FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

許嫁「うわっ、汚い部屋…」2/3

許嫁「うわっ、汚い部屋…」


 

許嫁「うわっ、汚い部屋…」




131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:57:37.65 ID:1ko6dXua0
男「なんでこんなに朝早く…」

許嫁「HR前に文化祭の決め事があるの、知らないの?」

男「…知らないし行かない」

許嫁「どうしてよ」

男「俺が行ったってどうせ話に入れないし邪魔だろうから」

許嫁「そうやって卑屈になっているから余計クラスで孤立するのよ」

男「………」

許嫁「いいから起きなさい!」げしっげしっ

男「いたっ!いっ…起きるから蹴らないで!」



 
135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:58:17.31 ID:1ko6dXua0
男(体はあちこち痛いし、眠くてフラフラだし…もう最悪だ)

許嫁「しっかりしなさい。途中で倒れられても、私運んでいけないからね」

男「…もう一緒に登下校しないんじゃないのかよ」

許嫁「私が見ていないと、あなた学校行かないでしょう?」

男(見透かされてる……)

男(だいたい誰のせいだと思って…)ヨロッ

男「うわっ…」

許嫁「ちょっと…きゃっ!」



 
許嫁「うわっ、汚い部屋…」





137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:58:51.84 ID:1ko6dXua0
男「いてて…」

許嫁「ちょっと、本当に大丈夫なの?」

男「ああ、うん…大丈夫…」

許嫁「顔色悪いけれど」

男「大丈夫だって…」

許嫁「そう、なら早く私の上からどいて頂戴」

男「…っ…ごめん」



 
147 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:00:30.55 ID:JUkLIt9W0
男「………」

許嫁「どうしたの?目を瞑って突っ立ったまま動かないでいて。置いてくわよ」

男「え、ぶたないの…?」

許嫁「何?ぶってほしいの?」

男「いや、そういうわけじゃ…」

許嫁「ぶってくれないと気が済まないというならしてあげるけど」

男「………」

許嫁「早く行きましょ」

男「…うん」


 
151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/12(火) 00:01:43.22 ID:JUkLIt9W0
男(クラスの決め事って言ったって…)

男(ほんの10分で終わりじゃないか。こんなに早く来させておいて)

男(あとはみんな文化祭の準備…もちろん俺はやることなし……)

男「…………」

チャラ男「あーーーマジうざっ。なんであいつ何もしてないの?」

男(うるさい…お前らが仕事くれないんじゃないか)

男(だいたい許嫁だって…無理矢理来させたのに何もなしかよ…)

チャラ男「ああいう奴がいるとマジ萎えるよねー」

モブ「ねー」

許嫁「……………」

キーンコーンカーンコーン

男(やっと終わった…地獄から解放される…)



 
154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/12(火) 00:02:30.14 ID:W3U9cVSa0
男(やっと午前の授業終わった…今日は半日だからさっさと帰って…)

わいわい… がやがや…

男(みんな文化祭の準備か…見つからないように帰ろう…)

男「………」スタスタ

許嫁「なに帰ろうとしてるのよ」

男「い、許嫁…」

許嫁「ちゃんと残っていきなさい」

男「だって…俺がいたってやることないし…さっきの見てたでしょ?」

許嫁「本当分からず屋ね。いいから残りなさい」

男「…はぁ」

許嫁「これ、あなたのお昼も買っておいたから」

男「………」


 
159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/12(火) 00:03:21.34 ID:8QFgbiTc0
男(このパン、昨日も食べたし…)

男(まずっ…)

チャラ男「ねえ、なんであいつ残ってるの?いつもみたいにさっさと帰れよな」

男(うるさいうるさい…だって許嫁が…)

男(…なんだこれ、栄養ドリンクと眠眠打破……)

男(ロクな食べ物ないじゃん…ハァ……)

男「…オエッ」



 
162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/12(火) 00:04:03.25 ID:W3U9cVSa0
許嫁「ねえ、なにか仕事ない?」

モブ「あー、それじゃあこの木材切ってくれないかな」

許嫁「分かったわ」

男(あっちはもう作業してるし…)

男(結局やることなんて回ってこないじゃないか)

男「………」

男「…オエッ」



 
166 名前:◆s6bsqy6JPM []投稿日:2011/07/12(火) 00:05:27.08 ID:W3U9cVSa0
許嫁「あら、随分暇そうにしてるわね」

男「…なにしにきたの」

許嫁「さっきのお昼代、貰ってなかったから」

男「…奢りじゃないのかよ」

許嫁「当たり前でしょ。はい、領収書」

男「高っ…ハァ…」



 
169 名前:◆cbkujpH7is [トリップミスった]投稿日:2011/07/12(火) 00:06:19.84 ID:JUkLIt9W0
許嫁「あ、それと」

男「まだ何かあるの」

許嫁「うるさいわね。私だって忙しいのよ。あなたと話してる時間なんてないんだから」

男「………」

許嫁「この木材、切っておいて頂戴。線が引いてある所ね」

男「……!」

許嫁「それじゃあ、よろしくね」

男(俺に…クラスの仕事…)


 
174 名前:◆cbkujpH7is [何故かID変わりまくる]投稿日:2011/07/12(火) 00:07:32.08 ID:JUkLIt9W0
男「…意外と難しいな…」ギコギコ

男(許嫁、俺のために仕事探してくれたのかな…)

男(あとでお礼言わないと)


チャラ男「あいつなんで勝手に仕事してんの?」

モブ「さあ?知らね」

チャラ男「ちょっと文句言ってくるわ」


男「…オエッ」

男(…ちょっと…胃の調子が悪いな…)フラフラ



 
176 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:08:22.29 ID:8QFgbiTc0
チャラ男「おい」

男「……!」ギコギコ

チャラ男「なんでお前勝手に仕事してんの?」

男「勝手に、じゃない…」ギコギコ

チャラ男「じゃあ誰がやれって言ったんだよ!」

男「…許嫁…さん」

チャラ男「あ?そんなわけないだろ」

男「…本当だって」

チャラ男「許嫁ちゃんがお前みたいな根暗と話すわけねーだろ。バーカ」



 
181 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:09:03.08 ID:JUkLIt9W0
チャラ男「もういいわ。許嫁ちゃんに直接聞けば分かるし」

男「………」

チャラ男「チッ…勝手にやられると迷惑なんだよ」

男「…なんだったんだ一体」

男「…オエッ」

男「やば…ちょっと気持ち悪いな…さっき食べたものが」

ザクリッ

男「あ」



 
190 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:10:24.71 ID:JUkLIt9W0
男「やべ、切っちゃった…」ドクドク

男「………」ドクドクドク

チャラ男「おま、ふざけんな!木材に血ついてるじゃねえか!」

モブ「おい、チャラ男、どうした…って」

男「あー…」ドクドクドク

チャラ男「だからお前なんかにやらせたくなかったんだよ!」

モブ「おい、この血の量、やばいって…」

許嫁「ちょっと、何をそんなに騒いでいるの?」



 
208 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:12:08.94 ID:JUkLIt9W0
男「あ、許嫁…」ドクドクドク

許嫁「…っ!!」

許嫁「呆れた!こんな単純作業もまともにできないわけ!?」

男「ごめん……」

チャラ男「聞いてくれよ許嫁ちゃん、コイツ…」

許嫁「…んっ」はむっ

男「い、許嫁っ!?」

許嫁「止血くらい…んっ…ちゃんとしなさいよ…馬鹿」ちゅうっちゅうっ

チャラ男「!?」

モブ「おお…」



 
220 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:13:30.99 ID:JUkLIt9W0
がやがやがや…

男「い、許嫁…みんな見てるって…」

許嫁「…んっ……モブ君、保健室から消毒と絆創膏持ってきてくれる?」

モブ「お、おう…」

男「許嫁ってば…」

許嫁「んちゅっ…うるさいわね…少し黙りなさい…」ちゅうっちゅうっ

男「………」

男(なんかこれ…恥ずかしい…)

チャラ男「い、許嫁ちゃん…汚いって、そんな奴の…」

許嫁「んっ…ちゅうっ…」



 
224 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:14:14.95 ID:JUkLIt9W0
ねえ、あの二人って付き合ってるの?

まさかぁ、あんな根暗な奴と

いいなぁ…指フェラしてもらえて

馬鹿言ってんじゃねえよ!

男「い、許嫁…みんな何か言ってるし…」

許嫁「黙ってて。まだ血止まってないから」

男「………」


 
235 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:15:17.65 ID:JUkLIt9W0
モブ「取ってきたぞ!」

許嫁「…ちゅぱっ…ありがと」

チャラ男「許嫁ちゃん、血、床に吐いていいよ…俺も掃除手伝うから…」

許嫁「大丈夫よ、全部飲んでしまったから」

チャラ男「なっ…!」

許嫁「だいぶ血が止まったみたいね。ほら、消毒するから…」

男「う、うん…」

やっぱり付き合ってるのかな?

普通あそこまでしないだろ…

男(こんなこと言われてるのに、許嫁は顔色ひとつ変えもしない…)

男(俺は多分、真っ赤なのに…)

チャラ男「…………」ギリギリ


 
244 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:16:40.45 ID:JUkLIt9W0
男(また暇になってしまった…)

ねえ、さっきの…  くすくす……

男(しかも余計居辛くなったし…)

男(許嫁は顔色ひとつ変えずに作業に戻ってるし……)

許嫁「…………」チラッ

男「…!」

許嫁「…フンッ」

男「…………」

男「……帰ろ」


 
251 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:17:38.47 ID:JUkLIt9W0
男(許嫁、なんであそこまでしてくれたんだろ……)

男「…………」ボォー

男「……ちゅぱ、ちゅぱ」

許嫁「……気持ちわる……最低」

男「い、許嫁!?いつから…」

許嫁「ちょうど今帰ったのよ。そしたら何?」

男「あ、いや、これは……」

許嫁「私のことをそういう目で見ないでって言ってるでしょう?この変態!」げしっ

男「いたっ…!足踏まないで!」

許嫁「変態!変態!」ぐりぐりぐりぐり



 
256 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:18:34.39 ID:JUkLIt9W0
男「…今日は一層機嫌が悪いな……なんでだろ…」

男「はぁ…なんか疲れた……」

男「そういえば昨日はロクに寝てなかったんだった」

男「…寝よ」

男「……………」



 
263 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:19:40.21 ID:JUkLIt9W0
……………

男「…んんー…」

許嫁「あら、起こしてしまったかしら」

男「…許嫁…?うっ……」

許嫁「んっ…じゅぽっ、じゅぽっ…」

男「な、何してるの!?許嫁!」

許嫁「何って…溜まってたんでしょう?楽にしてあげるから」

男「そんな…あっ、あっ…!」

許嫁「シッ…ご両親にバレてしまうわよ?」

男「っ!!」


 
272 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:20:25.77 ID:JUkLIt9W0
男「うっ…くっ…許嫁……っ」

許嫁「んふっ…じゅぽっ…ひもひい?」

男「うん…っ、気持ちよすぎて…」

許嫁「じゅぽっ…じゅぽっ…えひゃう…?」

男「うん…出る…っ」

男「くぅっ…許嫁……っ!」

許嫁「ちゅぽっ… だーめっ」

男「…っ!!」


 
277 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:21:09.74 ID:JUkLIt9W0
男「許嫁…っ…なんで…」

許嫁「あなたのその情けない顔をもっと見ていたいから」

男「っ……」ゾクゾクッ

許嫁「んっ…ちゅぽっ……じゅぽっ…」

男「くおぉ…」

許嫁「れろ…何回寸止めさせてあげようかしら」

男「あっ…やっ………」

許嫁「じゅぽっ…ちゅっ…じゅぽっ…ちゅぽっ…」

男「うあぁ…っ」


 
284 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:22:04.98 ID:JUkLIt9W0
男「許嫁…っ、お願い…!」

許嫁「んちゅっ…だめよ」

男「やだ…出させて…っ!」

許嫁「ふふっ。こんなにお腹パンパンになっちゃったわね」

男「もう…限界……っ」

…と…………

許嫁「いいわよ…ちゅぽっ…出させてあげる…じゅぽじゅぽっ」

男「くっ、うあぁぁっ!」

……と…こ……

男「許嫁っ、許嫁っ!!」


許嫁「男、いい加減起きなさい」バシンッ



 
292 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:23:25.12 ID:JUkLIt9W0
男「!!…ハァ、ハァ、ハァ……」ビクッビクッ

許嫁「ご飯だって言ってるでしょ。いつまで寝てるつもりなの?」

男「……夢?」

許嫁「なに寝ぼけたこと言ってるのよ。早く来なさい」

男「…うん…」

許嫁「……それ、どうにかしてくれないかしら」

男「…?あ、こ、これは…!寝起きだから…」

許嫁「許嫁~、じゃないわよ。この変態」

男「っ!!」



 
294 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:24:19.13 ID:JUkLIt9W0
男「俺…寝言言ってた…?」

許嫁「ええ、ばっちり」

男「………」カァァ

許嫁「私のヤラシイ夢でも見ていたんでしょう?どうせ」

男「…その……」

許嫁「私をそういう目で見るの、やめてって言ってるでしょ?いい加減にしてくれないかしら」

男「…ごめん」

許嫁「わかったなら早く起きてきて頂戴」

男「…………」



 
298 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:25:05.31 ID:JUkLIt9W0
許嫁「いただきます」げしっ

男「いっ!!…ただきます…」

許嫁「…早くそれ鎮めなさい。こんなときまで…」ぐりっぐりっ

男「だ、だって…」

母「どうかしたの?二人ともこそこそ話して」

許嫁「いえ、なんでもないです。お義母さん」ぐりぐりっ

母「あら、そう?」

父「男もなんだなんだ、元気ないぞ」

男「いや、そんなこと…いてっ…ないけど…」

父「そうか?駄目だぞ、いっぱい食べて精をつけないとな!がははは」

母「あなた、食事中ですよ」

男(精をつけて……許嫁と………)ムラムラ

許嫁「……………」ぎゅうぅぅ


 
301 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:26:07.75 ID:JUkLIt9W0
許嫁「結局それ、おさまりがつかなかったみたいだけど」

男「……ごめん」

許嫁「本当に身の危険を感じるから、早くなんとかして頂戴」

男「なんとかって…?」

許嫁「言わせるつもり?」

男「…………」

許嫁「私がお風呂から出てくるまでに終わらせて頂戴ね」

男「…うん」

許嫁「多少お部屋が臭っててもいいけど、窓は開けておきなさいよ」

男「……………」



 
304 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:27:34.98 ID:JUkLIt9W0
……………

許嫁「ふぅー、さっぱりした」

許嫁「男、入るわよ」ガチャ

男「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ…」シコシコ

許嫁「…まだ終わってなかったの?」

男「…え?うわあああ!!!」

許嫁「今更隠してももう遅いわよ」

男「…………」

男(見られた…許嫁にオナニーしてるところ見られた……)カァァ



 
307 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:28:40.23 ID:JUkLIt9W0
許嫁「ああもう、窓は開けてって言ったでしょう」ガララ

男(片付けよ……)

許嫁「あら、続きはしないの?」

男「しないよ…」

許嫁「駄目よ。最後までしなさい」

男「いいじゃん別に…」

許嫁「よくないわよ。溜まっているんでしょう?」

男「っ……」

許嫁「私はあなたのを見てしまったこと、別に気にしてないから」

男「俺が気にするんだよ!」ダッ

許嫁「ちょっと、どこ行くのよ!」

男「風呂!!」



 
312 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:30:17.88 ID:JUkLIt9W0
男「………」

許嫁「あら、お風呂上がったのね。」

男「う、うん…」

男(顔合わせ辛い……)

男「お、俺もう寝…」

許嫁「待って。絆創膏、取り換えた?」

男「あ、まだ…」

許嫁「本当だらしないわね。いいわよ、私がやってあげる」



 
317 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:31:09.87 ID:JUkLIt9W0
許嫁「うわぁ…パックリ切れてる。あまり見たくないわね」

男「そんなに酷い…?」

許嫁「酷いって物じゃないわよ。あれだけ血が出てたのに」

男「あー、あはは…」

許嫁「傷口をぼーっと眺めて。なんで焦らないのかしら。馬鹿なんじゃないの?」

男「許嫁は最初ちょっとだけ焦ってたよね」

許嫁「焦ってません」

男「いやいや、焦って」

許嫁「焦ってないって言っているでしょう。静かにしないと塞がりかかってる傷口を開きなおすわよ?」

男「ひっ…!」

許嫁「善意でやってあげてるのに、むかっ腹が立つわ。もう寝るから」

男「あ、ちょ、ちょっと…」

許嫁「おやすみなさい」


325 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:32:38.19 ID:JUkLIt9W0
許嫁「ふぁ…起きないと、今日も文化祭の準備が…」

許嫁「男、起きなさ…」

男「…許嫁、許嫁ぇ……」カクカク

許嫁「…ハァ……」

許嫁「起きなさい」ゲシッ

男「いって!!あ、あれ…?」

許嫁「おはよ」

男「あ、おはようございます…」

許嫁「早く支度しなさい。今日も準備出るのよ」

男「え…うん……」



 
330 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:33:36.70 ID:JUkLIt9W0
男「ハァ…」

許嫁「なによ、ため息なんかついて」

男「昨日の失敗のこともあるし来たくなかったなぁ、って…」

許嫁「そうやって逃げてばかりいるから孤立するのよ」

男「………」

ガララ…

女友「あ、許嫁おはよー」

許嫁「おはよ」

女友「っと、男君もおはよー」

男「え、あ、お、お、おはよ…」

チャラ男「……………」



 
341 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:35:05.67 ID:JUkLIt9W0
女友「それじゃ、許嫁、昨日の続きしようか」

許嫁「ええ、看板の色塗りね。ハケはどこに片付けたかしら…」

男「………」

許嫁「なにボーッとしてるのよ。あなたも探すのよ」

男「え、あ、うん…」

許嫁「本当、トロいんだから。呆れる」

男「…ごめん」

女友「あはは、二人って本当に仲がいいね」

男(どうすればそう見えるんだよ……)

許嫁「ええ、いじめがいがあるわ」

男「………」



 
345 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:36:11.61 ID:JUkLIt9W0
女友「またまたー、そんなこと言って。じゃあ昨日のはなんだったの?」

許嫁「昨日のって?」

女友「男君の止血事件だよ」

許嫁「別になんでもないけど」

女友「ほんとー?付き合ってたりしてるんじゃないの?」

男「……っ!!」ドキッ

許嫁「まさか。そんなのじゃないから」

女友「えー、つまんなーい」

男(…そ、そうだよな…やっぱり………)

チャラ男「………」ニヤ



 
354 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:37:38.92 ID:JUkLIt9W0
男(やっと朝の作業終わった…)

男(許嫁にあんなこと言われちゃうし、もう心が折れそうだよ…)

男「……ん」

チャラ男「許嫁ちゃん、昨日は大丈夫だった?」

許嫁「なにが?」

チャラ男「あの後男に変なことされなかった?」

許嫁「別に、平気よ」

チャラ男「そっか、よかった…何かあったら俺に言ってね?力になるからさ」

許嫁「ええ、心配してくれてありがとう」

男「…………」



 
360 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:38:55.73 ID:JUkLIt9W0
男(…授業の内容が全く頭に入らなかった)

男(昼の作業も手伝うと、また許嫁に迷惑かけちゃうし……)

許嫁「なに帰ろうとしてるのよ」

男「!」ビクッ

男「い、いや、俺がいると許嫁も居づらいかなって…」

許嫁「バカ言わないで頂戴。あなたがいないとそれだけ私の負担が大きくなるの。一緒にいなさい」

男「………」

許嫁「私はちょっとお手洗いに行ってくるけど、これ見よがしに逃げないでね」

男「…うん」

366 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:39:48.70 ID:JUkLIt9W0
男「なんなんだよ一体…」

チャラ男「おい」

男「っ!」ビクッ

チャラ男「おい、無視すんじゃねえよ。お前だよお前」

男「な、なに…?」

チャラ男「なにじゃねえよ。話あるから廊下出ろや」

男「な、なんで…」

チャラ男「いいから早くしろ!」

男「は、はい…」



 
373 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:41:00.78 ID:JUkLIt9W0
チャラ男「お前さあ、許嫁ちゃんが迷惑してんのわかってんの?」

男「……」

チャラ男「許嫁ちゃんはね、クラスで浮いてるお前を馴染ませようとイヤイヤ絡んでるわけ」

チャラ男「そんな許嫁ちゃんの気持ちを知らずに勘違いして
鼻の下伸ばしやがって」

男「そ、そんなこと…」

チャラ男「みんなの目にはそう映ってるんだよ!!」

男「!」ビクッ

チャラ男「許嫁ちゃんだけじゃねえ、クラスの皆がお前に迷惑してんだよ」

男「な、なんで…」

チャラ男「今まで全く準備に参加しなかったクセに、突然来やがってよう」

チャラ男「そんな奴にやらせられる仕事なんてないに決まってんだろ!」

男「………」


 
380 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:41:58.33 ID:JUkLIt9W0
チャラ男「わかったらもう二度と関わるんじゃねえぞ。許嫁ちゃんにも、文化祭にも」

男「………………」

チャラ男「ケッ。結局だんまりかよ。あーウゼ」

男(教室…戻んなきゃ…)

男(…何でこんなことに……)ヨロッ

ガンッ

男(や、やば…立てかけてあった木材に…)



 
387 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:42:50.69 ID:JUkLIt9W0
それから起こったことに俺は棒立ちになって見ているしかなかった。

木材は面白いように将棋倒しになり、
同じく不安定に立てかけてあった未完成の大道具と衝突し、
メキメキと音を立てて倒れてしまった。

場を居合せていたクラスメイト達は、
俺の様に呆気に取られている者もいれ、ば条件反射のように悲鳴をあげる者もいた。

許嫁は…

許嫁は、倒れた大道具や木材に両手を下敷きにされて泣き叫んでいた。



 
401 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:44:19.16 ID:JUkLIt9W0
チャラ男が俺を突き飛ばし、許嫁のもとに駆けつけた。
クラスの男子を集め、倒れた木材を運び始める。

時折木材の重心が移り変わることに苦痛を感じるのか、
許嫁の泣き声が激しくなり、その度にクラスの女子達になだめられていた。

俺は頭が真っ白になって動けぬまま、一連の様子を眺めているだけだった。

ようやく許嫁が助け出されると、女友と共に小走りで保健室に向かっていった。
その様子までも眺めていると、不意にチャラ男の鉄拳制裁が飛び、
それが始まりの鐘だったかのように、クラスメイト達による糾弾会が始まった。



 
407 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:45:08.40 ID:JUkLIt9W0
チャラ男「おい、どうしてくれるんだよ!」

男「ごめんなさい…ごめんなさい…!」

モブ「さっきからそればっかじゃねえか!どうせ口だけなんだろ!?」

男「そんなんじゃ…あっ…」

チャラ男「女友…許嫁ちゃんは!?」

女友「今から病院に行くから、私は許嫁の荷物を取りに」

チャラ男「待って、俺も行く」

男「お、俺も…」

モブ2「おい、逃げるつもりなのか!?」

モブ3「ふざけないでよ!こんなことしておいて!」

男「そんなつもりじゃ…!あ、待って!!」


 
419 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:45:58.58 ID:JUkLIt9W0
男「…明日からもう学校行けないよ……」

男「許嫁も完璧に俺のこと嫌いになったよな…当然縁談なんか……」

男「…もう許嫁もうちには来ないだろうな……」

男「…………」

男「…寝よ………もうダメだ……」

男「……………」

ピンポーン

母「あ、はーい!」



 
422 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:46:37.62 ID:JUkLIt9W0
男「…ん」

許嫁「やっとお目覚めみたいね」

男「えっ!?許嫁、なんで…」

許嫁「なにをそんなに驚いているの?」

男「だって、実家に帰ったんじゃ…」

許嫁「なに寝ぼけたこと言ってるのよ」

男「いや、でも…あ、そういえば手の方は…」

許嫁「あら、病院に着いてきてくれなかったから全く気にしてくれてないものだと思ってたけど」

男「そ、それは……」


430 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:47:57.23 ID:JUkLIt9W0
許嫁「ほら、見てのとおり」

男「両手の指…折れちゃってるの…?」

許嫁「ええ。ポッキリと」

男「………」

許嫁「しばらく動かしては駄目だそうよ。どうしてくれたものかしら」

男「ごめんなさい…本当に、ごめんなさい…」ポロポロ

許嫁「ちょ、ちょっと…何も泣くことないじゃない」

男「だって…俺のせいで…」

許嫁「………」


 
441 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:49:12.37 ID:JUkLIt9W0
許嫁はちょうどトイレから帰ってきたところなんです
ごめんなさい




 
451 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:50:00.79 ID:JUkLIt9W0
許嫁「別に怒ってなんかいないわよ。あなたに悪気がなかったのは知っているし」

男「………」

許嫁「それに、クラスの皆にもコッテリ絞られたんでしょう?もう十分よ」

男「…なんでそれを」

許嫁「チャラ男君が話してくれたわ。得意げに」

男「…そう」

許嫁「とにかく、あなたは悪くないのだからこれ以上謝らないで頂戴。逆に不愉快だわ」

男「そ、そっか…許してくれるんだね。ありがとう…」

許嫁「え?そんなことは一言も言っていないけど」

男「え?」



 
468 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:51:49.35 ID:JUkLIt9W0
許嫁「悪気はなくても、原因はあなたなのだから、責任はキチンと取ってもらわないと」

男「せ、責任って…」

許嫁「……」

男「…治療費?」

許嫁「そうじゃなくて。お金くらい自分で出すわよ」

男「じゃあ何なんだよ…」

許嫁「…あなたは健康な体だから分からないのかもしれないのだけれど?」

男「…」

許嫁「両手が使えなくなると何もできないの。ご飯も食べられないわ」

男「そ、それって…」

許嫁「そうよ。これから私の指が治るまで、私の身の回りの世話をしなさい」


 
474 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:52:51.72 ID:JUkLIt9W0
男「許嫁、口開けて…」

許嫁「…あーん」

男(な、なんか、これすごく恥ずかしい…)

許嫁「……モグモグ」

男(俺が寝てたおかげで母さん達とは食事の時間をずらたけど…)

許嫁「男、お水が飲みたいわ」

男「あ、はいはい…」

許嫁「…もっと近づきなさい。これじゃあこぼれちゃう」

男「で、でも…許嫁の体に触っちゃう…」

許嫁「いいわよ。必要なら抱き寄せて頂戴」

男「そ、それじゃあ…」ドキドキ



 
478 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/12(火) 00:53:35.20 ID:JUkLIt9W0
男(うわああぁ…許嫁の身体に手を回しちゃってるよおぉ…)ドキドキ

男(許嫁の腕に俺の胸が密着してるし…絶対心臓バクバクなのバレちゃってるよな…)

許嫁「ん…もういいわ」

男「あ、うん…」

許嫁「あ…」

男「な、なに…?」

許嫁「この方が食べさせやすいと言うのなら、このままでもいいけど…」

男「…っ!!」

男(ど、どうしちゃったんだよ許嫁…いつもなら俺の反応見て馬鹿にしてくるのに…)ドキドキ



 
関連記事
[ 2012/01/28 17:27 ] 従姉・従妹・許嫁SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/112-969fe2b8

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ