FC2ブログ

↑アローズ速報↓/SSまとめ

VIPなどのSSまとめInアロ速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

姫「姫ときどき女剣士、というわけね?」



姫「姫ときどき女剣士、というわけね?」



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2012/03/25(日) 19:28:40.92 ID:cDeOHUYJ0
隊長「とうとう追い詰めたぞ、観念しろ」

盗賊団ボス「ちくしょう……!」

隊長「お前らの仲間のほとんどは、俺たち王国警備隊が捕えた。
   もう逃げ場はない。痛い目にあいたくなきゃ、大人しく捕まることだ」

盗賊団ボス「ぐっ……!」

盗賊団ボス(この場さえなんとか逃げ切れば……!)チラッ

ボスは自分を囲む警備隊の面々を見渡した。

隊長、戦士、老剣士、新米剣士、そして──

盗賊団ボス(ん、一人だけ女がいるじゃねぇか! よし、こいつを人質に──)ダッ

女剣士「あら、私をご指名?」

隊長(残念……そいつはハズレだ)



元スレ
姫「姫ときどき女剣士、というわけね?」

隊長「男さぁーん! 部下が全員いなくなりました!」 2/2

FC2ブログ
隊長「男さぁーん! 部下が全員いなくなりました!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/09(日) 05:34:06.14 ID:boP9xf5g0

隊長「・・・朝です」

隊長「・・・タオルケットなんて被って寝てましたっけ」

隊長(・・・・・・ん?車の音がします。廃墟なのに、誰か来る人が・・・)

隊長「・・・! あの顔!」




 


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/09(日) 05:43:34.15 ID:boP9xf5g0

隊長「・・・みなさーん! おかえりなさい!」

「「「・・・・・・」」」

隊長「あっ、男さーん! ほら! やっぱり皆さん帰ってきてくれましたよ!」

隊長「何台も! 全員帰ってきてくれました! コレが信頼です! ほら!」

隊長「え? そんな顔しかめて叫ばなくても!! 車の音で聞こえないです!」

隊長「なんですか!? 聞こえない・・・聞こえないですよ!!」

隊長「おとこさっ、きゃっ。そんな仲間が帰ってきたからって急にハグなんて! え? まさか、そんな訳ないでしょう!」

隊長「きっと車の音で聞き間違えたんですね! 男さん! もう一回言ってください!」

隊長「・・・そんな言葉聞こえませんから!! 仲間として戻ってきてくれたにっ・・・決まってるでしょうっっ!! もう嫌です!! お次は誘拐ですか!? 勝手にしてください!!」



元スレ
隊長「男さぁーん! 部下が全員いなくなりました!」

隊長「男さぁーん! 部下が全員いなくなりました!」 1/2

FC2ブログ
隊長「男さぁーん! 部下が全員いなくなりました!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2011/01/09(日) 03:00:36.07 ID:boP9xf5g0

隊長「年末帰省したきりみんな帰ってこないんですけどー・・・」


隊長「あっ、年末の大雪で帰って来れないんでしょうか?!」

隊長「軍資金ですか? いきなりどうしました? あ、今日は二人ですし焼肉でも行きませんか! 大丈夫! 精を付けるのも仕事ですよ!」

隊長「ほらー、金庫の中に札束の山が・・・・・・あれ?」

隊長「・・・ひょっとして男さん、先に一人で焼肉食べにいっちゃいました?」


元スレ
隊長「男さぁーん! 部下が全員いなくなりました!」

姫「お願い……助けてぇっ……!」2/2




姫「お願い……助けてぇっ……!」




73 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/22(日) 00:25:27.81 ID:jij4V/nh0
ワー…… ワー……

もうすっかり夜も更けた頃、にわかに城内が騒がしくなった。
剣の稽古で疲れ、ぐっすり眠っていた姫も目を覚ます。

姫「なに……なにかあったのかしら……? 火事……?」

バタンッ!

姫の部屋に、隊長が飛び込んできた。

隊長「謀反ですっ! 姫、お逃げ下さいっ!」

姫「む、謀反!?」

隊長「大臣です! 大臣の手勢が陛下を捕え、すでに城の大部分を制圧しています!
   まもなくここにも兵が来るでしょう!」

姫「そ、そんな……」ガタガタ

隊長「国王陛下が捕えられたため、国王を支持する兵たちは身動きができません!
   姫様の部隊だけでなんとか脱出します。さ、早くっ!」

姫「わ、分かったわ……」

かろうじて返事はできたが、姫の頭の中は真っ白になっていた。




元スレ
姫「お願い……助けてぇっ……!」

姫「お願い……助けてぇっ……!」1/2




姫「お願い……助けてぇっ……!」




1 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/21(土) 21:34:52.14 ID:PhEYd7Yi0
キンッ! キンッ!

ある王国の城の中庭で、剣を交える音が響き渡る。

一人は王国の親衛隊長、もう一人はこの国の姫であった。

隊長「姫、今日はこのくらいにしておきましょう」

姫「うん」

隊長「しかし、姫の上達ぶりはすばらしい。もうすぐ私も抜かれてしまいそうです」

姫「やっぱり分かる? 私って天才かもね」



2 名前:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ[]投稿日:2012/01/21(土) 21:35:36.60 ID:0puuTv4p0
姫の悲鳴
なんっつてww



元スレ
姫「お願い……助けてぇっ……!」
プロフィール

LACK

Author:LACK
うーっす
当ブログはノンアフィリエイトです
何か(不満、ご希望、相互リンク・RSS、記事削除、まとめ依頼)等はコメント及びメールフォームまでオナシャス!
SSよみたいかきたい!!!1
不定期更新で申し訳ない

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ