FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゾンビ女「キャー!ゾンビ!!」男「えっ」

ゾンビ女「キャー!ゾンビ!!」男「えっ」


 




ゾンビ女「キャー!ゾンビ!!」男「えっ」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 20:17:25.80 ID:mE30a0Ri0

ゾンビ女「きゃあああああ、グロいいいい、超グロいいいいい」

男「・・・・・」

ゾンビ女「きゃあっ、ち、近寄らないで・・・!」

男「おい、よく見ろ。俺は人間だ」

ゾンビ女「ああああああ・・・あああほんとだ」

男「あああほんとだ、じゃねえよ。確かに俺は超グロメンだけど・・・」

ゾンビ女「・・・・・」

男「本物のゾンビが生ある人間に対してキャー!ゾンビ!は、ないだろいくらなんでも」

ゾンビ女「すいません、大変失礼しました!」

男「つかこんな夜中に一体なにしてんだ」




 



元スレ
ゾンビ女「キャー!ゾンビ!!」男「えっ」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 20:19:17.25 ID:mE30a0Ri0

ゾンビ女「よくぞ聞いてくれました!私は今生ゴミを漁っているのです」

男「生ゴミ?いま夜中だぞ」

ゾンビ女「それが朝起きられなくてゴミを出せないからって、夜中に出していく人が結構いるのよ~」

男「ああ、俺とかな」

ゾンビ女「そうそう」

男「よくゴミが散らかってたりするけど、アレ猫とかの仕業じゃなかったんだ」

ゾンビ女「大体ゾンビの仕業です」

男「でも食いもんなんか碌に残ってないぞ」

ゾンビ女「人間の視点から見るとそうかもしれないけど、まだまだ宝の山なのよこれが」

男「へえ・・・」




 
6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 20:20:48.60 ID:mE30a0Ri0

男「ていうか」

ゾンビ女「はい?」

男「・・・本当にゾンビ?」

ゾンビ女「はい」

男「ほんとにほんとに?」

ゾンビ女「このえぐれた右目、直視してみますか?」

男「・・・いや、やめとく」

ゾンビ女「超グロいですよ」

男「だからやめとくって」

ゾンビ女「前髪長くして某クソコックみたいにして隠してるんです、見られないように」

男「それは気の利いたことで」




 
10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 20:23:47.31 ID:mE30a0Ri0

男「確かに月明かりの助けを借りてよく体を見ると、そこらじゅう傷とかがあるな」

ゾンビ女「ありますねー、でもほとんどは服着ちゃえば隠せますけど」

男「右目だけは絶対に見たくないね。今日が暴風注意報の日じゃなくてよかった」

ゾンビ女「あははー」

男「ゾンビが街中に生息してるなんてなあ」

ゾンビ女「いっぱいいますよ。来ます?私達ゾンビの住処に」

男「なんか飛んで火にいる夏の虫みたいな・・・。罠の予感が・・・」

ゾンビ女「大丈夫です♪私達共食いとかしませんから」

男「ゾンビって結構やってるイメージだけど・・・つか俺は仲間じゃねーから」

ゾンビ女「ささ、お客様、どうぞ我らが住処へ!」




 
12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 20:25:48.75 ID:mE30a0Ri0

男「・・・ここって」

ゾンビ女「はい」

男「墓地、だよね」

ゾンビ女「ご名答♪」

男「やっぱり墓場にいるんだ」

ゾンビ女「そりゃあね」

男「・・・なんかさ、合図したら皆一斉に墓石の下からウゴオオオって出てきたりして」

ゾンビ女「あれ?なんで分かったんですか?今から呼ぼうと思ったのに」

男「こわいから、やめてください」

ゾンビ女「そっかー。残念ですねー」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 20:28:34.59 ID:mE30a0Ri0

男「ていうか君は、人間と会話するのに慣れてるの?」

ゾンビ女「いえ」

男「もしかしてはじめて?」

ゾンビ女「ほとんどそうですね」

男「ほとんど?」

ゾンビ女「たまに深夜徘徊されてるご老人とは世間話ぐらいしますけど」

男「ああ・・・」

ゾンビ女「若い方とお話したのはこれがはじめてです」

男「まあ・・・生ゴミ漁ってる人型の生物に近寄らんわな普通」

ゾンビ女「あなたは何故私とこうやって話す気になったんです?」

男「なんていうか・・・俺、こんな顔じゃん?」

ゾンビ女「・・・・・」

男「なんか、寂しくてさ。久々にこんな会話したよ。舌が疲弊して今にももつれそうだ」






15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 20:30:36.97 ID:mE30a0Ri0

男「なあ、ゾンビって、やっぱ日の光を浴びたら死んじゃうの?」

ゾンビ女「いえ」

男「え」

ゾンビ女「別に平気ですよ」

男「そうなの?ちょっと意外だな」

ゾンビ女「えー?そうですかー??なんでなんで」

男「いや、ゾンビとかアンデッドって、そういうもんじゃん?」

ゾンビ女「死なないからアンデッドなんですよ~」

男「それはそうかもしれんけど」

ゾンビ女「病気も寿命も、私達の悠久なる生命活動の妨げにはなりません」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 20:32:55.37 ID:mE30a0Ri0

男「じゃあ、絶対死なないの?」

ゾンビ女「ああ~、ただ一つ弱点があって」

男「弱点?」

ゾンビ女「外的応力には弱いんです」

男「がいてきおうりょく?」

ゾンビ女「つまり、敵意のある者から、えいって殴られたりしちゃうと、ボロボロっと」

男「くず・・・れちゃうわけね」

ゾンビ女「それでも顔が残ってれば生きてられますけど・・・」

男「あんまり想像したくないな」

ゾンビ女「要は粉々になったら、もう駄目です。再生能力はありません」

男「それ普通に死ぬじゃん」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 20:35:26.64 ID:mE30a0Ri0

ゾンビ女「でも滅多なことでは死にませんよ」

男「体中傷だらけの状態でそう言われてもね」

ゾンビ女「男さんだって、なかなか死なないじゃないですか」

男「そりゃまだ高校生だからね。うっかり死んでもいられないよ」

ゾンビ女「それと同じです。車に轢かれちゃったりとかしたら・・・死んじゃいますけど」

男「まあ」

ゾンビ女「それぐらい強い力を与えられない限りは、私達も死にません」

男「ふう~ん」

ゾンビ女「ねえねえ、そんなことより、私達ゾンビのことなんかより、貴方のこともっと教えてください!」

男「えっ」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 20:38:08.02 ID:mE30a0Ri0

男「なんで?」

ゾンビ女「え~、だって気になるじゃないですかあ。ここまで長話につきあってくれたのも貴方がはじめてだし」

男「ん~・・・」

ゾンビ女「とりあえず高校生ってことはさっき聞きました!何年生ですか!?」

男「2年だけど・・・」

ゾンビ女「へえ~!いがい~!」

男「1か2か3しか選択肢がないのに意外もないだろ」

ゾンビ女「でも高校生が夜中にゴミ捨てなんて、ダメじゃないですか」

男「え、ま~、うん。いいじゃん。ちょっとゴミ溜まってたし」

ゾンビ女「ゴミ屋敷ですか~!?今度お掃除行ってもいいですか!?」

男「えっ、だ、ダメだよ」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 20:39:48.04 ID:mE30a0Ri0

ゾンビ女「男さんって、あんまり話すの、好きじゃない人?」

男「そうだよ・・・」

ゾンビ女「ごめんなさい」

男「いや謝らなくても」

ゾンビ女「しゃべるの好きじゃないんですよね」

男「好きじゃないっていうか、苦手」

ゾンビ女「苦手?」

男「うん。あんまり普段、人と話したりしないし」

ゾンビ女「え・・・」

男「俺友達とかもいないしな。寮でもひとりぼっち」

ゾンビ女「そう、だったんですか」




 
21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 20:41:55.53 ID:mE30a0Ri0

男「君は友達、いる?」

ゾンビ女「皆ゾンビですけどね」

男「それでも羨ましいな」

ゾンビ女「友達なんて、すぐできますよ」

男「・・・そうかなあ」

ゾンビ女「じゃあ、恋人はいないんですか?」

男「・・・答えるまでもないよ」

ゾンビ女「ご、ごめんなさい!・・・私ちょっとずうずうしかったかな」

男「別にいいよ・・・。恋人なんて、今後一生できないだろうな・・・」

ゾンビ女「じゃあ・・・好きな人は、いないんですか?」

男「好きな人・・・」



 
23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 20:44:15.75 ID:mE30a0Ri0

男「・・・いる」

ゾンビ女「どんな人ですかぁっ?」

男「・・・同じクラスの子だよ」

ゾンビ女「へえ~!」

男「でも、俺なんかが好きになっても、100%叶わぬ恋だって分かってるから」

ゾンビ女「そんなぁ!」

男「目が合うことすら避けて・・・。遠目で彼女の声に耳を傾けてるだけで、いいんだ・・・」

ゾンビ女「・・・そんなの。せつなすぎる。男さん!諦めないで!」

男「・・・君ってさあ、ゾンビになる前は普通の女の子だったんでしょ?」

ゾンビ女「は、はい」

男「だったらさ、なんとなく分からない?」

ゾンビ女「?」



 
25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 20:46:37.87 ID:mE30a0Ri0

男「俺みたいなのに好かれても、彼女は迷惑するだけなんだよ」

ゾンビ女「そんなこと・・・」

男「気休めはやめてくれよ。本当に。ただつらくなるだけだ」

ゾンビ女「そんなつもりじゃあ・・・」

男「・・・ごめんな。つまんない話になっちゃって」

ゾンビ女「・・・男さん」

男「はい」

ゾンビ女「相手がどんな顔の人だろうと、人から好きだと思われることを嫌がる人なんていません」

ゾンビ女「もしそれでも嫌がる人がいたら、それはふられて正解。そういう心を持った人だったってだけです」

男「・・・・・」

ゾンビ女「私は、そう思うんです」


26 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 20:49:52.98 ID:mE30a0Ri0

男「・・・そうかな。綺麗事にしか思えない」

ゾンビ女「ゾンビが綺麗事とはこれ如何に」

男「彼女が嫌な心を持った人だとは思わないけど、本当だったら嬉しいな」

ゾンビ女「きっとそうですよ」

男「・・・・・」

ゾンビ女「男さんが好きになった人だから、きっと純心な人ですよ」

男「・・・ありがとう。そんなふうに言ってくれたの、君がはじめてだよ」

ゾンビ女「今日はお互い、はじめてずくめですね」

男「そうだね。なんか色々話せてスッキリした。ありがとう」

ゾンビ女「こちらこそ♪」

男「・・・また来ていいかな」

ゾンビ女「もちろん!」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 20:52:49.85 ID:mE30a0Ri0

男「たとえゾンビとはいえ、女の子のとこに通う生活が待っていたなんてな」

ゾンビ女「ふふふ」

男「そういやもうすぐ期末テストがあるんだ」

ゾンビ女「テストかあ・・・。生きてた頃を思い出すなあ~」

男「全然勉強してないや」

ゾンビ女「帰って勉強したほうがいいんじゃない?」

男「なんだよ、今来たとこだってのに、もう帰れって?」

ゾンビ女「いや、そういうつもりじゃ・・・」

男「はは、ごめんごめん」

ゾンビ女「高校生は大変だね」


28 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 20:56:07.23 ID:mE30a0Ri0

ゾンビ女「ねえ・・・たまには昼の街を散歩してみたいんだけど」

男「えっ?・・・大丈夫なの?」

ゾンビ女「だいじょーぶ。右目隠して、長袖で、スカートも長いのはけばバレない」

ゾンビ女「それに死臭を消す香水もつけてるから」

男「それ香水ってか薬品の類じゃあ・・・」

ゾンビ女「ね、いいでしょっ?」

男「まあ・・・いいんじゃない?」

ゾンビ女「なんか他人事みたい。2人で行くんだって」

男「えっ!?マジで?」

ゾンビ女「だって私夜でも人気がない住宅地ぐらいしか行ったことないし。案内役が必要でしょ」

男「・・・まあ、いいけど」




 
30 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 20:59:04.55 ID:mE30a0Ri0

同級生A「あれっ?おい」

同級生B「あれ男じゃね・・・?」

同級生C「マジだ。あいつ女連れてんぞ・・・。まさか円光とかか?」

同級生A「ちょっと行ってみようぜ」



男「!」

同級生A「よう。お前こんなとこで何やってんの?」

男「・・・別に。てかあんたら誰だよ」

同級生A「知るはずないよな。俺達友達じゃないもんな」

同級生B「でも俺達は知ってるぜ?学年一キモい男君」

ゾンビ女「・・・なに?こいつら」

同級生C「お、結構かわいいじゃん。おいお前この子どうやって知り会ったんだよ?出会い系とかSNSサイトか?」

男「別に話す必要ないだろ、友達じゃないんだから」



 
33 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:02:06.69 ID:mE30a0Ri0

翌日、学校―――

男子「え?マジで?そんなことが」

女子「うっそー?マジでー?あの男がー?」

男子「しかも結構かわいかったんだって」

女子「その後も2人仲良くファミレスとか入っていったんだってさー」

男子「へえ~、あの男がねえ・・・」

女子「そういえば、なんかあいつの顔ちょっと変わった、かな?」

男子「そうか?いつものまんまじゃ」

女子「なんかちょっと・・・痩せた?」

男子「痩せた・・・か?お前よく分かるな」

女子「なんとなーくね。なんか雰囲気変わったっていうかぁ、わかんないけど」

男子「ふーん・・・」



 
37 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:05:00.61 ID:mE30a0Ri0

ゾンビ女「・・・それで?」

男「いやもう大変だよ・・・。普段は俺存在感消してるし」

男「誰からも話しかけられないからさ、静かなもんだったし、慣れてたんだけど」

男「なんかずっとチラチラ見てくんの。全員。普段は視界にも入れたくない」

男「それどころか同じ空気吸いたくないってまで言われてたのに」

男「なんか急に注目された感じで、すごい疲れちゃったよ」

ゾンビ女「・・・そっかぁ。私のせいだよねえ・・・ごめんね」

男「いや君のせいとかじゃなくて・・・。やっぱ、俺のせいだよ。目立つから」

ゾンビ女「そんなことないよ。別に・・・男君が女の子と歩いてたって、いいじゃない。ね。そんなの個人の自由だよ」

男「まあ・・・」

ゾンビ女「女の子っていうか、ゾンビですけど」

男「誰も気付きやしないさ」


38 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:07:14.24 ID:mE30a0Ri0

学校―――

男子「なんか最近あいつ、雰囲気マジで変わったよな」

女子「前なんか目やにとかつけてマジ汚なかったのにねw」

男子「朝髪洗ってんだな。気持ち整ってるし」

女子「それでも気持ちw」

男子「まあ・・・不潔なよりは全然マシだけどさ」

女子「まあ・・・ね」

男子「顔は全然変わらないけど」

女子「整形でもしなきゃねー」

男子「明日整形してきてたらどうする?」

女子「えー?めっちゃ笑うーw」



 
41 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:10:27.92 ID:mE30a0Ri0

夜―――

男「話したいことがある」

ゾンビ女「ん?なにー?」

男「俺、明日・・・あの子に告白してみるよ」

ゾンビ女「・・・えっ!?」

男「あの・・・俺が好きだって言ってた、同級生の・・・」

ゾンビ女「急にどうしたの!?」

男「なんか、変に自信ついちゃったっていうか・・・それでもなけなしの自信だけど」

男「感覚が麻痺しちゃってるのかなあ・・・最近周囲の態度が変わりすぎて」

男「変わったっていっても、友達ができたとか、女子から話しかけられるとか、そういうのは無いけど」

男「でももう、どうせ無理なら早めにふっきりたくなったっていうか」

ゾンビ女「そうなんだ!頑張ってね!」

男「おう」




 
44 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:12:56.87 ID:mE30a0Ri0

女「・・・あれ?」

女友A「どうしたの?」

女友B「ん?なにこれ手紙?」

女「・・・今日の放課後、屋上にきてください。伝えたいことがあります。・・・だって」

女友A「えー?ちょwこれラブレターじゃね?」

女友B「マジでー!?今時、古風じゃん」

女友A「ちょっwwおいBコフーとか難しい言葉知ってんな」

女友B「これでも国語は毎回テストで赤点免れてるからなー・・・」

女友A「見直したぜ友よ」

女友B「で、どうすんの?」

女「・・・うん」



 
46 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:15:47.86 ID:mE30a0Ri0

男「・・・・・」

男「・・・・・すげー緊張する」

男「死にそう。帰りたい。やっぱ辞めればよかった」

男「なんか俺勘違いしてたなー・・・変に度胸なんてついちゃって」

男「中途半端に勇気持っちゃって」

男「・・・やっぱダメだ。帰る。30分経ってもこないし」

??「ちょっとーwマジで行くのー?」

男「うわ、誰か来た!」

??「あ、なんか誰かいるよー!ねえねえ女ー」

男「複数・・・?ひとりじゃないんだ」




48 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:20:11.16 ID:mE30a0Ri0

男「死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ・・・心臓が爆発する」

女「・・・・・」

女友A「えっwちょっとマジー?男じゃん」

女友B「なー、女にラブレター書いたのって、もしかしてお前?」

男「・・・コクリコクリ」

女友A「ちょwきめーなマジで。返事ぐらいしろよ。コクリコクリじゃねーよ」

女友B「おいAよ。コクリコクリじゃないコクリコクリだ」

女友A「いや一緒だからwでもうわー、マジ最悪。なんでお前なんだよ」

女友B「お前なんか最近女の子とデートしてたらしいじゃん?そんで、女もいけるとか勘違いしちゃった?」

女友A「女はなあ、お前なんかと同じ次元にいることすら嫌って思ってるし」

女友B「ジゲンwwwAも難しい言葉知ってるじゃんwwルパンルパーンwww」

女友A「あーあ、B組のイケメンだったらよかったねー、とか思ってたのにさあ。来てマジ時間無駄したわ」

女友B「いこー?女」

女「・・・・・」


49 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:23:33.71 ID:mE30a0Ri0

男「ふふふふ・・・やっぱな。やっぱこうなるんだよ、へへへ・・・」

男「あー、終わった。色んな意味で終わった。はっはっは」

男「ひひひへへへははははは・・・・・」


夜―――

男「というわけです!完敗でした!はっはっは。我ながら天晴」

ゾンビ女「目、赤いよ?」

男「そりゃ号泣せずにいられるかって。もう家帰ってずっと泣いてたよ」

ゾンビ女「かわいそうに」

男「やっぱダメだ。俺みたいなのは。中途半端に勇気持っちゃうと、挫折したとき倍返しくらう」

男「やっぱ俺みたいなのは、孤独にひっそりとしてりゃよかったんだ」

ゾンビ女「・・・・・」


50 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:25:37.59 ID:mE30a0Ri0

男「やっぱ俺、普通の女の子とは付き合えないんだなあ・・・」

ゾンビ女「そんなのまだ分からないよ。諦めないで・・・」

男「いや、無理だね。やっぱり」

ゾンビ女「またそうやって決めつける。男君の悪いとこだよー?」

男「時には諦めの早さみたいなもんが必要なこともあるのだ」

ゾンビ女「もう・・・」

男「・・・あのさ」

ゾンビ女「うん?」

男「今度の土曜日、また街に行かない?」

ゾンビ女「えっ?」

男「暇、だからさ・・・」





 
55 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:29:01.75 ID:mE30a0Ri0

ゾンビ女「それでねー。ゾンビ女Bったら何て言ったと思う!?」

男「わかんない。なんだろう?」

ゾンビ女「なにその帽子。チャップリンかよ!だってさ!」

男「チャップリンって・・・。全然関係ねーじゃん」

ゾンビ女「でしょー。もうほんとBって馬鹿でさー」

男「・・・なんか、楽しいな。君といると」

ゾンビ女「・・・そう?私も楽しいよ男君と一緒にいると」

男「・・・ありがとう」

ゾンビ女「お礼なんて」

男「本当にうれしい。ほんとに、ほんとに嬉しい」


56 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:31:03.89 ID:mE30a0Ri0

男「君ってさ、今まで何人ぐらいの人と付き合ってきたの?」

ゾンビ女「うーん、生きてたときの話?」

男「えっ・・・、うん。とりあえず」

ゾンビ女「そうだなー、10人・・・いや、20人ぐらいかな」

男「そんなにっ!?」

ゾンビ女「2日で別れたとかそんなのも含めればねー」

男「ふ、2日・・・」

ゾンビ女「あの頃私もまだ若かったから」

男「じゃ、じゃあ、ゾンビになってからは・・・?」

ゾンビ女「んー・・・。ゼロ」

男「えっ」


57 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:33:14.37 ID:mE30a0Ri0

ゾンビ女「ゾンビが恋愛なんて、すると思う?」

男「いや・・・わかんないけど。ゾンビ同士で、よろしくやってんじゃないかと」

ゾンビ女「もう、いいかなって」

男「え?」

ゾンビ女「生きてたとき、散々色んな男と付き合って、なんか疲れちゃった」

ゾンビ女「だから、もういいかなって」

男「・・・そ、そうなんだ」

ゾンビ女「・・・ひいた?」

男「えっ?」

ゾンビ女「10人も20人も男と付き合ってた女だって知って、ひいちゃった?」

男「・・・いや」


58 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:35:12.84 ID:mE30a0Ri0

男「だって、俺から聞いたんだし」

ゾンビ女「でも、もうちょっと少ないかなって、思ってたりした?」

男「・・・まあ」

ゾンビ女「やっぱりー!男君って隠しごとヘタクソだね」

男「え・・・」

ゾンビ女「嘘ついてもすぐバレるタイプでしょ?」

男「・・・そう、だな。うん。嘘自体好きじゃないし、嘘もつけない」

ゾンビ女「・・・それも、嘘」

男「え?」

ゾンビ女「今男君嘘ついたでしょ」




 
60 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:37:17.13 ID:mE30a0Ri0

男「嘘ついた?俺が?」

ゾンビ女「・・・うん」

男「・・・どこで?」

ゾンビ女「嘘もつけない、っていう嘘」

男「う、うそじゃ・・・ないけど」

ゾンビ女「今、嘘ついてる。嘘ついた状態で今、普通っぽく振舞ってる」

男「・・・・・」

ゾンビ女「まだ知りあってそんなに長くないけど、なんとなくわかっちゃうんだよ」

男「・・・・・」

ゾンビ女「・・・まあ、今は仕方ないのかな」


61 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:40:22.07 ID:mE30a0Ri0

男「・・・・・」

同級生「ざわざわざわざわ」

男「・・・・・」

同級生「ざわざわざわざわ」

男「・・・(やっぱり話を広められた)」

同級生「ざわざわざわざわ」

女子「ねー、女さん、大丈夫だったー?なにかされなかったー?」

女子「マジきもいよね、ラブレターとか」

女子「そういや授業中よく女さんのほう見てた気がする!気をつけてね」



男「・・・(女さんにも迷惑がかかるのは、さすがに堪えるな)」

男「・・・(あーあ、しにてえ・・・)」


62 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:43:22.72 ID:mE30a0Ri0

男「よ」

ゾンビ女「よ」

男「ふう・・・」

ゾンビ女「ここんとこ元気ないね。もう忘れちゃいなよ!」

男「あ?・・・ああ・・・」

ゾンビ女「って言っても簡単に忘れられるわけないか」

男「まあね。地獄だよ、学校だ。まあ、それなりに慣れてるけどさ」

ゾンビ女「あんまり無理しちゃダメよー?ここにも自殺しちゃってゾンビになった人、結構いるから」

ゾンビ男「オレノショクバ、マジブラックダッタ!アリエナイ!サビザンサビザン!アレハシネル!マジシネル!」

男「はあ・・・大変でしたねえ」

ゾンビ女「だから、あまり思い悩まないでね。私でよかったらなんでも相談にのるよ!」

男「・・・うん。ありがとう」


63 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:45:18.84 ID:mE30a0Ri0

男「・・・あのさ」

ゾンビ女「・・・ん?」

男「俺さあ・・・」

ゾンビ女「なに?」

男「俺、君の事・・・」



ゾンビ女「ダメ!」

男「!?」

ゾンビ女「ダメだよ。それは。だって私はゾンビなんだよ?」

男「でも、こうやって一緒にいてくれるのは君だけ・・・」

ゾンビ女「逃げちゃダメだよ・・・」

男「・・・・・」

ゾンビ女「そうやって嘘ついて逃げちゃダメだよ・・・」


64 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:47:26.34 ID:mE30a0Ri0

ゾンビ女「まだ、好きなんでしょ?」

男「え?」

ゾンビ女「その・・・女さんのこと」

男「・・・・・」

ゾンビ女「だって、ちゃんと返事もらってないんでしょ!?」

男「・・・・・」

ゾンビ女「一緒に来た友達に捲し立てられて・・・」

男「・・・・・」

ゾンビ女「・・・・・」

男「2回もラブレター書いたら、流石にストーカー扱いされるだろうな・・・」



 
66 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:49:47.93 ID:mE30a0Ri0

ゾンビ女「NOでもなんでもいいから、とにかく返事貰おうよ」

男「・・・・・」

ゾンビ女「諦めることすら叶わないなんて、つらすぎるよね・・・」

男「・・・でも、どうすれば」

ゾンビ女「とにかく、思いの丈をぶちまけるの」

男「・・・うん」

ゾンビ女「頑張って!当たって砕けろ!むしろ砕けてこい!」




 
68 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:52:15.71 ID:mE30a0Ri0

学校―――

女「・・・あ」

女「・・・(返事だけでもください)」

女「・・・・・」

女友A「ん?女どうしたのー?」

女「・・・ううん、なんでもない」

女「・・・・・」


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 21:53:29.03 ID:q2v0V8mw0
(ファミチキだけでもください…!)


70 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:53:49.37 ID:mE30a0Ri0

男「・・・・・」

女「・・・やっぱりここね」

男「・・・お、女、さん・・・」

女「・・・男君」

男「・・・あの」

女「・・・はい」

男「返事」

女「・・・・・」

男「せめて一言だけでも・・・返事を、ください。なんでもいいです。死ねとかでも、なんでも」




 
72 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:56:45.94 ID:mE30a0Ri0

女「・・・まだ」

男「え?」

女「まだ、何も言われてない」

男「・・・あ、そうか」

女「・・・・・」

男「そもそも、告白すらさせてもらえてなかったんだ・・・!」

女「・・・あの状態じゃ、話すもなにもなかったよね」

男「・・・(女さんが、俺と、普通に会話してくれている!!)」

男「・・・あの、女さん。俺、あなたのことが好きです!」

女「・・・・・」

男「・・・・・」



女「私の、どこが好きなんですか?」

男「・・・えっ」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 21:57:04.87 ID:xqbipWK30
男「どんな言葉でもいいんです。僕を、罵ってください!殴っても構いませんから!!」




 
75 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 21:58:15.60 ID:mE30a0Ri0

男「ど、どこが・・・」

女「・・・・・」

男「あの・・・、えと・・・え、笑顔、がかわいい・・・とか」

女「見た目?」

男「え?」

女「結局見た目なんだね。中身を見て好きになったわけじゃないんだ」

男「だって俺達、全然会話したことないし・・・。俺みたいな奴は、遠くから羨望の眼差しを投げかけるぐらいしか・・・」

女「見た目で判断されたくない人が、相手を見た目だけで判断したって説得力ないよ」

男「・・・・・」




 
77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 21:59:44.50 ID:h9mqO4XR0
正論過ぎだろ


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/01/10(火) 22:29:37.08 ID:Pydt3spoO
>>77
正論じゃないよ
男からしたら不可能な事
だからな…現に告白しようと
した時に横槍入って
噂になっている
男には好きと思ってる女に自分の気持ちを
優先したがためにおこりえる事が女に
とって迷惑になるなら…でも好き
という葛藤と危惧があったんだろう



78 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 22:01:28.41 ID:mE30a0Ri0

男「ほんと、その通りです」

女「・・・・・」

男「俺、なんであなたのことが好きなのか、実はちょっと分からないんです」

女「・・・・・」

男「ただ・・・俺にとっては高嶺の花っていうか。憧れの人っていうか」

女「ただの同級生なのに、高嶺の花とか、憧れ、とか」

男「・・・すいません」

女「・・・それで」

男「あの・・・。えと・・・だから、会話したい、とか」

女「・・・・・」

男「できれば一緒に食事したい、とか・・・もっと知りあいたい、とか・・・」

女「・・・・・」

男「でも、絶対叶わない夢なんだなって、ずっと思って、だから、大して知らないのに一方的に・・・」


79 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 22:03:15.06 ID:mE30a0Ri0

女「そうなんだ」

男「・・・・・」

女「君って、一体どういう人なの?」

男「・・・・・」

女「友達は君のことキモいオタクだとか、不潔だとか色々言ってるけど」

男「・・・間違ってはないです」

女「確かに最初は不潔だったけど・・・」

男「言い返す言葉もございません」

女「でも、最近は、普通・・・」

男「ただこの顔がインパクト大なわけで」

女「顔、ね・・・」




 
81 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 22:05:26.73 ID:mE30a0Ri0

男「やっぱり人って見た目も大事じゃないですか」

女「・・・そうね」

男「中身のほうが大事っていうけど、やっぱり初見じゃ外見で判断するしかないじゃないですか」

女「・・・うん」

男「その段階で俺は、致命的な欠陥を持ってしまっているわけで・・・」

女「それで?」

男「だから、俺みたいな奴を好きになってくれる人なんて、いないわけで・・・」

女「それって」

男「はい」

女「それって、女性が皆相手の顔を見て良いか悪いか判断してる、って、思ってる、ってことだよね」

男「・・・・・」


82 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 22:08:41.39 ID:mE30a0Ri0

男「最低限の、目標ラインというか。いわゆるイケメン、フツメン、ブサメンのラインというか」

女「・・・例えば、フツメンまではOKだけどブサメンはダメ、とか?」

男「そうですね」

女「・・・ものすごい歪んだ視点で女性を見てるのね」

男「え・・・」

女「あなたがそう思ってるってことを口にするってことは、つまりそういうことでしょ?」

男「それって、どういう・・・」

女「さっき言った。女は男を顔で判断する。顔で決める」

男「・・・・・」

女「顔がダメな人は、無条件でダメ。そういうことだって、思ってる。って、思ってる」

男「・・・さっき言った、ことですね」

女「君が理解してないから2回言ったのよ」


83 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 22:13:29.21 ID:mE30a0Ri0

女「ものすごい侮辱された気分。男さんって、私のことそういうふうに見てたんだって」

男「えっ・・・ち、ちが・・・」

女「私がそういう判断をする人間なんだと、思ってたわけでしょ」

男「そ、そうじゃなくて・・・」

女「確かに人は見た目も大事だけど。でも、外見って人の内面を映し出すものじゃないかな」

男「内面を映し出す、もの」

女「分かりやすく言えば、海が好きな人は日焼けしている」

男「・・・うん、まあ・・・そうですね」

女「意地悪な人は、やっぱり顔に書いてあると思うの」

男「てことは、俺って内面も最悪ってことですかね」

女「・・・顔のつくりのことじゃなくて、雰囲気とか・・・」

女「最近の男さん、確かに色々あってちょっと雰囲気変わった気がするし」


84 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 22:15:42.36 ID:mE30a0Ri0

男「・・・・・」

女「説教臭くってゴメンね。でも、どうしても言いたかったの」

男「いや・・・。仰ることはごもっともで全然言い返せません」

女「だからね、こうやって色々しゃべってみないと、その人のことなんて何も分からないんじゃないかって」

男「確かに・・・」

女「皆は男さんのこと、碌に知ろうともせず色々貶してたけど、それってどうなんだろうって」

男「・・・・・」

女「この機会に色々と話せて、よかった」

男「え・・・」


85 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 22:18:07.33 ID:mE30a0Ri0

女「返事、まだだったよね」

男「え」

女「返事」

男「へ・・・へんじ。ああ・・・告白の?」

女「そう」

男「大体、分かりました」

女「嘘。私まだなにも言ってない」

男「えっ?今までのって」

女「これはただの会話。まだいいともダメとも言ってない」

男「そ、そうですか・・・」

女「じゃあ、言うね」




 
89 名前:アフィブログ転載禁止[]投稿日:2012/01/10(火) 22:20:49.81 ID:mE30a0Ri0

女「いまは、まだ何も言えない」

女「でも、もし相手の中身が好きだって思ったなら、そのときは・・・」

女「だから、これから少しずつ、お話していこうよ。これが今の私にできる、精一杯の答え」

男「俺なんかには、もったいない言葉です・・・。ありがとう」



後日―――

男「ここが友達のいるところ」

女「キャー!ゾンビ!!」

ゾンビ女「えっ」


おわり




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
[ 2012/01/17 23:46 ] 人外系,生き物系SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/16-9b6d47a1

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ