FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

許嫁「うわっ、汚い部屋…」1/3

許嫁「うわっ、汚い部屋…」


 

許嫁「うわっ、汚い部屋…」



1 名前:◆cbkujpH7is []投稿日:2011/07/11(月) 23:09:52.83 ID:1ko6dXua0
男「ごめん、すぐ片付けるよ…」

許嫁「本当信じられないわ。こんな部屋に居候しなきゃいけないなんて」

男「あはは…親父達が…ね」

許嫁「結婚だって嫌なのに、ましてやあなたと同棲なんて考えられないわ」

男「…じゃあそう言えばいいじゃん」

許嫁「お父さんの面子もあるの。そう私が簡単に口を出していい問題じゃないのよ」

男「じゃあどうするんだよ」

許嫁「うるさいわね、口を動かしてないでさっさと手を動かしなさい」

男「……」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:10:58.20 ID:1ko6dXua0
男「あの…」

許嫁「なによ」

男「片付けるの見られたくないんだけど…」

許嫁「私に出てけって言っているのかしら?」

男「そうしてくれるとありがたいです……」

許嫁「ふーん、どうせエッチな本とか見られたくない、とかでしょう」

男「ち、ちがっ!」

許嫁「なら出ていかなくてもいいわよね?純粋無垢な男くん?」

男「っ……」



許嫁「うわっ、汚い部屋…」





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:12:06.56 ID:1ko6dXua0
男「…………」ごそっ

許嫁「あら、なにかしら?その雑誌」

男「これは……」

許嫁「水着の女の子が写っているけれど?」

男「…………」カァァ

許嫁「ほら、言ってみなさいよ。なーに、それ?」

男「っ………」

許嫁「所詮、オトコは皆ケダモノね。あー汚らわしい汚らわしい」

男「………」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:13:57.06 ID:1ko6dXua0
男「っ……」

許嫁「あら、その本捨てちゃうの?」

男「いいだろ、別に…」

許嫁「よくないわよ。あなたが雑誌の女の子で満足してくれないと、私の身が危ないから」

男「そ、そんなことしないよ…」

許嫁「どうだか。同じクラスの女の子と突然許婚の仲だなんてシチュエーション、いかにも好きそうじゃない」

男「そんなことないって…」

許嫁「そう、じゃあ私には一切興味ないの?」

男「え、あ、いや…」

許嫁「……私のこと、嫌い?」

男「!!!」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:14:56.01 ID:1ko6dXua0
許嫁「どうなの?」

男「えっと…」

許嫁「早く言いなさいよ」

男「…好き…です」

許嫁「…そう。じゃあ、する?」

男「!!!」ドキドキドキドキ


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:15:32.68 ID:1ko6dXua0
許嫁「ぷっ…くくくっ……」

男「な、なに?」

許嫁「くふふっ…くくっ、本当にケダモノね」

男「えっ……」

許嫁「肩強張らせて、目を血走らせて」

男「……………」

許嫁「…本当に勘弁して頂戴ね。あなたに許すほど安い体じゃないから」

男「……………」

許嫁「ほら、早く片付けなさいよ。手止まってるわよ」

男「うん……」

許嫁「ふぅ、ホコリ臭いわ。窓開けるわね」



 
8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:16:21.21 ID:1ko6dXua0
許嫁「ねえ」

男「…なに」

許嫁「ご飯だそうよ」

男「…今行く」

許嫁「それにしても随分綺麗になったわね。見違えたわ」

男「………」

許嫁「なにをそんなにむっつりしているのかしら?」

男「…なんでもないよ」

許嫁「さっきのことが相当悔しかったと見えるわね。あー情けない」

男「………」

許嫁「早く来なさい。ご飯冷めてしまうわよ」

男「…うん」



 
10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:17:14.34 ID:1ko6dXua0
父「二人とも、そろそろ仲良くなってきたかい?」

男「あ…えっと…」

許嫁「ええ、とっても」

母「そう、よかったわぁ。あなたたち、初めて会ったときはなんだかギクシャクしていたから」

許嫁「初めはちょっと恥ずかしくて…今はもう仲良しよね?男」

男「え!?あ、う、うん……」

父「はっはっはっ、こりゃいい夫婦になれるぞ」

許嫁「そうですか?ふふっ」ニコニコ

男「……………」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:18:09.43 ID:1ko6dXua0
許嫁「あ、男」

男「な、なに?」

許嫁「こっち向いて」

男「ん…?」

許嫁「ご飯粒、ついてる」

男「あ……」

許嫁「はむっ」

男「っ!!!」

母「あらあら」




 
13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:19:49.26 ID:1ko6dXua0
男「っ………」カァァ

父「あーあー、男、顔真っ赤だぞ?」

母「二人ともラブラブねー」

男「そ、そうかな…はは…」ニヤニヤ

許嫁「………」ゲシッ

男「いてっ!あ、足……」

母「どうかしたの?男」

許嫁「顔色悪いわよ?」ぐりぐり

男「いっ…な、なんでもない…」

許嫁「そう、ならいいけど…」ぐりぐりぐり


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:20:26.28 ID:1ko6dXua0
父「男、本当に顔色悪いぞ?」

男「だからなんでもないって……っつ…」

許嫁「本当に大丈夫?」ぐりぐり

男「…………」

許嫁「ほら、食べさせてあげる。あーん」ぐりぐり

男「!?」

父「おお、熱いなあ」

母「あらあら」

許嫁「ほら、あーんして?」ぐりぐりぐり

男「っ………」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:21:22.38 ID:1ko6dXua0
許嫁「あーん?」ぐりぐり

男「っ……あ、あ、……」

許嫁「……」ぎゅうううぅぅ

男「あああああああああ!!??」

父「はっはっはっ!おいおい男、気合い入りすぎだろう」

母「全くもう…この子ったら…」

男「ち、違っ…いてて…」

許嫁「………」ニコニコ

男「…もういらない、ごちそうさま」

母「あ、ちょっと、男!」

父「恥ずかしかったんだろう、そっとしておいてやろう。許嫁ちゃん、ごめんな?」

許嫁「いえいえ」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:22:30.69 ID:1ko6dXua0
男「うっ…ぐすっ…なんでこんなこと……」

男「骨は折れちゃいないだろうけど…くっ……」

許嫁「んー、疲れた」

男「!」ビクッ

許嫁「あら、何よあなた。目を真っ赤にして。もしかして泣いてたのかしら?」

男「お前、なんであんなこと…」

許嫁「ご両親の目もあるし、いつもあなたにこういう態度を取るわけにはいかないのよ」

許嫁「だからと言って、あんまりデレデレしてみせるとあなた調子にのるでしょう?」

男「そんな……」



 
18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:23:27.05 ID:1ko6dXua0
許嫁「私がご飯粒を取って食べてあげたとき、あなた随分嬉しそうだったじゃない?」

男「………」

許嫁「それが困るのよ。勘違いして思い上がられたら何されるか分からないし」

男「だからって、あんなに強く踏むことないだろ!?」

許嫁「あぁ、あれは少しやりすぎたわ。ごめんなさい」

男「え…あ、謝ってくれればそれでいいんだけど……」

許嫁「ホント、バレなくてよかったわ」

男「!!!」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:24:14.46 ID:1ko6dXua0
男「っ………」スタスタ

許嫁「あら、どこへ行くの?」

男「…風呂」

許嫁「ちょ、ちょっと待ちなさい!」

男「…なに?」

許嫁「何じゃないわよ!あなたが先に入ったら私が入れないじゃない!」

男「…?それってどういう…」

許嫁「あなたの浸かった湯船になんて入りたくないってことよ」

男「っ……」

許嫁「そういうことだから、先に入らせてもらうわね」

男「はいはい、どうぞ」

男「…………」


 
22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:25:16.84 ID:1ko6dXua0
男「…ん、許嫁の奴、風呂出たのかな…音が聞こえた」

男「………」

コンコン

男「ん、なんだ…?」

許嫁「男」

男「なんだよ…って、うわっ!」

許嫁「早く部屋から出てって頂戴」

男「な、な、な、なんでタオルだけでウロウロしてるんだよ!」

許嫁「服を持っていくの忘れたの。だから早く出ていってと言ってるでしょう」

男「わ、わかってるって…っ!」

男「いって…足が!」ふらっ

許嫁「ちょ、ちょっと!きゃっ!?」


 
28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:26:11.02 ID:1ko6dXua0
男「いってて…倒れちゃった……って」

許嫁「……早くどきなさい」

男「わっ!?許嫁、ごめ…」

許嫁「早くどきなさい」

男「ごめん!すぐどくって!」

許嫁「….今の、わざとかしら?」

男「ち、違うって…足がズキってきて……」

許嫁「…男、こっち向きなさい」

男「だ、だから…」

バシッ!!


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:26:56.33 ID:1ko6dXua0
男「いって…ビンタまでされちゃったよ…」

男「はぁ…今日一日だけで体ボロボロだよ…」

男「うわ、踏まれたところアザになってる…そっと洗わないと……」ゴシゴシ

男「はぁ……許嫁…学校じゃ凛々しいお嬢様、って感じだったのに…」

男「前から気になってた子だったけど…こんなのひどいよ……」

男「うっ….ぐすっ……」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:27:30.75 ID:1ko6dXua0
男「………」

許嫁「なによ、随分遅かったじゃない」

男「…………」

許嫁「まさかさっきのことを思い出して一人で慰めてたのかしら?ほんと変態ね」

男「違う……」

許嫁「ふーん。まあいいけど」

男「………」

許嫁「もう今日は疲れたわ。おやすみなさい」

男「え、ちょっと…」




 
34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:28:13.49 ID:1ko6dXua0
許嫁「なによ」

男「俺のベッドで寝るの…?」

許嫁「そうするつもりだけど」

男「えっと…ウチ、お客さん用の布団とかないんだけど…」

許嫁「そうらしいわね」

男「そうらしい…って……知ってたの?」

許嫁「ええ、お義母様から聞いたわ」

男「そうなんだ……」

男(それってつまり……)ドキドキ


 
38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:30:11.61 ID:1ko6dXua0
許嫁「でも、毛布に余裕はあるみたいよ」

男「…え?」

許嫁「はい、これ」

男「………」

許嫁「それじゃ、おやすみなさい」

男「………………」

男(つまり…床で寝ろってこと…?)

男「あ、あの……」

許嫁「喋りかけないで。寝れないわ」

男「ごめん……」

男「…………………」ゴロン

男「………うっ….ぐすっ……」



 
44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:31:24.19 ID:1ko6dXua0
男「ん…朝か……いてて…」

男「そうだ、昨日は俺、床の上で寝たんだ…」

男「許嫁は…」

許嫁「….すぅ……すぅ……」

男「まだ寝てるのか…そりゃまだ6時だし……」

許嫁「…すぅ…………」

男「……こんなに可愛い顔なのに」

許嫁「………」

男「っ………」なでなで

許嫁「……」ぐいっ

男「わっ!?」



 
46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:32:16.14 ID:1ko6dXua0
許嫁「…朝からセクハラとはいい度胸ね」

男「ち、ちがっ…これは…」

許嫁「なにが違うの?私の顔にゴミでもついてたのかしら?」

男「ごめん…その……」

許嫁「まあ、いいわ。あなたも顔貸しなさい」

男「え?」

許嫁「私もあなたの頬をいっぱい撫でてあげる」

男「!!」

バシッ!!




 
48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:33:08.35 ID:1ko6dXua0
母「あら?どうしたの男?ほっぺた真っ赤よ?」

男「…別に、なんでも」モグモグ

許嫁「ほんとだ、あなた大丈夫?」

男「………」

許嫁「ちょっと、こっち見なさい」すっ

男「っ!!」ビクッ

男(手…またぶたれる…!)



 
50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:33:52.52 ID:1ko6dXua0
許嫁「………」ぴとっ

男「…あれ?」

許嫁「どう、気持ちいい?」なでなで

男「え……あ……」

許嫁「私の手、ひんやりしてて気持ちいいでしょう?痛いのもすぐ治るはずよ」なでなで

男「う、うん……」ドキドキ

母「あらあら」

父「お前ら朝から熱いな」

男「あ、あはは…」ニヤニヤ

許嫁「ふふっ…」ゲシッ

男「いっ!?」



 
52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:34:49.95 ID:1ko6dXua0
許嫁「痛いの痛いの、とんでけーっ」ぐりぐり

男「あっ…足っ……」

許嫁「どう?まだほっぺ痛い?」ぐりぐりぐり

男「も、も、もう大丈夫だからっ…!」

許嫁「そう、よかった」

男「…ハァ」

母「あら、もうこんな時間よ?そろそろ行った方がいいんじゃない?」

許嫁「あ、はい。男、行きましょ?」

男「う、うん…」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:35:34.20 ID:1ko6dXua0
男「いてて……」

許嫁「もたもたしないで頂戴。私はこの辺の道よく知らないんだから」

男「………」

許嫁「駅はあっちだけど、電車は使わないのかしら?」

男「あ、うん…いつもは徒歩だけど…電車で行く…?」

許嫁「…いえ、歩きで行きましょう。時間に余裕があるし」

男「いいの?」

許嫁「それにあなたと一緒に登校してるところを見られたくないし」

男「…………」



 
57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:36:27.09 ID:1ko6dXua0
許嫁「ひたすら歩くのは退屈だと思ってたけれど、見晴らしがいいから気分がいいわね」

男「…そう?」

許嫁「ええ、潮風がとても気持ちいいわ」

男「そうだね、俺もここ気に入ってるんだ」

許嫁「……」

男(…もしかして、いい感じなのか…?)

許嫁「ねえ、まさかあなた嬉しがってない?」

男「…え?」

許嫁「残念だけど次からはまたひとりぼっちで登下校よ。もうだいたい道はわかったから」

男「あ、うん…そうだよね……」



 
60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:37:18.09 ID:1ko6dXua0
許嫁「そろそろ電車組と合流する頃合かしら」

男「そうだね、この先の道で…」

許嫁「そう。じゃあ私先に行くわね。見られたら困るし」

男「……」

許嫁「じゃあね。道案内ご苦労様」

男「うん…」

男「………」

男「……ハァ…」


 
62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:37:49.63 ID:1ko6dXua0
男(学校に行ってもクラスには友達いないし…)

女友「それでねー」

許嫁「うんうん」

男(対して許嫁は人当たりもよくて…俺とは正反対だ…)

男(…許嫁にどう思われてるんだろ。友達いない根暗野郎とか思ってるのかな…)

許嫁「……」チラッ

女友「ん?どうしたの?許嫁」

許嫁「いえ、何でもないわ。何でも…」

男「………」



 
67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:38:51.31 ID:1ko6dXua0
男(昼休み…俺のもっともつらい時間…)

男(弁当なんてあっという間に食べ終わっちゃうから、残りの時間がつらいんだよな…)

男(許嫁はどうせ隣の席のチャラ男と話しながら昼飯だろうから暇しないんだろうけどさー…)

男「…あれ、弁当がない?」

男「忘れたのかな…参ったな……」

許嫁「……」キョロキョロ

男(許嫁も忘れたのかな…何かすごい困ってる…)

男(まあいいや。購買行こう…)

チャラ男「どうかしたの?許嫁ちゃん」

許嫁「いえ、なんでもないわ」

チャラ男「そっか。じゃあ一緒に弁当食おうぜ」

許嫁「ええ…」



 
71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:39:48.67 ID:1ko6dXua0
男(よかった、俺がいない間に勝手に席取られてなくて)

許嫁「………」チラッ

男(ん…こっち見てる?)

チャラ男「許嫁ちゃん?」

許嫁「いえ、なんでもないわ。食べましょう」

チャラ男「そうだね…って、許嫁ちゃんww弁当箱デカすぎwww」

許嫁「…そうかしら?」

チャラ男「明らかにデカイでしょwwwいつもこんなに食べてたっけ?www」

許嫁「そんなことないけど……」チラッ

男「……?」

チャラ男「うわ、うまそう!これ食っていい?」

許嫁「あ…どうぞ」


 
74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:40:26.01 ID:1ko6dXua0
男(購買のパンも売れ残りみたいなのしかなかったな…)

男(…まず)

チャラ男「うわ、これうまい!」

許嫁「そうかしら?」

チャラ男「ヤバイよこれ!許嫁ちゃんが作ったの?」

許嫁「いいえ、作ってもらったの」

チャラ男「そうなんだ。許嫁ちゃんは作らないの?」

許嫁「うーん、そのうちね」

チャラ男「うっは、マジか!そのときは俺にも食わせてね!」

許嫁「ええ」

チャラ男「マジ楽しみだわぁ!」

男「…………」むしゃむしゃ


 
76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:41:06.49 ID:1ko6dXua0
男(おぇ…全部食べたら吐くな…)

男(残りは捨てよう…)

チャラ男「サンキュー許嫁ちゃん!弁当うまかったよ!」

許嫁「そう、ありがとう。おかげで全部食べ切れたし」

チャラ男「へへへ」

男「…………」

男(昼休みは暇だな……)

男(…寝よう……)

男「…………」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:42:05.03 ID:1ko6dXua0
男「…ん、あれ」

男(いつの間にか授業終わってた…)

男(寝過ぎだろ俺…)

担任「今日の掃除当番は3班、それと階段は5班、頼むぞー」

男(許嫁の班か…)

男(俺は…いや、一緒に登下校しないって言われたしな…)

女友「許嫁、文化祭の準備、今日も出れる?」

許嫁「ええ、大丈夫よ」

男(…帰るか)

男「…………」


 
84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:42:44.25 ID:1ko6dXua0
男「ただいまーっと…」

男「母さんいないのか」

男「許嫁もしばらく帰ってこないし…しばらく俺ひとり…?」

男「…久しぶりにエロいの見れちゃうな…むふ」

男「んー、これにしようかな…」

男「再生っと」

男「…………」



 
86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:43:40.78 ID:1ko6dXua0
男「ハァ…ハァ…」シコシコ

男「そろそろ……くぅっ…」シコシコシコ

許嫁「ただいまー」

男「!!!」

許嫁「………」

男「や、やば…早く消さないと…!」

男(ま、間に合った…)

許嫁「…………」

男「あ、おかえりなさい…」

許嫁「………………」スタスタ

男「え、ちょっと、どこ行くの?」



 
90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:44:41.68 ID:1ko6dXua0
許嫁「ついて来ないで」

男「ど、どうしたんだよ…」

許嫁「1時間くらいしたら戻ってくるから」

男「帰ってくるなりなんなんだよ…」

許嫁「それはこっちのセリフよ」

男「え…?」

許嫁「ちゃんと部屋の換気もしておいて頂戴ね。それとシャワーも浴びた方がいいわよ」

男「あ、あの…」

許嫁「それじゃ」

男「………」

男(バレてる…?)


 
97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:46:48.88 ID:1ko6dXua0
許嫁「ただいま」

男「…おかえりなさい」

許嫁「スンスン…、ちゃんとシャワー浴びたのね」

男「…うん」

男(オナニーは結局してないけど…)

許嫁「夕飯まで時間あるし、少し勉強するわ。机出すの手伝って頂戴」

男「あ、うん…)

男(さっきのことは何も言わないのかな…)

許嫁「なに?ジロジロ見て」

男「あ、いや、なんでも…」



 
102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:47:54.79 ID:1ko6dXua0
許嫁「もう寝ましょう。電気消すから」

男「う、うん…」

男(飯のときはいつも通りニコニコしながら俺の足踏んできて…)

男(でも結局夕方のことはなにも問い詰められなかったな…)

許嫁「それにしても今晩はちょっと冷え込むわね」

男「そうだね…」

許嫁「大丈夫?風邪ひかない?」

男「!!!」

男(こ、これって…今度こそ……)ドキドキ



 
105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:48:47.66 ID:1ko6dXua0
男「その…風邪ひいちゃう…かも…」

許嫁「でしょうね」

男「うん……」ドキドキ

許嫁「……」

男「あ、あの!」

許嫁「なに?」

男「お、俺…な、なにもしないから!」

許嫁「…は?」


106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:49:20.03 ID:1ko6dXua0
男「え、だから…その…」

許嫁「なにもしないのは当たり前でしょう。あなた一体何を考えているの?」

男「いや…でもベッドで一緒に寝たら普通…」

許嫁「え?なんで一緒に寝ることになっているの?」

男「え?」

許嫁「風邪ひかないように気をつけなさい、って話だったけど」

男「えっと……」

許嫁「もしかして妄想してしまったかしら?」

男「………」



 
109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:50:09.93 ID:1ko6dXua0
許嫁「それじゃ、おやすみなさい。変態さん」

男「…おやすみ」

許嫁「寒かったらこっちの布団一枚あげるわよ。」

男「…じゃあお願い」

許嫁「はい」

男「…タオルケットじゃん、これ」

許嫁「毛布をあげたら今度は私が寒くなっちゃうじゃない」

男「………」

許嫁「もう寝るから話しかけてこないで頂戴」


 
111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:50:56.88 ID:1ko6dXua0
許嫁「…すぅ…すぅ……」

男「…寒くて寝れない……」

男「もう3時じゃん…はぁー……」

許嫁「…すぅ…すぅ……」

男「…寝てるよな、許嫁」

男「今ならベッドに入ってもバレない…?」

男「……許嫁より早く起きれば…問題ないよな…」ギシッ

許嫁「…すぅ…んぅ……」

男「………」ドキドキ

許嫁「………………」




 
114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:52:04.95 ID:1ko6dXua0
男「今度は興奮して寝れない…」ドキドキ

許嫁「…………」

男「ベッド狭いし…体が当たっちゃって…」

男「柔らかい……」

許嫁「…………」

男「そういえば夕方、ガス抜きできなかったし…」

男「………」ムラムラ



 
120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:53:33.00 ID:1ko6dXua0
男「だ、ダメだダメだ…!」

男「許嫁だってそんなこと絶対嫌がるし…というか最低だし…」

許嫁「………」

男「…可愛い顔…唇…唇……」

男「……………」

男「……許嫁…」

男「…っ……」ソー

許嫁「…ねぇ、顔近いんだけど」



 
123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:54:43.22 ID:1ko6dXua0
男「い、許嫁!寝てたんじゃ…」

許嫁「あなたのせいで目が覚めてしまったのよ」

男「………」オロオロ

許嫁「それで、なにをしようとしていたの?」

男「……その…キスです…」

許嫁「最低ね」

男「ごめん……」

許嫁「この変態。発情犬」

男「……………」


 
126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:55:19.54 ID:1ko6dXua0
許嫁「夕方、一人で慰めたんじゃないの?」

男「うっ…やっぱりバレてた……?」

許嫁「バレバレよ。雰囲気も変だったし、何より臭かったわ」

男「…でも、最後までしてない」

許嫁「はい?」

男「えっ…」

許嫁「なんでしなかったのよ。わざわざ家を空けてあげたのに」

男「…許嫁が怒って出て行ったのかと思って」

許嫁「馬鹿言わないで。私もそこまで鬼じゃないわよ」

許嫁「させてあげなかったばっかりにこんな目に会うなんてごめんだから」

男「………」



 
128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:56:14.75 ID:1ko6dXua0
許嫁「男、顔貸しなさい」

男「……っ!」

バシンッ!

男「って……」

許嫁「今回はこれで許してあげる」

男「…すみませんでした」

許嫁「さ、もう済んだから。早くベッドから降りて床で寝なさい」

男「………」

許嫁「次にまた同じことをしてみなさい。顔だけでは済まさないわよ」

男「…はい」

許嫁「それじゃ、おやすみなさい」

男「………」


129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/07/11(月) 23:56:58.82 ID:1ko6dXua0
男(もう明るくなってる…6時か…)

男(やっと寝れそうになってきたのに…)

許嫁(ん…起きないと…今日は早いんだった)

許嫁「ふあぁ……きゃっ!?」

男「ぐえぇっ!?」

許嫁「いたた…なんでこんな所で寝てるのよ、つまずいてしまったじゃない」

男「…ごめん……」

男(やっと…やっと寝れそうだったのに…)



 
関連記事
[ 2012/01/28 17:25 ] 従姉・従妹・許嫁SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/111-26fff33d

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ