FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「ただいま」 猫「ああ、お邪魔してるぞ」1/3

男「ただいま」 猫「ああ、お邪魔してるぞ」


男「ただいま」 猫「ああ、お邪魔してるぞ」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 16:51:56.04 ID:OMPrjP8M0
男「ああそうです・・・か?」

猫「・・・」

男「・・・ええと、どちらさまで?」

猫「いや猫だが」

男「いや猫は喋らないと思いますが」

猫「化け猫だが」

男「・・・化け猫ですか」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 16:52:20.46 ID:eYtZ43y30
しゃべったあああああああああ




 

元スレ
男「ただいま」 猫「ああ、お邪魔してるぞ」





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 16:55:31.86 ID:OMPrjP8M0
男「猫って喋る・・・わけないしなぁ」

猫「現実を見ろ若者よ。現にこうしてコミュニケーション取れているだろうに」

男「いやそうはいっても、猫だし」

猫「猫『さん』だたわけ。目上に対してそれくらいはしろ」

男「目上・・・?」

猫「こう見えて、もう何百年も生きてるからの」

男「妖怪レベルじゃないですか」

猫「だから妖怪なんだというのに」


 
8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 17:00:00.85 ID:OMPrjP8M0
男「いや妖怪なんてそんな」

猫「バカな、などと抜かすなよ人間。勝手に我々を忘れたのはお前たちの方だ。最近の人間は礼儀を知らん」

男「はぁ・・・?」

猫「ここ数百年の間に随分と我らも忘れられたものよ。やれ雪女だやれ天狗だと騒いでいたあの人間が」

男「ええと、それで、その化け猫さんが、なんで俺の家に?」

猫「戸締りくらいちゃんとしておくんだな。窓が開いておった」

男「ああ、そういえばそうだったかも・・・」

猫「今回は猫で助かったやも知れぬが、次はくせ者かも知れぬ」

男(何で猫に説教されてるんだろ・・・)


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 17:03:17.57 ID:OMPrjP8M0
猫「まぁ勝手に入った私も褒められたものではないがな」

男「はぁ・・・」

猫「・・・しかしお前、なぜ驚かぬ」

男「は?」

猫「人間の常識的に考えて、猫が喋ったら驚くか気絶するものじゃないのか」

男「いや驚いてますけど・・・。驚きすぎて振り切れてるというか」

猫「ふうむ。存外、人間というのは感情豊かだと思っておったが・・・。そうでもないのやもしれぬな」

男「うーん、どういう状況だろう、これ」


 
11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 17:07:20.70 ID:OMPrjP8M0
猫「猫に話しかけ続ける人間の図というのは、面白いのかも知れぬな」

男「まぁ・・・他に話相手もいませんし。どうやらホントに喋れるようなので」

猫「む・・・?一人暮らし、というやつか」

男「そうです」

猫「妙な話だ。つい数十年前まで、家族と家を共有するのは当然のことだったのにの」

男「あー、今もそれ割りとメジャーですよ」

猫「ではなぜお前は一人だ」

男「なぜ、といわれても・・・。大学生の一人暮らしなんて、珍しくもないですよ」

猫「大学生・・・。確か、学生の一つの位だったな」

男「ええまぁ。このアパートなんて学生しか住んでませんし」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 17:11:41.47 ID:OMPrjP8M0
猫「若者が勉学をすることが出来る環境・・・。いい時代になったものよ」

男「そうですか?」

猫「つい数十年前は、お前のような若者が戦っていたのだ。それもあちこちでな」

男「見てきたようにいいますね」

猫「見てきたさ。そういう若者も、今の若者もな」

男(しかし、夢にしては随分リアルな話だな・・・)

猫「ところで、私は少し小腹が空いたのだが」

男「小腹が」

猫「何か食べ物はないかの。いや、あつかましい願いかも知れぬが、ここ数日、何も食べていないのじゃ」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 17:14:49.81 ID:OMPrjP8M0
男「ええと、さすがにキャットフードはないですけど・・・」

猫「あれはどうも好かぬ。なにやら飼いならされている気がしてならん」

男(いやそうなんだと思うけど・・・)

男「ああ、鰹節ならあったかと」

猫「鰹節とな。鰹は好物じゃ」

男「ああ、あと今日食べようと思っていた刺身が少し」

猫「刺身・・・。久しぶりに聞いた言葉じゃ。分けてくれるのか」

男「ええまぁ・・・。どうせ夢だしな・・・」

猫「何か言ったか?」

男「いえ別に」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 17:19:01.47 ID:OMPrjP8M0
男「しかし、随分毛艶のいい猫ですね」

猫「褒めているのか?私を誰だと思っておる」

男「猫『さん』」

猫「なにやら納得がいかぬがまぁよいか。神格化を遂げれば、毛並みなど乱れようもない。保たれたままよ」

男「・・・?」

猫「まぁ分からずともよい。しかし、この刺身はなかなかいけるの。まともにこんなものを食べたのはいつ以来だったか」

男「スーパーの安物ですけど」

猫「変わらぬさ。命は命だ」

男(難しいこという猫だな・・・)


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 17:24:05.81 ID:OMPrjP8M0
猫「馳走になった」

男「いえいえ」

猫「人間に物を捧げてもらうなど、久しいからの。腹も膨れた」

男「そんな大げさな・・・。俺はただ分けただけで」

猫「人間もまだ捨てたものではないということよな。そうでなくては私が報われぬ」

男「?」

猫「なぁ人間。お前は妖怪を信じるか?」

男「さぁ・・・。考えたこともないです」

猫「だろうな。我々も忘れられてしまって久しいからの・・・。他の連中が躍起になるのも分からんでない」

男「・・・」

猫「お前が私のことを夢だと思うのは勝手だぞ」

男「!」

猫「だがそれはお前たちの勝手な理屈だ。忘れるなよ、我々はこうしてまだ生きているのだから」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 17:28:01.79 ID:OMPrjP8M0
男「・・・」

猫「なぜ分かった、といいたげな顔をしておるな。分かるさ、人間の考えることだ」

男「・・・」

猫「夢と現実、科学と妖怪。私は何百年も生きて、人間を学んだからな」

男「夢ではない、と」

猫「どう思うかはお前の勝手だ。だが私はしばらくここに居候させてもらう。明日目を覚ましても、喋る猫はここにおるわ」

男「・・・居候」

猫「迷惑かの?それでも構わんさ、だがこちらにも事情がある。追い出されても、この近辺にはい続けるぞ」


 
20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 17:30:31.09 ID:OMPrjP8M0
翌朝

男「なんだかすごくひどい夢を見ていた気がする」

猫「そうか?随分安らかな寝顔だったと思うが」

男「」

猫「夢ではないといったろうに。現実のギャップに拒絶するのはもう止したらどうだ」

男「あー・・・。おはようございます、ネコさん」

猫「うむ。今日はいい天気だぞ。勉学に励むがいい若者」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 17:34:19.83 ID:OMPrjP8M0
大学

男「・・・」悶々

友「随分深刻な顔してるぞ。どうかしたのか」

男「なぁ、猫ってさ、喋るかな」

友「・・・。ああ、喋るんじゃないか?お前の中では」

男「まぁそういう反応だよな普通」

友「どうしたんだよ、また妙な夢でも見たのか?」

男「・・・」

友「なんだっけ?この前は雪女が暴れる話で、次は吸血鬼が血をすう話だったか?メルヘン名夢見るよなお前は」

男(今回のは現実なんだけどな・・・)

男「夏目漱石の読みすぎ、かもな・・・」


女「・・・」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 17:38:17.46 ID:OMPrjP8M0
友「ああそう、そういえばチャラ男のやつ、また彼女できたんだってさ」

男「へぇ、じゃああいつ今付き合ってるのか」

友「ああ、でもあいつは遊び人だからな、また女泣かせるに違いない」

男「なんでそんなやつに引っかかるかな」

友「顔はいいし背もでかい。オマケにファッションセンスや髪型も今時だからな。そういうもんだ」

男「ふうん」

友「お前はどうなんだよ、そういう話」

男「皆無だね。そもそも人と話をしないし」

友「寂しい大学生だぜ」

男「お前が言うか」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 17:42:39.64 ID:OMPrjP8M0
友「じゃ、俺次講義だから」

男「ああ、じゃあな」

男(彼女ねぇ・・・。いやそれより、あの喋る猫の方が先か・・・)

男(図書館に行けば、そういう文献あるかもしれないな。行ってみるか)


図書館

史書「化け猫についての資料?」

男「ええ、ちょっと調べたいので」

史書「化け猫ねぇ・・・。閉架書庫にあるかもしれない」

男「閉架書庫に・・・?」

史書「古い文献は基本的にあそこにあるから。入場手続きしてみたらいいと思うよ」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 17:45:14.80 ID:OMPrjP8M0
図書館B1 閉架書庫

男「古い本ばっかり・・・。妖怪関連の本は・・・随分奥の方にあるな」

男「ここか。埃たまってる、誰も見てないって事か」

ぺら・・・

男「よ、読めない・・・。いつの本だこれ・・・」

本『明治三十六年・・・』

男「ダメだこりゃ」



 
27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 17:49:29.06 ID:OMPrjP8M0
男 自宅

男「ただいま・・・」

猫「む、帰ったか。ちょうどよかった」

男「ああ、まだいたんですねネコさん」

猫「当然だ。それよりこのテレビとかいうやつを点けてくれ。どうやればつくのか分からぬ」

男「ええと、このリモコンのここを押すんです。チャンネルはここで変わりますから・・・」

猫「なんと、そんな便利なものが・・・。私はてっきり、故障かと思って叩いてしまっていた」

男「・・・画面が肉球のあとだらけなのは、それだからか・・・」

猫「むかし人間の女がばしばし叩いているのを見ておったからてっきり・・・」




 
30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 17:54:27.70 ID:OMPrjP8M0
男「でもネコさんテレビなんて見て、分かるんですか?」

猫「うむ。人間社会の今が見えるのは楽しいものだぞ。よくもまぁ、こんなに毎日ニュースが絶えないものだ」

男「まぁ、事件とか経済とかの話が大半ですから」

猫「経済ね・・・。何がしたいのかよくわからぬよ私には」

男「そうなんですか?」

猫「そうだろう」

男「・・・?」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 17:59:44.68 ID:OMPrjP8M0
猫「ま、そんなことは人間が考えればよい。私には知らぬ」

男「はぁ?」

猫「猫に金は必要ないからの。ほれ、飯はまだかの?」

男「ああ、今日は缶詰を買ってきましたよ。これならネコさんの口に合うかと」

猫「ほう、楽しみだの」

男「ところでネコさん、化け猫ってなんなんですか」

猫「何、とは?」

男「ええと、どういう存在なのかな、って」




 
34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 18:03:12.55 ID:OMPrjP8M0
猫「見た目は猫、しかし中身は化け物だ。ただそれだけだ」

男「化け物」

猫「そうだろう。まともな猫なら口を利いたり化けたりできぬ」

男「化けれるんですか」

猫「疲れるからやらんがの。人間に化けるくらい造作ない」

男「他には何が出来るんですか」

猫「さぁな。お前は自分の能力、才能を把握しておるのか?それと同じよ、私にだってそんなこと分からぬ」

男「そういうものなんですか」

猫「ああ、口は利ける。化けることも出来る。あとは長寿だ。そのくらいしか知らぬ」




 
36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 18:07:39.50 ID:OMPrjP8M0
猫「私とて昔は普通の猫だったのだがな。何の因果か、こんな風になってしまった」

男「こんなふう?」

猫「存外退屈なのだよ、この身も。昔は随分祭られたものだが、今はそんなことまったくないしの」

男「祭る?」

猫「ええい、質問ばかりだのお前は。私はテレビに出る人間とは違うのだぞ」

男「はは、そうでしたね」

猫「私からも質問をさせろ。お前、なぜそういう目をしておる」

男「は?」

猫「満たされぬというか、退屈というか。目の奥で、不満がたまっておるぞ」

男「・・・さぁ、何のことでしょう」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 18:10:07.65 ID:OMPrjP8M0
猫「閉塞した目をしておる」

男「そう見えますか」

猫「何がそんなに不満なのじゃ」

男「いえ、そんなことないですよ。特に何も思ってませんから」

猫「・・・」

男「さ、出来ましたよ。食べましょうか、今日の晩飯」

猫「・・・うむ」



 
40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 18:14:50.13 ID:OMPrjP8M0
テレビ『今日午前、X市で身元不明遺体が発見され・・・』

猫「なぁ人間」

男「なんですか」

猫「なぜこういう、暗いニュースしか流れぬのじゃ?さっきから明るいニュースがまったく流れんぞ」

男「明るいニュース・・・?ああ、そういえばないですね」

猫「やれ殺人、やれ背広着た人間同士の揚げ足の取り合い、やれ誘拐事件・・・。嫌な話題しかない」

男「明るいニュースなんてないですよ。あっても、報道されません。誰も気にしませんから」

猫「ほぉ、ならお前は昨日起きた事件など覚えておるのか?それも気にしてないのではないか?」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 18:19:57.47 ID:OMPrjP8M0
男「それは・・・」

猫「ま、猫には関係のない話よ。それよりこのカンヅメとやら、なかなかいけるぞ」

男「それはよかった」

猫「刺身もいいが、これもいける。認識を改めねばの」

かりかり・・・

男「?」

猫「む・・・、来たか」

白猫「なー」

男「友達ですか?」

猫「仲間だ。すまぬが少し出てくる。窓を開けておいてくれ」

男「構いませんけど・・・?」

猫「会合があるのだよ。我々にも色々あるのだ。ではの」

白猫「なー」

男「・・・いってらっしゃい」


 
43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 18:25:15.78 ID:OMPrjP8M0
某所

猫「ふむ、皆集ったの」

猫一同「・・・」

猫「さて、雪女の決起、そして吸血鬼の進入。天狗の一派や狐どもも妙な動きを見せておる」

隻眼の猫「どうされるつもりで?」

猫「どうもせぬ。我らは彼らの決起には関係がない。好きにさせるがいい」

隻眼の猫「しかし、それでは我らの存在が忘れられるばかりではないですか」

猫「かもしれぬな」

トラ猫「ニャーッ!!」

ブチ猫「うにゃあ」

白猫「なー」

隻眼の猫「人間が我らを忘れれば、我らだけでなく妖怪全体が滅びてしまいます」

猫「・・・」

隻眼の猫「神格化を遂げる猫も減少する一方ではないですか」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 18:30:27.70 ID:OMPrjP8M0
猫「人間との共存は不可能ではあるまいよ」

隻眼の猫「・・・」

猫「人間が我らを忘れるというのなら、それも仕方のないことじゃ。ここで我らが人間に歯向かうことに意味はない」

猫たち「・・・」

猫「ひっそりと生きるのもまた一つの手だとは思うが」

家猫「・・・うなー」

子猫「?・・・?」

親猫「・・・なー」

隻眼の猫「しかし・・・」

白猫「なー。うなうにゃ。なー」

隻眼の猫「それはそうだが・・・」

猫「シロの言うとおりじゃ。どちらにせよ人間には勝てぬよ。ならうまく生きるのが猫本来のいきかたじゃな」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 18:35:46.36 ID:OMPrjP8M0
隻眼の猫「・・・」

猫「マサムネ、確かにお前の言い分も分かるのじゃ。二百年前にお前が神格化してから、化け猫は現れぬ」

白猫「うなぁ・・・」

猫「人間は嫌いか?」

隻眼の猫「・・・いえ」

猫「なら、それでいいだろう」

白猫「・・・」

猫「シロ、マサムネを頼むぞ」

白猫「なー」

隻眼の猫「・・・俺は・・・」

白猫「・・・なー」

隻眼の猫「・・いや、あの方は正しいよ。それは間違いないさ・・・」


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 18:39:00.62 ID:OMPrjP8M0
猫「ただいま」

男「ああ、おかえりなさい」

猫「少しくたびれたの・・・。すまぬが横にならせてもらうぞ」

男「ああ、どうぞ」

猫「なぁ人間」

男「なんでしょう」

猫「お前は、誰かに忘れられたら嫌かの?」

男「・・・?難しい質問ですね」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 18:41:20.95 ID:OMPrjP8M0
男「確かに嫌ですけれど・・・。仕方のないことだと思います」

猫「ふむ?」

男「いつか忘れちゃうものですから、人間なんて」

猫「・・・そうかもしれんな」

男「さて、そろそろ寝ますか」

猫「ああ。おやすみ」

男「はい」

・・・深夜

男「・・・ん?」

猫「zzz」

男(重いと思ったら・・・。俺の上で寝てるし)


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 18:44:39.15 ID:OMPrjP8M0
翌日 大学

友「そうそう、三丁目にタバコ屋あるじゃん?」

男「あの古くて、片目の無い猫のいる?」

友「そうそう、そこのばあちゃんさ、入院するんだってさ」

男「じゃあタバコ屋は?」

友「息子がやるらしいんだけど、あそこも古いだろ?店畳んじゃうって話だ」

男「そうなのか」

友「昔から世話になってる店だから、残念なんだけどなぁ」

男「ふうん・・・」



 
53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 18:49:06.25 ID:OMPrjP8M0
男「じゃ、俺講義だから」

友「ああ、またなー」

男「さて、と・・・。この授業人少ないな・・・。初日はすごい人いたんだけど」

女「・・・失礼、この席開いてるか?」

男「え?ああ、開いてますけど・・・?」

男(他の席もがらがらなのになんでわざわざ俺の横に)

男(でも結構美人だからまぁいいか・・・)

女「唐突に妙な話を聞くが、キミは最近妙な夢を見ていないか?」

男「・・・え?」

女「以前キミは、吸血鬼や雪女の夢を見ていたんじゃないか?」

男「なんでそれを・・・?」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 18:52:53.47 ID:OMPrjP8M0
女「少し小耳に挟んだだけだ。それで、最近はどうだ?」

男「・・・」

女「・・・ま、唐突にこんなことを訊くのはどうかと私も思うのだが、しかし時間がないのでな」

男「・・・いや、最近はそういう夢は見てない」

女「そうか、ならいいんだ」ガタッ

男「え?ちょっと、あの」

女「気にするな、深く気にしても仕方ないことだ」すたすた・・・

男「誰だったんだ、あれ・・・」

男(それにしても、どことなくネコさんの喋り方に似てたような・・・?)


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 18:55:51.03 ID:OMPrjP8M0
男「ただいま」

猫「む、帰ったか。早速でスマンが、テレビを点けてくれぬかの」

男「え?点け方なら昨日教えたじゃないですか」

猫「うむ、それは覚えておるのだが、このリモコンとやらのボタンが肉球ではうまく押せぬのだ」

男「ああなるほど・・・」ぽちっ

猫「おお、すまないな、これでニュースが見れる」

男「ニュースを見るんですか」

猫「他に何を見る。他は猫が見ていて楽しいものとは思えぬが」

男「それもそうだ」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 18:58:04.51 ID:OMPrjP8M0
男「・・・ところで、ネコさんは人に化けれるんでしたよね」

猫「む?ああ、滅多にやらぬが、不可能ではないぞ」

男「そうですか・・・」

猫「?まぁ、勝手を忘れてしまいそうだがな。最後に化けたのは、何十年も前のことじゃし」

男「最近は化けてないんですか」

猫「化けぬ。理由もないしの」

男(じゃあやっぱり別人か・・・)


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 19:02:46.63 ID:OMPrjP8M0
男「さて、晩飯にしましょうか」

猫「うむ、至福の時じゃな」

男「今日はマグロの刺身もあります」

猫「なんと。最近見ないから絶滅してしまったのかと思っておった」

男「まさか。これがネコさんの分です」

猫「この匂い・・・。うむ、まさしくマグロよ・・・」

男「いただきます」

・・・

猫「む?」

白猫「なー!」

男「また来ましたね」

猫「なんじゃ、会合なら昨日済んだじゃろうに」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 19:04:14.32 ID:qhGGfc5N0
うちのぬこも話さないかな
でも「飯」「水」「トイレ汚い」「邪魔」「構え」くらいしか言わないだろうな・・・



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 19:05:07.99 ID:hto2BEsw0
「コタツ出せ」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 19:06:14.10 ID:OMPrjP8M0
白猫「うなー!!うにゃなー!!」

猫「何・・・?マサムネのところの人間が?」

男「政宗?」

猫「分かった、お前は彼を頼む。ご苦労じゃった」

白猫「にゃ」

猫「・・・」

男「あの。ネコさん?」

猫「ああ、すまぬな。仲間に不幸があったのでな、その連絡じゃ」

男「不幸・・・?」

猫「我々にはな、人間の寿命が見えることがあるのじゃ。死期を悟る、というやつじゃ」

男「はぁ・・・?」


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 19:10:23.33 ID:OMPrjP8M0
猫「まぁ、仕方のないことじゃよ。我らに比べて、人間の寿命は短いからの」

男「普通の猫なら、逆なんですけどね」

猫「それもそうじゃ」

男「確か、ネコさんは数百年生きているとか?」

猫「数千年、かも知れぬな。もう時間の感覚などとうに狂ってしまった」

男「へぇ・・・」

猫「仕方のないことじゃ、こればかりはの」

男「・・・」

猫「時に人間、こたつはまだ出さぬのか?」

男「は?」

ちょっと飯食ってくる



 
65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 19:19:33.64 ID:MCxSRRCM0
だんだん図々しくなってくる


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 19:23:04.85 ID:y8JsaQIM0
>>65
それがいいんだよ


 
68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 19:28:32.26 ID:OMPrjP8M0
男「こたつ?」

猫「冬の風物詩じゃろ」

男「あー、まぁそうですね。一人暮らしの必需品かもしれません。そろそろ出しますか」

猫「おお、やはりあるのか!あれがないと辛抱ならぬわ」

男「猫ってコタツ好きですよね」

猫「人間がこたつを好きなのだろ」

男「あーそれもありますね、はい」

保守感謝


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 19:31:43.42 ID:OMPrjP8M0
猫「はよ出すんじゃ」

男「て、今?」

猫「今やらずしていつやるのじゃ」

男「出来れば明日まで待ってほしいです」

猫「何だと。それでは私の気持ちが落ち着かぬ」

男「いやそうは言いますが。布団出したりなんだりで忙しいじゃないですか。埃たつし」

猫「むぅ・・・。じゃが・・・」

男「明日は出しますから、それで勘弁してくださいよ」

猫「・・・」


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/12/01(木) 19:35:47.50 ID:OMPrjP8M0
男「機嫌悪いですね」

猫「生殺しじゃ」

男「明日には出しますって」

猫「明日って今じゃ」

男「そうむくれないでくださいよ」

猫「・・・」

男「さて、風呂に入って今日は寝ましょうか」


関連記事
[ 2012/02/01 21:32 ] ファンタジー系SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/126-f83bbaad

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ