FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新ジャンル「完璧な許婚」4/4

新ジャンル「完璧な許婚」




74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/05(火) 18:12:40.96 ID:EQ+ZGW9UP
――家

男「ただいまー」
許嫁「お帰りなさい」ふかぶか

男「えっと。ただいま、あのね」
許嫁「はい?」

男「毎日さ、あの。玄関で三つ指ついてお出迎えとか
 しなくていいんだよ? その。大変だしさ」

許嫁「そんなこと云わないでください。
 これが嬉しいんですから」にこっ

男(うわぁ……許嫁さん、か、可愛いなぁ)

許嫁「今日のお弁当はいかがでしたか?」
男「美味しかったよ。きんぴらとか、西京焼きとか」

許嫁「よかった」
男「お店で出てくるのみたいだよね。ゼミの人もびっくりしてた」
許嫁「わたし、おばあちゃん料理しか作れませんから……
 気に入ってもらえて良かったです」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 18:17:02.24 ID:EQ+ZGW9UP
男「そんなこと無いよ、美味しかったです」
許嫁「よかった」ぱぁっ

男「……」
許嫁「……」

男「えっと」
許嫁「あっ。はい! お風呂沸いてますよ。
 疲れがとれます、食事の前にいかがですか?」

男「は、はいっ」
許嫁「では、行ってらっしゃってくださいね。
 お着替えをお持ちしますので」

男「あ、はい」
許嫁「では」

とことこ

男「……うわ、なんか。恥ずかしいなぁ」

男「着替え持ってきてもらうとか。お風呂勧められるとか。
 どこの妄想ワールドだよ。によによとまらねぇよ」

男「大学で虐待受けるのも納得だわ。うわぁ、まじかよ。
 許嫁来ちゃうとか。神展開過ぎだろ、俺の人生」


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/05(火) 18:21:05.75 ID:EQ+ZGW9UP
――食卓

許嫁「めしあがれ」にこっ
男「いただきます」

許嫁「どうぞ」

男「……ん。美味しいです」
許嫁「はい」にこにこ

男「許嫁……さんは、料理本当に上手ですね」
許嫁「ええ、田舎料理ですけれどね」

男「そんなことないですよ。鰆とか、和え物とか。
 いまは、こんなご飯出てくる家って少ないんじゃないかな。
 大変でしょ?」

許嫁「ええと……」こくん 「そんなことはありません。
 料理は準備と組み立てと、あとは気持ちですか」にこっ

男(き、気持ちって……)どきどきっ

許嫁「美味しいですか?」
男「はいっ」




80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/05(火) 18:27:18.54 ID:EQ+ZGW9UP
許嫁「あ……」
男「もぐもぐ……はい?」

許嫁「ご飯、ついてますよ?」
男「へ?」

許嫁「ふふふ」ひょい、ぱくっ
男「あ……」かぁっ

許嫁「お味噌汁、お代わりしますね」
男「はい……」どきどき

許嫁「どうしました?」
男「なんでもないです」

許嫁「変な男さんです」くすくすっ
男「おひたしが美味しかったから……」

許嫁「沢山ありますからね」
男「はい」




 
新ジャンル「完璧な許婚」








82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 18:30:19.81 ID:EQ+ZGW9UP
――男の自室

男「綺麗だし、料理も掃除も選択も得意だし……。
 ……あ、あれだよ。……ふとももとか、すごいえっちだしっ」

男「すごいよなぁ。理想のひとだよなぁ。
 なんかもう、なんかもうっ」

ごろごろっ

男「先月まで、学食で焼き蕎麦パン食ってたのにさ」

男「ん~……。良いな、許婚さん……」

ごろごろっ

男「いきなりでびっくりしたけどさ。だいたい爺ちゃんが
 決めたとか云っても、爺ちゃんなんて十年以上会ってないよ」

男「……こんなにラッキーで良いんだろうか。
 やばい。テンション上がってきたっ」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/05(火) 18:35:44.66 ID:EQ+ZGW9UP
コンコンッ

男「あっ、はいっ」
許嫁「よろしいですか?」

男「どうぞっ」いそいそっ

許嫁「ほうじ茶入れてみたんです。いかがですか?」
男「ありがとうございます」

許嫁「はい」にこり
男「ど、どうぞ」

こぽこぽこぽ

許嫁「……はい」
男「こくん……ふぅ」

許嫁「……」こくん、こくん
男「いつもありがとうございます」

許嫁「はい?」
男「いえ。掃除とか、家事とか。家のことぜんぶ」




85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/05(火) 18:42:15.99 ID:EQ+ZGW9UP

許嫁「いえいえ、良いんですよ。
 これこそ、私のお役目ですからね。
 腕のふるい甲斐があります」にこり

男「……あの」
許嫁「はい?」

男「明日は、休みですし。……その、どこかに」
許嫁「お休みですか?」

男「はい」
許嫁「では、一緒に」

男「はいっ!」(デートktkr!!)
許嫁「楽しみですね。何にしましょうか」

男「そ、そうですね。……多少遠くても」
許嫁「でも、お疲れでしょうし、近くが良いですよね?」

男「ど、どこでも」
許嫁「美味しいものとか」
男「何でも、はい」
 (しゃれた店の予約か!? 2,2chでスレ立てて聞かねば!?)


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/05(火) 18:47:57.35 ID:EQ+ZGW9UP
――翌日、築地市場

許嫁「助かります」にこっ

男「は、はい」
 (な、なんでこうなる……。っていうか、一緒にって。
 一緒に買い物で、デートじゃなかったのか……。
 だめじゃん俺、だめじゃん人生っ)

許嫁「すいません、そこのせり、包んでくれますか?」
市場の親父「ほいきたっ、120円だよっ」
許嫁「ありがとうございます」

男(つか、荷物持ちにも慣れてないじゃん。
 車出しただけの移動係りじゃん、俺。
 うっわ、ジャケット着て髪の毛整えて築地っ。
 おれ空気読めて無い、テラカコワロス……)

許嫁「男さん、男さんっ?」
男「はいっ?」

許嫁「ほらっ。大きなマッシュルームですよ♪
 今日はこれで煮込みハンバーグに挑戦しますよ?」にこっ

男(かっ、可愛いっ。なんだこの反則技わっ)

許嫁「ハンバーグ、ダメですか?」くてっ
男「大 好 物 で す っ」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/05(火) 18:53:38.11 ID:EQ+ZGW9UP
許嫁「男さん、お肉はどんなのが好きですか?」

許嫁「タコですよ。大きいですよっ。怖いですよっ」おろおろ

許嫁「オマケしてもらいました。クレソン山盛りです」にこっ

許嫁「お疲れ様です、もたせてすみません……」

許嫁「あまいお茶にしますか? 男さんっ」

許嫁「なんだか嬉しいですね」ぴとっ

許嫁「おうちに帰ったら、すぐにお昼作りますからね。
 お蕎麦でいいですか?」

許嫁「夜は本気ですから。本気でハンバーグ作りますから。
 凄いですからねっ。覚悟しててくださいねっ」

男「……う、ううう」

男(デートとか、もうどうでも良いじゃんねっ。
 俺。どうする、俺っ。デートよりも良いじゃんっ!!
 ビバ市場! ビバ買い物! ビバ許婚さんっ!
 ハッピーディ俺の青春! だ、抱きしめたいっ!)



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/05(火) 18:57:56.82 ID:EQ+ZGW9UP
――夕食後

男「ご馳走様でした~! うぅーん」にへらっ
許嫁「そんなにニコニコして」くすっ

男「だって美味しかったですから」
許嫁「そんなに褒めても、何も出ませんよ?
 はい、ほうじ茶です」

ことん

男「別にお世辞じゃないですよっ」
許嫁「男さんは膨れてる顔も可愛いです」にこり

男「だいたい」
許嫁「はい?」

男「おばあちゃん料理とか云って、ちゃんとハンバーグも
 作れるじゃないですか。レストラン並みでしたよ」
許嫁「お世辞じゃないですか」くすくすっ

男「本当なのになぁ~」
許嫁「嬉しいですよ」にこっ




92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/05(火) 19:05:23.74 ID:EQ+ZGW9UP
男「えっと、その」
許嫁「はい?」

男「こっちで、TVでも見ませんか?」
許嫁「はい」にこっ

男「えーっと」
許嫁「お茶のみ会議ですね」

男「そうですね」
許嫁「はい」にこにこっ

TV:わははははは

男「えっと、はい」
許嫁「今日は静かで暖かい夜ですね」

TV:わははははは

男「そ、そうですね」
 (ど、どうする俺。この流れで、流れで行けっ!)




95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/05(火) 19:10:16.30 ID:EQ+ZGW9UP
許嫁「どうしました?」
男「えーっと」

許嫁「はい」きょとん
男「許嫁さんは、料理美味しいですし、家の事完璧ですし」
許嫁「またまた。お気遣いにならなくても」

TV:わははははは

男「綺麗ですし、優しいですし、可愛くて美人ですし」
許嫁「そんなこと言われると照れてしまいますよ?」

男「えっと、で、ですね」
許嫁「……?」

TV:わははははは。なんやねん、なんやねんでー

男「あの、ですね」
許嫁「はい?」

男「大好きです。俺と結婚してください」

許嫁「それは無理ですね」



  99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/05(火) 19:16:25.47 ID:EQ+ZGW9UP

男「え?」

許嫁「出来ません」にこり

男「えっ……?」

許嫁「わたしは『完璧な許婚』ですから」

男(な、なにを……?)

許嫁「結婚したら、許嫁ではなくなってしまいますよね?」

男(えっと、なんなんだ?)」

許嫁「ですから、結婚は出来ないんです」にっこり

男(何を云ってるんだ……?)

許嫁「もちろん、友達にも恋人にもなれません」

男(何がおきてるん……だ……?)




 
101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/05(火) 19:23:47.78 ID:EQ+ZGW9UP
男「え……あ……の……」
許嫁「はい?」

男「そ、それじゃ……その……
 き、気持ちち……とか……」

許嫁「気持ち?」

男「好き……とか……」

許嫁「好きとか愛情でなるのは、恋人ですよね?」
男「え……」

許嫁「わたしは『完璧な許婚』ですから」
男「――っ」

許嫁「気持ちじゃありません」
男「じゃ、なんでっ」

許嫁「お爺様に買われたんですよ?」にこり
男「あ、あ――」

許嫁「『完璧な許婚』ですから」
男「うっ。ううっ!!」

だんっ! ばたんっ! だだだだっ!




 

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 20:37:20.72 ID:EQ+ZGW9UP
――布団の中

男(こんなにラッキーで良いんだろうか。
 なんて、俺はバカか。池沼かよっ)

(タコですよ。大きいですよっ。怖いですよっ)

男(あんな可愛くて美人な人が、俺のトコくるなんてのが
 ネタだって気がつけよ、おせぇよ俺っ)

(沢山作りましたからね。召し上がれっ)

男(んな、あるわけねぇじゃんよ。おかしいじゃんよ。
 それを疑いもせずに……。だから俺はゆとりなんだよ)

(好きとか愛情でなるのは、恋人ですよね?)

男「――」

(気持ちじゃありません)

男「――ですよね」

男「ですよねっ」ぎゅっ




 
122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 20:42:12.38 ID:EQ+ZGW9UP
――朝

許嫁「……さん、……さん」ゆさゆさ

男「……ぅぅ? ……ん」

許嫁「男さん? 男さん」ゆさゆさ

男「んー。うん」ぼへぇ

許嫁「おはようございます、朝ですよ」にこっ
男「うん。許婚さん、ありが」ぴきっ

許嫁「?」
男「――」

許嫁「朝ごはんの支度出来ていますよ。
 顔を洗ったらいらっしゃってくださいね」

男「ん……」

許嫁「今朝はキッシュですよ」くすっ

男「ん……」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/05(火) 20:47:25.77 ID:EQ+ZGW9UP
――朝食

許嫁「はい、めしあがれ」
男「頂きます」

許嫁「……」
男「……」もそもそ

許嫁「コンソメいかがですか?」
男「はい……」

許嫁「お代わりよそいますね」
男「はい」

許嫁「どうぞ」
男「あの」

許嫁「はい?」
男「……なんでもない、です」

許嫁「はい」くすっ




124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/05(火) 20:51:31.31 ID:EQ+ZGW9UP
――学校

男友「うーぃっす」ぼかっ
男「何故叩く」
男友「お前の美人許婚がねたましいからだっ」
男「そか」

男友「……」
男「……」

男友「おい」
男「ん?」
男友「どうしたんだ? 反応薄いぞ」
男「そうかな」

男友「反応じゃなくてキャラが薄いのか」
男「うん」

男友「太陽拳っ!」
男「まぶしいよ。鏡しまえよ」
男友「おまえ、だって薄いんだもん」



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 20:55:48.26 ID:EQ+ZGW9UP
男「――ってなわけ」
男友「はーん。で、ショック受けてるのか」

男「うん」
男友「童貞くさっ」

男「うぐっ」
男友「だいたいなんだ、おまえちっとも損してねーじゃん」
男「好意は無いってはっきり云われたんだぞっ!?」

男友「それが普通なの。それが当たり前なのっ。
 お前、道あるいてたらいきなり告白されて
 そこからラブいちゃパラダイスか?
 いい加減にしろよ? お前」

男「――」
男友「だいたい、お前。あれだよ。彼女いない暦=年齢
 じゃんよ。許婚さんが来なかったら今でも記録続行じゃん。
 許婚さんの言葉を借りれば好意無いかもしれないけど
 おまえ、あんだけ美人と一つ屋根の下だぞ?
 それだけでも一億円規模のラッキーだって自覚持てよ」

男「……」




127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 21:00:01.03 ID:EQ+ZGW9UP
男友「大体よ」
男「……」

男友「お前、今日だって弁当持ってきてんだろ」
男「うん……」

男友「捨てちまえよ、気に入らないなら」
男「やだよっ。せっかく作ってくれたんだしっ」

男友「あー。なんか薄い上にむかつくな」
男「……」

男友「おまえな。自分のラッキーさを自覚しろ。
 あと、ヘタレさも。いいか、教えてやる。
 おまえはこれからは毎日ナンパ出来るんだ。
 許婚さんを。一つ屋根の下はチャンス満載だ」
男「……」

男友「阿呆っ」どかっ
男「痛っ」

男友「いまので判らなかったらお前は氏ね。
 氏ねじゃなく、死ねっ!!
 お前、『突然一つ屋根の下』っていう男の夢を
 安く見積もりすぎだっ。
 その状況になった主人公の責任ってのを果たしやがれっ!」



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 21:08:22.18 ID:EQ+ZGW9UP
――駅前

許嫁「あ、男さん」
男「……あ」
許嫁「お帰りなさい」
男「どうしました?」

許嫁「雨、降りましたから」にこっ
男「はい」
許嫁「傘をお持ちしましたよ」
男「そんな……」

許嫁「お買い物もありましたから」
男「すみません」

許嫁「いえいえ、お気遣いなく」にこり

男「……」
許嫁「……」

男「そうじゃなくて」
許嫁「はい?」

男「ありがとうございます。嬉しかったです」
許嫁「はい」にこり



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 21:13:54.96 ID:EQ+ZGW9UP
――帰宅

男「ただいま」
許嫁「おかえりなさい」

男「一緒じゃないですか」
許嫁「そういえば、そうですね。ふふふっ」

男「おかえりなさい」
許嫁「ただいまです」にこり

ごそごそ

許嫁「雨、当たってしまいましたか?」
男「いえ、そんなに」
許嫁「傘小さかったですね」
男「大丈夫ですよ。春の雨ですから」

許嫁「お風呂沸かしますから」
男「あ、自分でやります」
許嫁「……? そうですか?」
男「はい」

許嫁「では、ゆうごはんの支度をしますね。
 今日はクレソンとトマトのサラダですよ」にこり




 
136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 21:54:21.00 ID:EQ+ZGW9UP
――お風呂の中

ざざーっ

男「ま、ね」

男「別に俺が努力して手に入れたものじゃないし」

男「棚ぼただしね……」

男「友の云う通りなんだけどさ」

ぶくぶくぶくぶく

(もちろん、友達にも恋人にもなれません)

男「なんだろ。そうじゃなくて……」

男「何でこんなに力入んないのかなぁ」

男「彼女いないのも、1人なのも、
 慣れてるじゃんなぁ、俺。何でこんなに悲しいのかなぁ」


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 22:00:33.19 ID:EQ+ZGW9UP
コンコンっ

 許嫁「男さーん」

男「はーい」どきっ

 許嫁「着替えはこちらに置きますね」

男「ありがとうございますっ」

 許嫁「ごゆっくりー」

ぶくぶくぶくぶく

男「……」

男「いまのだって、友なら楽しめるんだろうなぁ」

男「ときめきイベントなんだろうな」

男「――なんか、辛いや」


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 22:04:32.86 ID:EQ+ZGW9UP
――食卓

男「ご馳走様でした」
許嫁「お粗末さまでした」にこり

男「美味しかったですのに」

許嫁「はい、嬉しいです。でも、あれは挨拶ですからね」
男「はい……」

許嫁「?」

男「……部屋に戻っています」
許嫁「はい。――あ。男さん?」

男「はい?」
許嫁「ちょっとじっとしていてくださいね」

男「え?」

ふわり

許嫁「髪、まだ濡れていますよ」もふもふもふっ
男「あ、そんなの自分で」

許嫁「良いですから」もふもふもふもふっ



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 22:07:52.31 ID:EQ+ZGW9UP
男「――」

許嫁「もうちょっと」もふもふ
男「――」

許嫁「はい、できましたよ」
男「あの……」かぁっ

許嫁「?」
男「ありがとう、ございます」

許嫁「はい」にこり「ああ、そうでした」
男「はい?」

許嫁「新しい綿棒を買ってきたんですよ。お耳の掃除を
 して差し上げます」
男「――」

許嫁「こちらですよ、どうぞ?」

ぽむぽむ

男「……それは」
許嫁「耳掃除、苦手ですか?」


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 22:12:37.40 ID:EQ+ZGW9UP
――耳掃除中

許嫁「高さ、平気ですか? 首痛くないですか?」

男「いえ、平気です……」

許嫁「はい。では、少しだけ動かないで我慢してくださいね」

男(ふともも枕、柔らかいな。――それに、いい匂い。
 なのになんだろう。
 嬉しいのに、悔しくて
 どきどきしてるのに辛くて
 なんだろ、すごく惨めな気分だ)

許嫁「……痛いですか?」
男「大丈夫です」

許嫁「痛くしないように、気をつけますからね。
 ……ちょっとだけ我慢してくださいね」なでなで

男(許婚さん、なんでこんなに優しい声出せるんだ?
 ……全然判らないよ。おかしいだろう、そんなの)

許嫁「大丈夫ですよー」なでなで



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 22:16:32.31 ID:EQ+ZGW9UP
男「――」
許嫁「はい、反対です」

男「はい……」もそもそ
許嫁「髪の毛を濡らしたままだと、風邪を引きますよ?」

男「子供じゃないですから」
許嫁「そうですね」にこり

男「――」
許嫁「はい、動かないで下さいね」むぎゅっ

男「あの……」
許嫁「?」

男「……なんでもないです」

許嫁「奥のほう、かりかりしますよ?」くすっ
男「はい……」

許嫁「大丈夫ですからね」なでなで



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 22:23:02.93 ID:EQ+ZGW9UP
男「ありがと」
許嫁「はい? まだですよ」
男「いや。もう、いいや」

許嫁「そうですか?」
男「うん」

許嫁「何か不手際でも……」
男「違うけど」
許嫁「ああ」ぽむり
男「はい?」

許嫁「男さん、そろそろ夜伽をご所望ですか?」にこり
男「はぁっ?」

許嫁「大丈夫ですよ。――もちろん清い身体ですが、
 現代の風潮では結婚まで許さない。
 というのは少数派であると理解しています。
 男さんの気持ちも察せずに居心地の悪い
 思いをさせてしまっていたら、すみません。
 今晩にでもお伺いしますね」

男「――許婚さん」



 
144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 22:28:13.74 ID:EQ+ZGW9UP
許嫁「シャワーを浴びたらすぐに支度をして向かいますから」
男「許婚さんっ」

許嫁「お任せください」
男「そうじゃなくてっ」

許嫁「私ではお気に召しませんか?」
男「――っ」

許嫁「大丈夫ですよ」なでなで
男「どうして」

許嫁「『完璧な許婚』ですから」
男「――うう」

許嫁「男さんはただ抱いていただければ。
 その他の事は――私も未経験ですけれど、
 お任せくださって大丈夫ですよ」にこっ

男「――っ」
許嫁「男さん?」

男「一人で寝ますっ。いいですからっ」



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 22:32:25.78 ID:EQ+ZGW9UP
――布団の中

男「あははっ。あはははっ」ぽろぽろ

男「判った。判りました」

男「よーっく、判りました」ぽろっ

男「俺、好きなんだ。惚れちゃってるんだ。めろめろなんだ」

男「あんな見え透いた餌で、
 恋愛なんて微塵も関係ないって宣言されている釣り針で。
 そんなのが嬉しくて、
 引っかかりたくてたまらないほど好きなんだ」

男「膝枕だって、耳掃除だって、嬉しかったよ。
 あー。嬉しすぎですわ。女に免疫無いからな、俺っ。
 だから惨めな気分だよっ。最悪だよっ」

男「優しくされた経験ないから、どんな餌でも引っかかるよっ」

男「一つ屋根の下って、毎日チャンスかもしれないけど」

男「――それって毎日毎日失恋を続けて
 傷口から血が止まる暇がないって意味じゃんね」

男「それって地獄じゃんね……」

 

316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 15:05:27.03 ID:bPwomnRWP
>>145より

――学校

男友「おっす、相変わらず黄昏てんなー」
男「おー」

男友 さっ
男 びくっ

男友「あほー。ぶつか、こんなもん」こんこん
男「うー……」

男友「今のお前は突っ込みを入れる価値も無いわ」
男「……」

男友「相変わらず夢の同居ライフ絶賛放映中か?」
男「生き地獄だっつーの」

男友「あんなー」
男「……」

男友「……ま、いっか」
男「……」

男友「いい加減にしないと打ち切り食らうぞ」
男「……」


317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/06(水) 15:11:53.87 ID:bPwomnRWP
――帰宅路

(夢の同居ライフ絶賛放映中か?)

男「そんなんじゃ、ないのにな……」

男「……苦しいだけだ」

男「……」

男(自業自得だけどな。好きだから苦しいわけでさ)

男(俺、贅沢なんだろうな。友の言うとおり)

男「……ん。買って帰ろう」

おばちゃん「あいよぅ」

男「たこ焼き二船ね」

おばちゃん「お土産かい? マヨつけたげるよぅ」



320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 15:19:28.39 ID:bPwomnRWP
――帰宅

許嫁「お帰りなさい」ふかぶか
男(ううっ。三つ指ついて、って云うの。
 慣れないな。ゾクゾクするっていうか。
 俺、変な趣味あるのか? イヤ、ないない、絶対ないっ)

許嫁「……?」
男「え、うん。ただいま。普通でいいから、
 そのぅ、……お帰りなさいはさ」

許嫁「そうは行きません。お帰りな際のお出迎えは
 許嫁の大事な勤めですから」

男(勤め、なんだもんな……)

許嫁「でも、お帰りなさい」にこり
男「……ぅ」

許嫁「今日は疲れましたか? どうしましょう」
男「あの、さ」

許嫁「はい?」

男「たこ焼き買って来たから食べようよ」



322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 15:23:50.71 ID:bPwomnRWP
――居間

許嫁「美味しいですね」にっこり
男「うん、うまいね」

許嫁「お茶もどうぞ」

こぽこぽこぽ

男「ありがと……」
許嫁「熱いです」はふはふ

男「急いで帰ってきたから」
許嫁「はむっ。嬉しいですよ。お土産」にこっ

男「そう?」どきどき
許嫁「はいっ」

男(……可愛いな。美人だし。この程度で
 つられて嬉しくなってるなんて、俺格好悪い)

許嫁「美味しいですねー」にこぉ




324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 15:30:58.68 ID:bPwomnRWP
――布団の中

男「ま、そうだよな……」

男(そもそも自分で手に入れたものじゃないんだし)

男(美人で可愛くて、お姉さんタイプでさ。
 料理も家事も完璧で、いつも笑顔で、
 三つ指ついてお出迎えでさ……)

男(そんな人と、同居して、たこ焼き食えるだけで
 十分ラッキーって云うか、奇跡だよな……)

(お爺様に買われたんですよ?)

男「――ッ」ズキッ

男(……惨め、だけどさ)

男(時間を、かければ)

男(きっと)




326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 15:37:22.66 ID:bPwomnRWP
――食卓

許嫁「本日は寄せ豆腐とアスパラガスのサラダ、
 鮭のマヨネーズ焼きですよ」
男「美味しそうです」

許嫁「召し上がれ」にこっ

男「いただきます」
許嫁「いただきます」

男「……美味しいです」
許嫁「はい」にこにこ

男「……アスパラガスは、これは、何の塩味?」
許嫁「ベーコンをカリカリにして砕いてあるんですよ」

男「初めて食べた。美味しいなぁ」
許嫁「そうですか?」

男「おばあちゃん料理だなんて、嘘じゃないですか」

許嫁「そんな事はありませんよ」にこにこ

 

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 15:42:46.01 ID:bPwomnRWP
許嫁「お代わりしましょうか?」
男「いえ、満腹です」
許嫁「そうですか」にこり

男「ご馳走様でしたっ」
許嫁「お粗末さまでした」

男「美味しかったですー」

許嫁「ふふふ。しばらく寛いでいてください。
 玄米茶なんかありますよ。お出ししましょうね。
 では失礼して……」

男「あ……。俺も食器下げます」
許嫁「これは私の仕事ですよ?」むぅっ

男「やります」
許嫁「でも……」

男「勝手にやります」かちゃかちゃ
許嫁「……もう」




331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 15:49:33.43 ID:bPwomnRWP
――深夜

男(なんて……ま。他愛ないことだけどさ。
 悪くないよな。ああいうの繰り返すのも……。
 そりゃ恋愛は無いけどさ……)

男(そんなの、今までだってなかったわけだし?)

とっとっとっ

男「えーっと。許嫁さん? 起きてるかな。
 夏物の長Tさ、どっかに……」

とっとっとっ

許嫁「――」

男「いいなず……」

許嫁「――」

男(……? 真っ暗な居間で、何してるんだ?)



332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 15:54:42.74 ID:bPwomnRWP
許嫁「――」
男(なにも……してない?)

許嫁「――」
男(壁を見てる? 何を見てるんだ?)

許嫁「――」
男(あんな顔、みたことないぞ?
 なんなんだ? 何がおきてるんだ?)

許嫁「――ち、ろ」ぶつぶつ

男(どろりとした、ぐったりとした、死んでるみたいな。
 生きていないみたいな、何も見ていないみたいな瞳だぞ)

男(真っ黒い穴を開けたみたいな、
 どこにも通じてない洞窟みたいな、
 腐った沼地みたいな……
 ハエのたかる死んだ魚の内臓みたいな)

許嫁「――」ぶつぶつ
男「……」

許嫁「――ちろ」ぶつぶつ

男(何を囁いてるんだ……)

 
344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 16:32:24.33 ID:bPwomnRWP
――朝

許嫁「……さん、……さん」ゆさゆさ

男「……ん」

許嫁「男さんっ。男さんっ」ゆさゆさ

男「んー。……うん。おきたデす」ぼへぇ

許嫁「おはようございます、朝ですよ」にこっ

男「うん。――あの」

許嫁「はい?」
男「……なんでもないです」

許嫁「変な男さんですね」にっこり

男「……(昨日みたのって、夢だったのか?)」

許嫁「今日はトーストとベーコンエッグですよ?」くすくすっ






 
347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 16:36:49.24 ID:bPwomnRWP
――昼間

許嫁「……♪ ……♪」
男(おかしなところ、無いよな。にこにこしてるし
 掃除てきぱきしてるし)

許嫁「……♪ んっと」
男「はい?」

許嫁「次は男さんの部屋です」
男「へ?」

許嫁「お掃除ですよ?」

男「あ。そのっ。俺の部屋はいいですから」
許嫁「そんないまさら。毎日していましたよ、知ってますよね」

男「それは……えっと」
許嫁「さ、掃除してきますね♪」

男「ちょ、ちょっとタイム」

ずざざざっ

許嫁「もう、男さんってば」



348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 16:41:54.15 ID:bPwomnRWP
男(ま、まずいっ!? 今までなんとなく整理されてたり
 綺麗になったりしてたけれど、全く意識した事はなかったぞ)

男(アイテムの配置と関わってなかったし、
 でも云われてみればそうだ。埃とか綺麗になってたし、
 机周りとかどんどん整理されて足し、掃除してくれてたのに
 決まってるじゃないか、俺のバカバカバカっ!!)

男「自体は一分一秒を争うっ」

男(まずは箪笥一番下の引き出しのコレクションっ。
 セフセフっ! 問題なし、全部綺麗に揃ってるっ。
 アンソロ、いけださくら、井ノ本リカ子、ヤスイ……。
 ――。
 綺麗に?)

許嫁「はい。ちゃんとジャンルごとに仕分けして
 ほこりも払って、掃除しておきましたよ?」にこり

男「ノオーーーゥッ!!」

許嫁「作者さんごとでよろしいですよね? 
 レーベルごとのほうがよかったですか?」

男「……うううっ」

許嫁「そんなにショックを受けないで下さい」



 
350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 16:49:03.00 ID:bPwomnRWP
掃除機:がーがおーががおー

男「うー……」
許嫁「お掃除してますから、お茶でも飲んでいて
 くださっていいんですよ?」

男「いえ、ここにいます……」

許嫁「もう、男さんってば。判りました、
 そんなにショックなら、ああいうのにはもう触りませんから」

男 ズキッ「も、云われるだけで辛い」

許嫁「もうっ……」

掃除機:がーがおーががおー

許嫁「でも、ほっともしました」
男「……はい?」

許嫁「男さんは、お姉さんタイプが好みなんですね」にこっ
男「……ぅ」かぁっ

許嫁「わたしは2つ年上ですから
 ハンデがきついと思っていました」



351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 16:52:11.77 ID:bPwomnRWP
男「えっと……」
許嫁「ハンデ、無いのですよね?」にこっ

男「あ、あう……」
許嫁「ダメですか?」

すっ

男(近い、近いよっ。許嫁さん。
 ううう、じっと見られると、顔燃える。
 判ってるのにどきどきする。うぐうう)

許嫁「……ね?」にこっ
男「ハンデないです……」

許嫁「年上でも、良いですか?」
男「うう……」こくり

許嫁「よかったぁ」ぱぁっ
男(なんかいいように操られてる気がする……)

許嫁「これで『完璧な許嫁』でいられます」


 

 

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 17:28:27.43 ID:bPwomnRWP
許嫁「では、男さんにもう1つお願いしましょうか」
男「は、はいっ?」

許嫁「お布団はこびますから」
男「なんでもします」

許嫁「そんなにかしこまらないで下さい。
 なんだか私が苛めているみたいではありませんか」ぷぅっ

男「えっと、そんなことはないです。
 いつもお世話になってるから……」

許嫁「はい」にこり 「では、お布団とシーツを持って、
 ついてきてくださいね」
男「はーい」

とてとて
 とてとて

許嫁「こちらですよー」
男「すごくすっきりした部屋ですね」

許嫁「そうですか?」
男「そういえば、初めて入りました」

許嫁「何にも無いだけですよ」にこにこ





362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 17:32:35.81 ID:bPwomnRWP
許嫁「こちらへ入れますから」
男「はい」
許嫁「降ろしていただければ良いですよ」
男「はい。んしょっと……」

ぽろっ

許嫁「あらあら」
男「え、あ。わわっ」(ぱ、ぱんつっ)

許嫁「そんなに慌てないでも」にこり
男「いえ、その。俺じゃないですっ」

許嫁「判ってます。男さんはそんなことしません。
 洗濯物が布団にまぎれちゃっただけですよね」

男「は、はいっ」

許嫁「うろたえすぎですよ」くすっ
男「そんな事は無いですけど」

許嫁「こんなもの、男さんが望めば幾らでも差し上げますのに」
男「っ」

許嫁「はい?」にこっ



363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 17:37:04.78 ID:bPwomnRWP
――学校

男友「おーい、どうだ。リア充」
男「リア充はそっちだろ。彼女いるんだから」

男友「美人許嫁のほうが彼女より上だ」きっぱり
友女「あたしに、なんかっ。文句でもっ。あるのっ!」

男友「ぎぶっ。すまっ。ごめんなさいっ」
友女「うそ臭い」ぎりぎりぎり

男「あはははは」

男友「まじで、友女さん最高に可愛いです。俺幸せ者なり」
友女「……ふんっ。ま、許す」

男「仲いいなぁ」

男友「ふざけんな。こんな暴力女」
友女「なんかいった?」ぎろっ

男友「何でもございません」
友女「ふふんっ」





 
366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 17:40:57.54 ID:bPwomnRWP
男友「で、どうなんだ。そっちは。上手く行ってるのか?」
友女「どうなの? 許嫁なんてロマンチックよねー」
男「んー」
男友「歯切れ悪いな」

男「ぼちぼち。べつに……仲は悪くないと思う」
男友「ふむ」

男「普通だよ。すごく尽くしてくれる同居人……」

男友「尽くす。いいね! ロマンだね!
 大和撫子は男の憧れだねっ」

友女「あんたそんなに頭蓋骨の強度実験したいわけ?」
男友「水平荷重 390N/m(40kgf/m)は勘弁してくださいっ」
友女「建築学部舐めんな」

男「でも、なんかさ……」
男友「ぎぶっ。やめっ。まて、まって。男が話してる。なに?」

男「不自然だよね」
男友「そうなん?」


367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 17:49:40.70 ID:bPwomnRWP
男「俺らと同じ年代って云えば、遊びたい盛りじゃない」
男友「ふむ」

男「なのに毎日家にいて、掃除して、洗濯して
 家事万端整えて、料理して……ずーっとそれってのもさ」

友女「遊びに行ったりしないの?」
男「しないね」

男友「そういや、いくつだっけ?」
男「2つ、上だと思う」

男友「学校とかは? 高校出てそのままなのかな?」
男「そういえば知らないや」

男友「ふぅん」

友女「立ち入ったこと聞くようだけど、電話は?」
男「女友は、俺の家の電話も携帯の番号も知ってるじゃない」

友女「そうじゃなくて、許嫁さんの携帯は?」
男「……へ?」

男友「まさか持ってないのか?」
男「……知らないや」


368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 17:52:49.17 ID:bPwomnRWP
男友「うーん。まぁ、持ってない人も、いなくは無いか」
友女「でも云われてみるとちょっと不自然かなぁ」
男「……」

男友「ま、そんな気にするものでもないんじゃね?」
友女「そかな」

男友「気になるなら聞けば良いじゃん。
 考え込むような事じゃない」
友女「男友は、ほーんとお気楽だなぁ」

男「ん、そだね」
男友「お気楽バカっていうなっ!」
友女「云って無い云って無い。
 いまのは『聞けばいい』に『そうだね』だよ。
 男友のお気楽さは、人を責めないからね」

男「うん、感謝」

男友「いいや、ちがうね。俺は責めるねっ。
 弱みをえぐるねっ。男がピントずれた弱みをはけば
 すかさず傷口に塩を塗りこむねっ!!」
友女「わ! それ面白そう! わたしもやるっ!」

男「いや、そうゆうのは勘弁して欲しいんすけど」




 
371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 17:55:59.04 ID:bPwomnRWP
男友「なんにせよ、あんまり考える事は無いだろ。
 お前も俺も頭悪いんだから」

友女「はい、はいはいっ! 私も悪いですっ!」

男友「よし、合格っ! 俺らは三人で頭悪いっ!」

友女「やったね!」ぱちっ! バチンッ!

男「何でそこでハイタッチ?」

男友「細かい事は良いんだよ。悩むより前に聞け。
 聞くより前に揉め。揉むより前に脱がせ」
友女「それは違う。えいっ」げしっ

男友「痛っ。……ま、それはともかくよ。毎日弁当
 作ってもらってる相手を、話もしないで疑ってたら
 疲れるだろうってことだ」
友女「うんうん」

男「そうだよな」

男友「おう。男は勢いが肝心だ!」

男「とりあえず、お礼をいわないとなー」

友女「プレゼント選びなら時給600円で引き受けるよっ!」




 
388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 19:26:50.89 ID:bPwomnRWP
――夕刻、帰宅

ざああああぁあぁあぁぁ――。

男「うー。すげぇ降り。きちーっ」

男「家、真っ暗じゃん。許嫁さん、出かけてるのかな」

からり、とてて

男「うー、寒っ。許嫁さんいないのかな」

とてて

許嫁「――」
男「なんだ、いるじゃ……」

許嫁「――」
男(――この感じ)



395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 19:34:10.83 ID:bPwomnRWP
許嫁「――」
男(料理……煮てる? でも、それにしては)

からり、からり

許嫁「――ちろ、――ちろ」ぶつぶつ
男(なんだ、かき混ぜてるのか? 見えないけど)

許嫁「――れて――がい」
男(あの顔……。あの、死んでいる瞳。
 ――。え? ……あれ?
 入ってないっ。あの鍋、何も入ってないっ!!)

からり、からり

許嫁「――がい――ちて――がいします」ぶつぶつ

男(どろりとして、ぐったりとした。
 なんであんな浮浪者みたいな、
 死んじゃった人みたいな表情してるんだよっ)

許嫁「――ちろ――ちちゃえ――」

からり、からり




 
399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 19:40:33.90 ID:bPwomnRWP
(料理は準備と組み立てと、あとは気持ちですから)

男(そう云ってたじゃん。許嫁さんっ。
 ……その『気持ち』って、なんなんだよッ)

からり、からり

許嫁「――れて――がい」

男(洞窟の入り口みたいな瞳)

からり、からり

許嫁「――くすっ。くすくすくすっ」

男(世界の終わりみたいな笑い声)

許嫁「――堕ちて」
男「っ!」

許嫁「……男さん堕ちちゃえ」ぼそりっ

男「――っ!」がくがくがくっ




 
403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 19:50:11.31 ID:bPwomnRWP
――風呂場

ざばーっ

(――くすっ。くすくすくすっ)

男「な、なんなんだ、あれ。何であんな風になるんだ」

男「……許嫁さん、だったよな。偽者じゃないよな」

男「もしかして、いつも……」

男「いつも、ああなのか?」

男「……俺が学校に言ってる間とか」

男「……」

男「なんでだよ。……おかしいだろ、そんなの」

  コンコンッ

男 ビクッ



404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 19:54:27.50 ID:bPwomnRWP
  許嫁「男さーん。お帰りだったんですかー?」

男「あ、はい。雨に降られちゃって、
 お風呂いただいてますっ」(怖い。今話すの怖いよっ)

  許嫁「はーい、あの」

男(覗いてたの、気づかれたっ!?)

  許嫁「お出迎え出来なくてごめんなさい」しょぼん

男「そんなことっ。気にするようなことじゃないですからっ」

  許嫁「はい。あの、その代わりといってはなんですが
   美味しいご飯にしますね。今日はあさりの酒蒸しですよー」

男「はいっ」(こ、声が震える)「もうちょっとであがりますっ」

  許嫁「新しいタオル、ここに出しておきますねー」

かちゃん

男「うう……」ぶくぶくぶくっ

男「どうすればいいんだよ」




 
406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 19:58:38.56 ID:bPwomnRWP
――食卓

許嫁「いかがですか? あさり」
男「美味しいですよ。はい」びくっ

許嫁「良かった」にこっ
男(ううう……)

許嫁「……こくん」
男「あの……」

許嫁「はい?」
男「許嫁さんは、普段何してるんですか?」

許嫁「はい?」
男「いえ、普通の日は、俺学校じゃないですか。
 その間、何して過ごしてるのかなーって」

許嫁「そうですねー」
男「はい……もぐ、もぐ」

許嫁「お掃除したり、お洗濯したり」
男「……」



407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 20:04:19.45 ID:bPwomnRWP
許嫁「料理をしたり、お庭のお手入れしたり」
男「……」

許嫁「あとはごろごろしてますね。ネコと昼寝とか。
 許嫁って楽ちんなお仕事ですから、昼間は結構暇なんですよ」

男「そうですか」

許嫁「男さんは、学校とアルバイトで大変ですね」
男「いえ、そんなの自分のワガママですし」

許嫁「ふふふっ」ゆらっ
男(あれ、なんか一瞬……)

許嫁「いえ、偉いですよ。毎日お疲れ様です」にこりっ
男「……いえ」(あれ? 気のせい?)

許嫁「ご馳走様にしましょうか」
男「はい」

男「ご馳走様でした」
許嫁「お粗末さまでした。お茶を入れますね」にこっ






409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 20:07:30.74 ID:bPwomnRWP
――学食、昼食時

男「……」

(からり、からり……)

男「なんなんだよ……」

男友「おーい、男っ。どうしたっ? あいてるのか? ここ」
男「あー、うん」

男友「よっし、席もーらいっと」がたん
男「……」

男友「食わないの? それ許嫁さんの弁当だろ?」
男「うん……」

男友「なんだ、どうした。またチキンになってるのか?」

男「そうじゃない、と思う。いや、チキンってか
 びびってるんだけど、そうじゃなくてっ」

男友「混乱してるのか?」



410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 20:10:47.70 ID:bPwomnRWP
男「よく判らない」
男友「そっか。……きつねうどん美味っ」
男「いいな」

男友「お前のほうが良いだろう。女友なんて
 弁当作ってくれたこと、一度も無いんだぞっ」

男「食べる?」
男友「お前、食べないのか?」
男「うん……」

男友「ふーん」かぱっ
男「いいよ、食べて。もったいないし」

男友「あー。やめとくわ」
男「どうして?」

男友「わかんないのか。頭悪い以前だな、お前」
男「……?」

男友「おまえさー」
男「?」

男友「まだなんだろ? やっとけ。キスでもえっちでも」




412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 20:15:24.56 ID:bPwomnRWP
男「そういう状況じゃないんだよ」
男友「状況待ってるからいつまでも童貞なんだよ」

男「童貞っていうな、童貞って!」
男友「やれやれ。食堂で連呼するなよ」

男「そうじゃなくて、許嫁さんが台所で空鍋で」
男友「空鍋?」

女友「男友っ! あんたこんなとこでなにやってんの」
男友「え? うどん食ってる」

女友「今日の3時までにレポートだっていってたでしょっ。
 わたし、あんたのことずっと待ってたんだけど?」

男友「あ! そうだった! ヤバいっ!!」
女友「ほんとボケてる。男友ったら」

男友「やべっ! すぐいく。んじゃな、男っ!」
男「お、おう」

女友「ごめんね。このバカ連れてくね。またねっ!
男友「まったなー。こんど飲みいくからなーっ!」

男「がんばれよーっ」


433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 21:21:42.01 ID:bPwomnRWP
――朝

許嫁「……さん、……さん」ゆさゆさ

男「……ぅぅ? ……ん」

許嫁「男さん? 男さん」ゆさゆさ

男「んー。……うん」

許嫁「おはようございます、朝です……けど」
男「うん。……起きる、おきます」くらっ

許嫁「やっぱり」
男「――うう」

許嫁「すごく熱いですよ。熱があるみたいです」
男「大丈夫……」

許嫁「大丈夫じゃありません。今日はお休みです。
 このまま寝ててくださいっ」

男「平気だってば……」
許嫁「だ・め・ですっ」



435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 21:24:59.14 ID:bPwomnRWP
許嫁「おかゆを作ってきますから、動いてはダメですよ?」
男「……うん」

かたり、とてて

男(頭痛い……。こりゃ、本格的に熱でてるな……)

男(こんなに熱でたのなんて、いつぶりだろ?)

男(身体も痛いし……)

(からり、からり……)

男(何でこんな時にそんなもん思い出すんだよっ!)

男(ただの風邪だろっ。縁起でもないこと考えるなよ、俺っ)

男(だって俺には……)

男(俺には……)




 
437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 21:28:33.05 ID:bPwomnRWP
男(……)

男(…………)

男「んぅ……」

許嫁「目が、覚めましたか?」

男「……ん。いま、何時?」
許嫁「まだお昼前ですよ」にこっ

男「……ごめん。寝ちゃった」
許嫁「いいんですよ。寝れば、それだけ早く治ります」

男「……ちょっと頭軽くなった」
許嫁「だめです。まだ、無理ですよ」

男「……うー」
許嫁「おかゆ、食べれます?」

男「無理そう」
許嫁「じゃぁ、桃ゼリーならいけますか?」




 
439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 21:34:51.35 ID:bPwomnRWP
許嫁「はい、どうぞ」
男「自分で食べれます」
許嫁「そうですか? では、はい」にこり

男「お手数かけます」もそもそ
許嫁「飲み物も置きますね」

男「……もぐもぐ」
許嫁「……」

男「ごちそうさまです」
許嫁「いえ。……大丈夫ですか? 着替えできますか?」
男「はい……」

許嫁「えっと、では、これに」
男「はい」もそもそ

許嫁「今のうちにシーツも変えますね。
 寝苦しかったでしょう?」

男「……」こくり



441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 21:39:02.96 ID:bPwomnRWP
ぽむぽむっ

許嫁「はい。完成ですよ。どうぞ」
男「はい……」もそもそ

許嫁「何か欲しいものはありますか?」
男「ないです」

許嫁「では、また寝てくださいね」にこり
男「あの」

許嫁「……?」

男「あの……」
許嫁「はい?」

男「ネコとお昼寝」
許嫁「今日はしませんよ? ちゃんと見張ってます」
男「――そうじゃなくて、今度お出かけしましょう」

許嫁「はい」
男(……何云ってるんだ、俺。混乱中かよっ)

許嫁「早く、元気になってくださいね」なでっ


442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 21:43:36.46 ID:bPwomnRWP
男(なんか、頭の中、ぐらぐらする……)

男(熱のせいかな、ぼんやり……)

男(くらくら……)

  ひんやり

男(気持ちいい……なんだろ……)

許嫁「もう少し、眠ると良いですよ」

男(なんだろ、冷たくて……)

  ひんやり

男(指先? 甘い匂い……。冷たくて、優しくて……)

男(あたま、くらくらする……)


443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 21:48:47.70 ID:bPwomnRWP
――深更

男(……身体、軽くなった。峠越えたかな)

かちゃり、とてて

男(うー。トイレに行くのがこんなにすっきりするとはねー)

とてて

許嫁「――」

男(許嫁さん……)

許嫁「――」

男(また、あんな瞳で凝視してる)

許嫁「――」
男「許嫁さん」

許嫁「……え? はいっ!? 男さん」

男「真っ暗の部屋でどうしました」
許嫁「いえ。なんでもないです」にこりっ



448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 21:53:51.20 ID:bPwomnRWP
許嫁「それよりどうしたんですか? 大丈夫ですか?」

男「うん。大丈夫。熱下がったみたい。
 ――それに、昼寝過ぎて、寝れないですし」

許嫁「そうですか」ほっ

男「……あの」

許嫁「そうだ。では、何か食べたほうが良いですよ。
 いま、おかゆを少し作りますから。すぐ出来ます。
 お布団に入っていてくださいね」にこっ

男「ううん、熱も下がったし。ここで待ってるよ」
許嫁「仕方ないですね。お茶を出しますね」

男「ポカリ自分で出すから、平気」
許嫁「はい。すぐに作りますから」

ぱたぱた

男「……」
許嫁「卵がゆでいいかしら」ぱたぱた



449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 21:58:30.74 ID:bPwomnRWP
――深夜の食卓

男「ごちそーさまでしたっ」

許嫁「おそまつさまでした。……ありあわせで、
 こんなものでごめんなさい」

男「いえいえ、元気でました」

許嫁「では、お部屋に戻りましょうか」
男「あんまり眠くないんですけどね」

許嫁「ほとんど丸一日寝ちゃいましたしね」
男「ですね」

許嫁「もう1回着替えたほうが良いですね」
男「シャワー浴びたいですけど」
許嫁「んー。無理はしないほうが」
男「髪の毛はぬらさないようにしますので」

許嫁「では、タオルと着替えをもって行きますね。
 温度は高めで、すぐ身体を拭くかたちで」
男「はい」


450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 22:02:29.61 ID:bPwomnRWP
  許嫁「いかがですかー?」

男「はい、もうあがりますー」

  許嫁「タオルも着替えも準備してありますよー」

男「何から何までありがとうです」

  許嫁「いえいえ。お気使いなく」

男「でますよー」

  許嫁「はーい」

男「……っ」くるっ
許嫁「早く水気を拭かないと。はい、タオルです」

男「ど、どっ。どして」

許嫁「風邪でしょう? 目を離すのは心配です」
男「一人で出来ますからっ」

許嫁「わがままさんですねぇ」くすっ




452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 22:08:01.90 ID:bPwomnRWP
許嫁「見ませんから、早く拭いて下さい」
男「やってますっ」

許嫁「はい、これパジャマですよ」
男「見て無いでしょうね」

許嫁「見ても良いではないですか」くすくす

男「良くないです。えーっと、心の準備が要るんです」
許嫁「わたしは準備出来てますよ?」くすっ

男「あー」
許嫁「よければ、今晩にでも」

男「……」
許嫁「まだ朝は遠いですし、ご奉仕しましょうか?」にこっ

男「許嫁さん」

許嫁「はいです?」

男「許嫁さんは、少しくらいは、その……
 俺のこと、好きな気持ち、あるんですか?」



454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 22:12:19.74 ID:bPwomnRWP
許嫁「はい?」くすくすっ

男「……」

許嫁「男さんは不思議な事をいいますね。
 本人の意思を無視して娶わせるからこその
 許嫁でしょう? 私の気持ちの入り込む隙間など
 最初から無いんですよ?」にっこり

男(へこむな。ああ、もう。判ったよ!
 へこむよ、へこみますよ!
 好きだからへこんでるんだよっ。悪いかよっ)

男「でも、じゃぁっ」

許嫁「でも、わたしは『完璧な許嫁』ですから。
 閨ではべり、ご奉仕の夜とぎをしますよ?
 ……男さんはまだ風邪で身体が火照っていますよね?」ぴとっ

男「……っ」びきっ

許嫁「わたしのからだ……
 ひんやりして気持ちよいと思いますよ」にこり



 
477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 22:58:38.21 ID:bPwomnRWP
>>454より

男「そんなんじゃなくてっ」ぐいっ

許嫁「もうっ」

男「気持ちのほうが大事ですって」
許嫁「大事じゃないですよ」
男「大事ですっ」

許嫁「そんなの」くすくすっ 「私には必要ないんですよ」

男「――っ」
許嫁「男さん、怖い顔しちゃだめですよ」なでっ

男「ううっ」
許嫁「良いではありませんか。
 男さんは、年上は嫌いでもないのですよね?
 あんなにえっちなマンガ貯めてますものね」くすっ
男「それは……」

許嫁「わたしのこと、キライですか?」にこり
男「……」




 
478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 23:02:12.16 ID:bPwomnRWP
許嫁「わたしはダメですか?」
男「ダメ……じゃないです」

許嫁「ですよね。時々見つめていてくださいましたもんね」にこっ
男「そうじゃなくて」

許嫁「男さんにくっつくと」ぴとっ
男「うー」

許嫁「すごくどきどきしてますよ?」
男「そりゃしますよっ」

許嫁「深夜の脱衣所で……。こうやって身体を寄せ合って……。
 微熱で身体があつーくて、いい匂いでしょう? わたし」
男「……っ」

許嫁「良いですよ?」すりすりっ
男「うぅぅっ」

許嫁「何でもいいなりになってくれる許嫁の
 柔らかぁい身体ですよ? しちゃいませんか?」にこっ

男「あああー。違くてっ!」




 

 
481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 23:06:16.40 ID:bPwomnRWP
男「どーせバレバレだろうから云っておきますけれど
 俺は童貞なんですっ。それから云っておくと、
 許嫁さんの事好きですから。めた惚れですからっ。
 引かれるくらいえろえろ妄想もしてますから。
 その辺童貞ですからね、容赦ないっすからねっ」

男「でも、童貞だから幻想持ってるし、
 なんかこーっ。上手く云えないですけれど
 そうじゃないのは判るんです。
 そんな風に誘われなくても、すっごい抱きしめたいですけど
 好きが無い限り絶対そっちには行きませんからねっ」

許嫁「好きになる必要なんて無いですのに」

男「必要で好きになったわけじゃありません」

許嫁「それは勘違いですよ。
 優しい言葉をかけられて
 毎日食事を用意してくれた異性だから、
 男さんは勘違いしてるんですよ」

男「勘違いのまま一生過ごすつもりですけれど何か?」



483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 23:09:29.39 ID:bPwomnRWP
許嫁「好意なんか無くても抱けますよ」ゆらぁ

男「出来る出来ないじゃなくて、やらないんですっ」

許嫁「わがままさんですねぇ」くすっ

男(あの目だ。……どんどん死んでいく。
 腐ってゆく……。許嫁さんの内側が、どろどろと
 くずれていっちゃうっ)

許嫁「売春婦に本気になるなんて、
 男さんは困った子ですね」くすくすっ

男「許嫁さんはそんなんじゃないですっ」

許嫁「そんなのなんですよ。
 お金で買われて、あなたにあてがわれてるんですよ。
 『完璧な許嫁』として。そういう役割の存在なんです」

男「許嫁さんは綺麗です」

許嫁「身体は綺麗なままですね。
 ――でもいずれにせよ同じこと。
 気持ちも、尊厳も、権利もお金で売り買いしている。
 そういうもので、その程度の存在なんですよ?」くすくすっ




 
485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 23:13:19.71 ID:bPwomnRWP
男(黒い、洞穴みたいな瞳……)

許嫁「毎日のご飯、美味しかったですか?」
男「……はい」

許嫁「お弁当、たべてくれましたよね」
男「……はい」

許嫁「さらさらのシーツは気持ちよいですか?」
男「……はい」

男(紅い三日月みたいな、唇……)

許嫁「ふわふわのタオルに、
 アイロンがけしたシャツもいいものでしょう?」
男「……はい」

許嫁「たまに腕を絡めると、鼓動が早まりますよね?」くすっ
男「……はい」ぎりっ

許嫁「わたしは『完璧な許嫁』でしょう?」にこっ
男「……」



486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 23:16:38.82 ID:bPwomnRWP
許嫁「もっと良い事を教えてあげますね」ぎゅっ
男(甘い……じゃなくて、ぎゅって。腕の中に、するんって!?)

男「ダメですよっ。許嫁さんっ」

許嫁「このまま腕の中でいさせてくれないと、
 教えてあげませんよ?」くすっ

男「……くぅっ」

許嫁「わたしはね、真っ黒なんです」

男「……」

許嫁「汚れてるんです。重油タンカーが難破した
 海の映像を見たことがありますか?
 流れ出した黒い油は海水や泥と絡み合い、
 ねっとりした汚れとなって魚も海鳥も絡め取るんですよね。
 ――あれと同じ。
 ううん、あれよりももっと私は汚れているんです」

許嫁「朝起きたとき、何気なく庭を見たとき
 料理の支度をするとき、
 そして何より1人で部屋にいるとき。
 判るんです。
 自分がどんなに汚れているか。
 どんなに取替えがつかないほど穢れているか」



488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 23:20:45.52 ID:bPwomnRWP
許嫁「汚れているって判りますか?
 それはね――確信です。
 手に入らないという確信。
 どんなに望んでも、綺麗なものには触れられないという確信。
 だってこの手は汚れている。
 触れれば全てのものを汚染する。
 ミダス王は黄金のそれでしたが
 私のそれは汚泥。
 黄金は悲劇でしょうが私のそれは喜劇ですよ」くすくすっ

男「……」

許嫁「だってね」

許嫁「だってわたしは妬ましいんです。
 明るくて、きらきらしている男さんが」にこっ

男「――っ」

許嫁「毎日学校にいって、バイトが忙しくて
 外の世界があって、友達がいて、喜んだり
 落ち込んだりしている男さんが羨ましくて妬ましくて
 たまらないんですよ」くすっ


491 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 23:26:31.03 ID:bPwomnRWP
男「そんな……」

許嫁「だから」すりっ
男「――っ」

許嫁「男さんにこうして身体を重ねるのが嬉しいんです」
男「え?」

許嫁「男さん、私のこと好きですか?」にこっ
男「好きですよっ」

許嫁「こんなに汚いのに?」
男「汚くなんか無いですっ」

許嫁「汚いんですよ」くすくすっ
男「そんな……」

許嫁「だから、こうして触れるたびに
 男さんが汚れていくんです。
 男さんを汚すのは楽しい。
 男さんが穢れていくのが嬉しい。
 手に入らないから。
 あのきらきらは手に入らないけれど
 男さんはこうして汚せるから」くすくすっ



496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 23:30:02.07 ID:bPwomnRWP
許嫁「重油のように汚れた私。売られた私。
 はした金のせいで全てを買い取られた私。
 いまだって自分自身を売り渡してる私ですから……」

男「……」

許嫁「嫌いになったでしょう?」くすっ

男「へ?」

許嫁「……ふふふ」にこっ
男「……」

許嫁「満足しました。男さんを一杯汚しましたし。
 いやーな気分になる話だったでしょう?」
男「……っ」

許嫁「これ以上からかうと、湯冷めしちゃいますね。
 いまのはみんな、冗談ですよ?」くすっ

男「……」

許嫁「いらなくなったら捨ててもいいんですよ」にこっ



 
501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/06(水) 23:35:09.70 ID:bPwomnRWP
許嫁「許嫁である必要があるのは私。
 男さんの側にそんな理由は無いんですからね」
男「……そんなの」

ちゅ

男「――っ」

許嫁「云ってはダメですよ。
 その言葉は。
 その言葉はまだ汚れてないんですから。
 汚れていない人のために取っておかなければ」

許嫁「そうですね。許嫁とか婚約とか――
 クーリングオフのための期間でもあります」くすっ

許嫁「つまり、正しい使い方です」

男「……」

許嫁「赦して差し上げますから。大丈夫ですよ」にこり

男「許嫁さんっ」

許嫁「おやすみなさい。暖かくしてくださいね」

ぱたん

 


 
667 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 12:47:08.35 ID:JNqgVZluP
>>501より

――夜明け前

許嫁(着替えと、身の回りの品と……)

許嫁(公共料金の振込用紙は、ここで……)

許嫁(そうだ。歯磨きを……いいか。あれも、私のものじゃない)

許嫁 くすっ

許嫁(私のものなんて、はじめからこの家には
 何にもありはしないんですけれどね……)

(そんな……)

許嫁(……あんなに言葉に詰まって)

許嫁(男さんは、本当に子供ですね)




668 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 12:50:45.89 ID:JNqgVZluP
だから。

許嫁(だから、赦して差し上げます)

許嫁(……呆れるほど、荷物無いですね)

許嫁(無理もありませんが)

許嫁(唐突に現れて唐突に消えて。
 通り雨のようなものですから……。
 きっと男さんも見逃してくれますね)

許嫁(見逃して、忘れて)

(許嫁さんっ)

許嫁(忘れて……)

(許嫁さんっ)

許嫁(わたしも良い加減、詮方ない事を……)




670 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 12:54:52.16 ID:JNqgVZluP
――前庭

かちゃり

許嫁「えっと。戸締りも、ガスも大丈夫」

許嫁「お世話になりました。……なんて」

男「やっぱり」

許嫁「男さんっ!?」

男「絶対出て行くと思いました」

許嫁「――。
 ちがいますよ? ちょっと朝市に仕入れです。
 今朝は美味しいマッシュルームオムレツを作ります。
 ですから少しだけ留守番しててくださいね」にこっ

男「その言い訳、事前準備のものでしょ」

許嫁「違いますってば」くすくす 

許嫁「ほら、私ぜんぜん荷物もっていませんよ?
 こんなので出ていくわけないじゃないですか」

男「許嫁さん」ぐっ




673 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 13:00:58.32 ID:JNqgVZluP
許嫁「まだ朝ですよ?」にこっ

男「まだ明けてもいません。俺、許嫁さんの部屋
 見せてもらいましたから」

許嫁「はい?」

男「布団の取り入れの時ですよ。あんな部屋、無いですよ。
 幽霊が住んでる部屋じゃないですか、あんながらんとしてて」

許嫁「あははは。酷いですよ、幽霊なんて」にこにこ

男「じゃなければ、『いつ居なくなっても良い』って
 思ってる人の部屋でしょう、あれ」

許嫁「――」

男「許嫁さんは完璧主義だから」
許嫁「……」

男「あんな話をして、出ていくつもりだったんでしょう」
許嫁「違いますよ、本当に」

男「信じませんから」

許嫁「どうしたんですか? そんなに怒って
 もしかして、添い寝してもらわないと眠れないですか?」くすっ

男「はい、そうです」


676 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 13:05:01.94 ID:JNqgVZluP
許嫁「え……?」
男「添い寝してもらいます」ぐんっぐんっ

許嫁「ちょ。男さん……? あの、腕。腕痛いですっ」
男「もうちょっと辛抱してください」

許嫁「靴。ブーツ脱いで無いですっ」

男「足をつかなければいいでしょ」ひょいっ

許嫁「乱暴ですよっ。男さんっ」
男「お互い様でしょ。許嫁さんだって問答無用で
 あんな話をして、問答無用で出て行こうとしてた」

許嫁「冗談だって言ったじゃないですかっ」

男「じゃぁ、これも冗談ですからっ」

がらがらっ

許嫁「爪先でドアなんか開けて……」
男「お行儀の件は後で謝ります」

許嫁「降ろしてくださいっ」
男「はい」

ぽふっ



677 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 13:09:32.05 ID:JNqgVZluP
許嫁「きゃっ!」
男「大丈夫でしょ。ベッドですから」

許嫁「……っ」
男「手荒でごめんなさい」

許嫁「そうですか。ふふん。
 やっぱりご奉仕が良いんですか」くすっ

男「んーっと。そうなるのかなぁ」

許嫁「……良いですよ。それも勤めですから」
男「許嫁さん、脚ください」

許嫁「はい?」
男「靴脱がせますから」

許嫁「……っ」
男「編み上げブーツ、1人で脱ぐの大変でしょ」

許嫁「……うぅ」かぁっ
男「別に変な動機は無いですからねっ」



678 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 13:12:53.49 ID:JNqgVZluP
男「だいたい、ここを出てどこに行くんですか」
許嫁「出て行くつもりなんか無いって云いました」

男「行く場所なんてないんでしょ」
許嫁「……だからっ」

男「俺は汚れたりしませんからね」
許嫁「――っ」

男「だいたいあんな告白程度で俺が汚れたり
 許嫁さんが黒かったりするはず無いでしょう。
 そりゃ……。
 あんなに近くですりすりされたらですね。
 その……もにょもにょにもなりますけどね。
 童貞舐めたらダメですよ。
 妄想の中だと、あんなもんじゃ済まされませんよ。
 もう絵にも文章にもかけないほど
 けしからん事しまくりですよ。
 許嫁さんは……美人だから。
 その……。
 そういうことですよっ」

許嫁「……」

男「汚れ度で云うなら、俺のほうが汚れですからねっ」




683 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 13:19:37.95 ID:JNqgVZluP
許嫁「――」
男「それでも納得できませんか」

許嫁「……」
男「じゃぁ、ちゃんと云いますから。
 昨晩もいいますけれど。許嫁さんのことが好きです。
 お付き合いしてください」

許嫁「お付き合いしてるでしょう? 許嫁として」

男「好きになってください」

許嫁「許嫁には必要ない想いです」

男「俺が欲しいんです」
許嫁「――」

男「ただ欲しいんです」
許嫁「それは、子供の我がままですよ……」

男「ですよね。でも仕方ないでしょ。
 手段を選ぶ余裕無いんですから」

許嫁「はい?」




 
685 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 13:23:30.09 ID:JNqgVZluP

男「ちょっとだけでいいから好きになってください」
許嫁「ダメです」

男「じゃないと、このままベッドから出しません」

許嫁「えっと……」
男「出しません」

許嫁「朝ごはんが作れませんよ?」
男「小ネタ抜きで」

許嫁「――ふぅ。つまり、男さんは私としたいんですか?」
男「したいですけど、そういうのも抜きで」

許嫁「私が嘘をついたらどうするんですか?」
男「嘘?」

許嫁「――そうですね。私が、例えば。
 『そう』なって。おとこさんに『それ』を囁いて。
 一緒に眠って、睦言の帳を過ごして……。
 それで居なくなったらどうするんですか?」

男「寂しい気持ちですけど、ずっと待ってます」
許嫁「ずっと?」

男「ずっと」


686 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 13:30:23.49 ID:JNqgVZluP
許嫁「それじゃ騙され損じゃないですか」
男「そうかもしれないですね」

許嫁「全然脅迫になって無いですよっ」

男「そうかなぁ」

許嫁「そうですよ。男さんは私の事を誤解してます。
 わたしは私のことなんてどうだっていいんです。
 たしかにその……まだ未経験ですけれど
 守ってきたわけじゃない。
 あなたを傷つけるためなら、こんな身体幾らだって
 捧げてしまって悔いは無いですよ。
 そうでしょ?
 だって抱けば男さんは傷つくのだから」

男「そうですね」

許嫁「その後で裏切るくらい容易いですよ」

男「ですね」

許嫁「じゃぁ、なんでそんなに馬鹿なんですかっ」

男「バカに理由は無いでしょ。
 頭が悪いからバカなんですよ」

許嫁「――っ」




 
688 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 13:35:27.42 ID:JNqgVZluP
男「だいたい、許嫁さんだって!
 云ってることもやってることも支離滅裂じゃないですか。
 完璧な許嫁とか云って、そもそも許嫁って
 結婚をする予定の相手ですよ。
 完璧な許嫁は完璧なお嫁さんになるのが当たり前の流れでしょ。
 完璧な許嫁だから結婚できないなんてどこのトンチですかっ」

許嫁「――」

男「それに本当に本当の完璧な許嫁だったら
 どうして俺のこと振り回すような、いたぶるような
 ことばっかり云うんですか。
 じゃれてくる犬に嫌がらせするようなっ」

許嫁「自分の事を犬にたとえて惨めじゃないんですか?」

男「この二ヶ月惨め過ぎて慣れました」

許嫁「それは、男さんが余りにも苛立たしかったからです。
 云ったでしょ? 羨ましくて、妬ましいですよ。
 男さんを。傷つけたくて、汚したいんですっ」



 

690 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 13:38:54.56 ID:JNqgVZluP
男「だったら、あんなに手の込んだお弁当
 作ってくれなくても良いじゃないですかっ」

許嫁「――っ」

男「あんなに丁寧に。お弁当なのにおかずを何種類も。
 バカだって判りますよ。大変じゃないですか、あんなのっ」

許嫁「それは……」

男「洗濯だって、掃除だって、庭の手入れだって。
 あんなに丁寧で細やかにやる必要、無いじゃないですかっ」

許嫁「それは、だって。許嫁の務めですから。
 『完璧な許嫁』のためには、そういうのが全部必要だから」

男「それが支離滅裂なんですよ。
 好かれたいのか嫌われたいのか、バラバラじゃないですか」

許嫁「――っ。それはっ」

男「でもお生憎様です。許嫁さんは餌あげすぎです。
 もう好きになっちゃいましたからね。手遅れです」



692 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 13:44:12.44 ID:JNqgVZluP
許嫁「……泣きそうな顔で、偉そうなことを」

男「放っておいてくださいよっ。
 仕方ありません。それじゃ、取って置きの賄賂です」

許嫁「はい?」

男「許嫁さんは、一生ずっと俺のこと汚し続けて、
 傷つけ続けて良いですよ。無制限に感受します」

許嫁「……男さんって」
男「絶句しないで下さいよ」

許嫁「本当にバカなんじゃないですか?」
男「疑問形じゃなくていいです。本人が保証します」

許嫁「だって、そんな……」

男「そんな?」

許嫁「男さんに何のメリットも無いでしょう。
 そんなことになったら『完璧な許嫁』なんて放棄しますよ?
 わたしは男さんが憎いんです。羨ましいんです。妬ましいんです。
 ご飯だって作りませんし、掃除だってしてあげませんよ。
 男さんは全然得なこと無いじゃないですかっ」

男「でも、許嫁さんにして上げられることって
 他になさそうでしょ?」


693 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 13:48:59.43 ID:JNqgVZluP
許嫁「……もう」
男「――」

許嫁「男さんは、本当に我がままさんですね」くすっ
男「自覚、あります」

許嫁「おまけに忠犬みたいな人です」
男「酷い云われようだ」

許嫁「毒気が抜かれますよ」
男「すみません」

許嫁「云い付けは、良く聞かないとだめですよ?」
男「えーっと。はい」

許嫁「――仕方ありません。
 飽きるまでは、付き合ってあげます」
男「飽きるまで?」

許嫁「ええ。あなたが、私に飽きるまで」くすっ

男「ずいぶんかかりそうですね」

許嫁「私の嫌がらせが尽きるのにだって、
 同じくらいかかりますよ」くすくすっ



698 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 14:03:27.69 ID:JNqgVZluP
――朝ごはん

許嫁「はい、召し上がれ」
男「えっと」

許嫁「バタートーストと麦茶です」
男「すさまじい勢いでグレードダウンしましたね」

許嫁「ええ。そうですね」にこり

男「え~……」
許嫁「はい?」

男「そのお皿の中身はなんですか?」

許嫁「モツァレラとトマトのオムレツですよ?」
男「――」ぐー

許嫁「欲しいですか?」にこにこ
男「すごく欲しいです」

許嫁「これは、チーズがとろっとして美味しいです」

男「美味しそうです」ぐー



700 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 14:08:24.69 ID:JNqgVZluP
許嫁「では、今日も云ってみましょう」くすっ
男「うぅぅ」かぁっ

許嫁「冷えるとチーズが固まっちゃいますよ?
 このオムレツ、丁寧に優しく焼いたんですけど……」

男「……俺は許嫁さんのこと好きです」ぷいっ

許嫁「腹黒で年上で嫌がらせ好きで
 ぜーんぜん完璧には程遠くて
 根暗で陰険でやきもち焼きですよ?」

男「それでも好きなんですっ、もう、毎日降参です」

許嫁「メンヘラ気味で放置しておくと
 何をしでかすか判りませんよ、わたしは」にこにこ

男「めたくちゃ大好きですっ! 惚れちゃってますっ!!」

許嫁「はい」にこっ 「沢山召し上がれ。オレンジも切りますね」

男「なんだかなぁ。もぐもぐ」



703 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 14:12:07.49 ID:JNqgVZluP
とててて

許嫁「オレンジ切れましたよ。ちょっとバンザイしてくださいね」
男「はい?」ひょい

すとんっ

男「って、え。えっ」
許嫁「ここに居ても良いですよね?
 膝の上に横座りって憧れていたんです」

男「それって」

許嫁「嫌がらせするのには便利ですから」にこっ

男「……結局負け犬っぽい、俺」

許嫁「文句があるなら、耳たぶを噛みますよ?」
男「ありません」

許嫁「なら、ご褒美に耳たぶをはむはむして上げます」
男「……」

許嫁「気にせずお食事の続きをどうぞ」にこっ



704 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 14:15:43.85 ID:JNqgVZluP
男「許嫁さんは、本当のトコはどうなんですか」
許嫁「はい?」

男「少しくらいは、その……」
許嫁「ああ!」

男「どうなのです?」
許嫁「お預けです」
男「はい?」

許嫁「その質問は、お預けです」にこっ
男「……うー」

許嫁「最初からずっと男さんが羨ましかったですよ。
 自分に無いものを全部持っているように見えて。
 妬ましくて、苦しくて、憧れました」

男「……」

許嫁「お預けじゃ、だめですか?」うるっ

男「判りましたッ。もうっ。追求しませんよっ」



707 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 14:20:48.29 ID:JNqgVZluP
許嫁「男さんは、良い子です」なでなで
男「……男友には見せらん無いよ、もう」

許嫁「代わりに添い寝しましょうか?」
男「――え」

許嫁「あ。ふしだらな事考えましたね」くすくすっ
男「それは。その……はい」

許嫁「ネコ昼寝のお供をさせてあげるってことですよ」
男「了解です」

許嫁「がっかりしないで下さい」
男「うー。遊ばれてる感が」

許嫁「急ぐと、すぐに飽きてしまいますから」にこっ
男「そう、ですね」

許嫁「ずっと、なのですよね?」
男「お約束どおり、ずっとで」



708 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 14:23:49.45 ID:JNqgVZluP
許嫁「……今でもいやな夢で夜中に飛び起きます」
男「――」

許嫁「だから、ちょっとだけ待っていて下さい」
男「いくらでも」

許嫁「いくらでも?」
男「いくらでも。えーっと、嫌がらせを引き受けます」

許嫁「よく出来ました」にこっ
男「良いように調教されてる気がしてしょうがないです」

許嫁「嘆かないで下さい。大事に、大事に
 自分より大事に、傷つけますから。
 こうやって触れ合っていると、安心しちゃいます。
 ね?
 ――私たちって、いま完璧です?」

男「そうですね」きょろきょろ 「完璧です」
許嫁「じゃぁ、これが」 ちゅ 「完璧なご褒美です」

男「許嫁さんは最初から、なんていうか。完璧でしたよ」
許嫁「では次の目標は、男さんのための完璧な……」

//Perfect fiance ver.M
//end of log.




 


713 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 14:27:58.89 ID:X2UuqjyhO
乙!




 
715 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/07(木) 14:37:57.48 ID:PXn6/IeiO
乙!大変よろしかった




 
717 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/07(木) 14:50:03.65 ID:afa7ljZQO
今のうちに言っておこう

楽しかった
超乙


718 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/07(木) 14:50:09.56 ID:nXaGzQHEO
どっちもハッピーエンドだとよいなぁ

空鍋の方の許婚の過去が気になる


719 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 14:58:29.65 ID:K0K7BTlRO
乙でした




 
721 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/07(木) 15:00:02.48 ID:ncl3jDIyO
ニヤニヤしながら読ませてもらったぜ!
>>1も他の書き手も超乙!



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


関連記事
[ 2012/01/28 17:14 ] 新ジャンル系SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/109-3723b081

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ