FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「許嫁、よろしく」 許嫁「…ふんっ」2/3

男「許嫁、よろしく」 許嫁「…ふんっ」


男「許嫁、よろしく」 許嫁「…ふんっ」




137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 20:02:04.64 ID:nMGndWC+0
友3「よっ、許嫁」

許嫁「友3君…」

友3「待ちくたびれたぞ。一緒に食う約束だったじゃん」

友1「ん、そうなの?」

許嫁「そうでした…あ、あの悪いですけど…」

友3「行こうぜ、許嫁」

許嫁「あ、待ってください!」

友2「ほえー、やっぱあの2人が一緒にいると様になるねー」

友1「美男美女、いいねー。やっぱり付き合ってるとしたら友3君だね」

友2「うんうん」

男「………」



 
140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 20:03:53.50 ID:nMGndWC+0
友3「…もういいかな」

許嫁「はい、ありがとうございます」

友3「気にすんなって。またこういうことで困ったことあったらいつでも呼べよな。それじゃ」

許嫁「はいっ!」

男「……あの」

許嫁「…なんですか?」

男(温度差はげし…)

男「いや、あいつとは一緒に食わないのかなって」

許嫁「別にどうだっていいじゃないですか。あなたには関係ありません」

男「……」




 


元スレ
男「許嫁、よろしく」 許嫁「…ふんっ」








144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 20:06:14.60 ID:nMGndWC+0
男「なあ、やっぱり俺なんかと結婚なんて、嫌だよな…」

許嫁「はい、嫌です」

男「うう、きっぱり…」

許嫁「今更なんでそんなこと聞くんですか」

男「いや、それなら二人で頭下げて結婚なんてなかったことにしようと思ってさ…」

許嫁「そ、それはだめです!」

男「なんで…?」

許嫁「なぜって…これは私だけの問題じゃないですから…」

許嫁「仲の悪かったお互いの家がやっと寄りそろうとして…



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 20:08:04.57 ID:nMGndWC+0
男「そんなの大人たちの都合じゃん…」

許嫁「いいんです」

男「よくないよ!それじゃ許嫁が…」

許嫁「だからいいんです!これを逃したら私たちの子孫はまた喧嘩しちゃうかもなんですよ?」

男「言ってることがめちゃくちゃだよ…」

許嫁「……あの…何か気を悪くさせてしまいましたか…?それなら謝ります…」

男「いや、そんなんじゃないんだ…俺食べおわったからいくよ…」

許嫁「……」



 
164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 20:18:26.25 ID:nMGndWC+0
男「はあぁ…許嫁があんなこと考えてたなんて…」

男「なんか知らないけど結婚できたラッキー、くらいにしか考えてなかった俺が恥ずかしいよ…」

男「それにしてもどうすればいいんだろう…結婚したくないけど破局したくない許嫁…」

男「…許嫁はほんとは誰が好きなんだろう。やっぱりあの友3って奴かな…」

男「…それなら……」

男「っと、もう昼休み終わりか。早く戻らないと…」

男(明日…)



 
169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 20:20:34.46 ID:nMGndWC+0
許嫁「どうしたんですか?今日は妙に静かですね」

男「そ、そうかな…?いつもこんなんだと思ってるけど…」

許嫁「もしかしてまだ怒ってるんですか…?」

男「怒ってる…?」

許嫁「あ、いや…なんでもないです…おやすみなさい」

男「うん、おやすみ…」

男「………」



 
171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 20:22:55.97 ID:nMGndWC+0
許嫁「ねえ、まだ起きてます…?」

男「うん…?」

許嫁「そうですか。もしかして眠れないんじゃないんですか?」

男「え?そんなことは…」

許嫁「そろそろ元気が戻ってきた頃なんじゃないですか?」

男「元気ってなんの………っ!!」

男(あ、ああ…考えないようにしてたのに…っ)

許嫁「お部屋、臭くしてもいいですよ。我慢しますから…」

男「っ…俺が我慢するよ……」

許嫁「そうですか。また爆発したりしませんか?」

男「しない…大丈夫だから…っ」

許嫁「わかりました。どうしてもダメだと思ったら、私が横で寝ててもしていいですからね」

男「っ………」むらむらむら

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 20:27:27.34 ID:nMGndWC+0
男(許嫁がどんなに甘い言葉をかけてきても、それは家のことを考えた発言で…)

男(許嫁の本心じゃないから…)

男(俺の気持ちで勝手なことをせず、コントロールしないと…)

男(…許嫁はもう寝たのかな…っ!?)ちらっ

男「い、許嫁っ!なんで全裸なんだよ!!」

許嫁「あなただってなにも着てないじゃないですか」

男「あれ…なんで…いつの間に……」

許嫁「ねえ」

男「な、なに…?」

許嫁「抱きしめてもらっていいですか?」



 
194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 20:36:21.87 ID:nMGndWC+0
男「こ、こうか…?」ぎゅっ

許嫁「んっ…そうです…」

男(おいおい、なんでベッドの上で裸で抱き合ってるんだよ俺…!)

許嫁「んーっ」すりすり

男「か、顏、すりつけつなよ…っ」

許嫁「男くん…」

男(は、初めて名前で呼ばれた…!?う、うわ…なんか…)

男(こみあげてくるものが……っ!?)ぎゅっ

男(や、やばい、興奮しすぎて、出そうっ!!)

男(うぁっ…あっ…ああっ……)ぎゅうぅっ


男「あっ!!!」



 

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 20:39:41.66 ID:nMGndWC+0
男「はぁっ…はぁっ…」

許嫁「やっと起きましたか?」

男「へ?」

許嫁「抱きしめすぎです。苦しいです」

男「あ、ごめん…」ゆるゆる

許嫁「だいたいなんですかいきなり。寝ぼけて抱きしめてくることなんてあるんですか?」

男「寝ぼけてって…あれ?そういえば服着てる…」

許嫁「やっぱりエッチな夢見てたんですか。しかも私の名前を呼んで」

男「それはっ……」

許嫁「それに…その…下の方、起きる直前にすごいビクついてましたけど……」カァァ

男「えっ?あっ…」


202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 20:42:23.86 ID:nMGndWC+0
男「夢精、してるかも…」

許嫁「やっぱりですか。だから爆発する前にしてくださいって言ったのに」

男「…あ、洗わないと…許嫁、どいてくれる…?」

許嫁「あなたが腕をほどいてくれないと上からどけません」

男「あ、ごめん…」

許嫁「全く、知らぬうちから女体を求める変態なんでしょうか…」

男「……」

許嫁「ふぅ。よいしょっと」ねちょっ

許嫁「えっ……?」



 
227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 20:50:54.22 ID:nMGndWC+0
許嫁「最悪です!私のパジャマのズボンまで汚してくれるなんて…」ごしごし

男「ごめん…ほんとごめん…」ごしごし

許嫁「はぁ…これ落ちるんでしょうか」

男「そ、それより…俺は風呂、許嫁は洗面所で洗えばいいじゃん…なんで二人とも風呂で…」

許嫁「洗面所はお湯が出ないんです!冷たいのなんてごめんですから」

男「でも、俺全裸だし…」

許嫁「知りません。見てもなんとも思わないので気にしないでください」

男(許嫁も…パンツ丸出しだし……)



232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 20:52:28.43 ID:nMGndWC+0
男「よいしょっと」ジャーー

許嫁「きゃっ!?そっちはシャワーの蛇口です!」

男「ご、ごめん!」

許嫁「はぁ…最悪です…ビショビショじゃないですか…」

男「ああ…すぐ脱がないと風邪を…」

許嫁の母「あら、誰かお風呂入ってるの?」

許嫁&男「っ!!!」



 
251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 21:01:39.75 ID:nMGndWC+0
男「あ、はい…」

許嫁の母「あら、男君ね」

男「い、今帰りですか?」

許嫁の母「そうよー、もう疲れたわ。化粧落とさなきゃいけないからしばらくここにいるわね」

男(ど、どうしよう…)

許嫁(出るに出れませんね…くしゅん!)

許嫁の母「あら、男君ずいぶんかわいいくしゃみをするのね」

男「あ、あははは…」

許嫁「……」ぶるぶる



 
261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 21:08:29.77 ID:nMGndWC+0
男(許嫁が、風邪引いちゃう…)

許嫁「っ……」ぬぎっ

男「え、ちょ、ちょっと!」

許嫁「私もお風呂入ります…足ら辺にあなたの汚いのがへばりついてましたし」

男「で、でも…」

許嫁「やむをえません」ぬぎぬぎ

男「っ……」



265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 21:11:31.95 ID:nMGndWC+0
男「………」

許嫁「………」

男(どうすればいいんだろう…この状況…)

許嫁「あの…」

男「ひゃ、ひゃい!?」

許嫁「体…洗ってあげましょうか?」

男「えっ、ええっ!?いや、でも…」

許嫁「どうするんですか?」

男「洗ってください…」



268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 21:14:37.40 ID:nMGndWC+0
許嫁「じゃ、じゃあ…」しゃかしゃか

男「ちょっ、ちょっと!前洗うのはいいよ!」

許嫁「そんなこと言われましても、汚れちゃったのは主に前の方じゃないですか」

男「そうだけど…」

男(お互い向かい合わせになっちゃうから、そうしたら許嫁の裸が…っ)

許嫁「とにかく、洗いますから」ごしごし

男「あっ…」



 
274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 21:16:16.72 ID:nMGndWC+0
男「うっ……くっ……ふぁっ……」

許嫁「変な声出さないでください」

男「だって…くすぐったくて…」

許嫁「洗ってるだけじゃないですか。肌が敏感なんですね」

男「び、びんかん!?」

許嫁の母「どうしたの男君?」

男「あ、いや、なんでもないです!」

許嫁「…なに反応してるんですか。お母さんまだいるんですから静かにしてください」

男「ごめん…」



 
276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 21:18:12.13 ID:nMGndWC+0
許嫁「あなた、またここがパンパンになってますけど」

男「こ、これは…」

許嫁「女の子の裸が見れてそんなに嬉しいんですか?」

男「そりゃ…そうだけど…」

許嫁「すごくつらそうですよ?きつかったらしてもいいですから」

男「えっ!?」

許嫁「私の裸を見ながら、私のことを思いながらしてもいいって言ってるんです」

男「そ、そんなこと言われたら…っ」

許嫁「遠慮しなくてもいいですよ」

男「っ……遠慮しとく…」

許嫁「そうですか」



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 21:22:16.35 ID:nMGndWC+0
許嫁「じゃあ最後、ここも洗いますね」

男「う、うわっ…許嫁…っ」

許嫁「洗ってあげてるだけなんですから。気持ちよくならないでくださいね」にゅるにゅる

男「そ、そんな…あっ…」

許嫁「毛に絡まってる白いのがなかなか取れませんね…」ごしごしごしごし

男「あっ!許嫁っ、やめっ…!」

許嫁「あ、取れたみたいです」ぴとっ

男「っ……」ビクッビクッ

許嫁「…すごい跳ねてますけど。あれほど言ったのに気持ちよくなっちゃったんですか?」

男「ごめん…でも…」

許嫁「はいはいもうおしまいですよ。私も体を洗いたいですし」



 
288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 21:27:45.57 ID:nMGndWC+0
許嫁「全く、寝ながら女の子にひっかけるなんて最低ですよ」

男「本当にごめんなさい…」

許嫁「あなたの汚いのがカピカピになってついて気持ち悪いです。ほら、見てくださいよ。足の付け根の所」

男「あ、足の付け根…!?」

許嫁「ほら、ここですよ、ここ」

男(い、許嫁の大事な所を、自分から見せてきて…)

男(いや、あくまで足の付け根の精液を見せてるだけだよな…でもなんでわざわざそんなこと…っ)



 
294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 21:31:04.03 ID:nMGndWC+0
許嫁「ねえ、ちょっと」

男(許嫁の…すごい綺麗なピンク色だな…)

男(形も綺麗だし、毛も薄いくてエロいし…)

許嫁「話聞いてます?」

男(なんか…俺…)

許嫁「おーい」

男(許嫁とセックスしたい…っ)

許嫁「いつまで見てるんですか?目がギラギラしてて怖いです」

男(セックスしたいセックスしたいセックスしたい…)

許嫁「それに、違う所見てましたよね?」パッ

男「許嫁っ、許嫁っ!」ガバッ

許嫁「きゃっ!?」



 
302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 21:36:51.68 ID:nMGndWC+0
許嫁「ちょっと、そんなに強く押さえつけないでくださいっ…」

男「ハァハァハァハァ」

許嫁「も、もう…っ」

男「許嫁、いいよね?いいよね?」

許嫁「っ……」

許嫁の母「男君、なんかすごい音したけど大丈夫!?」

許嫁&男「!!!」

許嫁の母「男君?」

男「あ、はい、大丈夫です…」



305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 21:39:23.53 ID:nMGndWC+0
男「………」

許嫁「………」

男「その…ごめん…襲う様な真似なんかしちゃって」

許嫁「いいです、からかったのは私ですから…」

男(なにやってるんだ俺はぁ…)

許嫁「湯船、入りましょうか」

男「う、うん…」



 
310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 21:44:06.16 ID:nMGndWC+0
男「……」

許嫁「……」

男「あの…」

許嫁「なんですか?」

男「いや、なんでもない…」

男(許嫁は気になんないのかな…俺の『一点』の上に許嫁の『一点』が乗っかってるの…)

男(わ、わざとなのかな…でもそんなわけ…)

許嫁「また顔が怖くなってきてますよ?」

男「そ、そうかな…ははっ…っ!」びくっ

男(まただ…こうやってたまに、許嫁の柔らかい大事な所を突き上げたくなっちゃう…っ)

男「っ……」もぞっ

許嫁「……」



 
313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 21:47:45.92 ID:nMGndWC+0
ガッチャン

許嫁「お母さん、行ったみたいですね」

男「そうだね…」

許嫁「もう大きな声だしてもちょっとくらいなら大丈夫ですよ?」

男「へ、変なことなんてしないよ!」

許嫁「誰もそんなこと言ってませんが」

男「あ…」

許嫁「全く…呆れます…」

男「……」もぞっ

許嫁「……」



 
317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 21:51:19.12 ID:nMGndWC+0
男「っ……」もぞっ

許嫁「どうしましたか?さっきから顔色が変ですよ?」

男「その…だって…」

許嫁「言いたいことがあるならはっきり言ってください」

男「い、許嫁が…」

許嫁「私が?」

男「許嫁が、柔らかいんだよぉ…」

許嫁「またそんなことばっかり考えて。ほんとどうしようもないですね」

男「だって仕方ないだろ…っ」

男「というか…っ…もうやばい…っ!!」



 
321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 21:53:01.31 ID:nMGndWC+0
男「どいてっ…許嫁っ!」

許嫁「きゃっ!?」

男「はぁっ、はぁっ、はぁっ!!」シコシコシコシコシコ

男「あっ…あぅっ!あぁっ!!」ビュウッビュッ

男「止まんなっ…あああっ!!」ビュッビュッビュッ

許嫁「っ……!」

男「うっ…ふぅ、ふぅ…」



 
327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 21:57:36.26 ID:nMGndWC+0
許嫁「これはまた、ずいぶん濃いのがたくさんでましたね」

男「ごめん…」

許嫁「浴槽の中にぶちまけてたらグーで殴ってました。偉いですよ」

男「っ…」

男「俺、許嫁に変なことしないって言ったのに、二度も三度も四度も…」

許嫁「そういえばそうでしたね」

男「ごめん、俺風呂から出る…」

許嫁「あ、ちょ、ちょっと、待ってくださいよ!」

許嫁「…後始末くらいちゃんとしてってくださいよ」ジャーー



 
379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 22:32:51.24 ID:nMGndWC+0
許嫁「ふあぁ…寝ますかね…」ガチャン

許嫁「…なにやってるんですか?」

男「なにって…寝てるんじゃん…」

許嫁「床の上でですか」

男「……」

許嫁「なに卑屈になってるんですか。わけわからないです」

男「いいじゃん、ほっとけよ…」

許嫁「風邪惹かれたら困るんです。私にもうつりますからね」

男「……」


380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 22:34:47.37 ID:nMGndWC+0
許嫁「まだ変な気持ちなんですか?」

男「だいぶ落ち着いたけど…」

許嫁「ならいいじゃないですか。いつもみたいに一緒に寝ても」

男「でも…」

許嫁「いい加減にしないと怒りますよ?」

男「わかったよ…」

許嫁「……」



 
385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 22:38:08.59 ID:nMGndWC+0
許嫁「あなた、何か一人で抱え込んでますよね?」

男「許嫁に言われたくない」

許嫁「話してくれないってことですか」

男「……」

許嫁「あー、もういいです。うざったいですから」

男「うん…」

許嫁「もう4時です。いい加減寝ないと明日きついですね」

男「そうだね、ごめん」

許嫁「はいはい、おやすみなさい」




 
403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 22:48:07.44 ID:nMGndWC+0
男「はぁ、気合入れないと…」

友3「おーいたいた。話ってなに?」

男「あ、ども…許嫁は?」

友3「珍しく教室で寝てるよ。相当眠いみたいだ」

男「そうですか、それじゃあ本題入りますね」

友3「なんだよ、怖いなぁ」

男「あなた、許嫁のことが好きなんですか?」



 
412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 22:54:07.99 ID:nMGndWC+0
友3「なんだよ、いきなり」

男「真剣な話なんです」

友3「それを知ってどうするんだよ?」

男「…許嫁のことを任せたいんです」

友3「…おいおい、冗談言ってんじゃねえよ」

男「冗談なんかじゃありません!」

友3「許嫁から聞いてるぞ、お前ら許婚同士なんだろ?駄目に決まってるだろ」

男「それでもどうしても許嫁が欲しいのなら、いっそ奪ってください」

友3「意味わかんねえよ…」



421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 23:01:09.98 ID:nMGndWC+0
男「許嫁もあなたのことを慕ってるように見えました」

友3「そりゃあ、付き合い長いからな」

男「だったら…」

友3「…いいの?本当に落としちゃって」

男「っ…お願いします」

友3「へへっ、正気じゃねえよお前」

男「……」

男(これで許嫁はひとまず家のしがらみから解放される…これでいいんだ…)



 
431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 23:06:47.19 ID:nMGndWC+0
友3「よっ、許嫁」

許嫁「なんですか、友3君。あの人を待たせてるんですけど…」

友3「ああ、あいつには帰ってもらった」

許嫁「…どういうことですか?」

友3「実は俺、許嫁に話があるんだ。ま、そこのベンチに座ってでも…」

許嫁「…?」



 
437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 23:10:38.30 ID:nMGndWC+0
友3「俺たち、友達になってからずいぶん長くなるな」

許嫁「そうですね。小学校以来の幼馴染ですから」

友3「いろんな思い出があったよな」

許嫁「そうですねー」

友3「……」なでっ

許嫁「っ!なんですか、急に肩撫でて…」

友3「なんだよ、これくらい今更…」

許嫁「で、でも…」

友3「ふふっ…」なでなで


男(気になって見にきちゃったけど…)

男「………………」



 
456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 23:16:42.23 ID:nMGndWC+0
許嫁「っ……」

友3「なあ、許嫁」

許嫁「はい」

友3「…………」

男(なんだ?耳打ちしてて聞こえない…)

友3「………」

許嫁「…………っ!」カァァ

男(許嫁の顔が赤く…)

男(も、もう見てらんね…っ)ダッ



 
466 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 23:22:19.14 ID:nMGndWC+0
許嫁「…今日は多分、あの人は家にこないと思います」

友3「なんでわかるの?」

許嫁「なんとなくそんな気がするんです」

友3「そっか。それじゃ…」

許嫁「はい…」


男「………」ぼーーっ

男「今何時だ…?」

男「何時間こうして無心でほっつき歩いてたんだろ…」

男「そろそろ帰るか…久しぶりに…我が家に……」



 
496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 23:28:43.75 ID:nMGndWC+0
男「あれ、父さんも母さんもいないのか…?」

男「ああ、そういえばしばらく忙しいって言ってたな…」

男「ま、ちょうどいいか…誰とも顔合わせたくないし」

ガチャガチャ

男「たっだいまー♪」

男「さー晩御飯はなに食べよっかなー♪」

男「ってなにもねーし!ギャハハハハ」

男「ハハ…」

男「……」



 
515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 23:33:40.20 ID:nMGndWC+0
友3「ハッハッ、そろそろいくっ…」

友3「うっ…あっ…」ビュッビュッ


男「久しぶりにAVでも見よっかなー」

男「誰にも邪魔されない自由な時間だ!」

男「なににしよっかなー♪女子高生ものかな♪言葉がきつい女の子モノかな♪」

男「………」


友3「なんだよもう一回?いいよ」

友3「ハッハッハッハッ…」



 
577 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 23:41:13.02 ID:nMGndWC+0
AV嬢「あっ!あっ!あっ!」パンパン

男「おおっ…」

AV嬢「あんっ、はぁ、はぁ…」

男「いいな…」シコ

AV嬢「ほんと変態です…最悪っ…あっ…あっ…」

男「…なんか口癖が許嫁に似てるな…」

男「……」



 
586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/05/01(日) 23:46:05.68 ID:nMGndWC+0
男「……」ぼーっ

AV嬢「あっ、だめですっ…あっ…」

男「……」

AV嬢「だめぇ!クリちゃんだめぇ!」

男「………」

AV嬢「イクッ!イグウウゥ!!」

男「………」

AV嬢「アアアアッ!!」

男「……………」


「言っちゃ失礼ですけど、かなり不気味な光景ですよ」ぎゅうっ


関連記事
[ 2012/01/28 16:39 ] 従姉・従妹・許嫁SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yajirusiss.blog.fc2.com/tb.php/103-7b999fbb

プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ