FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「はい」 メリーさん「あっ、やった!繋がった!」


男「はい」 メリーさん「あっ、やった!繋がった!」



1 名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]投稿日:2012/02/16(木) 23:59:59 ID:p8uj30DI
男「どちら様ですか?(セールスの電話か?)」

メリーさん「えっと、おほん・・・・私、メリーさん。今、京都にいるの。」

男「は?そ、それがどうしたんですか?」

ツーツーツーツー・・・・

男「俺の家、池袋なんだけどなぁ・・・・京都に来いってことか?」

男「どちらにしろ、わけの分からん迷惑電話だったな。」




元スレ
男「はい」 メリーさん「あっ、やった!繋がった!」
[ 2012/11/25 21:16 ] 魔物・妖怪系SS | TB(0) | CM(1)

男「人は死ぬとどうなるのか」


 

男「人は死ぬとどうなるのか」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/25(日) 20:21:03.64 ID:VekLNt2e0
猫「私はずっと君を見てきた」

男「そうだな、お前を拾ってもう15年だ」

猫「最初はお前がメシアに見えた」

男「最初はほんの好奇心だった」

猫「次にお前を好きになった」

男「お前といるのが楽しくなった」

猫「だけど、君には絶望させられた」

男「俺は最初から屑だったさ」



元スレ
男「人は死ぬとどうなるのか」
[ 2012/11/25 21:13 ] 男「」or女「」 | TB(0) | CM(0)

魔女「今日の分の精液はどうした?」少年弟子「ま、まだです…」



魔女「今日の分の精液はどうした?」少年弟子「ま、まだです…」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/25(日) 14:22:52.34 ID:NeCCYxLp0
魔女「一日一回精液を提供する、そういう条件で弟子にしてやったのを忘れたのか?」

弟子「忘れたわけじゃありませんけど…そう毎日…だ、出せません…」

魔女「ふむ、そんなハズはないな」

弟子「えっ?」

魔女「お前に毎日取りにいかせてる食材は、精力を増強させる作用のある食材ばかりだからな」

弟子「そ、そうだったんですか!?」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/25(日) 14:23:16.69 ID:pPP0OSVE0
こ、これは!!!


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/25(日) 14:23:32.61 ID:kcIqPti60
はよ!!はよ!!


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/25(日) 14:23:40.54 ID:Ej+F7cHf0
続けて、どうぞ



元スレ
魔女「今日の分の精液はどうした?」少年弟子「ま、まだです…」
[ 2012/11/25 21:10 ] ファンタジー系SS | TB(0) | CM(0)

少女「ヤクザさんに売り飛ばされちゃう……」


少女「ヤクザさんに売り飛ばされちゃう……」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/24(土) 21:58:53.70 ID:i41K1ap40
少女「嫌だよぉママぁぁ」

母親「黙れ、お前を養うのにどんだけ金かかったと思ってんだよ!!」

少女「嫌あぁ」グスン

母親「いいから付いてきな!ほら行くよ!!」

少女「うわーん、助けてえぇぇ……」



元スレ
少女「ヤクザさんに売り飛ばされちゃう……」
[ 2012/11/25 20:50 ] 少女「」 | TB(0) | CM(0)

女王「勇者、死んでしまうとは何事です」


女王「勇者、死んでしまうとは何事です」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/04/16(月) 11:46:41.03 ID:yyuN2VVn0
女王「伝説の勇者の血を引く者よ」

女王「今人類は魔王の復活によって再び危機に陥っています」

女王「魔王を倒すために多くの人々が旅に向かいましたが、未だ魔王城にたどり着いたものはいません」

女王「勇者の血を引き継いだ貴方だけが希望です」

女王「魔王を倒し、再び人間の世の平和を取り戻してください」

勇者「……」ポカーン

勇者(女王さま凄く綺麗だ)ポカーン



元スレ
女王「勇者、死んでしまうとは何事です」
[ 2012/11/24 23:09 ] 勇者「」or魔王「」 | TB(0) | CM(1)

女「人間やめたったwwwww」2 1/2


女「人間やめたったwwwww」2



1 名前:1です。 ◆CIZA6sfEUc:2012/07/12(木) 22:45:13.00 ID:Wldddmhk0
女「人間やめたったwwwww」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1315827619/
女「人間やめたったwwwww」1/10

の続きです。

オリジナルでキャラに名前あります。
あと、あっさりですがたまにエロス。注意してください。

SSWiki :
http://ss.vip2ch.com/jmp/1342100712





元スレ
女「人間やめたったwwwww」2
SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServise掲示板
前スレ
女「人間やめたったwwwww」
女「人間やめたったwwwww」1/10
[ 2012/11/24 22:47 ] 人外系,生き物系SS | TB(0) | CM(0)

女「人間やめたったwwwww」2 2/2


女「人間やめたったwwwww」2



97 名前:1です。 ◆CIZA6sfEUc:2012/09/12(水) 23:59:14.22 ID:Wc3NlmMIo
101

――――――――――

交通機関なんか使っていられない。
僕は走る。体が軽い。

何人かが、ぎょっとした顔で僕を見たけど気にしない。
道なりになんか走っていられない。

方角は覚えている。
僕は確信をもって走る。
オフィスビルの立ち並ぶ市内中心部から住宅街へ抜けた。

僕は塀に飛び乗り、屋根に飛び移り、最短距離を行くことにした。
いつしか僕は、着地に手を使い、かかとをほとんど付けずに駆けるようになっていた。






元スレ
女「人間やめたったwwwww」2
SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServise掲示板
前スレ
女「人間やめたったwwwww」
女「人間やめたったwwwww」1/10
[ 2012/11/24 22:44 ] 人外系,生き物系SS | TB(0) | CM(0)

女「人間やめたったwwwww」1/10


女「人間やめたったwwwww」



1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋):2011/09/12(月) 20:40:19.40 ID:nbU0t01Go
「俺、未来から来たって言ったら、笑う?」は時をかける少女だったか。
見てないけど。
一瞬、黙りはするだろう。
直後、ご冗談を、と笑うと思う。
そこで初めて笑う。
ハハハ、こやつめ。

で、僕は今、笑われようとしている。
二学期の初日の朝。
教室は昨日の通り魔事件の話題で持ちきりだ。
そんな中、僕は夏休み最後の日に仕入れたネタを引っ提げて登校し、後ろの席の女友達に披露しようとしている。
体をねじって声をかけると、「はよーん」と
出来損ないの「おはよう」が返ってきた。



元スレ
女「人間やめたったwwwww」
SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServise掲示板
2スレ目
女「人間やめたったwwwww」2 1/2


[ 2012/11/24 22:30 ] 人外系,生き物系SS | TB(0) | CM(0)

女「人間やめたったwwwww」2/10


女「人間やめたったwwwww」



101 名前:1です。 ◆CIZA6sfEUc:2011/09/16(金) 20:53:28.42 ID:uiul4L25o
1
女「お勉強したったwwwww」

いろいろあって女友達・志乃(シノ)が半端なヴァンパイアになり、
その女友達を死の縁に追いやった通り魔の亡霊に復讐を果たし、

その場でいろいろとちゅっちゅされて、
ヴァンパイアになったかと思えば実はそれも中途半端で、
吸血しなくていい代わりに定期的に精液を欲するようになると知らされ、

僕・春海(ハルミ)は今、そのヴァンプと化した女友達に男性器を晒しています。

「いただきます」

少しまぶたを伏せながら、彼女は僕の性器に口をつけた。
期待のあまり、僕は閉じたまぶたの中で一瞬白目をむいた。



かぷ



「~~~~~~ッッ!!」

――まではいいが、彼女はそういった知識が乏しかった。
皆無と言ってもよかった。

「どしたの。鞭打くらったバキみたいなリアクションして」

下半身丸出しで悶絶する僕を、不思議そうに心配する彼女。
わかってる。悪意がないのはわかってる。
でもね、無知は時として牙を剥くの。



元スレ
女「人間やめたったwwwww」
SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServise掲示板
[ 2012/11/24 22:29 ] 人外系,生き物系SS | TB(0) | CM(0)

女「人間やめたったwwwww」3/10


女「人間やめたったwwwww」



215 名前:1です。 ◆CIZA6sfEUc:2011/10/02(日) 14:05:56.38 ID:TrsiDjjXo
女「解禁したったwwwww」



―――――月曜・朝・非常階段―――――

志乃はすっかり元気になった。
心なしか髪まで伸びた気がする。

気のせいじゃない。
金曜は肩にぎりぎり届くくらいだったのが、5センチは伸びている。
その伸びた髪もいやにつやつやしていて、彼女が動く度に反射光を波打たせるのだ。

「志乃っ、出る……!」

どくどくと精液が出るのに合わせて、志乃の喉が鳴る。
僕は壁にもたれて荒くなった呼吸を整える。
志乃は僕のおとなしくなった性器をしまいながら、僕の口に舌を入れる。

(平日の朝から何やってんだ俺は……)

志乃と舌を絡ませながら、陶酔感と後ろめたさが頭に満ちる。




元スレ
女「人間やめたったwwwww」
SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServise掲示板
[ 2012/11/24 22:25 ] 人外系,生き物系SS | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ