 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:45:59.81 ID:OqbrgTOE0
女「キモオタ君が選んでくれたカスタムフラッグは大切にするね!」

キモオタ「ニッパー使う時には手を切らないように注意するんだよ?」

キモオタ「あと間違っても取り説を読まないで作ろうとか思わないでね?初心者が一人で作る際には取り説の指示をちゃんと守るんだよ?」

女「え?何言ってるの?キモオタ君も一緒に作るんだよ?」

キモオタ「え?プラモを二人で作るの?」

女「だって、私プラモの作り方なんて全然わからないし・・・」

女「それとも・・・私と一緒に作るのは嫌・・・?」

キモオタ(やっぱりその上目遣いは反則だって・・・)

キモオタ「わかったよ、じゃあ俺がちゃんと作り方教えてあげるから」

女「ホント!わーい♪キモオタ君だいすきー♪」ぎゅっ

キモオタ「こんな所でやめろって!///」

女「えー、『俺も好き』って言ってくれないのー?」

キモオタ「こんな道端で言えるか!」

女「もー!恥ずかしがりやさんなんだからー!」

キモオタ「はぁ・・・それじゃあ今から俺の家行く?」



965 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:47:02.75 ID:OqbrgTOE0
女「ここからなら私のお家の方が近いよ?」

キモオタ「え?でも・・・女の子の家って俺行った事ないし・・・」

女「もー今更何ー?キモオタ君と私はご両親にはもうとっくに公認の仲じゃない!」

キモオタ「友達だとしか言ってないだろ!」

女「あんな所見られておいて!?」

女「おまけにキモオタ君のご両親と一緒にお赤飯まで食べたのに、ただの友達で通ると思ってたの!?」

キモオタ「た、確かに・・・でもやっぱり女の子の家に行くのは男児としては恐れ多くて・・・」

女「もしかして・・・私のお家行くの嫌・・・?」

キモオタ「だからその上目遣いは反則だろ!」

女「とにかく行こうよー!」

キモオタ「わかったわかった!」

女「あとね・・・今日はね・・・お家にお母さん達いないんだよ?」

キモオタ「へ?」

女「だからね・・・プラモを作り終えたら・・・ね?・・・また変な事しよ・・・?」

キモオタ「はい!」


967 : ラスト : 2012/01/14(土) 23:49:22.36 ID:OqbrgTOE0
女「わーい♪」

キモオタ「じゃあ早く女さんの家に行ってフラッグを作ろう!」

キモオタ「初心者だからパチ組でいいな!?ゲート処理も墨入れも塗装もいいや!初心者は手軽に早く組むのが一番だ」

女「ねえ?キモオタ君、もしかしてちゃんと私にプラモ教える気ないの?」

キモオタ「え?そんな事はないよ!うん!全然無い!」

女「ホントかなぁ・・・早く私と変な事がしたいだけってような気がするんだけど・・・」

キモオタ「な、何故わかった・・・さては女さん・・・NT?」

女「あはは、キモオタ君の事なら何でもお見通しだよー。でも、そんな所も好きだよ?」

キモオタ「俺も女さんの事大好きだよ!」

女「私もキモオタ君の事だーいすきー!」

俺「罰ゲームでもいいんで女の子と変な事したいです」

終劇

こんな駄文に最後まで付き合って貰いありあとうございました。
応援してくれた皆さん。保守、及び減速に協力してくれた方々には心から感謝します。
こんなものでも喜んでいる人がいてくれれば幸いです。

968 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 : 2012/01/14(土) 23:49:28.28 ID:30X30GSA0
皆童貞じゃないの?
信じてたのに

969 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:50:08.65 ID:wCUsO/q90
乙!

970 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/01/14(土) 23:50:14.80 ID:x2EdozfG0
>>1乙!

971 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:50:25.42 ID:fZX/YLlW0


972 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:50:26.82 ID:WmcVF9f00
おつ

973 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:50:27.46 ID:ODl3Cj9g0
男「///」

974 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:50:34.59 ID:XO4Q/HD+0
おつー

975 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:50:35.64 ID:2mgyx0wq0
乙!

976 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:50:40.53 ID:Jzae8Un70
>>1乙

977 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:50:45.18 ID:09BDYOqM0
乙乙!!
面白かった!!

978 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:50:47.47 ID:s1NMVDd10
>>968
童貞だよ

979 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:50:47.72 ID:+s2/dAm/i
乙!

980 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:50:48.91 ID:zTuA93m00
乙!

981 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:50:57.33 ID:/foOUiJq0
乙!

982 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】 : 2012/01/14(土) 23:50:58.78 ID:T4VYliAd0
1さん乙です

983 : 忍法帖【Lv=25,xxxPT】 : 2012/01/14(土) 23:51:01.79 ID:6I3CTyLv0
乙!

984 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:51:02.20 ID:HZKRGvyr0
>>1乙



986 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:51:06.95 ID:s1NMVDd10
イチモツ

988 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:51:20.71 ID:aX5B5lPM0
1000ならみんな童貞卒業

989 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:51:24.69 ID:by7MTfPw0
乙~

990 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:51:28.35 ID:nx6FCWDB0
二回抜いた

991 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:51:29.63 ID:tgAzwDGO0


992 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:51:30.52 ID:KaNoTTNZ0
おつ

993 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:51:31.91 ID:aIDJ5Kt1O
二つの意味で夢だったわけだ

994 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:51:32.37 ID:9cA8Z7Ay0
>>1乙!
中々面白かたwww

995 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:51:36.16 ID:0AN7EsdGO


996 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:51:36.29 ID:SLPvj9sA
よくやった!
感動した!

997 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:51:39.62 ID:2hNTQg1p0
>>1
乙!

998 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/14(土) 23:51:40.12 ID:6Xp/zD+o0
乙!!

999 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 : 2012/01/14(土) 23:51:40.13 ID:QU6teI340
乙!
最後まで楽しく読ませてもらいました
女とキモオタがガンプラ談議してるところ好きだった
関連記事
[ 2012/01/19 19:38 ] 男「」or女「」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ