FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新ジャンル「完璧な許婚」1/3

新ジャンル「完璧な許婚」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 15:10:04.34 ID:/Kr5yyi+0
許婚「お帰りなさい」

男「おまわりさーん、泥棒が入ってまーす」

許婚「泥棒は三つ指ついてお出迎えしませんよ」

男「それもそうか」

許婚「紹介が遅れました、私は男さんの完璧な許婚です」

男「はあ完璧ですか」

許婚「料理、洗濯、家事はもとより全てにおいて完璧です」

男「俺許婚がいるなんて聞いてないんですけど」

許婚「はい、驚かせようと思ったので今まで情報統制をさせて貰っていました」

男「えらく手が込んでますね」

許婚「なぜなら私はパーフェクトですから(ビッ」

男「そのポーズなんですか」



 
5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 15:18:25.90 ID:/Kr5yyi+0
許婚「そろそろ敬語をやめて貰えませんか、将来の妻ですよ私は」

男「いやでもあなたも敬語ですから」

許婚「敬語属性はないのですか?」

男「特には」

許婚「男さんの趣味に合わないと言うのなら変えますよ」

男「あ、じゃあお願いします」

許婚「何がいいですか?ちょっと強気な幼馴染系とかがいいですか?」

男「う~ん・・・親しみやすい感じがいいな」

許婚「では『親しみやすい友達感覚の甘えんぼボクッ子』で」

男「なんか最後のほう変ですけどそれでお願いします」

許婚「うんオッケーだよ!男ちゃん!!」

男「変わるの速いね」

許婚「だってボクぱーふぇくとだからっ!!(ビッ」

男「あ、そのポーズは取るんだね」



 


新ジャンル「完璧な許婚」






12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 15:26:28.79 ID:/Kr5yyi+0
許婚「はい、男ちゃんお弁当今日も学校がんばろうね!!」

男「おう」

友「おい・・・男、あの子は誰なんだ?」

男「なんか許婚らしいよ」

友「おまえんち普通の中流家庭だよな?」

男「そうだな」

友「なんでだよぉおおおおおおおおおおおおおお!!」

男「知らないし、抱きつかんといて」

許婚「とーう」
べきっ
友「ひぎぃっ!!」

男「友が許婚の手刀を喰らって気絶した・・・」

許婚「男さん、あまり他の方とベタベタなさらないで下さい」

男「口調が戻ってる・・・」

許婚「ボクやきもち焼いちゃうよ!!」

男「そしてまた戻した・・・」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 15:32:33.33 ID:/Kr5yyi+0
男「あのさ許婚さん」

許婚「ん?どーしたの男ちゃん」

男「やっぱ口調変更できる?ボクって一人称に違和感を感じるから」

許婚「別に構いませんが」

男「相変わらず変わり身速いね」

許婚「で、どのようなのをご所望ですか」

男「許婚が一番自然だと思う口調で」

許婚「わかりました、ではこのままで」



 
20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 15:39:20.83 ID:/Kr5yyi+0
許婚「男さん、お弁当を食べましょう」

男「そうするか」

友「あれ?許婚さんさっきと感じ違くね?」

男「うん変えてもらった」

友「変えて・・・もらう・・・?」

許婚「男さん、あ~んですよ」

男「許婚、無理矢理俺の口に物を詰め込もうとするのは良くないと思うな」

幼馴染「男ちゃ~ん、一緒にお昼ご飯食べよ・・・う?」

男「よう幼馴染」

幼馴染「・・・誰?・・・その娘」

男「許婚らしい」

許婚「よろしくです」

幼馴染「うん、よろしく・・・・・・・・このクソアマ」

友(今ボソッとクソアマって言った・・・!?)



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 15:44:26.67 ID:/Kr5yyi+0
許婚「男さん、今日の夕食は何がいいですか?」

男「う~んと」

許婚「オムライスですねわかりました」

男「何でわかったんだ、すごいな」

許婚「男さんのことなら何でもわかりますよ」

男「何でもはさすがに言いすぎだろ」

許婚「エロ本は主にタンスの後ろに隠す」

男「何故それを・・・・」

許婚「なぜなら私はパーフェクトですから(ビッ」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 15:54:07.41 ID:/Kr5yyi+0
友「おい見ろよ男、あの女の子おっぱいでかいぞ!!」

男「何!?どこだ!?教えろ!!」

友「あそこだ!!」

男「おお!!アレは素晴らしいな・・・ごくり」

許婚「・・・ッ!!・・・ッ!!」

男「こら許婚、バレーボールなんか制服に入れたら制服破けるぞ」

許婚「私はパーフェクトでなければいけないのです!!止めないで下さい!!」

男「ほら、これから大きくなるかもしれないだろ!!」

許婚「・・・わかりました」
ぎゅっ
男「えっ何?なんで何で俺の手を掴むの?」

許婚「男さんが徐々に大きくしていくということで」

男「お前は廊下の真ん中で乳を揉めと申すか」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 15:58:59.75 ID:/Kr5yyi+0
幼馴染「うわぁ~男ちゃん美味しそうなお弁当だね~?買ったの?」

男「いや、許婚g

幼馴染「えへへすっごく不味そう!!」

男「いや、これがけっこうおいs

幼馴染「男ちゃんそっちの生ゴミよりこっち食べて?」

許婚「男さん、男さんの好きな唐揚げですよ」

男「だからなんでお前らは俺の口に無理矢理食べ物詰めry」

友「お前って羨ましいやつだよな」



 
34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 16:12:11.16 ID:/Kr5yyi+0
許婚「夜ですね、男さん」

男「そうだな許婚よ」

許婚「男さんはご飯より先にお風呂に入る派でしたね」

男「何で知ってるんだ・・・」

許婚「なぜなら私はパーフェクトだからです(ビッ」

男「はいはい」

許婚「お背中をお流ししましょう」

男「いや、恥ずかしいからいい」

許婚「じゃあ目隠ししてやりましょう」

男「上手く洗えんだろそれじゃ」

許婚「しかし、お風呂場プレイを楽しむというパーフェクトな計算が・・・」

男「いやいいから」

許婚「成る程、男さんは『初めてはベッド』派・・・と」

男「何をメモしてるんだお前は」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 16:21:07.43 ID:/Kr5yyi+0
男「ふわぁ~そろそろ眠くなってきたな」

許婚「もう寝ますか?」

男「ん、そうする」

許婚「今日は私のお膝で寝るというのはどうでしょう」

男「遠慮します」

許婚「・・・・(じっ」

男「・・・・・」

許婚「・・・・・(じっ」

男「・・・・わかりました」


男「・・・・・恥ずい」

許婚「ふふふ・・・なでなでしてあげますね」

男「いいよ眠れなくなる」

許婚「嘘つきですね、男さんは頭を撫でられるとすぐ眠ってしまいますよ」

男「・・・・・zzzz」

許婚「ふふふ・・・ほら、私はパーフェクトなんですから」




 
38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 16:28:13.42 ID:/Kr5yyi+0
幼馴染「男ちゃん、これあげる~」

男「おお、弁当か」

幼馴染「一生懸命作ったんだよ~」

男「ありがたいけど許婚の弁当があるから」

幼馴染「え?生ゴミがどうかした?」

許婚「ほう、パーフェクトな私の料理を生ゴミと言うのですか」

幼馴染「うん、特にこのだし巻き玉子なんかほんとゴミ♪」

許婚「言ってくれますね」

男「お前らなんか知らんが仲悪いな」

友「うんお前一回死ねばいいと思うよ」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 16:36:43.88 ID:/Kr5yyi+0
誰か他に書く人居ないかい

後輩(今日こそ男先輩に告白を・・・)

男「許婚のやつどこ行ったんだろ?」

後輩「(・・・・よし、今こそこの思いを伝えに!!)先輩!!」

許婚「せい!!」
びしっ
後輩「あう!!」

男「こ、後輩が許婚の一撃で気絶した・・・」

許婚「彼女が先程から男さんの様子を覗っていたのでてっきり刺客かと」

男「保健室に運ばないと」






許婚「取り残されてしまいました・・・・」

許婚「私のパーフェクトな護身術はあまり役に立たないようです」




 


 
47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 16:47:48.90 ID:/Kr5yyi+0
男「許婚、明日どうする?」

許婚「八時くらいに家を出ると丁度いい時間に着きますよ」

男「もう調べてあるのかすごいな」

許婚「なぜなら私はパーフェクトですから(ビッ」

幼馴染「二人とも何の話してるの?」

男「ん?いや明日休日だから天気がよければ二人で出かけようかと思ってな」

幼馴染「へぇ~そうなんだぁ~!!雨降ればいいのに♪」

許婚「男さん、私はピクニックというものが初めてなのでとても楽しみです」

男「そうか、俺も楽しみだな」

幼馴染「えへへ、もう台無しになればいいのに!!」



 
45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 16:41:15.67 ID:4NZ0y8VoO
もしもし

許婚はひんぬーってことでOK?

ガチャッ


 
50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 16:56:08.19 ID:/Kr5yyi+0
>>45
ご想像にお任せする

許婚「おはよう、お兄ちゃん」

男「いきなりどうしたんだ許婚よ」

許婚「もうっお兄ちゃん!!『妹』属性があるんなら言ってくれないとダメだよ!!」

男「何言ってるんですか?あと口調戻せ」

許婚「『週刊妹にゃんにゃん増刊号』という本が男さんの部屋にあったので」

男「ああ、それは友がくれたやつだよ」

許婚「そうですか、取り乱してしまってすいませんでした」

男「取り乱していたのか」

許婚「少し嫉妬していました」

男「お前可愛いやつだな」

許婚「私は嫉妬もパーフェクトなので」

男「顔真っ赤だぞ」


 



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 17:02:46.55 ID:/Kr5yyi+0


後輩(この間はダメだったけど・・・今日こそ男先輩にこの思いを!!)

男「おーい許婚~どこ行っちゃったんだ~」

後輩「・・・・せ、先輩!!」
つるっ
後輩「すき・・・みゃ!!」

男「こ、後輩!!大丈夫か!?」

後輩「う~ん・・・」

男「気絶してる」

友「ん?何だこれ?」

男「濡れぞうきんだ・・・これに滑ったのか」

友「一体誰が・・・」

幼馴染「えへへ、ほんと誰だろうね♪」



 
53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 17:07:32.09 ID:/Kr5yyi+0
許婚「待ちに待ったピクニックです」

男「・・・やけに荷物多くないか?」

許婚「いえ、これぐらいは必要です」

男「何もって来たんだお前は」

許婚「AEDや救急器具、その他携帯食料まであらゆる危険に備えてあります」

男「やりすぎだろ・・・AEDって」

許婚「このパーフェクトなサバイバル装備、必ず役に立ちます」

男「お前は近所の自然公園で遭難しに来たんか」




 

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 17:22:21.93 ID:/Kr5yyi+0
丁度その頃
幼馴染「うわぁ~あのクソアマ大きい荷物持ってる~・・・潰れて死ね!!」

友「なぁなんで俺たちこんなところ来てるんだ?」

幼馴染「ふふふ監視だよ♪このド低能が」

後輩「男先輩・・・隣にいる人は誰なんですか・・・」

幼馴染「よーし!!みんなで男ちゃんをあのアマから護ろー!!」

友「いやあの二人なんかいい感じだし・・・」

幼馴染「うるせぇ黙れモブ」



 
60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 17:27:41.60 ID:/Kr5yyi+0
許婚「天気が良くて安心しました」

男「そうだな」

許婚「このあたりにシートを敷きましょう」

男「ナイスポジショニングだ許婚」

許婚「もちろん最初からこのパーフェクトなポジショニングを予定していましたから」

男「流石だ兄者」

許婚「?」

男「あ、いやなんでもないです・・・」



 
64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 17:34:00.04 ID:/Kr5yyi+0
幼馴染「じゃあ作戦会議ね」

後輩「は、はい・・・」

友「いや、だから可哀相なんじゃ・・・」

幼馴染「じゃあそこのモブが変装してあのクソアマをぶっ倒すということで」

友「えっ俺!?」

幼馴染「珠には役に立てよモブ♪」




 
67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 17:45:36.36 ID:/Kr5yyi+0
許婚「そろそろお弁当を食べましょう」

男「それもそうだな」

変装友「おいゴルァ!!」

男「友、どうしたんだこんなところで」

変装友「うるせぇぞコルァ!!やンのかコルァ!!」

許婚「男さんに触れるつもりならパーフェクトな必殺技を披露して差し上げましょう」
みぢみぢ
変装友「ひぎぃいいいいいいい!!」

男「ああっ!!友が形容しがたいオブジェに変えられていく!!」




幼馴染「やっぱ使えねぇわあのモブ」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 18:08:43.97 ID:/Kr5yyi+0
仔猫「みゃあ」

許婚「男さん、捨てにゃんこがこちらを見てきます」

男「ん?ほんとだ、可哀相だな」

許婚「捨てにゃんこはこのままでは死んでしまうかもしれません、早く救出しなくては!!」

男「ああ、飼いたいのか?」

許婚「いえ救出しなければなりません!!これは義務です!!」

男「飼いたいならそう言えばいいのに」

許婚「私のパーフェクトな飼育術で必ずやパーフェクトな大人にゃんこにしてみせます」

男「はいはいわかったよ」

許婚「よしよしにゃんこ、今日から私がお前の主人ですよ」

 

 
81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 18:27:47.44 ID:/Kr5yyi+0
許婚「にゃんこ、今日は一緒に寝ましょうね」

仔猫「みゃん」

男「・・・・・」

許婚「ふふふ~なでなで」

仔猫「みゃ~ん」

男「・・・・・」

許婚「可愛いです(すりすり」

男「・・・・」

許婚「どうしたんですか男さん?」

男「別に・・・」

許婚「?」

男(畜生!!猫めぇ~!!)



 
98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 19:16:18.58 ID:/Kr5yyi+0
許婚「にゃんこったらお膝で寝てしまいました」

男「・・・そうかよ」

許婚「男さん、機嫌悪いんですか?」

男「べ、別に」

許婚「ふふふ・・・仕方ないですね」

男「こら、頭を撫でるな」

許婚「男さんは甘えんぼの淋しがりやさんです」

男「決め付けるな」

許婚「私のパーフェクトな撫で撫でで今日はお眠りになるといいです」

男「・・・ふん」

許婚「本当にやきもち焼きの旦那さまですね」

男「・・・・zzz」

許婚「私は完璧な許婚ですから安心しておやすみください」





 
110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 19:47:28.84 ID:/Kr5yyi+0
許婚「男さん、今日はカレーが食べたいんですか?」

男「言うまえに先読みされていたとは」

許婚「なぜなら私はパーフェクトな幼馴染ですから(ビッ」

男「それ久し振りに出たな」

仔猫「みゃん」

許婚「仔猫は猫缶ですか」

男「猫語がわかるのかお前は」

許婚「なぜなら私はry」

男「もういいから」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[haruhi.sos.group@xrh]投稿日:2009/05/05(火) 20:12:51.05 ID:G1Xcl8K70
>>110
>許婚「なぜなら私はパーフェクトな幼馴染ですから(ビッ」
!!!!!!????




 
113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[age]投稿日:2009/05/05(火) 19:53:04.46 ID:/Kr5yyi+0

友「それにしてもお前は羨ましいよな」

男「そうか?」

友「羨ましいだろ!!お前俺の立場だったら絶対羨ましいって言われるからな!!」

男「まあたしかに許婚も家に馴染んでるし毎日楽しいかな」

友「ははっお前なんで生きてんの?」

それでは皆さん今日はこれにて
  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/




49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/05(火) 16:54:22.34 ID:S2W2NTMtO
親父「帰ったぞゴラァ」

 

男「うわ酒クサッ!酔いすぎだろジジィ!!」

 

親父「今日店でなぁ、お前の許嫁作ってきてやったぞ!!うぃ」

男「はぁ?まだ夢気分かこの野郎
    そもそも俺が生まれる前とかじゃないと駄目なんじゃねぇのかそれ?たくっしょうがねぇジジィだn」
 

ガラガラピシャーン!!

 

許嫁「そんなことはないぞ!!」

男「!?」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/05(火) 17:10:58.31 ID:S2W2NTMtO
許嫁「お前が男か」


男「はぃ!!?」


 
許嫁「この度許嫁になりました許嫁と申します。どうぞよろしく」

親父「すげぇ可愛くね?やばくね?見た瞬間スピリチュアル(笑)がかけめくったぜ」


男「ジジィ!!てめぇナンパ気分で許嫁作ってんじゃねぇよ。  可愛いけどさぁ可愛かったら許嫁にす 
んの?馬鹿なの?死ぬの?」


 
許嫁「私は可愛いだけでないぞ!!」

 
男(うわぁ自信満々過ぎだろ……常識的考えて)

 

許嫁「掃除洗濯家事手伝い、必要とあらば戦闘までどーんと来いの完璧な許嫁だ!!」

男「最後いらねぇよ!!」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/05/05(火) 17:19:10.28 ID:S2W2NTMtO
親父「いまどき戦闘までこなせる嫁なんかなかなかいねぇぞ!そこが一番評価した所ですよ。えぇ」

 
男「なに?これから戦いに巻き込まれるの?俺死ぬの?」

 
許嫁「ちなみに私のCVは桑島です」

男「あ、あなたも死ぬんですね。わかります。」


 


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/05/05(火) 17:34:58.50 ID:S2W2NTMtO


許嫁「しかし驚きました。まさか相手が男性だったとは」

男「は?………ん?どういうこと?」

親父「あれ?言ってなかったっけ?」

許嫁「えぇ。私のスキルはニート嫁用でしたけど大丈夫です。なんといっても私は完璧な許嫁ですから!!」

男「話が見えないんですが」

親父「彼はメンズです」

男「えぇ!!!?」

親父「あれ?言ってなかったっけ?」

男「言ってねぇよ!なんで息子の許嫁に男連れてくんの!?そんなに戦闘が高評価だったんかいゴラァ」

親父「はい」

男「むかつくわぁめっちゃムカつくわこいつ。そもそも戦闘できる『嫁』じゃねぇじゃねぇか」

許嫁「安心しろ。私は女装にも耐えて嫁として戦闘してやろう。既に着替えは済ませた!!なんせ私は完璧な許嫁だからな!!!!!!!!」

男「ノリノリじゃねぇかぁ!!!!!!」


終わり




 
関連記事
[ 2012/01/28 17:07 ] 新ジャンル系SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/105-21635fef

プロフィール

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ