FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「クチート…たん?」2/3


男「クチート…たん?」


男「クチート…たん?」



307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/22(金) 22:12:55.54 ID:qMjAz3tc0
ク「ねー男、はやくつぎのまちいこーよ」

男「ごめんね。あしがうごかなくてごめんね」

ハ「じこさいせいはつかわないんデスか?」

男「!?」

ロ「おにいちゃん… わすれてたの?」

男「いやーまさかぁ!さすがの俺もそこまで鳥頭じゃないよーwwww(完全に忘れてたああああああ)」





元スレ
男「クチート…たん?」




310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/22(金) 22:20:24.00 ID:qMjAz3tc0
男「ちょっとPPが切れててね…あはは…」

ク「そんなつかってないでしょ」

ロ「おにいちゃんにもPPあるんだね」

サ「(ご主人さまがこまってる… ここは)」
サ「ご主人さま言いつけのPPマックスを買ってきましたー」

男「ん? そんなものたのんd」
サ「もーご主人さまったらお忘れですか?(口裏合わせてください!)」キュイイイン

男「(テレパシー?)お、おおそうだったありがとサーナさん」

ム「ホントにPP切れだったんだー」

男「お、おうこれでじこさいせいできるよあはは」

ク「……」


303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/22(金) 22:07:21.65 ID:fkJR1ewJP
男「さて。説明はこんなものかな」
黒髪娘「手間を取らせた、男殿」 にこっ

男「結構時間がたったな。面白かったか?」
黒髪娘「うむ、目のくらむ思いであった」

男「そっか」 なでなで
黒髪娘「……むぅ」

男「それじゃさ」
黒髪娘「ん?」

男「何か買ってやるよ」
黒髪娘「え?」

男「その予定だったんだ。沢山は買ってやれないけれど
 買ってやるからさ。何が良い? 選んでみればいいよ」

黒髪娘「よ、良いのか?」 どきどき
男「まぁな。でもダメなものはキッパリダメだからなっ。
 ……特に店のあっちの端には近づかないことっ!」

黒髪娘「迫力があるぞ、男殿。……それなら」
男「どうした?」

黒髪娘「一緒に選んで欲しい」

 

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/22(金) 22:17:33.72 ID:fkJR1ewJP
あ、ごめん>誤爆
意図の結果じゃなくて、どうもp2の鯖が行かれてるっぽい。
詠みながら書き込むと、流れちゃうみたい。
本当に申し訳ない。



 

312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/22(金) 22:31:10.99 ID:qMjAz3tc0
>>309
お詫びにママレサンドを要求する!キリッ

嘘です調子乗りましたごめんなさい!!!



男「さっきはサーナさんの機転の良さに助けられたよ」

サ「滅相もございません」
サ「ご主人さまが困ってるときに助けるのが私の役目ですので」

男「サーナさんってできる秘書って感じだよね」
男「スーツ着せたいな」
男「あと、眼鏡は必要だねやっぱり」
男「スーツで眼鏡で秘書って言ったらちょっとS気味なのがいいなぁ」
男「ちょいS眼鏡スーツ秘書サーナさんやべえええええええええええ」

ロ「おにいちゃんなんかぶつぶついってますね」

ム「またたびだってるねー」

ハ「きにしちゃダメデス」

ク「かえってこい」ポカッ

男「あう」



 
315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[>>314再現度パネェw]投稿日:2010/01/22(金) 22:51:50.69 ID:qMjAz3tc0
男「クチートたんにはぜったい白ワンピ!清純派クチートたんかわいい!お持ち帰り決定!」
男「というわけでクチートたん用の白ワンピ買ってきました」

ク「え?…ありがと」

男「さっそく着替えてもらいましょうかふひひ」

ク「うん」



ク「これでいいの?」

男「おぁおあぁぁああああおお!!!1111かわえええええええええええええ」
男「ちょい照れながらワンピースの裾を気にしながらもじもじしてうつ向き気味のクチートたんくそかわえええええええええええ」

ク「う、うるさい!」




 
321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/22(金) 23:11:09.02 ID:qMjAz3tc0
男「あと、この前約束したのにまだ買ってなかったサーナさんのネックレスも買ってきますた」

サ「わ~いいんですか?ご主人さま!とっても嬉しいです!」

男「それだけだと不公平なんでみんなの分もいろいろ買ってきました」
男「ロコンちゃんにはこれね」

ロ「わー!かわいいおにんぎょうさんだ!ロコン、クチートさんのみがわりみてからずっとおにんぎょうほしかったんです!」

男「喜んでもらえて何よりだよ」ナデナデ

ロ「きゅー」

男「へび子ちゃんにはこれ」

ハ「イヤリングデスか?」

男「似合うと思ったんだけどどうかな?」

ハ「えへへ… うれしいデス!でもボク、自分でつけれないから男さんつけてくだサイ」

男「はいよー」




 
326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/22(金) 23:29:22.25 ID:qMjAz3tc0
男「似合うね!へび子ちゃん美しいね」

ハ「えへへありがとうデス」パタパタ

ム「わたしはー?」

男「ムウマにはこれ」

ム「んー?ぼうし?」

男「いやームウマってなんか魔女っ娘ぽいから似合うと思ってw」

ム「でもこれちょっとおっきーよ」

男「あれ?サイズ合わなかった?」

ム「でももらっとくー」

男「あとなんかお店の人にあやしいアクセサリーももらったからこれもセットであげる」

ム「おとくだねー」


329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/22(金) 23:46:56.83 ID:qMjAz3tc0
男「今日は寝るか」
男「じゃあみんなおやすみー」
男「ってお前はやっぱり俺の頭で寝るんかい」

ム「ここがわたしのていいちだもの」

男「帽子気にいった?」

ム「うん!にあうっしょー?」

男「似合う似合う」
男「そのアクセサリーはどう?」

ム「まだつけてないー」

男「ちょっとつけてみ?」

ム「うぃー」

331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/22(金) 23:54:18.07 ID:qMjAz3tc0
ム「お?なんか…クル…!!」

男「へ?」

ム「…んー!しんかしそー!」

男「ええええええええ!!!!11唐突だな!」
男「な、なにすればいいの!?お湯沸かすの??タオル持ってくる??」オロオロ

ム「ぼーしー!!ぼうしとって!」

男「は、はい!!!」
男「はいこれ!!」

ム「………っ!!!!!」ピカアアアアアアン



333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 00:02:19.02 ID:3MJxxT4a0
ムウマージ「しんかしたー!」

男「うをぉ!ホントだ!!1」

ム「どーかな?」

男「なんつーか魔女っ娘になったね」

ム「かわいい?」

男「可愛い!」




 
337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 00:16:08.08 ID:3MJxxT4a0
男「しんかしても性格あんま変わんないね?」

ム「へびこもあんまりかわんなかったしそーゆーもんじゃない?」

男「そっかー」
男「見た目は大分変ったよな」
男「まさか帽子かぶって進化するとは思わなかったよw」

ム「しんかアイテムだったのかもねー」

男「ってか重くなった?」

ム「え?」

男「なんか頭ずっしりするし」

ム「そんなことない!しんちょうのびたからだしー」

男「いや、絶対重くなったって!3kgは堅いな」

ム「ふとってないしー!」



339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 00:25:41.97 ID:3MJxxT4a0
男「もう頭乗るの禁止ね」

ム「えー!やだー」
ム「わたしのてーいちなのにー!」

男「だって4kgでしょ?もう重いよ」

ム「浮いてればいいでしょー!」

男「もうそれ頭乗ってる意味ないじゃん」

ム「きぶんだけでもいいのー!」


340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 00:34:07.66 ID:3MJxxT4a0
ク「あれ?ムウマ?」

ハ「しんかデスか?」

サ「帽子可愛いですね!」

ロ「ムウマさんおめでとー!」

ム「えへへありがとー」
ム「それとこんどからわたしはムウマージなんですよー」

男「ムウマージのマージはマジカルのマージなの?」

ム「しらなーい」


341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 00:41:11.61 ID:3MJxxT4a0
ロ「ロコンもはやくしんかしたいなー」

男「マージは帽子で進化したしロコンちゃんもなにかアイテムが必要なのかも!」

ロ「アイテム?」

男「ロコンちゃんの母さまはなにか言ってなかった?」

ロ「うーん… お母さまはある日突然しんかしたっていってました!」

男「きっかけとかは?」

ロ「おきたらしてたからわからないんだって」

男「これは難儀な」


342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 00:47:58.68 ID:3MJxxT4a0
男「尻尾が増えてるから尻尾つければいいのかな?」

ロ「しっぽ?」

男「今度尻尾見つけたらロコンちゃんにあげるね」

ロ「はい!ありがとーございます!」



 

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 01:06:54.57 ID:3MJxxT4a0
男「そんなこんなで話しながら歩いてたらハナダにつきまたよっと」

サ「長閑な街ですね」

ク「ねえねえ男、じてんしゃうってるよ」

ム「もってないしかえばー?」

男「でもじてんしゃだとみんなと歩けないしな」

ハ「ボクみたいにボールどっかいっちゃってしまえない子もいマスしね」

ク「男ってホントはじてんしゃのれないんじゃない?」

男「ま、まさかぁー ぼかぁ~そんなに鈍くないぜ姉さん」


349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 01:24:44.54 ID:3MJxxT4a0
男「でもこの街あんま見所もないしもう次の街行っちゃおうかな」

ハ「ここからニビシティへはいけないようデスよ?」

男「へ?なんで?」

サ「道が一方通行らしいんですよ」

男「へーでもとりあえず行ってみるか」



ク「なんかいきどまりだね」

男「この壁?ってなんで片方からは飛び越えられるのにもう片方からはドゥンドゥンってなるんだろうね?」

ム「かべじゃなくてだんさだからじゃん?」

男「ならよじのぼっちゃえ!」




 
351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 01:35:53.71 ID:3MJxxT4a0
男「よいっしょっと」
男「なんでこんなめんどくさいつくりしてるんだろう?」

ロ「ここはいるんですか?」ビクビク

ハ「ロコンちゃんはくらいとこにがてなんデスか?」

ロ「ひ!だせばへーきです!」

ム「わたしこーゆーとこすきだなー」
ム「くらくてじめってるとこすきー!」

ク「あたしもなんかおちつく」

男「クチートたんは薄暗い所好きだね」

ク「うん」



353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 01:50:55.40 ID:3MJxxT4a0
サ「ご主人さま、ここお月見山って言うらしいですよ」

男「へー!俺月すきなんだよね!」
男「なんか見てると力もらえる気がして」

ク「おおかみおとこ?」

ロ「よるだったらきれいなおつきさまみれるのかな?」

ハ「いまはひるだからみえないデスね」

ム「よるはよるでロコンはねちゃうだろうしみれないかもねー」

ロ「うー ロコンもうこどもじゃないからおきてられます!」


354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/23(土) 01:55:02.04 ID:k1Hhq4qr0
しかしまて、ピクシーは羽あるけど空飛べないぞ!
援護系の技多いし可愛いし俺の主力メンバーだけど



355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 02:05:56.83 ID:3MJxxT4a0
男「なんかこの山R団おおいなー」

ク「へんなふく」

ム「びてきセンスをうたがうねー」

ロ「まっくろだね」

サ「ご主人さま、R団にはあんまり関わらないほうがいいですよ」

男「大丈夫大丈夫わかってるって」



 
389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 13:31:50.46 ID:3MJxxT4a0
男「ニビシティとうちゃーく」

ハ「はいいろのまちデスね」

ク「いいまちだね」

男「クチートたんと同じ色だ!いい街だ!!」

ム「あれなにー?」

サ「博物館ですね」

ロ「おにいちゃんロコンいってみたい!」

男「じゃー入るか」



392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 13:40:40.01 ID:3MJxxT4a0
ク「かせきいっぱいある」

ロ「いしがいっぱいあるね」

男「これは化石って言うんだよ」

ロ「かせき?」

男「うん」

ロ「おにいちゃんかせきってなに?」

男「えーっと… いし… かな?」

ク「てきとーおしえんな」ペチン

男「おうふ」



395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 13:52:39.06 ID:3MJxxT4a0
研究員「化石とは、地質時代に生息していた生物もしくはその活動の痕跡を指す。ですよ」

男「ん?」

研究員「いや申し遅れました、わたくしここの研究員でして」

ロ「おにいちゃん、ロコンよくわかりません」ヒソヒソ

男「大丈夫だよロコンちゃん!なんか違う国の言葉だったからしょうがないよ!おにいちゃんもよくわかんなかったし!」ヒソヒソ

ム「バカだねー」

ク「アホだね」



397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 13:59:12.65 ID:3MJxxT4a0
男「ひどいなー」
男「クチートたんだってよくわかんないくせにー」

ク「わかるもん」

男「ホントにぃ?」

ク「かせっきっていうのはね、いしのことだよ」

男「あってた!?」



398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 14:02:41.84 ID:3MJxxT4a0
男「それで、これらの石は貴重なものなんですかね?」

研「こちらの”化石”はですね、非常に学術的価値が高くてまだ未解明なものなども展示されてるんですよ」

男「へー」

ロ「どーいういみですか?」ヒソヒソ

男「売ると高いんだって!」ヒソヒソ

ロ「うったらおかねもちになれますね!」ヒソヒソ

男「いしなのにすごいねー!」ヒソヒソ


399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 14:15:48.68 ID:3MJxxT4a0
研「他にもコハクなんてものもおいてますよ」

男「ふーん」

研「もしなにか化石お持ちでしたらこちらで再現することも可能ですよ」

男「石ならいっぱい持ってる!」

研「その中に化石はありますか?」

男「なんかどれも一緒な気がして」

研「ちょっと見せてください」

男「この袋に入ってますよ」ドスッ

研「(どこにこんなでっかい袋いれてたんだろう…?)」
研「あはは… いっぱいありますね…」



401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 14:31:03.26 ID:3MJxxT4a0
研「おや?これは…」

男「なんか珍しいのありました?」

研「これについてはちょっと調べてみないと何とも言えませんね」
研「少しお時間いただいてもいいですか?」

男「あーいいですよ」
男「どのくらいですか?」

研「では明日また来てもらうということで」

男「りょうかいでーす」




 
405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 14:55:36.58 ID:3MJxxT4a0
サ「化石なんていつ拾ったんですか?」

男「さぁ?石ならしょっちゅうクチートたんが拾ってくるから」
男「ね?クチートたん?」

ク「え?あ、うん」
ク「たまにいいかんじのおちてるから」

ハ「クチートさんはいしひろいすきなんデスか?」

ク「まあね」

男「転びそうになったのを石を拾ったふりしてごまかしてるわけじゃないし石が好きなんだよ」

ク「……」



408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 15:21:37.94 ID:3MJxxT4a0
研「あの石なんですが正体がわかりましたよ」

男「あーお疲れ様です」

研「なんとそのしょうたいとはなぞのすいしょうだったんです!」

男「謎ってwwww」

ム「わかってないじゃーん」

研「……」



412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 15:34:59.84 ID:3MJxxT4a0
研「そ、それでですね、このなぞのすいしょうを精製するとこのようなこころのしずくになるんです」

男「そっすかー」

ム「すごいっすねー」

研「これはさしあげます」

男「どうも」
男「綺麗ですね!アクセサリーにでもしようかな」

研「そのアイテムはとある伝説のポケモンを引き寄せるといわれています」

男「え!?伝説のポケモン?」
男「それはラッキーだ」

研「まぁ言い伝えですから真に受けないでくださいねw」



414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 15:48:09.87 ID:3MJxxT4a0
男「他には何かありました?」

研「いえ、他は化石ではなく石でしたね」

男「そうですか、なにはともあれありがとうございました」

サ「すごいですねご主人さまいつの間にか貴重なものを手に入れてたみたいですね」

男「それもこれもクチートたんのおかげだね」

ク「…まあね」ピコピコ


415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 16:04:57.56 ID:3MJxxT4a0
男「クチートたんの活躍を祝して何かおいしいものでも食べに行こうか」

クハサロム「「「「「わーい」」」」」

男「クチートたんは何食べたい?」

ク「やきにく!」

男「じゃあ焼き肉行くか」ゴツン
男「いてて、なにかに当たった…」
男「…? 何だコイツ?」

ハ「めまわしてたおれてマスよ?」

?「うぅぅぅ~…」

ム「男のずつきでノックアウトしたみたい」



417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 16:21:30.38 ID:3MJxxT4a0
男「赤い鳥?」

ハ「とりデスかね?」

サ「こんなポケモン見たことないですね」

男「おーい生きてるかー」ペシペシ

?「ぅうんん…… はっ!!」キョロキョロ

男「お!生きてた」

ロ「だいじょうぶですか?」

?「あぅぅ… いたいよぉ… お兄ちゃん」




 
422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 16:30:17.97 ID:3MJxxT4a0
男「平気みたいだな?じゃあ行くか!やきにくやきにくやっきにく~♪」

サ「ご主人さま放っておいていいんですか?」

ハ「なんかなきそうになってマスよ」

ム「いもうとよなきやむのじゃ!」

?「っ!? お兄ちゃん!?」

ム「おっ!ふっかつしたー」

?「お兄ちゃんどこ?」キィィィイイイン

ロ「はやーい!」

男「なんだ元気じゃん」

ク「はやくやきにくいこーよ」

男「おっけー」



 
425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 16:36:08.54 ID:3MJxxT4a0
男「着いたー!」

ク「やきにくー♪」

ロ「ロコンがひつけますね!ってあれ?ひついてる?」

サ「ここは炭火焼なんですね本格的です」

男「ちょっと奮発したんだぜ」

ク「男!ないす!」

男「うへえっへええありがとクチートたん」



430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 16:42:56.32 ID:3MJxxT4a0
男「とりあえずタン10人前お願いします」

店員「かしこまりましたー」

ク「男!つぎはハラミたべたい!」

男「いーよいーよー」

ハ「ボクはカルビがいいデス」

男「まかしてー」

ム「このいちばんたかいやつにしよー」

男「おまえのはダメだ」

サ「ご主人さまご飯は大でいいですか?」

男「うん!」

ロ「おにいちゃんおさらとってー」

男「ほいさ」


431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 16:47:57.33 ID:3MJxxT4a0
男「みんなあ焼けたぞ!早い者勝ちだー!」

ク「とれないっ」

男「はい、クチートたんの分」

サ「はいロコンちゃん、焼けてますよ」

ロ「ありがとー!」

男「へび子ちゃん尻尾熱くないの?」

ハ「ドラゴンはひにつよいデスからへいきデスよ」

ム「げっとー」ヒョイ


432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 16:54:22.96 ID:3MJxxT4a0
男「いやーめっちゃ食べたね」

ク「おいしかったー」
ク「またつれてきてね」

男「もちろん!」

ハ「ねぇ男さん、あのひとって…」

ロ「あれーさっきのひといるよ?」

?「お兄ちゃん… どこぉ~」ウロウロ

サ「困ってるみたいですね」

ム「まさかさっきのしょうげきできおくそうしつとかだったりしてー」




 
434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 17:02:07.08 ID:3MJxxT4a0
?「お腹すいたよぉ… うぅ… こころのしずくさえあれば…」

男「なんかどこかで見たことあるんだよなぁ…」
男「どこだっけ?」

ハ「ボクはしらないデスよ」

男「んー… あぁ!あれか!」
男「確かこの辺に… 」ゴソゴソ
男「あった!伝説のポケモン画像」

ム「ラティアスじゃない?」

サ「伝説のポケモンなんですね!」

?「っ!!」
?「私のことしってるんですか?」

男「偶然この画像に載っててね」

?「ほえーいつの間に撮られたんだろう?」
?「あっ!お兄ちゃん!このお兄ちゃんはどこかで見ませんでした?」

男「いやー青いのは知らないなぁ」

?「そうですかぁ…」シュン
?「お兄ちゃん… どこいっちゃったんだろう…?」




 
439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 17:27:51.87 ID:3MJxxT4a0
ラティアス「困ったなぁ… 」
ラ「おなかすいたぁ…」ギュルルウウウ
ラ「あ!?」
ラ「あ、あはは///」

男「チャプチェくう?」

ラ「ちゃぷちぇ?」

男「さっきやきにく食べるついでに買ってきたんだ」

ラ「たべもの?!いいんですか!?おにいさん!!」

男「いいよー 女の子がお腹すかしてるんだ、見逃すわけにはいかねぇよ☆」キラン

ク「きもい」

ラ「ありがとうございますありがとーございあmす!!」


441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 17:33:21.59 ID:3MJxxT4a0
ラ「あえ?こえホントにたべものえすか?」コツコツ

男「……」

ラ「かたいえす!かたいえすよ!!!」コツコツ
ラ「あじないえすうう!!!!」ハムハム

男「…アホの子?」

ク「男といいしょうぶだね」

男「ここまでひどくないやい!」

ラ「食べれる物くださいっ!!!」


442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 17:40:38.79 ID:3MJxxT4a0
男「それは入れものなの!」

ラ「うへぇ… 食べ物じゃないんですか?」

男「開けるからちょっとかして」

ラ「あ、はい」

男「うええぇぇよだれでぐしょぐしょしてる…」パカッ
男「はいこれ」

ラ「ありあgとsござましあ!!!」チュルチュル

男「落ち着いて食べないと詰まらせるぞ」

ラ「ん… ふぁい!ひをつけあす!」モグモグ


443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/23(土) 17:43:31.47 ID:Ge39rs7E0
ラティアスちゃんの唾液は俺が貰った!!!!!!


444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/23(土) 17:44:41.48 ID:d+bHsJ+00
ひをつける……やはりファイヤーか


445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 17:49:08.41 ID:3MJxxT4a0
ラ「ごちそーさまでした!」ケプッ

男「まぁ満足したようでよかったよ…」

ラ「おにいさん… いえお兄様には借りができましたね!」

男「そんなのいいよ~」

ラ「いえ、借りをつくってそのままなんてそんなことできません!お兄ちゃんに怒られちゃう!」

男「(ブラコン?)」

ラ「ブラコンではありません!」

男「!?」


446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 17:59:04.55 ID:3MJxxT4a0
男「ところでお兄ちゃん?探してるの?」

ラ「はい。どこにもいないんです!おかしいんですよ!」

男「迷子?」

ラ「お兄ちゃん方向音痴なんです」

男「(この子がはぐれたわけじゃないんだ…)」

ラ「私は地図読めますから迷子になったりしないんですよ」

男「あぁそう…」

ラ「この街をくまなく探したんですけどいないんです!」
ラ「半年は探してるのにおかしいなー」

男「この街にいるの?」

ラ「え?さぁ?」
ラ「でもそんなの問題じゃないです!この街にはいないみたいなのが問題で…」

男「この街にいないんだったらよその街にいるんじゃない?」

ラ「よそのまち?」

男「うん、よその街」


449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 18:03:48.59 ID:3MJxxT4a0
ラ「よその街ってどこにあるんですか?」
ラ「ここからとおいんでしょうか?」

男「あ、いやよその街って言うのは街の名前じゃなくて… 例えば隣のトキワとかのこと」

ラ「私には難しい話ですね…」
ラ「これがポケモンと人間との差か… 痛感します」

男「 わ か れ よ ! 」
男「痛感とか使えるならそんくらいわかれよ!!」

ラ「わかりません><」



452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/23(土) 18:12:11.97 ID:3MJxxT4a0
男「あー久しぶりにツっこんじゃったよ… 本当はクチートたんにツっこまれるのが好きなのに…」

ク「(むししよう)」

男「あぁはぁああん!!!11放置もイイ!!!」ゾクゾク

ラ「!?」

サ「ごめんなさいね、ご主人さまたまにああなってしばらく帰ってこなくなるから…」

ラ「人間ってスゴイ!」

ク「男のせいでいもうとちゃんがヒトにへんなごかいしちゃったでしょーが」ベシ

男「おうふ… ふひひwwwもっとおおお」

ロ「おにいちゃんもどってきてえええええ!!!!1」ゴォォォォオオオオ

男「あちあち!!!!しぬううううう!!!11いき、いきができないいいい!1!!」




 
492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 00:58:26.81 ID:dBAVcB9t0
ラ「じゃあトキワシティへ行きましょう!」

男「おーがんばれよ」

ラ「行きましょう!」

男「うん」

ラ「い、行きましょう?」

男「いってらー」ノシ

ラ「う…い、い、いっしょにいきま…しょうよぉ…」

男「え?俺も行くの?なんで?」

ラ「お兄様にはお世話になったので恩返しします!」




 
494 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 01:05:39.91 ID:dBAVcB9t0
男「うん… それでなんでトキワに行くことに?」

ラ「ラティオスお兄ちゃん探しながら恩返しします!」

男「それって兄探し手伝えってこと?」

ラ「よろしくです」

男「なんでそんな話になってるの?」

ラ「なってないですか?」

男「なってるの?」

ラ「え?なってますけど?」



496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 01:13:02.22 ID:dBAVcB9t0
男「なってたっけ?」

ク「なってるんじゃない?」

ハ「なってマスね」

サ「なってますよ」

ロ「なってるよ!」

ム「しらなーい」

男「なってたね!」



499 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 01:29:11.51 ID:dBAVcB9t0
ラ「では行きましょうお兄様」
ラ「こっちですよね?」

男「え?そこポケモンセンター…」

ク「ほうこうおんちとおりすぎてない?」



502 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 01:39:08.71 ID:dBAVcB9t0
ラ「えへへ… 間違えちゃった」

男「間違え方にも限度があるだろうよ」

ラ「どっちですか?」

男「あっち」

ラ「あっちですね!よぉーし!いっきまーす!!」キィィィイン

男「消えた?」

ハ「ものすごいスピードであっちとんでいきマシタね」

ロ「ロコンみえなかった」

ム「ひとりでいっちゃったねー」

男「どうすりゃあいいのかな?」

ク「さあ?」


503 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 01:42:53.14 ID:dBAVcB9t0
ラ「ついたぁあああああ!!!」ィィィイイイイン

男「うおっ!?びっくりしたぁあ!!」

ラ「お兄様早いですね!」

男「早いってなにが?」

ラ「着くのが!」

男「えーっと…」

ラ「トキワシティって前のとことあんまり変わりませんね!」
ラ「他の街も全部こんな感じなんですか?」

男「え?」

ラ「え?」



506 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 01:48:51.73 ID:dBAVcB9t0
男「ここはどこでしょう?」

ラ「トキワシティですっ!」

男「いいえニビシティです」

ク「えいごのきょうかしょのぶんしょうみたいになってる」

ム「おもしろいねー」


507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 01:55:31.17 ID:dBAVcB9t0
男「何見て飛んだらこんなことになるんだよ!」

ラ「私、飛ぶときは目つぶるんです!目乾いちゃうから!ドライアイになっちゃう><」

男「ド ラ イ ア イ じゃねーよ!!!」
男「アホかっ!一周して元に戻ってんの!!!」
男「ここさっきいた場所!!!」

ラ「おー!」

男「わかってるの?」

ラ「ん、うーん… 道間違えたってことですか?」

男「っちっがあああーーーーーーあうううううう!!!!!!」



509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 02:01:47.96 ID:dBAVcB9t0
男「もういいから一緒に行くぞ」
男「俺たちから離れるなよ?」

ラ「オーケーボス!!」

男「(こいつめんどくせぇ…)」

ラ「お兄様ひどいよ!!」

男「あーもう!心読むな!!」

ラ「でも… 勝手に…入ってくるんです…///」

男「なぜ照れた」



512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 02:04:56.56 ID:dBAVcB9t0
サ「ずいぶんと賑やかになりましたね」

男「サーナさん… 俺、もう疲れたよ…」

サ「日が沈む前にトキワの森抜けちゃったほうがいいと思うのでもうちょっと頑張りましょうご主人さま」

男「うん…」

サ「あとでマッサージして差し上げますから頑張ってください、ご主人さま」

男「みwwwwなぎwwwwwwってきたwwwwww」




 
514 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 02:19:38.57 ID:dBAVcB9t0
ム「いもうとちゃんはなにタイプなのー?」

ラ「えーっと、ドラゴンとエスパーですね」

ハ「ドラゴン!ボクといっしょデスね!」

ム「うっそー!ドラゴン?」
ム「でもドラゴンっぽくないなぁ」

ラ「そうですか?私はへび子さん見た瞬間にドラゴンだなって思いましたよ?」

ロ「おなじポケモンにはわかるものなんだね」

ク「男がしったらうたがわれそうだね」

ラ「なんでですか?」

ハ「男さんはドラゴンにへんなイメージもっててなかなかみとめてくれないんデスよ」

ラ「マジですかー」


515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 02:30:25.80 ID:dBAVcB9t0
ラ「ねーねーお兄様?」

男「ん?なに?」

ラ「実は私、ドラゴンタイプなんです!」

男「AHAHA!何言ってんだい妹ちゃん」
男「キミはどこからどう見ても立派な鳥ポケモンじゃないかー!」

ラ「鳥じゃないですよ!」

男「じゃ、飛行機」

ラ「飛行機より速いですよ?」

男「じゃ、戦闘機かな?」

ラ「でもミサイル載せてないですし」

男「ロケットって線もありか!」

ラ「さすがに宇宙はいけないかもしれないです」

ハ「はなしすすみそうにないデスね…」


516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 02:39:14.16 ID:dBAVcB9t0
男「もーいいかい、妹ちゃん?」
男「そもそもドラゴンっていうのは二足歩行で口から火吹いておっきな翼が生えててずる賢くて洞窟の奥でお宝を守ってるっていうのが中世ヨーロッパでの通説なのだよ」
男「妹ちゃんに当てはまってるのは翼くらいじゃないか」

ラ「でもドラゴン・エスパーなんですよ?」

男「あ、やっぱりエスパー入ってたのか」

ハ「そっちはすんなりうけとめるんデスね」

ク「ドラゴンもたいがいだけど、エスパーもなかなふしぎなのに?」

男「いやー俺にはクチートたんがどっちのお口でキスするかのほうがふしgゴファアアアアア

ク「しね」


517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 02:54:31.30 ID:dBAVcB9t0
男「冗談はさて置き、妹ちゃんには何回も心読まれてるしやっぱりエスパーなんだなって思ったわけさ」

ム「いがいとまともなりゆーだ」

男「意外って何だ―!俺は常に思慮深いんだぞ!」

ロ「おにいちゃんすごーい」




 
547 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 12:46:11.50 ID:dBAVcB9t0
ラ「ついにトキワシティに着きましたね!」
ラ「ここにお兄ちゃんがいるのかー」

男「そういえば妹ちゃんのお兄ちゃんはどんな感じのひと?」

ラ「私みたいに、明るくて元気なひとです!あと、面倒見も良くていつもいろいろ助けてくれるんです!」

男「しっかりしてるのか」
男「妹ちゃんとは正反対だね」

ラ「そんなことありません!私はドラゴンタイプの中でもしっかりしてる方だと各方面から支持されてるんですよ!」

男「ドラゴンタイプってどうなってんの…」



549 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 12:53:37.35 ID:dBAVcB9t0
ハ「みためはどんなかんじなんデスか?」

ラ「えーと、私の赤いところを青くすればおおむねそんな感じです」

サ「色が違うだけなんですか?双子みたいですね」

ム「2Pカラー?」

ラ「厳密に言うと違う部分もありますけどね」


550 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 13:02:58.19 ID:dBAVcB9t0
ラ「じゃーちょっとお兄ちゃん探してきますね!」キィィィイイイン

ク「またきえたね」

サ「どこまで探しに行ったんでしょうか?」

男「あいつって飛んでる間目つむってるんだよね?」

ロ「え?でもそれじゃあみつけられないよ?」

男クハサロム「「「「「「…………」」」」」」


551 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 13:05:53.03 ID:dBAVcB9t0
ラ「いないなぁ…」ィィィィイイン

男「おわぁ!ビックリするから急に現れるなよー」

ラ「えへへごめんなさい」
ラ「お兄ちゃんいました?」

男「いや、まだ探してないんだよね」

ラ「この街七周半してきたんですけど見つからないです><」

男「そりゃあ目つむってればね…」


552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 13:18:01.34 ID:dBAVcB9t0
男「そもそも妹ちゃんは飛ぶときに目つむっちゃいけないと思うんだ」

ラ「でもドライアイになっちゃうんです!」
ラ「前、目開けたまま飛んでて真っ赤っかになっちゃったんです!」
ラ「カラダも赤いのに目も真っ赤っかです!」

男「そっかー大変だったねー」

ラ「もう目ずっと治らないかと思いました!」




 
554 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 13:25:30.32 ID:dBAVcB9t0
男「今度は歩いて街中探せばいいんじゃないかな?」

ラ「でもゆっくりしてたらお兄ちゃんに逃げられちゃう!」

男「え?お兄ちゃんは妹ちゃんから逃げてるの?」

ラ「逃げてないです!」

男「じゃあそんなに焦る必要もないと思うよ」

ラ「そっかー!」



 
557 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 13:36:00.72 ID:dBAVcB9t0
ラ「ねーねーお兄様!ちょっと私のことぶってー!」

男「え?」

ラ「ちょっとぶってみて!」

男「いやいあやいあや俺そっちの趣味はないからできないよ!!!!1」

ラ「いいから早く早く!」

男「ダメだってー俺は殴られるのが好きなの!」

ラ「ぶー 新技試したいのにぃ」




 
559 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 13:46:27.49 ID:dBAVcB9t0
男「妹ちゃんがパーティインしてから戦闘中にいきなりクチートたんにバトンタッチされる回数が増えた…しにたい」

ク「てっぺきしてあげてるんだからいいでしょ」

男「できればみがわりがいいなぁ… なんて…」

ク「あのこは男がさわるときえちゃうからだめ」

男「ってかなんでトレーナーがバトルしてるの!?おかしいでしょー!!!」

ク「もんくあるの?」

男「ナイデス!」


 
561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 13:52:09.34 ID:dBAVcB9t0
男「あっ!そういえばすっかり忘れてたけど妹ちゃんにはこれに入ってもらいますんでー」

ラ「クチート大好きクラブ?」

男「これで六人目ゲットー」
男「野球するまであと12人必要か… 先は長いな」

ラ「野球するんですか?」

男「今はまだキャッチボールくらいしかできないけどねー」


565 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 13:59:59.69 ID:dBAVcB9t0
男「じゃあここにサインと手形を押してね」

ラ「はーい」ペタン
ラ「あれ?つかないよ!」ペタンペタン

男「そりゃあ朱肉つけなきゃ」

ラ「でも私の手赤いからー」ペタンペタン

男「赤くてもだめなの」

ラ「うーん」ペタンペタン


566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 14:07:10.40 ID:dBAVcB9t0
男「ふー夕飯も食ったしちょっとまったりするか」
男「今日は慣れないツッコミの応酬で疲れたな」

サ「おじゃましますご主人さま」
サ「この前の約束を果たしに来ました」

男「約束?」

サ「マッサージしてさしあげる約束をしましたよ?お忘れですか?」

男「おーあったね!じゃあさっそくお願いしようかな」

サ「はい!」



568 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 14:18:13.93 ID:dBAVcB9t0
サ「ご主人さま… 凝ってますね」モミモミ

男「そう?」

サ「特に… 右腕が…」モミモミ

男「ツッコミするとどうしてもね」

サ「肩も凝ってますね」モミモミ

男「あ、サーナさん…あ、あ、あの当たってる…(うっひょおおおおおおおやらけえええええ)」

サ「ふふ… ご主人さまはわかりやすいですね」クスッ




 
570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 14:27:49.89 ID:dBAVcB9t0
サ「あら?ご主人さま… これは…?」サワサワ

男「あ、いや!!!違うんだサーナさんこれは!!!その…!!!」

サ「ふふ… いいんですよ、ご主人さま… このサーナにすべてゆだねてください…」ピト

男「あ… うん… やさしくしてね」

サ「もちろんですよご主人さま…」






男「でへへへへ」ニヘラ

サ「ご主人さま?どうなさったんですか?」

ム「ふふふ… あやしいひかり… 男はこんらんしたー」

サ「あら?マージさんいらしてたんですか?」

ム「わたしはだいたい男のあたまにのってるからねー」




 
572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 14:34:11.65 ID:dBAVcB9t0
男「あーなんか酔っぱらったみたいにくらくらする」

サ「大丈夫ですか?ご主人さま」

男「うーんたぶん寝れば治る」

サ「そうですか」
サ「では今宵はこのあたりで失礼しますね」

男「うんありがとサーナさん」
男「おやすみ」

サ「はい、おやすみなさい」


男「それにしてもなんか幸せな夢を見ていた気がする…」

ム「とってもまぬけなかおしてたよー」

男「うをぉ!!いつの間に!!」



 
578 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 15:52:40.28 ID:dBAVcB9t0
男「クチートたんと俺が初めて会った時のこと覚えてる?」

ク「わすれた」

男「うそだー覚えてる癖にぃ~このこのー」ツンツン

ク「つんつんすんな」カプッ

男「おほwwww甘噛みwwwwwww」

ク「つぎへんなことしたらわかってるよね?」

男「Yes, Sir!!」


579 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 16:02:42.18 ID:dBAVcB9t0
男「で、会ったときなんだけど…」
男「クチートたんあの時きのみ持ってたよね?」
男「おやつ持ってたの?クチートたんかわいい!」

ク「べつにただのぐうぜんでしょ…」

男「お出かけの時にはかかさずおやつ持ちだすクチートたんかわいい!」

ク「おやつじゃないし」

男「お弁当?」

ク「ちーがーうー!」



581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 16:08:31.34 ID:dBAVcB9t0
男「クチートたんはオッカのみが好きなの?」

ク「うん
ク「あれがいちばんおいしい」

男「ほうほう」メモメモ

ク「いままできづかなかったの?」

男「いやーなんとなくわかってたけどね」
男「きのみシチュー作る時もオッカのみ多めで作ってるし」

ク「ふーん」




584 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 16:16:34.13 ID:dBAVcB9t0
クチー!

男「おっ?メールだ」

ク「!?」

男「ん?どうしたのクチートたん?」ニヤニヤ

ク「そ、そのこえ!」

男「クチートたんのかわいいボイスですよぉー」ニヨニヨ

ク「い、い、い、いいつ!!!??いつとった!!!」

男「うへへー クチートたん夜たまにやってるからそのすきに… いひひいひ」

ク「ゆだんした…」ベキ

男「あ゛ああああああ!!!!11」
男「秘蔵のクチートたんボイスがあああああ!!!!」



587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 16:22:07.31 ID:dBAVcB9t0
ク「まったくゆだんもすきもない」

男「うをぉおおおん!!!11」
男「毎晩寝る前に聞いてベッドの上でゴロゴロしてたのにいいいいい」ヨヨヨ

ク「そんなきもちわるいことしてたんだ…」

男「クチートたんの声が聞けないと寝れないいいいいいいいいい」

ク「じゃあこんどからはあたしがねかせてあげようか?」

男「え?mjd!?」
男「おねえががいあいっましえううすううう」

ク「おっけーまかして」ボコッ!!!1

男「」バタンキュー


588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 16:25:15.33 ID:dBAVcB9t0
ク「…もう」

男「」

ク「おとこ?」

男「」

ク「…ねた?」

男「」

ク「クチー」

男「(かかかかかかわあわわわわあああああああええええええ)」ニヤ


592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 16:44:38.51 ID:dBAVcB9t0
男「いやー昨日はいいことがあった」

ハ「ごきげんデスね」

男「クチートたんの可愛い鳴き声が聞けたのだ!」
男「これがニヤニヤせずにいられるだろうか…! いやできない」

ハ「あはは… よかったデスね」

男「今日の俺は気分がいいからへび子ちゃんにもこの幸せをお裾分けしちゃうぜ」
男「ポチっとな」

クチー

ハ「!?」
ハ「これはかわいいデス!」
ハ「どこでこれを?」

男「昨日ちょっとね… ふふふ」



594 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 16:57:53.28 ID:dBAVcB9t0
男「のわっ!!?」チュドーン!!!!!
男「ななななにいまのビーム!!1111」

ク「はかいこうせん… だっ!」

男「く、く、クチートたん!?」

ク「つぎはないから」

男「はいいいいいいい!!!!!!11」




 
598 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 17:06:24.44 ID:dBAVcB9t0
ク「いまこっちきたらころすから!」

男「え?」

ク「いいからこっちくるな!」

男「クチートたんは反動で動けない… ゴクリ」
男「ぬほっほほほおおおおーーーー!!1111」シュタッ

サ「待ってご主人さま!それは罠です!!」

ク「男… ざんねんだよ」チュドオオオオオオン

ラ「直撃した!?」

ム「ばかなやつー」

ロ「おにいちゃん!!!」

ハ「パワフルハーブ… いつまに…デス」




 
602 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[あ、まちがえた…てへ☆]投稿日:2010/01/24(日) 17:14:03.81 ID:dBAVcB9t0
ラ「二発目はラスターカノン… タイプ一致です…!!!」

男「」

サ「ご主人さまあああああああああ!!!!!!1」

ハ「あれをまともにうけたらいくら男さんでも…」

ロ「おにいちゃん!!1おきて!!!おきてよぉぉおお!!!」




603 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/24(日) 17:15:30.86 ID:isQtu1V20
なんという技の多さ


604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 17:17:02.39 ID:LFGbL45h0
だから破壊光線は関係なくね?って


605 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 17:18:48.68 ID:wHROLfW90
602 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[あ、まちがえた…てへ☆]
↑↑↑↑↑↑↑↑


606 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/24(日) 17:19:39.69 ID:dBAVcB9t0
男「はっ!?ドリームか!」

ク「どうしたの?」

男「えーっと、なんか重大なミスを犯したから
>>594からは夢オチということらしいです」

ク「ふーん」


607 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/24(日) 17:21:03.06 ID:cY5EnUAXP
なんだ夢か


608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 17:21:13.90 ID:tpbOVpcm0
夢じゃしょうがないな


609 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/24(日) 17:21:37.84 ID:tcm3gAZ40
夢なら仕方ないな


610 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 17:24:16.93 ID:b5KbQpmB0
クチートたんおそろしいこ


611 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/24(日) 17:25:35.88 ID:dBAVcB9t0
男「なんやかんやあって結局クチートたんの萌えボイス入りポケギアの存続が決定しました… やったね!」

ク「なんかいった?」

男「イイエナンデモナイデスヨ?」

ク「まあいいけど…」

男「へび子ちゃん、このことはくれぐれもクチートたんには秘密でね?」

ハ「はい、でもボクによわみみせちゃっていいんデスか?」

男「へび子ちゃんは優しいからへーきへーき」

ハ「まぁなんにもしないデスけど…」


612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/24(日) 17:28:01.86 ID:YojP6e8s0
こまけぇことは


613 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 17:29:10.37 ID:LFGbL45h0
萌えボイスが残ればなんでもいいぜ


614 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 17:33:17.59 ID:dBAVcB9t0
ム「……」スーッ

男「ん?」
男「なんだよマージ?近いな」

ム「ズコー」

男「 ! ? 」

ム「うへへ」

男「お、おま、おまあっまあああ……」ブルブルガタガタ

ム「男ーわかってるよね?」ニコッ

男「もうゆるしてえええええ」


632 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/24(日) 21:11:50.49 ID:kMdHkH0OP
男「クチートたん…ハァハァ…」
クチート「私って何でこんな外見でハサミギロチン使えないのかしら…」



633 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 21:26:25.54 ID:tpbOVpcm0
クチート進化したらツインテールになりそう
で、怖くなりそう
ゴニョニョが進化するそれみたいに



634 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/24(日) 21:34:28.05 ID:5J04Ome30
クチートたんが進化したら
ツインテ部分も口になって
もともと口だったほうはもっと大きい口になって
そのかわりもう一本ツノ的な何かができて結果ポニテになって
ほんのちょっと頭身が伸びてすらっとして
きりっとしながらも幼さが残りそしてその中に可憐な乙女フェイスが見え隠れする最高にプリティなお顔から
すらっとして耽美で洗礼されててそれでいて儚くも美しく切なくなるほど愛らしい究極的に素敵なお顔になるに違いない
でもクチートたんはそのままでも十二分に可愛いよね


635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 21:45:29.27 ID:yT9AfAuN0
> もともと口だったほうはもっと大きい口になって
化け物でしかねえじゃねえかw


637 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/24(日) 21:46:25.40 ID:c1NI63wx0
>>634
投身的にはサナやミミロップより少し低いぐらいがいいと思う
種族値は
HP:80 攻撃:120 防御:90 特攻:55 特防:70 素早:80 魅力:255
だな



640 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/24(日) 21:57:44.51 ID:isQtu1V20
>>637
覚える技のこと考えると強いなw


666 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 23:24:16.82 ID:b5KbQpmB0
          / ̄ ̄`ヽ、
         厶_       \
        /´ `ヽ   ト-、⊥--、__
        /    i   /`Y`ー--、 _ `ー、
        /    /   人 |  r‐、 ヽ\  \
      ∧   ノ  人/ |   じ'′!  \/
      /   ̄´  ,イ\! /ヽ __ ノ
    /     /!.\ノ /_ノ \____
   /      人 | //「/  \/  `ー-、
  ./       /  // フ′    \--、_r‐'
  /      _/! i_ン/  / ノ / ヽ\ヽ
 i  __r‐'´__`/_/    `亡ト--、_r'´
 し'´ 亡二 -‐'´         └‐┘

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃. クチートたん                           ┃
┃  「…きす……する?」                  ┃
┃                                ┃
┃                                ┃
┃                [>する   します      ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



 
668 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/24(日) 23:29:41.16 ID:/7z9R7Hp0
>>666
する以外の選択肢が見えない


669 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/24(日) 23:39:13.37 ID:c1NI63wx0
>>666
  する   します   [>させてください



671 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/24(日) 23:54:57.65 ID:IgK6XLsC0
クチートの進化系は、口+チート(騙す)+イーター(食べる人)でクチーターとか妄想してたな


689 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/25(月) 01:08:19.09 ID:jRIPNnIQ0
男「んーそろそろいいかな?」

サ「何してるんですかご主人さま?」

男「おっ!サーナさん!」
男「いやねー最近教わったんだけど、木の実でお酒作れるらしいんだよ」
男「それでちょっと前に仕込んだやつがそろそろころ合いで」

サ「さすがです!ご主人さまは何でもできるんですね!」

男「うへへありがと」
男「でも初めて作ったからどうだろ?成功してるといいけど」

サ「きっと成功してますよ」

男「じゃあちょっと飲んでみようかな」


690 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/25(月) 01:15:41.57 ID:jRIPNnIQ0
男「濁り酒っぽいみためだな」ゴクッゴクッッゴクッ
男「…っ…!!っかああああああ!!!!11」

サ「ご主人さま!?どうかなさいましたか!?」

男「いやー思った以上に強いよこの酒」
男「でも(゚д゚)ウマー」

サ「ホントですか?成功ですねご主人さま」

男「うん」
男「サーナさんも飲んでみなよ」

サ「はい」
サ「じゃあ頂きます」ゴキュッゴキュゥッゴキュッ
サ「わーなんかすごいです!私お酒初めてなんですけどなんかすごいです!」

男「おいしい?」

サ「おいしい!」


693 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/25(月) 01:21:00.58 ID:jRIPNnIQ0
サ「もっといいですかご主人さま?」

男「おーいいよ!いっぱい作ったから」

サ「ありがとーがざいますご主人さま!」

男「俺ももっと飲もうっと」

サ「ではお注ぎしますね」チョロチョロチョロ

男「おっとっとうへへサーナさんありがと」

サ「どういたしまして」ニコッ

男「じゃあ今更だけど乾杯しようか?」

サ「乾杯!?したいです!」

男「じゃあ」

男サ「かんぱーい」ゴキュゴキュゴキュ

男「っかああーーー!!!!いいねええ」

サ「んー ホントおいしいです」トロン


695 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/25(月) 01:26:44.22 ID:jRIPNnIQ0
サ「……」コポコポコポ
サ「……」グビッグビッグビッ

男「ね、ねえサーナさん?ペース速くない?」

サ「ん?何ですかご主人さま?」

男「いやぁサーナさんグイグイいくなぁーって思って…」

サ「んふふ… ご主人さま、杯が乾いてますよ?」トクットクットクッ

男「あ、あぁ、ありがと…」

サ「えへへ… なんだか楽しいですね!」

男「そ、そうだね!」


701 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/25(月) 02:06:02.15 ID:jRIPNnIQ0
男「今日はこのあたりにしとこうかなー…」

サ「もーごしゅひんさまーもっとのみましょうよー」
サ「せっかくたのしくなってきたおころじゃないでうsかあー」

男「サーナさん飲みすぎだよ」

サ「ごしゅじんさまもいっぱいのめらかんけなーい!」ヒュイイイン

男「おわ!ちょ、ちょっとおぷ」ゴクゴクゴク

サ「のめるやないですかー!」ヒック
サ「うふふ… のみほすまではきょうはかえしませーんよー」

男「うぷ… くらくらする…」


703 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/25(月) 02:13:50.86 ID:jRIPNnIQ0
サ「うーあっちゅい」

男「あーサーナさん」
男「俺もう駄目だー 眠い… オヤスミ」バタン

サ「ごしゅじんあまもうれちゃうのー?」
さ「あえ?ごしゅじんさまのほっぺつめたーい」スリスリ
サ「んー」スリスリ
サ「わたしも… ねむい…」スピー




 

関連記事
[ 2012/02/05 17:03 ] ポケモンSS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/198-3225ba99

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ