FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「クチートたん!」2/3

男「クチートたん!」


男「クチートたん!」



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 02:59:45.16 ID:Z8rOzLaZ0
男「やばいやばい!1!!!!1ない!!ない!ないし!!!!!11」

キ「ぅんん… もう… だめぇ!!!!!」ヒュン

クハ男「あ」


男「おーいキルリア!どこだぁ!」タッタッタッ

ハ「キルリアー!どこデスかー!」

ク「キルリアー!どこー!」

ガサガサ

ク「ねえ男!あそこ!なんかうごいてる!」

男「キルリア!?」ガサァ

男「お、お、おおおおおおおおお!!!!!!」

サーナイト「ど、どうでしょうか? …あの… その… 変じゃありませんか?ご主人さま?」

男「イイ… すごくイイ!!!!!1」
男「可愛いい!!!!!!」


元スレ
男「クチートたん!」




226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 03:06:05.63 ID:Z8rOzLaZ0
男「やっべえええええええよ!!!!!!111超かわEEEEEEEEEE」

サ「大げさですよ!照れます…」モジモジ

男「じぶん、めっちゃお淑やかになってるやん!」

ハ「ビックリしすぎて男さんがかんさいべんになってマスね」

ク「あいつがこんなしんかするなんてポケモンってすごいなぁ」

男「ってか本当にあのキルリアなんだよね?」
男「ホントお姉ちゃんでしたー!とか、ドッキリ成功!!みたいなのはないよね??」


227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 03:11:47.65 ID:Z8rOzLaZ0
サ「最初はドッキリつもりでこんな看板用意してたんですけど」ヒョイ
サ「演技のはずが途中からリアル進化になってしまいました」
サ「いたずらしようとしてごめんなさいご主人さま」

男「可愛いからっ許す!」

ク「そくとうって…」

男「あと、もう一回俺のこと読んでみて」

サ「? ご主人さま?」

男「うはwwwwwwwwwwwwもう一回!」

サ「ご主人さま」

男「今度は笑顔でもう一回!」

サ「ご主人さま」ニコッ

男「たまらんwwwwwwwもう一回言ってwwwwwwww」

ク「いいかげんにしろ」ゴチン

男「ゴハァアアアア」



230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 03:20:02.96 ID:Z8rOzLaZ0
サ「だ、大丈夫ですか?ご主人さま」サスサス

男「うんありがと」
男「ちょっとテンションあがって調子乗っちゃったwごめんね」

サ「いいえ、構いませんよ」
サ「私はご主人さまの望みを叶えることが生きがいですのでどんどん調子に乗って貰ってけっこうですよ」

男「なんだこの包容力はぁああああああああ!!!!!」

サ「ふふ… ご主人さまに母性を感じていただくなんて光栄ですわ」ニコッ

ク「ねぇハクリュー?ぜったいべつじんだとおもわない?」

ハ「にわかにはしんじがたいデスね」




 
235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 03:36:24.56 ID:Z8rOzLaZ0
サ「別人じゃないですよ?ちゃんとあのキルリアです」
サ「昔の自分はちょっと破天荒でやんちゃだったので恥ずかしいです…」

クハ男「ちょっと…だと…っ!?」

サ「それにほら!ここにあのリボンついてますし」

男「おあーそれは確かにあの時の」

サ「ほら!ここです!もっとよく見てください」

男「サ、サーナさん胸当たってマスヨ…」

サ「喜んでいただけて私もうれしいです」

ク「」イラッ



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 03:48:48.10 ID:Z8rOzLaZ0
男「クチートたん!?こ、これは違うんだ!!」

ク「サーナイトは男のこころよめるんでしょ?だったらちがわないじゃん」

サ「ええ。ご主人さまと私は繋がってますので」

男「(ちょっとサーナさん!空気読んで!!)」

ハ「ボク、あっちいってようかな」

男「ちょっと待ってへび子ちゃん!!」
男「ちょっとあっち行って一緒に遊ぼうかー」

ハ「にげおくれた!?」




 


262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 11:59:56.36 ID:Z8rOzLaZ0
男「(へび子ちゃん助けて!)」ヒソヒソ

ハ「(そ、そんなこといわれてもボクにはなにもできないデスよ)」ヒソヒソ

男「(なんか別の大きなインパクトでこの場を流して下さい!)」ヒソヒソ

ハ「(ボクただのドラゴンデスし…)」

男「(あ!じゃ、じゃあ山火事でいいから!!この前みたいに火吹いて!)」ヒソヒソ

ハ「(そんなのダメデス!あぶないデスよ)」

男「(もうなんでもいいからなんとかしてー)」

ハ「(う、うーん…)」キュイイイイイン

ク「なにふたりでひそひそしてるの?」
ク「そういうのむかつく」

男「AHAHAHA!ひそひそなんてシテナイデスヨー!」ザアアアアアア
男「うおっ!雨だ!!」
男「今はともかく雨宿りできるところを探そう!!!!」



265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 12:07:27.15 ID:Z8rOzLaZ0
ハ「いちおうがんばってあめふらせてみまシタ」

男「いやー偶然雨降ってきて助かったよマジで…ってえ?」
男「降らせた?」

サ「へび子さんは天候を操れるんですね!素晴らしい能力だと思います」

男「いやいやwwww天候操るとかないっしょwwww」
男「そんな凄い能力あるのなんて」

ク「でんせつのポケモンくらい」

ク男「「だよねーw」」

ハ「(ドラゴンなめられてる?)」



268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 12:16:34.23 ID:Z8rOzLaZ0
男「偶然とへび子ちゃんのお陰でなんとかなった」
男「でもサーナさんなんか性格変わって積極的になったから今後もこういうことありそうだなぁ…」


男「ねーねーサーナさん」

サ「なんですか?ご主人さま」

男「あのさー… クチートたんってああ見えて結構やきもち焼きじゃん?」
男「むやみに刺激しないで欲しいなぁ~なんて思ってみたり…」

サ「はい!ご主人さまのご用命とあらば」

男「よろしくねー」


270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 12:21:51.36 ID:Z8rOzLaZ0
男「あとはクチートたんにフォローしとくか」



ク「なにしにきたの」

男「え~あのぉ~クチートたんとお話したいなぁって思いまして」

ク「あたしはもうつかれたからねる」

男「でもまだ歯磨きしてないよ!クチートたんのかわいいお口が虫歯になったら大変だよ!」

ク「いちにちくらいへいき」

男「だめだめ!」ヨッコラショ

ク「きゅうにもちあげるなー!おろせー!」

男「(…かわいい)」
男「じゃなくて、はーいまずはこっちのおくちね」コシュコシュ



273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 12:31:27.83 ID:Z8rOzLaZ0
ク「…男はあーいうのがすきなんでしょ」コシュコシュ

男「あーいうの?」コシュコシュ

ク「…おとなっぽいおんなのひと」コシュコシュ

男「好きとかじゃなくてぇ…」コシュコシュ

ク「なくて?」コシュコシュ

男「♂っていうものはカイデーなパイオツが近くにあったら目を皿のようにしてみてしまうものなのさつ!!」バスーン!

ク「…きもい」
ク「(そういえば男はへんたいだったんだ)」
ク「…ふかくにもわすれてた」ボソ

男「何か言った?」コシュコシュ

ク「きもいっていった」

男「そっちは聞こえてたよおおおおおおおお!!!!!!!11」


274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 12:36:05.75 ID:Z8rOzLaZ0
ク「もういいから」
ク「つぎはこっち」アーン

男「はーい」コシュコシュ



ハ「なんとかなったみたいデスね?男さん」

男「いやぁ俺のフォロースキルも伊達じゃないってことだね☆」

ハ「(あぁこのキモさはおこるきなくしますね…)」


275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 12:43:33.85 ID:Z8rOzLaZ0
男「えー、今日はクチートたんが無意識によくする萌え動作について語りたいと思う」

男「皆さんもご存じかと思いますがクチートたんは片方のツノがおっきな顎になっています」

男「その特性上、左右の体重バランスが不安定であります」

男「そのため、しばしばバランスを崩してこけています」

男「さの際、本人は地面に落ちている小石を拾うなどのカッムフラージュを試みていますが」

男「ば れ ば れ で す !」

男「クチートたん可愛い!!!」



277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 12:48:28.20 ID:Z8rOzLaZ0
男「ねーねークチートたん!」

ク「なに?」

男「クチートたんの技にのみこむとかはきだすとかあるよね?」

ク「まぁあるね」

男「あれって何をのみこんだりはきだしたりしてるのかなぁ?」ハァハァ

ク「すくなくとも男がかんがえてるようなもんじゃないよ」
ク「あときもちわるい」



279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 12:53:12.19 ID:Z8rOzLaZ0
ハ「……」ズリズリ

男「……」ジーッ

ハ「……」ズリズリ

男「……」ジーッ

ハ「……」ズリズリ

男「……」ジーッ

ハ「な、なんデスか?」ズリズリ

男「いやぁさいきんへび子ちゃん脱皮しないなぁと思って」

ハ「ホントはもうしんかできるけど、とめてるからでしょうか?」
ハ「ためしにやってみましょうカ?」

男「えっ?できるの?」

ハ「たぶんできマス」



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 13:00:48.18 ID:Z8rOzLaZ0
ハ「じ、じゃあ… いきマス… ね…」

男「うん…」ゴクリ

ハ「ん… ぅん~」ヌギヌギ
ハ「はえ!? あ、なんか!このかんじ… あのときみたいデス…!!」

男「お?おおぉおお!?」

ハ「しんか… しちゃうかも…」

男「え!?いやいあやいあいあや!!」
男「だめmだめだめでまでえwせdrtgyふいおklp;@!!!!!11bbbbbbbbbbbb」

ハ「!!!」ビクン
ハ「…とまった?」

男「おさまった?」

ハ「あ… はい」

男「よかったあああ!!!」
男「もうへび子ちゃんってばお茶目なんだから!」
男「あんまり俺のこと脅かすと心臓麻痺でSINUZO☆」

ハ「(男さんがぬげっていったんデスよね…?)」



 
285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/03(日) 13:18:58.27 ID:Z8rOzLaZ0
男「クチートたんのどの辺がはがねかということなんだけど」
男「それはずばり頭のツノと顎です!」

ク「あたまはかなりかたいよ」

男「でもお腹はぷにぷにしてて触り心地抜群!」
男「可愛い!!」



288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/03(日) 13:26:13.89 ID:Z8rOzLaZ0
サ「そういえばご主人さまはどうして旅をしているのですか?」

ハ「あ、それはボクもきになりマス」

男「うーん?なんでだろ?」
男「特に目的はないかも」
男「とりあえず当初の旅の目的はクチートたん似合うためだったけど、もう目的果たしちゃったからなぁ」

ク「あのとき、男ってポケモンもってなかったの?」

男「旅立つときに親にポケモン渡されそうになったんだけど♂だから断ったw」




 
296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 14:13:43.60 ID:Z8rOzLaZ0
男「そんなこんなでまたも新キャラでテコ入れをしようかと思います」

サ「誰を加えるのですか?」

ク「どうせまた♀でしょ?」

ハ「ボクのかげがうすくなるよかんがしマス」

男「でもどの子にしようかなー」
男「週刊CAWAPOKEはサーナイト特集の今週号が出たばっかりだし…」




 
299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 14:23:43.53 ID:Z8rOzLaZ0
ク「ずかんみればいいじゃん」

男「おぉ!そういえばそんなものもあったな!!」
男「えーっとどこしまったかなぁ」

サ「ご主人さま、また道具なくされたんですか?」

ハ「じてんしゃってけっきょくみつかったんデスか?」

男「クチートたんと一緒に歩きたいからPCに預けてたの忘れてた… てへっ☆」



 
302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/03(日) 14:32:48.80 ID:Z8rOzLaZ0
男「あったあった!」
男「目つぶって開いたページの子にしーよう」

ジャラジャラジャラジャラジャラ……ジャーン!

男「キミに決めたぁぁあああ!!!!」
男「こ、これは…」

クハサ「「「!?」」」

男「クチートたんきったああああああああああああああああああ!!!!!!!111」




 
305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 14:38:59.43 ID:Z8rOzLaZ0
男「やべーよこれおいどーすんだよマージーデ!!!」
男「クチートたんと俺は完全に運命的なあれで結ばれててたとえ事象がどんな変化が起きようとも確率論さえひっくり返して俺とクチートたんが結ばれるという結果に帰結するという証明に他ならないのではないだろうか!?」
男「キミはどう思う?」

ク「きもちわるいとおもう」

男「I am shock!!!」



ハ「それでけっきょくどうするんデスか?」

サ「クチートさん二人目加入なんですか?」


306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 14:45:06.80 ID:Z8rOzLaZ0
男「ちょうど今日クチートたんが大発生してることだしクチートたんハーレムを築くことにやぶさかではないけども」
男「呼び方に困るからやめとこうと思います」
男「そんでついでに視界に入ったこの子にしようと思います」

ク「げ… ほのおたいぷじゃない… わたしにがて」

サ「可愛らしい子ですね!流石ご主人さまはお目が高いですね」

ハ「でもどこにいるかわかるんデスか?」

男「なんかこのずかんってぶんおうとかいう項目に居場所載っててさぁ!」
男「こんな便利な機能あるんなら説明書に書いとけって言う話だよねー!」

ク「せつめいしょにかいてあるよ」

男「マジで?」

ク「まじで」



309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 14:52:06.73 ID:Z8rOzLaZ0
男「えーっととりあえずこの地図を見ると…」

ク「みると?」

男「見ると…」

ハ「…みると?」

男「俺には地図が読めないっていうことがわかります」ズコッー

ク「じぶんでボケてじぶんでこけるってどんなきもち?」

男「クチートたんに蔑んだ目で見てもらえてすごくイイキモチです!」

サ「ご主人さま、わたしが見て差し上げましょうか?」

男「おっ!?サーナさん地図読める系?」
男「じゃあお願いしようかな」



 
311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 14:59:26.24 ID:Z8rOzLaZ0
サ「何箇所かあるようですが、ここからだとここが一番近いようですね」

男「どこどこ?」

サ「ここですよご主人さま」ピトッ

男「(うひょwwwサーナさん良いにほひwww)」
男「あーあー!ココね!何回か通ったことあるね!」

ハ「へんなきがじゃまでボクがあめふらせたらとおれるようになったばしょデスね」

ク「つぎあのへんなのがみちふさいでたらかみくだいていい?」

男「汚いからやめなさい」

ク「はーい」


318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 15:09:52.65 ID:Z8rOzLaZ0
男「とうちゃーく!」

ク「ねーまたあいついるよー」

ハ「いっそあの子つかまえちゃいマス?」

男「♂だからダメー」

サ「どうやってどいていただきましょうか?」

ク「あたしがいってじょうはんしんとかはんしんきりはなしてくる」

男「やめて!」
男「クチートたんが急に何か恐ろしいものに見えてきちゃうからYAMETE!!!」

ハ「そんなポケモンににちじょうてきにかじられてるのにピンピンしてる男さんもけっこういじょうデスけどね」

男「ギャグパートでのケガは次のコマには治ってるからいいの!」

ク「ちょっとなにいってるかわからない」


319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 15:17:57.90 ID:Z8rOzLaZ0
ハ「じゃあここはやっぱりボクがあめふらしマスね」

サ「いえ、ここは私に任せて下さい!」

男「ん?なにか策あるの?サーナさん」

サ「はい。見てて下さいご主人さま!」


ウソッキー「キー」

サ「(ご主人さま以外には使いたくないけど)めろめろあたっく!」

男「なにあれかわいい」

ク「あいつすごいめでサーナイトにせまってるよ?」

ハ「ボクちょっとたすけにいってきマス」

男「てんめええええええええ!1111111」バキンキン
男「俺のサーナんに何触ろうとしてんじゃこのお酢野郎が!!1」ビシバシ



322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 15:21:18.22 ID:Z8rOzLaZ0
男「ふーふー」

サ「ご主人さま助けていただいてありがとうございました」ペコ
サ「さっきのご主人さますごくかっこよかったです」

ハ「男さんってなんかつよいんデスね!」
ハ「ボクびっくりしちゃいました」

ク「めがやヴぁいひとみたいになってる…」


323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 15:26:11.94 ID:Z8rOzLaZ0
男「いやー疲れたね」
男「あれ使っちゃうとその日ずっとマジだるびっしゅだからさぁ」

サ「ではこのあたりでお休みしましょう」

男「ちょっと寝てもいい?」

ハ「いいデスよ」
ハ「しゅういはボクがみておきマスんで」

男「ありがとーへび子ちゃん」

ク「あーなんかいいかんじのいしひろっちゃった」

男「(またコケたのかwwwwクチートたんかわえええええええ)」



326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 15:36:24.09 ID:Z8rOzLaZ0
ク「ねーひまー」

男「俺もクチートたんと一緒に遊びたいんだけど今日はあれ使っちゃったからみんなと遊んでて…」

ク「しょーがない」

サ「何して遊びます?」

ク「キャッチボール!!」

ハ「こうれいデスね」

ク「サーナイトはキャッチボールやったことある?」

サ「ないですけどやり方はわかりますよ」

ク「じゃあへいきだね」

ハ「ボールはどれつかいマス?」

ク「男にこれもらった」

ハ「これなんかリュックにいっぱいはいってマスよね?」

ク「よくわかんないけどつくりすぎたらしいよ」



329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 15:46:14.36 ID:Z8rOzLaZ0
サ「じゃあ私から行きますね!えいっ!」ヒュッ

ハ「なかなかセンスいいデスね」ポス
ハ「じゃあクチートさんいきマスよ」ヒュッ

ク「おっけー」コツン
ク「うーとれない」
ク「とるのにがてだなぁ」シュッ

サ「わわっ」ポス

クハサ「わいわいきゃいきゃい」


男「みんな楽しそうだなー」
男「こんな時に動けない自分が不甲斐無いな」


330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 15:51:56.56 ID:Z8rOzLaZ0
男「あーなんか結構きてるのかな?目ちかちかして頭くらくらしてきた…」

ロコン「……」

男「変な紫色の炎も見えるし俺おかしくなっちゃったのかな…」

ロコン「もっきゅもっきゅもっきゅ」

男「やばいな… なんか可愛いきつねポケモンが勝手に俺のきのみ食ってる幻覚見える」

ロコン「くわぁー」コロコロ

男「今度はボールで遊びだした… あいつ可愛いなぁ」


331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 15:57:04.48 ID:Z8rOzLaZ0
サ「えいっ!」シュッ
サ「あっ!変なとこ投げちゃいました!?」

男「オボォ」ゴチン

ロ「きゅ」ポカン

男「……」
男「…なんだ?」

サ「ご主人さま大丈夫ですか?」

ク「なんかへんなおとしたけどいきてる?」

ハ「男さんたんこぶできてマス」

男「いや、このくらい大丈夫だよー」
男「それよりなんか可愛いのが俺の横にいた気がするんだけど…」

サ「…ん? あれ? このボール何か入ってますよ?」

男「え? あれ? ホントだ!」



335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 16:10:43.13 ID:Z8rOzLaZ0
ク「これ、さがしてたポケモンじゃない?」

サ「すごい偶然ですね」

男「とりあえず出して見るか」ポカン

ロ「くぅわー」

ハ「かわいいデスね」

男「じゃあ恒例の新人いぢりといきますかふひひ」
男「まずはがくしゅうそうちで」ウィーン
男「これでよしっと」
男「じゃあ自己紹介してもらおうかふひひ」

ロ「あ、あの… はじめましてリョコ… ロコンです!」
ロ「え、えっとよろしくどうぞ!」

男クハサ「「「「「萌えキャラだー!!!」」」」



 
339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 16:16:20.48 ID:Z8rOzLaZ0
ロ「あ、あのさっきはとってもおなかすいててかってにきのみたべてごめんあしあ!!」ウルウル

男「……」

ロ「うぅぅ… ごめんなしああ」ビクビク

男「可愛いから許す!!!」

ク「そんなにびびらなくてへいきだよ」

ハ「いじめたりしないデスから」

サ「これからは同じ仲間として仲良くしましょう」

ロ「あ… ひゃい!よろしくおねがいします!!」ペコ



342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 16:25:23.61 ID:Z8rOzLaZ0
ク「ロコンちゃんはほのおタイプだよね?」

ロ「あ、そうです」

ク「あたしほのおにがてだからこっちにひふかないでね」

ロ「きょーつけます!」

男「ロコンちゃんは得意技とかある?」

ロ「えっとまだほのおわざよわいのしかつかえないんであしでまといになっちゃうかもしれないです><」

サ「息継ぎ!息継ぎして!ロコンちゃん!」



 
348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 16:31:13.70 ID:NybGikrmO
ロコン=ロリコン
キュウコン=美人好き




350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 16:35:46.83 ID:Z8rOzLaZ0
男「あと、キミにはこれに加入してもらうからここに足形お願いね」

ロ「くちーとだいすきくらぶ?」

ク「男!ちょっとやめてよ!かみくだくよ!」

男「この会はここにおられる超絶かわいいクチートたんをひたすら愛でる会なのである!」

サ「私も入ってるんですよ」

ハ「ボクもなりゆきで」

ロ「あ、じゃあはいります」

男「じゃあ足形ここで」

ク「はなしきけや」




 
355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 16:47:06.29 ID:Z8rOzLaZ0
ハ「へー!ロコンちゃんもしんかするんデスね!」

ロ「はい!きゅうびのきつね?っていうすごぉいようかいらしいんですそれでロコンのおかあさまもそのきつねでとってもかわいくてきれいでかっこよくてあこがれてるんです!!!」ハァハァ

ク「こうふんするといきつぎわすれちゃうね」

サ「必死な感じが可愛いですね?ご主人さま」

男「ねぇロコンちゃん、ちょっとだっこしてもいいかな?」

ロ「あ、はい…」

男「うっひょおおおおおおおお毛触りぱねええええええええええええ」



359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 16:53:55.10 ID:Z8rOzLaZ0
男「考えてみたら今まで毛皮系のポケモン抱っこしたことなかったかも!」ナデナデ
男「めっちゃ手触りイイなぁ」ハァハァ
男「あとこのにくきうwwwwwwぱねぇwwwwwwwwwww」

ロ「ひゃっ!し、しっぽはあんまさわんないでくだい…」

男「カワユスなぁ」ハァハァ


361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 17:03:14.76 ID:Z8rOzLaZ0
男「ロコンちゃんの尻尾はナチュラルでクリンクリンなの?」

ロ「これは毎朝おかあさまにやってもらっています!」
ロ「ロコンはこのしっぽがただいすきなんです!」

男「(尻尾型?髪型みたいなものかな?)」
男「あーでもこれからはおかあさんはいないから…」

ロ「あ… え? あの… かあさまにはもうあえないの?」ウルウル

男「一応、一緒に旅してもらうことになるから…」

ロ「あ、あの!おかあさまにあいさつしてきてもいいですか!?」
ロ「ロコンはたびにいってきますっていってきます!!」

男「あー行っておいで待ってるから」
男「なんか悪いことしちゃったなぁ…」

サ「大丈夫ですよ」
サ「ロコンちゃんも旅に乗り気でしたし」

ロ「もどりましたー!」

男「早かったね!?」

ロ「おかあさまはかわいいむすめにはたびをさせろってゆってました!」

男「そっか… じゃあ今度からは俺がロコンちゃんの尻尾セットするから」

ロ「うん!おねがいしまう!」



 
413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 21:55:58.98 ID:Ek7nFDY6O
>>1はシロシロ、レッキュン の人?



 
433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/03(日) 23:53:35.57 ID:rxZMsuKC0
面白いんだけどセリフが平仮名ばっかりで読み辛い事が多い・・・



440 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/04(月) 00:27:14.83 ID:e8RQpHmX0
まだ残ってた!!
こんな遅くまで保守していただいてありがとうございます!!!


>>413
初スレ立てなんで違います
でもかなり影響受けてますw

ラルトスの性格が某ポケモンSSに似てるのも影響受けたからですw


>>433
すいません><
でもそういう設定ですので…





447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/04(月) 00:33:46.38 ID:e8RQpHmX0
男「なんかへんなマッシーンを拾った!」

サ「ご主人さま、それはわざマシンでは?」

男「わざまっしーん?」

ハ「それをつかうとポケモンにわざをおぼえさせることができるというべんりグッズなんデスよ?」

ク「ポケモンにどうぐのつかいかたおそわるって…」

男「クチートたんひどい!!!」
男「でもそんな憐みの目で見下すクチートたんも素敵だよ」

ロ「男さん!ロコンもそれがなんだかわからなかったですからあんしんしてくださいね」

男「ありがとーロコンちゃんはやさしいね」ナデナデ

ロ「きゅー」


448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/04(月) 00:38:17.63 ID:e8RQpHmX0
男「中身は何だろう?」
男「えーっとなになに?商品名わざマシン90…?」
男「このシリーズっていっぱいあるんだねー!」

サ「90ってなんの技でしたっけ?」

ハ「さすがにボクもそこまではしらないなぁ」

男「…みがわり?」

クハサロ「「「「みがわり???」」」」


449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/04(月) 00:43:15.45 ID:e8RQpHmX0
男「なんかよくわかんないしとりあえずしまっておくか」

ク「あたしそれちょっとつかってみたいな」

男「え!?ダメだよ!!こんな道端に落ちてる怪しい機械をクチートたんに使うなんて俺にはできない!!!」

ク「ポチっとな」

男「ああああああああああああああ!!!!!!!11」

ク「お? …ぉぉおおお!? ん?」

男「だ、大丈夫??クチートたん?」

ク「だいじょぶ」
ク「なんかしんわざいけるようになったきがする」

男「どんなの?」

ク「つかってみないとわかんないからおとこにつかってもいい?」

男「え、でも痛いのはちょっと…」

ク「…おねがい」
ク「はじめては… 男がいいな…」

男「!?」
男「よろこんで!!!」


451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/04(月) 00:46:01.56 ID:nF4xEW2r0
>ク「はじめては… 男がいいな…」


エロいwwwwうひょーwwwwwwwwwwwww





 
454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/04(月) 00:46:58.15 ID:e8RQpHmX0
ク「じゃーいきまーす」
ク「えいっ!」ボウン



男クハサロ「「「「「なんかでたー!!!」」」」」

男「なにこのかわいいの」

ロ「ぬいぐるみ?」

サ「可愛いですね」

ク「…かわいい」


455 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/04(月) 00:53:33.54 ID:e8RQpHmX0
ハ「このぬいぐるみホントかわいいデスねー!」ナデナデ

ロ「ロコンもほしーなー」ナデナデ

サ「和みますね」ナデナデ

ク「……」ナデナデ

男「柔らかいの?」サワッ ボウン!!
男「あれ?消えた?」

ク「あー!こわすなー!」

ロ「どっかいっちゃった…?」

サ「消えちゃいましたねー」


458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/04(月) 01:02:33.39 ID:e8RQpHmX0
ク「ちょっとどこやったのー!」

男「あ、いやえっと… 触ったら消えちゃったっていうか…」

サ「どこに消えてしまったんでしょう?」

ハ「そもそもどこからきたんデスかね?」

ロ「きゅーにでたよ!ボウンっていってなんかもやもやしてそのあとあのこいたよ!」

ク「もういっかいだしてみるか」ボウン

ロ「でたー!」

男「かわえええ!!!」

ク「男はさわっちゃだめー!」
ク「さっきは男がさわったらきえちゃったからだめー」



461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/04(月) 01:11:10.46 ID:e8RQpHmX0
ク「なんかこれだすとつかれるなぁ」

男「大丈夫?クチートたん?」

ク「んーけっこうつかれた」
ク「これのんでいい?」

男「え!?でもそれはこのまえお店で買った怪しい薬だよ?大丈夫?」

ク「へいきじゃない?」
ク「ん… いがいといける」ゴキュゴキュ

男「だいじょうぶかなぁ…」
男「かいふくのくすりって書いてあったけど怪しいよなぁ」
男「なんか微妙に高かったし」



464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/04(月) 01:19:14.09 ID:e8RQpHmX0
男「ネタ的なあれで買った割には役に立ったな」
男「ちょっとあとで業者にいっぱい発注しとくか」

ハ「ところでさっきのわざはどういったいみがあったんデスかね?」

ロ「かわいいのだしてきをそらせる!とかかなぁ?」

男「みがわりって名前からすると自分の代わりにあのかわいいので攻撃を逸らすとかかなぁ?」

サ「なんかざんこくなわざですね」

ク「あのこじゃかわいそうだからおとこがみがわりになって」

男「よろこんで!!!」


465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/04(月) 01:24:44.68 ID:e8RQpHmX0
男「でも逆に敵にやられたら結構やっかいなわざだなぁ」
男「みんな可哀そうで攻撃できないって言うだろうし」
男「クチートたんなんて特にああいう可愛いの好きだし…ん?」
男「待てよ… もし俺がみがわりを使えたらクチートたんにアイアンヘッドされなくなる…?」

ロ「ここから男さんのもうそう?かいしでーす」



467 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/04(月) 01:35:40.20 ID:e8RQpHmX0
ク「ねえ男!またあたしのきのみかいわすれたでしょ?」

男「え?あれもう全部食べちゃったんだっけ?」
男「もうないの?」

ク「さっき男がつまみぐいしたのがさいご」

男「…うそだろ!?」
男「ちょ、ちょっとまって!!!バクタベテナイヨー!」

ク「なにいってるかわかない」
ク「せきにん… とれるよね?」

男「かみくだくだけは!かみくだくだけはやめてください!!」

ク「じゃあアイアンヘッドね」

男「タイプ一致だとぉ!?」
男「じゃなくて、ここはこの新必殺技を使う時だ!」
男「いけっ!みがわり!!」



470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/04(月) 01:44:40.40 ID:e8RQpHmX0
ク「!?」
ク「…かわいい」

男「ふはは!このかわいいのを前にしてはさすがのクチートたんも攻撃できまい!」
男「これでクチートたんにおしおきされずにいたずらできるぞおおおおおおお」

ク「おとこにちょくせつこうげきすればかんけいない」

男「ちょいちょいちょい!」
男「ポケモン的にそれはなしッスよ!!」ゴガーン




 
476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/04(月) 01:53:47.25 ID:e8RQpHmX0
男「と、まぁ妄想のなかでもクチートたんにボコされたわけなんですが」

ク「なにひとりでニヤニヤしながらぶつぶつひとりごといってるの?」

男「なんでもないよ」キラン☆

ク「なんかもうぜんたいてきにきもちわるいね」

ロ「男さんってロコンにみえないヒトとおはなしできるんですか?」

男「ロコンちゃんもおっきくなったら見えるようになるよ」

ク「ならないよ」


477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/04(月) 02:06:30.57 ID:e8RQpHmX0
サ「みがわりを覚えてからクチートさんはしょっちゅうあの人形だしてますね」

ハ「お気に入りみたいデスね」

ろ「ロコンもあのこすきだよ!」

ク「ねぇ男!つかれたからおんぶして」

男「またー?クチートたんみがわり使いすぎだよー」

ク「いいの!」

男「まぁいいけど」ヨッコイショ

ハ「あれがめあてっぽいデスねw」

サ「私もみがわり覚えたいなぁ」

ロ「ロコンはね!みがわりおぼえたらいっしょにねるの!!」



481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/04(月) 02:14:28.96 ID:e8RQpHmX0
ロ「男さんおはよー」

男「おはよーロコンちゃんは今日もはやいね」

ロ「うん!きょうもしっぽやってー!」

男「じゃあうしろ向いて」

ロ「うん」

男「じゃあドライヤーと」ゴオオオ
男「クシでクルクルして」
男「できた!」

ロ「男さんありがとー」
ロ「だいぶうまくなったね」



489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/04(月) 02:57:59.42 ID:KZuXOuon0
男「へび子ちゃんって冬眠しなくて平気なの?」

ハ「ボク、ドラゴンデスからとうみんしないです」

男「へーさいきんのヘビは冬眠いらないんだ?」

ハ「あ、あのボクどらg男「へび子ちゃんが冬眠したら運ぶのちょっとしんどいねーw」

ハ「ドラゴン…」




589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 11:00:22.60 ID:nAK7SOtC0
男「クチートたんのかみつくってわざのタイプ悪なんだね!?」

ク「あくだね」

男「本当は純粋無垢なのに悪ぶってるクチートたん可愛い!!」


590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 11:05:34.83 ID:nAK7SOtC0
サ「あくと言えば私、悪タイプダメなんです」

男「ダメというと?」

サ「あくタイプにはなぜかエスパーわざ効かないんですよ?」

男「へー それはやっかいだ」

サ「ですから相手があくだとご主人さまの力になれません…」
サ「ご主人さま… 足手まといでごめんなさい」

男「苦手なタイプなんだからしょうがないよ!」
男「サーナさんはこの前急に出てきたマッチョのポケモンから守ってくれたし足手まといなんかじゃないよ!!可愛いし!!!」

サ「ご主人さま… かわいいのは関係ないかと」ポッ



592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 11:10:31.01 ID:nAK7SOtC0
ハ「ボクはこおりがにがてデス」

男「へび子ちゃんは寒いの苦手そうだよねー」

ハ「はい… 冷たいのはダメデスね」

男「変温動物だからねー」

ハ「あとはドラゴンわざも苦手デス」

男「ヘビなのに?」

ハ「え?」

男「え?」


593 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 11:15:50.48 ID:nAK7SOtC0
男「ロコンちゃんはなにか苦手なものある?」

ロ「ロコン、きのこがあんまりたべれないです」

男「きのこかー」
男「確かにキノコはクセあるからねー」

ロ「おかあさまにはすききらいしちゃダメっていわれるんですけどロコンあれあんまりすきじゃなくていつものこしちゃうんです」ハァハァ

ク「いきつぎいきつぎ」

ロ「だからキノコあんまりいれないでね?」

男「うん!絶対入れない!!」


594 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 11:20:19.24 ID:lSiLZwea0
股間のキノコを食べさせようとしないようで安心しました


595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 11:21:47.77 ID:nAK7SOtC0
男「苦手なタイプみたいなのはなんかない?」

ロ「たいぷ?」

男「ロコンちゃんはほのおタイプだからみずが苦手なのかな?」

ロ「ロコンみずあそびすきです!」
ロ「おかあさまがひをだしておみずをあっためてくれてそれでロコンのことあらってくれるの!!」
ロ「あれとってもきもちよくてロコンめつぶっちゃうんだけどなんだかさっぱりしたきぶんになれるからロコンおきにいりなんです」ハァハァ

ハ「いきつぎいきつぎ」




 
598 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[1desu]投稿日:2010/01/05(火) 11:30:39.62 ID:nAK7SOtC0
男「この世の中には交換するときに進化するポケモンがいるらすぃ」

ク「こうかん?」

男「別の人とポケモンをとっかえっこすることだよー」

ク「ふーん」
ク「でも男はいっしょにこうかんしてくれるようなともだちいないよね?」

男「!?」

ク「わたしがつうしんでしかてにはいらないポケモンだったらたいへんだったね」

男「そしたら二台買えばいいだけさ!」
男「そんな瑣末なことで俺とクチートたんの愛は打ち砕かれなぁぃぃいいい!!!」

ク「うるさいバカ」ピコピコ



600 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 11:41:19.17 ID:nAK7SOtC0
男「ねーねーサーナさん」
男「♀のキルリアはサーナさんみたいになるけど♂のキルリアもサーナさんみたいになるの?」

サ「えーっと確か♂はエルレイドという別のポケモンに進化するそうですよ?」

男「ほー(やはり育てるべきは♀だな…)」

サ「ご主人さまは♀ならなんでもいいんですか?」

男「え!?いや!!そんなっことはナイヨ!!」

サ「ご主人さまと私は繋がっているんですからあんまり変なこと考えないでくださいね?」

男「は、はい(つ、つながってる… ゴクリ)」

サ「(もぉ~ご主人さままたえっちなこと考えてる…)」ポッ



602 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 11:48:05.59 ID:nAK7SOtC0
男「そーいえばクチートたんって進化しないよね?」

ク「しないよ」

男「今どき進化しないポケモンもなかなか珍しいよね?」

ク「もんくあるの?」

男「ないです!」
男「むしろクチートたんには進化しないでほしいです!」

ク「なんで? つよくなるかもしれないけど?」

男「クチートたんはそのままでいいの!」
男「可愛ければ強さとかどうでもいいの!」

ク「…へんたい」


603 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 11:54:53.64 ID:nAK7SOtC0
男「今日から真剣にクチプラスの開発に着手しようと思う」

ロコン「くちぷらす?」

ハ「ききなれないことばデスね」

サ「……」

ク「どうせへんなことかんがえてるんでしょ?」

男「変なことじゃないよ!」
男「これは世界中のポケモントレーナーにクチートたんの愛らしさを伝えるという一大計画なのだっ!」


604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 12:00:57.53 ID:nAK7SOtC0
ハ「ぐたいてきにはどういうものなんデスか?」

男「これには元となるゲームがあってだね」
男「大雑把にいってしまえば恋人とイチャイチャするというのがそのゲームのもくてっきなんだが」
男「これをクチートたんとイチャイチャすることを目的に開発しなおすことで」
男「全世界中のクチートフリークに夢と希望を与えるという計画なのです!」

サ「でもご主人さまはもう十分にクチートさんとイチャイチャしてるじゃないですか?」

男「え?」

ク「し、してない!」
ク「男とイチャイチャなんてしてないっ!」


608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 12:19:22.47 ID:nAK7SOtC0
男「!?」
男「ちょっとまって!やだやだyだやだあぢゃああ」
男「むし!!むしいいいいいいやあああああああ」

ク「またはじまった」

ハ「男さんはホントにむしがにがてデスね」

サ「私も苦手です…」

ロ「男さん!ここはロコンにまかせて!えいっ」ボオオ
ロ「やったー!たおしたよ!」
ロ「すごいでしょー!」

男「むしこわいむしこわいむしこわい」

ク「あしにキャタピーついてるよ?」

男「」バタン

クハサロ「「「「きぜつしたー!!!」」」」


610 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 12:27:32.60 ID:nAK7SOtC0
ク「ホント男のむしぎらいにもこまったものね」
ク「いちいちあのちょうしじゃめんどくさくてしょうがない」

ハ「へたにもりなんかにははいれないデスね」

サ「私を探しにトキワの森に行った時はどうしてたんですか?」

ク「あのときはめかくしさせてハクリューにのせてたからへいきだった」

ロ「いいなー!ロコンもハクリューさんのせなかのりたーい!」

ハ「いいデスよ」


611 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 12:43:11.58 ID:nAK7SOtC0
男「はっ!?ココはドコ?」
男「わたしは…だれ?」

ク「バカなことやってないではやくいこうよ」

男「はーい」

ロ「ハクリューさんのうえたかーい!」

ハ「ボクけっこうおっきいデスからね」


612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 12:56:19.75 ID:nAK7SOtC0
ク「ねーなんかへんなおじさんにわざおしえてもらった」

男「わざ?」

ク「なんかわざっぽくないけどこんなの」
ク「~♪」

男「!?」
男「かわええええええええええええ」
男「うたうクチートたんマジかわえええええええええええええ」
男「あ…れ…? なんか…眠気が…」
男「でも絶対寝ない!!クチートたんが可愛く歌ってるのにねれるかああああああああああああ!!!!!!!」

ク「うるさくてしゅうちゅうしてうたえない」


617 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2010/01/05(火) 13:21:34.10 ID:nAK7SOtC0
Prrrr Prrrr

ク「ねえなんかなってるよ?」

男「ん? 何か鳴るようなもの持ってたっけ?」

ハ「ポケギアではないデスか?」

男「ぽけ…ぎあ…?」

サ「電話やラジオが内蔵されてる道具ですよ」
サ「ご主人さまのかばんに入ってますよ」

男「えーっと」ゴソゴソ
男「これ?」

ロ「それはいしだよー」

男「なんかいろいろありすぎてわかんないや」


618 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 13:30:06.19 ID:nAK7SOtC0
サ「ご主人さまっていろんな道具持ってますね」

男「いたるところで拾うからねー」
男「でも八割がた何に使うかわかんないんだw」
男「特にこの石系が謎なんだよね」
男「いろんな色で奇麗だから一応取っといてるけど」

ハ「ボクもそれはなんなのかよくわかんないデスね」

ロ「きれいないしー!ロコンはこのあおいのがすきだなぁ」

男「じゃあこれロコンちゃんにあげる」

ロ「男さんありがと!」
ロ「うれしいなぁ♪」

男クハサ「「「「かわいいなぁ」」」」


619 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 13:41:17.62 ID:nAK7SOtC0
ク「ところでさっきからずっとそれなってるよ」
ク「うるさいからとめてよ」

男「おあぁそうだった!ロコンちゃんが可愛くてすっかり忘れてた!」
男「でも電話してくるような人いたっけなぁ?」
男「はい、もしもし?」

エリートトレーナー♀「あ、もしもし。私です。元気してた?」

男「え?あ、はい元気です」

エ「なんかカタいなぁw 私のこと覚えてないとか言わないよね?」

男「んー忘れちゃった☆」

エ「あははキモいなぁw まぁなんでもいいけどまた勝負しようよ!」
エ「この前のところにいるから近くに来たら寄ってね」

男「あーこの前のとこね!わかったわかったーはいはい。じゃ、またー」ガチャッ

ク「だれだったの?」

男「誰だったんだろう?」


620 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 13:46:58.51 ID:nAK7SOtC0
ク「ようけんは?」

男「また勝負しようって言われた」

ハ「ドコでしょうぶするんデスか?」

男「さぁ?」

サ「ご主人さまは忘れっぽいですからね」

男「ジェントルマンだったら頑張っていくところだけど相手女の子だったし違うっぽいからいいや」



623 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 13:59:58.34 ID:nAK7SOtC0
男「そろそろ買い物しないとな」

ク「もうあのくすりないの?」

男「まだちょっと残ってるけどだ大分減っちゃったから」
男「クチートたんが身代わりばっかするから減りがはやいよ…」
男「あの人形が可愛いのはわかるけど一撃で倒せるような敵の時はなるべくささっと倒してもらいたいなぁなんて思わなくもない気にもしあらずなんですが…」

ク「あのくすりがのみたいからいいの!」



625 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 14:05:07.84 ID:nAK7SOtC0
ロ「男さん!男さん!ロコンね!ロコンね!ひでるようになったの!」
ロ「みてみて!」ゴォォォオオオ

男「おー!すごい!」

ハ「つよそうなかえんほうしゃデスね」

ク「……」ビクン

ロ「ロコンつよくなれたかなぁ?」

男「うんうん!ロコンちゃんはもう立派なほのおポケモンだよ」ナデナデ

ロ「きゅー」


626 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/01/05(火) 14:13:40.79 ID:nAK7SOtC0
ロ「これでロコンもおとなになったかなぁ?」

男「もうおとなだね」
男「いつ進化してもおかしくないかも」

ロ「えへへ」
ロ「ロコンがおっきくなったらおかあさまもびっくりするだろうなぁ♪」

ハ「ロコンちゃんはあとなんレベルくらいでしんかするんデスか?」

ロ「? れべる?」

サ「戦った後にたまに強くなったきがする時ありませんか?」
サ「あれのことですよ」

ロ「ん~よくわからない…」

男「まぁゆっくりでいいよ」


関連記事
[ 2012/02/05 16:50 ] ポケモンSS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/197-611547cb

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ