FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女神「妾が嫁になってやろう」3/3

女神「妾が嫁になってやろう」


女神「妾が嫁になってやろう」




508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 14:29:16.03 ID:HRInSBy80
神「ところで、その狐はどこへ行った?」

男「それならさっきテレビ見るって」

狐「いやぁぁぁぁぁですぅぅぅぅぅぅ!!」ダダダダダ

狐「怖いです旦那様ー!」ガクガクブルブル

男「な、なんだどうした?」

狐「てれび怖いです! お化けですー!」

男「お化け?」



元スレ
女神「妾が嫁になってやろう」







509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 14:33:50.10 ID:HRInSBy80
テレビ<イェアアアアアアア ピャアアアアアアアア

男「心霊特集か……これ見たの?」

狐「怖いですーお化けがこっち見てるですー……」ビクビク

男「大丈夫だから、偽物だから」

神「……」ニヤリ

神「おや? お主の肩に手が」

狐「ひゃあああああ!?!?」

男「おいおい」

神「ぷくく、面白いやつじゃ」




 
511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 14:39:25.99 ID:HRInSBy80
男「よしよし、俺がいるから」

狐「怖いですー旦那様ーいなくなったら嫌ですー」ブルブル

男「わかってるよ、手繋いでるから」

狐「あうー」

神「ちょっとからかっただけじゃよ、気にするでない」

狐「……ほんとですー?」

神「あっ」

狐「ひぃ!?」

神「嘘じゃ」ケラケラ

男「あんまからかうなよ」

神「ははは、すまぬのぅ」




 
513 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 14:50:04.05 ID:vxp6w3G40
妖怪なのに幽霊が怖いのか


514 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 14:58:20.79 ID:HRInSBy80
男「妖怪なのに幽霊怖いんだな」

狐「怖いですー幽霊はホントにいるですよー」

男「え、マジでいるの?」

狐「いるですよー」

男「あー、ホントにいるから怖いのか、なるほど」

狐「旦那様は怖いものないです?」

男「怖いものね……今は」ガチャ

濡「おかえり」ニヤリ

男「濡女子かなぁ」


515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 15:09:05.62 ID:HRInSBy80
狐「すやすやー」

男「うぐぐ……」

男(饅頭が! おっきな二つの饅頭が俺を苦しめる!)

濡「……ふふふ」スリスリ

男(ちょ、どこ触ってる!)

濡「……ちゅー」

男「わひー!」

男(首筋にキスすんなゾクッとするわ!)


517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 15:16:22.76 ID:HRInSBy80

男「いろいろあったけどもう一週間か」

神「もう一週間もたったのか、時が流れるのは早いのぅ」

男「神様が言うと説得力あるなぁ」

狐「旦那様! 洗濯物畳みました!」

男「ありがとな、はいご褒美」ナデナデ

狐「はふー」

濡「……」ビチャビチャ

男「また傘使わなかったのか……ほら風呂行くぞ」

濡「……」ニヤリ

神「平和よの、平和が一番じゃ」




 
571 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 18:32:12.30 ID:jcOZNu/00
神「平和なことはよいことじゃよ」

男「まぁ悪くはないね」

神「そうじゃろう、妾の力のおかげじゃよ」

男「ありがとな」ナデナデ

神「ふふん、敬いが足りぬな、もっと愛でろ」

男「りょーかいしました」ギュー

神「むふー」

狐「……んっ」モジモジ

男「ん?」

狐「はっ!?」ササッ

男「どうかしたか?」

狐「ぁぅ……なんでもないですよー」

男「そう? ならいいけど」

狐「はぁ……はぁ……はうー」


572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 18:36:25.03 ID:jcOZNu/00
神「狐の様子がおかしい?」

男「うん、最近なんだか俺の前に出てこないんだよな」

濡「それは、とても不思議……」

神「いつものあやつからは考えられぬな」

男「だけどさ、よく俺のこと影から睨んでるんだよね」

神「なんじゃと?」

男「鋭い目付きで暗がりからじっと睨んでるんだよ」

神「……男を襲おうとしてるのか?」



 
574 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 18:40:11.44 ID:jcOZNu/00
男「え!?」

神「あやつも妖怪であることには変わりないしの、人を襲う必要があるのかもしれぬ」

男「そうなのか……どうやって襲われるのかね、あんま痛くないといいんだが」

神「は?」

男「え?」

濡「妖怪、ひと襲う、つまり、殺す、おk?」

男「そうなの? アイツにそんなこと出来るとは思えねーけど」




 
576 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 18:43:53.85 ID:jcOZNu/00
神「お主は妖怪を甘く見ておる」

濡「そーだそーだ……」

神「こいつでもお主を殺す程度の力はあるぞ」

濡「……」フフリ

男「でもしないだろ?」

濡「……」コクリ

男「ほら、だから大丈夫だって」

神「狐は八尾じゃぞ? 濡れスケより力はあるんじゃからな?」

濡「濡れスケ……ゆーな……」

男「でも大丈夫だ、あいつはそんなやつじゃない」


577 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 18:47:39.43 ID:jcOZNu/00
神「うむ……お主がそういうなら仕方ない」

神「じゃがな、お主に危害が及びそうになったらすぐに妾を呼べよ?」

男「わかった、頼りにしてる」

濡「……」フフン

男「うん、濡女子にも頼るからな」

影(私もいますわ!)

男(うっさい)ダン

影(ああんっ!)

濡「?」




 
583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 19:06:51.36 ID:jcOZNu/00
男「おーい狐ー」

狐「っ!」

男「俺はお前を信じてるからなー? 死なない程度に襲うなら構わんぞ?」

男「言ってくれれば、俺も助けてやれるんだ、なんでも相談しろ」

男「俺とお前は他人じゃないんだから、な?」

狐「……旦那様」

男「それだけ、じゃあ、な、あ、あれ?」フラフラ

男「ア……ア……?」バタッ

狐「ほんとです? 助けてくれるです? 嘘じゃないです?」

狐「さすが旦那様ですー! えへ、えへへへへへへへぇ」ガクガク

狐「じゃあ、旦那様食べちゃうです」


588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 19:13:32.86 ID:jcOZNu/00
男「……ぁ、う?」

男(なんだこれ、体が動かない)

男「あ、ぅ……ぁー」

狐「んっ……あ、旦那、さまっ、起きたです? 」

男(どうなってんた? 俺の体が動かないんだけど)

狐「はぁっ、あっ、んっ、あっ、んんっ!」グチュグチュ

男(……なんで?)

狐「旦那様の、おっきい、ですぅ! んんっ、あんっ!」ズッズッ

男(なんでこんなことになってんの!?)


592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 19:23:35.59 ID:jcOZNu/00
男「ぁ……っ、かはっ」カクカク

狐「無理です、幻術かけましたから、んうっ、体は動かせないはずですっ」

男(なにしてんだお前! 襲うってこういう意味か!)

狐「体が動かない分、頭がとても冷静になっているみたいですね、ふふっ」グチュグチュ

男(な、なんかいつもと雰囲気違ってないか?)

狐「んっんあっ、ふふ、気分も乗ってきました、少し解放しましょうか」フワッ

男「ぁ……!」

男(きゅ、九本……!)

狐「んふふ……さあ、続きを始めましょうか、旦那様?」

男「あ、あぅ……」ガクガク




 
624 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 20:46:02.21 ID:jcOZNu/00
男「は……あ……」

狐「はぁっ、はあ、ああっ! んあっ、んう……はああぁぁぁ!」

男(た、たすけろ影女!)

影女(幻術が私にもかかってます! ごめんなさいー!)

狐「はぁ、んふっ、キスしましょ……ちゅっ」

男(前屈みになられると……む、胸が当たる!)

狐「んむ、ちゅ、ちゅっ、ふぅ、んふ……」

男(なんか気持ちいいし、もうどうでもいいや)

狐「あふ、んっ……気持ちいいですか? 旦那様……もっと気持ちよくなってください……」

男「あー……」




 
627 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/10/14(金) 20:52:18.38 ID:ZeaKfbDHi
ヨヨモンフルゴッサ


新ジャンル「新淫語」
629 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/10/14(金) 20:57:41.16 ID:oRMgq2Ar0
>>627
懐かしいなおい


630 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 20:59:05.82 ID:jcOZNu/00
狐「あは……旦那様の、大きくなってきましたよ?」ズッズッ

男「あ……で、出る……」

狐「出ます? 出ちゃうんですか? 私の膣内で出しちゃうんですか?」

男「あっ、かっ……ぬ、抜け……って」

狐「いいですよ、ああっ!はあっ! んっ、あはぁ! 出して! 出してください!」キュウウウ

男「はっ、か、ぐぅ……!」

狐「あっ……! 出てる……んっ! 子宮に向かって……! ビュクビュクでてますぅ……!」ビクビク

男「あ、ああ……」ガクガク

狐「んっ……うふふ、全部子宮で飲んじゃいました、これで五回目です」

男(ご、五回目って……体が死ぬ……)フラフラ

狐「あんっ……まだまだ旦那様のは元気ですね、また私の膣内で大きくなってますよ?」

男(もう……無理……)ガクッ



638 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 21:11:37.20 ID:jcOZNu/00
神「……遅いのぅ」

濡「襲われた……ぱくり」

神「……様子を見てくるか」



神「……これは一体」

狐「ぁ……もぅ……ださないでぇ……」

男「……」パンパン

狐「ぁっ……ぅ……またでてます……」

男「……」バタッ

狐「はぅ……いっぱい出してもらったわ……んふふ……溢れてきてる……」

神「……臭い」

神「いつからやっとるんじゃぁー!!!!!!!」



641 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 21:16:43.57 ID:jcOZNu/00
男「発情期ねぇ」フラフラ

濡「……だいじょぶ?」

男「ありがと、で、それになったから俺を避けてたと」

狐「ご、ごめんなさいです……きっと襲っちゃうだろうから」

男「あー、まぁ確かにこれはキツイな、途中で意識無くなったし」

狐「え? 最後は旦那様からしてきましたよー?」

男「うそ!?」

神「ホントじゃ」ムスッ

狐「そうですー、それはもう激しく……きゃっ」ポッ

男「ぜ、全然覚えがない……」

濡「イイナー……」

男「え?」

濡「……」ツーン




 
645 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 21:24:56.10 ID:jcOZNu/00
男「……ま、まぁもう済んだことだし、この話はお仕舞い!」

狐「旦那様ー」クイクイ

男「なんだ?」

狐「可愛い子供が生まれるといいですねー!」ニパー

男「えっ」

狐「こーん♪」

男「……」

男「えっ」




 
649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 21:29:44.20 ID:jcOZNu/00
男「やべぇ    やべぇ」



神「妾ももう少しで力が戻るんじゃ、したらば男をあの姿で誘惑し……」ブツブツ

狐「うふふ」

神「!?」

狐「旦那様の子供は一足先に頂きましたわ……です」

神「この九尾が……!」ワナワナ

狐「生まれるのが待ち遠しいですわ……ふふふっ」

神「妾もあの体型を維持できるようになれば貴様ごときに!」

狐「じゃあ頑張って力を取り戻してくださいねー?」

神「むぎぎぎぎ!」

狐「旦那様ー! えへへー!」




 
653 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 21:36:36.99 ID:jcOZNu/00
狐「旦那様! あーんしてください!」

男「い、いいよ、自分で食えるって」

狐「旦那様……?」ウルウル

男「う……あ、あーん」

狐「えへへ、はいあーん!」

男「んぐ……恥ずかしい……」

狐「えへー!」ギュッ

神「……」バキッ

濡「……いくら怒っても、箸折っちゃ、駄目」

神「このくらいすぐに直せるわ、それよりもあの雌狐じゃ」

濡「……抜け駆け、ずるい」

神「どうしてやろうかのぅ……」ギリギリ



658 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 21:44:08.81 ID:jcOZNu/00
濡「……」ツンツン

男「ん?」

濡「んー……」ピタッ

男「ど、どうしたの」

濡「……」ムニュムニュ

男「……?」

濡「……効果、ない、の?」ガーン

男「あのー、一体何を……」

神「あのデカ乳のせいか、濡女子のサイズでは反応しなくなってしまったか? 忌々しい」




 
662 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 21:53:25.95 ID:jcOZNu/00
濡「……」トボトボ

?「あのー」

濡「……?」

影「ここです、ここ、あなたの下です」ヌッ

濡「……?」

影「あ、私影女です、普段は男さんの影にいます」

濡「……私、濡れ女」

影「あなたにとっておきの情報をプレゼントしましょう!」

濡「……なに?」

影「男さんと○○○できちゃう方法があるんです!」

濡「!」

影「知りたいですか?」

濡「……うん!」



675 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 22:09:35.01 ID:jcOZNu/00
誤字脱字が多すぎる

濡「……♪」

狐「山に帰って家族に報告するですー、行って来ますですー」

男「何を!?」

神「なんじゃ、随分と嬉しそうじゃな」

濡「そう……?」

神「まぁいいがな……男! 妾はこのかれぇというのが食べたいぞ!」

男「相変わらず洋食好きだな……いいぞ、丁度食材揃ってるし」

神「話がわかるな! さあ早く!」

濡「……」チラッ

影「……」グッ

男「ん?」ドンッ

影(はぅん! もっとお願いしますぅ!)

濡「……心配」



677 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 22:10:16.05 ID:m5rHkFA90
狐娘と男の子供ください。割と切実に


678 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 22:18:44.07 ID:jcOZNu/00
濡「……」

神「かりゃい!」ヒリヒリ

男「もっとゆっくり食べろって」

神「美味しいからつい食が進むのじゃ、つまりお主が悪い」

男「それは言いがかりすぎるだろ……濡女子は?」

濡「……辛いの、苦手」

男「え? そうだったのか……じゃあちょっと待ってろ」

濡「……?」



男「ほいミルクカレー」

濡「……辛くない」

男「だろ?」

濡「おいしい、ありがと」

男「どういたしましてだ」





680 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 22:20:57.63 ID:jcOZNu/00
神「むにゃ……」

男「こんなとこで寝てたら風邪引くぞ……って神様って風邪引くのか?」

濡「……ふぁ」

男「濡女子も眠いか? なら今日は早く寝るか」

濡「……えと」

男「もちろん、みんなで一緒にな」

濡「……うん」




 
692 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 22:42:21.62 ID:jcOZNu/00
男「ぐぅ……」

神「くー……」

濡「……」トントン

影(はいはい、出番ですねー)

濡(お願い)

影(そーれっと)ビチッ

男「んっ……んん……」

影(これで男さんは身動きが取れなくなりました。影縛りです)フフン

濡「Fエ……」

影「言っちゃだめです」



 
698 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 22:55:34.27 ID:jcOZNu/00
濡「……ふん」ズルッ

息子「やあ」ボロンッ

濡「おおぅ……」ドキドキ

影「素の状態でこれですからね、元気になるとすごいですよ」

濡「……」ツンツン

男「っ……」ビクン

濡「ひっ」

影「大丈夫ですよ、もっと握ったりしてみてください」

濡「ん……」

影(アドバイスをする私は素人処女、さっきのアレが知識です)



700 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 23:02:33.19 ID:jcOZNu/00
濡「……はむ」パクッ

影「あら大胆な」

濡「ん……んー……ん?」

影「どうしたの?」

濡「この後は、どうしたらいい?」

影「そうですねぇ、いろんなとこを舐めて、反応があったら吸ってみるとか」

濡「わかった……んっ……ちゅ、ずるる、れろ」

影「……やば、興奮してきたわ」


701 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 23:07:30.98 ID:jcOZNu/00
男「んー……ふむぅ……」モゾモゾ

神「んっ……そんな……大胆じゃな男……ああ……」クネクネ

濡「ちゅ、ちゅう、んちゅ、んんっ」

影「そ、それじゃ次ですね! 次は胸を使ってですね……」

濡「……?」

影「あー、口で説明するより実際にやったほうが早いですね、私がやりましょう」ババッ

濡「あ……」

影「息子さんをですね、こうおっぱいの間に挟んで……」ギュム

影「えへへ、いただきます……ちゅっ、はむ、じゅるっ、んむ」

濡「……」モミモミ

濡「私、サイズ、足りない……」ズーン


702 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 23:12:46.60 ID:jcOZNu/00
男「んあ……?」

男(なんだかつい最近感じたような感覚が……)

濡「……っ、は、あぅっ、ん!」

影「次はまた私が出してもらうんですからねー?」

濡「っ……ゃあ、んんん!」

男(あれ、濡女子……やっぱ濡れてると綺麗だな……あー出る)

男(……出る?)

濡「っ! んっ……! ふぅぅぅ……んっ!」ビクビク

影「出ましたね、じゃあ次は私です!」

濡「はぁ……はぁ……」クタリ

男「oh……」



705 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 23:18:29.73 ID:jcOZNu/00
神「また出し抜かれた……」ガクッ

濡「ふふふ」

男「お前が誑かしたのか、影に戻ってろ」グリグリ

影「ああんもっと踏んで! でもそんなに踏まれるとでちゃう! ああんっ!」ビクビク

男「出るな沈め」グリグリ

濡「できてるといいな……くふふふふ」

濡「あの狐も……しようかな……ふふっ、くふふ」




 
713 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 23:27:47.89 ID:jcOZNu/00
男「あれからまたしばらく経ったなー」

神「そうじゃな」

男「そういやまだ帰ってこないな」

神「あの雌狐なら心配せんでもどこかで野垂れ死にしとるじゃろ」

男「駄目だろ!」

濡「……」ビチャビチャ

男「朝シャワーはいいけど自分で体拭いてくれ!」

濡「……ん」

影「私がやりますわ」

男「ああ、頼んだ」

男「荷物は……よし、さて、行ってきます」

神「気をつけてな」


714 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 23:31:08.37 ID:jcOZNu/00
幼「……あ」

男「よ、久しぶり」

幼「もう学校始まっちゃったわよ……もうずっと冬休みでいいのに」

男「ある意味俺は困るから勘弁してほしいな」

幼「ま、今年もよろしくね」

男「こっちこそ」

影(ただいま戻りました)

男(お帰り、濡女子は?)

影(髪の毛を乾かせと追い回されてます)

男(またか……)


715 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 23:33:49.71 ID:jcOZNu/00
男「はよーっす」

友「よお、なんか雰囲気変わったな」

男「そうか? お前はかわんねーなぁ」

友「ふふん……聞いて驚け、なんと彼女ができた!」

男「へぇー」

友「おぃい! そこはもうちょっとでいいから驚けよ!」

男「はいはい凄い凄い」

影(男さんは嫁までいますものね)

男(だよな)

友「お前だって彼女いないくせに……」

男「まぁ、そうだな」




 
719 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 23:36:40.37 ID:jcOZNu/00
男「あー……初日から授業とかだるいわー」

友「お? おい見ろよ男」

男「ん?」

?「……」キョロキョロ

友「どこの子だろうな、間違って学校に入ってきたのか」

?「あっ!」ビシッ

男「ん? 俺?」

?「おとーしゃん!」

友「!?」

男「……はぁ!?」

?「おとーしゃん見つけた!」




 
722 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 23:39:27.66 ID:jcOZNu/00
幼「……で?」

娘「はぐはぐ……うまー」

男「うまいか?」

娘「うん!」

幼「なんなのこの子」

男「たぶん、俺の娘?」ナデナデ

娘「きゃふー」

幼「……その耳は何」

娘「あう?」ピョコ

男「……狐の耳だな、うん、ちゃんとしまっとけな」

娘「あいー!」

幼「なんで人の女の子に耳くっついてんの!」

男「人じゃないし」

幼「はぁ!?」



730 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 23:45:57.68 ID:jcOZNu/00
幼「アンタ……狐孕ませるほど変態だったのね……」

男「間違ってはいないがちゃんと人の姿してるからな!?」

幼「うぅ……男がどんどん人外の変態に……」

娘「きゃわー」ペシペシ

幼「……なに人の胸叩いてるのよ」

娘「おかーしゃんより小さいー!」キャハハ

幼「……」ブチッ

男「わー落ち着け! 子供の言うことだから! なっ?」

幼「私だってまだ成長してるの……! 昨日計ったらなんと2cm増えてたのよ……!?」

男「そ、それはマジで凄いな!」

娘「かわいいー!」




 
736 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/14(金) 23:51:41.00 ID:jcOZNu/00
男「とりあえず保健室に預けてきたが……大丈夫かな」

幼「あ、あたし次は自習だから様子見といてあげる」

男「マジか、助かる」

幼「任せときなさい、それよりもアンタは教室戻ったときのことをなんとかしなさいよ」

男「あー……そうだった」



友「おい」

男「お、おう」

友「あの子はなんだったんだ? お前のことをお父さんとよんでいたが」

男「あー、えーとだな」



 
739 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/15(土) 00:03:00.39 ID:zvrxeT+p0
男「……娘だ」

友「いや、んなわけねーだろ、あの子四歳くらいだろ? んな昔にお前に子供がいたことねーだろ」

男「そう、実は俺には四年前あの子を拾ったという過去が!」

友「冗談はやめろっての、なんだ? 親戚の子かなんかか?」

男「まぁそんなとこ」

友「んだよったく驚かせやがって……」

男(誤魔化せてない気がするのにどうして誤魔化せたんだろうか)

「おい、誰だあの美人」 「えーどこー?」
  「ほら、あそこ」 「うわマジだすげー!」
「着物着てる?」 「おいこっち見てるぞ」

男「何だ? 外で何かしてんのか?」

友「なんか綺麗な人が敷地に入ってきたとか」

男「どれどれ……」


狐「! 旦那様!」フリフリ


男「なんと」



741 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/15(土) 00:06:30.08 ID:mcNKQJtX0
友「お、こっちに手振ってるぞ! ふり返すか」ヒラヒラ

男「……」

友「お、おい荷物まとめてどうしたんだよ」

男「早退するわ」

友「はぁ?」

男「じゃあな」

狐「旦那様、見つけました!」

男「   」

友「だ、だんなさま?」

狐「娘も来ているはずなのですが……旦那様?」

男「……ふっ、どちらさまかな?」

狐「旦那様の嫁ですー! 忘れるなんてひどいです!」

友「……おい男」

男「……なんだい?」

友「ちょっと来い」




 
744 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/15(土) 00:13:51.08 ID:zvrxeT+p0
友「つまりお前はこのお姉さんを孕ませて四年間もほったらかしにしていたのか!?」

男「いや、せいぜい一週間くらい」

友「んなわけねーだろ! どうやったら一週間で娘があそこまで成長するんだ!」

男「俺が聞きたいわ」

狐「私の娘ですからー、妖力は私譲りですー」

友「親友のお前がこんなゲスだったとは思わなかったぞ!」

男「変身は妖力さえあれば出来るのか」

狐「狐の成長は人より早いですからねー」

男「とは言ってもあれは早すぎるだろ」

友「俺の話は無視か!」

狐「とにかく、ただいまですー」ダキッ

男「うわっぷ、はいはいおかえり」




 
746 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/15(土) 00:19:29.15 ID:zvrxeT+p0
娘「おねーしゃんとあそぶー!」

幼「うちで遊ばせてるから、あとで迎えにきてね」

男「悪いな」

幼「気にしないの、アンタとあたしの仲でしょ」

男「そうだな、じゃあまた後で」



神「完・全・復・活!!」ドンッ

濡「おー」パチパチ

神「ふふん、見よこのないすばでぇ! あの雌狐に負けぬほどに回復したわ!」

濡「でも、男はサイズで決めない」

神「……貴様はどうして妾の士気をそぎ落とすのじゃ」

濡「ごめんね」



754 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/15(土) 00:31:00.59 ID:zvrxeT+p0
男「ただいま」

神「男!」ガバッ

男「うおお!? 誰だこの巨乳美女!」

神「妾の顔を忘れたのか?」

男「神様? 力は戻ったのか?」

神「ふふん、完璧じゃ」

濡「……帰ってきたの」

狐「うふふ、旦那様のいる場所が私の居場所ですわ」

濡「……相変わらずの二面性」

狐「あら、別にあれは演じているわけではないですよ? 旦那様に甘えやすいだけですわ、つまりアレも素なのです」

濡「……男は私も欲しいの」

狐「ふふ、私も譲る気はありませんわよ」




 
758 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/15(土) 00:36:57.92 ID:zvrxeT+p0
影「私は側室でいいのですが」

神「うむ、それなら許そう」

影「やった! やりましたよ男さん!」

男「ああそう」

影「冷たいっ」ゾクゾク

狐「旦那様と結婚するのはわたしがいいですー!」

濡「……実は戸籍を、持ってる、私にするべき」

男「どうやって手に入れた!」

神「何をいっておるか、神気を持つ男には神である妾が妻となるに決まっておろう」

男「なんかさらっと重要なこといってたぞ!」




 
762 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/15(土) 00:42:07.86 ID:zvrxeT+p0
男「神気ってなんだよ!」

神「
>>102辺りで仕込んだやつじゃ、時間をかけてお主の体に取り込まれたのじゃよ」

男「なに? 俺神様みたいになっちゃうのか?」

神「なろうと思えばなれるぞ、まぁもう半分ほどなっておるが」

男「重大発表だ!」

狐「うー……同属にするのはずるいですー」

神「勝手に子を産んだやつが何を言うか」

濡「……それはそれで、人より私たちに近いから、別にいい」

影「ですねー」

男「俺がよくないっての!」

神「うるさいやっちゃのぅ妾の夫は……別に神になりかけてるとはいえ今までと何も変わりはせぬよ」



764 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/15(土) 00:46:37.89 ID:zvrxeT+p0
男「神様ってどうすりゃいいんだよ……」

神「神はそこにいるだけでいいのじゃ、存在することに意味がある」

男「難しいなぁ」

神「まぁ、人から神への昇華は珍しいからの」

神「お主が惑わぬよう、妾が嫁になってやろう」

神「正しい方向へ夫を導くのも妻の役目じゃ」

男「……そうだな、じゃあ、これからもよろしく」

神「任せておけ、妾は神じゃからな!」


おわれよ



 
770 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/10/15(土) 00:51:11.39 ID:RNUIKvhT0
まてまだ神と影のあれが残ってるだろ
あ、幼は別にいいです




 
780 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/15(土) 01:01:16.70 ID:zvrxeT+p0
おまけ

最初は幼馴染はヤンデレになる予定でした

男のもとに現れた美少女女神に焦って男にアプローチ
しかし男と神様は良い感じになっており、危機を感じた幼馴染は男を監禁
どれだけ経っても心が揺らがない男を幼馴染はころしてしまうのでした



788 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/10/15(土) 01:07:52.18 ID:zvrxeT+p0
神様は男と幼の死体を見てつぶやきます

「今回も失敗だったか」

本来神と人間は結ばれることの無い存在です
それを覆すために神様は男に人を止めさせようとしていました
しかし何度やっても男は幼馴染にころされてしまいます
今回のはちょうど5000回目だったのです
1回目と5000回目のわずかな違いに気づいた神様は意気揚々と次のループを始めるのでした

これはひどい妄想だった、
>>4でようじょとかかれていなかったらこれになっていた




 
792 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2011/10/15(土) 01:16:00.06 ID:wpFBLIl30
>>788
とりあえず乙
約束どおり
つ影女「あ、喋れる…」
でももっと書いていいよ!


793 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/10/15(土) 01:20:31.64 ID:iFvShIg80
おいおいおい

大層乙であった

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
[ 2012/02/04 17:39 ] 人外系,生き物系SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/181-e35db867

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ